スポンサーサイト
タグ: このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |  PageTop | 
やる夫とやらない夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの生活 【その1】
コメント[60] タグ: やる夫 ヴィクトリア朝イギリス 歴史 学ぶ part1 やらない夫 真紅 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
11 ◆ePj4HRjxK. []:2009/01/31(土) 11:37:47.84 ID:QhyFm80L0


日 凸  ▽ ∇ Ⅱ       やあ ようこそPubバーボンハウスへ  
≡≡≡≡≡≡≡  ∧ ∧   このエールはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。
 Ⅱ ∩ [] % 曰 (´・ω・`)     
_________|つ∽)_   うん、「また19世紀イギリス」なんだ。済まない。  
                   二番煎じとかもう秋田って言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。
―――――――――――   
                   でも、このスレタイどおり、今度はやらない夫くんもいるんだ。
 ━┳━   ━┳━        時代や取り上げるネタ、それにストーリーも
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄    少しは違うだろう、ということは感じてくれたと思う。 

                    前スレでもらったリクエストもいくつか生かせるように
                    そう思って、このスレを立てたんだ。
  



        うむ、このスレは>>1が以前立てた
  | ̄|    「やる夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの生活」と関連したものだ
.... _|_|__   
彡彡⌒丶   ゆえに、ガジェットや世界観は前作のものを継承している
(`●ω●)   そのあたりについては、最後におまけという形で紹介させてもらおう
 〈 <V>〉   
  ノ__:__|   ・・・なに、お前は誰かって?
  U U    「必ずお前を塀の中へブチ込んでやる」でGoogle検索してくれ
 





( ^ω^) 『やる夫とやらない夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの生活 【その1】』の続きを読む
スポンサーサイト
2009.01.31 | やる夫ヴィクトリア朝 |  コメント[60] | PageTop | 
やらない夫は死神なようです
コメント[25] タグ: やらない夫 やる夫 短編 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1名無しのやる夫さん[sage]:09/01/30 21:44:12 ID:uC9z9zKX



                                        
                                        
     【やる夫短編】 やらない夫は死神なようです        
                                        
                                        
               『親孝行』                    
                                        
                                        
                                        





5名無しのやる夫さん[sage]:09/01/30 21:48:39 ID:
uC9z9zKX

   NVVVVVVV\                                      
   \        \                                    
   <         `ヽ、                                  
   </ /"" \ .ノヽ. \      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    
    //, '〆     )  \ ヽ   < ギャル夫は渋谷で遊んでたんだお │    
    〃 {_{  ノ   ヽ、_  │i|     \_______________/    
    レ!小o゚((●)) ((●))゚o| イ                               
    レ §   (__人__)   |ノ                                
      \    `⌒´  /                                 


   NVVVVVVV\                                      
   \        \                                    
   <         `ヽ、                                  
   </ /"" \ .ノヽ. \      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    
    //, '〆     )  \ ヽ    < そしたら、お金がなくなったんだお │   
    〃 {_{  ノ   ヽ、_  │i|     |  電車賃がないお、帰れないお   │   
    レ!小 o゚゚⌒   ⌒゚o .| イ     \______________/    
    レ §   (__人__)   |ノ                                
      \    `⌒´  /                                 


       NNNNNN\                                   
       \ゝゝゝゝゝゝ\        +                         
  +    < ノ"ヽヽ〆ヽ`ヽ、   +                           
    +   /ノ"ノ⌒  ⌒\ て +     +   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
  +    ノレルノ /・\ ./・\\ヽ  +     < だから、落ちてるバイクを借りるお! │
チョリ━━〃レノ§:⌒(__人__)⌒:  \`、━━ッス!!   \_______________/ 
 + + レノノ§ ┬ トェェェイ     | i  +  +    
+  +   レ.\ │ `ー'´    /ノ    +       
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_       
    >                  <       
 ⊥、、   ||  _ |  ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |      
 ┼  ⊥  | |   /| ̄  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
 |   |´  ノ レ / |  / | ノ \ ノ L_い o o




名無しのやる夫さん、投稿ありがとうございます。

( ^ω^) 『やらない夫は死神なようです』の続きを読む
2009.01.31 | やらない夫 |  コメント[25] | PageTop | 
やる夫は親孝行者だそうです
コメント[33] タグ: やる夫 落語 短編 ハルヒ 水銀燈 やる夫亭 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
2名無しのやる夫さん[]:09/01/14 20:53:00 ID:xlKxL4iw

J( 'ー`)し たけしへげんきですか。いまめーるしてます
(`Д)   うるさい死ね メールすんな殺すぞ

J( 'ー`)し ごめんね。おかあさんはじめてめーるしたから、ごめんね

(`Д)   うるさいくたばれ、メールすんな

J( 'ー`)し お金ふりこんでおきました。たいせつにつかってね 食事はしていますか?

(`Д)   死ねくそ女

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            o
__        ゚
 母 |
 の |
 墓 |  ∴  ('A`)カーチャン..........
──┐ ∀  << )

「親孝行 したい時分に 親は無し」と申しますが、最近では…






( ^ω^) 『やる夫は親孝行者だそうです』の続きを読む
2009.01.30 | やる夫落語 |  コメント[33] | PageTop | 
やる夫は夢と現実の区別がつかないようです
コメント[43] タグ: やる夫 落語 短編 翠星石 やる夫亭 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/01/16(金) 21:00:31.56 ID:Lcn+AW8l0


                                   , -───-= 、
                   ___          /         \
 や、やめるお!   ノ.し ̄ ̄ ̄ ̄ ' ‐ 、     /               \
            /"⌒          \   /               ヽ    口ではそう言っても
           /   ;          、  \ /                ヽ   本当はしたいんだろ?
         /  ,,、 ∪           )(_   ヽ                     丶  常識的に考えて・・・
        /    `\、ノ       ⌒ `    ヽ   、                l
        l     ( ● )"  (、_ニ-‐ ̄"´  ,    i _ノ'′  `、            |
       |    "⌒゙      ( ● )  _ノ(    | ● )    "ー--      /
        \    (__人   )"⌒゙`  ⌒ヽ   l         (● )     /
           ,>、   ヽ  `"ソ′  ;       /     j   /////     /
        /   \   )r‐r‐/    ∪  /´⌒`゙ヽ-‐'"ヽ.    )     /
      /      ヽ `ー-'′     '       i` ー-`ー-一'′     /、
     /          `゙ー-- 〝             l               /ノ.:.\
   /    、   ``ー- 、, -一 "   、       |!           ,//.:.:.:.:.:.:.\
  /      ,⌒)                 /"      |! -= -      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 /      /r⌒)     j、        /       l!`ヽ      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ
/      /   { ⌒)    ノ、       /        |l!---‐一´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|






