FC2ブログ
 
やる夫ややってられっか夫がお馴染みな容疑者達のようです 【scene 5】
コメント[2] タグ: やる夫 ユージュアル・サスペクツ サスペンス このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
5371[saga]:2009/02/14(土) 22:01:05.80 ID:jSxuAlQo

~翌日 パー速シティ 港~

                 ,  -===ニニ二, ''' -───--v==、
               /           ). / ̄ ̄ヽ T ̄`ヽく
             _ /               / /      l .l     ゙ぃ
           _(∠___           / /,r―、     l .l      i i
       _, -‐'',r===,‐ッ  ̄ ̄ ̄''''=- ノ {)r--='―──'、` ̄ ̄ ̄`i
     ,<_     ̄ ̄ ̄´           l       ヒヲ l         l
     ,L_〉--- 、.__,r''  ̄`ヽ   _  l           l   ,ィニヽ,゙l
    ヒァ=、--、,,,____ `ー──' /--、ヽ l          ,'    /,ィャ,::.l }
    l::|.  |―─┬===ァ''ヾニ⊃ /::;ィ、ァ、::ヽll     _ /  _.llン,.ヒ}:.ト'
    L_`ニ゙L__l‐--ハ__ノノ了 l:::::lノ,ヘヒl::ll `゙ ̄_,,,-―'''  ̄ t::ヾムンノ
      丶:::::::::::::ノ ゙゙゙̄''' ー─┬‐':::lフ,ヘン:::l" ̄           `ー‐'
       `~~~´         ヽ::::__`'''´:ノ



     船尾の船室に、10人から20人は居るらしいお。






( ^ω^) 『やる夫ややってられっか夫がお馴染みな容疑者達のようです 【scene 5】』の続きを読む
2009.02.16 | やる夫容疑者 |  コメント[2] | PageTop | 
やる夫が人類の友のようです
コメント[30] タグ: やる夫 短編 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
11 ◆kZPO9TwopM [sage]:2009/02/14(土) 17:41:59.87 ID:CHCuViLe0

※これは史実に脚色を加えた物語です。
  史実とは多少異なる点がありますので、ご了承願います。







31 ◆kZPO9TwopM [sage]:2009/02/14(土) 17:46:45.73 ID:
CHCuViLe0
                                        ,,. -ー..'':" ̄::シ´ ̄:ヽ
  ネコ目イヌ科イヌ属イエイヌ               ヽー..-- ァ'´..:.: :. :. : :.: ::;{! 、::ィ: .ヽ,,_
                                   `ヽ:...7 ...:. : :.. : :..:. :. :.:.;;}.  ;: : .. }: 丶
  人類が地球上に誕生して以来、               ソ. : :.:.:. : : :..:..: : ^ーヘj_ ソ^ :. ヽ
  最も長い時間を共に過ごしてきた動物である。        i'. : : ;,:;.:,,: :. : ::. : : :.: : : : : :. : ヽ
                                      {..  :;,..:,;;:; ::.:... :. . : ::. .:.:. :  : : .  : . :: ヽ
                                    l:. _,.、   ィr┬z-ァ= ´  :  .:  . : : :l
                                     }ヽ笋}..:.:.. :..{ 逖衫' .::. :  ,,   ;:.: .. :. :.{
                                    ノ! .`:..::.. .: ''ヽ... ..'´:     .,: '' : =: : ヽ
                                   /:. ヽ..::. =、 :. . :.: . ..,   = f:: _....;:.. .:. : :.:l
                                 _ ノ. : .:j´ ノ-、:::  :::.::.   /´  ノ  イ.:: .: . .{
                                 ノ: : ..: : :.{ {::::....ノ...:.:;;'...:  ィァー'  _ =' ..:''  .: ..: ヽ
              _    _ _--_ァ       /.: : . :: : .:.ヽ 二 ヽ __z '´ _-=イ:. ..:.. ....:.:.. ..:...: :.:.l
        _  -‐__7⌒j`ヽY ̄ ̄ _フ{|_     j´. .: : .: : . : .: : . ̄ ` ー― ´ ̄:::;;:::::;;'::::;;;;::;:: :.:..:.;:.::' : : :{
      <r‐  7V|r 、_)  !l   /´7イ\ ヽ  ノ. . .: : . :: .: . . ..   :. ..;;: = '' 、;;:.. .:.,,  ''"  ,,.  .::|
   ___|  /V トイ_)  リ ノ/__ ⊥_ァヽ  }::.: :. :... :  :.  j  : :.  .:'  ,,,    ''  .,, =''  . ' ..:}
   ヽ-――ヘ /V  ヽ>==く三ニ/ /ニヽ  |:.   ヽ:.. : : .: { . : : :. :..,,   : . . : .:   j':  : : . ,,, .::{
       ニィ二、 ̄://ニ/⌒i!_|!_// /ニ|{__j|_|  ヽ:.   丶.. :  l  :  ..: :  = 、;    ;':.:  :  : :. . :l
        {:.:.:.:.}}:./ 1ニ|{_ ノ/ニ三三三ニ='ニ|   j: ::.   ヽ: :. ! : :.. : :.. ヽ  }  ;  l ソ   : : : .:|
       /'トト二 イr┘ニー'´三,三三.三三r‐\  l:.. :.. :: : ヽ:.  l  :  : : :  ヽ{ ..  ノ':     : : : :!三
        〈{ ト|__|l!!三三三/ , 二ヽ\三{ /ニヽ ヽ:.:./ " ー 、;:.ヽ   :  :   l=;; ‐´  l     :  : j三三
        ,.ィト|:/イ!{三三/ /l {:::::}j   ヽ_j l{::::}ハ  ソ  ヽ   };;:.:::ヽ :  : :   !;;; ::. ;;__:l   ..  : : l三三三
      //{:.ト|/:.イ|| ヽ_ヲ     `_エ'三 {_)三j土  {:.._zァー '三三{ : :. : . . {三三ニ `ヽ   :  {三三三
      ハ:|j/:ト|/':.|ハ       _丈‐ ー ^ー ナメ            ヽ ::  : :  ヽ三三三  }.  :. : ヽ三三三
     jrヘ⌒ト|-‐1!:.:ヽ              /              } :   : .  :l三三三  l r    _,,_7ヽ三三
      |jァ不トトー!!:.ト、:\             /               ヽ   `ヽ , ,:ヽ三三三 ヽヽr- ;'  ヽ }三三
      ト{_フ}´トト、:_||:.:| \ ー-  ___ ‐ ノ|                 ヽ r '' ヾ  Y ヽ三三   ー 'ー―'ー′三
     ト<__トト-イ!.:.|   `ー-  ___ -  j三                 {::__j、__jー'三三三三三三三三三三





KTRさん、投稿ありがとうございます。

( ^ω^) 『やる夫が人類の友のようです』の続きを読む
2009.02.15 | やる夫わんわんお |  コメント[30] | PageTop | 
やる夫で学ぶ零式艦上戦闘機 【後編】
コメント[121] タグ: やる夫 零戦 学ぶ 歴史 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
306ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/02/08(日) 21:02:29.65 ID:nuCjb9H20
やる夫で学ぶ零式艦上戦闘機 第四部

