スポンサーサイト
タグ: このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |  PageTop | 
やる夫が記憶喪失の少女と逃避行にでるようです
コメント[53] タグ: やる夫 短編 翠星石 ヴァーチャル・ガール このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop

1 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:15:40.45 ID:srjMI6kX0

・全4章でカット数は197 (258KB)

・規制回避のためだいたい2分間隔で投下

・エイミー・トムスンのSF『ヴァーチャル・ガール』(1993)を参考にしましたが
 未読の方もいると思うので、ネタバレ自重だとありがたいですw

・はじめてスレたてるからやさしくしてね

ではよろしくー




3 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:16:30.73 ID:
srjMI6kX0

Chapter1 「Scavenger(清掃夫)」

_::.;;;|_;:.._|__:._|____|_.| i ..|
;::_|___|√__:.:|:..__|__,;;'~   |   〉
__|:::.__|__;:._|__;::|'___ i  '~ヽ/ ̄`::.
::._|__|_|;:;:::|_|__:|___,;'    |   ::.
__|_::._.,|__::..|∧,,,,,∧〃   ,,/  :..
_|__|;;;;;;;;;;;;;;;;|__彡o-o・,,ミ〃 i | :. ..
;._::.,|___|__と「;;<w[と).|i  .|    :..
 ̄ ̄|_|___|__/;;y;;;;;;ゞ\   |  ::...:
 .......|;;.__;;;|_::._|〆ノ `J\r' ̄|    ::.:
 ....:::|_|;;;::::._:|__|\ \| ̄㌧  | :.
 .. :::|_:.__::|__|\ \| ̄ ㌧ : :. |   :..
__|_|__|\ \| ̄   .::    .. |     ::..
_|__:;;;|\ \| ̄    ..: :.. .::. :. .|  :.
;;;,,,,_;|\ \| ̄'' 目 λλ     ;;. |  :.   ::.
'    \| ̄  ;;./ ヽ_( 'ー`)y-~ : .  |   ∧∧
∩∩    ̄ ̄'''' |~|ノ( ヘヘ) ̄ ̄ ̄''\,~-∩゙*,)
;;;'д),, ;;     |__,,|   。  ゛   ,,\(_ソと)
 っっミ    ::.                ( , ノ ::.
;;,_)旦         l⌒i⌒l       .レ`J.、
,,,,,,,,,,,ミ     @    ⌒'⌒          \


ここはスモーキー・タウン。
人口千人ほどの悪臭に満ちたスラム街である。
住人たちはメトロポリスから分別されず投棄されたゴミを、
リサイクル業者に売って日々の糧をえていた……。







5 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:18:23.74 ID:
srjMI6kX0
スモーキー・タウンの暗黙の了解は「他人を詮索しないこと」、それだけである。

生まれながらにストリートチルドレンとしての運命を背負った子供や
犯罪に手をそめた後ろぐらい過去のある者、誰かから逃げてきた者など、
それぞれの理由があってここに暮らしているからである。


数ヶ月前にフラリと流れてきたやる夫も、経歴の明らかでない一人であった。

       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  <いままでリア充だったお!
  |    mj |ー'´      |  (ホントはニートみたいなものだったお)
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ





7 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage 支援多謝]:2008/08/16(土) 09:20:20.25 ID:
srjMI6kX0
スモーキー・タウンの住人になったやる夫は
生活費を稼ぐためゴミ拾いにいそしんでいた。


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  ほんとは働きたくないんだお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でも働かなきゃ食ってけないのも事実なんだお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\  だからちょっとでも高そうなゴミを拾ってやるお…!
  |       |r┬-|     |
  \     `ー'´     /





9 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:22:25.39 ID:
srjMI6kX0
やる夫の仕事は、使えそうなゴミを袋一杯かき集め
リサイクル工場へコネをもつ仲介業者に売り渡すことだった。


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  シシシシシシシシッ
  |    /| | | | |     |  ラジカセや欠けた陶器の皿がこんなに貯まったお……!
  \  (、`ー―'´,    /  さらにはベータにHD-DVDもあるお……!!
       ̄ ̄ ̄       やる夫がここの稼ぎ頭なのは間違いなしだお!




11 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:24:07.54 ID:
srjMI6kX0
だがやる夫の期待はむなしく、仲介業者のやらない夫からもたらされた言葉は
残酷なものだった。


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  | ほら、50ジップな。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \ あんだけ汗水たらして働いて
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   | これっぽちかよ!!ふざけんなよ!!
  \    |ェェェェ|     / 肉まんの先っちょひねるほうが金になんぞ!



ジップとはこの世界の貨幣単位である。
10ジップでやっとうまい棒一本が買えると考えてもらいたい。
ちなみに蛇足だが、1000ジップ=1ラルである。




12 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage 俺も夏への扉好き]:2008/08/16(土) 09:26:21.42 ID:
srjMI6kX0
   / ̄ ̄\           ___
 /   _ノ  \        /⌒  ⌒\
 |    ( ●)(●)  プニ   (● )  (● ) \  やらない夫!
. |     (__人_(ニ~`ヽ、 /:::⌒(__人__)⌒::::: \   もっと高く買い取って♪
  |     ` ⌒´(((_⊂>ヽ|     |r┬-|      |
.  |         }    \ \   `ー'´      /
.  ヽ        }      ゝ-|          ヽ
   ヽ     ノ        \        ヽ   \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \  うるせえよ、jk
 |  (○)(○) |       
. |  (__人__) .i,r-v'ヽ、ノ ̄ ̄ ̄\
  |   ` ⌒´ r‐く   ヽ'\ノ  ヽ、_ .\         
.  ヽ    .ノ   \ \.))))  .(( ◎))゚o  ぐぇあ
   ヽ  イ   \  ヽ い)__人__)'   |
   /  .|  \_  Y  )ノノ ノ .ノ .   /
   |  ,ゝ、 マ_ノー彡'´  `⌒´   <
    | ..  .'rー=≦'"  





13 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:28:21.23 ID:
srjMI6kX0
などと言いつつも、世間知らずなやる夫に不思議な親近感をもっていたやらない夫は、
いつも相場の2倍~3倍の値段で買い取るのだった。


        / ̄ ̄\.
      /      \.........:::::::::::.... .......
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' _ノ.
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.  ちっ、またやっちまった…
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.    アイツはどうも他人って気がしなくて
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ   ついつい甘い顔をみせちまうな……
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ   ほんと他人って気がしないんだぜ……
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/




14 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:30:20.62 ID:
srjMI6kX0
その夜のやる夫

      ___
     /⌒  ⌒\
   /(ー )  (ー )\  あー、やらない夫ってばマジちょれえwww
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::ヽ  俺マジパネーっすwwww サーセンwwwww
  |     |r┬ |  (ヽ |
  \γ⌒=/⌒ヽ_(⌒ |/ 
  / ( ^=/   /  ヽ ノ\ゴクゴク
  | / ,(⌒ヽ/   \
  ヽ_ノ ー '    




15 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:32:20.47 ID:
srjMI6kX0
そんなある日のこと。

やる夫がいつものように使えそうなゴミを拾うため
ホイホイとゴミ捨て場にやってくると……


      __         
    /   ―\         
   (●) (● ) \       
  l  (_人_)    |      
   \  ̄   /      
    /;.;.ヽ   ヽ,      
    l;.;.;.;.;.|    i'、        
    '!;.;.;.;.;|     !;'!_     
     '!;.;.;.;.|    「 |||     
      ノ;.;.;.;..j     |,,|||      
 ;..   /;.;.;.;/ __三」 |||      
  __/;.;.;/lニl-'┴┴厂
 /  >'′ | | l`'Y'))i
.`ー' :;:;: ,|-' 'ー'ニノノ,.,:,:,:
.....= :,,_ /| l: : :"''|'′,.,.,.,.





16 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:34:13.66 ID:
srjMI6kX0
            __,.--_-_- .__
          _∠/ _v__`¨´ _vv_ヽ.__ ¨' -._
         ,ィ´r_  イハ`_,、__ ハハ   _`ヽ.  ¨ ‐--ォ
       ,ィ´ ´ハ ,ノ ̄ ̄´    ̄ ̄ヽ、フヘ' ヽ.__    |
.      /ヘア´ ̄|.:.:.:.:.:.!.:.:.|.:.:.:.:.\.:.:.:.:.`ー、 _、\  |
     ノi,ィ´:/.:.:.:.:.| .:.:/!:|ヽ.:',.:.:\.:.:ヽ..:.:.:.:.:.: ヽ.ハ¨ `ー'‐- 、   ___
.    |_/:!.:.:!.:.:.:.:.:ハ.:/ノ.:| .:',∧:ヽ.:ヽ.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ:`¨Tヽ._=Y= _二_Yィ ン
.    / !:!|.:.:|.:.:.:.:.:|::|'/.:.;ハ.:.:ハ:|\:\:_:.ヽ.:.:.:. i.:.',:.:',.:.:\ ̄¨ ‐._ ̄
   イV|:|:!',.:l.:.:.|.:.:|::,'.:./ !.:.l |:!-‐<_`ヽ`.:',.:.:. |.: |、.:i、_.:ヽ、.:.:.:.:.: ̄¨
.   |'ヘ |:|:!:ヽ',.:.|ヽ|ノ-,''¨|ノ l:!  _ ヽ|、.:.|.:.:/.:.:|::',:|、.:.: ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:
.  /  ,!:l:ヽ.:.ヽ.i/:|/  _」'  リ  _, -z' Y.:∧.:.:!ヽ!| \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.  ,'v_ 代:',、:ヽ.:.ヽ.:.:i!  _,ノ      ̄´   ,':,イ/ハ.:|:::::i|\.:.:.¨ヽ.__
  {,ホ | ',ヘヽ \:ヽト=''´      zxx /'´,'ノ:::|/ ̄¨ ‐-.__.:.:.:.ヽ. ̄
  ヽ ノ  ヽ', {\`ヽ\_zxx  `__ ,.    人\__:::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄
  トvヽ   \ヽ.\:`ヾ. ̄        /| :::\_`¨:::::‐-._____
  ヾ` |     `ュ、`.:、`マ'ェァ、‐-‐''´  jヽ___`>、‐-._____
   `¨!`ー- 、/.::.::`ーY`ァ-}`'‐‐x― '´ ト、,、,、:::::::::\_
     ヽ、___ヽ-=、_,、f'/_ファ=ァソト=,ゝ、__} /イー--、:::::::::::`¨ ‐-.__


可憐な女の子がゴミに埋もれるようにして眠っていた。




17 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:36:10.94 ID:
srjMI6kX0
         ____
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\
    /:::::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/


         ____
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | なんかいるぅ!!
     \:::::::::   |r┬-|  /
    ノ::::::::::::  `ー'´   \





18 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:38:02.91 ID:
srjMI6kX0
スモーキー・タウンには
ゴミにまじって死体が捨てられることもままあったが、
少女の脈をたしかめてみると、鼓動はちゃんと生きてることを主張していた。

ためらいながらも、やる夫はねぐらのバラックに彼女を運ぶのだった。


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   
/    (─)  (─ /;;/  
|       (__人__) l;;,´ こんなとこおったらレイパー大歓喜だろ
/      ∩ ノ)━・'/  誰だってそうする。俺だってそうする。  
(  \ / _ノ´.|  |    
.\  "  /__|  |  (ハイパー賢者タイムにつき今は興味なし)
  \ /___  





19 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:40:10.84 ID:
srjMI6kX0
少女を発見してから一時間あまりが経った。
やる夫が顔の汚れを拭こうとすると、
おもむろに少女は動き出した。


                 _,. -ァ――‐-- 、_
                / ノ* , - '^⌒"´`丶、
              / ノ  r'´         ヽ
             /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
               /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
            /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
             ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
             ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
             l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ
              l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
            l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´  
             l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l   ここは…、どこですぅ?
            ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l   私は……誰ですぅ?
           ,' ,' l イ    (l  ヽ/||ヽ. ハ  l
           ,' ,' K     l  ', |l|  (lヘ) l
          / / ,ハ、、   l * l, |ll|  (l '、 l
          / /l / ノ     l  l |{l}|  (lてy
          / / l / くー- 、 、__,j、_V!l |  {l (ヘ
         / / / /7、 / ,rへ!ノ  j} {l__,、j トl
         / /  く__/| |`´{ト、  〉三ミ彡fri~l^l '、
       ,/ /  /  ,| ,| {l) ヾ'、三三ミYハ,.」}、'、ヽ
    ,. --イ /  /   / '、 {l)   入_  ゙ー'^ー'`丶ミヾ、




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2008/08/16(土) 09:40:14.87 ID:
AQLLTrdM0
これ元ネタとかあるの?
それともオリジナル?

>>20
いちおう『ヴァーチャル・ガール』を参考にしてますが
ストーリーはオリジナルな感じにするつもりです




22 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:42:17.52 ID:
srjMI6kX0


  (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
      (((i )__  ( i))) 
     / /⌒  ⌒\ \
     ( /( ●)  (●)\ )   
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ここはやる夫のうちだお!
     |              |    お前のほうこそ何者なんだお!
     \             /


        /    rー‐く ̄ ̄ ̄ゝ-、
      /    ノ  ― ヽ ̄___ヽ\_
    /    /ヽ / _ァー'  ̄/   ⌒\_ヽ
  / ::: :  r'  〆 ソ    /        i \
/  ::: : .::::/   /    /      /     i  ヽ
ー=ニニ>:::/ v/, /::    /      ./   / / i.   `,
    |V "ァ‐/:::    /:     .:/ .:/イ ./:  i::   i l
    .l ::) i |::::   i /::......:::::::/ ::/ / /: //:i:: i i: l
    l :(   |:::: :i :i L フニニ=ー‐‐''フ// / ハ:i: :i i i|
   l :ノ 、i , l::::: i | :| ヽーr‐‐=マ ´ / / >く. |: i: i リ
   .l i:)ト‐ ‐ ヽ::::. i l :l   にんソ  ///ハュ、_> / ノ
   l i i(  小  ヽ:::::i l ヽ ハヾ.ー' / " ノ,にア/:/:/
  l i i )     へ::ヘ    〃      i.  ̄{//|    じつは……、
  l :i i.(     ハ \.__         "  イi  l    なにも覚えてないですぅ……。
 l :i i .).ヽi ィ )::| \      =‐'  // i:  l
. l :i .:i .:( 小  (::」   ` ‐ 、_   _, イ  イ::  i:  l
.l i ::i ::::}    ハ|   _. - 亠 く / ハ .ノ::i:::.  i:. l
l:i :::i .::::/    }へ>く _     /  ./::::::::i::  i: l
i .::::レイ  /  /  /〉‐〈  \  .{ ノ `ヽへ _ i:. l




23 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:44:40.56 ID:
srjMI6kX0


     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \   ふーむ、いわゆる記憶喪失ってやつだお……。
|       (__人__)    |   服に「翠星石」って刺繍がされてるけど、
/     ∩ノ ⊃  /    それが名前じゃないのかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /


                  , -‐-、
             _, - '´ ̄`ヽ、_ヽ
           r‐ '´≠¬⌒⌒`¬≠ `ー、_
            |:.: 〆*  米   * ヽ、:.:|
           y'´≠¬⌒ ̄`¬≠、 ヽ} ∧    なんとなくそんな気がするですぅ……
          〈〆 /      ヽ  ヽヾ:*}ハ:.ヽ    でもよく覚えてないですぅ……。
          / / /  ノ イi  八  }.:.:{:}.:!:l:..ハ
          l i! {-ォ/∠j l ヌ--ヽ、/:.;{:}ヘ!:.!:. ハ
           `ヽイヘ rt;ァ/〃'tォェァ/ イ:}〃ヾ、: ハ
            _}、:.ゝ  '_   フ7: :}´:.:.:.:f}:.  ハー-、   ____
               f :.:{: :>ー <´:.:.{: :} /  :.f:}:.  ヽ::._Y´ーヽ─ ーヽヽ
         厄 ̄! ;.:{:*:}《_介、_》 {:*}/:.  :!「::::...  ヽ...:::::::ヽヽ ̄ヽ ヽ\
        〃´/ ゝ{; -┴ 、j__ヽ彳ィ′  :.!ハヽ、:::::... \二`ヽ:\ ヽ ヽ \
       /〈  {_ 〃ム_))、 :.:.  .:.く´ハ:.:.:.. :〈:.人:::::ヽ、ー- >ー ! ハヽ ヽ:\.:l





24 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:46:20.57 ID:
srjMI6kX0
  \        //  ∨: : : : : : : : : : /:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : :\
     \___   { { ==/ : : : : : : : : : /:/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : : : : : : : ヽ
     | : : : :|  { { // : : : : : : /: : //: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : |: : :| : : : : : : : : : : :ヽ
     |: : : :/:\//  /: : : : : : :/: : // : : : : : : : : /: : : : / : : : : / : : |: :ヽ !: : : : : : : :|
     |: : :/: : : { {   |: : : : : : /: : //: : : : : : : :/: : : : /: : :/: :/ : : :/.: : :|:l: : : : : : : : :|
     |: :/: : : : { {   |:|: : : : : |: : :| : : : : : : /: : : : :/: : :/: :/ : : :/: : : : !:!: : : : : : : :|
     |:/.: : : : :.// ヽ|:|: : : : : |: : :|: :__:/: : :_/: : :/: ://: : : /| : : : : |:l: : : : : : : : :|
      /: : : : : : { { =|:|: : : :∠二二: -― '  ̄/: : //: / / : : / | : : : : |:| : : : : : | |: |
     / : : : : : : : ハ V ∧: : : : : :| :l: |――‐-≦_'" ̄ // , / : /   ヽ : : : レ |: : : : :.| |: |
   /: :/⌒ヽ、: :{ {   ヽ: : : : : :l: l 气=zzz≧三≧ー='"/ /≧ニー-v\: :| / : : :ノ|:| |: |
  / : (  _ノ \ハ∨   ヽ.: : : :ト、\ ` 〃r:::yニバ`    ̄ 〃示テテ′: : V/ : / /// /
 /:r=ー' /ニ| ‐-ミハ∨    \ : ヽ\\どニつ′       ごつ', ' | | : : /: /  レ' レ′
/ :| //二=\r‐-、ハ∨  \|\: \ ̄             /  |/ : // }}
: : :.|/ニ/二二二二=ハ ∨、 ―‐ ―\: \         ,〉  /!| /: ://  }}
: : : |二|二二二ニニr‐' -ヽ  /|\ ト、 ̄   ⊂ー_ァ ´ , イ⌒「 レ′=  }}
: : : |二|二二二ニニ|   __ヘヽ      | > .   ' ,.  ≦  |Yニ{{ / || \  }}
: : : |二|二二二ニニ`ーく_入\     ト、   ` ー '"    / ̄/_={{      '/
: : : |二|二二二二二二二|  爪    | \ /       ト/ニニ{{      }}   すごく心細いですぅ……。


そういうと、少女は大粒の涙をこぼした。
汚い家屋で目覚めたかと思うと、拠るべき記憶を失っており、
目の前にいるのは頼りない肉だんごなのだから、無理もないことだった。




25 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:48:20.62 ID:
srjMI6kX0
         |
     \  __  /
     _ (m) _
        |ミ|
      /  `´  \
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  そうだ、いいこと思いだしたお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


そう宣言すると、おもむろにやる夫は鍋からスープを盛りはじめた。


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ きっと心細いのはお腹がすいてるからだお!
  |              | やる夫特製スープ、今日は奮発して腸詰めも
  \               / いれてやったから、とくと味わうんだお!



衰弱した翠星石のため、眠っている間にやる夫は、
急遽やらない夫からもらってきた食材をコトコト煮こんでいたのだった。





26 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:50:20.64 ID:
srjMI6kX0
      / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..-'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.   …あったかいですぅ。
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.   やさしい味がするですね……。
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.
     /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !㍉x-イ } ,'  |:.
.   /:.:.::.,'  !    !  | }{} ! i!   ト、  |:.
.   /:.:..:./  !    ,' }{} ! |   | ヽ   !:.:.
  /:.:./   ト   イ }{} ∧   | 〉  ハ:.




27 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:52:11.91 ID:
srjMI6kX0
    /  /,ィ‐ "`T ⌒`ヽ- 、_:::::::::::    \
  /  .//: : : : ̄r " : : : : : : : ヽ、::::::     \
  \ / ト: : : :_ ,,=-ェ 、 : : : : : : : ィヽ:::  、   \
    〉 ^", ‐⌒ ̄   `T" ヽ、_ ソ - ヽ   ヽ::::::..  >
   {{ /  /     i i | \  "ヽ: : : ヽ.   i:::::/
.   レ'´  /     ,イ .l l   ヽ   ヽ: : :ヽ  レ´
  /   /     / | l i    }    ヽ  }レ∧
  / .i  i    / / i ハ_   i    ', ソイ  l
  |  i.  i __/_  / /__ヽ__ i.     ト-|  l
  |  i  i" /、_/ /  __  \ヽ    i }.  l
  ヽ i  KT7ハヽ     T7ハ;フト    / :}.   l  やる夫…ありがとうですぅ。
   \.、い. ヒ;ゾ       ヒニソ./.i   イ  .:}   l
    |ヽ\ヽ .::::.  ;     .:::::./ノイ/ .} L .}    l
    li  `i\   ー‐'    /イ i .} 「 .{    l
    ∧i レ_ | i. `: .、 _ _,  '´ ト、. i i {i  } i.    l
   / .{i v` { i  i__/ }  ./  \ {i  } i.    l
.  /  {   レ '´ , - 、.v"r‐- 、   .{{  L i.    l
  /  }i   } r '´   >く   ` ヽ.{   イ⊥.i     l
. /   }i   .} |   , イL|| \   .{ト じvK  ヽ    l
/   }i i _ |. レ'´ .>|( .|| ) ` ‐v'}  " }r'::::::  i.    l
.    }トヘ` .|    〈 | |>|K    .}i   }ハ::::::::  i    l




28 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:54:13.50 ID:
srjMI6kX0
            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \  いいってことよ!
      |      `-=ニ=-      |  その代わり一発やらせてくれお!
      \      `ー'´     / +  一発といわず二発でもいいお!



     |  |   |   |
     _||_||__||  ||
    (__/   `ー――
   (___/  r
    (_レノ)\   ___
    ●\__/__/●
  / \_\三/_/ \
  |  ⌒ (_人_)∴・  |  じょ、じょうだ・・・ぐぇあ
  \ :・∵ |r┬-|      /




29 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:56:09.42 ID:
srjMI6kX0
::::::::_;l__;;_l:::ヾl_」__l;;;!;_;l_/_」;;___|_i__|_li_:::::::::::::::::
::::::::::::::__l`:::::_| 、_;;rl_,,lニ'!'´⌒''lri、;;_l,,i__l_|_:::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::|_::\_l、L,ゞ_k‐"´       .~`ニi、/yI_|_::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::_、_ニ,:'´l'´             ~、;i !二l_|´:::::::::::::::::
:::::::::: :::::: _,,.|.l´           .._,_n_,_ `|.|,,_,,,_|,,_,,.,|:::::::
:::::: : : :: __,|_.,_|.|         ..,- ''`/ ll ヽ`|.[_|__|,,.:::::::::::
:::::::::::::::::: :: :__|.|         `''─--;ii;--::|,|_<_;l_::::::::::::::::::::
:::::::::|__|_|,|          .∧.∧||.  |.|,;_;,__!__,,.|_::::::
:::::::: :: ::___|.| ,,、_,._._、 ,,_∧   .(Д^,,.||.  |.|_,l__|_,,:::_::::::
::::::::::::.. _|_,_] |,;'ヾ_,,.._、.(#゚;;-)   | つ0   .|.|_、,i.__;;:__|_,,.::::
i-‐‐::i┐__.,,|:|,;i~i#;;;-;i':~ `J  . |  |   . |.|,_|,;___:: ::: ::::: ::::
|l旦l;;|z|_|_|:|\|;_;、_;;;__;#y!  ..:U´J    .|'|___i;;__,,i_:::::::
|l丱l;:|lI|_____|.| ::: ::: ::: ::: ::: :::  :: ::: :: ::   |.|_,|__|,_;;::__::::::::
|l爿l::|k|_|_|」 : :: ::: ::: ::: ::: :  : ::: :: :::.   .l,|;、_|__|_;_::::::::
|」HLl,/      ::: ::: ::: ::: :   :: ::: :: ::::::..... 、   '
         '      ..,  .::::: :::: :::: :: :::  ,; -~。'‐、 ~
  "   、,            ::::: ::::: ::::: ::::::   ~'-‐'ヾ、ノ


そんなこんなでスモーキー・タウンの夜もふけていくのだった。




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 09:56:31.59 ID:
WQu008F30
    __       __
 : /:  ))\__/((  \ :
 : |     (__人__)     | : ぶ・・目が・・・目が!!!
 : \ `ー'  |r┬-| `ー'  / :
         `ー'┃





32 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 09:58:10.89 ID:
srjMI6kX0
       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +ちょw 翠星石ってば
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \    こんなとこで脱ぐなってwww
  |     |r┬-|     |
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒) ・    ・ ||____________  | .. | ̄.|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}-|  |  .|
    |  r `     )__)  \ >゚))))彡ー―'..  | .。il|_.|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’___
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|



いままで孤独だったやる夫は、翠星石との生活で
はじめて家族のぬくもりを感じていた。

「ただいま」と言って「おかえり」と言われること。

当たり前のことを知らずに育ったやる夫にとって、
翠星石の存在はかけがえのないものだった。




34 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:00:13.76 ID:
srjMI6kX0
だが、そんな生活も長くはつづかなかった。

一ヶ月後。換金に来たやる夫に、
エヴリデイタイムスの号外を読み耽るやらない夫は、
愉快そうにある記事を見せた。



   / ̄ ̄\
 /   /  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   ククク・・・
  |     'ー=-'ノ    
.  ヽ       }        \
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   
 |    ( ⌒)(⌒)  
. |     (__人__)  見てみろよ、これ
  |     ` ⌒ノ      
.  ヽ       }     
   ヽ     ノ        \  
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \




35 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:02:12.55 ID:
srjMI6kX0
記事の内容は、巨大多国籍企業「カンパニー」が
完璧な自我をもつアンドロイドを開発したものの、
試作段階で研究所から脱走され、もっか血眼になって捜索中である、というものだった。

また「カンパニー」は有名な探偵を呼んで
世界各地に追っ手を差し向けているらしいことも書かれていた。


(アンドロイドのイメージ)


       / / ̄ ̄ヽ
      |∩| ◎ ◎|
      ||L.|   ム |
      ヽ ヽ_ ∀/  
      -===='='=====-
   ())》|||    Å   |||》
   // i...||  //||ヘヽ. ||\\
  //  |.. ||. // || ヘヽ||  \\
  Oニ .ヽ||/   ||  ヽ||   0ノ
  \ヽ  ||======= ||    //
    \ヘ ヘ( ⌒())(0) ()ヘ//
     <  \=====/   >
   //\/    \/
  //          \\
0)⌒)            0)⌒)
 \\           //
   \\        //
  ( ((二0     ( ((二0
  [二二エ]    [エ二二]




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 10:02:47.62 ID:
UF5/4A5Q0

>>35
先行者じゃねーかw




37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 10:03:13.57 ID:
QtyN9yay0
>>35
懐かしいwwwww




38 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:04:10.57 ID:
srjMI6kX0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  さすがHENTAI新聞、嘘くせえ記事だと思うだろ?
  |     ` ⌒´ノ   でも莫大な懸賞金が本当にかけられてるから
.  |         }     事実とみて間違いないだろうな、常識的に考えて
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


       ____
    /─三三─::::::\
  /(○)三(○ ) ::::::::\
  |  ::::(__人__):::::::: u:::::::::| <ちょっとその記事見せるお!
  \  |-┬r|   :::::::::/    ………しばらく借りるお!!
 /   `'ー`  ::::::::::::!、





40 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:06:12.50 ID:
srjMI6kX0
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   
 |    ( ●)(●)      あっ、おい……
. |  u   (__人__)        ちゃんと返せよ…
  |     ` ⌒´ノ        興味ある記事なんだから……
.  |         }     
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm  
   /    ̄ ̄ ̄ つノ   
   |    | ̄ ̄ ̄   


      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄  |   なんだよ、アイツ?
  \        /   逃げるようにして
    \     _ノ    慌てて行きやがったけど
    /´     `\
     |       |
     |       |





41 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:08:09.72 ID:
srjMI6kX0
やる夫は走った。
新聞を握りしめ、いまだ記憶の戻らぬ翠星石の待つあばら家へと。


    |┃三 ガラッ
    |┃   ____
    |┃ / .u   \
    |┃ ((○)) ((○))\
――‐.|┃:::  (__人__) l_j :::\
    |┃    |r┬-|     |⌒)  翠星石、これを見るお!!
    |┃ U ..| |  |    / /
    (⌒ヽ.. └ー.┘・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃       <
    |┃  __   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)




42 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:10:10.57 ID:
srjMI6kX0
              /\    _,..-'ヽ、
             /, -‐''_>ュ<__,,.. .-+‐ー‐ー---┐
           /, ' '""~__      ``丶、      ,イ
          ∠イ'´"" ̄: :  ̄""'''‐-..,,_  ヽ    / |
        /: :/: :i : : i: : : : : :i: : : : : : : :`'ー、 `i   ./; ; 〉
       ./: : /: : ,' : : !: : : : : :!: :i|: : : : : : : : :i |  /; ; /
       l : : !: : .,' : : : : : : , : : ./i: : : : : : : : : :l |/ ; ; ,イ
       .l: : : : : :i : : : : : : ,ィ: : / .l ト、 : : : : : : l; ; ; ; ;/:.l
       l: : : : : :l: : : : : : / l: :/  _,l」ニ+-: : / : : |; ; ./: : |
      .|: : : : : :l| __,」ノ  | / '´ ヾ_,,ヾ.、_,': :l; ;/: : : :|   翠星石は文字が
       |: : : : :‐|'´__ュ/  .l/   r'´i´;;;;;l 〉: : /イ: : : : .l    読めないですぅ
       .i : : i: :./~rl;;;;i`  /    .' .ヤニソ ': :/※i: : : : : l
       ヾlヽ: :ヽ .!.kri         `´/ .イ   i: : : : : ::l   やる夫にはまえに
        ト: :ヽ: : `ー′      "" /イ ! ※.i: : : : : : l   言ったことあるですぅ
        |::ヾ、ヽト ゝ   `     / ィ'i   i: : : : : : .l
        !: :i   ヽ、     _    , -'"トi※  i: : : : : : : l
        .l: : i ※ .i: :`:ー- ,,`_´,, - '  / i    i、: : : : : : l
        l: : .i   i r‐- ...,r'´ /  / ./i .※i〉7´ ̄`、_.l
       l : : i ※ iノ:.:.::.r'/  .!__/  ∠_i   .i >.:.:.:.:.:.`i