( ^ω^) 『やる夫は夢と現実の区別がつかないようです』の続きを読む
2009.01.29 | やる夫落語 |  コメント[43] | PageTop | 
翠星石は意地っ張りなようです
コメント[35] タグ: やる夫 落語 短編 翠星石 やる夫亭 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/01/22(木) 21:00:13.79 ID:9c70vQU/0
                    【寄席「やる夫亭」】
 
 
「口は災いの元」と申しますが、うっかり言った一言で後々まで禍根を残すのはよくあることです。
「バカヤロー」と言ったがために、衆議院を解散する事になった総理大臣がいますが、
中にはたった一言が命に関わることもあります
 
                        ∧_、∧
                       (ヽ ⊿`)
                       (__|=L_)
                      (___,,_,,___,,_)  ∬
                     彡※※※※ミ 旦
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 この話は1686年、ロシアでの出来事ですが…

      ※今までの一席
      「ちりとてちん」・「厩火事」・「孝行糖」・「故郷へ錦」・「芝浜」・「くい違い」・「猫の皿」




【作者様関連記事】
翠星石はやる夫を試すようです

( ^ω^) 『翠星石は意地っ張りなようです』の続きを読む
2009.01.29 | やる夫落語 |  コメント[35] | PageTop | 
【ガンパレ】やる夫が突撃行軍歌を歌うようです 【第九話】
コメント[28] タグ: やる夫 ガンパレ ゲーム シャナ このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
22 ◆taHfhbmUrI[saga]:2009/01/26(月) 20:02:27.34 ID:okudm4Uo
       | |    |    ||l ┬┐ |:::| _  __  _|| |   || |    ||      | |
       | |    |    ||l ┼┤ |:::| |__| |__l l_|| |   || |    ||      | |
       | |    |    ||l ┼┤ |:::| _  __  _|| |   || |    ||      | |
       | |    |    ||l ┼┤ |:::| |__| |__l l_|| |   || |    ||
       | |    |    ||l ┴┘ |:::| _  __  _|| |   || |    ||  『平凡な家庭だったのだ。
       | |    |    ||l___ |:::| |__| |__l l_|| |   || |    ||  俺が今後共に生活する家族は』
       | |    |    |l ̄)/| |:::| _  __  _|| |   || |[]  ||
       | |    |    |l/ /| |:::| |__| |__l l_|| |   || |    ||      | |
       | |    |  ] :||/|  | |:::|______|| |   || |    ||      | |
       | |  ] :|    ||  |  | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ || |   || |    ||      | |
       | |    |    ||  |  | |           || |   || |    ||      | |
       | |    |    ||  |/|_|           ||_|__|| |    0コ    :| |
       | |    |    ||/ /               \. || |    ||      | |
       | |    |    ||/                  :||_|    ||      | |
       | |    |    ||                        \  :||      | |
       | |    |    ||                       \:||      | |
       | |    |   /                            ||      | |
       | |    |/ /l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |      | |
       | |  / / /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     | |
       | |./ / /    . :       ,.            .  .     \  :| |
       | | / /  '        ,  :.      ,,           .\| |
       | | /     ,.             .                   | |





( ^ω^) 『【ガンパレ】やる夫が突撃行軍歌を歌うようです 【第九話】』の続きを読む
2009.01.28 | やる夫ガンパレ |  コメント[28] | PageTop | 
やる夫が遭難するようです 【第2話】
コメント[34] タグ: やる夫 遭難 ルイズ このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
135 ◆TOki.alYCo[sage]:2009/01/27(火) 20:01:07.42 ID:MtrzkYIo

数時間後


⌒ヽ          r ⌒ヽ:.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..:
.::.., '⌒.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:. ⌒..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:....    ´ ⌒ヽ:..:...::..:..::..:..:..::::.. ´  ⌒ :::..:..::
.::..:..:..::::..:..)    (       ).:..::..:..:..::::..:..::.:..:...(  ..::..:..:..::::..:..::.:..:. )..:..:..::::..:..::.:.    ..::::..:..::.:..::.
.::..:..:..::::..:⌒ヽ  '⌒   ⌒ヽ  ⌒ヽ..:..:..::::..:..::.:..:' ⌒    '⌒ ::..:..:.ヽ  ⌒ヽ..:..::'⌒   ⌒ヽ ⌒ヽ:.
.::.⌒ヽ     .::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..: 、 (  ..::..:..⌒          ⌒Y     (:..::..:..:..::::..:..::.
.::.. :..:.. ::::..: ..::.:. .:...:: ..:..: :..:. .:..:: ::.. :..::. :..:. ..::. .:. .::..:.. :..:: ::.. :..::.:. .:...::. .:. .::..:.. :..:::: ..: ..::.:..: ...::.. :.
.:. .: ..:. .: ..: ..:.. :.. :..:. .:..: ..:. .:..: ..: ..:. .:. .:.. :.. :.. :..: ..: ..: ..:. .:. .:. .:.. :.. :. .: ..:. .:..
 __  _ _  _  _  __   ___   __ _   _  ____ _   ___
.::.-.:..:..::::.~~.:..::.:..:.ー..::..:...::.::.-.:..:..::::..:..::.:..:.ー..::..:...::.::.:..:...:...::.::.::::.~.:..::.:..:.....:.::..::.⌒.:.:.:..:...:...:.....::::..:.:::..:..
.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:..::.:..:...::.:⌒:..:..:..::::..:..::.:....::..:.::...::..:..::..::..:.:.:..:..:~:::..::.:..:...:..:...::..:.:..::..:..:..::.:..:..:.
.::::~.::..:..:....::.:..:...:~:.:..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...~:..:..::..:.:..:...:...:..:.:.::..::~..:..:...::...:..:..::.::...:..::..::..:..::..:~::.:.:..:::..:.:...:..:..
.::..:..:..::::..:..:.⌒:..:..::.:...::..:..::...::~.::._.. ヾr0ヾ__.. ヾr0ヾ__.. ヾr0ヾ__.. ヾr0ヾ__.. ヾr0ヾ__.. ヾr0ヾ_
.::::~.::..:..:....::.:..:...:~:.:..:..::..:..:..:/ ,r'l0i{'0ヾ/ ,r'l0i{0ヾ/ ,r'l0i{'0ヾ/ ,r'l0i{'0ヾ/ ,r'l0i{0ヾ/ ,r'l0i{'0ヾヽヽ
.::..:..:..::::..:..:..::..:.::..:..:..::.::..:..:..:~:~`i,/ {!i} ヽ~`i,/ {!i}  ヽ~i,/ {!i} ヽ~`i,/ {!i} ヽ~`i,/ {!i}  ヽ~i,/ {!i} ヽi´~
    ....         .... ..     {!i}     {!i}     {!i}     {!i}     {!i}     {!i}
....         ....         {!i}     {!i}     {!i}     {!i}     {!i}     {!i}
    ....        ....     ... {!i}      {!i}     {!i}     {!i}     {!i}     {!i}
....        ....    ....     {!i}     {!i}     {!i}     ""     {!i}     {!i}
    ....        ....    .... ""     ""  ...   ""  ....        .""..    ..""
 ....        ....    ....        ....    ....        ....    ....     ....