.("'''ー-.,、_
  `、 f;;;;;;-ミェ、
   ` ;, `''、;;;;;ヽヽ、
.    ヽ  `'''-'' '-、
       "-,      `-、    ,,;;,
.        "-,       `-、.,;;;;;'
          `-,       ,;;;;;'、          _,__,,、_,,,_        ,iー--=,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___     _,,...,
            ̄"y    ,;;;;;;'_` 、,,__,,,,,,,,ェ--y.''~, '`;-FF'i..ミ,_ __    i|               ̄フ"  "i
              "、, .,;;;;;'  =--ー‐`.、=--ー`'~ー-i i.  .!  .|~-i'-;,,i|!.rー-,,_          ./    j
               , '~''''''ヽ',      ヽ. ̄''''''''''' 'ー┴-┴-」,,,,,,,|,,|Ii|;)- ,>,,_~- ,,       ./      !
            ,,,,;;;;;,'、   .,,,,j j      .j                   .__ ~"'-ヲ'-,,  /       .,!
          ;;;;;;'''''''''~~!`''-.';;;;;,      .,'                , ';;;;;;ヽ     ~"         .,'
               ヽI ̄ ';;;;;,     ,.' __,,,,,,....,,,_           .,';;;;;;;;;;;;;j     r-ー―-,,,,,,,,   ,;'
                 ~ ̄'';;;;,__;;;;;エ~.((~     ~"'''''-、,,,_     l;;;;;;;;;;;;,'      ~" - ,,   ~"'''-'ェ,
                    ';;;;' .,〆 ̄~~`ト 、         ~"''-,,,---`エ''ェェ、、,,,,,,,,,,,,,,,,...z--'-- _   '-,,
                      ` 、  ,ノ   ~.y_、       '-,,                ~ '-,,_ "- ,
               (  ヽ      .~'''''''ーー―ュz--ヲ-、          ~- ,_               ~ '- ,_~-,
      , ⌒ヽ    (     )                 ~'ヽ,,,_       ''-,._                ~"
.     (     '   (       ヽ⌒ヽ 、         (⌒ ⌒、~''- ,,       ~.- ,        (⌒、
      ゝ    `ヽ(             )   (⌒ 、 (     )   ~''-,, ゙'f:';;''''-,,エ,,,     (    ヽ
     (                        (     ヽ        ヽ    ~''- ,,`ー-;;;;__~''-,  (
.   (    (⌒                   (                        "-,,, ~''''''~ ''-,,
..                                                  ̄ ̄ ` - ,_   ~''ー,,,    
.                                                         ~'''ー-= ,,,冫







307ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/02/08(日) 21:04:16.05 ID:
nuCjb9H20
        /::::::::::::;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ.      __
       ,'::::::::::::/  l:::::::::::::::::::::::::::::::::l        |┌ュ
       .l::::::::::::/   l::::::::::::::::::::::::::::::::l     ノ└‐┘
       l::::::::::;仁._  ゙i、:::::::::::::::::::::::::::l
       l::::::::/丈亡トミヽ ゙i、:::::::::::::::::::::::l.      l  、
      .l:::::::::l   ̄    | ゙、:::::::::::::::::::::l       レ  '
      l::::::人i        |  i::::::::::::::::::::::l
      .l:::::::::::::゙、    、!  i::::::::::::::::::::::l      -|r‐、.
      l:::::::::::::::人  ー-一 i:::::::::::::::::::::l      /| _ノ
      .l:::::::::;;:;;;;;-r'''ィ⌒V  冫:::::::::::::::::::l
     l:::::rf'" ! i  |ゝ-イ゙i,/./|:::::::::::::::::::l     -|r‐、.
   __,,..ノ''"|. |  |. ´ .i 冫/,オ:::::::::::::::::l      /| α
  /:::,,イ::::::::|. |_ t.. F>ト /=、 .|:::::::::::::::::人
.{::/:::!:::::::::::丈`丈ii`て.コ,,.ノ:::::::\|::::::::::::::::::|:::``;‐-.、

日本が厄いところからスタートです。





( ^ω^) 『やる夫で学ぶ零式艦上戦闘機 【後編】』の続きを読む
2009.02.14 | やる夫零戦 |  コメント[121] | PageTop | 
やる夫で学ぶ零式艦上戦闘機 【中編】
コメント[10] タグ: やる夫 零戦 学ぶ 歴史 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop

1531[sage]:2009/02/07(土) 15:17:18.29 ID:vDNygg000

                       __
                  ,...-‐'::"´:::::::::::::::`丶、
                /::::::::::::::::::::::;: ―-::、:::::ヽ
                /::::::::::::::::::::::::::/     `゙ヾi
              /:::::::::::::::::;;::::::::::l    -、 、__|
              l:::::::::::::/;ヾ:::/  ,,.-、_ :i;!ーi
              }:::::::::::::';r'ソ ゙'    ,.-━;;;ァ; ;:!
          、、__,....ノ;::::::::::::::iヾ      ` ゙フ´ : i゙   始まるぞ。
          /:::::::ヾ;、:::::::;:べリ.       /_  i         
           ノi::::::::::::::::::ゞ'"   .      ,._ `ヾ:::;'   
         ノ;::::::::::::::::/   :   :_  i:   '゙``ー:/     
          i'i;、:;;r‐'" ̄``丶、 .ヾ::::゙:...._   '"゙:i'    
           / -ー- 、、   `ヽ、ヾ:;;;;;;;;;;;;;;'ノ     
           /´      `ヾ、 、_  ヽ/;;i..、_         
          /       `ヾ 、ぐ`ヽ,ノ:/  `ヽ、        
       /           ゙ヾ、ヽr〈 rー( `ヽ  >、       
      /  ,. '"´ ̄ `丶、.._ ヽ ヾ i ヾ  ゝr'    ヽ
 
※本編中にコックが乗った船や飛行機はでてきません。






154ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/02/07(土) 15:19:16.75 ID:
vDNygg000

     / ̄ ̄\       今回は零戦の歴史~前編だ。
    /   _ノ  \   
    |    ( ●)(●)    …と思ったがやる夫がまだ来てないな。  
..   |     (__人__)           
..   |     ` ⌒´ノ      前回、高速性能について書き漏らしてたので    
.   |         } ∫∬   
     ヽ        }  i.⌒i  説明しておくか。 
      ヽ     ノ  kニ l  
      /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ´   
      |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ
.     |     /        〈〉        ヽ
      |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ
      ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞ

 
        ,...-‐:::::::ニ二::::‐...、ヾ:
        ∠::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:.l:|     今回の解説を担当します糸色です。
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ    零戦の高速性能について
.      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l::::::::::::::::i  
        /斗:ァ:::::::::::::::::;/::::::;;∠ -/::::::::::::l   疑問をお持ちになった方が
        /::::_>ッ:;</:::;ィ≦ィチ)7;::::::::::::;'   
         "´7::`:l    ̄  弋__フ/::::::::/     いるかもしれませんので
         レ1:::ヽ r‐- 、   ノ:::::/
          ,へ レ/ ヾー ' ,..イ:;>'        説明させていただきます。
          /,/lフ´   `"7i::/レ
         ,.ィ  l \    / :l/
       ,. -‐ ´ ! ニ !  .,>ム'      
      / 〃  :l ,ニ ト、/.O /=     
    /    〃 !ニ   l.フ'ァi':= l     
  / 〃      l ニ  l / l =:l.