43 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:12:10.61 ID:
srjMI6kX0
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\   だー、いそいでて忘れてただけだお!
  /    (__人__)   \  そんなことより大変なことになったんだお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   HENTAI新聞で名高いエヴリデイタイムスに
  / o゚((●)) ((●))゚o \  脱走したアンドロイドのことが載ってるけど、
  |     (__人__)    |  たぶんこれ翠星石のことだと思うお!
  \     ` ⌒´     /  


      ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    やる夫が記事の要約を朗読するお
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   捕まったらなんかジャンクになって
  |     (__人__)    |  確実に解体されそうな予感がひしひしするんだお
  \     ` ⌒´     /



そしてやる夫は記事の内容を翠星石に読み聞かせたのだった。




45 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:14:10.66 ID:
srjMI6kX0
           |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
           ヽ   l /  /         \ ヽ   /
            ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
            ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
              Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|
              | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|  記憶にないけど
              | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l  容姿とか着てるものとか
              |、ヽ.:.:ヽィ圷ミ    ィ圷ヾ.:.:.:|::.::l  やる夫の言う条件にピッタリですぅ…!
              | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',
             /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、
              /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
.             /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
            /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\





46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 10:15:02.43 ID:
ew6yh1Fa0
ちょっと近所のゴミ捨て場回ってくるわ




47 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:16:15.16 ID:
srjMI6kX0
        _____    
      / ノ' ^ヽ_\
   ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°  はやく一緒に逃げるお!
   / o'゚~(___人___)~o°\゜ 翠星石と離ればなれになるのは……、
 .   |    ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |  また、独りぼっちになるのは……、い、嫌なんだお!!
    \     ` ⌒ ´    /
     /`         ´\


やる夫は旅の身支度ををすばやくすませると、
急いで翠星石の手をとってスモーキー・タウンをあとにした。

やっと心を開きつつあったやらない夫にすら、なにも告げずに……。


~次章 「追跡者」につづく~




48 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:18:10.65 ID:
srjMI6kX0
Chapter2 「Chaser(追跡者)」

-やる夫たちが失踪する一週間ほど前-


世界企業「カンパニー」の幹部であるザ・マダムは
アンドロイド捜索隊がなんの成果も挙げなかったことで
部下に当たり散らしていた。



        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }    まぁだ見つかんないのぉ!?
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ    ぉんとに、ツカエナイ子たちだわぁ…。
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l ∥  l\.::.`ー'::|:| |:lV:/ |  l  | l
.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l ||   | ヽ::.::.::.::|:| ト-く |  |  | l




49 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:20:10.59 ID:
srjMI6kX0
    /// /   イ l  | |  | |   ヽ ヽ ヽ、
ィニニ〔ゝノ_ノ   / ヽ\ヽヽ  | l    |l  |l  ヽ
'´/ /| |7   r/'´ ̄ヽゝニヽ-ヽヽ  │ | | ヽ ヽ
イ/ / ! | |   ||-ャ─-,ニ、ミ‐`ヽ、ヽヽ / / /  | ヽヽ
/ / / j |   l| `ー='-ニゝヽ`   |ノメ、/l  │ l | l
./  / / ヽ   l|           ィ_ミヽ`リ ハ || |  でもストレスでアンニュ~イな夜は今宵で終わり。
'  / /   ヽ  l          l、'rヽj`ァ' メ | / リ  なんたって世界一の探偵にきてもらったんだからぁ…。
  `,´l    lヽ ヽ         /ノ `'’,イ  /イ     どうぞいらっしゃい、探偵さぁん♪
  /| |   |  `丶ゝ    ー、ー- 、    lノ  ,イノ
. /│|   |          ニ ´   ノ イ |
/  ! |   !  、           ィニィ | |lハ
  | !   |   _`ト_、 _     , イ    ! |ル'   ,イ
  ハ ヘ  |‐'  ̄,.ィ´ヘ` ー- イ  |    |l |    /│
ノ  ヘ ヘ   | <´ィ´ /介「`ヽヽ│   ハ l   / ノ      _,
ゞ、_ゝヽ  !  \ー´/ハ トニノノ !   / ハ ト、//,ィ _ ,.-ィ´
  ヾゝヽ.ヽ lー-、  ̄ 1 |│|ヽハ 」  / _ハ _/ イィニィ'´    <
    ヾゝヽ. l^ーィ- 、|│ ! ト、>-リ  イニィー '^ヽ、
     ヾヽヽゝ   ̄! | | lヽヾ/  /        ヽ




50 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:22:10.59 ID:
srjMI6kX0
     `ヽ、llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、_,-,
    -―--`lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllノ
      `ヽ、lllllllllllllllllllllllllll, - 、ll、_ll、ヽlllllllllllllllノ-,
      ̄ヾllllllll/⌒l、lllllll--      `ヾシノ|彡
       _ノll/ ⌒l `|ll/´ -、   U     /
        `)ll| (`Y´     二`ヽ、_    |
       /lll`l`-| U   ( |;;lll|   '´,イ  (毎度のことながらこの人の前だと緊張するな…)
     ,-'´/|`ヽ-┐     ` ̄'    ノ
__, -‐/;;;;;;/ |   |            l
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|  `l   l、          ` , -'
;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;|  `l、  `ヽ、   -――-/
┌‐┴───┐ ヽ、  `ヽ、     人
│ 探 偵  |   `ヽ、  `>┬イ  `、


カンパニー顧問探偵のナルホドは、依頼成功率100%を誇る
チート級の凄腕探偵だった。




51 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:24:15.57 ID:
srjMI6kX0
                   __
              _,、;;-;;;'':!!!!!!!!'';;-、、_,,,
            -=ニ;;;;;!!!|||||||ゞ,、_、-、ミ!!iiL
           -=ニ;;;;;:::!!||||!<`   `'-'iノ
             -=ニ,、;;:,-、ii/  `''-、_ , _!   そ、それでご依頼の件ですが…
             `ヽ;;;;! !゙  u ニ'ニ`<イ    人捜し、ということでよろしいのでしょうか?
               _i_,ゝ;;  u     . )i 
             、'゙(~'、  !.  、──-/ u
          _,、-;;;゙/;;;;i  '、     ̄ ̄/
     _、-::''゙::::::::;;;/;;;;;;;i   ヽ, `'',,- -' u
   ,、;;';゙;;;;::゙::、::::::::::::::/::_:::_ i、.  /ニ::i.´!\   u
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i::::::::::::::~,、-::'::|ヽ,/i|||||i !:::i丶
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i:::::::::: <:::::::::::::i  ゙i||i゙ `|、::ゞ:゙:、
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::!::::::::::::ヽ;::::::::::!.  ||||| i:::゙::、::::::ヽ,
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::::::'、::::::::! i|||||! i::::゚:/:::::::::i::゙i
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::::::::゙、::::::! i|||||||.!::::/:::::::::::!::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::!:::::::::::::::::::::::゙.、:::i.i||||||/:::/::::::::::::i:::::|
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!::::::::::::::::::::::::::::゙'、゙!||||'::::/::;;;;;;::::::!::::::!





52 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:26:14.25 ID:
srjMI6kX0
        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }   
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ  そうよぉ。半年前にうちの旦那の
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ  ザ・プロフェッサーや研究員を殺して
―‐ 、 、   /  !   |            イ |     施設から逃げたアンドロイドを捜してほしいのぉ。
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |     
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |    ロボット三原則に反するジャンクよぉ、ジャンク!!
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |    アンタに任せるから、金に糸目はつけず
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l    やりたいようにやればいいんだわぁ。
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l ∥  l\.::.`ー'::|:| |:lV:/ |  l  | l
.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l ||   | ヽ::.::.::.::|:| ト-く |  |  | l




53 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:28:10.55 ID:
srjMI6kX0
            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     \ ゛ー
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-...    _
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:


いくら精巧なアンドロイドだっていっても
人間社会に適応するのは難しいでしょぉ?
アドバイザーがいれば話はべつだけどねぇ…。

要は、不審なのがいたらかたっぱしから指紋や毛髪採取して
調べればオッケーってわけなのよぉ…。




55 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:30:22.01 ID:
srjMI6kX0
          _,,,,;;;;;;iillllll||||||||llllii;;,,,,,
        -`'!|||||||||||||||ll!'''' ''''''!!||li!,
        '''ニ!i|||||l!!!|||! ー、   |
         -=l|||'つ ''   i' lii ` 〈
           '||l,,ミ',     、 ノ
            '|''’ヽ    ---/           /  、_
           ノ、_  ` 、_.  /             /    ` - 、__,  -
        __, -;;〈  ` -、__ l´            /          /´
  _,,,;=;;;;;;;;;;;;';;;;;l;;;;;;;;:ヽ    ア,,ケ、_    i~ l、   ノ          /
./;;;;;;;;;;;;:::`::、::::::|、_:::::_,入、_ /:::::|l,:::l::、_  ,-|; |) /         ノ
l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::l;;;;:::::::>:::::::ヽ`Y〉:::l`l;;_;〉;,ノ`ノ、. | l /       , /
.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::、::::::::`::、_::::::::::、_ |::::V;:o/ , ' ;ノ,//    ,-、__ / /
.`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::ヽ:::::::::::`:、::::::\|::::::l_/_    ''/     -=_, `y'
 '';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::i;;:::::::::::::::`、:::::>´;;;;;`:ヾ、、_,ィ イ` -- 、__,-'フ'ヽ 丶
  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::`_、;;;;;::_,::-':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y、:l::::i    ノ-; `、 ,-'
   `、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,;;-:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::|::;l;;;;::|  ,ro(ニ -、,_)
    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,::-''´::/;;;::::、/l'(  `  ノ
       ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::,;;-';;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;_,/;;;、=-- 'l'ノ


わかりました、こちらとしても期待に応えられるよう頑張りたいと思います。
資料を読んだところ、研究所近郊の都市は捜索済みですが…


スモーキー・タウンのようなスラム街についての調査は?




56 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:32:12.42 ID:
srjMI6kX0
'  l | !_/イl |,   l ',  | ヘ.   l     / |  ;i  ,    | l   
  ,l/,r‐'´!.| ',|ヽ | ヽ  l ヽ |     l l /l  l,     l|..     答えはノン、ねぇ。くすくす……。
 / /   ',| 十' 寸 二マT´ ヽ.|!    / ┼/-l、_,|    /! !      知らないようだから教えてあげるけど、
,/ /l    | 丶 \ _\   '|l  / ‐ナ'´ |/lj  / /'゙.      研究施設からスモーキー・タウンは
. / |'、    ', ‐、―r┬ャ、`     i/  ‐/_‐__/ /-‐'i /..       車でもけっこうかかる距離なのよぉ。
/  ! ヽ.   ヘ ≧=一' ´          ゝ'-彡マ´ /      /'ヽ  
   ! l \   ヽ                  〃  /!    /  |      脱走したあの子に
  l | l   \  \        /      / /i|    /  /      そんな余裕があるかしらぁ。
 l  l|   | ト ̄´   、_, _,  - '´-‐イ   l|.   /  /
ー 、 l l   | /\\     ´ 二´   /  |   l  /  /__, --ー 答えはノン、よねぇ?
:::::::::::| l   |:::::: \ ゙  、   _ ィ ´|    l   , -:/ , ィ;:::::::::::::::::::::::   
::::::::::::l|   !:::: ::::::::-_天    !   |   l/´::::::/ /´ |ー-、------   
:::::::::::::', l   |: ::::::::/´:|:::/「l\   !   !   l__:://  /   \::::::::::
:::::::::::::::',    l ::::::/::::::l:/ l|::、 〉_;-:::|   !::::::::::;'/  ,:'  ∨ ./\::::   
:\:::::::::∧  l、:::::::!:::::::l;'   l!::∧>:::::::::l   l::::::::::i/   」 ヽ/  /  /ヽ
::::::ヽ:::/:::::ト  V\:l__」|  lY、::l>|\::l   /:::::::::/  |   ! 、/___/ ノ1
::::::::::V:::::::::l\ ヽ‐ト、:::/|   ヽ\!>ーl| /l::::::::::l     、 l!_/ー'-イ /
:::::::::::ヘ:::::::::l/ \ヽL.V∥    ヽ    / /!|:::::::::::l     丶     レ´


聞きこみ調査でも怪しいヒッチハイカーの姿は報告されておらず、
距離から考えて現実的ではないというのがザ・マダムの判断だった。




57 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:34:10.66 ID:
srjMI6kX0




              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i  (ザ・マダムのおっしゃる通りだ……。
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´   だが、たとえば研究所に出入りする清掃業者が
             '|ゝ_'!.    ′ |'     スモーキー・タウンに廃棄物を不法投棄しているとしたら?)
                'r'´|.    ,..,_..´」'    
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)    (もちろん彼らには公的機関で処理する義務があり、
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ,    経費もきちんと支払われてるはずだが…)
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |    
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!    不法投棄のゴミにまぎれれば
  f      ヽ   '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、  この距離の移動はけっして実現不可能なものではない……。
 ノ      '!    <´    ヽ  | Y!  ,}`!i,  'i  もちろん不審人物の報告も当然でてこない……。
. j        !     ヽ、   \.! l'y!'--' ノ ヽ |  
ノ       ;       \.  .ヽ, 'i`‐-‐'   ', '')
        j         ヽ、 ヽ'}、 O   ヽ,!,





58 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:36:10.60 ID:
srjMI6kX0
     、_ ー- - 、      、_   、 、ヽ. i.、
       ー 、 ニ _ ̄      、` ー 、 ヽ. ; !.`;ー-‐ァ
    ー 、_¬‐' ̄、 ー- _    ` ー_-.、ヽ. ゙;.  |  } /
     __ー_、ー- 、_ - 、- 、.r‐- 、- 、_、- 、ヽ ,! .ノ /-ァ
     ` - 、 ー ,. ‐.、   r-'   `  `  ヽ., .'^ァ /
        ) /./ `i.゙ . ,.r'             ト'
        ヽ. { r‐、ァ ∨    ̄ ー.、         l
        _ノキ !- ,;        r‐rテ-;゙、_, ィ ,.r''
        /,.'}.、.ゝ`ー         ヽ. ー' ,;;  ' fi!
    _,r'´ / ! `  ̄i            ̄      |!  (調べてみる価値はある。
_,. - '",/  .l  {    |           _   )   とりあえず出入り業者にあたってみるか)
   ./   |  ゙.   i.                 r‐'
   /   .|   ヽ;  ヽ.     --――¬'
           ヽ.   \       -‐f´
            \   ` 、___ノ ヽ.




59 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:38:10.55 ID:
srjMI6kX0
捜査の一歩として関係者に聞きこみを開始したナルホドは
出入りの清掃業者である石田にコンタクトをはかった。


           __  , -- 、
           /:::::::`′:::::::::\
          /::::::::::::ノ'''^l::::::::::::::ヽ
       l:::::::::i::/ニニヘNヽ:::::::l         なんだい、アンタ‥‥。
         |::::ル'レ'ニ> r',ニニゝ::::|
        l^「゙(⌒。TニT。⌒)゙丁゙l         た、探偵‥‥‥?
         |f|ト .二.イ u ヽ二 ノ|リ|         オ、オレはなにも悪いことしてないよ‥‥
         ヾl r一L、_,J --、 lレ′
          ハ |⊂ニニニニつ |∧          オレは忙しいんだよ‥‥‥‥!
      _/ |ヽ. , , ,一 , , , /l ヽ._        借金を返済しなきゃいけなくて‥‥
_,, -‐'''"´/   l `ー──‐'´ |  L_``'''‐- 、.._
_,, -‐''' ´l    ト、.____..ノl   | ``'''‐- 、.._  アンタと遊んでる暇はないんだ‥‥!
.     |   ヽ;:::::::::::::::::::: /    |         し、失礼する‥‥‥!!
.       |.  /へ\::::::::::/へ、  |
     |/    |o|::::::::|. |   \_|
.            ヽヽ::::/ /




60 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 10:40:10.64 ID:
srjMI6kX0
           __. -‐- 、...__....._         ヽ ー-‐'^ー‐'`ー‐'`ー-‐'`ー‐∠/
      _.. -‐''_..-- 、  `、ヽ`、 「ソ-┐    _)                (__    .. ┐
      二=‐'''  _. -ノ´` ̄``''‐-‐ヘ/L      〕   ちょっと待った!    〔 ,. ‐'´ ノ
      >‐ _..ニ -‐( ^ー-、..._、 _,...}ノ     ∠ _              . -''´  .-'´
      `ーZ. へ _r'´ il て)`  L.,,_{ソ        )-‐-v-‐-v-‐‐-v-ー./  _r‐'「`r、  
        ミ{ ^! !i     ̄  __」  l        ´        , -‐''フ7´ 、 'ーl、 l } l
         `iー┐    ,. -―-、 l            _. -''"´   l |  `'ーく/ ノ ノ
         | !、    { ´´ ̄7 /        _.. -‐''´       | l、_ ‐、___[])''''´
         |   \.  ヒニ、/ /-ァ''´ ̄_ユ‐'"´            '、 `‐ニエエソ´
        __⊥ -‐…`'ー-ィ‐'''7´ /  /                 `'==''ソ
       / ヽ,    / |  l  l   ′                :::::_: -‐'"´
   _.. -‐ナー-rへ  ∠.._l  l                 ::::_: -''"´
 /´    /  l  〉'´`ーc、   `、            :::_: -‐'"´
. l     l|  /./ _..=ニニ -┐ ` ‐- .....  ......._ -‐''"´      
|    ∥ / ..-'´└‐┬‐‐''´ ...:::::::::ミ三三/´


多重債務に苦しむ石田は自己破産寸前だった。
ところがここ一年で借金を完済しつつあることを、ナルホドは事前にリサーチしていた。

本職の検事顔負けに、語気つよく出所不明の金についてナルホドは詰問した。




67 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 11:02:23.94 ID:
srjMI6kX0
      __    __
      \ `V´  ,∠─;z_
   ∠´ ̄  ,、         \
   /  ,.イ/ニl l、       ヽ    r'⌒`ー'⌒ヽ
  /ィ ∠-ヘ v l トゝ、L_     l   (     魔
.   レレ=く二´ u ヾ二,‐- ゝ、_  |   )     が
.    |} =ゝ:|ニニ| <ニ_u | | |ニ、:|  (  だ 差
     ゝ二~イv v トニ~uノu|.|-リ.|  _ノ  よ  し
    {r,ニ0L、__,、」ー0ニニ、||_ソ | ⌒)   お た
.     } r'エェェェUェエエェ、 ハ  ト、 (  ! ん 
     l },..-─-r-─‐-、| / l | \ `ー-─--‐
_,.. -‐ァヘ!ユエェエエェェェヌ./v | l   |`ー-
   /  Οー'-'-ri-'-'-U' u l'    ト、.___」L(!(! __
-‐'''7   |:::::::::::U::::::::::    /    |   ̄|「 ̄ |「 ̄l.|
.  /     | u    v ○ /     | (ノ |! |) L゙=='」 o o o
 /_,.-─‐r ト、  u   __,.イ T''‐-、 │
        |. |:::`ー--‐'´:::::/ /     \|
      \\::::::::::::://


石田は執拗な質問攻めにたえきれず告白した。

処理費用をごまかしてポケットにいれ
借金返済にあてていたことを。

そして、おなじく借金に苦しむ息子に頼んで
スモーキー・タウンに不法投棄していたことも自白した。





68 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 11:05:38.71 ID:
srjMI6kX0





       -=llllllll|||||||||||lll;;;;,,,,
        ニニ|||lll||||!''ニ,_'''llll|!;
          ̄||δ'   lii!i`γ'    あくまで可能性のひとつだ。
          |l;=,     , 」     だが、行き詰まっていた捜査に
           / 、  ヘミ|      風穴をあけたことには成功したか…。
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ


ナルホドは慎重だった。
遠いスモーキー・タウンに慌てて向かうのでなく、まず現地の情報を知りたがった。

初動捜査にミスがあったとみて間違いないこの状況で、
迂闊な行動によるタイムロスは避けたかった。

逃亡者の生活は多くの制約がある。
あらゆる選択肢を潰してからでも、遅くはないと踏んだのである。





69 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 11:07:34.85 ID:
srjMI6kX0
しかし、翌週ナルホドの目に信じられないニュースがとびこむ。


                   ..,,,,,,,,,,...   ,,.z
               /~'''''"     ` ´  l
             /    ,.. -- - --z.,,__ '‐ッ
            /  /, ''''' ゙       ヾ ./
           ./ /'''/   ,,.ィ ''  ヽ、_ > ヽ
          / /  (  ,_,-''"_    , _,....゙_''Y./   な、なんでアンドロイドの脱走が大々的に報じられ
         / / // ' ,. ヒニ゙.l,  ヾ l.l''';. l .V    しかも懸賞金がかけられてるんだ…?!
         ゙''-,/ / ゙>  ' ヾ''    ヽ ゙゙   l
          ゙ー, ,l;''';';;、l           .; .; !    l
            ゙-、 i'ッ'       _,.. -‐-、  .l
             ヾ;:-`     ,ィェェニニニ.l  l
               `'ァヽ,    ゙ ゙  ‐'''   /
                 ゙l ゙'‐ .,_      /
             .,, --‐┴‐‐‐‐`‐‐ー‐'''"└------、.
            /                   _ -`ー、




71 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 11:09:34.51 ID:
srjMI6kX0
なかなか表だって動かないナルホドに、
業を煮やしたザ・マダムが独断で行ったのだった。


                    , ,i!.   ,;
                   ,nソ!ッ」`!ゝ、!;/'!
         ,.. -‐---、....,..;=ヽ.<! |f .|、|_'!ヾ<.ト;_
        .,r=‐‐‐-、   / f.iイ'! : : .' ´,^) .l と;`!   なんてことをしてくれたんだ…
     ,/'~      ヽ.  { f |! `!    j、.ヾ ノ }!. |   アンドロイドがこのニュースを見たら……。
    ノ.|         '! .{ i' y='==_:、,ノヽ,、ソノ.)_!   
   ./ ゝ       !ノ. | .ノ   `ヽ,_, ク<ニ!,   それにアンドロイドの似顔絵が
   /   ヽ.      〈,>'<リ    〆f_/'T    s!   けっこう残念なデキじゃないか…!!
  ノ    ヽ、     `y'    O/  ノ!    .q
  /.      ゝ   r-イ     /' / .}    |
          、   ∫     ノ./'、  |    .|
           ゝ       //´  ヽ .}    |




72 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 11:12:33.21 ID:
srjMI6kX0


              ,. -‐7
       ,.-,. -‐r - '"   /‐.7
    ,.-',"'´, -,'´'´  _, ‐'´  /
  , ‐'´/i // , ‐, ,- '  _, - '7     ザ・マダム!
 ヽ、 ! l .!.,'/,. //-.、,. ‐'.,...、 !_     あなたは僕に全権を任せておきながら
  くヽ, 、 /'´    .!、 i !`,ヽi´     勝手な指示で現場に混乱をもたらした!
  'ヽ!` `    ,r'_", 'ヽ!ゞi l.!.i´     正直いって僕はウンザリしている!
    ',.-_、_.、/!.t;:,!l     l' ノ、l 
    ヾ.ゞ'i  ``      'i゙  ',      悪いが捜査から手をひかせてもらいたい。
      ヽ. ! ,   _    ,'  ',_
      ヽ`r_'ニ´‐'ヽ  ,_',.-‐;´-ヽ,
.       \'i'-‐_'ノ ./r‐.く´, -‐ ''`' 、
           ヾ,´ _, ,'./ ::: !  _ヽ___`'_ 、
          /´.,!' / .:::/-、'´       .\
        /.>i゙_./ .:::/  ; `ー,        '、
       ,.' .,.' ,..,V、 ::::::!  l  .l `!,.       ',
      ,.' / !ン i ヽrノ,  !  .! l.i        !
       / ./  !  ヽ !..::::: /..、 ,'  !'i       i
.      / /  ,.' ヽ ....`"ーく::./.:ーノ.,'       !
    ,' /  , '   `-、-'、_`ノ'ー '7 /      ,.'i
            ヽ\ヽ-,. - '´.,.' .:::::::::::::::::, ' /


ここで指揮系統をはっきりさせないと、のちに禍根を残すとみたナルホドは
やっと面会が叶うと、いささか無礼ともいえる口調で迫った。




73 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 11:14:38.90 ID:
srjMI6kX0
、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:     犬っころの分際で飼い主に
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:    吠えるんじゃないわよぉ!!
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://   アンタときたら日がな一日
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:     ごろ寝してばかりで、まるでいきなり
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:      主役から脇役になったみたいな態度!
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:      
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:      
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /   なんか一つでも捜査の進展があるのぉ?!
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //    
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /




74 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 11:16:41.65 ID:
srjMI6kX0
ここ一週間のナルホド君



   、_,,,;;illllllllllllllliii;;       ii_, 、
   -ニ|||||||||!_,.‐ l        l.llli i
    `''!||';l'. '‘ .〉      .;-|;;',=ニ)
     /、_` 、__'フ、____     l|;;=ニミl  ,-、__,、__,,,;;;;;;、-、__
-----/- 、 ̄/::〉l  、 i―― i,'''''''´ノ ''''ヽ::::::::、:::-、;;;;;ヽ、 `ヽ、
;;;;;;;,/、_   `'' ヽ:、 _, | '、::::::,./` - ',  _,,::-l、;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;i;i   i
;;;;;;ノ   ヽ、    、:::、 i . 、/ ` _/_,:::'::;;;;;;;;;;;;メ;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;l;;i   |
;;;;/    ,)     、::ヽ l `i  //;;;;;;;;;;;;l';;;;;;;;;ヽ;8;i-;;;ニ;;|;_:l  |
.'/  _  人      i;;;;i ヽ、 __/';;;;;;;;;;;;;;;;;::l,;;;;;;;;;;;;;パ::l;;-:::::|´   l
ノ _,-`` ̄ `T―,、_ `;;;;ヽ/;;’;;;;;;;;;;;:::::/´`ヽ;;;;;;;;;;;::ナ;;:::::::::l ,--'-`----- ィ'ニニ
(、    _____ノ__ノ___ニ__>'く;;-、;;;;;:::/    ヽ::;;;;;;;:::`;t-' ´ `t----  、 l;;;;;;;;;;
 `―;;; ̄====ニニ 、_ ̄_ヽ;;;;:::_::`--:::::::, 、_ヽ;;;;;;::;;;;;>-----、  、___  l、;;;;;;;
 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l、' _____ノ;;;;;;:::::::;;;;;;;;::-::-:;、;;ヽ;;;,,-iill||||||l!!''''     `l | `'';;;:
 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;ヽ;;;メlll''''´´´´/――   / l   |;
          ;;;;;;;|    l-''''''-'''''''''--'';;;、;;;;;;;;;;;;、:::、    l      | |   ノ;
        . |;;;;;;;;;|    l         `'';;;;;;;;;;ヽ::、   i   __ _ノ_ |  /l;;





75 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 11:18:42.58 ID:
srjMI6kX0
                    ___,,,,----- 、__
              _____,.. -‐''''´‐‐''´___Z ヽ\`Tー-1
              `ー-.ュ____,    ̄コ-、_i- 、丶 /└!
             -=´、ニ----ァ  (_     `''ー'ヒ「
              -=ュニラ´,rニヽ ,「 .u'''ー-、_ 、 |'   ぐっ、たしかにきわだった進展もなく……
               ̄'ー、_ __」⌒!.V'    ー┬「'´∠!   指揮権は僕にうつったと思って
                  ゙iN゙i ユ;. ゚    ̄   tf    報告もしてはいない……
                 ,r.ァx-ー┐  。 .     ' rク     部下からのメールチェックだけ……
               _/ ! ゙t i ヽ   r___ー─‐イ   
          _,,.. -‐'´ /  l  ヽ|   ゚ 、.   ` ̄了   
      _,,,. -''´      /   .゙i,   \   `ーァ、....ノ     だが、こんなひどいアンドロイドの似顔絵
  ._,r‐''''~`ヽ、      ,'    ',   .ゝ--ァ'''!^!       誰に判別つくっていうんですか?!
 /        .ヽ     ''''ー-=- ト、  / ̄`゙i | t'、
..l         ',    ,.-''´   い,/ヽ  .∧ |. ヽ\





76 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 11:20:50.56 ID:
srjMI6kX0
┏━━━━━━━━━━━━━━┓
┃      WANTED!!      ┃
┃                    ...┃
┃ REWARD(賞金) 5500000ラル .┃
┃                    .┃
┃      ,,,,,,pxxvxxg,,,,_       ..┃
┃   ,,df(^"゛ g、    ^゚゚l     ...┃
┃  〈!   ,,dl゚゛   ./==x]t,,_    ┃
┃   ]l.__,,g[,,,,,,,,,,,,,,p4"   .l[^k   ┃
┃   ][「,,pr=t、`、  ____ .l[ ]   ┃
┃  g" ][_  ]!  ./「゚^゚9,,「n,,]  ...┃
┃ 4゚ .。、.\イ   ゚lk ,,g[  .l  . .┃
┃ ]l. 〈^゚ltn4,,,,_        ]   .┃
┃ ヨ。. ゚ll._   ゚"9n......./ff  ] .  .┃
┃  ヨ、.\q,,,,____   ,,gf゛ gl゚   .┃
┃   ^9nnxxxxx゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚xvtf"゛    .┃
┃                    .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┛




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 11:21:05.22 ID:
xV5ioQfk0

これは無理だwwwww




78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 11:21:55.44 ID:
ro9uUmTj0
ねーよwww




80 名前:1 ◆z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 11:22:50.68 ID:
srjMI6kX0

                     ____
               ,    ´ -―r〈}Yー _
              / /:::::::::,. ヘ≧ラ:::::::::::::_,
              / /:::::,. :::´:::;. ,-―ベ" ̄  `
           /  /::::::/:::; イ  |    \ \   \
              /  /:::/:::/ /    |      ヽ  ヽ     ヽ
          /  |:/::::/  :′|  |        ヘ       ハ  〃
        イ二 >r<   i  |          ,  i  |廴/:/  /
      < </ / 不ヽ ヾ\ |  !ヽ  ヽ  \    l   |  |Ⅳ:イ /∠
         \__'/ /|::| イ/| \\  \   ヽ  | ィハ  ハ|::::/:::::=≠――
         //  / |::|ー'   |、ヽ \\  \ |l /,.イ/ / /::jノ:::::::::::::::::::::<二
      //  /   |::| i    ', >\"\二  ヽ|レゞ'イ/ イ|、:::::::::::::::::::::::::::二二ニ
      /::::/  /   i!::! ヽ   ヽ >イ l!ノ,.`      7  / |::>:::::::::::::::::::::::::≧=--
  \.__/::::/  /    /::/   \  \ ` ´        〉/ /:::::::::::::::::::::::::::::::<二
   \ヾ{  /    /::/i    |イ\ \    _,. ィ /イ i\::::::::::::::::::::ヾミ ̄ ̄
    / \<..._∠ イ∧   Vヘ.` ー一    ̄ ´/:::| | ト \ ̄ヽ\::\
ー===  ̄:::::::::::::::::ー―ヘ   ∨7`;―::>r―‐:'::.:::| | |:::> `  、 \
‐'"~:::::::::,.   -―――ベYヘ.   ∨ /:::.://バ:ヾ\::.::| | l:::.:::.:\_\
:::::::::::::::/ ,. -―――-   ヾ;ヽ   ∨::.://::|::|ハ:::ヽ::〕 | ' /:::.:::.:::.:::./ |  夫が研究室に残したPCのデータから
::::::::::// .:::.:::.:::.:::.:::.:::.::..   Yへ  ヽ:::辷┘| ヾーヘV/ /:::.:::.:::.:∠ イ /  忠実に再現したのがあの似顔絵よぉ。
::::/イノ ::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:ヽ ヽ \ ヽ7√i::|   \:ヾj∧:::.:::.:::.:::.:::.::l/   あなたに渡した資料にもあったでしょお?
7 /:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.\ \ \ \.├ヘ  __Vム:::ヽ:::.:::.:::.:::イ
| l:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::..\ \__> \:::ヤ″ |::〉ヘ::::\:::.:/ニニヽ





86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 12:00:36.27 ID:
srjMI6kX0
               、‘li;,, `||i;;;|li;;.,,'i;
               `''l,!l|||li;||||||||||i;;|||i;,
               ''i;,!!|l||||||||||||||||||||||li;,.
                '||ll!''!||||''''|!'i||||||||||||i;;
                 /|σ'.!''' _ `´`!||||||<
              _,/'-'〉'    ヽ   /''
             /l`ヽ、.i    `''`'’;-'    (……あんなクトゥルー神話に登場しそうな怪物が
       ____,,,,,;;;<;;;;;;;ヽ  ヽ  、. ___,.../      
   ,;;;;'::-::::、:;;;:::::::::::l::::::::::::i_  `、.....ィ´、_       アンドロイドだなんて…とてもじゃないが信じられないさ)
   /;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::-::、_::'::::ト 、_ l::::::,!_:::、::::、___
  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;::::::l::::::::::::::<:::::::::::ヽ`'`l::::、i:`<_:::::::i:ヽ
  |;;;;;;;;;;;;:;:;:;:::::::|::::::::::::::::::\::::::::::::、 |:::::'|:::゚::〉:::::::l:::i



ナルホドはアンドロイドが捜査攪乱を狙って、
脱走する直前にデータを改竄したのではないかとかねてより考えていた。

だが、慎重すぎる性格が災いして
ザ・マダムには伝えていなかった。


彼女は唯一残された形見のPCを絶対視していたおり
「それポニョのなんちゃってAAじゃないっすか? m9(^Д^)プギャーーーッ」
などと言っても、けっして信じてもらえないだろうという確信があった。





87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 12:04:16.96 ID:
srjMI6kX0
支援心から感謝!!