139 ◆TOki.alYCo[sage]:2009/01/27(火) 20:02:05.33 ID:
MtrzkYIo

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \       …………
  /  (―)   (―)  \       んー……
  |     (__人__)    |      
  \     ` ⌒´     / 


            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \          どうやら助かったみたいだけど
    |   (__人__)    u.   |          ここはどこだお……?
     \ u.` ⌒´      /           それにやらない夫たちは……
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))






【関連記事】
やる夫が遭難するようです 【1】 の続きです。

( ^ω^) 『やる夫が遭難するようです 【第2話】』の続きを読む
2009.01.27 | やる夫遭難 |  コメント[34] | PageTop | 
やる夫は最悪の救難現場に向かうようです 【訓練やってみました編】
コメント[63] タグ: やる夫 学ぶ メディック このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1[sage]:2009/01/26(月) 21:45:42.40 ID:EfoPM2PD0
これまで航空自衛隊千歳救難隊の出会った事故、隊員の方の苦悩をやってきました。
じゃあ救難隊ってどんな訓練やってるの?
今回はチラっと代表的な訓練だけ紹介させていただきます。

                 /
                //     , -――― - 、
                 {.: {   /  ̄ ̄ ̄ ̄`丶\  __
                >⌒'<{: : : : : : : : : : : : : :二ヘ<__}__
              / /.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:ヘ___   ̄¨ ¬ー-  .._
             ///.:.:.:.:./.:.:.: /|.:.\/\l\:丶、.:.:ヽ「 ゙̄|‐- 二¬ー─--  ,,_ ̄ ¬ー-
              ´ ,'.:.:.:.:. |.:.:.:./厶.: ヽ\ イ乏ト\.:l\.:.:l>┴-=-―─ー- 二二 ̄__二ニ ¬ー
               |.:.:.:.:.:.:|.:.:.:l/r≧\∨ V;;リ  ヽVノ八                 ̄ ̄ ̄`~
         _,.、     l.:.:.:{.:.:.l:.:.:.| ヘ:::ハ \  ´    }:}ヽ_:トヽ   メディックは怖さを忘れたらメディックをできないんです!
        r'´:::>ヘ-、  ヽ.:.ヽ.:ヽ :{\ゞ'' ' _ -┐  イ二ニ圦
       ノ:::::::::::: `^}   \|\:ヾ:.: ヽ、 ヽ _ノz≦´ ̄    \    怖さを忘れると無謀な事をするからね。 
    , -=≠==z:::/       \>‐-'>'´ ̄  `\ー―< ̄\
   //      Y          _rァー<r-、       ヽ      \__  だから我々メディックは訓練で自信を持ち
.  /{{V> /.二二二|           / { {  └┘       }       ヽ\
  | V  //::::::::::::::::::\      l  ヽヽ          { ̄ ̄ ̄\____Vヘ  怖さをねじ伏せなければならないんです!
  |l   //::/ ̄ ̄ ̄ヽ      ヽ   \二二二二\   }        \V ヽ
  ヾ   | |:::|        \     ∧            \\ {            ∨^\
   \| |:::|ヽ        >‐―/  ヽ         \二}          ∨ _}
      V\!/\     /厂      \__        ノ            ∨´j
          \               >ーr┬‐<___         ヽノ





( ^ω^) 『やる夫は最悪の救難現場に向かうようです 【訓練やってみました編】』の続きを読む
2009.01.27 | やる夫メディック |  コメント[63] | PageTop | 
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十九章】
コメント[45] タグ: やる夫 ハンニバル 世界史 長編 蒼星石 ホロ 地図職人 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
7921 ◆LG07qCBrq2[saga]:2009/01/25(日) 18:01:03.86 ID:Hi3gGaQo
<とざい とーざい

           !ヽ, __ ,/{         身を粉にして国のため 力の限りを尽くせども
           !,ゞ´   ヾ        欲に溺れた貴族には 怨みばかりが募るだけ
           ! !l iリノハリリ         ローマを引き込む奸計に 祖国を追われやる夫はいずこ
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|       見知らぬ土地の夫を想う 蒼星石の心はいかに~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===



【関連記事】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第一章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第二章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第三章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第四章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第五章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第六章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第七章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第八章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第九章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十一章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十二章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十三章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十四章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十五章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十六章 前編】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十六章 後編】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十七章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十八章】 の続きです。

( ^ω^) 『ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十九章】』の続きを読む
2009.01.26 | やる夫ハンニバル |  コメント[45] | PageTop | 
やる夫が真田家に生まれたようです 【9】
コメント[32] タグ: やる夫 真田 信幸 歴史 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
3121[sage]:09/01/25 00:56:34 ID:y3+WX2Lu

