スポンサーサイト
タグ: このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |  PageTop | 
【文学】やる夫は死地へ赴くようです
コメント[53] タグ: やる夫 文学 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1[]:2008/08/23(土) 19:20:21.66 ID:0PU8KKUt0
以前、中島敦等の作品を書いたものです。
ご支援、ご閲覧のほどをよろしくお願いします。





31-100[]:2008/08/23(土) 19:25:28.53 ID:0PU8KKUt0

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、     解説をする。
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、  舞台は1945年7月から8月15日の          
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、 敗戦日までの間の鹿児島県桜島での出来事だ。
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!    本作に入る前に当時の日本の話をする。
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、



【関連記事】
やる夫は芥川を“み”るそうです

【追記】
コメントありがとうございます。参考にさせて頂きました。
補足追加、一部編集しました。

( ^ω^) 『【文学】やる夫は死地へ赴くようです』の続きを読む
スポンサーサイト
2008.09.12 | やる夫文学 |  コメント[53] | PageTop | 
やる夫は芥川を“み”るそうです
コメント[26] タグ: やる夫 文学 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1[]:2008/09/08(月) 22:29:35.44 ID:ii9kfUge0
「やる夫は芥川を“み”るそうです」
1です。今作品は芥川龍之介の文学作品を論ずるのではなく、
二人の友人との交流を描いたものです。 時系列・実情は無視しています。
ご支援・ご閲覧のほどをよろしくお願い致します。
         ____        
       /      \    「ある日の暮方の、ことである。一人の下人が、
      /  ⌒  ⌒ \   羅生門の下で雨やみを待っていた」
    /    (●)  (●) \          
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __    
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /    
    (⌒\     /     /    /
    i\  \  ,(つ    /   ⊂)
    .|  \   y(つ    /,__⊆)

_// /:.: ::.:.:.:./:.:.:/.:.::..|:.:.:.:.:.:.:/^v'|:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:    ',
. / /:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.|:.:.::.:.|:.:.:.:.:.:/   |:.:.:./|:.:.:.:..:.: .:.   |
/ :.|:.:.:|:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.i:|   |:.:./ |:.:.:.:.:.:. :.:   |
| :ハ:.:.:.|.:.:.:.:.:.:|:.:.::ハ:.:.:.ハ:.:.:.:i:|  /:./  |:.:.:.:/:.:.::. :.  |
| ハ:.:.:.l.:.:.:.:.:.:|,,斗‐'ナTヽ:.:.i|  /フ ̄`ト、/|:.:/:.:.:  /
| | ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:\:|,-=テミ \| " ,ニニ/:/ /:/:.:.  /     あら…やる夫君、教科書の
l |  ヽ:.:.:.ト、:.:.::.:く弋こソ  `   {:じイ「.>.:.:.:  /  音読なんて懐かしいわね
.ヽ|   \:.∨\:.:ヽ´ ̄       ̄”フ:.:.: / /      それは、芥川龍之介の
.      \∨:ヽrニ=-   i    /_;:, イ /    「羅生門」かな、かな
      / :.ヽ:.:.:.:\..  ー ‐'   ̄/.:.:.: |
     / :.:.:.:.:.:./レ^ ` r 、 _ , イ^リ::.:.::.:. |
     | :.:.:.:.::/ _ r‐-、|     |_|:.:.:.:.: |
   ., --| :./:.:/ ̄  ヽノ     ヽ |:.:.:.:. /
  / \ |ハ:.:/     |_     ヽハ:.: 人___



( ^ω^) 『やる夫は芥川を“み”るそうです』の続きを読む
2008.09.10 | やる夫文学 |  コメント[26] | PageTop | 

大感謝!!

アクセスランキング

カテゴリー

はてなランキング

* Designed by あんそく管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。