             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |  けどそうねぇ、今回の件は私にも非があるわねぇ。
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ  
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′  これからは探偵さんにすべてを任せるわぁ。
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |




89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 12:08:28.82 ID:
srjMI6kX0
   /::://:::! /-=、 ,// u / _,,.-ゝ. 「ヽ l    ! , l  なんと……あれほど無礼な暴言のあとで……
  /::_;イ-‐=レ'==ミ"   '∠-==ヽl=ヽlヽ  レ'レV
/::::::::..、   o   ,≡:::::::〈、  o   ,  :|│ リ '    上司の態度が急に軟化……
::::::::::::::::: ` ー--‐ '´三 :::::::::ヽ`::ー-‐:'.´   |│ l
:::::::::::::::    ニニ  ::::::::::::::ヽ::::::::: U  |│ !      ククク……この二つの符号が意味するものは
:::::::::::::::U  ̄ ̄   U::::::::::::::::ヽ::: u   |│ .l
::::::::::::::::   U    r‐:::::::::::::::::::::ヽ.    Lノ  |      ひとつ……!……解雇フラグ!



なんだかんだいって失職は怖いものである。

これからの展開を考えたうえでの発言とはいえ、
ナルホドはちょっぴり後悔した。
無職……、それだけは勘弁してもらいたかった。




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 12:12:39.14 ID:
srjMI6kX0
   .  ,r==ミヽ
    〈(((ノリi卯   _ _ _
     从゚ー ゚,l〈l| /    ヽ
    とi卯(i'ヽ!|ゝ '''"ー"``
     /l xヽy''
     |†レしl,†l
     レ   |ノ

違うわよぉ、はやくアンドロイドを捕まえて
ザ・プロフェッサーの無念を晴らしたいだけよぉ。

冷静になってみたら、そのためには
やっぱり探偵さんにお任せするのが最善でしょぉ?



                ―ヽ|||||||||||||||||ヽ,,,,
                 ̄|||//||||ゞゞ|ヾ||//
                 ̄`|δ|/ ー、  |   (クソッ…、だったら余計なことはせず黙っててくれ…
               _  ;;・'   'ー` γ    
        , --、―― '  / | | ヽ.   丶┘     だけど飼い犬という形容詞の通り、
      /;;;;;;;;;;:::ヽ:::::::::;;;;/;;;;;| \ ヽ _ ̄'       僕には何も言い返せない理由がある……)
     /;;;;;;;;;;;;;;;::::|;;;::::::::く;;;;:::|、 /=|´|::|:::\     
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;:::::::::、・´ヽ' |::::/|/:,┘::::::ヽ    先ほどは言い過ぎました。
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::::::::::ヽ::::::|  |:::| /:::。>::::::;:::丶   これからは依頼達成にむけ
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;'::;;;;;::::::::::::丶:::| /::::|/::::/:::::::::/;;::::|   よりいっそう努力する所存です。
 /;;;;;;;;;;;;-、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::|'::::::|:::/_:::::::::/::::::::丶






93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 12:16:30.66 ID:
srjMI6kX0
              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i   さて…、これからどうしたものか。
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´   部下からの報告を総合して推理すると
             '|ゝ_'!.    ′ |'    俄然スモーキー・タウン方面がくさくなってきたが…。
                'r'´|.    ,..,_..´」'
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ    直接僕が現地に行って捜査すべきか……?
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |    もしかしたら懸賞報道をうけて
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!    動きがあるかもしれないし……。
  f      ヽ   '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、
 ノ      '!    <´    ヽ  | Y!  ,}`!i,  'i
. j        !     ヽ、   \.! l'y!'--' ノ ヽ |
ノ       ;       \.  .ヽ, 'i`‐-‐'   ', '')
        j         ヽ、 ヽ'}、 O   ヽ,!,




95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 12:20:04.64 ID:
srjMI6kX0
              ,. -‐7
       ,.-,. -‐r - '"   /‐.7
    ,.-',"'´, -,'´'´  _, ‐'´  /
  , ‐'´/i // , ‐, ,- '  _, - '7
 ヽ、 ! l .!.,'/,. //-.、,. ‐'.,...、 !_    よし、スモーキー・タウンに一番近い空港へ
  くヽ, 、 /'´    .!、 i !`,ヽi´    ジェット機を飛ばすよう手配するんだッ!!!
  'ヽ!` `    ,r'_", 'ヽ!ゞi l.!.i´
    ',.-_、_.、/!.t;:,!l     l' ノ、l     
    ヾ.ゞ'i  ``      'i゙  ',       あとスラム界隈で
      ヽ. ! ,   _    ,'  ',_      一番の消息通だって報告があった
      ヽ`r_'ニ´‐'ヽ  ,_',.-‐;´-ヽ,     やらない夫という男の詳細をレポートしてくれ。
.       \'i'-‐_'ノ ./r‐.く´, -‐ ''`' 、
           ヾ,´ _, ,'./ ::: !  _ヽ___`'_ 、    みんな、アサップで頼むよ!!
          /´.,!' / .:::/-、'´       .\
        /.>i゙_./ .:::/  ; `ー,        '、
       ,.' .,.' ,..,V、 ::::::!  l  .l `!,.       ',
      ,.' / !ン i ヽrノ,  !  .! l.i        !
       / ./  !  ヽ !..::::: /..、 ,'  !'i       i
.      / /  ,.' ヽ ....`"ーく::./.:ーノ.,'       !
    ,' /  , '   `-、-'、_`ノ'ー '7 /      ,.'i
            ヽ\ヽ-,. - '´.,.' .:::::::::::::::::, ' /
            :::::\`'ヽr,-.'´..::::::::::::::::, '.::.,'





96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 12:24:49.38 ID:
srjMI6kX0
そして6時間が経過した……


    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´-ω-) (-ω-`) ∧∧
( ´-ω) U) ( つと ノ(ω-` )  zzz...
| U (  ´-) (-`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'




97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 12:29:12.18 ID:
srjMI6kX0
     `ヽ、llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、_,-,
    -―--`lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllノ
      `ヽ、lllllllllllllllllllllllllll, - 、ll、_ll、ヽlllllllllllllllノ-,
      ̄ヾllllllll/⌒l、lllllll--      `ヾシノ|彡
       _ノll/ ⌒l `|ll/´ -、   U     /
        `)ll| (`Y´     二`ヽ、_    |
       /lll`l`-| U   ( |;;lll|   '´,イ  ふう、やっと着いたか…
     ,-'´/|`ヽ-┐     ` ̄'    ノ   
__, -‐/;;;;;;/ |   |            l    もう夕方だってのに、
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|  `l   l、          ` , -'    ここは首都と比べて暑いな……。
;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;|  `l、  `ヽ、   -――-/      ゴミが自然発火してるせいも
           ヽ、  `ヽ、     人       あるのだろうけど……。
            `ヽ、  `>┬イ  `、



※註・余談ですが、スモーキー・タウンはフィリピンに実在した
..   スモーキー・マウンテンというスラムに酷似してます。




100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 12:34:02.26 ID:
srjMI6kX0
             _,、-m‐'iiii'-、、,、
          _ ,、-'iiilll||||||!!゙-゙-ミ7!ソ      _ , 、..-..‐::ー、   あー、そこの君ぃ!
        `'ニ=-'iiiilll|||ζ _,、- ' ,.!゙-,:::'::'::゙:::´::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::ヽ   
         `二'=彡.'゙ヾ!  '~lll ゙ 、 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;::::::::::|   ちょっと尋ねたいことが
           `´'ヾ,'、'9l.  ,_  -;゙ ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;::::::::::::::!    あるんだけどいいかい?
             ヾ''ヽ. '-ミエエ!ーi;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;;;;;;:::::::::::::::/
             _,.' .、_  、_ ノ _,,,_ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::, ゙
    ,、-=,;;;;; - 、_,イ;;;\ `' -、_l、,;;';;゙;;;;;;;;;ヾ;;:::::::;;;;;;;;::::::::::, '
  _,ノ;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;ヽ.   i,iiヾ.、:::::::::::::;;;;:::::::;;;;;:::::::::, ゙
_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::゙、::::::::゙' -、/ヽ、_.!||||i゙;::ヽ:::::::::::;:::::::::::::::: , ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::;;;;:::',:::::::::::<゛:::::::::\`||i、i-<::::::::::::;::::::::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::!:::::::::::::゙'..、:::::::::゙.,|||||',::::゙;::::::::::,:::::::, '



            / ̄ ̄\
          .ノ  \,_.  .\    そんなのお安いご用だろ
         (ー)(ー )    |    常識的に考えて……
          (__人__)     |    
          .ヾ⌒ ´     |    てか店じまい……してるだろ…してるだろ……
           {      .  /   
            \    ./  
            ン     .ノ
           ./  . ..  }
       .(⌒二_⊿      .i


スモーキー・タウンに到着したナルホドは、
やる夫の失踪に落胆するやらない夫にさりげなく近づいた。





104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 12:38:34.29 ID:
srjMI6kX0
     、_ ー- - 、      、_   、 、ヽ. i.、
       ー 、 ニ _ ̄      、` ー 、 ヽ. ; !.`;ー-‐ァ
    ー 、_¬‐' ̄、 ー- _    ` ー_-.、ヽ. ゙;.  |  } /
     __ー_、ー- 、_ - 、- 、.r‐- 、- 、_、- 、ヽ ,! .ノ /-ァ
     ` - 、 ー ,. ‐.、   r-'   `  `  ヽ., .'^ァ /  まあ大したことではないんだけどね…、
        ) /./ `i.゙ . ,.r'             ト'   ここ最近、そうだね、とくに二、三ヶ月かな……
        ヽ. { r‐、ァ ∨    ̄ ー.、         l   
        _ノキ !- ,;        r‐rテ-;゙、_, ィ ,.r''    なんか変わったことなんてなかったかい?
        /,.'}.、.ゝ`ー         ヽ. ー' ,;;  ' fi!     どんな些細なことでもいいんだけどさ……。
    _,r'´ / ! `  ̄i            ̄      |!
_,. - '",/  .l  {    |           _   )    ああ、そうそう、僕の名前はナルホド。
   ./   |  ゙.   i.                 r‐'    
   /   .|   ヽ;  ヽ.     --――¬'     君のこれからの時間を買う男だよ……。 
           ヽ.   \       -‐f´
             \   ` 、___ノ ヽ.


と言うと、ナルホドは高額紙幣をやらない夫のポケットにねじこんだ。




109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 12:54:19.96 ID:
srjMI6kX0
   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ー)(ー)  (……明らかに怪しすぎるだろ
. | u.   (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ   もしや、やる夫が失踪したのも……
.  |         }    いや、考えすぎだろ……常識的に考えて)
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ      いやあ、俺はなんも知らないですよ。
    i⌒\ ,__(‐- 、    
    l \ 巛ー─;\   それより、この金は受け取れません。 
    | `ヽ-‐ーく_)   分不相応の金なんざ身を滅ぼしますから。
.    |      l      おっかねえこってす……。
    |      |     





110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 12:59:56.03 ID:
srjMI6kX0
               、‘li;,, `||i;;;|li;;.,,'i;
               `''l,!l|||li;||||||||||i;;|||i;,
               ''i;,!!|l||||||||||||||||||||||li;,.
                '||ll!''!||||''''|!'i||||||||||||i;;
                 /|σ'.!''' _ `´`!||||||<
              _,/'-'〉'    ヽ   /''  (ふむ…買収は逆効果か……。
             /l`ヽ、.i    `''`'’;-'    守銭奴という評判はガセだな……。
       ____,,,,,;;;<;;;;;;;ヽ  ヽ  、. ___,.../      
   ,;;;;'::-::::、:;;;:::::::::::l::::::::::::i_  `、.....ィ´、_       
   /;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::-::、_::'::::ト 、_ l::::::,!_:::、::::、___    再生家電の買い取りをめぐって
  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;::::::l::::::::::::::<:::::::::::ヽ`'`l::::、i:`<_:::::::i:ヽ   丸っちょの清掃人をぶん殴ったという
  |;;;;;;;;;;;;:;:;:;:::::::|::::::::::::::::::\::::::::::::、 |:::::'|:::゚::〉:::::::l:::i   目撃証言が一ヶ月前にあったはずだが…)
,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;::::::::::::::::::::::::ヽ_:::::::ヽ::::::l::::ノ::::::::::l:::i   
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::、:::|::/::::::::::::l::::i




113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 13:04:28.97 ID:
srjMI6kX0
          _,,j ニ¬-- ....,_
          '- = ,,´'''ヽ、,;;;゙'ミ'-、_
          ゙~ミゝy、゙'V‐ ベl、_,/フ
            ,!;l"i/" "ニ__ ゙l″ どうやら君という人間を見誤っていたようだ……。
            ,l'"i   `″i'゛   かつてはお金のため泥もかぶったというのに
         _.. il'!、ヽ、  __ r     主義がえしちゃったようだね。
   ,r¬;;――''゙};;;;ヽ `'-、丶_,/
_/ ;;;;;;; ヽ  ;:;:;|、,;;;;\  _/'',ヽ..,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: ヽ   .,,ノ'"゛゙''ィ゙'ッ' l ゙l、 ゙'!i-、
;;;;;;;  ;:;;;;  ,!    \   `'、 ヽl,"l  ヽヽ
;;;;;;;;;;   , l;;;     ´'-、 `i, ゙} l   l l        

               
             
   / ̄ ̄\   
 /   _ノ  \     な……、ずいぶんと昔のことも
 |    ( ●)(●)     お調べになったんですね……。
. | u    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }  \.
.  ヽ        }     \
   ヽ     ノ        \.
   /    く. \      \
   |     \  \      \
    |    |ヽ、二⌒)、      \ 





114 名前:1 ◇z8qEkjOsGc [sage]:2008/08/16(土) 13:08:33.85 ID:
srjMI6kX0
いまから20年前、青年時代のやらない夫は
ロボット工学の分野で将来を嘱望される研究者だった。

フォン・ブラウン以来の天才とうたわれた彼だったが、
なかでも人工知能についての研究成果は群を抜いていた。
彼のAI理論は、そう遠くない未来にアンドロイドの誕生を予感させる
秀逸なものだった。

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)
         |     (__人__)  
           |     ` ⌒´ノ    アンドロイド作らないか?
            |         }
            ヽ        }
           ヽ、.,__ __ノ
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|





117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 13:13:44.78 ID:
srjMI6kX0
その画期的なAI理論に目をつけたのが、当時カンパニーで頭角をあらわしてきた
桜田ジュンという男である。

あるいは、「ザ・プロフェッサー」というコードネームのほうが通りがいいかもしれない。
                         __
                         <:.:.:.:.:.: \
           _________  \:.:.:.:.:. : \
          ∠_:.:.:.:.:.:.:  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ,}:.:.   :. . \
             \:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:  : .:.\
            _. -  ̄ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : }
       _. -  ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ://\
     ∠ ..:.:.:.:.:._ .-‐  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ .-‐ ":.:.:, へ. : ._.-‐.:.:.:.:.:.:. .. \
       > .:.:.:.:.:.:.:.:./: ..:._ .-‐ "::.:.:.:.:.:./:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . .: \
     ,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./_ .-‐ " /:.::.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ゞ:.:.: :>
    / .:.:.:.:.:.:.:.:.:/...:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:., ヘ;:.:.:.:..:.: ヘ ̄
  ,/ .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.;イ:i:i:i:ii.:.:.:.:.:i.:.:.i.:ヘ
∠ - '  ̄ フ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i!!~ヽi:i:i:i:.:.:.:.:i:.:..i:.:.ヘ
     /:.:.:.,/i:i/;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:_, .-‐'_,,.-イ.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.i:..:.:.l   li:i:i:ii.:.:.:.:i:.:.:i\:.:\
    ./:.:.:.,ィi:i:i:i:i/.:.:._, -,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:並羽:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.∧:.::|   li:i:i:ii:.:.:.:.|i:i:.ヘ   ̄
   /;./ イi:i:/‐'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/<凡 |:./ミ|:.:.:.:.:.:.:..l 入+===.}i:i:i:ii.:.:.. |i:i:i:.:ヘ
   /   |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:‐i:i:i:i:i{ ト、_,ィレ 彡!:.:.:.:.:.:.:.|_,,,,送二_}i:i:i:ii:i:.:.: |\i.::.:ヘ
       /i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽヾ;;(   |:.ト.:.:.:.:.:|`、.|i!}Y {}y'^ヽi::.:/   ヽ、ゝ
        //∠ --- 、i:i:i:i:/  : :\__.   V ヽ.:.:.:|::::゙ヾ'l 人  レ'
     /       /〃〃     : : : :',     \:!.   し'  ,>
           r┴┴ 、      : ::',          / ̄
           /     \_    : : :ヽ        ー‐ァ'
            /...       ヽ、  : : ,: \      r'
        __/          `\_:./`゙ ーゝ、__,ノ
       )_ つ、             \_
       V~く_>ァ 、__           i|ト、




119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 13:17:22.14 ID:
Wr4k9S9W0
久々にストーリー構成考えているやる夫スレ見た




120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 13:18:34.01 ID:
srjMI6kX0
やらない夫の当時の婚約者には先天的な心臓病があった。
治療費をまかなってもらう代わりに悪魔の取引に応じる……。

カンパニーの邪悪な思惑を察しつつも、やらない夫は
ザ・プロフェッサーにアンドロイド研究の成果を提供した。
そして、すでに発表した論文はすべて盗用だと告白して、学会から姿を消した……。

カンパニーで研究するようにも打診があったが
潔く引退することが、彼の残されたせめてもの意地だった。
                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|    取引のった!
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l     それで彼女の命が助かるならお安いご用だろ
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!      常識的アーンド
      |         }/  .::::::::::::::::::::/         世界の中心でラヴを叫ぶ的に考えて!!!
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''





122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 13:23:11.17 ID:
srjMI6kX0
支援マジでありがとう。
ちょっとさっきまでは改行やばくてお礼書けなかった。あと外の天気もやべえw



                    '‐‐‐‐‐――‐- 、.._
                    ‐ニ`、`  ̄ `ミヽ 、!,.ヽ-ァ
                    二´`ミ_` ‐,.. -、、' l/ {
                     `ヽ/'ヽ'l/'´-、_  `'´r'
                      ,|ゝ-''´  、,,,.` ' .ノ   だが、現実はいつだってシビアなもんさ
                  __,....i-/Y ´l.        |    心臓手術だって100%成功する訳じゃない……。
         , -‐‐''、''    '´  / | 丶 ゝ  __.._´.‐'
        ノ    ヽ .    /  !  ゝ \___ /、      もちろん、手術が成功しても
       /      ;l    <..__ |!  ./ニl´ノ`l \_     元通りの生活にもどる可能性だって
      /       ;;    _,.. -'´ト,.イ;  ノ!/、_」   ヽ    100%じゃなかったってことだ……。
     /        i    丶   |  .〉.イ 'ノ .\   ;.ヽ
    ノ        /     .ヽ  | / |/  ゚/   ノ ヽ   なにごとも、100%なんてありえないからね……。
   /        /´      l,  |./  .|/ ./´   y  丶
  /        ./         `! |  / /、___ /    ヽ
 !        く、          ヽ | .ノ/    /     ゝ-,
 '、         \          Y,- '     イ       ゝ
  \、    ,.. i'‐‐、..-、_  /     |!O    ノ  ヽ       \、
     ヽ../''/ 'i,  'l   )、_'_    ./   l  l'   ゝ       _....ゝ_、
 ̄ ` '' `'´`´  '‐‐‐'-- '  i  、__.|___   .|  |     \     /´', ` ヽ_'ニ-、
‐‐‐---    、......... _____          ̄ ` ''   ‐‐`--- '´ `= 、...`‐_'_.





125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 13:27:48.54 ID:
srjMI6kX0


(やらない夫と婚約者の別れ)


          ,、   =ニ   i^i^i^iヽ
    ,. -‐|`' O `'|‐-、三 (ヽ!ニ二 /  ミ
  γ   ⌒⌒⌒   ヽ、ヽ__ヽ_/  ミ
 <    人  人   __フ|三|  
 γ   /⌒ヽノ⌒\  `ヽ、|  |
 {  /( ●)  (●)\   ) |   やらない夫~!
ノ /::::::⌒(__人__)⌒::::: \(|  |.   
  |     |r┬-|     |⌒ヽ|.   WAWAWA、わっかれましょ~!!!
  \      `ー'´     /   )    
γ⌒/          \  ノ    やらない夫はパクリ野郎(笑)で将来性ゼロだし!!



重荷になりたくないと常々もらしていた婚約者。

彼女のため、研究者の道を断念したことを黙っていたやらない夫に待っていたのは、
心をえぐる罵声と仕打ちだった。




127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 13:32:07.23 ID:
srjMI6kX0
.   / ̄ ̄\                       
. /       \  ここは脛に傷あるものたちが集まる街でさあ
 |::::::        | 誰だって暗い過去の一つや二つ、あるもんでしょう……?
 |:::::::::::     |  そして傷に塩を塗られる痛みも、分かるはずでしょうが…。
.. |::::::::::::::    |          ....,:::´, .      
 |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..       
 ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .        
  ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .         
   /:::::::::::: く         ,ふ´..           
 ―|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――          
..  |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´              


                         
                         
    / ̄ ̄\              
.  /   _ノ  \ )) クルッ   ちまちました腹の探り合いなんざ止めて      
  |    ( ●)(●)       本音で話し合いましょうや……。
.. |     (__人__)   
.. |     ` ⌒´,)          ....,:::´, .
.. |        }          ....:::,,  ..
.. ヽ      .  }          ,):::::::ノ . 
.   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .  
     /:::::::::::: く         ,ふ´..    
―――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――   
     |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´       





133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 13:36:03.26 ID:
srjMI6kX0
     `ヽ、llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、_,-,
    -―--`lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllノ
      `ヽ、lllllllllllllllllllllllllll, - 、ll、_ll、ヽlllllllllllllllノ-,  不愉快な思いをさせてすまなかった。
      ̄ヾllllllll/⌒l、lllllll--      `ヾシノ|彡   挑発からの対話が僕のスタイルでね。
       _ノll/ ⌒l `|ll/´ -、   U     /
        `)ll| (`Y´     二`ヽ、_    |     ……単刀直入に言おう。
       /lll`l`-| U   ( |;;lll|   '´,イ      君が研究していたアンドロイドは脱走して、
     ,-'´/|`ヽ-┐     ` ̄'    ノ      たぶんこの付近まで逃げてきている。
__, -‐/;;;;;;/ |   |            l    
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|  `l   l、          ` , -'      まだプロトタイプゆえ、どんなバグがあるか分からないんだ。
;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;|  `l、  `ヽ、   -――-/        たとえば犯罪に快楽を見いだすような
;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;    ヽ、  `ヽ、     人        フィードバックが起きてるかもしれない。
;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     `ヽ、  `>┬イ  `、   
                              だから一刻も早い確保が必要なんだ……。
                              捜索に協力してはくれないか……?