というわけで、こんな時間からいきなり投下。
長い間放置してすいませんでした…。


天正10年(1582年)。
真田家はまさに激動の渦中にあった。

3月に主家であった武田家が滅亡し、織田信長に下る。
その後、信長家臣・滝川一益の与力として出仕するも6月には本能寺の変が勃発。

                               ⌒)⌒ )
             ヽ  ⌒)⌒          (  )⌒丿⌒)
             (  )  丿________(  ノ _______ ⌒)⌒ )
               (  ノ !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!( 人从  !!!!!!!!!!!!!!!!(( ) ))⌒丿⌒)
   ゴオオオオオオ     ( 人 !!( 人从-.=.-.=.-.=.-.=.-(:::从∧  丿.-.=.-.=.-.=.-ノ火.,、-.|
             (:::从∧(:::从∧=.-.=.-.=.-.=.-.=从从从 ノ人:::人从人::::|[[[[| |    ヽ    
            ⌒)⌒ ) 从 从从从=.-.=.-.=.-.=.-.=从::::从||O;从::人:::人从:::: |ミミミミミ.  (  )  丿
        (( ) )⌒丿⌒)从::::从!!( 人从=.-.=.-.=.-.=.(:::从人:::人从人::::|[[[[| =.-.=.ゝ、  (  ノ     
         ノ.,、) IIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(:::从∧IIIIIIIIIIIIIIIIIIII从从从::人:::人从:::: |ミミミミミIIIIIIIIIIIヤ( 人从)  丿
 ヽ    ⌒)⌒ ) ::)_二三_-==-从从从!!( 人从 ̄从::::从(  ⌒)⌒ ) -_─_二三_-==(:::从∧ ノ 
(  )  丿 )⌒丿⌒=_-三 ̄≡_ 从::::从(:::从∧=≡_ヽ (  )⌒丿⌒)≡_-==─≡_- 从从从 人从
 (  ノ ノノ ノ ) -三 ̄≡_-= (  )  从从从_二三(  ) ( 人从-==─≡_- ̄==(:::从::::从||O;从∧
_,_( 人从从|::|从((、_____(  ノ 从::::从||O__(  (:::ヽ    _____从从___ 从从从-、,,,_,,_,_,,_
ヽ @==@==@==@==@== !!( 人从@=( 人从==@==@==@==@( 从(  )  丿@==@==@ _从::=@=从::::从||O;==@ ヤ
 `ヽ丶.}{ |艸艸艸艸艸 (:::从∧艸 (:::从∧艸艸艸艸艸艸(:::从:::: (  ノ 艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸| }{  /
   \}{ |l|! ̄ ̄!!( 人从从从 ̄从从从 ̄|| ̄ ̄::┣━从从从:( 人从 ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄γ∴⌒∴⌒ .;}{./
     }{ |l|!: ::::::::(:::从 从::::从|| 从::::从||;iii|jjjjjjjjjjjjjjjjj从::::从|| (:::从∧iiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiii|ir;(∵ ∴丿;∵;∴ヾ∴ヽ
  γ;;⌒ ノヽ;;);⌒ 从从从::::::| :::: :: ::::::| :: :::: :::::::|人:::人从人::::|[[[[| 从从 :: :: :: :::::| :: :: : (:;;ソ∴∵丿∴ゝ∵∴):∴::∴):
r;;ゞ(;:: 丿;:: ;;;;;ヾ;;从::::从||O___|..___||=::人:::人从:::: |ミミミミミ||O;___|____`(∵(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:ソ":(∴;(∴;ヾ)
(:: ;;;;ソ;; ) ;::ソゝヾ) ;;):::)==ii==ii==ii==i人:::人从人::::|[[[[| ____|^|==ii==ii==ii(ソ∴∵丿 ∴(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:ソ" |;`
(::: :(;;;;;(  ;::). (;ゝノ ::)Y...|| ̄ ̄`゙r| ̄ ::人:::人从:::: |ミミミミミ-------lヽ ̄ ̄ ̄|(∴ミ∵丿 ;`ベ∴;(∴ ∴(;ゝ(:::∴ ソ)::
((:::(::;〆;;;ゝ;:: ;::))( ;::),ブ__||_________||________/l----------------------lヽ____(∵ゝ丿;`ベ∴;(;ゝ(:::∴ ソ)(∴ ∴::〆:ソ"
`ベ(; ゛(;;; (:::: ソ)::〆:ソ|il!li!li|il!li!li|il!li!li|il!li/l------------------------|ヽ (;ゝノ∵∴;(∴)::(:;;ソ∴∵丿∴ゝ∵:(:;;∴∵
: : : : : : : ゝ|;il|!|ソ´~: : : : ; : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : ; : : :ゞ|;il|!|;il|!|/: : : : : ; : :



戦国の覇王・織田信長は天下統一を目前にして斃れた。





( ^ω^) 『やる夫が真田家に生まれたようです 【9】』の続きを読む
2009.01.25 | やる夫真田 |  コメント[32] | PageTop | 
やる夫S.L.A.I =暗雲のフロントライン= 【後編】
コメント[35] タグ: やる夫 ゲーム ファントムクラッシュ S.L.A.I このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
vestri66551.jpg

1[sage]:2009/01/24(土) 19:45:29.76 ID:H+iTkRxK0
━━━━━━━━━━━━━━B-PART━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         ・ゲーム「ファントムクラッシュ」「S.L.A.I」の設定をミックス
          下敷きにしたオリジナルストーリーです。


         ・実在の人物・団体事件とはまったく関係ありません。


         ・前回のの続きになります。
          http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1232535404/(dat落ち)

それ以前
前編
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1231332635/(dat落ち)
後編
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1231332635/(dat落ち)





( ^ω^) 『やる夫S.L.A.I =暗雲のフロントライン= 【後編】』の続きを読む
2009.01.25 | やる夫S.L.A.I |  コメント[35] | PageTop | 
やる夫は最悪の救難現場に向かうようです 【トラウマ編】
コメント[47] タグ: やる夫 学ぶ メディック マリンオーサカ号海難事故 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1[sage]:2009/01/21(水) 22:08:00.20 ID:izkTE1U30
自衛隊救難史上最悪と言われた石狩湾新港マリンオーサカ号事故。
航空自衛隊千歳救難隊隊員たちの決死の救助活動により九名の人命が助けられた。

しかしこの事故は救難隊隊員に大きな心の傷を負わせていた。

登場人物

スバル=岡田一等空曹

やる夫=久保木一等空曹(途中まで)





2[sage]:2009/01/21(水) 22:10:15.01 ID:
izkTE1U30
重油を飲んだ岡田は救急車に乗せられ千歳市民病院へと搬送された。
胃の洗浄などの応急手当を施された後に基地に帰った。
基地には重油まみれの身体を洗う同僚達がいたが会わせる顔がなかった。

             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳      岡田・・・今日はもう帰りなさぁい。疲れたでしょう。
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ




【関連記事】
やる夫は最悪の救難現場に向かうようです の続きです。

( ^ω^) 『やる夫は最悪の救難現場に向かうようです 【トラウマ編】』の続きを読む
2009.01.24 | やる夫メディック |  コメント[47] | PageTop | 
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十八章】
コメント[37] タグ: やる夫 ハンニバル 世界史 長編 蒼星石 ホロ 地図職人 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1611 ◆LG07qCBrq2[saga]:2009/01/16(金) 21:06:25.09 ID:zlqlGcoo
<とざい とーざい

                    ザマ西方の平原に 広がる草を濡らすのは
           !ヽ, __ ,/{     夜露にあらず朝露にあらず
           !,ゞ´   ヾ    16年の歳月を 共に過ごした戦友の血
           ! !l iリノハリリ    総てを失いカルタゴに 帰り着きたるやる夫の前に
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|    立ちはだかるさだめとは いかなるものにありんしょか~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===




【関連記事】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第一章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第二章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第三章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第四章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第五章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第六章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第七章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第八章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第九章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十一章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十二章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十三章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十四章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十五章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十六章 前編】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十六章 後編】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十七章】 の続きです。

( ^ω^) 『ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十八章】』の続きを読む
2009.01.24 | やる夫ハンニバル |  コメント[37] | PageTop | 
やる夫が駅伝の星を目指したようです 【最終話】
コメント[50] タグ: やる夫 駅伝 スポーツ 高校 陸上部 部活 青春 最終話 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
500 ◆EM.UCwy1XU[saga]:2009/01/21(水) 21:00:39.01 ID:PlC7Jcgo