【関連記事】
やる夫で学ぶ零式艦上戦闘機 【前編】 の続きです。

( ^ω^) 『やる夫で学ぶ零式艦上戦闘機 【中編】』の続きを読む
2009.02.14 | やる夫零戦 |  コメント[10] | PageTop | 
やる夫で学ぶ零式艦上戦闘機 【前編】
コメント[32] タグ: やる夫 零戦 学ぶ 歴史 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/02/06(金) 20:11:19.27 ID:lLy7N01J0
以前、「やる夫で学ぶ零戦」を書いた方がいるので
多少かぶっちゃうのは御勘弁。

          __,,......,,,,___
         ,.'7'::::::::::::::::!:::::::`ヽ.
       /::::!:::::::::::::::::::!:::::::::::::::i
       ,.!:::::i:::::::o:::::::_」:::_::;;:::: ) ( 、
      ./`.7-i-r‐ r‐ 'i_! !ハ ⌒ ヽ.
      i  !/!,_,ハ_ハ,.-' -‐'‐ i__! i.  ',
      ! i  !.´ __、    ',.-- 、 i i i   !
      `'7ヽ!.'´ `      "ノ / i イ
       !. ハ"    '___  くン 、/'´
       ヽ,ヘ.>..  ヾ ..ノ ,.イ/
           .`>, -=´_,.!-、
  r-、       _,く`' ーrr-'":::::〈ヽ、.__   
,,..-ヽ;:`ヽ.  ,.イ´::::::>-‐-<-‐'":::::::/ `ヽ.
-‐::::::i::::::::i / !;:::::::! i´ ̄`i i::::::::::::;::!   i
以下本編でございます。







2ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/02/06(金) 20:12:51.61 ID:
lLy7N01J0
               「米技術専門誌が選んだ 『史上最強の軍用機』で、
                ゼロ戦が2位に選ばれました」 
                
                
          ___   
        / ⌒  ⌒\    ゼロ戦がそこまで凄いとは知らなかったお!
..      / (⌒)  (⌒)\   ゼロ戦スレが立ちまくりのはずだお。
     /   ///(__人__)/// \    
     |      `Y⌒y'´    . |  ________
      \      ゙ー ′  ,/  | |          |
     ノ           \  | |          |
  /´                  | |          |
  |    l                 | |          |
  ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、    | |________|
   ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ-   ̄  | |  |

※アメリカの技術系雑誌「ポピュラーメカニクス」が行ったアンケートで
対象は 航空機の専門家と退役軍人とのこと。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200812031901





ナナシBUさん、投稿ありがとうございます。

( ^ω^) 『やる夫で学ぶ零式艦上戦闘機 【前編】』の続きを読む
2009.02.14 | やる夫零戦 |  コメント[32] | PageTop | 
やる夫ややってられっか夫がお馴染みな容疑者達のようです 【scene 4】
コメント[4] タグ: やる夫 ユージュアル・サスペクツ サスペンス このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
4061[saga]:2009/02/13(金) 22:02:40.64 ID:2L.70zwo

|ll||lll||lll||ロ|. /,|ロ|| |     ┏━━━━━━━━━━━━━┓ |
|ll||lll||lll|| .|//.| .|| |     ┃ |~~~~~| |~~~~~|  |~~~~~|~~~~|.┃ |
=============.|| |     ┃ |    .| |    .||~~~|    .|  |~~~~~|
:::::::::::::::::::....    || |     ┃ |___|~~~~|_____|~~~~~|____|~~~~~|    .|
:::::::::___.,___  || |     ┃   |   |~~~|    .|__| |  |~~~~~|__|
  ヽ_/| ○ i  || |     ┃ |~~~~~|__| |~~~~~|__|  |____|    .| |
∀・)l┴l.| ≡ |.. || |    ┃ |    .| |__|    .|~~~~~|~~|_______| |
=============.|| |    ┗ |____┌――┐__||    .|    .| ┛ |
|ロ|. /,|ロ||lll||ll||lll|| |     |lll||ll||ll|..|.VAIO:.| ̄ |_______|_______|   |
| .|//.| .||lll||ll||lll|| |__/|lll||ll||ll| ======/ /|_______..::|
=============.||/   [ニニニニニニニニニ/I         丶
              Ⅱ::::...         Ⅱ  I           丶
    (´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)Ⅱ:::::::::....         Ⅱ/           丶
     「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | l^) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               丶
     |:::     ..::::::::::| ´|                           丶
     |:::    ..::::::::::| /                           丶
     l:::.    .::::::::::l/                             丶
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



     カイザー・HIROYUKIの噂は色々あるでやんす。
     「たらこクチビルだ」とか、
     「ブラジルだかどっかの役員をしている」とか。






( ^ω^) 『やる夫ややってられっか夫がお馴染みな容疑者達のようです 【scene 4】』の続きを読む
2009.02.14 | やる夫容疑者 |  コメント[4] | PageTop | 
やる夫が狸を助けますた
コメント[33] タグ: やる夫 落語 短編 蒼星石 やる夫亭 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/02/07(土) 23:12:45.07 ID:3Ddq5k9a0
                    【寄席「やる夫亭」】

博打とは「その場で朽ち果てるからバクチだ」なんてうまい事を言う人がいますが
誰しも一攫千金を夢見るものです。
数ある博打でもサイコロはお手軽でありながら、結構白熱する遊びです。


                        ∧_∧
                       <ヽ`∀´>
                      cく_>ycく__)
                      (___,,_,,___,,_)  ∬
                     彡※※※※ミ 旦
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

このサイコロを一つ使うものを「チョボイチ」、単にチョボ(樗蒲)ともいいますが、
これは1~6の目に子が金を張り、当たれば4倍、外れれば親に没収されます。
この遊びは奈良時代では「双六」とも称されていたそうですから、由緒ある博打です。





( ^ω^) 『やる夫が狸を助けますた』の続きを読む
2009.02.14 | やる夫落語 |  コメント[33] | PageTop | 
やる夫はふたなりのようです
コメント[25] タグ: やる夫 落語 短編 やる夫亭 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/02/12(木) 22:02:36.77 ID:JE7hZb5g0
                    【寄席「やる夫亭」】


人にはそれぞれ自分の好きな萌えジャンルがございます。
幼なじみ、妹、姉、メイドさん、巫女さん、ナース、女教師、ツンデレ、ヤンデレ、母ちゃん、婆ちゃん…
その中で、確固たる人気を保っているものの一つに「ふたなり」がございます。





                        ∩_∩
                       (,・Д・,,,)
                       (__|=L_)
                      (___,,_,,___,,_)  ∬
                     彡※※※※ミ 旦
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                 ヤマイノソウシ
現存最古のふたなり画像は、京都国立博物館所蔵の『病草紙』(平安後期:国宝)に描かれる
「ふたなり(二形)」の図でございましょう
(参照 http://www.kyohaku.go.jp/jp/syuzou/meihin/kaiga/emaki/item04a.html
同図には

  中ころ、都に鼓を首にかけて路次を歩く男あり、形は男なれども、女の姿に似たる事ども
  ありけり、人これをおぼつかながりて、夜寝入りたるに、密かに衣をあげて見ければ、
  男女の根とんにありけり、これ二形のものなり