   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ー)(ー) そいつは……、NOと言える質問ですかい?
. | u.   (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }  
   ヽ     ノ   
    i⌒\ ,__(‐- 、 
    l \ 巛ー─;\ 
    | `ヽ-‐ーく_) 
.    |      l   




136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 13:40:01.76 ID:
srjMI6kX0
       -=llllllll|||||||||||lll;;;;,,,,
        ニニ|||lll||||!''ニ,_'''llll|!;
          ̄||δ'   lii!i`γ'   僕は組織の力をつかって脅すつもりは毛頭ない。
          |l;=,     , 」    もちろん銃だって携帯していないさ。
           / 、  ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,    ただ、君のモラルに訴えてるだけだ!
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |    
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__   YESかNOかは、君自身しか知らないことだ……。
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;:::::`l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l




140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 13:43:47.71 ID:
srjMI6kX0
       / ̄ ̄\      
. .    /       \    ……わかりました。     
.     |::::::        |   これも因果ってヤツでしょう……。
    . |::::::::::::::    |   
..   .  |::::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
 ..  .  ヽ:::::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
       ヽ:::::::::: ::: ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━


        / ̄ ̄\   
      / ⌒  ⌒\    そうと決まりゃあ
      |::::::(●)(●) |   工場長のところへ参りましょうか。
     . |:::::::::::(__人__)|
       |::::::::::::::` ⌒´ |   スモーキー・タウンの交通は
     .  |::::::::::::::    }    すべて工場長が握っておりやすからね。
     .  ヽ::::::::::::::    }    
        ヽ::::::::::  ノ     工場長に協力を仰いでおげば、
        /ヽ三\´      これから動きやすいでしょう。
-―――――|:::::::::::::::: \-―-――――





141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 13:47:33.61 ID:
srjMI6kX0
               、‘li;,, `||i;;;|li;;.,,'i;
               `''l,!l|||li;||||||||||i;;|||i;,
               ''i;,!!|l||||||||||||||||||||||li;,.
                '||ll!''!||||''''|!'i||||||||||||i;;
                 /|σ'.!''' _ `´`!||||||<  ……ありがとう。
              _,/'-'〉'    ヽ   /''   
             /l`ヽ、.i    `''`'’;-'
       ____,,,,,;;;<;;;;;;;ヽ  ヽ  、. ___,.../      ………君は強いね。
   ,;;;;'::-::::、:;;;:::::::::::l::::::::::::i_  `、.....ィ´、_       僕は所詮カンパニーの犬だ。
   /;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::-::、_::'::::ト 、_ l::::::,!_:::、::::、___    
  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;::::::l::::::::::::::<:::::::::::ヽ`'`l::::、i:`<_:::::::i:ヽ   
  |;;;;;;;;;;;;:;:;:;:::::::|::::::::::::::::::\::::::::::::、 |:::::'|:::゚::〉:::::::l:::i   家族を人質に脅され
,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;::::::::::::::::::::::::ヽ_:::::::ヽ::::::l::::ノ::::::::::l:::i   反抗するでなく逃亡するでなく
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::、:::|::/::::::::::::l::::i   中途半端なまま尻尾を振っている……。




143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 13:51:45.37 ID:
srjMI6kX0
                                ゝヾi|||/||/_||っニ|||_,||-'゙∠,
                                \iヽ、- '     i _||, <ll/
                                    !   ,、- '`  ヽ !   i|l
              _,、、,                  ゙;ニ';   -─   ゙i ノ||l
             i||||||l                  ': !         ┌゙`'ヽ、
                'iii!''''、_,,,、、、、,, _              ヽ'-_', , 、- 、  i  / |:\
              '/ii||||||||||||||||llii;;、          _,、-ヽヽ_, , ノ / ./ ./::::::i゙'-、_
              /||i;;,/'''''''ゞ!!!!iヾ;、||||ii;   ,、─-::'´:::::::::/\_ /_ / ./:::::::::i:::::::::`':: 、_
                /|||iii/||iiiiiiiiiiii;;;;;| | i';|||||i  ./::::/::::::::::::::::::/::::::::l /||||||';   /:::::::::::i::::::::::::::::::::::`'-、_
             /||||||iゞ!!!!||||,ニ;;;_i ´ ii;|||i! /::::::i::::::::::::::::::::ヽ,./!' ||||/\/、_ _ _i:::::::::::::::::/::::::::::゙ヽ,
               /||||||||i  ||!o゙'-    '; '''i/:::::::::::!::::::::::::::::::::/::::::| i||||  ./:::::::゙ヽ、:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::!
          ノ|||||||||||i、_j||    _ _   !:::::::::::::::i::::::::::::::::::::',:::::::::::! i||||| /::::::::::::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::i
         /||||||||||||||||i ゙||、  !   //l:::::::::::::::!,ノ)ノi:::::::::::::';:::::::::i.i|||||| /:::::::::/::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::!
       /||||||(,゙ー;;:-;;'、゙' || `' -`ニ ' |||!:::::::::::: ノi iノ.i:::::::::::::::゙、::::::ii||||||/:::::::/::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::ノ
      /||||||||,(~゙マ;;;;;;;;;;;;ヽ|i>-,/::::::::::::||i:::::::::::::::(ヾi i::::::::_,、::::::'、::::i|||||/:::::/二ニニ!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::i
     /|||||||||||(`'、_ ヽ;;;;;;;;;;;;|l、_,-ニ';::::::::|i::::::;;、-'゙゛゙i  ゙ー'゙, '゛::::::::゙、::ヽ/::::::/::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::ノ
   /|||||||||||||||(゙' 、_゙'-';;;;;;;;;;;|i、';(  )、::::|l、-'゛    !  _,,、- - 、._:::::゙',、-',二'; ::::::::;::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::i
. /||||||||||||||||||||(_'ー ニ'゙;;;;;;;;;;;i;;;;)',゙;~ー' ゙ |i     ,<,.>'゙ ';゙'、    ゙'r-!∠-フ ;'; ::::;:::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::i
'゛||||||||||||||||||||||/;;;゙!゙´;;;;;;::;;;;;;;|i  ゙'、 !(;;;;)  , ゙ .丿`  ! i    ゙'、)- '゙,ノノ ::::;:::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::/
||||||||||||||||||||||||l;;;;;;;! '=三゙ ヽ、゙;   i.ノ、,.|| _, '´  i´ ヽ ノ, 丿       ! ̄´´:::::::;::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::i
|||||||||||||||||||||||i;;;;;;;;| '´-`   /ゝ、./ !;;;;l.i    , ' ヽ -,.'/i、     ノ::::::::::::::::::;::::::::::::::::::;/;;;;;;;:::::::::::::::::::!
|||||||||||||||||||/!;;;;;;;;i;;;`~フ;ー-i.l,  ' 、ノ;;;;;|i|i  /  ;' -''´,、' 'i    /::i:::::::::::::::::;:::::::::_,、-'´::::::::::::::::::::::::::::i
||||||||||||_,、 ' 丿;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙' 、 `' 、,__´__ _`ニ ー ─ '- 、' ::::::::!○::::::::_,、- '´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
- ー '' ゙   /;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ゛ 、  i::::::::::::::::::::::::::::::::::: (`ニ''゙'ー、:::::i_,、- ''゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;/_ _ ゙ 、i:::::::::::::::::::::::::::,.、- ''_゙_    ゙'ヾヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,、-'゛

ナルホドは、妻と子をカンパニーに誘拐され
事件を解決したときの束の間だけ再会できるのだった。

彼の依頼成功率100%の秘訣は、ここにきているのであった。




146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 13:56:01.18 ID:
srjMI6kX0
   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |  ─(⌒)(⌒)  顔をあげてくだせえ。
 |     (__人__)  俺はしがないジャンク屋ですぜ……。
 |     ` ⌒´ノ
 |         }
 ヽ        }
  ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


   / ̄ ̄\  
 /   _ノ  \   それより急がねえと
 |    ( ●)(●)  陽が暮れちまいますや!!
 |     (__人__)
 |     ` ⌒´,)   俺のバンに乗ってくだせえ!!  
 |         }    工場長の屋敷まで 
  ヽ        }    案内しやすから!!
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     |  





149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:00:28.99 ID:
srjMI6kX0
やらない夫のバンは不安なエンジン音を響かせながらも
無事に目的地に到着した。

スモーキー・タウンからさほど離れていないここは、
一帯の経済を牛耳る工場長の屋敷なのだが、
貧困にあえぐ浮浪児たちがみたら
「楽園」と勘違いしそうなほど、瀟洒な造りと見事な庭園だった。

  | ;,,;,|
  | .:.|
  | .:.|
  | .:.|
γ⌒ヽ,i___ :";;::、;;:。
,i;:;:;:;:;:;,i    \:";;::、;;:。  :";;::、;;:。
.I_______I      \_:.:.__::、;;:。  :";:'`::'::';;::、;,:,。,,, ,
           \ \ロ;;::、;;:;;::、;;: ':'`;'`::'::',:'':'`;
_______________i`、  | :|_:'`::_',:'_'`;___ _:'_'`:_:'';;`;_____ ___ _____________
=:.=.=i〔〕〔〕i=====i\ヽ、,:|\   :/\` 、     ___    /\` 、    ____     /\` 、
   |____|     |  `.、ヽ、.:.\.:.:..|i田l;|___l   /\` 、   |i田l;|___l    /\` 、   |i田l;|___l
-.─-.─-─-─.、::..;|    |\ヽ、-',_____/xXx \ヽ_____./xXx \ヽ________
=========='.:.:|`.、.:.:.|  \|:.: |==== ==|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ :
____  ○  |.:i |:.i  |:..::`.、|:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ :
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... |:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ :
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... | ` 、|  | --─-─--|..====::|::| --─-─--|..====::|::| --─-─-
 | ,., ||.:.:. |.:i/J,.,.,|. ,.,.,...|.,..;.:.|  |.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|::..:.ロ.:.ロ..:
";`;`::'::',:;:;::"''":。;:";;::、;;:。-..,"'., |.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ :
;;:: ,:'':' `::':: ',:;:: ,:''':'`::'::',:;:` "'"';: ;|.─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/:─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/─---─-
:,:'':'`::'::',:' ':'`; ;::、;`: :'::',:;:;;::,:'":;'/         ̄ ̄ ̄ ̄  、。、..。     ̄ ̄ ̄ ̄
,:'':'`::'::;;::',:;::,:''':'`::'::',:;:`"'"' ;:。;:                :"; ;:;、;::;:,
;;::、;`::'::',:;:;:,:'':'`::'::',:'':'`;::,;:;:' "'"'              :"; ;:.;:: 、;;:。




151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:04:25.19 ID:
srjMI6kX0
門扉をあけると、快活なメイドがナルホドたちを出迎えた。

           __r――-、_
         __ヘ:\_|__   |  `>―、
         / _レ'.:.:.:.:.:.: ̄`¨.:.:.:<   }
       ,ム '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ /入
      /, ‐ァ'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`く__ }
    /イ ./.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/.:.:.::/::.:.l:.:.::.:.:.:.:.l ノ
        >'.:.:.:.::,'.:.:.:.:.:.:./.:.:.:/l:::.:.∧.:::::.:.ヽV    /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /.:::::/.::::l:.:.:.:::∠l:.:::/ .l::∠._l:l:::::.:.:.:l:\ (  やらない夫さまから 
.      ̄ ̄/.::::::l:::.:::/___l::/  レ ____l:l::::/:.:.ト-  >                       
        l/!:::::l:::::/ '⌒v`   ''⌒vl:/.|:/:l   (   連絡は承っております。
       l. ',::l lヘlヘ :::::   ,   :::: ムイ:l リ   ヽ          
          V 'vl:ヘ    r‐┐  ./::/レ      (  すぐにお取り次ぎしますね!
           V >.、 ` ' イ:::/       ヽ_  
             V:|__` ´ |W           )/ ̄ ̄ ̄ ̄
            ∠__ .7V弋二廴_
      / ̄| ̄| }.:.:.:.:.:::ヽ__/__.:.:.:.:./ | ̄l' ̄ ヽ
     l   |: : | {::.:.:.:.`ーL|一.:.:.:.:.) l : l     l
      l   .l/くヽ_;::イ| |ト-、_(-┴┴,   l
     /    /  \r‐L/ lo|レヘ_;:ィl.    |   ',
    /    ′       lol    |___j.    ',
   {    {          lol        |     }
   ヽ    '、. : : : : : : : : :.lol: : : : : : : : : :/    /
.     \    >、 : : : : : : : l l: : : : : : : :,.<     /
      >   /`'r-: :--┴┴‐---<__ ̄  く
       ヽ    V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:/   ' /´
        `,    ∨ : : : : : : : : /    /





152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:08:06.51 ID:
srjMI6kX0
    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V    どうもどうも
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : |      工場長の伊藤誠です。
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:| 
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;'          それで、そちらがカンパニーから
      \_!         '    !             派遣された探偵さん?
        ヽ   'ー―--   / 
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)    
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ   
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )  ←アペリティフ
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-'、  |;;;;;;;;;;;;ヽニノ ヽ



大広間でゆったりとくつろぐ工場長は、食前酒のグラスを傾けながら
鷹揚に来客を迎えた。

おりしも夕食をとろうとするところらしく、長机には豪勢な料理が並んでいた。
そして、工場長のとなりには少女たちが座っていた。




153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 14:08:52.51 ID:
bJ2GtfxA0

なんか無害そうな顔だが誠市ね




154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 14:09:17.71 ID:
KGSfL66V0
問答無用で誠氏ね。




157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:11:44.53 ID:
srjMI6kX0

.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:..:.:/      i::::i ヾ;:::ト,.:.:.:.:i.:.:.:.:i、.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:.:.:.:i.::i
.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:.:;/ _,,ェ===、_i.:.:i  .i..:i '、.:.:;i.::.:.:i i.:.:.:::i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.::i.:.:.:.:i.:i
..:.:i.:.:i.:.:.:.:.:;i.:.:.:.:/|.:.,|r'´      'i:::'i  'i;:'i、ヾヲ=ェ,,| i.:.:.:.:i.:.:.:.:.::.:i..:.::.::i.i:.:.:.i.:i 
.:.:i.:..:i.:.:.:.:.:i.::.:.::レY;|         'i:.'i  ヾ,, \::i:.:~トi.:.:.:i.:.:.:::.:.::i.:.:.:.::i i.:.::レ 
.:.:i.:.:ii.:.:.:.:.:i.:.:.:i´ _|;;|-ニニニ,‐、、   ヾ、   .\. ヽ:i:::i .|.:.:.:i.:.:.:..:.:i.::.:.:.:;i i.:.:.:|
.:.:i.:.:i:i.:.:.:.:i.:.:.:| _,rヲ;|=ニデヌ、 `'    ヽ、 _,,,,>、,_i::| .|.:.::i:.:.:.:.:.::i.:.::::i.:i .i..:.:| 
.:.:i.:.i.:i.:.:.:.::i..::レケi},,.}::::::i i::}.         \ンェテニュi;| .|.:.:i.:.:.:.::.::i.:.:.:i..:i i.:.:| 
.:.::i.:i.::i.:.:.:.:i.:.:ト'{ i::::::::::::| i:|.          /{,ノ:::::}レij |:::イ.:.:.:.:.:i.:.:.:i.:i  i.::/
.:.::'i:i.:.:ト.:.:.:.:ト;| {.i:::::::::::ノ~,;          .{i:::::::i.i:}' |i///.:.:.:.:i.:.:.:.:レ' //
.:.:.:.:i.:.:i\.:.:i 'i, ヾ:::::::::::ソ           {i::::::f~j ,/'./.:.:.:.:/i.:.:::/  /'
.:.:.:.::i.:.:i:.:`i、;i, ' ~'ー'''^゙^           {::::::ソ .'´/.:.:.:/:/.:.:/  '
.:.:.::.::i.:.:i:.:.:| ヽ、...:::::::::::::...           `ー'ュ ./.:/:i.::/.:.:イ
.:.:.::.:.:i.:.:i.:::ト,               ::.> ...::::::.''´"./:.:.:;i;//..:|    お父さん、この方たちは…?
.:.:.:.:.:.:i.:.:i.:.:iヽ                   :::::.../;;/ィ´.::.:.:.:|
.:.:.:.:.::.:.:i.:i.:..:i.:`i、         ー -      ,.イ.:.::.:.:/.:.:.:.:.:.:|
.:.:.:.:.::i.:.:i:i.:.:.:i.:.:| \              , r;'::..:i.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:/


なかでも、もっとも年嵩とおもわれる少女が口を開いた。




159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:15:00.60 ID:
srjMI6kX0
    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V  この方たち、とくにナルホドさんは
  < : _: : : / 〈 {}  |/  レ {}  }|:./ヽ: : |         パパの大事なお客さんだ♪
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V    おっと、紹介が遅れましたが、この娘は養女の言葉です。
      \_!      _ '     !      
        ヽ   Tニー‐‐‐,‐''  /        私は慈善事業の一環で、スモーキー・タウンの浮浪児を
      ___,r| \  `二二´ /          ひきとって育ててるんですよ。
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´            言葉をひきとって、もう15年にはなるかなあ……。
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、




164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:18:27.92 ID:
srjMI6kX0
    /    /  ,、 |、|"゙`、    `、
   l    /  / | .|.l|   l  .::::::::::l
    | |   l  /_,. | .| |ト、  | ,  .:::::::::|  そう、お客さんなんだ…。
   | |   l/l/'´ // /  `メノl /l .:::::::|
   、ヽ   ,ィチ斤、′   ミュ' !.:::l:::|
    | \ {b::::::リ    P::::::リ / .:::|:::ト、
    ト、  `ド-‐'   ,  `‐-'/l.::  |:::| ヽ
    |::|   ヘ         /:::|.::. |::::| `、
     |:::|  ::::「` 、   ´`  イ `|.:::. |:::::|  \
      |;:イ  ::::|  l ` ー ' ´  !  |.::  ト、:::|
   /';:::|   :::|.  |‐- 、 , -‐/   !.::. |:::ヽ、
  /::::::::';::|  :::|   ヽ   /   |.::  |:::::;'::::::ヽ
  l::::::::::::';:|  :::|  __\/__  |.:::. |::::;'::::::::::::l


言葉は一瞬だけ目を伏せると、悲しそうに呟いた。




165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:21:29.51 ID:
srjMI6kX0
     `ヽ、llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、_,-,
    -―--`lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllノ
      `ヽ、lllllllllllllllllllllllllll, - 、ll、_ll、ヽlllllllllllllllノ-,
      ̄ヾllllllll/⌒l、lllllll--      `ヾシノ|彡
       _ノll/ ⌒l `|ll/´ -、   U     /
        `)ll| (`Y´     二`ヽ、_    |
       /lll`l`-| U   ( |;;lll|   '´,イ  (なんとなく陰のある娘だな……)
     ,-'´/|`ヽ-┐     ` ̄'    ノ
__, -‐/;;;;;;/ |   |            l
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|  `l   l、          ` , -'
;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;|  `l、  `ヽ、   -――-/
;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;|    ヽ、  `ヽ、     人
;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     `ヽ、  `>┬イ  `、




166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:25:29.49 ID:
srjMI6kX0
ナルホドは事の一部始終を話して、協力を求めた。
事業収益の一部をカンパニーに上納することで
今の地位を維持している工場長は、一も二もなく快諾した。


    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V   そうそう、夜も遅くなったことですし
  < : _: : : / 〈 {}  |/  レ {}  }|:./ヽ: : |     今夜はここに泊まられたらどうです?
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V     ここからスモーキー・タウンに帰るとなると
      \_!      _ '     !         一苦労。まして治安もよくないですしね。
        ヽ   Tニー‐‐‐,‐''  / 
      ___,r| \  `二二´ / 
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´            (⌒)   
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、         ノ ~.レ-r┐、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  ノ__  | .| | |

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  たしかに……。
. | u    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   ここはご厚意に甘えても
.  |         }   おkだろ、常識的に考えて……。
.  ヽ        }  
   ヽ     ノ  
   /    く.  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)




168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:29:20.51 ID:
srjMI6kX0
     .ゞミ ノ"''ー-、,_i____,/''-,i_,ii__,i__________________,ii__,i ||
      |i |       ゙i,ミノ"'ー-,=ニ/-'---'---'---'---'---'---'--ニ- : |l: :|
      |i |      |i |.    ヽ;;i゙`::、:.:.:.:...:.:...:.:   .:.:.:..:.:.:.:.. ..イ::...: :.i ::|l ::|.
      |i |      | i|     | | ..:.`:.、:.:..;...:.; ,.____.__.....:イ: l..:.:..:.:| | |l ::|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:.:.:.:.;.;.;.;:::::::::.:.:.:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l ::|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:.:.:.:.;.;.;.;;:::::::::.:.::.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l ::|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:.:.:.:.:::::::::.:.:.:;.;.;;:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l: :|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:..:.:..:.:.   : :._;.; ;:.::.l.:.:|.:.:. :.:| | |l ::|
      |i |      | i|    . :| |  ..i:.:l:..:..: ::.:.:..:.:.. . ̄ `  、:.|.:.::::| | |l ::|
      |i |      |; |     | | r゚..::|::.!.:.:.:. :: :.::.       `・i.:.... .| | |l ::|
      |i |  |⌒O ; |     | |  .l:.:'..::. :: :           :::::::| | |l ::|
      |i |      |; |     | | ,=' :.:...:.:..、.....:.,、,、....:.     .`..| | |l ::|
      |i |      |; |    /_ゞ;;:.:.:.......:.::.:.:.:::::::::          ハヽ|l ::|
      |i |      |i | ,_,-'::::::::::::...:.:::::::::.:.........:::::::::::::::::        `|l ::|
      |i |      .ノ=ゝ":::::::................      ....:::::::::::::       ,|l ::| |
      |i |  _,,-''"::::::::::::......                ......::::::::::::::::::::,|l: :|
     ノ--ヽ''":::::::::::::...................                 .......:::::::::::ノno::


工場長の厚意をありがたくうけると、
ナルホドたちは来客用の寝室に案内された。

部下からのメールチェックをすませたナルホドが
眠ろうとベッドにもぐった矢先……、ドアを軽くノックする音が響いた。




171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:32:23.85 ID:
srjMI6kX0
ドアをあけるとそこには言葉がいた。
訝しく思いながらも、ナルホドは部屋に招いた。

                 __,,.、 -- 、、_
              _,.ィ'"´        `'ト、
.            /              \
.           /     ..:    ..::  ..i   ..:.\
          /    ..:.:.:   ..:.:.:  .:.|   .::.:.:∧
.          j    ..:.:  .: ../::  .:.::ト、  .:.:.:.:.:.:ヘ  あっ…、ナルホドさん…。
..         |    / .:.:.:.:/ .:,イ.:./!:..| i  :.:.:.:.:.:.: i,   その…、お父さんに言われて……
          |  .:.:./.:.:. // .://.:./ |:./ } :.:.:.:.:.:.:.:.::|   夜の奉仕に参りました……。
          | .:.:.:/.: /--─‐‐ ''/" l/\ | :.:.:.:.|.:.:.:.:: |
           | :.:./:.:/ ,ィ==rァ / /_,_ `ト、:.:.|::.:.::.|::|
.         | :.:.:j:.:.:.:.l'"トz::゚リ      ィテラト| .:.:. |:.:.:.:.|.:|
.          | ..:.:|:.:.:.:.{ `-‐'     ヒ::,゚ソ /}:.:.: l\:.// 
         | :.:.:| :.:.:.ヘ、          ~ /,ノ:.:.::.∧ \
           | :.:.:| :.:.:.::}へ、    __ '  _ イ : /二二^  \
.         | :.:.:| .:.:.:.:.lト、 >、_  _,. <:.:..:..〈 ー‐-、    ヘ 
        / :.:.:.| :.:.:.:..|  \ 了\__:.:.:.:.:.:.:`l斤\     |
.       / :.:/|:.:.:.:.:.:|ヘ  rー--ヘ、 \:.:.:.::.:..|  ト---‐┴、
       /../::::::|:.:.:.:.:.:| \{ ー-<⌒)'二\::.| {::::::::::::::::::::::}
.      /../:::::::::: |:.:.:.:.:.:|\ \ __,, ィ`-K-- .__).! |::::::::::::::::::::::|
     /..:{::::::::::::::|.:.:.:.:.:.|:.:.:\/___ノ ノ \-- >.|:::::::::::::::::::: |
.    /..:.:.:|::::::::::::::\:.:.::.i,:.::.::.ヽ ::`ー''´:::ヘ  Y´:::::::\:::::::::::::::::j
.     /..:.:.:.:ヘ.::::::::::::::::.\:.:\:.:.::.):::::::::::::::::::ヘ }::::::::::::::::\ :::::::: |




172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 14:34:12.77 ID:
k3kSGjBx0

夜の奉仕…だと…?




173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 14:35:22.13 ID:
fB+def8y0
何イイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ




174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:35:52.40 ID:
srjMI6kX0

          `ニー--、,.,.,.,._
          `ニ二ー-、ミミ、,.、,`ヽ__
          `ニ二ー-ミr'"  `^i'Z /_
           ヾミfa`i  `ォ,、,.,ノ'   /  夜の奉仕だって!?
             レ' > u ゙ー _!     \  そんなこと、僕は望んでいない!!
         _ ,.イ ゝ、 (ニ=/   ヽ ̄
   ,. -‐''" ̄..:::::;;;;|ヽ`ー-、` ァ<        ……もしかしてだが、カンパニーから客が来る度
   f::::::::::::;;;;;;ヽ;;;;;;;;t;;;;ヽ   フヽ ゙t-、..__    彼はそういうことをやらせているのか?
   |:::::::::::;;;;;;;;;;};;;;;;;;;;;>ヽノ 〉-、|\:::::|ヽ
  .|:::::::::;;;;;;;;;;;;レ;;;;;;;;;;\;:::ヽ |  ||。<;;;;;|::::|
  |::::::::::;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;ヾ  l /;;;;;;;|::::!
  |::::::::::;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ヽ//;;;;;__ |;:::|
  .|:::::::::::;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;:::j;;;;;;;;;;;;;;;;V/;;;;;::T゙┤;:ヽ
  |::::::::::::;;;;;;;;;l;;;;;;;;;::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;/o;;;;:::::l:::!;;;;;;;:ヽ




176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:38:54.94 ID:
srjMI6kX0
         /:::::::::::::::::::::::::::::::ト、::ヽ:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::/::::::::::::::::: /::: ∧:! ヾ:::\:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::\
        |:::i:::::::::::::::: / ::::::| |::!   \::\::::::::: !::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        |:::|:::::::::::::: ':::::::::::| j_| .. -─十::|:` 、 :| ::: ::::::::::::::|:::::::::::::::::::i::::::::::::
        |:∧::::| ::::::|:::::::::√i::l _ __  |::::|::::::| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::i:::::::::::
        |:| |:::| ::::::|:::::::ハ j/ィ≡tiミ |::,イ!:::i| :::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::i::::::::::
        |:| |:人 ::::|::::: |:::::/  l   | i/ |:::::i| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i:::::::::
        |:| i::::| \l:::::::|:::::i   、 ノ /  |:::从 :::::::| ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::i::::::::
         ヾ.、 ヾ:\ \乂:,    ´,,,,   |/;;/:! : :::|:: ::::::::::|::::::::::::::::::::::::i:::::::
         \ ーゝ ゞ:/\ ´       ;/ ;|::::::::|:: ::::::::::|:::::::::::::::::::::::::i:::::
                く           /;;;;;| ::/ :::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::i::::
...                   \  __      ;;;;;|:::/ :: ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::i::::
 ..                     \      ,;;; j/ :::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::i:::
                       >,. ─…;イ  ::::::::::::::::::|::::::::::::::::l::::::::::::i::
                  /√      |  :::::::::::::::::∧::::::::::::::l::::::::::::i:::
                 / /        イ  :::::::::::::::::|  ゝ:::::::::l::::::::::::i:::
                /:::::::/    〆   | :::::::::::::::::::::| ::::::::\::::l::::::::::::i:::
                 / ::::ノ   /  ィ:::::: | :::::::::::::::::::::| ::::::::::::::\::::::::::::i


コクリ、と言葉は頷いた。




179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 14:41:26.41 ID:
0bNsnru+0

クズすぎるwwww




177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 14:39:08.33 ID:
0bNsnru+0
誠しね




181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:43:06.00 ID:
srjMI6kX0

                 ,; i, il;l! , ; il
          _,,,,,,,,,__ , 、,く〈 ll~i||||||||||、
        ,;;彡-::::::::;;;;/;;li'!!|‘ とニ)||||ニ l
      ,;;l;;;;;;;;;;;;::::`、;;;l;;l |_,,!、_ ノ||||||||):ノ
      /;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;:::l;ノ;;l /;;;;`;::=<`"!/'_=l  く、腐ってる…。
     /;;;;;;;メ;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヽ〉y;;;;;;;::::8インT;;;;;;::::l  き、君はそれでいいのか?
     /;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;::_::ノ;;;;;;;::::::ン;;;;;/l;;;;;;;::::|
    ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;';;/;;;;;;;;;:::::/;;,イ;;;;|;;;;;;;::::l
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;、;;;;;;;;;;;;;;:::::// l;;;;;!;;;;;;:::::|

       _ ,. --  、.
     , ' ´       ` 、
.   /        /::..   \
   /    .:/  :/ :/i: i::ヽ \.`.、
  ./  :.,: : :/ :/ :/ :::/i:.i:.|"ヽ.ヽ: :ヽ ヽ.
  l  :/ ::/ :/ :/ :::/ |:i|:.| _|:.i: iヽ:ヽ i  お父さんのことを悪く言うのは止めてください
  | / /: : i: i :_;.斗- //iノ´ __|:.i: i ハハi  いつもお腹をすかせて物乞いしていた私に、
. レ |: :i :|: レi |;/__ /' / rテト/|:.ハ| リ   お父さんは手を差し伸べてくれたんですから…。
 /  i: ハ.:| | レチ乏.    ヒュリ .レ: |     生きることが楽しいって教えてくれたんですから…。
/ / :ヽ|: リ レ^ヒこリ     ̄`} :├ァ‐:.-...     
/./ : : i: :ヽ ト、 ̄´   `  ,.イ :.i:ヽ.´ノ:./^  、        それに、どうせ外の世界にだって
:/ : : : i: : : ヽ}` 、   `´,.ィ'ァ | :.i: : \ノ、    `  、     一切れのパンのため春を売る少女は
 :: : : :i: : : : :|   ` Tニ_i  ̄:ト---r‐': : : \      ` 、   たくさんいるんですよ……?
. :: :i : :i: : :/      __ ̄|  ̄ ̄`ー‐┴‐"‐、      \
. :: i : :レく  ー‐‐-  ´   ヽ. ,         ` ー    ヽ
. :: :i : /  \          V___________ノ
. :: i: :.|    \_______//\|: : : /i|
. :: i: :.|    `Vrく__)くフくフフソ   \:/ iハ
. :: i: :.|     |    ̄  ̄ ̄「i     .} i ヽ
. :: i: :∧.    |        i     ...::| ノ  ヽ.




182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:47:04.02 ID:
srjMI6kX0
                    , ,i!.   ,;
                   ,nソ!ッ」`!ゝ、!;/'!
         ,.. -‐---、....,..;=ヽ.<! |f .|、|_'!ヾ<.ト;_
        .,r=‐‐‐-、   / f.iイ'! : : .' ´,^) .l と;`!
     ,/'~      ヽ.  { f |! `!    j、.ヾ ノ }!. |   だとしても…、
    ノ.|         '! .{ i' y='==_:、,ノヽ,、ソノ.)_!   僕には許せない!!
   ./ ゝ       !ノ. | .ノ   `ヽ,_, ク<ニ!,
   /   ヽ.      〈,>'<リ    〆f_/'T    s!
  ノ    ヽ、     `y'    O/  ノ!    .q
  /.      ゝ   r-イ     /' / .}    |
         ..、   ∫     ノ./'、  |    .|
          .ゝ       //´  ヽ .}    |




184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:49:17.94 ID:
srjMI6kX0
            __,,,,,,,、__       _________     
          ,,;':´:;;;;;;;;;;;;;;;;ミ:::、__ _,::-:'::;;;;;;;;;;;;:`ヽ   
          /::::;/'""""`'''_ニミ三三シニ"""`ヽ;;:::::i  
          |:;;:::l   ,;;;';;;;シilllii;;;;;;;;_;;;::::::`ヽ.  );::::::|!
         ゝ;;::‘>;'::;;;;/'''''''""""''''ヽ:::::::::::V:::;;;;l'
           〉':´;;/''         `;i::::::::::ヽ,)  
   .       /;:::::/            `l::;;;;:::::i  
         /;:::::::i ., '.⌒ヽ     , '⌒`i;:;;;i;;;;;:::;l  
           |;;;:;;;::;l:             .|;;l;;;;;;;;;;;|
         'l;;;;;;;;;|   _,,,,、_  .   _,,,,,,、|/l:;;;;;;;;;/
          l;;;;;;;;;i';;il|''”""' .    ''""”!i;;l:;;;;;;;/  
         ,/'ゞ;;;;;i'".::::::.   、    .:::::...'`l;;;;,)`ヽ
         |'ニ li';;ゝ::::    ,====、  ::::::.,);;/ニ,`l
         ゝミ-'`l`''-.    |;;;;;:;;;;;;|   //i''`_ノ
           `'' ヽ_: .   ヽ;:_:::;/  '":_ノ''' ´   
               `.-、_  ."  ._, -'      
           , --,―ィ'::i` - - ':イ);:―.、-- 、  
          /:::::::::l .....__)ゝ   ./:l´.....:::::l::::::::ヽ
         ,|;:::::::::::ゞ_,...⌒ヽ\/:/ `ヽノ::::::::::::'i
         |::::::::::::::/l....::::::::ナ―:、;_ ...:::,),::::::::;::::::|



ナルホドの脳裡には、たまにしか会えない娘の顔がよぎっていた。




187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:52:50.24 ID:
srjMI6kX0
    /:/ : : : :/: /川ミVハ: : : ヽ
   /:/.: : :./: /: :/ | |:!   V.:. : |
   |:i: /:| / /: :ム//!∟  |: : : |    抱かないなら結構です……。もう帰ります…。
   リ! !: |:! /レ'_レ'//_\.|: : : |    でも……、お父さんに怒られたくないので
   | |: : | |ィ=〒 レ' 〒㍉ |: : : |    明日の朝は口裏を合わせてくださいね……。
   V\:N V_j.    ヒ夕》′:/|
    |: : : :ゞ ̄  i   ̄ /.: : :|、|
    l/^! : l\  =  /!: : : //`ヽ.     おやすみなさい、ナルホドさん…。
     {:ヽ!: : |\`ー ´ _,.| : : :| |   ヽ    
    ∧: !: : l   `` '´ | : : :| |    ヘ.   嘘でも、私のために心配してくれて
   / : y!: : l         | : : :| |     ヽ  嬉しかったです……。
   / : / |: :トト、  /   /| : : :|弋 、    \
  /: : | |: :| L_. :! __/|:ハ: : :.|  Y\      ヽ
  / : :| |: :|<ハ:!/ _リ \∧ | /| \    ヽ
 / : : 人 \!. . ..≧≦    り レ |: : : \   i
./: : :/  |`:ー-==《介》、: : : : : :/ 〈: : : :| /    |
,': : :/   |: : :|  | 〉  ` ー‐ "    \: :|,'   ,'
|: : ,'  | : |  | /            ヽl   /
|: : l    !: : :!   |ハ    }        _ ィl   /
|: : l    ! /  ハ \_     _, イ _,'  /
|: : |   r1   ,' \/  ̄ ̄ ̄f >"/  /
|: : |    7', /|   V     /  /  /|
|: : |    Y/三l     \   /   /   ヽ |
|: : |   `|ニニ!     `ー/   〈、    ヽ
V: ハ   /|=\ヽ       /   _ _仆 、rfー'
人: 乂 /ニl_=|=\\    / /三/ハJ'/
    ̄/ニ=l_=lニ=|ヽ三三三ニ/_|三ニ| /
    /ニ=l_=lニ=|/ニニニ|三|三=|三ニレ_≧
     `l三l_=lニ=|三三三|ニ/三ニ|三ニ|三ハ-、




189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:55:40.27 ID:
srjMI6kX0
 :...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:..:...:...:...:..:..:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...
 . .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .          . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 . . . . . . . . . . .                      . . . . . . . . . . .