第6中継地点( 6・7区間 )
       .;i;、;;:。;:';.
   ,.;i;';.,,;;、;、;;:。;:;:。;:`;,,
  ,.;;:。;:;;::、;;:、;;:。;:;:;;,.:i;,;,、
 ,.,;:;;`;;i`:;::i;,|i!。;、;;:。;::i;,|i!;:''   .
 `'::',:'':';:;.;;:、;;:;:;、;;:、;;i!;:''",,.,,.  ...... .......,. ,.......,..,........... ...
'::',:'`'::',:'':';:;..`'::',:'':';:;..:.,"'`::'::',:''  "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''  '''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;: .
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::' ,:'':';:;..,"'`'      ,"`'::',:'':';:;..,"'':'   ;、;;:。、;;:。;:';..,..,
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`                    '::',:'':':: ;;:。;:;;::。;:;:;;,.:i;,;,、
"'''.''' "'''.''"'"''::',:'':';:;..,"'`::'::',:' ':'`::'::',:'':  '`'"'"' "'' ''' "'''    .;;:。;:;;::、;;:、;;:。;:;:;;,;,;,、
"';:;..,__,:'':'`::'____''::',__:'':';:;..,__;.;___"'` __'`::'__':'::',:__ _:'':';:;.._ __`,:'__., ;:;;`;;i`:;::i;,|i!;:::。.;:.:;、;;:.:.:'
  ;;l, __ ̄/  l, ̄ ̄i;;.  ヽ_ l ̄ ヽ   ) ̄ ,i' ̄ ) ̄ /ヾ  ;;;`;;;`: ヽi!;:;ソ。;、;;:。;: ;:'
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__... ヽ_,,__,,i__..."'':;::i;:;;`yi!;;:。。;、;:: ;:'
/  ヽ  /  l,   i;  ヽ_ l,  ヽ   )  /.:.Y ヽ   /  /   /"''i;;;:。;:;;::、;;:、;;:。;
ヽ____Y, __、i__...__,/_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __i____l____i__._,,,ヽ_,,,,i__..."''__,,,|il;:/;:;,-''"
  ;;l, __...../  l,   i;;.  ヽ_ l,   ヽ   ) ;;; i  ヽ  )  / ;;;/  く .:. ;|il;:|
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__...ヽ_,,,,i__...ヽ__,.,,ノ__/il;:ヽ
"''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;: . ::'`':/ハ:l.:.'i, '`'::: :'`'::
'::',                                    ;..`'::',:'':';:;..
           '"' "'`'::',:'':';:;          "'`'::',:'':';:;..,"'':';:;.`'::',:'':';:;...,..,
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::'::
"'''.''' "'''             ::'::',:'              ':'`'"'





( ^ω^) 『やる夫が駅伝の星を目指したようです 【最終話】』の続きを読む
2009.01.23 | やる夫駅伝 |  コメント[50] | PageTop | 
やる夫が遭難するようです 【第1話】
コメント[36] タグ: やる夫 遭難 ルイズ このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1 ◆TOki.alYCo[sage]:2009/01/22(木) 19:55:24.46 ID:1FInDoAo
八月某日
『エスポワール』船上


 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::     .:::::::::::::.::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::\               /
 :::::::::::::::::::::::::::::::: ..    |   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::  \      /   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::_::::::::::    ◯      ―.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
 ::::::::::::::::::::::::::::::....  .          ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::  : /      \ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,,,,,,,,,,,,
 :::::::::::::::::::::::::. ::::  ../.....     ......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゛     .'
  ''-、::::::::.,::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ..
   .ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::: ::    ..
    ゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,"  ゙゛           .: .
    ,.、,,、:::::::::::::::::::::::::::::′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,     .`        .  .
      . '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,"   ..
        .''''、:::::::::::::::::::::::::::::::::
              ヽ::::::::::::::::::::::::::::::         ..::     .     ...
              .,,,,゙ ::::::::::::::'"゙゙       ...::    ...::  ..    ..:
      ......         .:::::::."           .  . ..






名無しのやる夫さん投稿ありがとうございます。

( ^ω^) 『やる夫が遭難するようです 【第1話】』の続きを読む
2009.01.23 | やる夫遭難 |  コメント[36] | PageTop | 
やる夫S.L.A.I =暗雲のフロントライン= 【前編】
コメント[16] タグ: やる夫 ゲーム ファントムクラッシュ S.L.A.I このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1[sage]:2009/01/21(水) 19:56:44.21 ID:oHDN7QZ80



         ・ゲーム「ファントムクラッシュ」「S.L.A.I」の設定をミックス
          下敷きにしたオリジナルストーリーです。


         ・実在の人物・団体事件とはまったく関係ありません。


         ・前回の前後編の続きになります。
          長くなってしまったのでまた2回に分けました。

.





2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/01/21(水) 19:57:47.72 ID:
oHDN7QZ80
<やらない夫の死の一週間前>
TIME:A.C_2031___10/13(MON)___AFTERNOON
PLACE:旧都心_御茶ノ水跡
           ┃
談話室タキサワ━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   | l                         ┃
┃   | |  /     ヾソ   ヾソ   ヾソ     ..┃
┃   | |. //     ミ爻彡wミ爻彡wミ爻彡w 、、 .┃
┃   | |//      r─────────、 /| |  ┃
┃   | |/    ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.゙| | | ./ ┃
┃   | |   //|                 | | |/  .┃
┃   | |  // ̄ 日  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/| ̄/.゙|/    ┃
┃   | |//              /;;;||''''| /   ┃
┃   //               /;;;;;;||__|,/   ...┃
┃ //|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





( ^ω^) 『やる夫S.L.A.I =暗雲のフロントライン= 【前編】』の続きを読む
2009.01.22 | やる夫S.L.A.I |  コメント[16] | PageTop | 
やる夫の知恵袋 電車
コメント[148] タグ: やる夫 学ぶ 電車 通勤 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/01/21(水) 14:20:36.33 ID:Ubbo/+K50

         ____        
       /      \      
      /  ⌒  ⌒ \     今日のやる夫スレは
    /    (●)  (●) \      みんなも、通勤でよく利用する、
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __ 「電車」の「乗り方」を紹介するお!
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /
    (⌒\     / 電車で/    /
    i\  \  ,(つ GO!!/   ⊂)   
    .|  \   y(つ    /,__ /     









        ノ L___
       ⌒ \  /\       って、コラ>>1 !!
      / (○) (○)\        ちょっと、コッチに来て、正座するお!
     /    (__人__)   \
     |       |::::::|     |      いくらなんでも、
     \       l;;;;;;l    /l!| !       この「お題」は、ヤケクソ過ぎじゃないかお!?
     /     `ー’    \ |i
   /          ヽ !l ヽi         需要ゼロってレベルじゃねぇお!
   (   丶- 、       しE |そ ドンッ !!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レYVヽl