と書かれていますが、ふたなり画像を国が所有し、なおかつ国宝と認定しているのですから、
日本もまだまだ捨てたもんじゃございません





( ^ω^) 『やる夫はふたなりのようです』の続きを読む
2009.02.13 | やる夫落語 |  コメント[25] | PageTop | 
やる夫ややってられっか夫がお馴染みな容疑者達のようです 【scene 3】
コメント[6] タグ: やる夫 ユージュアル・サスペクツ サスペンス このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
2311[saga]:2009/02/12(木) 23:00:39.81 ID:Q354vB2o

|ll||lll||lll||ロ|. /,|ロ|| |     ┏━━━━━━━━━━━━━┓ |
|ll||lll||lll|| .|//.| .|| |     ┃ |~~~~~| |~~~~~|  |~~~~~|~~~~|.┃ |
=============.|| |     ┃ |    .| |    .||~~~|    .|  |~~~~~|
:::::::::::::::::::....    || |     ┃ |___|~~~~|_____|~~~~~|____|~~~~~|    .|
:::::::::___.,___  || |     ┃   |   |~~~|    .|__| |  |~~~~~|__|
  ヽ_/| ○ i  || |     ┃ |~~~~~|__| |~~~~~|__|  |____|    .| |
∀・)l┴l.| ≡ |.. || |    ┃ |    .| |__|    .|~~~~~|~~|_______| |
=============.|| |    ┗ |____┌――┐__||    .|    .| ┛ |
|ロ|. /,|ロ||lll||ll||lll|| |     |lll||ll||ll|..|.VAIO:.| ̄ |_______|_______|   |
| .|//.| .||lll||ll||lll|| |__/|lll||ll||ll| ======/ /|_______..::|
=============.||/   [ニニニニニニニニニ/I         丶
              Ⅱ::::...         Ⅱ  I           丶
    (´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)Ⅱ:::::::::....         Ⅱ/           丶
     「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | l^) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               丶
     |:::     ..::::::::::| ´|                           丶
     |:::    ..::::::::::| /                           丶
     l:::.    .::::::::::l/                             丶
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



     ただいま。






( ^ω^) 『やる夫ややってられっか夫がお馴染みな容疑者達のようです 【scene 3】』の続きを読む
2009.02.13 | やる夫容疑者 |  コメント[6] | PageTop | 
やる夫が李斯なようです 第十八話 【開戦】
コメント[17] タグ: やる夫 李斯 歴史 翠星石 キングダム このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
4491 ◆4j/UDY4cyQ[sage]:2009/02/11(水) 23:00:40.98 ID:LT26SYEo

【やる夫が李斯なようです】 ※始皇帝を創りあげた男の物語です

18話 【開戦】

 
                        i              ,/´
                         廴..    燕      ノ
               _______/冖''" ̄~~ ''j       /´`‐´
             j           l__      (   
             j              ‐'..'゙゙`´゙'゙i___\_
  ______/冖''" ̄~~ '':::::             j         `|     、‐-、
''"           :::::::::::::           .丿.       斉 ヽ_、ノ´   `~´`ゝ
           :::::::::::::::::::::::::  趙    丿                   _ノ`´
           :::::::::::::::::::::::::::::::::     i____                  /´
          :::::::::::::::::::::::::::´´j゙゙`´゙'゙i.    ゝ             /`‐´
          :::::::::::::::::::::::::::::::| 魏  ヽ__,,..  i               /
           :::::::::::::::::::::::::::::::':':':':ヽ<::::::::j__ノ               /´
  秦        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:     : ._----'''" ̄~(
        : .  : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::├-___,,..--        `\
' ' . . . . . . . . .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./ '                ~|
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~~'''" ̄~~ ''" ̄~~ '                   .|
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                             `ヽ
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  ' '                            '、
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::i                                 \
     ::::::::::::::::::::::::::i  楚                               .\








( ^ω^) 『やる夫が李斯なようです 第十八話 【開戦】』の続きを読む
2009.02.12 | やる夫李斯 |  コメント[17] | PageTop | 
やる夫ややってられっか夫がお馴染みな容疑者達のようです 【scene 2】
コメント[5] タグ: やる夫 ユージュアル・サスペクツ サスペンス このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1001[saga]:2009/02/11(水) 22:01:45.56 ID:gwNXa0Qo

■■■■■やってられっか夫の口述■■■■■



~現在より6週間前 ニューソークシティ 警察署前~

               ┼                                ┼
             /⌒ヽ                            /⌒ヽ
              (;!___!_)              /\            (;!___!_)
             (;;_i____i__)_____________________.//\\ _____________________(;;i____i__)
                !XXXXX| ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ::://三三\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;|XXXXX|
    ___________________[三三三] ; ; ; ; ; ; ; ; ; //:i |:::iニ|:::i |;\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;[三三三]___________________
  /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;!|;;;;;;;;;;;;;/_;_;_;_;_;_;_;_//::::::i_|:::i__|:::i_|::::;;\\;_;_;_;_;_;_;_;;;;\;;;;;;;;;;;;|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \
/;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_|;;:::::::::::::::!::::::::::::::::::;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: i;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_\
.. ̄|:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::iニ|::::::i:::::::∧:::::::;;|::::∧::::∧::::;::::;:::∧::::∧::::|:::::::∧::::::::;;!;;:::iニ|:::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: ! ̄
  |::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|;;:::i__|::::::i::::: i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;::::!_,|:::: i::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|
  |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;:::::::::::::::!::::::i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;:::::::::::::::| i__|::i__|::;::i__|::i__|::|
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; [三三三]三三三三[ 三三三三三三三三三]三三三三:[三三三];;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|:::::::::::::::::::::::;::::;:::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::::|
  |::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|;;::::iニ|:::::i::::i |::::i | ::;;|::::iニ|::::iニ|::::;::::;:::iニ|::::iニ|:::|::::i |::::i |::::;;i;;::::iニ|:::::|::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::!
  |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;::::i__|:::::i::::i_|::::i_| ::;;|::::i__|::::i__|::::;::::;:::i__|::::i__|:::|::::i_|::::i_|::::;;i;;::::i__|:::::|::i__|::i__|::;::i__|::i__|::!
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |
'''''';'''''''';''''''''''''''''''''';'''''''''''''''';'''';'''''''''';;'''''''''''''''''';'''''''''';;'''''''''''''''''''''';''''''''''''''';;'''''''';'''''''''''''''''';'''''''''''''''';;''''''''';'''''''''''';''''''''';''''''''''''



     だいじょうぶですか?
     だいじょうぶですか?
     へんなめにあってないですか?