                         / ̄ ̄\
                       /       ヽ
 ____________|_____|____________
          --_─ - ─_-_─ - ─ - ─_-_─ - _--
            -  ̄─_─ ̄─ ---- = ─- ̄-
              ─ ̄ ---- ─---- ̄--
  ....:.:....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:....:.:...:.:.:.:.:.::.:.....
  :::::::::::::::::::::::::::::::∧∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...........
  :::::::::::::::::::::::::::::/⌒ヽ)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......
 ~~~~~~~~~~~~~l:::  U~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          ~l:   |
           U U
          ::o::::::::
          :::::o::::::
        o :::::::::
       :::::o:::
     o
       o

翌朝…。一睡もできなかったナルホドは、窓から射しこむ
朝日を眩しそうに見つめた。どうにかしてあの少女だけでも
この苦涯から救おうと寝ずに考えていたのだった。





190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 14:58:56.56 ID:
srjMI6kX0
    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : :|: : : : :|: : | ,: : : ',: : :: : :ヽ: : !
   |: : |: : : : : ,,=''".\: : /|"''=:;,ヽ: : :.|.: : : ト、:|  おはようございます、ナルホドさん。
   |: : |: : : : /" _,=、 | :/ |:./,=、 V: .|.:.: : : | V   昨夜はお楽しみでしたね
  < : _: : : /  ((;・.,;)|/  レ((・.,;) |:./ ヽ: : |    目の下にクマができてますよwフヒヒwww
  <:: |. 小{     ̄      ̄  レ{: :.|ヽ:| 
   厶ヘ ハ          、     {ハ   /⌒ヽ_ノ) ) )
      \_!      _ '     !!   ,' ;'⌒'ー''´
        ヽ  \ーェェェェァt   /   | i|     (⌒)
      ___,r| \  、\_ `ヽ /    ノ ,'.!    ノ ~.レ-r┐、
    /:/::::| \ ::::: \_`\ \'、 ./ //、  ノ__  | .| | |
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧\.、_>'´ ノ'´ 〈 ̄   `-Lλ_レレ
/:::::::::::/::::::::|    \  /"''-  `ー一''´      ̄`ー‐---‐‐´




192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 15:01:31.48 ID:
ZeDKgoyG0

舌バロスw




193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 15:02:21.19 ID:
srjMI6kX0

            _, 、- ーiiiiヽ-,,、_
         -=ニ゛|||||||||||i''-''ー、ヾ||!'
           ''三|||||||||ζ  、 _ ` i'´
          `ニ||i゙ ヾノ( ェ` (   ああ、ずいぶん楽しませてもらったよ。
            `'||、_ ; ⌒    _ _)  すばらしい趣向だ、僕にはまるで考えもつかないよ!
            'レ' ゙、.   -―-|
               人. ` 、   /   ところで、今日は一刻も早く出発したいんだが、
            _,/(  `' 、 _゙T      スモーキー・タウンから人知れずどこかへ移動するとしたら
   _, 、 -― ''"::l:::::::\   ,、.゙,i 、     どんな手段があると思うかな?
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i





196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 15:04:47.60 ID:
srjMI6kX0
    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V  そうですなあ…、たとえば航路があるでしょうな。
  < : _: : : / 〈 {}  |/  レ {}  }|:./ヽ: : |    
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V  もちろん船舶管理は厳重にしておりますが
      \_!      _ '     !      すみずみまで行き届いてるとは考えがたい…。
        ヽ   Tニー‐‐‐,‐''  /      
      ___,r| \  `二二´ /        それに密貿易をなりわいにする不埒な輩もおりますでしょう?
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´          
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、        そいつらに袖の下を握らせれば…。
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、     鉄道などの陸路に比べれば比較的もぐりこみやすいかと……。




197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 15:07:58.33 ID:
srjMI6kX0
       -=llllllll|||||||||||lll;;;;,,,,
        ニニ|||lll||||!''ニ,_'''llll|!;
          ̄||δ'   lii!i`γ'
          |l;=,     , 」   (なるほど…、一理ある。)
           / 、  ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;:::::`l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/


ナルホドは納得して、港の地図を頭に叩きこんだ。
また、密貿易で小遣い稼ぎしていると目された船舶もインプットした。




198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 15:10:55.12 ID:
srjMI6kX0
後ろ髪をひかれるような思いを抱きながら
邸宅を辞去しようとするナルホドは、
階段からとっとっとっととマイペースにやってきた少女にぶつかった。



 |.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:|      |.:.:.ト.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト.:.:.:| `、.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
 |.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:|       |.:.:ハ.:.:.:.:.:.:.:| |.:.:|  _>,.:.:.:|、.:.:.:.:.:.:.|.:.:|
 |.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:| _______ .|.:.| |.:.:.:.:.:.:.|,_レr'''~  `、.:.:| |.:.:.:.:.:.|.:.:|    お父様、港から
 |.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   __二=||  .|.:.:.:.:.:|'" |.:ニ二´ェ=、.:| .|.:.:.::.:.:|.:.:リ    不審な二人組を目撃したって
 .|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|__,,,ュェ-==.|  .|.:.:.:.:|  ケf":":"ォィ:}',.| |.:.:.::.:ト.:.:|'    電話がありました。
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|""f::"::":ォィ:}.:   .|.:..:/  ’.ヤャ::::::ノノ :|' .ハ.:.:.:.| 〉.|
. |.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:| :  =ィ::::::j::}:   | /     f=="ュ'  ハ |.:.:.:レ'..:|
.|.:.:i.:.:.:i.:i.:.:.:.:.:ト  ==ニィ    '´          ./'´ィ.:./.:.:..:.|
|.:.:i.:.:.:.i.:i.:.:.:.:.:ト',<ニ>                 /_,r'´|/i.:.:.:.:.:| 
|.:.:i.:.:.:.i.:i.:.:.:.:.:|`ヘ,                  /.:.:i.:.:.:':.:i.:.:.:.:/'|
|.:.:.i.:.:.:i.:i.:.:.:.:.:.|  .` 、       .'~`      /.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:.:.:/.:.:|
|.:.:.:i.:.:.:i.:i.:.:.:.:.:.|    ` 、           /.:i.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i:.:/.:.:.:.:|




201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 15:15:05.74 ID:
srjMI6kX0
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|   おお、紹介が遅れましたが
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V   あの娘は養女の一人で刹那といいます。
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |    
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|    かわいらしいでしょう?
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V    気に入ったらいつでもいいので、ね……。
      \_!      _ '     !       
        ヽ    /   `t   /       (ボソボソ…怪しい二人組で…
      ___,r| \  {    / /         人相もピタリと一致する…ボソボソ)
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´          
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、          ナルホドさん、できたら言葉も港まで
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、      連れてやってくれないでしょうか?
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!   ちょっと港に用ができたもので…。




203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 15:18:02.59 ID:
srjMI6kX0
              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´
             '|ゝ_'!.    ′ |'     別にかまいませんが…。
                'r'´|.    ,..,_..´」'
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ,
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!
  f      ヽ   '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、
 ノ      '!    <´    ヽ  | Y!  ,}`!i,  'i
. j        !     ヽ、   \.! l'y!'--' ノ ヽ |
ノ       ;       \.  .ヽ, 'i`‐-‐'   ', '')
        j         ヽ、 ヽ'}、 O   ヽ,!,



依頼を済ませるまで言葉をどこかに匿い、
ここから連れ出せる千載一遇のチャンスだとナルホドは直感した。




204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 15:21:02.02 ID:
srjMI6kX0
    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:| 
   厶ヘ ハ         、    {
      \_!         '    !   さすがはナルホドさん!
        ヽ   'ー―--   /   
      ___,r| \         /    では言葉、邪魔にならないよう
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ ´     行ってくるんだよ。
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、 
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-'' ヽ


     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  (●)(●) |
   |  (__人__)  |  どうでもいいけど
.   |   ` ⌒´  }   そろそろ行こうぜ…
    |         }
    ヽ      /   ストーリーが進まねえぞ、jk
    __ヽ    ノ__ 
  /         .ヽ




205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 15:23:49.06 ID:
srjMI6kX0
                 ―ヽ|||||||||||||||||ヽ,,,,
                 ̄|||//||||ゞゞ|ヾ||//
                 ̄`|δ|/ ー、  |
               _  ;;・'   'ー` γ  そうだね…。
        , --、―― '  / | | ヽ  . 丶┘   昨夜は心からの歓待感謝する。
      /;;;;;;;;;;:::ヽ:::::::::;;;;/;;;;;| \ ヽ _ ̄'
     /;;;;;;;;;;;;;;;::::|;;;::::::::く;;;;:::|、 /=|´|::|:::\   おや、工場長の顔にゴミがついてるようだが…
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;:::::::::、・´ヽ' |::::/|/:,┘::::::ヽ
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::::::::::ヽ::::::|  |:::| /:::。>::::::;:::丶
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;'::;;;;;::::::::::::丶:::| /::::|/::::/:::::::::/;;::::|
 /;;;;;;;;;;;;-、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::|'::::::|:::/_:::::::::/::::::::丶
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:::/;・';;;;;; ̄;/;;;;;;;;;;::::`.、
\;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'‐';;;;;;;;;;;;;/ヽ;;;;;;;;;';;::::'''ヽ
  \;;;;;;;;;;;;-,‐'' '`、、;;;;/;;;;;;;;;;;;/0;;;;;;;;;;;;;;'  ヽ;;;;;;;;;:::::::::::::・、
-   _''_'__|_;;_;_`・、;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;/;;;|   \;;;;;;;;;;;;;:::,--‐-、、_
--  __ _     ̄   ''''''''''''''''''''---   、;;;;;;;/___-、`-- 、ヽ
          ̄  ̄ ― --      、__      ̄ '''''''` ― ;




208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 15:28:20.80 ID:srjMI6kX0




.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \      
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ     
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',    
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ :     
   |: : |: : : : : |: /  \ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二    
   |: : |: : : : /!/ ⌒/ ´`ヽ _  三,:三ー二    
  < : 」_: : / 〈  ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
  <:: |. 小{   _,,..ミ }  ...|  /!
   厶ヘ ハ    」_}`ー‐し'ゝL _
      \_!    _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
        ヽ    ,,ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==-
      ___,r| \  {    / /  
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´    
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!


ナルホドはゴミをとるふりをして、
顔に拳がめりこむほどおもいっきり殴った。

無防備だった誠は、鼻血をぶちまけながら床に倒れた。





209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 15:28:43.47 ID:
ZeDKgoyG0
誠ざまぁw支援




210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 15:30:41.48 ID:
srjMI6kX0
意識を失っている誠に、ナルホドは頭をかきながら謝罪した。



             _,、-m‐'iiii'-、、,、
          _ ,、-'iiilll||||||!!゙-゙-ミ7!ソ      _ , 、..-..‐::ー、
        `'ニ=-'iiiilll|||ζ _,、- ' ,.!゙-,:::'::'::゙:::´::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::ヽ
         `二'=彡.'゙ヾ!  '~lll ゙ 、 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;::::::::::|
           `´'ヾ,'、'9l.  ,_  -;゙ ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;::::::::::::::!
             ヾ''ヽ. '-ミエエ!ーi;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;;;;;;:::::::::::::::/
             _,.' .、_  、_ ノ _,,,_ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::, ゙
    ,、-=,;;;;; - 、_,イ;;;\ `' -、_l、,;;';;゙;;;;;;;;;ヾ;;:::::::;;;;;;;;::::::::::, '
  _,ノ;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;ヽ.   i,iiヾ.、:::::::::::::;;;;:::::::;;;;;:::::::::, ゙
_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::゙、::::::::゙' -、/ヽ、_.!||||i゙;::ヽ:::::::::::;:::::::::::::::: , ゙   すまんすまん、手が滑ってしまった!
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::;;;;:::',:::::::::::<゛:::::::::\`||i、i-<::::::::::::;::::::::::::, '    だが、どうやらゴミもオチたようだし
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::!:::::::::::::゙'..、:::::::::゙.,|||||',::::゙;::::::::::,:::::::, '     許してくれよ!!ハッハッハッ!!!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::/:::::::::::::::::::::゙..、::::::::!|||i::::/:::::::::::;::, ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;:::::::::::::::::::::::::゙::、:::゙!||!:,'::::::::::::::i゙




214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 15:42:50.92 ID:
srjMI6kX0
:::::::::::::::::)::::::): ┌‐‐┐____                ⌒  ⌒)                           ,"
::::::)ー- ー"  |王ll王ll王|  ┌─┐___      ( ...:::    ヽ                         (...  
--'          |圭ll圭ll圭|  | 圭|圭l+|  ___ェェ__   ...::::::   )                         `ー-
         |圭ll圭ll圭|  | 圭|圭l+|___,,|!!|!|!!|!!|___ェェ__ ...:::::::: )        ____,,,,,,,,,,____   __,,.‐''"'ヽ、
     _______E|圭ll圭ll圭|  | 圭|圭l+|l;l;l;l|!!|!|!!|!!||iiii||iiiil|------ ''二 ̄::"':':':";:::::;;:::::::;;:;;;:::::"':':':"::::;;;:::::::;;;;:::: ヽ、
 _________|  i_||圭ll圭ll圭|___^| 圭|圭l+|l;l;l;l|!!|!|!!|!!||iiii||iiiil|:::::::l三三lェェ|---ェ---┐::::::::::::;;:::::::::::::;::::::::::::;;;;;;;::::::::::;;; "'''
 i_ェェェェr-tェェェェェェェrtェェiェT:| 圭|圭l+|l;l;l;l|!!|!|!!|!!||iiii||iiiil|..___|三三| |!!!!!!!!!||l:|:|:|:| ┐r┐-'`',:r┐ri'':'`r┐rir┐::;:;..,ri
千ー| __,,-----,,____ ゙| |+ii++| | 圭|圭l+|TTTTTl-lTTl:::| |::|三三| |!!!!!!!!!||l:|:|:|:| |'`',:'':'ri::;:;ri..,"ri'`',:r┐ri'':'`ri::;:;.r.
ニニニフ:::ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++| | 圭|圭l+|:| | | | |:|::l:|:|:|:::| |::|三三|;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"'`_',:_'':'_`::_'`',:'_':'ニ"ニ:ニ"ニ:ニニ":
壬i壬!゙ ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|/~/~/~\",:;;::、;ヽ;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,;"'`';;,:''-":"":":":"": ̄. .. . . .. . . .. . ~""'''‐- . .. . . ..
十i十] :ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|:~:~:~|:|,.;;::、;):、;)   ,.... '''". ::::.. . . ..:: . . ..:: . . ::::.. . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . . .::. . ::. .
壬i壬!゙ ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|⌒ヽ'""'')_,..-'' ..., - " ". ;.. . . .. . . .. . . ..: . . .. . . .. ~. . .. . . .. ~. .  . . . .. . . .. . . ..
十i十] :ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|,.;i';.,,);';.,,) .: ; ".:: ..;:: ;. . .. ~. . .. . . .. ..~ . :. .. . . ..: . . ~.. . . .. . . .. " ''.  .. . . .. . . ..
壬i壬!゙ ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| (,.;;';.,,)--'.。  ..: :,:". .. . ;. ;.. . . .. . . ..~ . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . .:.. . . .. . . .. . . .. . "". ''. . . .
十i十] :ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨレ(,.;;.,;';.,,) ! !..: : ,". .. .|ヽ . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . .~ .. . :. .. . . .. . . .. .~ . :.. . . .. . . .. . . .. ~.
壬i壬!゙/⌒ヽ_,..-'''" (,.;i;';.,,)。 : .", . .. .|__ヽ . .. . :. .. . . .. . . .. ~. . :.. . . .. . .~ .. . . :.. . . .. . . .. . . ~.. . . .. :. . .. . .
====='  /⌒ヽ_,..-'''" 、、,.,. ト ::: : .",,..ヒニニァ .. . . ~.. . . .. :. . .. . . .. . .~ .. .:. .. . ~. .. . . .. . .: .. . . .. . .~ .. . . .. . . .
======='  lコ  i ノlヾ 〃lヾ 、、,.,。 :..:: .",,. .。. . . .. . . .. ~:. . .. . . .. . . .. : . ..~ . . .. . . .. . :. .. . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . .



極東の島国である大八洲(オオヤシマ)と貿易することで、
名もなき漁村から発展してきた港湾都市、バイタン。

スモーキー・タウンをあとにしたナルホドたちは、
はたしてアンドロイドをみつけることができるのか……。

そして、カゴのなかにいる言葉を救うことができるのか……。


~次章 「逃亡者」につづく~




217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 15:47:34.47 ID:
srjMI6kX0
支援ありがと。けっこう間隔あけてると思うんだけどなあ…

Chapter3 「Fugitive(逃亡者)」


話は前後するが、やる夫と翠星石はスモーキー・タウンから
あてもなく逃げようとしたわけではなかった。

この大陸においてカンパニーの権威はそこかしこに浸透していたが
極東の島国「大八洲」では、ミカドとよばれる絶対的カリスマを中心に
国民が一丸となって大陸の経済帝国主義に異をとなえていた。

やる夫は、どうにかして大八洲に渡ろうと考えていたのである。

(現在のミカドであるヤシマ・カコ)

      , -‐'"´ ̄ ̄ ̄ ``ヽ
    /爪  ヽ `ヽ、`ヽ、   \
   / / !lヽヽ  \  \ \  }、
  / l l l ヽ ヽ、_弐_ --ヽ _ヽノノ!
  /! ll__l ヽ-‐' "┴─`  l/rヌ、ノ|  毛唐風情が朕を矯正してあげてもいい、と?
  !l/fri刀          >'〉} ノ!   身の程をわきまえよ!!
     l ̄ 、 _      ,Lノノ |    
      ',  ヽ'´ヽ    / | 「||l!,|     うたかたの栄華に溺れ、
       ヽ、  ー'    / .| | | |!|     仁徳の政道を見失っておる汝らに
       ``ー-ャァ' ´ _」、lLl l!|      追従する大八洲の民はおらんのじゃ!
         __ノ /==三三ヽL
       / }ム/==ニ三-ァ-─‐ヽ
        」ll /O/ ニ, -'´ /    , -'´!





219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 15:51:01.54 ID:
srjMI6kX0
  ::::::::  ::    ::     :::::  ::  :::
  ::::::  ::   ____   :::::  ::::  :::
  ::::::  :::: /  :::  \ :::   :::   ::
  ::::  ::::/   ::     \::  :::  ::
 ::::  /:::    ─    ─ \ ::  ::
 :::  |  ::   .(_)  (_)  | :  ::::
  :::   \     (__人__)  ,/ :  :::
  ::  ノ      ` ⌒´   \ :   :::
  /´               ヽ  :::
 |    l              \:::
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


バイタンまで隠れながら逃避行するやる夫は、
翠星石を気づかって背負いながら走った。

見つかるかもしれないという不安が
慣れない道であっても足をはやめた。
すでに疲労困憊だった。




220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 15:54:01.20 ID:
srjMI6kX0
        _,,r―:;;;;;;;:::====- 、...__
     _,r'''"; ; ; ,r''" /        ゙``ヽ., - ―‐- 、
.   ,;;'´: : : : : :.:/ /    ./   ヽ.   ゙ヽ    ヽ
. ,/ /: ; ; : : : ;;| ../ /   /     i ト ヽ  ヽ    |
.く; ;;/; ; : ; ; ; : ;:|/ ./ /./ ,: /  ./,| ji | ゙、 l.!    l
 ヽ/; ; ; ; ; ; : : :| .;' / / / /   ,/ //:| | ゙i゙i |   /
 /,!'; ; ; |; ; ; ; : :| .;' ./ / ;' /______,, !_| | | | || |/
/  ;!; ; ; |; ; ; ;; :||i.| / .;' l .;'/...::/、.゙`/ ,r‐''!| || '
 /|; ; ; ; |; ; ; ; ;;||./| | ;' / r''´i|!^ii-/  ,;ニ.,!/ i|   ……やる夫は、翠星石が
/ | ; ; ; |; ; ; ;;; ;;||  | ;!.//  ヽ.ゝノ    iij.| ;' .|    アンドロイドだから
  |;; ; ; ;|; ; ; ;;; ;;|| ゙i|//`  ゙゙゙゙      ゙i | | :|    ここまでしてくれるですか?
  |;; ; ; |: : : : : :|\ \_         ´.| |  |
  .|; ; ; ;|; ; ; ; : ::||ヽ  ̄       ー‐.  ハ  ||
 /|;; ;; ; |; ; ; ; ; ; ;|.| ゙ 、            /i_l」:゙V,!
/ |; ; ; |; ; ;; ; ; ;|ノ  ゙iヽ、._     / i |iヽi::゙、
  | ;; ; ;|; ; ; ;; ; ;|\  .゙i;;;;;;;;;;|` ー', , {{〈、r┘::::::::\、
 /| ; ; ;;|; ; ;; ; ;; ;{  \  ゙;;;;;;|ヽ/ //  }}/、フ:::::::::ヾ、
/ /| ; ; ;;|; ; ; ; ; ;!フ   \、ノ;;゙、/,nヽ、    !V|∧:::ヾ、
.、| ; ; ;;|: ; ;; ; ; ;;|ト /\ヽ ,.ィ`不ヽ、ノノノ {{/_l」:::::::::::ヽ.ヽ


ある夜のことである。たき火を囲みながら食事をとる翠星石は質問した。




222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 15:57:17.07 ID:
srjMI6kX0
      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\    そんなの関係ないお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\   アンドロイドだろうが人間だろうが
  |     |r┬-|       |   翠星石は翠星石だお!!
  \     ` ー'´     /


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \  そんなことよりさっさと食べるお!
  |  l^l^lnー'´       |  今日もうまい棒くらいしかないけど
  \ヽ   L        /  やる夫の分も食べるんだお!
     ゝ  ノ           さっきやる夫は盗み食いしたからいらないお!
   /   /




223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 16:01:52.43 ID:
srjMI6kX0
         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l    (昨日もそういって
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!    翠星石にくれたですぅ…)
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l    気をつかわないでくれですぅ!
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!
/>にLイ<:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l
丁L__|ーLノ:.:.:.にX      // )!|:|   ハ ilこ! l  /ヽl:.:.:.:.:.:.:l




225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 16:05:10.84 ID:
srjMI6kX0
   / ̄ ̄ ̄\   
.  /  ⌒  ⌒ \ 
 / u (ー) ::::(ー)ヽ  別に気にすることないお…! 
 |   :::⌒(__人_)⌒:l   それよりもうすぐバイタンだお
 \    `  ̄´ / 
   i⌒\、___ ィヽ     疲れを明日に残さないよう
  .l \ 巛ー゙‐;\    早めに寝るんだお!!
.  |   ヽ-‐≠ー '′
  .|゙ ̄ ̄⌒ヽ ̄ヽ 


釈然としないながらも、翠星石はやる夫に言われたとおり眠った。

翠星石も疲れており、シュラフに横たわると、
抗しがたい睡魔の誘いにゆっくりと身をまかせた……。





226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 16:08:29.32 ID:
srjMI6kX0
   _,,....,,_  _人人人人人人人人人人人人人人人_
-''":::::::::::::`''>   ゆっくり眠っていってね!!   <
ヽ::::::::::::::::::::: ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ     __   _____   ______
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__    ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7   'r ´          ヽ、ン、
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7 ,'==─-      -─==', i
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .||
`!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ   !Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |
,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'    L.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .|
 (  ,ハ    ヽ _ン   人!      | ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
,.ヘ,)、  )>,、 _____, ,.イ  ハ    レ ル` ー--─ ´ルレ レ´




229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 16:11:42.19 ID:
srjMI6kX0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :  :   :         :   :  :  : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::: :: : .                     ,-⌒一_..._  . : :: :::::::::::::::::::
:::::: :: :                       __,,.-" ..::⌒ヽ^~>     : :: :::::::
                            ⌒ ~^―~⌒ _      _
   _へ"⌒‐-、_ .__ __ _                         |  L___」  |
   ̄⌒^^^^ ~^⌒' |lliiiiiiiiiiiiill|  _ -"⌒ヽ.._            | i========il |
            |lliiiil⌒liiill|   ^ー- ''^   __      | i========il |
            |lliiii|≡|iiill|         l77|||||ll::l       | i========il |
           zL|lliiii|≡|iiill|         |//||||l::::l       | i========il |
          |T:|lliiii|≡|iiill|         |//|||li::: |___     | |}]―━―[ll| |
  ―┐ ィェェェェェェT:|lliiii|≡|iiill|_        ┌‐|//||li::::::|◯l―┐| |≡≡≡≡|| |
 「「「「「「「「l|ヨヨヨ|T:|l]]]]]]]]]]l甲|―┐ -- : |.._」//!il:::::::|\\|iiiill|同TTTTT -コ「
 「「「「「「「「l|ヨヨヨ|T:||三三三{⌒h≡≡≡―|EEEEEE三三三三三三lココココココココ
 ”.',.'〟”.',.'〟”,.',.'〟”.',.'〟”,.',.'〟”.',.'〟”,.'〟”.',.'〟”,.'〟”.',.'〟”,.'〟”.',.'〟”,.'
 ⌒..~^..⌒ ~...^...~ ~... ⌒ ...^~~..⌒~...^~ {i二二二二二二二二フ  ̄ ̄ ̄
 _::: ::. . - _ :: .:.. - :::.. .:__ ~:: .: --__~ ::. :___..  |_l |,,,;|_l 」,,,;;|_l 」;;/        .
 - ‐ ~ _ __  ~   ‐ ‐  ‐‐_  _~  ~~⌒ - ~ _..⌒~/          :
  ---       --   ---  ~      ---  - -   /           ..:
 -     ― ~    ~~    --  ~   ~  ~_  /             .::
    ~~~  ~   ~     ~   ..  ―-   ~_  /           ..::::
  ~~ ~~ ^~ ~~  ~ ~~  ~~~~ ~     /         ...........::::::::::



目的地に到着したやる夫たちは、スモーキー・タウンとは違って
繁栄するバイタンの街並みに度肝を抜かれた。

大八洲に渡航する船に乗せてもらえないか、やる夫はさっそく交渉しにいった。




231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 16:15:05.30 ID:
srjMI6kX0
      / ̄\
  ニョキ  |    |
    ,,・' \_/,,・'
      ;"”・|・” ”;
       ||||| |||


       / ̄\
       |    ..|
       \_/
       __|__
     /      \
    / ::::─ :::::: ─\  変装完了。
  /    <●>::::::<●>\
  |       (__人__)    |
  \  ..   ` ⌒´   /
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||


    ___
  く/二二,'ヽ>
   ((ハイ))|l|   頭にエナジーボンボンつけただけですぅ
   从゚- ゚.iリ|l|
  ⊂l_介_|)|ヘ
  ≦ノヽノ`ヘ.≧
  ミ<二二二>ミ





232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 16:18:48.35 ID:
srjMI6kX0
                 /:::::::::::::::::,;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 /::::::::::::::::::! ゙l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l
.                  ,' ::::l:::::::,:::.|  .|:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l
                i:::::::|::::ri::::|  |::li:::::/|::::::;、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l
                l:::::::|:::| |:::|  |::l|:::/ |:::./.l::l.|:::::|::::|:::::::::::::::::::::::::::::|
                   '、:::゙l:|゙゙刈 _,.|/.l:/"゙l:/゙゙゙|:|'l:::/l::::|::::::::r''ヽ::::::::::::::l
                    ヽ、|l弋コ.  ″ノ r-iミ._ |:i |/ .|:::l:::::::l゙ ゙!.}::::::::::::l
アンタ、              `'l゙  l.     `゙'ー'゙ソ' ″ .}:/l::,/  ,/::::::::::;l゙
見ない顔だねェ……。      |.  /            ノ',√_,,,,ノ/::::::::::/
                      ゙l,/              _'" _/::::::::;イ.__
                    ゝ,,.-、,、,,,,.,,___       /゙'"`'―ー‐!;;;;;;;;:ヽ
                        ゙l.'ー- ニニ....,,,、      /       〃 ゙l
                 ___,,,,...rニ!   ゙l `'''‐       /      / / └
     _,,...,,_   _,,..r''''" _..-'"     │      _,..-''"     /
  .r┐/,-、-‐'''"´_,,..゙l-‐''"         \,,,,,,,,,..-''lヽ      ,.r彡