( ^ω^) 『やる夫の知恵袋 電車』の続きを読む
2009.01.21 | やる夫電車 |  コメント[148] | PageTop | 
やる夫は最悪の救難現場に向かうようです
コメント[76] タグ: やる夫 学ぶ メディック マリンオーサカ号海難事故 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1[sage]:2009/01/10(土) 01:18:25.77 ID:N7F0Ro0K0
           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ    
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/       
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//            
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′      日本にはいろいろなレスキュー部隊が存在いる・・・
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /     貴方はどのレスキュー隊が最精鋭だと思う?
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´       
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i      ドラマ・映画にもなった海猿・トッキューの部隊、海上保安庁特別救助隊?
       ヽ::.:..:..:.::..∧/    ヽ  i _ .. -―
       ``ーニ´/ー-、   | _|
       _. -―  ̄  ト―.:「:.:l      中越地震で大活躍した消防のハイパーレスキューこと特別救助機動部隊?
                 ヽ:..__:L_|
                ヽ.__)ノ      答えは「否」





( ^ω^) 『やる夫は最悪の救難現場に向かうようです』の続きを読む
2009.01.21 | やる夫メディック |  コメント[76] | PageTop | 
【ガンパレ】やる夫が突撃行軍歌を歌うようです 【番外編 後編】
コメント[27] タグ: やる夫 ガンパレ ゲーム シャナ このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
615 ◆taHfhbmUrI[saga]:2008/12/28(日) 20:21:39.52 ID:Z0UTVlUo


  そして、一時間後

                         [ ̄ ̄`i´ ̄.]          [ ̄ ̄`i´ ̄.]         [ ̄ ̄`i´ ̄.]
                         iエ:,.;. i,;: ェi          iエ:,.;. i,;: ェi         iエ:,.;. i,;: ェi
                  ,,,-‐-,,,‐‐‐‐‐‐‐‐、ェi エ;:]‐‐‐,,,,,-‐-,,,‐‐‐‐‐‐‐‐、ェi エ;:]‐‐‐,,,-‐-,,,‐‐‐‐‐‐‐、ェi エ;:]‐‐‐
               ,,,-‐'''.,-‐-、.'''‐-,,,三三三三 ,,,-‐'''.,-‐-、.'''‐-,,,三三三三 ,,,-‐'''.,-‐-、.'''‐-,,,三三三三三三
           ,,,-‐'''    {三三}   '''‐-,,,_,,,-‐'''    {三三}   '''‐-,,,_,,,-‐'''    {三三}   '''‐-,,,三三三三
        ,,,-‐''.'==ニニニ二二二二二ニニニ=====ニニニ二二,二,二二ニニニ=====ニニニ二二二二二ニニニ==.'''‐-,,,三三
     ,,,-‐''' ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i '''‐-,,
    <二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
     |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ
     |l:/ヽ:l|_j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j_,-‐‐‐‐‐‐‐‐‐v‐‐‐‐‐‐‐‐‐-、_j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j__|l:/
     |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;__i: ゚ ゚ ゚ ゚ ゚ :.i.: ゚ ゚ ゚ ゚ ゚ .:i:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ
     |l:/ヽ:l|__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;_ji: : : : : : i ______i__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;.|l:/
     |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;__i: : : : : : i. :|  ...:::::::::::::l:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ
     |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;__i: : : : : : i. :|...::::::::::::::::::::l:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ
     |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;__i: : : : : : i. :|:::::::::::::::::::::::l:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ
     |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;__i: : : : : : i. :|:::::::::::::::::::::::l:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ






( ^ω^) 『【ガンパレ】やる夫が突撃行軍歌を歌うようです 【番外編 後編】』の続きを読む
2009.01.20 | やる夫ガンパレ |  コメント[27] | PageTop | 
【ガンパレ】やる夫が突撃行軍歌を歌うようです 【番外編 前編】
コメント[14] タグ: やる夫 ガンパレ ゲーム シャナ このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
460 ◆taHfhbmUrI[sage]:2008/12/28(日) 19:04:36.54 ID:Z0UTVlUo

熊本市街 裏マーケット
.: .:::.. ... :. .::.. ....: .: ... .. . .                 ll               .   .. .:...:... .. . .  ... ....:::::.
.:::.. ... .:... .. . .                    , -┴- 、                    .... ...:.:.::::..... ...:::.
 ..::::. ...::                     /-──‐-ヽ                    .:...:... .. .:::::.:.
\\::...                         (.   (  ,)   )                       .... ...:.::..
:.. \\::::...                     ̄      ̄                           /
..   \\::...                                                   /
/ ̄ヽ  . \\                                              /
l:.  .|    .\\_____________________________,/
l:::..  |      \\                         | |                . ||    .    /
`丶、.|.   | ̄| ̄| \\                          | |二二二二二二二二二二||      /
`丶、`丶、|  |  |   .\\______________| |                 .||.    /|
    `丶、`丶、 .|   / ヽ.\\____.__________| |                    ||  /.  |: ・ .,,
l^l.    `丶、`丶、l::. |   \,l    .                 :| |                    |/    .:l ,,-''
/ ヽ        `丶、`丶、 ̄ ̄.|.  _________,    :| |              /  :l: ・ ,,-''
|::.  |   l⌒l      `丶、`丶、|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |_______    / |   :|,, -'' : |: ・   ,,
`'' ー- 、|..,:;l . l⌒l    `丶、|  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::: :::::::::::::: :::|   |l :l:・,,-''l: ・ ::| ,,,-''"
`'' ー- 、`'' ー- 、.:,:|..|  ̄ ̄ ̄ |  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |:::::: ::::::::::::::::::::: |   |l,,-|'   l  ,,-'''|
 ̄| ̄l  `'' ー- 、`'' ー- 、| ̄| |  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::::: :::::::::: :::::|   |l :|: ・,,-l'"  .:|: ・
  |  | . / ̄ヽ  fl''' ー- 、`''ー|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||   . | |::: ::: ::::::::::::::::::::,|   |l,,-|'"  :|: ・  | __,,-‐''
_|  | l:..   |.. / ヽ''──`''ー|  || ̄ ̄__. ̄||_,━_,||    :| |::::::: :::::: :::::::/ |   |l :|: ・ :l__,,,-‐''"
_  ̄`""ー-- 、|_|| | ̄| ̄| |  |l_,・ l || l_||_,━_,||    .| |:::::::::::::::::/   .|   ||__,|-‐''"|    |: ・
   ̄`""ー-- 、 ___ ̄`""''ー|  || ̄ l__||_,ゞ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|,,| |:::::: :::/     |   |l :|: ・ :|. ・ _,,|_,,,, --─
r‐''┬‐r‐‐、 ───┬─`""ー|  ||_,━_, .|l___ iー_' ̄- 二_ ,| ̄`|::::/      |   |l_,,,l--─'''' ̄ . |
|::. . | .|::. . | | ̄| ̄|.|┌┬‐┐|_||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     |   |l :| ・ |: ・  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:     |                  i____,|   || ̄ ̄ ̄