( ^ω^) 『やる夫ややってられっか夫がお馴染みな容疑者達のようです 【scene 2】』の続きを読む
2009.02.12 | やる夫容疑者 |  コメント[5] | PageTop | 
やる夫ややってられっか夫がお馴染みな容疑者達のようです 【scene 1】
コメント[11] タグ: やる夫 ユージュアル・サスペクツ サスペンス part1 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
11[saga]:2009/02/10(火) 22:08:50.39 ID:j.EcV6.o

・「ユージュアル・サスペクツ」の映画及び小説が原作です。

・比較的原作準拠です。
 「オリジナル展開が無いとやる夫の意味がねえ!」って人には
 おすすめ出来ません。

・全6話予定。1話目の投下数は90強。


それではよろしくお願いします。





~昨夜 パー速シティ 港~

,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;  ゚.;・ '  : , .,., .,. ;:;: ,.:    ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   . +
         +.  。・          ,-ー 、
   ・       ;・ rーi     .|.,., .,. ;:;  ( ⊂,: , .,., .,. ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
         :' .l二コ .。! ̄| ̄!。   `ー' 
       ・     .|: |  ÷|÷ l 十      ;.,;,::;;,... .. ;:
   ;:;;: , .,.,    /|: |.   |i~|_  l |  .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   ,ニニ゙|: | ニニニニニニニニ,ト,   ,.,... .. ;:
    ;:;;: , r--┴/-|;;;_|┴┴┴┴┴┴-` =ii、,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
        | ロ ./ロ|: | ロ  ロ  ロ ロ  ロ | !゙ー、;,::;;,... .. ;:
       |   /   |: |            | ii; |、      ,.:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
: , .,.,    | ロ' lココ|: |ユ lココ lココ  lコ | i ii |;;;):    .,. ;:;:。 ,.:;,
.,. ; :;:  l"l __!/_i__lユ_|;,, |___lコ  ロ  ロl"l ロ .| i ii ゙' マ:,; ;.,;,:: .,... .. ;:
;:;;: , ._,.!='''"     -==-  ̄~""' ‐-,L.!.,_  !  ii ;;; |    ;,;,:,:,; ;.,;*
   \; ; ; ; ; ; ; ; ; ::::::          =- `t iiii トュ `i  ;  ,;,:,:,; ;.,;,
    ヽ; ; ; ; ; ; ; ::::  ,-,            `゙''ー- 、,L!!!`i. ;:;:     
     ヽ; ; ; ; ; ; :: , (;;/ .: : : : : : : :        ヽヽ |: , .,., *.,. ;:;:
へへーーヽ; ; ; ; i;  ..: : : : : : : : : : : : : : :       ヽヽ...--‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐,,,..--‐
   ,,~  ,,~:ヽ; ; ; i .: : : : : : : : : : :__,,,,,,...--‐‐''''''""         __,,,,,,...--‐‐''''__,,,,,,...--‐‐''''
~  ,,~  ,,~:へーー ,,,.....--‐‐''''''""          ,,.....--‐‐''''''"",,..--‐‐''''''""        
      --‐‐''''''"            --‐‐''''''"   --‐‐''''''"      



シュボッ……





( ^ω^) 『やる夫ややってられっか夫がお馴染みな容疑者達のようです 【scene 1】』の続きを読む
2009.02.12 | やる夫容疑者 |  コメント[11] | PageTop | 
やる夫が泣いているようです
コメント[13] タグ: やる夫 画像 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/02/11(水) 16:01:42.46 ID:qLX/1WrW0
viploader918674.jpg

貴方は偶然泣いているやる夫を見つけました
声をかけますか?かけませんか?
>>5




( ^ω^) 『やる夫が泣いているようです』の続きを読む
2009.02.12 | やる夫泣く |  コメント[13] | PageTop | 
やる夫が儲けるようです 【最終話】
コメント[158] タグ: やる夫 学ぶ 金銭 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1afo ◆2z7bKNbsWo []:2009/02/09(月) 19:11:07.32 ID:v0neT0bhP
こんばんは。
今回のお話で最終話です。

予告とずいぶん違う内容になりましたw
のんびりと酒でも飲みながら眺めていただければ幸いです。



第一部 古代編「お金の誕生」
ttp://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-1762.html
第ニ部 近代編「金銭の概念化」
ttp://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-1772.html
お世話になっとるです。






3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/02/09(月) 19:14:55.92 ID:
v0neT0bhP
 2008年4月 絵腐乱大学 経済学部―――

                  ├─┤
              || ◎ ||
   ___┬┬┬┬┬┬┬|| == ||┬┬┬┬┬┬┬_
  |二二二二二二二二|| 田 ||二二二二二二二二|
  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||::=|| 田 田 || 田 田 ||
  |――――――――|| 田 ||::―――――――::||
  | ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄|| ;;|| == ||::::|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄||
:(:::)| 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=||..田 田 ||..田 田 ||::(::)::):::::
:::|| |――――――――|| 田 ||::―――――――::||:::||::||::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::: ::::::: ::::::::::::::::::::

  やる夫15世
          ____
       / ―  ―\
.     / (●)  (●)\
    /    (__人__)   \    カタカタ
    |      ` ⌒´    |      
     \           /      
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
     ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l





( ^ω^) 『やる夫が儲けるようです 【最終話】』の続きを読む
2009.02.10 | やる夫お金 |  コメント[158] | PageTop | 
やる夫は最悪の救難現場に向かうようです 【超おまけ編】
コメント[50] タグ: やる夫 学ぶ 戦争 友情 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1[sage]:2009/01/31(土) 23:14:00.28 ID:bRfim6680
変わり果てた日本に失意を抱いたものの
「生き延びた戦死者ができることは日本の復興」
この一心でわずか一坪だった「大盛堂書店」を本のデパートに育て上げた軍曹。
その軍曹の胸の中で日に日に高まる「グレンショー伍長」への感謝の思い。

   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ー)(ー) ・・・ていうか救難の話とっくに終わってるのにいいのか?
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }      / ̄ ̄ ̄\
   ヽ     ノ       /  ⌒  ⌒ \   
    i⌒\ ,__(‐- 、    / u (ー) ::::(ー)ヽ ・・・
    l \ 巛ー─;\  |   :::⌒(__人_)⌒:l   ・・・そこには触れないでほしいお
    | `ヽ-‐ーく_)  \    `  ̄´ / 
.    |      l      i⌒\、___ ィヽ
    |      |     .l \ 巛ー゙‐;\      ザパァアァァァ‐─────‐‐‐ ‐ン
     リー──‐‐t____.  |   ヽ-‐≠ー '′
    l   " ~ ̄ ̄⌒ヽ`ヽ.|゙ ̄ ̄⌒ヽ ̄ヽ
───`ー───ソ  |  |┴‐─-r  |i'  |───────┐
           |  |  |       |,_|, __|              |,
            |_、| __|.     (´_)゙_)             |,、;──‐─────‐───────‐─
            l'___)__)                ,゜ '≒~゚ ⌒ ~ " ~   ̄ ー     ~
                         ;  °。 ;从ヾー~   ~"~       ~
゚           °  。 ゜ `   。  '、从;_゚ノ'~~  ~´⌒    ´~
 );  ;゚  。  ; 从  、 ,j ´ヾ。'~~〆";、~ッ)ヾ
 ソ  人´; ノ'~、~ ソ 〆´(  ゞ  ~    、~   ~' ⌒  ー
〆~ヾ、゜~    ヾ  ~´ "   ,゚
  リ'   ~ー     ~'      ソ~     ー~





( ^ω^) 『やる夫は最悪の救難現場に向かうようです 【超おまけ編】』の続きを読む
2009.02.09 | やる夫メディック |  コメント[50] | PageTop | 
やる夫とやらない夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの生活 【その2】
コメント[65] タグ: やる夫 ヴィクトリア朝イギリス 歴史 学ぶ やらない夫 真紅 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
11 ◆ePj4HRjxK. []:2009/02/08(日) 12:57:03.65 ID:7NlFXpep0
1です

今回は、最近あまり見かけなくなった
長文解説を少し入れてみました

軽く読めるものになっていればいいのですが・・・






51 ◆ePj4HRjxK. []:2009/02/08(日) 12:59:06.52 ID:
7NlFXpep0
~午前3時45分~


                         
       :::::::   __      _,. -‐' ¨´
  :::::::::::      て_,_` `ー<^ヽ
       :::::::::::::::イ⌒ー::" ,.( :::::::::ヽ ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽイ⌒r-ー ソ ::::::::::: _Lj
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: イ⌒r--,, ::::::::::: /ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ⌒_-ー´" :::::::::::`¨´
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        :::::::::::   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::::::::



           / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\   切り裂きジャック・・・!
          |  (○)(○) |
          |   (__人/,〉.|   1888年に娼婦が何人も惨殺された
          {u   ´フ´ ./._ }    連続殺人事件!    
          ヽ  ./,二ニソ}       
          _ヽ/  ,-― 、}ノ     
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ    な、なあ ここにいちゃまずくないか!?
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:     警官にでも見つかったら  
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\    俺たちが疑われかねないぞ!
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、





( ^ω^) 『やる夫とやらない夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの生活 【その2】』の続きを読む
2009.02.09 | やる夫ヴィクトリア朝 |  コメント[65] | PageTop | 
やる夫が儲けるようです 【近代編】
コメント[66] タグ: やる夫 学ぶ 金銭 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/02/05(木) 19:43:17.54 ID:jOS8t4lhP
第ニ部 近代編
      ,-──
     /  /   ヽ
     /  / /ヽ ヽ
    (゚Д゚,,) |  |  |   n c e   U p o n
    (/   ヽ)|  |  |
     ヽ∞ヽ ヽノ ./          A   T i m e . . .
     ヽ  ヽ  /
       U~U ̄


 むかしむかしの、おはなしです。


第一部 古代編「お金の誕生」はこちら
ttp://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-1762.html

お世話になっちょります。






2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/02/05(木) 19:45:54.69 ID:
jOS8t4lhP

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \  
  / o゚((●)) ((●))゚o \   故郷の「海辺の村」を追放されてしまったお・・・
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    しかも全財産を没収されてしまったお・・
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    やる夫はこれからどうやって生きていけばいいんだお・・・
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /






【関連記事】
やる夫が儲けるようです 【古代編】 の続きです。

( ^ω^) 『やる夫が儲けるようです 【近代編】』の続きを読む
2009.02.06 | やる夫お金 |  コメント[66] | PageTop | 
長門が一人旅をするようです
コメント[41] タグ: 長門 やる夫 落語 短編 やる夫亭 微エロ このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/02/04(水) 21:32:08.29 ID:w11fY1Df0
                  【寄席「やる夫亭」】


今回もまたちょっぴり大人のお噺にお付き合いいただきたいと思います
なにぶん、清廉なる紳士淑女が多数を占めるニュー速VIP…
このような性的表現のあるお噺は場違いかもしれないこと、前もって陳謝いたしますw



                      ∧ ∧
                      (*゚∀゚)
                     く冫y,,く_)
                      (_,,_)   ∬
                    彡※※※※ミ 旦
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






( ^ω^) 『長門が一人旅をするようです』の続きを読む
2009.02.05 | やる夫落語 |  コメント[41] | PageTop | 
やる夫が李斯なようです 第十七話 【刺客】
コメント[13] タグ: やる夫 李斯 歴史 翠星石 キングダム このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
81 ◆4j/UDY4cyQ[saga]:2009/01/12(月) 22:01:37.94 ID:WH2noAYo

第十七話 【刺客】

── B.C.230 一月 ──

[前回のあらすじ(韓)]
趙高は自棄になっている韓王安に対し、一人の将軍を紹介した。
霍家の末裔、去疾の男とは一体?


            @ニ,ニニニニ,ニニ
              | ̄ ̄ ̄|
              |..:..:..:..:..::|  _ _,,.. .-‐ ''' "´]
      __ .      ̄ ̄ ̄~ [_ _,,.. .-‐ '''" ~|
      | |  |             |``|.          |
: : : : : : : : :l__,l、._|             |  |        |
`'ー-、_: : : :`‐-、_|: : : : : : ...     |  |        |
  ー、 `'ー-、_: : : : : : : : : : : : : : : : :i|  |      -┐
    ̄ヽ___ `'ー-、_: : /⌒丶-―――‐-、'´   /|: : : . ....
  ー‐  丶__  、_ `'`⌒丶/          ヽ. /  .|: : : : : : : : : .:.. ....
 _____   、___ 、_ 、   `{       r⌒!    .|: : : : : : : : : : : : : : : ....:....::.....
         ヽ   、   ヽ       {_ノ-、_   .|: : : : : : : : : : : : : ....:....::...:::....::::::::
   ー‐‐‐‐   ̄    ̄ `ー ト------イ┘-、 ゙'ー,|: : : : : : : : : : : .....::.:....:.::..::...:::::::::::
               ー―厂 ̄ ヽ  l‐―一`'ー -、_: : : : : : .....::..:...:..::..::....::::::::::::
 ‐‐─ヽ        ̄ヽ  _/___} /ヽ___     `'ー-、_: : ......::..:...:.::....::::::::::::::::
            __/         \        / )      `'ー-、_::.....:..::...::::::::::::::
       r-r‐ァ'´  _/ /  /   /  |       / / , -┐      `'ー-、_::::::::::::::
ヽーー /⌒代__ァチ  | /  l     l  」  ┌、 l レ' r'´           `'ー-、_
    {⌒  .ゝ-- く   /       ∧ ヘ  | レ'- 、 ´ ̄`ヽ、
    └'´  ̄ ̄`ヽ_) /       / l   Y´ ̄`ヽ ヽ  ̄`j┘
             /       /   ヽ.  |   く_ |/⌒´
            /          l    {      j/
            ,        l    └-----一'





( ^ω^) 『やる夫が李斯なようです 第十七話 【刺客】』の続きを読む
2009.02.04 | やる夫李斯 |  コメント[13] | PageTop | 
長門がいろいろ演じます
コメント[55] タグ: 長門 やる夫 落語 短編 やる夫亭 微エロ このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/02/02(月) 21:01:30.00 ID:kQ8VY95P0
                   【寄席「やる夫亭」】

本日の一席は、いつもと趣向を変えて、あまりテレビやラジオなどでは演じる事の少ない
ちょっぴり大人の小咄を、オムニバス形式に三題続けて披露いたします。
いかんせん性的表現が含まれますので、「そんなエロい話は大嫌いだ!!!」というマヌk…
もとい、高潔なお方はご覧にならないようにしてください…


                       ∧ ∧
                      ( *゚ヮ゚)
                      (_|=L__)
                      (_,,_)   ∬
                    彡※※※※ミ 旦
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今までの一席
「翠星石はやる夫を試すようです(厩火事)・やらない夫がご馳走するようです(ちりとてちん)」
ttp://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1231754348/
「やる夫は親孝行者だそうです(孝行糖)・やる夫が恋わずらいになったようです(故郷へ錦)」
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1231933949/
「やる夫は夢と現実の区別がつかないようです(芝浜)」
ttp://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1232107196/
「やる夫は大きさに悩んでいるそうです(くい違い)」
ttp://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1232285476/
「やらない夫はネコ好きだそうです(猫の皿)」
ttp://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1232458385/
「翠星石は意地っ張りなようです(蛇含草)」
ttp://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1232625613/
「やる夫が医者になりますた(死神)」
ttp://takeshima.2ch.net/news4vip/kako/1233/12333/1233318196.html