._,/ レ'  ノ-<''"゙  `゙''‐、           /:_,/ ,,メ〈 \_  ,..-''"
゙/ / /"''''''ッへ,     ヽ、     /:::::| _/ ン;,-'" レ'"ン
〈. '、  l.  /  `'┐     `ヽ、   /::::::::r'" / '゛.  ,レ'" _,,..
: \'、.| /  ,/--┘--、,,    l  /:::::::::ノ  /     |-‐''"__,,,...
  ` ゙l l゙   i       `'   | /:::::::::/  l゙     「 ̄


煙草を吹かす暇そうな水夫に、やる夫は交渉をはじめた。




233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 16:22:47.46 ID:
srjMI6kX0

         / ̄\     皿洗いでもなんでもするから
         |     |    大八洲行きの船に乗せてくれお!
         \_/     
         __|___
       / ⌒  ⌒\    /⌒)
      / (⌒)  (⌒) \  /) )
    /   ///(__人__)/// \) / 
     |   u.   `Y⌒y'´    /  /
      \       ゙ー ′  ,ノ  /
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ ,/
      / rー'ゝ         /
    /,ノヾ ,>        /´
    | ヽ〆  




234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 16:25:25.86 ID:
srjMI6kX0
                 /:::::::::::::::::,;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 /::::::::::::::::::! ゙l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l
.                  ,' ::::l:::::::,:::.|  .|:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l
                i:::::::|::::ri::::|  |::li:::::/|::::::;、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l
                l:::::::|:::| |:::|  |::l|:::/ |:::./.l::l.|:::::|::::|:::::::::::::::::::::::::::::|
                   '、:::゙l:|゙゙刈 _,.|/.l:/"゙l:/゙゙゙|:|'l:::/l::::|::::::::r''ヽ::::::::::::::l
                    ヽ、|l弋コ.  ″ノ r-iミ._ |:i |/ .|:::l:::::::l゙ ゙!.}::::::::::::l
悪いが、             `'l゙  l.     `゙'ー'゙ソ' ″ .}:/l::,/  ,/::::::::::;l゙
ソイツは無理な話さね。     |.  /            ノ',√_,,,,ノ/::::::::::/
ここらの船は全部           ゙l,/              _'" _/::::::::;イ.__
工場長のだ。            ゝ,,.-、,、,,,,.,,___       /゙'"`'―ー‐!;;;;;;;;:ヽ
紹介状がないとねぇ…。         ゙l.'ー- ニニ....,,,、      /       〃 ゙l
                 ___,,,,...rニ!   ゙l `'''‐       /      / / └
     _,,...,,_   _,,..r''''" _..-'"     │      _,..-''"     /
  .r┐/,-、-‐'''"´_,,..゙l-‐''"         \,,,,,,,,,..-''lヽ      ,.r彡
._,/ レ'  ノ-<''"゙  `゙''‐、           /:_,/ ,,メ〈 \_  ,..-''"
゙/ / /"''''''ッへ,     ヽ、     /:::::| _/ ン;,-'" レ'"ン
〈. '、  l.  /  `'┐     `ヽ、   /::::::::r'" / '゛.  ,レ'" _,,..
: \'、.| /  ,/--┘--、,,    l  /:::::::::ノ  /     |-‐''"__,,,...
  ` ゙l l゙   i       `'   | /:::::::::/  l゙     「 ̄





235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 16:28:45.88 ID:
srjMI6kX0
         / ̄\
         |     | 
         \_/          
         __|___ 
        /\ , , /\
      /( ●)  (●)\    こうみえてやる夫は工場長とマブダチだお!
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   うだうだ言ってないで
     |              |    さっさとなんとかするお!
     \             /l!| !
     /            \ |i
   /           ヽ !l ヽi
   (   丶- 、        しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl


にべなく断れたやる夫だったが
いままでなんとかなってきたペテンで食い下がった。




237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 16:32:16.18 ID:
srjMI6kX0
   r'⌒⌒^''、
  (rノyy'ソy ノ  美少女好きの工場長に
   ヾゝ ゚ヮ゚ノ   お前さんみたいなブサメンの
   /iヘY/i]つ  友人がいるなんて信じられないがねェ…。
    b l:::‐::l
     .|.b|.b    とりあえず、ボートくらいしか空いてないが…。



そういうと水夫は、ボートを指さしながら
露骨に謝礼を要求した。

...          / ̄\
.         |     |    
         \_/          
         __|__
       /:::::::::::::::\
      /::::─三三─:\     (こいつ…こんなので金要求するとか
    /::::::::(○)三(○)::\    まったくもってふざけてるお…)  
   /:::::::::::::: (__人__) :::::::::::\
   |::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::::::::|
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


世辞に疎いやる夫には、それが偽造の紹介状をつくってやるという
取引だと知らなかった。





245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 16:52:33.08 ID:
srjMI6kX0



...                / ̄\
.               |     |    
               \_/          
               __|___
ありがたく        /     \
受け取るお!   / ⌒   ⌒ \
           /   (●)  (●)  \
         _|__    (__人__)      |
       /   \    `ー'´     /
 /⌒⌒⌒/ ..:::::::::::.. ヽ ピトッ
 |  |  | { .::::::●:::::  }
 |  |  |  \ ::::::::::::::/
 ヽ ヽ ヽ   `ー一'´


このとき言われた通りに金を渡しておけば
のちの悲劇には繋がらなかったのだが……
いまのやる夫には知るよしもなかった。




251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 16:56:53.22 ID:
srjMI6kX0
            rーi     .|
             .l二コ .。! ̄| ̄!。
             |: |  ÷|÷ l 十
               /|: |.   |i~|_  l |
          ,ニニ゙|: | ニニニニニニニニ,ト,   ,
       r--┴/-|;;;_|┴┴┴┴┴┴-` =ii、
       | ロ ./ロ|: | ロ  ロ  ロ ロ  ロ | !゙ー、
       |   /   |: |            | ii; |、
       | ロ' lココ|: |ユ lココ lココ  lコ | i ii |;;;)
     l"l __!/_i__lユ_|;,, |___lコ  ロ  ロl"l ロ .| i ii ゙' マ
    _,.!='''"     -==-  ̄~""' ‐-,L.!.,_  !  ii ;;; |
   \; ; ; ; ; ; ; ; ; ::::::          =- `t iiii トュ `i
     ヽ; ; ; ; ; ; ; ::::  ,-,          `゙''ー- 、,L!!!`i
     ヽ; ; ; ; ; ; :: , (;;/ .: : : : : : : :           |
ー へへーーヽ; ; ; ; i;  ..: : : : : : : : : : : : : : :        ノへーへ
   ,,~  ,,~:ヽ; ; ; i .: : : : : : : : : : : : : : :: : : .      / ~ ~:
~  ,,~  ,,~:へーーへへーーへへーーへへーへへー''"⌒,,  ,,~


それは、ボートというにはあまりに巨大すぎた。
大きく、ぶ厚く、重く、しかし精巧だった。 それは正に鉄塊だった。


      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\   nice boat.
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /




255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:00:33.34 ID:
srjMI6kX0



.   / * /:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
_、 /  /:_:_:_:/:.ィ:.;:.:イ:.:.i:.:ヽ
/:Vi * !:.:.:.7≧メ-‐/ィ/:.:.:.:.',   やる夫、乗船案内には
:.:.:.{   {.:.:.:i:! f:t7 ´ノハ:.:i:.i:.:l   なんて書いてあるですぅ?
:.:.:.i * ト、:.:.、 xx`  fヌ〉:!:ル'
:.:.:.ヽ  {: .\ゝ 、 _ ' x'.:/
ィTえ! * '; : : .__ .ィ´} '
::::::::::::{  トv':.:.:.:.:.:l { !   __ _.ィ´`ヽ
::::::::::::::{ * }/!`T!、:.!ハ { /   `ヾ!  j
:::::::::::::::}  { {i}ノ!{ ヽ 'ィ'´      r''

          ____
        /      \
       / ─    ─ \     出港は明後日の午後五時……。
     /   (●)  (●)  \   いくらなんでもゆとりすぎだろ…。
     |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´    ,/     
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


予想外に遅い出発に
やる夫は一抹の不安を抱えながらも
[三等船室]の乗船手続きを済ませた。




261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:04:28.57 ID:
srjMI6kX0
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::.. ::::.. :::: ..:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::... :: ,: "⌒ '.;. ..::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;::..: :: .;      ; :::..;..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.. ..: ヽ、_. ,,ノ ::..;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::..: :::..:: : .: ::: :: : :. : .
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::..: ; : : : ... : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:..: : . :. . ::: .:: : : .. : :
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: .. :: .::; :..: .:: ; ':: .:: .:::: ::. ::: ..:
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;::::. ::: .: ,======================

    ;;;;;;;;;; :::;:; :;:;:; :;;;; :;:;:;; :;;゙゙゙:::: ;:;:; :;;:;; :;::;;;;; :;::;; :;;;:; :;:;;; *:;;;:; :;::;: ;:
   ;;::;;:;;;; :;:;ミ:; :;:;:; :;:;:; ::;;:;; :;::;;: :;:;:;; ;:;;;: ;;:;:;;(ゞ:;: ;:;::; :;;:;;;: :;::; :;:;;: :;;:;;
  ι;;;::: :;:::: ::;;;: :;;:;: :;::;: ;:;::; :;:;:;: ; :; :;::;:; :;: :; ;;;: :;;:;;;: :/ヽ:;;:; ;:;;:;: ;:;;
   ;;;;: ;:;:::: ;;;;;; ;;巛;;;; ;;;;;; ;:ヾ;:; ;:;:; ;;:::; :: ;; ;: :;;:;: ;;;彡:《   ミ:::;:;; :;;;;: ;:;;
 ξ;;;;;;;:;:;:;:;;:::::::;;;;;;;;;;;;;;::;:;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;:;;:;;;:;:;:;:;:;;;;;;ミ;    υ::::;;;;;;;;;
   | |━━━━━━| |       . | ,' | ``
   | |== ; : :; ==| |    ゙゙゙   . |l i |   ゞ ::;;   。
   | |======| |  ;  ゙  | ,' |゙゙゙
   | |======|〈 ミ :: ;  .|~.:i|~  ゙゙  :;;ζ⌒′′
   |∥ =====゙| |        .| ,' |  ヾ~       :;;
   | |=〆====|||_______|; . |_________
   | |======| || l | │ | . || l '| |@| i│ | ; |  |; ヽ\
   | |======| || . | │ | . ||. i | | | ;│ |..│ |:;;::;\ゝ
   |_|―――――巛|_|| . | │ | ; ||, ' | | | .│ | . |  |:;;::;:;:;:;ヾミ
             WlwwiiWwMlliiwWMlllwwMYiilllW


郊外にあるボロボロの寺院を今日の寝床と決めたやる夫たちは、
大八洲での生活について語り合った。

夜も遅くなって、まどろみかけていたやる夫だったが、
意をけっして口を開いた翠星石の告白に仰天することになった。




266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:07:55.45 ID:
srjMI6kX0
                 _, -――- 、_
           _, -'_, -'´ ̄´`ー-、`ー、
           /_r'´,r '´ ̄´' ̄´ ヽ¨ヽ \
          \//, / / l| ヽ \}/
            」/ / / /´ 」 l'、 ',  lヽ!    じつはやる夫に話さなければ
           /! / / ///|l| ヽ l|  ! |'、   いけないことがあるですぅ…。
          //| l| j__{_. ィ 〃ト、._、_|_|l ',
       / / l l| Nl__,ヽ /' /__/ /l | ヘ   本当は、ずっと前に
        / l ヽト、lし ̄:::::::;:::::: ̄ゝ)/ /}.  ヘ   記憶が蘇っていたですぅ。
     /      | 丶ト _ ‐_‐ _ イ|/ |   ヘ
      /    zヵ   }:ー≧≦ー―{.  lz、   ヘ
    /     l: : ヘ  |/ .八. \   { |: !   ヽ
  /      |: : : :l |_/!{i}ト _〉 l}|  !: :|     \
  /       l: : : :l\|  /'{i}|   l} |  ∨!     ヽ
 /       ト、:_:_ゞzzzz!z{i}|zzzzj}: {_」/         ',
 !          L:_:_:_;ォt':\、_{i}_//ーtj、_/           |


         ____
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\      なんですと!!
    /:::::::::: ( ○)三(○)\ 
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |    そ、それで…
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/
    ノ::::::::::u         \ 
  /:::::::::::::::::      u     .\ 
 |::::::::::::::: l  u             \




267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:11:26.52 ID:
srjMI6kX0


  /※ ノ: : : ::::: : : : : : : : : : ::: : :i : : : :、: : ::ヽ i /
 i /: : : :::::/: : : : : : : : : ::/: i: |:: : : : :ヽ: : ::ヽ|/
 |/:: : : : ::::/: : /: : : : : :.イ: :イ::ハ:: : : : : : i: : ::ヽ
 !i:: : : : : /:.: /: : : : : .//: /、/__ ヽ:: : : i: :!: : ::::|   でも、やる夫は翠星石は翠星石で
.{!|.:: : : : :! ‐/--一./ ////  ̄`\-i }: : :::::!   アンドロイドだろうが人間だろうが
{! i:: : : : :!: /ェ-==、 /  // , ==-ェ、Y:: i: : ::::ハ   関係ないって言ってくれたですぅ…。
.}!.ヽ: ::::::∨ヽ弋{}.ソ    /  弋{}.ソ〃|:./: ::::/i:::i
{!  ヽト、:::\ `¨´         `¨´  /::::/}::i:::|   うれしくて…救われた気がしたですぅ。
::}! ※ }:ヽ:::: \_    _'_,,   _ /:::_/ i}: :i:::|
:::{!  i}::::::|`T、    ヽ二ン     ,T::::{! ※ノ}::: : i::|
:::/}i  {!:::::|::/::/`..- _     __イ|::|::::::}!  fノ::: : :i::|   そんな風に言ってくれたのは、
/:::::{!、}ハ:: i/::/:::/ 、|` -  ´| \:|:::::{!  iハ::: : : i::|   やる夫がはじめてだったですぅ…。
:::::::::::Y! ∨ヘ/   \  /   \r}i /}::i::::: : i::|
:::::::::/.{! ├'´    r '⌒}ニ{⌒ヽ    i !fレ-、:::: : :i::|




269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:14:37.99 ID:
srjMI6kX0
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/  
|       (__人__) l;;,´|   (翠星石……)
/      ∩ ノ)━・'/   
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

どこか淋しげに呟く翠星石に
やる夫は何か言いたげに紫煙をくゆらせたが、
いまはこの笑顔を曇らせないようにと言葉をのみこんだ。

もうすぐ新天地だ。
古寺にさす満月の光が、自分たちの未来を明るく照らしている。

そう思いながら、やる夫はぎゅっと翠星石を抱きしめたのだった。


~最終章「ヴァーチャル・ガール」につづく~




272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:19:00.93 ID:
srjMI6kX0

Chapter4 「Virtual Girl(ヴァーチャル・ガール)」


ナルホドたちがバイタンに到着したのは
ちょうどやる夫たちの船が出航する朝のことだった。


  /:./:.:.:.:.:/:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.://:〈/:ヘvト:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   それでは、私はお父さんに頼まれた
. ///:.:.:.:.//:.:./:.:./:./:..:.:.:// /:.:/   |:.:|:.:.:.:.:|:.:.|::.:.:.:.:.|   所用がありますので…。
// |:.:.:./:./:.:./:,斗r:‐ト ´/  /:./    |:.:|:.:.:.:.:|:.:.|::.:.:.:.:.|
|| |:.:./:./:.:./::/ |-< /   ´:.へ、   |:::|.:.:...:.|:.:.|:.:|:.:.:..|
|  |:.:|:|:|:/^i::| ィテーミ    /   \ .|.:/.:..:.::.|::.:l::.|:::.:.:|
  |:.レ-}‐ァ|:.|  !{::::::}  /  ー- 、 ∨/:.:.:.:.:/:.|:.|::.:|:.:.:.|
  /-、 イ‐ト|_ |{::::ソ      ''テ=ミ、/ 〉./.:.:/:.:.|:.|:.:..|.:.:.|
 /  ヽ.| |i ` ー"       { i::::Y:V:∧.:/.:::/:/::.:::.l::.:|
/ ̄ ヽ }ヘ ヘ   }ト- r‐- 、  { {:::ソノ^|_ソ/:.:/:/.:|:.:.:...:l:.:|
|  入_ヘ.ソ `}ー‐' ヽ {   `ヾ、ー'"r/_}へ:.:/::.:|:.:.:.:.:.:l:.|
ヘ   ` |  |:へ、 ` ー‐、    }r‐'^ー-、 ̄ト、:.:|:.:.:.:.:.:..l:|
.∧    __ノ }:| へ、   ` ー_r< ‐._ ̄V  |ヘ_ハ::.:.:.:.:.:.ト、
.ト{`ーr 7 | レ|/ ノ `二´ ̄-ァ^ー- 、 \ ヽ/ ノ^ }ト、:.:..:.:| ヽ、
|` } l l /   ハ \ノ / /  {  / ヽ  ノ_/   ヽ::.:|  ヽ
| 〈/   /  |  \ __ /{  /     /       }.:.:|   \


言葉は別行動をとる旨を告げて
ナルホドたちの前から去った。




274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:23:02.67 ID:
srjMI6kX0
   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ー)(ー)  …なんとかしてやりたいもんですね。
. | u.   (__人__)   あの娘の不憫な境遇に
  |     ` ⌒´ノ   ナルホドさんは胸を痛めているんでしょう?
.  |         }
.  ヽ        }  
   ヽ     ノ   
    i⌒\ ,__(‐- 、 
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l  


     `ヽ、llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、_,-,
    -―--`lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllノ
      `ヽ、lllllllllllllllllllllllllll, - 、ll、_ll、ヽlllllllllllllllノ-,
      ̄ヾllllllll/⌒l、lllllll--      `ヾシノ|彡
       _ノll/ ⌒l `|ll/´ -、   U     /
        `)ll| (`Y´     二`ヽ、_    |  やらない夫君も気づいていたか…。
       /lll`l`-| U   ( |;;lll|   '´,イ   再三あの家をでるよう説得したんだが
     ,-'´/|`ヽ-┐     ` ̄'    ノ   頑として首を縦にふらなかった…。
__, -‐/;;;;;;/ |   |            l
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|  `l   l、          ` , -'    突然こんな話をもちかけられても
;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;|  `l、  `ヽ、   -――-/      きっと信じられないんだろうな…。
           ヽ、  `ヽ、     人
             `ヽ、  `>┬イ  `  




276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:27:11.93 ID:
srjMI6kX0
               、‘li;,, `||i;;;|li;;.,,'i;
               `''l,!l|||li;||||||||||i;;|||i;,
               ''i;,!!|l||||||||||||||||||||||li;,.
                '||ll!''!||||''''|!'i||||||||||||i;;
                 /|σ'.!''' _ `´`!||||||<
              _,/'-'〉'    ヽ   /''   (なにが一番卑怯かって、
             /l`ヽ、.i    `''`'’;-'     彼女は今の境遇を不幸だと
       ____,,,,,;;;<;;;;;;;ヽ  ヽ  、. ___,.../       思わないようにしていることだ。
   ,;;;;'::-::::、:;;;:::::::::::l::::::::::::i_  `、.....ィ´、_        
   /;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::-::、_::'::::ト 、_ l::::::,!_:::、::::、___     あまりにいろいろな大人が
  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;::::::l::::::::::::::<:::::::::::ヽ`'`l::::、i:`<_:::::::i:ヽ    彼女を食い物にしていったんだ。
  |;;;;;;;;;;;;:;:;:;:::::::|::::::::::::::::::\::::::::::::、 |:::::'|:::゚::〉:::::::l:::i    僕は、それが悔しいんだ……。)


養父である誠を盲進する言葉にたいして、
なにもできない無力さにナルホドは歯がみした。


   _/ ̄ ̄\
  / ノ  \ \
  |  (●)(●) |    とりあえず港に向かいやしょう。
  |  (__人__)  |    あの娘の一件は、アンドロイドの件を
  |   ` ⌒´   |    かたしてからなんとかしやしょうや。
   \    ´ /
  /      \  




278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:30:16.81 ID:
srjMI6kX0
                                .rnへ、
                               ,人r壺'
                               ∠/  |
                      rゝ、_、 ,∠x/  、:トャ
                       」ロpwLr∠xl,/   >j´
                      fLfffrrr[>≦「´   `U
                       ||LL⊥二〔、      _,,..-‐''`'ー-、_
 _,..-'''"~""''' ‐- ...,,___,,..-‐''~""''' ‐||>:<||><||...,,__'''""~       ~""''' ‐- ...,__、
                      ||><||><||       \r、__rf    ft__,rァ/
                      ,||>< ||><||       rゝ[ロrL   ,」ュロ[くャ
      |    .[ SOMY ]     .||><||><||  r====l:┐|x|xlx|´    |x|xlx|
────!zュ   | lココココココ:|[㌔㍍] ,|| ̄ :|| ̄ ̄ || ::|l=====l|l|x|xlx| r─‐:|x|xlx|
 ○   /´   | lココココココ:|rェェェュ].,||≧≦||≧ ≦||  |l====,r:::::::::-、x〕kュュ 〔x|x(V_。_。V)
   ,/-‐─¬、  ,.-‐─¬、ェェェ:[ ,|| ̄ ̄:|| ̄ ̄ ||     `l::::::::::{  rェェェrへュ彡、:_:_:rミ
   / |[: ̄l ̄:]|  |[: ̄l ̄:]| ェェェ:|::||二二:l||二二l||   l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       :|γγヽ
::::::::ヘ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~:l|       :| ヽヽソ
~~`                              :|       :|
                                 ~~~~~~~~~~~~~~


埠頭についたナルホドたちは聞きこみを始めた。
また、乗船者名簿で戸籍の怪しいものもかたっぱしからピックアップした。


その候補に、やる夫の名が挙がっていたのである。




279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:34:21.24 ID:
srjMI6kX0
   / ̄ ̄\   
 /   _ノ  \ 
 |  u ( ◎)(◎)   (あいつ…こんなとこにいやがったのか…)
. | u   (__人__) 
  |     ` ⌒´ノ
.  |         } 
.  ヽ        }  
   ヽ     ノ  
   /    く. \ 
   |     \  \
    |    |ヽ、二⌒)、


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   …ナルホドさん。
. |     (__人__)   失踪した友人がこの港町に
  |     ` ⌒´ノ   いるみたいなんだ。
.  |         }    気のいい奴で、どうにも他人って気がしなくてね。
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ     ……しばらく席をはずして
   /    く  \   会いに行っても構いませんかね?
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、 




283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:38:07.03 ID:
srjMI6kX0
             _,,-‐'''" ̄"`'‐:、
          -=ニ" _,, -"`''z-'-`-、`''Z
          -=ニ二-__‐‐z"-、,,_ `"|'
          ‐"z .i゙r、ヽ" .i'T;j'' ,.r゙
            `i '、!,;       _ |   別に構わないけど
             ',,r'"l    _,,,,,,_「   その友人がいる場所はわかるのかい?
              !  `    ''/
            ,.:''i"`'‐:、_ `ー,-'"    なんなら部下に頼んで調べさせるが…。
     ___,,,,.... -'i"  \   `''ァ<,'、
.   r'"ー-:、    |    ',、_  ,' ̄'i `、、_
   i     ヽ   ''''ッ''" ':,':、!ヽ,,,|',、ヽ `-、_
  r'.      ',    く.    ':、 | ',i `"、  ', ヽ
 ,!.         i     `ヽ、   ヽ.|. .| ゚ ,'  .', i




285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:41:28.56 ID:
srjMI6kX0


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    (⌒) (⌒)  そいつはありがてぇ!!
. |     (__人__)  ナルホドさんの情報力なら
  |     ` ⌒´ノ  あっという間なんでしょうな!
.  |         }
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ    
   /    く  \ 
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、 




288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:44:30.76 ID:
srjMI6kX0
ナルホドの指示で、やる夫たちの居場所はすぐに判明した。


             _   __
             /´=:ミ´二.ヾ\
            / '/ '´rー=、ヽ.ヽ 、ヽ
          i / 〃,イ|   | |_L| l l     当探偵事務所は誰でもウェルカム
            |.l.l ル'__リヽ  ヘl_Nヽ!.l |     素行浮気の調査にストーカー対策
          | |.バ ̄o`  ´o ̄,"|l |      はては家出したペット探しなど
.          レ1  ̄ 〈|:  ̄  !`|     どうぞお気になさらずご自由にご依頼ください
          ド」 、ー-----‐ァ ,lイ!     
      _,,... -‐| l ト、`¨二¨´ ,.イ.l lー- ...._
   ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l ::::ヽ、__, .::´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ               r'つ
.  /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ               / ∟、-‐''つ
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ         ,.<   )ヽヾニニ⊃
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ      /\\   i lニ二⊇
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ    /::::::::::::\.ゝ-─'ー-- '
:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\ /::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::! ./ ヽ ./::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/
ヽ::::::::::::::;イ:::::::::::::::::::::::::::V   V::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::/ |::::::::::::::::::::::::::::ヽ ./::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::/  | :::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ::::::::::::::::::/
_:/   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    \_:/





290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:47:36.80 ID:
srjMI6kX0
       -=llllllll|||||||||||lll;;;;,,,,
        ニニ|||lll||||!''ニ,_'''llll|!;
          ̄||δ'   lii!i`γ'     (報告によると、やらない夫君の友人の所に
          |l;=,     , 」       言葉らしき姿が目撃されてる……
           / 、  ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,.      探偵の勘が怪しいと告げている…!!) 
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |     
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__  
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ   ここでの収穫はあまりなさそうだし、
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|   ちょっと気になることがあるから
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l   僕もその場所まで行ってもいいかな…?
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;:::::`l|、


      / ̄ ̄\   
    /  ヽ_  .\    
    ( ●)( ●)  |   べつに問題はありやせんが
    (__人__)      |    あいつとアンドロイドの件は別件ですぜ…?
    l` ⌒´    |
   . {         |
.    {       /
.    ヽ     ノ、
  / ̄/ ` ー ─ '/>




292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:51:32.10 ID:
srjMI6kX0
     `ヽ、llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、_,-,
    -―--`lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllノ
      `ヽ、lllllllllllllllllllllllllll, - 、ll、_ll、ヽlllllllllllllllノ-,
      ̄ヾllllllll/⌒l、lllllll--      `ヾシノ|彡
       _ノll/ ⌒l `|ll/´  _       /
        `)ll| (`Y´      _ 、_    |    なぜか…胸騒ぎがするんだ…。
       /lll`l`-|  u   (  U  '´,イ     
     ,-'´/|`ヽ-┐u     ` ̄'    ノ     言葉くんは頼まれた用事について
__, -‐/;;;;;;/ |   |  u         l      ここまでの道中一切喋らなかった。
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|  `l   l、          ` , -'     
;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;|  `l、  `ヽ、   -――-/       あくまで勘なんだけどね…。
           ヽ、  `ヽ、     人
             `ヽ、  `>┬イ  `、




293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:54:39.24 ID:
srjMI6kX0
一方、ナルホドたちと別れた言葉は、
工場長の情報網にひっかかった不審な二人組が
寝泊まりする寺にむかって郊外を歩いていた。



                            ((_),_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,,_,
                           /   丶;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、
   ,i'二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,((_)    /      \;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、
  ,、_、_,、_,、_,、_,、_,、_,、/ ヽ  /         \;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、
  7|L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/|i'二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,'二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/|\;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:|\;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:|   ̄" ̄" ̄' ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:| .;.;.
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:|:.:;:.  ;..;.;. | ̄ ̄ ̄ ̄|:    .:;:.    ;..;.;. | ̄ ̄ ̄ ̄|
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/|`、|,      .|____|:;..   ;.;..   :;:.   |____|
  / ̄`yー';:/ .~"''ヽ(:.:....'i,"'"'`yー'; ;:;i.;..;...                                 _
 .:.i ;:;:; :.:'i ;:;;/ヽ ;:.:.:ノヽ;:;:;ヽ__,,/,,., /:.:.ヽl.;.;....                              '´  ,、 ヽ
  /ヽ,,_/ヽ /.:.:`ー'j::...:. .:. :..:i, ;:.:. .:.ヽ/ヽ .                              リノソノ )) i
  i::.:... .:; :.:.Y::....:.. /ヽ:...,.,./:.:. .:. .:.:..j::.::../i'=.;:;===,=、.====.===========     |l、ヮ゚ |l i
====================='  ______,.______,.._.___..__,.______,.__    ⊂i允(つリ
___________,._____,._______,.______,./                             (( 〈|_ヽ> ))
                                                         しヽ.)




295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 17:57:42.46 ID:
srjMI6kX0
               ,. -―――- ..
           ,. ´: : : : : : : : : : : : `ヽ.      
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\   
          /: : : : :/: : : : : : : : :: : :i::、: : : : :ハ  
          ,' : : : : /: : : : : : : / : : : !::ハ : : i::: :i  お父さんを置いて…
        i : /: : /: : : : : : : / : :/:/!i::::|: i :l::: :|  ひとりだけ…幸せになろうなんて…
         l :/i: :/:l : : /: // : /:/ヾレ"! l: :l:::: |  許さないんだから…。
         |/ :! : : |: :/_:/__/: :/':/__| l: i:l::: :l  
         |: : | i : |:/! / / :///  :::::::リ:/ !::: l  
         |: 、:ヾ: :N レ=:、/.〃 ,.ィ=‐-、レ : |::: |
         |: :ヽ: リ代::::::ノ゙ /  弋:::::;ノl:: /| ! |        , -―‐-
         |: :::ハ: : :ト---、,.- 、   {i__,/::::/|::!l:::|         /  ;;;′