( ^ω^) 『【ガンパレ】やる夫が突撃行軍歌を歌うようです 【番外編 前編】』の続きを読む
2009.01.20 | やる夫ガンパレ |  コメント[14] | PageTop | 
やる夫が雪中の奇跡を起こすようです 【総集編】
コメント[41] タグ: やる夫 雪中の奇跡 戦記 世界史 フィンランド このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1◆V2ypPq9SqY [sage]:2009/01/17(土) 23:50:14.88 ID:AjetTry80
やる夫が雪中の奇跡をおこすようです (総集編)
      __,,. -‐-- 、
    , '´      `ヽ ヽ
    ,' //〃 ,',' i } } } ハ
    v{ { {{ム从从从メハ} }    
      `Yi v‐、 '`ヽ }i ト、{      司会はいつもどおり 長森瑞佳ことだよもん星人と
      !i iト" ー "ィノハト、マ    本編では空気になりつつある主人公
      ij iiイ/ //,'\ハ>    やる夫でお送りします
     /j リ { / /ムイ} }    
     /`)ムゝr<((__)/ ! /
     ,'   Vハ」7´  / |(__)
    ,    }ニj/   / ,,,,,j
    i   }フ´  /ヽ.\ゝ
          ____
        /      \
       / ─    ─ \
     /  (―)  (―))  \   たしかに出番がすくないお
     |    (__人__)   u  |   
      \    ` ⌒´    /ヽ   記録に残っていない狙撃兵主役とか
      (ヽ、      / ̄)  |   作者は何を考えてるんだお
       | ``ー――‐''|  ヽ、.|
       ゝ ノ      ヽ  ノ |  (やる夫 スロ・コルッカ)

本編も折り返し地点を超え、登場人物も増えてきたので
この辺で一度登場人物と状況の整理をかね
紹介し切れなかった各種エピソード、両軍の戦術なども交え紹介していきます





( ^ω^) 『やる夫が雪中の奇跡を起こすようです 【総集編】』の続きを読む
2009.01.20 | やる夫雪中の奇跡 |  コメント[41] | PageTop | 
やる夫で学ぶBar入門 【カクテル編】
コメント[52] タグ: やる夫 Bar入門 学ぶ このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
>1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/01/18(日) 13:49:02.49 ID:ELZhuDih0

         ____/ ̄ ̄
          / │ ̄\__     ゴゴゴ・・・
            /

        ..     、      ,_
        ̄\_/ ̄ ̄\/ ̄     ゴゴゴゴゴゴ・・・
    ___/ ̄へ√⌒l⌒´ ̄ ̄\_
    ´        /   \



      _   ./ ̄ ̄ ̄\    /
    __ `ソ/ ─  ─  \/ ̄/
      \/゚ (●)。 (●)  \/ rへ,ノ   着いたお
 __>-へ| i     (__人__)    |ノ  :.\_ この店だお
      .:/从へ、.゚` ⌒´o.ノ从rーヘ_
    _::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \
          .::┘   :│   ゚





( ^ω^) 『やる夫で学ぶBar入門 【カクテル編】』の続きを読む
2009.01.19 | やる夫Bar入門 |  コメント[52] | PageTop | 
やる夫が90年代を駆け抜けるようです 【終章】
コメント[78] タグ: やる夫 90年代 社会人編 青春 最終話 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
61 ◆kZPO9TwopM [sage]:2009/01/17(土) 23:15:23.45 ID:u21yz3RR0
                  【やる夫が90年代を駆け抜けるようです】

 ============= 2001年4月2日(月) =============

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::....../| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  / ::::|  |______||  |______||  |______||  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/:::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄オ ワ タ 電 子 工 業 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |;;|______________________|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  | |______| |______||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ┌―┬―┐   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  i.|.i  |   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 半導体部品の製造・組立などを主に行っている「オワタ電子工業」

 新戸市に本社を置いており、2000年度末時点での従業者数は約3,000人
 同社の株式の半数は、世界的電機メーカーのツー・シー・エイチグループが所持している

※フィクションです。文中の団体名、人物名は全て架空のものです。



( ^ω^) 『やる夫が90年代を駆け抜けるようです 【終章】』の続きを読む
2009.01.18 | やる夫90年代 |  コメント[78] | PageTop | 
やる夫の独り暮らし 安価でビフォーアフター 【風呂場編】
コメント[32] タグ: やる夫 独り暮らし 画像スレ このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/01/17(土) 13:19:29.36 ID:xDTjW7H30
安価で家具設置したりしていく。
画像の指定があれば可能な限りその家具を再現して描く。
できる限り現実味のあるものでよろしく

※部屋に入らないもの天井に設置する物は不可

vip1070698.jpg


      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\   さっそく始めるお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  床素材 >>6
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /




【お知らせ】
1~6枚目まで画像保管できませんでした、中途半端になってしまい申し訳ないです。
代わりに作者様が描いたと思われる(違ったらすいません!)やる夫GIFアニメを3枚挿入してあります。
レス81以降は画像あります。


【追記】
ベア速の管理人様が保管できなかった画像を提供して下さいましたので使用させて頂きました。
本当にありがとうございます!感謝感謝!
コメントして下さった読者様もありがとうございました。

・代わりに掲載していたやる夫GIFアニメは最後のおまけに移動しました。
・画像揃いましたので「GIFアニメでやる夫の独り暮らし 【風呂場編】」追加しました。


【ベア速さんの記事紹介】
なんかこう胸が切なくなる画像くれ (最新の記事)
DQ3の僧侶の日記シリーズ
やる夫で学ぶ「失われた10年」
他にもたくさんおもしろい記事があります。


前回のおさらい GIFアニメでやるおの独り暮らし

画像クリックで原寸サイズが別窓で開きます。
安価はオレンジの文字にしてあります。画像安価はレス番をオレンジにしてあります。

【関連記事】
やるおが独り暮らしをするようです。 【安価でビフォーアフター】 の続きです。

( ^ω^) 『やる夫の独り暮らし 安価でビフォーアフター 【風呂場編】』の続きを読む
2009.01.18 | やる夫独り暮らし |  コメント[32] | PageTop | 
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十七章】
コメント[39] タグ: やる夫 ハンニバル 世界史 長編 蒼星石 ホロ 地図職人 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
4491 ◆LG07qCBrq2[saga]:2009/01/10(土) 19:04:11.71 ID:d4FW04Mo
<とざい とーざい

                    カルタゴノヴァより幾百里 屍の山と血の海の
                     果てを見ることかなわずに イタリア退去とあいなりぬ
           !ヽ, __ ,/{     失意のままに流れ着く 九の歳より見も知らぬ
           !,ゞ´   ヾ    北アフリカはカルタゴで 待ち受けたるはスキピオと
           ! !l iリノハリリ    勝ちに湧きたるローマ軍
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|     いよいよ最後の大いくさ ザマにて候 ザマにて候
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===




【関連記事】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第一章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第二章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第三章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第四章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第五章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第六章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第七章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第八章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第九章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十一章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十二章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十三章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十四章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十五章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十六章 前編】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十六章 後編】 の続きです。