( ^ω^) 『長門がいろいろ演じます』の続きを読む
2009.02.04 | やる夫落語 |  コメント[55] | PageTop | 
やる夫が遭難するようです 【第3話】
コメント[88] タグ: やる夫 遭難 ルイズ このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
372 ◆TOki.alYCo[saga]:2009/02/03(火) 20:01:14.01 ID:V0MtjIgo

数日後



            ゙" ゙"゙  ゙" ゙"゙   ,/l/ ...;;: .. ../゙"゙"
    ゙"゙"    ゙"   ゙"  ,, " ゙"゙ /l/''/,, ,,;/''  /,,     ゙"゙"゙"
      ゙"゙" .゙"/⌒  ⌒ ̄\,,_ノ^ヽ          lヽ ゙" ゙"゙  ゙" ゙"゙゙"゙"゙"    ゙" ,,,
      ゙"゙" ゙"   _     ./    ノ\ヾヽヾ ,,ヽ/"" ゙" ゙"゙ "゙  "゙      ,, :: '' ヽ ゙゙"゙ "゙"
             \   |     /| ll;  ;; :|⌒~'''⌒\ノ^ゝ_,,, ,, _,,  ̄ヽ   /  ゙゙ "゙ "゙ "
             / ̄ ̄\/ ̄\| :: ;;:: :ヽ/^/\,/  ヾ      ゝ_ノ|'' '' ,,〉゙゙" ゙ "゙"
         ノ ̄ヽ_/     /    。 。 l: :;. :./\|__|\  /       ,) |ll  ,/_,、,,,_゙゙"゙"゙"
            ノ\_,  / ̄|,/ ̄ wノ: : ::...;;|\  /\'' ̄       /l|  〉,, ,, |ll
     ll      ゝ     ヽ |  ,/   _;: 川 ::;|_ / ̄  /~        |llノ'll/   〉   ノ
     ,|        |    | ノ :;|    ;l ::: :: ;::: |~   |ll     |  〈 l|ノ    ゝ、 〈_
     ノ、__;_ノ人__/~\人__,  :: :: :,ヾ/__ノ 、___ノ 、_ノ/    メ、  _人
   :|/               ... .. ....l  ::; ;;: 川:: 。 o                く_ヽ ̄
   ノ              ... .. ... ..。ノ;::; ;;  ;;:::ノノ... ./| ̄`フ
                    _ノ| ̄);: :; ll;;: ;::: l|  ノ||ll;   |_
                   ノ| l  ;  :  ::.   ̄| l  ~|ll\__,,,,
              ,,,/l ̄~ノ〈  ゝ /l::; ::;;  ;;l,,|~~ ノ :::.~::|   |ll⌒::::
           ,ノ ̄|| ,|  〈    。l ;;: ..。 。::. :  。:ヽ ':、   ..\... llノ
           (   ノ 〈、  |ll ノ ゝ   l ノ   ノノ :) :) . :: :::) ::~ ::::.
           |  |ll  |ll  ~(、   、_,     :ノ  :'      ..::::
           ,) ノ  ノ~:::.. ...ヽ  ..    ...   ..    ...ノ
           | く~`::: ::  ...  :::       ::..   ..:::...    ...:::.... ..
           \ l|::.. ::  ::..  ヽ、__ ....  ..__  ___,ノ
             )ノ:::.     ...   ...                ... ::::
             |::::
             |:::    ....        ........       ...:::
             \::::
              \___ノ~ ̄⌒'''⌒ ̄\
                             (
                              ~`ヽ








( ^ω^) 『やる夫が遭難するようです 【第3話】』の続きを読む
2009.02.04 | やる夫遭難 |  コメント[88] | PageTop | 
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【最終章】
コメント[96] タグ: やる夫 ハンニバル 世界史 長編 蒼星石 ホロ 地図職人 最終話 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
3761 ◆LG07qCBrq2[saga]:2009/02/01(日) 18:01:17.04 ID:gv/FhFMo
<とざい とーざい とーざい とざい

           !ヽ, __ ,/{        長く続いた物語も 今宵が終幕とあいなりんす
           !,ゞ´   ヾ      皆様の温かいご支援に 感謝しつつも語りんす
           ! !l iリノハリリ       地中海を股にかけた 一人の男の物語
          ノ リ |゚ ワ゚ノ!|     最期の時まで見逃すなかれ~
         (´( と「_l y l_」つ=       __
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |賢|
      /           旦 \  .|狼|
     │二二二二二二二二二二 │ .|ホ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │  .|ロ|
      │■ ■ ■ ■ ■ ■ │    ┬
      ======================   ===



【関連記事】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第一章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第二章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第三章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第四章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第五章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第六章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第七章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第八章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第九章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十一章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十二章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十三章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十四章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十五章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十六章 前編】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十六章 後編】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十七章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十八章】
ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【第十九章】 の続きです。

( ^ω^) 『ハンニバル・やる夫・バルカスがローマに喧嘩を売るようです 【最終章】』の続きを読む
2009.02.03 | やる夫ハンニバル |  コメント[96] | PageTop | 
やる夫が雪中の奇跡を起こすようです 【9】
コメント[38] タグ: やる夫 雪中の奇跡 戦記 世界史 フィンランド このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1◆V2ypPq9SqY [sage]:2009/01/31(土) 20:12:23.65 ID:Lv40MZLK0
|堕|       _      
|世|     '´    ヽ   
|門|    ri_,.1リノ)))〉           
|天|    〈「(l!゚ ヮ゚ノ|   
 ̄     ノ∪)水!つ       
      (((/===ソ      
      `/     )     
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

一ヶ月もの準備期間を置いて発動されたソ連軍の攻撃は
記録に残るほどの強烈な砲撃によって始まりました

フィンランド軍が開戦までに備蓄した全備蓄砲弾の9割を
最初の1日目で撃ちつくし、以後連日のように
ほぼ同数の砲弾がマンネルヘイムラインに降り注ぎます

ティモシェンコ攻勢が砲兵の砲声をもって動き始めたのです


前スレ
やる夫が雪中の奇跡をおこすようです (総集編)
ttp://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1232203814/

それ以前の物についてはあんそく様、やる夫ブログ様に掲載していただいております





( ^ω^) 『やる夫が雪中の奇跡を起こすようです 【9】』の続きを読む
2009.02.02 | やる夫雪中の奇跡 |  コメント[38] | PageTop | 
やる夫で学ぶフェルマーの最終定理 【後編】
コメント[174] タグ: やる夫 学ぶ フェルマー最終定理 歴史 数学者 正則 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop

5281[]:2009/02/01(日) 10:29:26.53 ID:yJqZS7Io0

 
 
 
 

       『 第 八 章  フライ、リベット、メイザー 』





5291[]:2009/02/01(日) 10:31:26.50 ID:
yJqZS7Io0

     ____
   /      \  
  /   ノ 三 ヽ_\    
/ u   (─)  (─) \  (…しかしこの「落とし神」やる夫様をもってしても
|      (__ ∩__) u  |     フラグがまったく立たないんだお…)
/  u   ∩ノ |   /  
(  \ / _ノ |  |   
.\ “  /__|  |   
  \ /___ /  




( ^ω^) 『やる夫で学ぶフェルマーの最終定理 【後編】』の続きを読む
2009.02.02 | やる夫フェルマー |  コメント[174] | PageTop | 
やる夫で学ぶフェルマーの最終定理 【中編】
コメント[18] タグ: やる夫 学ぶ フェルマー最終定理 歴史 数学者 正則 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
8101[]:2009/02/01(日) 03:04:27.10 ID:yJqZS7Io0
 