        /: :く |: : :| ‐ ´ / ̄ ̄ ./:::/::|`l! :!       / .:. ;;」
.      //´ '|: : :|、   /     /:::/:: | | __ゝ、     /.:. ;;・;」
      /i    |: : :| }ヽ. !__   _i:::,イ::: :!/  i     /.:  ;」
.     //   /: : : !'    } `Y´  |::i |: : :| ;;   l.   / .:;∵」
      ハ    / : : : |   l  || / l::| l: : :| .   i.  /.: ;・;」
    /: :::ヽ. / : : : /   /   l|  ;;|:l .|: : :!/     l /.:.:  ;」       
    ,': : :::::,}. ': : : : /   /   __!r.、 l:| !: : |ハ ;::  |/  ;;」
    !: : :/: : : : : /   /   r { .{ {) |:! l: : |.ノ   ;/¨;`:ヾ/ 
    |: :/: : / : /   /、 r'{;;:l;:;!; ;Vヽ  | : | ;:::::___/__;;;;/、
    |:/ /: l : /  , /   ト、! ゙;;;:  ;:; ;;:}_| -―i'  ;;; ---ミ
    |l ∧ :| /   / l  // `  ̄      ;;;;;;;| ;;;; --、ソ


言葉は隠し持っていた凶器をとりだし
荒れ寺の中の様子をうかがった。




299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:00:08.27 ID:
srjMI6kX0
         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \   やっと船が出航する日だお!
    /   ///(__人__)/// \   わくわくしすぎて昨日は
     |   u.   `Y⌒y'´    |    眠れなかったお!
      \       ゙ー ′  ,/    
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     翠星石もはやく準備するお!
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|   やる夫はハシャギすぎですぅ。
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
  l/: : : : : :} r-┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',




300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:03:20.42 ID:
srjMI6kX0
           r ―――――-- 、
        ,ィ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽヽ、
       //__, ィ―――、――、   \ヽ、
     ∠_/´7 : : : : ィ´ : : : : : : :ハ`ヽ、  \ \
     / : : / : : / : : // : : /: :! :ヽ :\  ヽ \
      /: : //: : / : : /: :/: : : ノ: : |: : !ヽ: : ヽ ヽ  ヽ
    /: : : /: : /: :/: : /: : /: :i ∧: : :|: :ヽ!  } /\ヽ
    ! i : : !: :/: :/: : /: : /ィ: : /: : ヽ: :!: : : ! Y_  ヽヽ
    .!: :| : : !/、_/_/ _ィ//: : /∧: : : : !: : : : } | `ヽ、 ヽ!
    ! ハ: : |./> ̄/ ノ :入〈  !: : : : !: : : :! /!    `ヽ!
    |〉、ヽ ! ゙ミミ三、  //  `〈__! : : /: : : :イ: :!
    | 「ヽ!`ゝ:::       ミ、、_  〉へ : : :ノ :|: :|      (かくいう翠星石も、昨日は
    | | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ/: :/:/ /: ! : !       あまり眠れなかったですぅ…)
    | | ヽ \    !ーァ   ::: /://  /: : |: :|
    ! .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉  /| : : !: :!
   /|   }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /  /: :! : : |: :!
 /: !  >-、_ 7―、`/      ノ  /: : :! : : ヽ:|
/ : : /  /\  /==Y〈`-"⌒ヽ<  / : : : |: : : : :ヽ


ふたりは喜びを噛みしめながら支度をととのえていた。




303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:07:22.64 ID:
srjMI6kX0
そのとき、凶刃が幸せなふたりを襲った。
殺気に気づいたやる夫が翠星石をかばうと、
眼前にいたのはノコギリをもつ言葉だった。
       ____  
     /ノ   ヽ、_\     
   /( ○)}liil{(○)\   いきなり現れてなにすんだお!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /   


 |.:.://.:.::.::/.::.:.:.:.:/.:.:.:/:.:.:/;;////   .|.:|.:.:.:i.:.:.:.:i.:.:.:|  
 |:.:| |.:.:.::.:i.:.:.:.:.:::i.:.:.://.:::../;;;/.//    |:.:|i.:..:i.:.:.:.:i.:.:.:|  あなたには…関係ないことです。
 |:.| .|.:.:.::.:i.:.:.:.:.:i.:.:/ー;;/ソ/ // -==、_.|:.| |.:.::i.:.:.::i.:.:::|  そこをどかないと、先にあなたを
 .|:| .|.:.:.:.::i.:.:.::.:i.:.:ム;r-y,ネ'  // -_、,,,,__ .|:;ヘ|.:..:i.:.:.:i.::..:|   ミンチにしますけど…?
  ii |i :i.:.::i.:.:.:.:|ヤケiテうト`  ,/'´  '´,ケネデヌ;., |.:.:i.:.:/|.::.::|i 
  .` |iト,.:i..:i.:i.:..:|{_|;:::::`}:| /     |{::::::f;;イソ:.i.:.イ./.:.:.::|i 
   |i|i.:.::ト,.:iヾ;;:| ャ:::::,ソ        .セ_:::::ソ/.:.:/.|/.:.:.:.:|.i 
  .|i|i.:.:.:;iヾ;ヽトヽ ̄      .    .~ ̄ /イi.:.:|i.:.::.:.:.| .i
  .|i |:i.:.:.:.:i..:`,ミ:ト、       i:       ' /V::./.:.:.:.:.:|| i
  |i .|.:i.:.:.:.:i.:.:.:.:トト`: .、.   -:‐     , r'´.:::|.:.:/.:.:..:.::|| i
 |i |:.:i.:.:.::.:.:i.:.:.::i.:|;:;:;:;::`i  、 __ , . r'´;:;:i:;:;;:/:/.:.:.:.::.:.:|.:| ii 
. |i |;:;:;i:;;:;:;:;:;:i;:;:;:i:;|_,/ i       :ト、;;;;i;;;//;:;:;:;:;:;:;:|;:;::| .ii
.|i .|;:;:;:ト;:;:;:;:;:;:;:i;:;::i:|           \/';:/;:;:;:;:;:;:i;:;:::|  .ii




306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:10:39.36 ID:
srjMI6kX0
            , ‐ ' "´ ̄ ̄ ̄ 丶、
        ,  '´ _r─'´ ̄`ー-、_    ヽ
      r‐ ''"  ノ´ ※    ※   ヽ   丶
     | ..::::-┴´ ̄` ̄` ̄`ー、_   `ヽ  ヽ
      Y'´   : : : : : : : : ヽ ※ ヽ  '、
     ∧ /   /    : : : : l : :ゝ、  l.   ',
     /: : /:   / :/ : l : : ヽ ※ヽ  ',
    l: : /: : /: : /: /: ハ :  : :ヽ  {    '、
    {: l!: :⊥、/: : /.:/. /|: : .l   ヽソ    ハ
    .l: |l: :l :トリ_`ー':^/: {、  ヽ: : : | : : |_,..ィ'´ ̄
     人:弋 じぇ、"´   、 `丶、_ヽ.:l: /: : l|:. |
      ム `ト `"'゙      '^ぅテォ-テ/./: /: /l.:..:.|   や、やめるですぅ言葉!!
      ∧ 八     ,    ヾジ /.イ: :/. /: .l : |
    / こ}※ \__ トー‐、  __ ノ_ .イ//_:_:_l..|
    ノ  匸l/⌒ 、 )ヽ___ノ _ .. イ ̄※ ノ厂兀l.|
   /  て/  ´  ヽ`三/ ┴、 /    ノし  }: : l|
  /    (_{     }{"´  ヽ |〃_. イJ´   l: : : |
::/    /(\ _ ノ)ヽ___、._丿「 /勹     l: : : :|
{ /三\ /  ヽ几_厂|/し、__兀r '"  ヽ   | : . : |




307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:11:28.91 ID:
0bNsnru+0

お知り合いとな?!




311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:13:06.12 ID:
srjMI6kX0

               ,. -―――- ..
           ,. ´: : : : : : : : : : : : `ヽ.      
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\   
          /: : : : :/: : : : : : : : :: : :i::、: : : : :ハ   お父さんからのメッセージを伝えますね…。
          ,' : : : : /: : : : : : : / : : : !::ハ : : i::: :i  逃げるのは許さない。
        i : /: : /: : : : : : : / : :/:/!i::::|: i :l::: :|   逃げるのは許さない…。
         l :/i: :/:l : : /: // : /:/ヾレ"! l: :l:::: |   逃げるのは…。
         |/ :! : : |: :/_:/__/: :/':/__| l: i:l::: :l  
         |: : | i : |:/! / / :///  :::::::リ:/ !::: l   わたし、翠星石を処分するよう言われたんですよ…。
         |: 、:ヾ: :N レ=:、/.〃 ,.ィ=‐-、レ : |::: |  
         |: :ヽ: リ代::::::ノ゙ /  弋:::::;ノl:: /| ! |        , -―‐-
         |: :::ハ: : :ト---、,.- 、   {i__,/::::/|::!l:::|         /  ;;;′
        /: :く |: : :| ‐ ´ / ̄ ̄ ./:::/::|`l! :!       / .:. ;;」
.      //´ '|: : :|、   /     /:::/:: | | __ゝ、     /.:. ;;・;」
      /i    |: : :| }ヽ. !__   _i:::,イ::: :!/  i     /.:  ;」
.     //   /: : : !'    } `Y´  |::i |: : :| ;;   l.   / .:;∵」
      ハ    / : : : |   l  || / l::| l: : :| .   i.  /.: ;・;」    だから…
    /: :::ヽ. / : : : /   /   l|  ;;|:l .|: : :!/     l /.:.:  ;」    ちょっと頸動脈冷やしましょう…?   
    ,': : :::::,}. ': : : : /   /   __!r.、 l:| !: : |ハ ;::  |/  ;;」
    !: : :/: : : : : /   /   r { .{ {) |:! l: : |.ノ   ;/¨;`:ヾ/ 
    |: :/: : / : /   /、 r'{;;:l;:;!; ;Vヽ  | : | ;:::::___/__;;;;/、
    |:/ /: l : /  , /   ト、! ゙;;;:  ;:; ;;:}_| -―i'  ;;; ---ミ
    |l ∧ :| /   / l  // `  ̄      ;;;;;;;| ;;;; --、ソ




312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 18:14:21.63 ID:
Wr4k9S9W0

こええ




313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:14:39.21 ID:
0bNsnru+0
あれ?誠と関係あるのか?どうなってるんだwktk




314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:16:14.82 ID:
srjMI6kX0


       / ̄ ̄ ̄\
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |    話がよくのみこめないけど
      \      ` ⌒ ´  ,/   翠星石に危害をくわえるんなら
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ  このやる夫が相手になってやるお!
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄     ちなみに通信空手初段だから
.      |          |      シッポをまいて早く退散するお!!



        ,  ' : ̄ ̄ ̄` 、
     / : : : : : : : : ト、:_ : \
    /:/ : : : :/: /川ミVハ: : : ヽ
   /:/.: : :./: /: :/ | |:!   V.:. : |  やる気ですか…?
   |:i: /:| / /: :ム//!∟  |: : : |
   リ! !: |:! /レ'_レ'//_\.|: : : |  私は強いですよ…?
   | |: : | |ィ=〒 レ' 〒㍉ |: : : |
   V\:N V_j.    ヒ夕》′:/|
    |: : : :ゞ ̄  i   ̄ /.: : :|、|
    l/^! : l\  =  /!: : : //`ヽ
     {:ヽ!: : |\`ー ´ _,.| : : :| |   ヽ




319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:20:41.15 ID:
srjMI6kX0
   r`"⌒`ー=v ‐-、
    1:::::.....................  }
   |:::::::::::::::::::::::___::リ,
   r| ::::::::::::::( )|'爪|::jリ.   弱い犬ほど
./``======_‐ラ(6フ    よく吠えるというが…
ヽ、_ __... == (●) \   やれやれだお…
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´    /

                     _____  
           r⌒ヽ、   .  / \ , , /\
          / \  \. / ( ●) ( ●)    マジ
         _/ / ヽ   /     (__人__) \  本気なやる夫をみせてやるお!!
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   | 
             /  .\     i⌒\   / 
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \ 
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./   


やる夫は裂帛の雄叫びをあげて襲いかかった。
瞬時に間合いをつめ、体当たりをかまそうとする。

やる夫の脳裡には、マウントをとるイメージが浮かんでいた。
超至近距離ならば武器のハンデもなんとかなる、という計算があったからだ。




324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:23:52.63 ID:
srjMI6kX0
  r‐-|  /    /
  {   ト、/__/ヽ                        _
  ト        |ヽ                   ,. .:.':".:.:.:.:.:`.:.ヽ、
  ヽ` ー- 、_,. / `ヽ、__ _            //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
   `ヽニ=ー 、_-ー'    ヽ、 ヽヽ         rv'.:.:/.:.:.:/./.:.:.:./:/.:.:.:.:.ヽ
         \      ヾ、 `ヽ、 __   rヘ !|.:.:/:/.:/.:.:.:/.:./!,;.、.:.:.:.:!
          `ゝ      〉 ! 'ー 、' ヽx V /ソ//メ,ィ - '7:.//  !:.:.:.:.:.|
              { \    /  }   |   !ヽ_〈 !.:.:!ィ戈ハ  //  /.:.:.:.:i:!
        __ ヽ、_ ` ̄ ̄,./    ヘ  l ! 'l.:.:.|ヒ::ン  /テ〒ミ/.:.:.:.://
       ´   `丶__ヽ-、"´      !  | |  !.:.:ハ   ,  {;::ン゙/_;.:.イ'"
      _,. -ー一_'_"_-`一\        | |  |.:.:.:ハ  -   /´.:.:.:.!:',  
         /"'ー=ァ-.:.:.:.:.:.:ヽ、     ', | |  !:ハ.:.:.ヽ,.- ‐ '" !.:.!.:.:.:.ハ.:!
          /:;.: -─ '"^ソ ;`ヽ、   !.! ヽ '!、i\.:.ヽ   /:ハ.:.:.! l/
         /:/      / /   `',-ー'´ヘ  ! ',メ、ヽ;.:.\ !/ |.:/
         /       / /        !  ! !    `ヽ   /


その程度の動きじゃ私は捕まりません…!


軽快なフットワークで突撃をかわした言葉は、
一定の距離をたもちつつ、やる夫を執拗に嬲った。




327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:27:13.30 ID:
srjMI6kX0
     ___       
.   /キ.;,.,;゙:゛キ\      
  /.;;#;.;;キ;;#;.;; キ\   つ、つよいお…
/;..;..;(×);;;.;;(;;;;;);;..;\  こんなはずじゃなかったお…
|キ;.;;キ;.;;;.;(__人__)キ;.;;キ;.;;|  
\.;; .;;キ;; ;キ キ.;;;;#キ/  
/.キ; ;;;; ;キ.;; ;キ ;;キ\  


数十分が経過した。
やる夫が計算外だったのは、言葉が圧倒的な戦闘能力の持ち主だったことだ。
長年の鍛錬によると思われる、達人の域にたっした抜刀術の冴えに、
近寄る隙も見つけられず、いいようにあしらわれていた。



            / ⌒`"⌒`ヽ、         
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\       ちょっと待ってくれお…。
          /,//::         \     やる夫のことはどうとでもしてくれお…
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ 
       /  /、:::::...           /ヽ_ \  でも、でも…、翠星石のことは助けてくれお!!
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )  この通りなんだお…。
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"


威勢よくタンカをきったものの
桁違いの実力差に、恥も外聞もなくやる夫は土下座した。




331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:30:37.18 ID:
srjMI6kX0
  ゝ _{  《 ー/: : : : : : //: : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : :',
    ' ∧ 《  /: : : : : : /': : : : /: : : : : :/: :/: : |: : : : : : ',
   / /: :ゝ《   ,: : : : : : /: : : :/: : : : : /: /: /: : /: :l: : : : : ',
   / /: : : : 《  l: : : : : : l: : /: : : : : /: /:/: : /: : l|: : : : : :l
  l: /: : : : : :》ー:!: : : :-‐1:´: :_; :-‐≠: ///: : :∧: : l|: : : :l : |
  l/: : : : : : :《 ∧: : : : : |三ー-/、/´  〃::/ ハ: :l|: : : :l : |
  /: r ⌒)\: 《 ハ.: : : : :!ヘヤテ云圷ミー /イ示テイ: :∨: : :/: :/
 'r=',イ {  ヘ《  \: : |\とう斗′   辷ぅ イ:l: :/: :/l/:/
/f´/ l  レ⌒ヌ《   ーi\\ 丶      ,!   /、l:/://》 /'´
: }/  l     r' ヘ》   |トヽ  c- ァ    ィ》 /イ ー《    やる夫は関係ないですぅ…
: :|   |     {   《     | > 、 _,. <´j_ 《      》    
: :|   |    レ⌒l《   |\ /      ( / 》    《


たまらず、翠星石は嗚咽混じりに呟いた。




335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:33:32.84 ID:
srjMI6kX0
               /:::::::::::::::::::::::::::::::ト、::ヽ:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /::/::::::::::::::::: /::: ∧:! ヾ:::\:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::\
              |:::i:::::::::::::::: / ::::::| |::!   \::\::::::::: !::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              |:::|:::::::::::::: ':::::::::::| j_| .. -─十::|:` 、 :| ::: ::::::::::::::|:::::::::::::::::::i::::::::::::
              |:∧::::| ::::::|:::::::::√i::l _ __  |::::|::::::| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::i:::::::::::
あなたが        ..|:| |:::| ::::::|:::::::ハ j/ィ≡tiミ |::,イ!:::i| :::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::i::::::::::
いけないんですよ? .|:| |:人 ::::|::::: |:::::/  l   | i/ |:::::i| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i:::::::::
              |:| i::::| \l:::::::|:::::i   、 ノ /  |:::从 :::::::| ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::i::::::::
あの楽園で        ヾ.、 ヾ:\ \乂:,    ´,,,,   |/;;/:! : :::|:: ::::::::::|::::::::::::::::::::::::i:::::::
ずっと暮らしていれば  \ ーゝ ゞ:/\ ´       ;/ ;|::::::::|:: ::::::::::|:::::::::::::::::::::::::i:::::
                      く           /;;;;;| ::/ :::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::i::::
こんなことしなくてすむのに…     \  __      ;;;;;|:::/ :: ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::i::::
                             \      ,;;; j/ :::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::i:::
                              >,. ─…;イ  ::::::::::::::::::|::::::::::::::::l::::::::::::i::
                        /√      |  :::::::::::::::::∧::::::::::::::l::::::::::::i:::
                       / /        イ  :::::::::::::::::|  ゝ:::::::::l::::::::::::i:::
                      /:::::::/    〆   | :::::::::::::::::::::| ::::::::\::::l::::::::::::i:::
                        / ::::ノ   /  ィ:::::: | :::::::::::::::::::::| ::::::::::::::\::::::::::::i




340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:36:19.98 ID:
srjMI6kX0
 /:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.ヽ
./:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:',
':.:!:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///,:.:./:.l:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.l    あんな…、ニセモノの楽園で
:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./// ,:.:/:./:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:!    飼い殺されるくらいなら…
/|:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/イ/ /:/:./ト、:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:!|:、   毎晩の凌辱に甘んじるくらいなら…
:.:!:.!:.:.:.:.:.:.l:`l丶、:.:.:.:.:.://., ' ./:/:./ !l ヽ:.:.:.:ヽ:_..- ':.:!:.:l:.:.:.:.:.l:.!:.ヽ
:.:.!:.!:.:.:.:.',:.',:.!:.:.:.:.:>'<、/ //,:./  !l _><\:.:.:.l:./:.:.:.:.://:.:.:.:   翠星石は死を選ぶですぅ!
:.:.:',:',:.:.:.:.ヽV`ヾ〒_==ミー7/// ーrィ== 〒ア、/:':.:.:.:..://:.:.:.:.:
-、,.ヘヽ:.:.:.:ヽヽ ヾ、_ー'_ノ /'´〃    弋_ー'.ノ '  /:.:.:.:.:.//、:.:r‐‐   だから、必死になって逃げたですぅ!!
 ヽ.-l \:.:.:\、     /´        ヽ   /':.:.:.// ,.-J
./  .!   ヽ、:.ヽヽ、      i        ‐,.'ィ":./   !/  `
ヽ、  ,!   l l`ヾ.=-    _._ _._   -‐"‐/l !   l )  / 〉
) .! へ!  //  `丶、      ...     ,. '´   l !  !< ,   く
  ヽ_ ̄l   l !       `丶、   _.. '"       !l   !  / -,.、ノ:
ヽ-、 ', !  !l      /::,二 `"´二、:\     ,イl  l  '  /: : : :
: :!: :} l  ! !l     /::/ //:「ト、\ \::\  / l.! l    〉: : : :




344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:39:27.84 ID:
srjMI6kX0
    /: : :/ : : : : : : : /: : : : :| : : i : :/.::     ! :| |: :|::       |: : :| : : : : : : : : l
.    /: : ,イ : : : : : : : / : : :/: :| :._⊥/-─‐   ! :l .|: :| ──- ..   |:|: :l!: : :l : : : : : |
   /: :/ │: : : : l : : !: : : :|:,.イ´.: l/.::::::::::  /:/  |: :|:::::::::::::... `メ |: :|!: : :l : : : : : |
  ,' : ,′ | : : : : l : : |: : :.イ:/|: : :/-─<  /:/  |: :| >─‐--、`下y'| : : l: : : : : :|
  │: |  | : : : : | : : |: : : :|:.:_,.ィ≠≦三ミ /'"   |: :l  彡三≧ェx |/ ヽ: : :l : : : : :|!
  │: |  | : : : : | : :│: : :l,イィ'::l|li|l|li|!:|      | /   |::l|il||i|li:ヾ;、 | : : :| : : : : i:!
  │: l  l: :/: : :| : : l : : 〃 {:::::l|l|l|l|l|::|        j,′   |::l|l|l|l|l|::::}ヽゝ : : :l : : : :,ハ
  |: :,′ ∨: : : :l : : l : : : l: .∨:!!|l|ll!!::|             |:::!l!|l|l!!::/ /} : : /: : : :/ : :l
  |: ′  ∧ : : : |∨ l: : : :|: :',∨:::::::::::j_           {::::::::::::::/ // : :/| : : :/ :| : l
  i,′  / ヽ : : | ∨ : : : |!.:ハ>=≦三三       三≧==<. //: : /: | : :/ : :| : |
    /   | \| : ∨ : : ハ : :{三三三三    三:.  三三三三ムイ: : :| :/ : : :| : |
         | : |: : : :|\: {\乂三三三    i!三三三三三三三/ :| : : :|/ : : : :| : |
         | : |: : : :| : :ヽ\  ̄        _Ξ三三三三三,/| : |: : : : | : : : :| : |
          | : | : : : |: : : :|` |lヽ、        ´ ̄` 三三三三:,イ: :| : |: : : : | : : : :| : |
          | : | : : : |: : : :| : |l |: |li:..、      三三三三才il| :l : :| : |: : : : | : : : :| : |

みんながみんな…あなたのように…
生きることを諦めたりできるはずないじゃないですか……。

誰だって楽しく生きたい。生まれたことに意味があると思いたい……
たとえ、飼い主の顔色をうかがう家畜の身であったとしても……。

やる夫さんでしたっけ……?
私はあなたのことをよく知りませんが……、
いざとなれば、あなたも翠星石のことを見捨てるのでしょう?



そう言うと、言葉は凶器をふりあげた。




345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 18:40:47.47 ID:Wr4k9S9W0

何と言う鬱/(^o^)\




346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 18:41:15.58 ID:
hC9F2sJ30
顔怖いwwwwww




350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 18:44:37.52 ID:Wr4k9S9W0
ん?毎晩の凌辱…って……じゃあもう翠星石は…




348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:42:39.38 ID:
srjMI6kX0

三三三三三三;;;;}!    /     .:/  .:::} : ..:}   \:ヽ::\::::∨;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三 ;;;;l    〃    .::/  .:::;イ .::! .:::!     }::::ヽ.:::ヽ:∨;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;}!  /..:/ .:/  :,'::. .::::/│:::| ::::|     |:::::::', .:::l:::::V;;;;;;三三三三三三三
三三 三三三三;;;;;', /:::/  .::!  .:l::. :::/  |:::::|::::リ ――j‐:::ハ¬:::::::Y;;;;;;三三三三三三三
三三三 三三三;;;;;;∨:::,'  :::| .:::|l .:!:/:_/:::/!::,'  ァ-z=≠く |::::j::|:::::}!;;;;;;;三三三三三三三
三三三三 三三;;;;;V .:::|  .:::| .::斗::七-‐// j:/   汀!l{:::::::ハ㍉:l::|::::::{!;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;;;l|::::::|  .:::|.::::: |Ⅵzf斥  /     V廴_ノij }::!l|::::::|{!;;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;;;;}!:::::| | :::l::::::::| ,イ!{::::::ハ       ゞ-=≠ Ⅵ:|::::::i};;;;;;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;;八 :::l:ハ ::',::::: |{代廴.ノij       ;.;;;;;;; ';; l|::::∧;;;;;;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三三;;;;;ヘ:::l ::\::ヽ::::\ ゞ'"¨    ::}     ;∴;;::', ハ/ .::ヾ、;;;;;;;;三三三三三三三
三 三三三三三三;;;;;;;ヘ:', :::::`ト::::\:ニ=-             ;,;・;'/`| ::: :::\;;;;;;;;三三三三三三
三三 三 三三三三三;;;;;\ \| :::ヾ、_:>  ,..,   -‥     ,';;"イ:::::| ::: ::::::::lヾ;;;;;;;;;;三三三三三
三三 三 三三三三三三;;;;}!\|_ ::| ::::::\ ,:';.       _∠⊥; 」 ::: ::::::::|::::{!;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三;;;;;;;{| ::::l ..::| :::::::::::|>'゚、 __, -==≦-=: : : :|::::|:: ::::::l:|:::::ヾ;;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三;;;;;;;;i!;;:::|..::,' .::::::::: |⌒\/ ̄; : : : : : : : : : : :│::|:: ::: ::l:|::::;;;;;;}!;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三;;;;;;;;;;;l{::|::/ :::::::::::| : :厂: : : : : : : : : -――: :│::|:: ::::::八:::;;;;;j!;;;;;;;;三三三三三
三三三三三 三三三三;;;;;;;;;;;}!|  ;:::::::::::|: : |: : : : : : : / : : : : : : : : |::::|:: :::::l::::::\シ;;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三三;;;;;;;;;;;}! .:::::::::::::ノ: : l:: : : : : : : /: : : : : : : : :|::::|:: :::::::::::::〃;;;;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三三三;;;;::::::::::: /.: : :|: : : : : / : : : : : : : : : : |::::|::. ::::::::::::}!;;;;;;;;;;;;;;;三三三三三


ブンッ!!!



鈍色の刃は、翠星石めがけ無慈悲に振りおろされた。




351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:45:23.43 ID:
srjMI6kX0
 \/: /: : : /: /: : : : : : /: /: : |: : : : l: : : ヽ}   \
  /: /: : : /: / : : : : :://://: :∧ : : : :|: : : : |     〉
 l: |: : :  |: /: : : : :/ /" /: :/  \: : :.|: : : : |   /
 |: :ハ: : : |: |二ニ==ェニフ´   /, へ、____>':「: |: : : レ'
 ヽ:|∧: : |: |く/フこ^ヽ\ /   / _ェ‐‐、=、`|: : |: : l: :|
  ∧ヘ: : |/ |r^{:::}゚ |  "      |^{;:::}r^} 〉 |: :/: : l: :|
  /: : |\: |ヽ >ー‐'        ヾ_こ_ソ  /:/: : :/ /|  や、やる夫…
 / : : {. \ヽ :::::::     ヽ     `ー―' /イ: :/ /: |
./: : : ∧  ト >   , へ、___   :::::/ /: ///: l: |
 : : : i^ヽ *\    / /´    :::::ヽ    // ノ/: : l: |
 : : /レ⌒ヽ、.  ヽ、 ヽ、_     :::ノ  , イァー‐く`¬ : l::|
 : / / / ,へ. l| ` 、    ̄ ̄ ̄, ' rーく \.  |` ト、:.l::l
 ::/ .| '  / /ヽ|    >= ァ  ̄  /^ヽ  ` ヽ. | 〈 ヽ::|
: /  |       / |  /⌒/L「\.   |       ./ /  | |


翠星石はなにが起こったか一瞬わからなかった。
ついに自分は死ぬんだと観念して、ぎゅっと目を閉じた。

つぶっていた目をあけると…


倒れていたのはやる夫だった。




353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:46:00.69 ID:
0bNsnru+0

やる夫ォォォォォォォォ!!




357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:48:09.48 ID:
srjMI6kX0

    :/ ̄| :  :  ./ /  #  ;,;  ヽ
  :. | ::|    /⌒  ;;#  ,;.;::⌒ : ::::\ :
    | ::|:  / -==、   '  ( ●) ..:::::|
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒  :::::.::::| :  
 | ___)  ::|: ! #;;:..  l/ニニ|    .::::::/     こ、こんな傷どうってこと
 | ___)  ::|  ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/       な……な、ないんだお……
 | ___)  ::|   .  
 ヽ__)_/ :  /             

それが精一杯の強がりで
心配をかけまいとする嘘なのは明白だった。
やる夫の腹部はぱっくりと裂けていた。
臓物がとびでないようにか、手で蓋のように押さえているが、
致命傷なのは傍目からでも明らかだった。


やる夫は余力をふりしぼり、身を挺して翠星石を庇ったのだった。




366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:52:00.18 ID:
srjMI6kX0
やらない夫たちが荒れ寺にやってきたのは、ちょうどその時である。
放心状態の翠星石に抱きしめられたやる夫の無残な姿。
やらない夫の悲痛な叫びがこだました。
                    :/ ̄ ̄\:
                  :/   _ノ  \:   なんでだよ…
                  :|    ( ●)(●):  せっかく会えたってのに…
.                  :|    u(__人__)   
                  :|     ` ⌒´ノ    
.                  :|         }:   ちくしょう・・・ 
.                  :ヽ        }:
                   :ヽ     ノ: 
                    /    く  
  __,冖__ ,、  __冖__   / //  ,. - ―- 、
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /          ヽ
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /           ヽ
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ      _ノ    \
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//      ( ●) (●)
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /           u (__ 人_)
   n     「 |      /.        .i' i ''"     `ヽ
   ll     || .,ヘ   /         i'   r' ,..二''ァ,/
   ll     ヽ二ノ__  {       i'    /''"´ 〈//
   l|         _| ゙っ  ̄フ.    ;:   !    i {
   |l        (,・_,゙>  /      ;:   !    i {
   ll     __,冖__ ,、  >  > '   ;:   !    i {
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ l   l  ; . |     |!
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-.   !. ;   | ,. -、,...、|:l
   ll     __,冖__ ,、 |\/    l  ;  i   i  | l
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ  l     l ;: |  { j {
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {   |.      ゝ;:i `''''ー‐-' }
. n. n. n        l  |   ::.   \      ノ




370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:54:23.79 ID:
srjMI6kX0
   / ̄ ̄\
 / _ノ  ヽ、_\
 o゚(●)) ((●))゚o   言葉さん…
. |.  (__人__)  .|.   いったいなんでこんなことを…
  |   ` ⌒´. . ノ
.  |.     .  .}   そのノコギリで、いったい何をするつもり
.  ヽ        }   だったんでさあ…?
   ヽ     ノ




375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:56:42.40 ID:
srjMI6kX0
   ,'.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:/.:.:.:/./; ,/:.:.:/ /i.i,vy',.:.:,.:.:.:.::ヽ:.ヽ
  ,'.:.:.:.:/,.:´/.:.:.::/.:.:/ /./.:.:.:.:.:.: /:.:/ i i   i.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト,:ヽ
  .i.:.:.:.:/.:.:./..:.:.:/.:.://.:.:/.:.:.:..::.://./ //   ',.:.:.:.:.:.:.:..:i.ヽ.',
  ,'.:.:.:/.:.:/.:.:.:.:/.:.:/.:.:.:/.:.:.:.:/ /./ //    i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i.:i