( ^ω^) 『ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十七章】』の続きを読む
2009.01.16 | やる夫ハンニバル |  コメント[39] | PageTop | 
やる夫が駅伝の星を目指したようです 【第15話】
コメント[18] タグ: やる夫 駅伝 スポーツ 高校 陸上部 部活 青春 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
172 ◆EM.UCwy1XU[saga]:2009/01/10(土) 19:01:09.59 ID:aE6t8ngo

2月上旬
葬儀場

                          ┗0=============0┛
               \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
            /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
                  0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
            [二] | ::|       |::|┏━━━━┓|::|       | ::l [二]
◎○@※◎○@※. |□|.│ |┌┬┐ |::|┃        ┃|::| ┌┬┐| ::|. |□| ◎○@※◎○@※
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii| `)三(´| ::|├┼┤ |::|┃        ┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´il|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|
@※◎○@※◎○ | ::| | ::|└┴┘ |::|┃        ┃|::| └┴┘| ::| | ::|  @※◎○@※◎○
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li┏━━━━━┓|::|┃        ┃|::|┏━━━━━┓ li|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l
◎○@iiii※◎○@ ┣┳┳┳┳┳┫|::|┗━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫ ◎○@iiii※◎○@
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○ ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li
               ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
           [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
                |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_|






( ^ω^) 『やる夫が駅伝の星を目指したようです 【第15話】』の続きを読む
2009.01.16 | やる夫駅伝 |  コメント[18] | PageTop | 
【ガンパレ】やる夫が突撃行軍歌を歌うようです 【第八話 後編】
コメント[35] タグ: やる夫 ガンパレ ゲーム シャナ このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
38 ◆taHfhbmUrI[saga]:2008/12/10(水) 21:32:24.73 ID:a/Lo0Gwo


――その頃 5121部隊


                    f´   `Y´`ヽ
                    |     リ    ハ
                     |    /     l
              ィチ ┴─‐ r< i i |
           ,. ´´フ´ 〉_/   `  、つ'´/`ヽ
        ,   ´  / / /    ,/  /  \/     〉
    ,.   ´    /   l i   //   /    ヽ  /
   /        /     | | l 〃i  /l      ∨
  /       /      l | トLL_',  !_l |      lヘ{
  ∨    / _ === Y彡ノ 斗Tヽヽ| |∨   /  l `
   ミミhYて´  ____ ミミh、 hソ     ヽlノ/  ノl
   | ̄ ̄> ´     (にニ   `       r、/彡´/
   \-─ヽ  _____ノ<´        , /ソ '´    一番機、交戦します!
     ` ─=-==ィノノヘ.       c   ∧)    真紅ー、頑張って!
          / /´    ヽヽ  __  <辷)
            / /       )   ミ辷≧ソ
         / ` 、    < ll\、
        /    /      〉=〃
       ',    (_     〈 l!



  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |     突撃あるのみっ!
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|
.  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j






( ^ω^) 『【ガンパレ】やる夫が突撃行軍歌を歌うようです 【第八話 後編】』の続きを読む
2009.01.15 | やる夫ガンパレ |  コメント[35] | PageTop | 
【ガンパレ】やる夫が突撃行軍歌を歌うようです 【第八話 前編】
コメント[5] タグ: やる夫 ガンパレ ゲーム シャナ このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
813 ◆taHfhbmUrI[saga]:2008/12/10(水) 19:53:48.64 ID:a/Lo0Gwo

第八話 「やる夫のむかし」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\  えへへっ
    |┃  |r┬-|     |⌒) みんなおはようだお!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ       ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  ( )( )   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)


    |┃
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃ (―)  (―)\
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
    |┃           |
    |┃          /
    |┃ヽ       ̄ /
    |┃ \    ,.:∴~・:,゜・~・:,゜・ ,
    |┃ヽ_)つ‘∴・゜゜・・∴~・:,゜・・∴
    |┃  ( )( )  ヽ    ・゜゜・∴~゜
    |┃/    >  )    ゜゜・∴:,゜・~
    |┃     (__)    :,゜・~:,゜・゜゜・~






( ^ω^) 『【ガンパレ】やる夫が突撃行軍歌を歌うようです 【第八話 前編】』の続きを読む
2009.01.15 | やる夫ガンパレ |  コメント[5] | PageTop | 
やるおが独り暮らしをするようです。 【安価でビフォーアフター】
コメント[43] タグ: やる夫 独り暮らし 画像スレ このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/01/14(水) 11:37:54.04 ID:gz4eBZy00
安価で家具設置したりしていく。
画像の指定があれば可能な限りその家具を再現して描く。
できる限り現実味のあるものでよろしく

※部屋に入らないもの天井に設置する物は不可

vip1066450.jpg


      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\   さっそく始めるお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  床素材 >>5
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /



画像クリックで原寸サイズが別窓で開きます。
安価はオレンジの文字にしてあります。画像安価はレス番をオレンジにしてあります。

( ^ω^) 『やるおが独り暮らしをするようです。 【安価でビフォーアフター】』の続きを読む
2009.01.15 | やる夫独り暮らし |  コメント[43] | PageTop | 
翠星石はやる夫を試すようです
コメント[34] タグ: やる夫 落語 短編 長門 翠星石 やる夫亭 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/01/12(月) 18:59:08.84 ID:IrZc9CYW0

                  ____
                /_ノ  ヽ、_\
         ,. -- 、,  o゚((●)) ((●))゚o 
     ,―<,__    ヽ::::⌒(__人__)⌒::::: \   VIPで人気のアニメや漫画、ラノベ、ゲームに、これっぽちも興味がないのに
    /          ヽ  |r┬-|     |     感化されて、やる夫スレを立てるなんて、
   __|           }.  | |  |     |       まったく>>1はどうしようもない
  / ヽ,       / {   | |  |     |     腐れ外道だおぁぁぁぁ!!!!!!!!!!
  {    Y----‐┬´   、  | |  |     |
 /'、  ヽ    |ー´    ヽ | |  |     |
.{  ヽ  ヽ     lヽ_!´    ヽ`ー'ォ    /
 ',  ヽ  ヽ    ,/     }
  ヽ  ヽ  、,__./    __/
   \  ヽ__/,'  _ /
     \__.'! 〈  _, '
           ̄






2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/01/12(月) 18:59:49.99 ID:
IrZc9CYW0

ドタドタドタ
「やらない夫~~~」


            / ̄ ̄\
          /  ノ  ヽ\
          |   (●)(●) l
          |    (__人__) | 
             |    ` ⌒´ |       「ん?」
              |         }
              ヽ        }    
            ヽ、.,__ __ノ    
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、   
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ







( ^ω^) 『翠星石はやる夫を試すようです』の続きを読む
2009.01.14 | やる夫落語 |  コメント[34] | PageTop | 

大感謝!!

アクセスランキング

カテゴリー

はてなランキング

* Designed by あんそく管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。