 
 
 

             『 第 五 章 ガロア 』





8161[]:2009/02/01(日) 03:06:31.17 ID:
yJqZS7Io0
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\ しかし、数学者って意外といろんな人物がいるんだお。
    |    (⌒)|r┬-|     | てっきり、引きこもり寸前の地味な奴ばっかりだと思ってたお。
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄




【関連記事】
やる夫で学ぶフェルマーの最終定理 【前編】 の続きです。

( ^ω^) 『やる夫で学ぶフェルマーの最終定理 【中編】』の続きを読む
2009.02.02 | やる夫フェルマー |  コメント[18] | PageTop | 
やる夫で学ぶフェルマーの最終定理 【前編】
コメント[56] タグ: やる夫 学ぶ フェルマー最終定理 歴史 数学者 正則 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/01/31(土) 19:19:08.19 ID:LY4Am/Gd0
  !. :./: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : ,'.:.!    \:ヽ : :.、:.:.:!:.:.:.ヽ
 l: . .!. : : . : : . : : : :.!: : : : : : : : : : :,':./   _ゝ‐-: :|、:.!:.:.:.:.ヽ
 !. ..l. : . : : : : : : : : :|: : : : : : : : :l: イ;.!, -'"´    ト:.:.:!:l:..|:.:.:.:.:.:!     こんばんは、佐々木です。
. !. . |: : : : : : : : : : : :ト; : : : : : : :.! l !イ       !ヽ |.!/:.:.:.:.:.:.:l
| : !: : : : : : :',: : : :, x-─ :.:...:.:l!.| レ    彡≠、k_ヾ:..r-、.:.:.:.:.!      え?僕なんか知らないって?
. !: . .! : : : ヘ: : ,x '´: : ト、ヽ . :.:.:!レ    ー斗匕て',ラ゙:.:.:.:!., ヽ.:.:.:}     まあ、涼宮さんに比べれば知名度は無いけどね。
. l. . :.',: : : : :.X: :.ヘ-、:.::fヽ \_,'     "ヘっ_..::.ノ.! :.:.:.:k' /:.:.:.i      一応、ハルヒのキャラクターだよ。
 !. : : ',: ヽ:.´.:ヽ、:.ヘ xz≠ミk           ゝ- ´ ! :.:.:.:.Y.:.:.:...ヘ  
 l. : : : ヽ: ヽ、:.\X〈!ら::..:;.ぅ           |:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.|.:ヽ
. ',. : : : : ` -`_t xz、 ヘヒr- ´    、        |. :.:.:.:.:.!.:.:.:.:ト、.:ヽ   今回、フェルマーの最終定理にまつわる物語を紹介するよ。
.  ', : : : : : :.:.:.:.iヘしヽ           ,     ,.l :./:l./:.ィ:ハ.}  ー`
   ', : : : ヽ :.:.:.ヽ ニ >       ー "´     イi:.////ソ リ 
   i : : : : ヽ: .:.:.::.:.:.:..:.:.ヽ、 _           / リ/iイ'           歴史中心の読み物としていくので、
.   }: : :.ト: :、ヽ:.:\.:.:.:.:..:.:.:.:.、ニ ― t - '   メ              数学わからない人でも安心して欲しい。
    | : :.ヽヽ:.ー 、_ヽ_Zー‐ ̄ー` i        ' ,             
    l: ハ:トヘ  ̄             j        ` - _             需要? そんなことは知らないな。
   // ゙ー              /            ` - y`ーv、__
                    /               <: :/: : : : : 入   あ、そうそう、前提として、「Nのn乗」は
              /レ '  __    r ' ´ ̄    <´: :/: : : : : : : :.i          「N~n」と表記しているからね。
            _ ,ヘ: :.ラ      `          Σ: / . . : : : : : : :ヽ
          ,´: : : :ヽ::}            _ ― :.: ̄i      . : : ヽ
          ,' : : : : : : y _ - ―..- ‐  ̄ ..::.....    {      . . : : i




KTRさん、投稿ありがとうございます。

( ^ω^) 『やる夫で学ぶフェルマーの最終定理 【前編】』の続きを読む
2009.02.02 | やる夫フェルマー |  コメント[56] | PageTop | 
やる夫が儲けるようです 【古代編】
コメント[24] タグ: やる夫 学ぶ 金銭 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/01/31(土) 20:24:27.57 ID:/oaUvYbkP

      ,-──
     /  /   ヽ
     /  / /ヽ ヽ
    (゚Д゚,,) |  |  |   n c e   U p o n
    (/   ヽ)|  |  |
     ヽ∞ヽ ヽノ ./          A   T i m e . . .
     ヽ  ヽ  /
       U~U ̄


 むかしむかしの、おはなしです。








3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/01/31(土) 20:27:26.18 ID:
/oaUvYbkP

 あるところに、ちいさなちいさな、
  海辺の村が、ありました。


       _,..-――-:..、    ⌒⌒
     /.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.\      ^^
    / .::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::..ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  :::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::
   :::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::
     :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::     ∧_∧
      ::::::::::::::::::::::::::::       ( ::;;;;;;;;:)
        ::::::::::::        /⌒`'''''''''''^ヽ
               /⌒ヾ/ / .,;;;;;;:/.:;|
-―'――ー'''‐'ー'''―‐'―''''\,./ / .::;;;;;;:/‐'| :;|'''ー'-''――'`'
 ,, ''''  `、 `´'、、,   '''_ソ / `:;;::::ノ,,, | :;| '''  、、,
    ,,,   ''  ,,   ''''' ξ_ノ丶ー'ー< ,ゝ__> '''''  ,,,,      
 ,,     ,,,,     ''' ,   ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::  ,,         
            ,,,,,,,     :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::      ''
,, '''''''      ,,,,       ,,    :::::::::::::;;;;;;;;::::::






( ^ω^) 『やる夫が儲けるようです 【古代編】』の続きを読む
2009.02.01 | やる夫お金 |  コメント[24] | PageTop | 
やる夫が医者になりますた
コメント[34] タグ: やる夫 落語 短編 長門 やる夫亭 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/01/30(金) 21:23:16.58 ID:9Cw+BPaw0
                   【寄席「やる夫亭」】

現代と違いまして、昔は医者の国家試験なんてややこしいものはございません。
ですから、「今日から俺は医者だ!!」と言ってしまえば医者でした。
もちろん、人の生命を預かる仕事ですから、相応の責任と道義が問われます。
だから通常はきちんとした先生の弟子になり、そこで医術や製薬の勉強をします。


                        ∧,,∧
                       ミ,,゚Д゚彡
                       (_>,,z_フ
                      (_,,_,,_)   ∬
                     彡※※※※ミ 旦
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

しかし中には、半端な知識や付け焼き刃の勉強で「医者にでもなろうか」「医者にしかなれなかった」
という「でもしか」な人も多くいたようです。
そういう医者の事を「藪医者」といいますが、じゃあなんで籔なのかといいますと…





( ^ω^) 『やる夫が医者になりますた』の続きを読む
2009.02.01 | やる夫落語 |  コメント[34] | PageTop | 

大感謝!!

アクセスランキング

カテゴリー

はてなランキング

* Designed by あんそく管理人