 .i.:.:.:,'.:.:,'.:.:.:.:,´.: ,'.:.:.:/:.:.:/  /./ //     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| i.:i
 ,'.:.: i:.:.:i.:.:.:.:i.:.:.:.:|.:.://ァィ--=イ'  // 丶、,__, |.:.:.:.:.:..:.:.: |.| i.i
 i.:.:.:|..:.:|.:.:.:.:|.:.:.:f..:|´/ _,/  //   ___ |/|.:.:.:..:.:./|.i |.i
 |.:.:.:|:.:.:|.:.:.:.:|.:.:.:| i.ナァ==,=,` //   ィ==ャェ,, |.:.:..:.:.:| i:i |i
 |.:.:.:ヽ.: |.: :.:ヽ.:.:rケ:::::::`::i  /     i::::`.:i '|.:.:.:.:.:.:レ'
.λ.:.:.::ヽ.|.:.:.:.:.ヽ..ト .5:::::::::i       .5:::::| /.:.:.:.:.:.:| 
/ |.:.:.:i:.:.:ト.:、:.:.:.ト.:i '--''         '^-'' /|:.:.:.:.:.:.:|  
 i.:.:.:.i.:..:|.:|.::.:.:’ト.:,_ヽ         j.   ' ,':.:.:.:.:.:.:|
 i.:.:.::i..:.:|.:|..:.:.:.:.:.:|、~'       ,, _     /.:.:.:.:.:.:.:.:|
.,'.:.:.::i.:..:.:|.:|:.:.:.:.:.:.:|丶、           /.:.i:.:.:.:.:.:.:.:|
i.:.:.:.:i.:.:.:.|.:.:|.:.:.:.:.::.:|. | ` 、        r.:´|.:i.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.|
i:.:.:.:i.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:.:.:| |    `  -ィ.:´.:.:.:.:.:|.:i.:.:i.:.:.:.:.:.:.:|

「逃げなかったんですね…、やる夫さんは…」

そう呟くと、言葉はぽつりぽつりと語り始めた。

翠星石も言葉と同じスモーキー・タウンに捨てられた孤児出身であり、
物乞いしていたとき誠に拾われたことを。

そして、一ヶ月前に屋敷から逃げ出した
翠星石を処分するよう誠に言われたことも。




378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:58:52.48 ID:
srjMI6kX0
. |:.::| |.:..:i.:.:.:.:.:.:i.:.:.:._/.:.:./.:/./.:/_   ::|.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:.:.:.:.:i.:|.:.:..:|
. |:/ .|.:.:.:i.:.:.::.:.:レ'~フ.:.:.//:/::/:.:.:.:.: ̄`'''メ、;:ハ.:.:.:.:i.:.:i.:.:.::i.:|..:.:.:|
. |i  |:.:.:i、i:.:.:.:i i:メ=ェく´ //:::;=―ェュ,,,._|;/`|.:.:.::i.::.:i.:..::i.:|.:.:.:.:|
 i  |:.:.ハ:.:.::.|ケ{f::::::i}` /'´:;    '"{i:::::タメ、. |.:..:i.:i.:.:i.:.:.:i.:|.:.:i.:.:|
.   `i;i  i::.:.:|.: {i:::::ソ. ´      {i::::::::::|"'|.:.:/.:i:::i.:..::i.::|:.:.:i.:.:ト,
    'i, `i;;;|;;;`≡~      .... `'≡ニソ /.イ.:.:i.::i..:.::i.::|:.:..::i.::| i、
       |`ト、;""".,       "";;:;:~"'ソ'~|.::.:i:'´.:.:.:.:.:|.:.:.:.:i.::| ii
       |.: i::::   ` ,,,,,,,____     ´ .|.::.:i.:.::.:.:.:.::|.:.:.:.:::i::|  ii
       |:.:.:.ヽ::.    Y´.,_,;;;::}     ./.:.:.:.::.:.:.:.:.::|.:.:.:.:.:::i::|  ii
       |.:.:.:.:.::.ヽ、   ヽ---'′   /|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ト、.:.:.:.::.::i:::|  ii
       |.:.:.:.:.:.:.:.:.::i-、      _,, '´-'7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:`i_.:.:.::.:::i::|   ii
       |.:.:.:.:.:.:.:.:.::|. r`‐ -  '´    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:`‐、.:.:.::i |   ii
      .|.:.:.:.:.:.:.:.:.::| ./: : : : : : : : : : :: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     ヽ,.:::i |   ii

「妹みたいな存在で…、でもなんでも手に入れてて…
 お父さんの愛も…、本当の愛情も…。

 なんだってしてきたのに……
 私だって!! お父さんに愛されたかった!!」


自嘲しながら言葉は堰をきったように泣き出した。

そこには、狂気に蝕まれた先ほどまでの彼女ではなく、
幼児にように泣きじゃくる等身大の少女が居た。




379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 18:59:17.94 ID:
Wr4k9S9W0

どうなるどうなる




381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 18:59:52.20 ID:
euExIDI80
アンドロイドって記事はダウトだったのか?
分かんなくなった




383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:00:59.38 ID:
srjMI6kX0

          `ニー--、,.,.,.,._
          `ニ二ー-、ミミ、,.、,`ヽ__
          `ニ二ー-ミr'"  `^i'Z /_
           ヾミfa`i  `ォ,、,.,ノ'   /
             レ' > u ゙ー _!     \   お、おい!やらない夫君!!
         _ ,.イ ゝ、 (ニ=/   ヽ ̄   こっちに来てちょっと見てくれ
   ,. -‐''" ̄..:::::;;;;|ヽ`ー-、` ァ<         
   f::::::::::::;;;;;;ヽ;;;;;;;;t;;;;ヽ   フヽ ゙t-、..__
   |:::::::::::;;;;;;;;;;};;;;;;;;;;;>ヽノ 〉-、|\:::::|ヽ     どうやら君の友人が…
  .|:::::::::;;;;;;;;;;;;レ;;;;;;;;;;\;:::ヽ |  ||。<;;;;;|::::|     僕たちが捜していた
  |::::::::::;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;ヾ  l /;;;;;;;|::::!     アンドロイドのようだぞ!
  |::::::::::;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ヽ//;;;;;__ |;:::|
  .|:::::::::::;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;:::j;;;;;;;;;;;;;;;;V/;;;;;::T゙┤;:ヽ
  |::::::::::::;;;;;;;;;l;;;;;;;;;::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;/o;;;;:::::l:::!;;;;;;;:ヽ


やる夫の引き裂かれた腹からあらわになったのは
血や臓物ではなく、オイルにまみれた人工合皮や神経ケーブルだった。




385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:01:59.32 ID:
0bNsnru+0

そういうオチかぁぁぁ!!!!!




389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:02:58.50 ID:
euExIDI80

なるほどー
面白い!




388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:02:35.90 ID:
srjMI6kX0

            , ‐ ' "´ ̄ ̄ ̄ 丶、
        ,  '´ _r─'´ ̄`ー-、_    ヽ
      r‐ ''"  ノ´ ※    ※   ヽ   丶
     | ..::::-┴´ ̄` ̄` ̄`ー、_   `ヽ  ヽ
      Y'´   : : : : : : : : ヽ ※ ヽ  '、
     ∧ /   /    : : : : l : :ゝ、  l.   ',
     /: : /:   / :/ : l : : ヽ ※ヽ  ',
    l: : /: : /: : /: /: ハ :  : :ヽ  {    '、
    {: l!: :⊥、/: : /.:/. /|: : .l   ヽソ    ハ
    .l: |l: :l :トリ_`ー':^/: {、  ヽ: : : | : : |_,..ィ'´ ̄
     人:弋 じぇ、"´   、 `丶、_ヽ.:l: /: : l|:. |
      ム `ト `"'゙      '^ぅテォ-テ/./: /: /l.:..:.|  や、やる夫…
      ∧ 八     ,    ヾジ /.イ: :/. /: .l : |  やる夫が、じつは
    / こ}※ \__ トー‐、  __ ノ_ .イ//_:_:_l..|  逃げ出したアンドロイド
    ノ  匸l/⌒ 、 )ヽ___ノ _ .. イ ̄※ ノ厂兀l.|  だったですか?
   /  て/  ´  ヽ`三/ ┴、 /    ノし  }: : l|
  /    (_{     }{"´  ヽ |〃_. イJ´   l: : : |
::/    /(\ _ ノ)ヽ___、._丿「 /勹     l: : : :|
{ /三\ /  ヽ几_厂|/し、__兀r '"  ヽ   | : . : |




392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:03:45.37 ID:
ONGlIfnL0
なん……だと……




395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:04:43.07 ID:
srjMI6kX0
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    いままで黙っててゴメンだお…!
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  
  |     (__人__)    |   翠星石の記憶がないことをいいことに
  \     ` ⌒´     /   やる夫は…、やる夫は…
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~    ずっとだましてたんだお!!!



ナルホドの推理通り、研究所の廃棄物にまぎれて清掃トラックに隠れた
やる夫は、経歴や身分が問われないで暮らせるスモーキー・タウンで潜伏を考えていた。


平穏な生活を手に入れたと安心した矢先、
エヴリデイタイムスの記事を読んだやる夫は、
スモーキー・タウンでさえ安全でないことを悟って
大八洲に逃亡することを決意した。


翠星石が文盲であることを利用して、あやふやな
ポニョの手配書に嘘をつき、
偽の身分を錯覚させようとしたのは咄嗟のことだった。


罪の意識はもちろんあった。
けれど、一緒に新天地で暮らすことをやる夫は夢見ていた。
離れたくないというセリフは本心からだった。




400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:06:56.04 ID:
srjMI6kX0
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   もう…意識がたもてないお
  /  ( ー)  ,、(-) \  
  |     (__人__)    |   視界がシャットダウンしていくお…
  \     ` ⌒┃     /  すいせいせき…、ごめんだお…
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~    や、やくそくを…
                   ま、まおれそうに、ないんだお……。

         / ̄ ̄\
       ./   _ノ  \    
      . |    ( ○)(○)  や、やる夫ーーー!!
      . |   o゚ (__人__)  
.       |  0   `ー'´ノ   また、いつものように馬鹿やってくれよ…
.       |        }    起き上がってくれよ!!!
.       ヽ       } 
        ヽ     ノ 
        /    く  
        |     \
 ..       |    |ヽ、二⌒)、

やる夫の四肢は力を失い、そのまま動かなくなった。





402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:07:15.74 ID:
Wr4k9S9W0

うわああああああああああああああ




406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:08:07.52 ID:
0bNsnru+0
(´・ω・`)

(´;ω;`)ぶわっ




410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:09:25.57 ID:srjMI6kX0

     `ヽ、llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、_,-,
    -―--`lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllノ
      `ヽ、lllllllllllllllllllllllllll, - 、ll、_ll、ヽlllllllllllllllノ-,
      ̄ヾllllllll/⌒l、lllllll--      `ヾシノ|彡  やらない夫君が「他人って気がしない」
       _ノll/ ⌒l `|ll/´ -、   U     /    と言った意味を諒解したよ。
        `)ll| (`Y´     二`ヽ、_    |     
       /lll`l`-| U   ( |;;lll|   '´,イ     ザ・マダムの資料によれば、アンドロイドは開発者の
     ,-'´/|`ヽ-┐     ` ̄'    ノ     思考ルーチンを参考にしているそうだから。
__, -‐/;;;;;;/ |   |            l      
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|  `l   l、          ` , -'      …たしか>>278の埠頭にSOMYの
;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;|  `l、  `ヽ、   -――-/        研究施設と工場があったはずだ。
           ヽ、  `ヽ、     人        
             `ヽ、  `>┬イ  `、      なんとかできないかい、やらない夫君…?
                              僕もできるかぎりのことを協力する。


※註・SOMYとはカンパニーのグループ会社で電子機器メーカーです。
    エヴリデイタイムスにもいえますが、実在の団体名とはいっさい関係ありません。
    すんごくいまさらだけど。




413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:12:25.64 ID:
srjMI6kX0


       / ̄ ̄\      そいつは無理ってもんですぜ…。
      /   ノ   \     もう20年がたって、俺はいまじゃしがないジャンク屋の親父。
      |     ○)- ○)    ましてザ・プロフェッサーの手も相当くわわってるはず…。
      |     (__人__)    
      | U    ` ⌒´ノ    
      |         }     どう考えたって俺の出る幕はないだろ、
      ヽ   U    }     常識的に考えて……。
       ヽ     ノ
      ―くヽ  /フ―、




417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:14:35.43 ID:
srjMI6kX0
:.:.:.:::::l.:.:.:.:.:.l:::::::::::l   .:.::::::l,. .:-‐フ ̄ ̄::::::ー_,.-'´-―'′   /.:.:.:.::::::::/ 、」.:.:/    ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l::::::::::.:.:
:.:.:.:::::l.:.:.:.::.:.:l::::::::::l  .:.:::::l .:.::::/.:.::::::::_,. - '´         /.:.:.:.::::::::/   /.:.メ .,_     ヽ::::::.:.:.:.:.:.:.:.:l:::::::::::::
:.:.:.::::::l.:.:.:.:::.:.:!:::::::::l .:.::::l .:/:::_;: - '´--―― ''こ.,_   ./.:.:.:.:::::/  /.:/   `' - .,_  \::::.:.:.:.:.:.:.:l::::::::::::
.:.:.:.::::::l.:.:.:.:::::::::::::::::l .:.::::レ´∠_,.. --―――--、    /.:.::::::/    /./        ` ' ‐ t:::.,_.:.:.:.:.l::::::::::
.l:.:.:.::::::l.:.:.:::::::::::::::::::://い /ニ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:「´ \  /.:.:::/    .// こ' ‐- .,_         \`:.:''.:t-:::::
..l::.:.::::::::l.:.:.:.:::::::::::〃l .:::l  \j丶ー′ノ○:;:;:}      /.:./     //  >二‐- .,_' - .,_      \:::::::::::::
 .l:..:.:::::::l.:.:.:.:::::::::::::::::l .:l  ,.-ヽヒ:;:;`´:;:〃ノノ     //      /´    7__.:.:.:.:.:.:.:`.:'-.,_       ヽ:::::::::
  l.:.:::::八:.:.:.:::::::::::::::::!.:l (    `ー''""゙゙ ''― 、     ′           {(  ヽ.:.:.:.:.:.:.:.「`'-_     |:::::::
   l.:.:{ {\.:.:::::::::::::::::::l .`ー~`´     `ー'´                   l.:.`~´ヽ.:.:.:.○.:}   >>   |:::::::
   l.:.:ヽ  \.::人:::::::::ヽ ////〃 ハ ヽ丶             ,'⌒ゝ‐-=こ.:〃_.:丿 //   ./.:.::::
    l.:.:l l (二\.:::\::::::::\      〃ハヽ丶             `''´   `( ""゙゙''='⌒ヽ   ./.:.:.::::
    l.:ヽ ヽ  / \.:\:::::::::\           〈       ////〃ヽ  ヽ       ) /.:.:.:::::::::
     l.:.〉   /   l lヘ ` ' - ,\                       // ハヽ` ' -‐'´,-'´.::::::::::::::::
      { l       ヽ′ヽ                                 _ - '´::::::::::::::::::::::::::
      ヽ ヽ       |\            __             _  -.:':´::::::::::_::_- ' ´ ̄`'-、
       〉        l:;:; \             ヽ        ー----―_,..,_フ,´{
       { l         l:;:;:;:;:\                        _-'´   Y   ヽ
 __    ヽ ヽ       _ .\:;:;:;:;\                  _,,..-‐y′     `-‐´,. --‐亠
´:;:;: \   .〉       ヽヽ \:;:;:;:;\             _,,, _//~/ 〈   ,.  /,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:    \ { l   \   } }  / , :;:;`'‐、,_           /,. ,. ‐-、 /   )/-‐'´,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


やる夫を、やる夫を助けてくれですぅ…。


翠星石は懇願した。




420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:17:17.54 ID:
srjMI6kX0
      / ̄ ̄\      
     /       \         
     |::::::        |    
    . |:::::::::::     |    
    .  |::::::::::::::    }      
    .  ヽ::::::::::::::    }       
       ヽ::::::::::  ノ       
       /:::::::::::: く        
―――――|:::::::::::::::: \ -―,――
        |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)


やらない夫の脳裡には、かつての婚約者の姿がよぎっていた。
20年前のあの日から、やらない夫には人間に対する
嫌悪感がつきまとっていた。

すべてを失って得たものとは、愛情とは所詮まぼろしの感情だという
苦い教訓だけだ。


けれど、と自問する。

やる夫とこの娘は、きっと俺のような道は辿らないのではないか?と。




424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:19:41.43 ID:
X/l4kgiP0
このままお別れなんて……悲しすぎるだろ…常考




423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:19:23.66 ID:
srjMI6kX0
  \  /              
    X   / ̄ ̄ ̄\      
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \     
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |    やる夫を助けることができるのは
     | |.|  (__人__)  |    俺しか……、俺しかいないだろ……!!
    トニィ'|   `⌒´   |    
    |    |         }     常識的に考えてな!!!!!
    \   ヽ        }     
     \  ヽ     ノ     
        ン ゝ ''''''/>ー、_  
       / イ( /  /   \     
       /  | Y  |  / 入  \   
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l   
       j  | :   | / ィ    |  |   
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」  
        ー 〕   \  〉(⌒ノ 





421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:17:47.19 ID:
Wr4k9S9W0
やらない夫良い人すぐる




428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:23:21.48 ID:
srjMI6kX0
            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)   ナルホドさん…
             |     ` ⌒´ノ   SOMYの施設にある
              |         }    スパコンを全部つかわせてくれ…
              ヽ        }    
            ヽ、.,__ __ノ    やる夫の全記憶のバックアップをとる。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


           / ̄ ̄\
         / _ノ   ヽ_\       やる夫のボディはイカレちまった。
         |  (●)(●) |        けれど、死ぬ直前までの記憶は
        . |.  (__人__)  |        頭部にメモリーされている。
          |  ` ⌒´   ノ
        .  |.        }        新しいボディを作って
        .  ヽ        }        記憶データをアップロードさせれば、
           ヽ     ノ        やる夫は蘇る、ってことになる…。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_     ここらへんは『オルタード・カーボン』って
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、   SFを読んでもらえるとわかりやすい。
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!




433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:26:34.78 ID:
srjMI6kX0
       / ̄ ̄\      
      /       \         
      |::::::        |   
     . |:::::::::::     |   
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━


専門的な話になるから聞き流してもいいが、
俺たち人間は日々膨大な情報を外部からうける。
映像、音声、匂い、味、触り心地、…。感情を抜きにした
レセプターの情報総量だけでも、相当なもんだ。

よく嫌われちゃいるが、情報を整理するために「忘却」することは
必要な仕様なんだぜ……。

ザ・プロフェッサーのすごいところは、自動的に(覚える/忘れる)を
取捨選択するプログラムをやる夫に実装させたことだ。
これが記憶媒体の技術革新と相まって、アンドロイドを実現化させた。

なぜなら、すべての情報をインプットさせたんじゃ
いくら記憶媒体があっても足りないからな……。

つまり俺だけじゃやる夫は誕生しなかったといってもいいだろ…、jk。




438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:28:47.13 ID:
srjMI6kX0
          / ̄ ̄\
        /  ヽ_  .\  
        ( ●)( ●)  | 
        (__人__)      |  
        l` ⌒´    |   ま、ジャンク屋におちぶれても、
       . {         |   つねづねアンドロイド関係の記事を
         {       /     スクラップしてたから
    ,-、   ヽ     ノ、    ここまで詳しいんだけどな!!
   / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/
  /  L_         ̄  
     _,,二)     
     >_,フ     
  __,,,i‐ノ   




443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:31:22.67 ID:
srjMI6kX0
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \         よっこらっしょ……
 |    ( ●)(●)        ところで…、翠星石といったか…?
. |     (__人__) 
  |    /. ̄ ̄ ̄.\,._     もしお望みなら、きれいなやる夫にしたっていいんだぜ?
  .ヽ  / _ノ   ヽ、 ..ン)    長期的なスパンでみれば容姿の違いは
   ゝ  (.ー.) .(.ー.) .(ノ \  人格の形成に影響あるかもしれないが、
   |ヽ \_ (__人__)    .|  お前さんだってこんな醜いボディじゃ嫌だろう?
   |\\,_)´⌒´    ./ 
   i .. ̄ ̄i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

(ちなみにきれいなやる夫のイメージ)


       _,、-‐ '' ~ ̄  _`ヽ、_
     /´  /  r'ニ三ヽ\} ^ヽ、
    /    /    | ̄ ̄¨`ヾム;_=ニヽ
   /    /    |        `lヾ|l
   // !  /   ‐7 ̄`''‐、,_     | レ|
   l | |  /    f_ラア'丶   ,ィ‐‐〈/ l|
   |l /   /    ,|  ̄´   〈マヽ/|! ||!
   |! /   /   / ,l       ヽ` | ! |′
  / l  /   / ,/  ,.._   =ィ''’/ ! |
  / ! /   / ,/   ヽ、二,ァ  / | |
 / / /   / / ヽ    '' ‐   /   | !
./ / ,.イ   // i:  \      /|   !l
l  / '| l  l/、.,,_ !   `‐_、..,,/ /   |
! /  | | /  /``'‐、,ィ!´  , /  /|
ゞ‐、i| ! | l|  /   /Y } ,/ /  イ|
   `\| |‐<_   / 7l l,/ /  / l /




448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:33:06.50 ID:
0bNsnru+0
綺麗なやる夫wwwww




450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:33:25.86 ID:
srjMI6kX0
    {        // /::        i  i.    ..|
    |     ィ´  l /::::    ::::/  /   i.    |
   /|    イ:ト.、 |/::::  :::::::./  イ / ./i    }  やる夫はありのままの翠星石を
  / .|    /::トヾ:〉「::`::ー:、/ ,/ /:: /  / i:::  :::i |  必要としてくれたですぅ!
/  .|   /::/ |:vハLrー;<ァミく;_, /:: / .,斗r.ナT :::::i |
   ハ  /::/ |:::| | `.{イ::}゙ト / "/"チテfテjV / /|/  翠星石も、ありのままのやる夫が
   i  i /:::/  |:::| ハ  ヾン"     {イソ"へ/./ }.   いいですぅ!!
  i  V::::/  |Li /t:ム     _ '  ヾ"//イ//  
  i  /:::/   | ./ }ハ、   r´ ̄ア   ./i  rハ i   
、 .i  〈::::/   | / ハ.K\  ー' ,. ィ i´‐ ‐ //
/V   ヽ:\  レ  ハ い.\` T´  .コ } ! } }    

   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \    
 |  ─(⌒)(⌒)     そっか…、変な質問して悪かったな…。
 |     (__人__)
 |     ` ⌒´ノ
 |         }.. /. ̄ ̄ ̄.\,._     
 ヽ        }./ _ノ   ヽ、 .\  
  ヽ     ノ (.ー.) .(.ー.) . .. . \  
   /    く|   (__人__)     ..| 
   |     \   ´⌒´ ´  ./ 
    |    |ヽ、二⌒).. ̄ ̄ ̄ ̄




460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:35:51.54 ID:
0bNsnru+0
よかったな、きたないやる夫!!




459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:35:32.54 ID:
srjMI6kX0
           / ̄ ̄\
         / _ノ   ヽ_\       ところでナルホドさん…
         |  (●)(●) |        あんたの任務は逃げたアンドロイドの確保だろ?
        . |.  (__人__)  |        
          |  ` ⌒´   ノ
        .  |.        }        やる夫を蘇らせたとしても、
        .  ヽ        }        あんたは捕まえるんだろ、常識的に考えて…。
           ヽ     ノ        
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、      俺は、無駄なことはしたくない主義なんだ…。
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_    世話になったから、気はすすまないが……
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!




468 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:37:41.49 ID:
srjMI6kX0
                           / ̄ ̄\
                        ノ ^ヽ  υ \
                       ( ●)(●)    |
                        (__人__)⌒   |
                         `⌒ '     υ |
                         i        |
                         l    # /
                      ヽ`<!レ'´ニ ̄``''ーl.||
                  _,,..、-''"^丶、丶、 ̄三!L、
      __,,.. -ァ''" ̄`「´`ヽ丶、      ヽ.  i  ̄|ヾ!
⊂ニ" ̄     i |                /  |  | |′
   \   >ー-ゝ、__           /   |/||!
     `ー'´      _  ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\ / ヾ 、 l三_| |
            /  _ヽ    _/__r「丁丁x!   rェ 工_
        .  / ヾ/_  ̄ ̄ | if !二エニ´  l  `7 ) )
        /./ へチ、_`ヾ、 _| 」 ||| |_x]  j  l/・/./
        `</ ` ̄`<Yナ''´ ト| rィT T x]  i’ i ̄厂!
                    |_∟フ 天_ └=ァュノ
                    下-‐"__ ̄`"''f_
                    /´ ̄   ハヽ`「ヽ| `ヽ、

二人が完全に国外に逃げるまで、
人質ってことで銃口を突きつけるしかないだろ
先手を打っとくか的に考えて……!!




475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:39:59.10 ID:
srjMI6kX0
     `ヽ、llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、_,-,
    -―--`lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllノ
      `ヽ、lllllllllllllllllllllllllll, - 、ll、_ll、ヽlllllllllllllllノ-,
      ̄ヾllllllll/⌒l、lllllll--      `ヾシノ|彡  大丈夫……!!
       _ノll/ ⌒l `|ll/´ -、         /
        `)ll| (`Y´     二`ヽ、_    |    僕がカンパニーからうけた依頼は
       /lll`l`-|     ( |;;lll|   '´,イ    
     ,-'´/|`ヽ-┐     ` ̄'    ノ.    「アンドロイド」を捜すことで、
__, -‐/;;;;;;/ |   |            l    
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|  `l   l、          ` , -'     やる夫くんのような「人間」を捜すことじゃない……!!
;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;|  `l、  `ヽ、   -――-/       
           ヽ、  `ヽ、     人       その点は安心してくれ…!!!
            `ヽ、  `>┬イ  `、




478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:41:11.01 ID:
Q2LggFZQ0
ナルホド君かっけぇwwwwwwwwwww




480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:41:49.83 ID:
SRSsaZSF0
かっけーけど嫁と子供はいいのか?




479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:41:34.40 ID:
srjMI6kX0

       / ̄ ̄\      
      /       \         
      |::::::        |        
     . |:::::::::::     |   
     .  |::::::::::::::    }  
     .  ヽ::::::::::::::    }  
        ヽ::::::::::  ノ  
        /:::::::::::: く   
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,―
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)



いいんですかい…?
家族と会えるせっかくのチャンスじゃ…。


それに、依頼成功率100%っていう
輝かしい経歴にも傷がつく……。





486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:44:13.26 ID:
srjMI6kX0
               、‘li;,, `||i;;;|li;;.,,'i;
               `''l,!l|||li;||||||||||i;;|||i;,
               ''i;,!!|l||||||||||||||||||||||li;,.
                '||ll!''!||||''''|!'i||||||||||||i;;
                 /|σ'.!''' _ `´`!||||||<   前にも言ったけど、なにごとにも100%なんて
              _,/'-'〉'    ヽ   /''    ありえなかったんだよな……。
             /l`ヽ、.i    `''`'’;-'
       ____,,,,,;;;<;;;;;;;ヽ  ヽ  、. ___,.../       巨大な組織を前にして、100%
   ,;;;;'::-::::、:;;;:::::::::::l::::::::::::i_  `、.....ィ´、_        勝てっこないとはじめから諦めて…
   /;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::-::、_::'::::ト 、_ l::::::,!_:::、::::、___
  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;::::::l::::::::::::::<:::::::::::ヽ`'`l::::、i:`<_:::::::i:ヽ    弱い自分に言い訳をしてたんだよ……。
  |;;;;;;;;;;;;:;:;:;:::::::|::::::::::::::::::\::::::::::::、 |:::::'|:::゚::〉:::::::l:::i
,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;::::::::::::::::::::::::ヽ_:::::::ヽ::::::l::::ノ::::::::::l:::i    
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::、:::|::/::::::::::::l::::i    




490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:45:57.37 ID:
srjMI6kX0
              ,. -‐7
       ,.-,. -‐r - '"   /‐.7
    ,.-',"'´, -,'´'´  _, ‐'´  /
  , ‐'´/i // , ‐, ,- '  _, - '7
 ヽ、 ! l .!.,'/,. //-.、,. ‐'.,...、 !_     だけどッ!!    
  くヽ, 、 /'´    .!、 i !`,ヽi´
  'ヽ!` `    ,r'_", 'ヽ!ゞi l.!.i´     僕も家族を救うために!!
    ',.-_、_.、/!.t;:,!l     l' ノ、l     
    ヾ.ゞ'i  ``      'i゙  ',     カンパニーに戦いを挑むことに決めたよ!!!
      ヽ. ! ,   _    ,'  ',_
      ヽ`r_'ニ´‐'ヽ  ,_',.-‐;´-ヽ,
.       \'i'-‐_'ノ ./r‐.く´, -‐ ''`' 、
           ヾ,´ _, ,'./ ::: !  _ヽ___`'_ 、

             _,、-m‐'iiii'-、、,、
          _ ,、-'iiilll||||||!!゙-゙-ミ7!ソ      _ , 、..-..‐::ー、
        `'ニ=-'iiiilll|||ζ _,、- ' ,.!゙-,:::'::'::゙:::´::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::ヽ
         `二'=彡.'゙ヾ!  '~lll ゙ 、 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;::::::::::|
           `´'ヾ,'、'9l.  ,_  -;゙ ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;::::::::::::::!
             ヾ''ヽ. '-ミエエ!ーi;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;;;;;;:::::::::::::::/
             _,.' .、_  、_ ノ _,,,_ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::, ゙
    ,、-=,;;;;; - 、_,イ;;;\ `' -、_l、,;;';;゙;;;;;;;;;ヾ;;:::::::;;;;;;;;::::::::::, '
  _,ノ;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;ヽ.   i,iiヾ.、:::::::::::::;;;;:::::::;;;;;:::::::::, ゙


みずからの危険をかえりみず
愛する人を守ったやる夫くんに見習って…、

ちょっぴり勇気をもらったってことかな……?




496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:47:43.66 ID:
srjMI6kX0
       ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\  ヾ
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: l! : : \: : :: : : : :ヽ.  ヾ
    /: : : :/:: : : : : : : : : :: : : :l: : :ハ: : : : ヽ: : : : : : :.:l!   !}
   ,.'.:. : : ,' : : : : :,/: : : : : : : l: :.:/:: :: : : : :.:!: : : : : : :|:   !}    ィ'"´
  ,' .:./: : l: : : :. / : : : : : : : : イ: :∧:.ヾ/: : ''! : : : : : :|.   !}   イ:! \
  |: :' : : :.l: : : :.' : : : :/: :,/ '::/  ,イ!\: :.:.l: : : : : : :!   !} /: : : | :::: \
.  |:.l!: : : :l: : :. ! : : :/::レ'   j/ ,/, =ヽ=、-、l: : : : : : !l / !}:..! : : : :.| :::: ノ
   |:ハ: : : :l: : : | 、_::/   ナ "  !っ::::r ! ' i: : : : : :'。 = !}:.:!: : : : :|./::::::::
     l! ' . ::∧:.:.:|/_´.二_ /     ゝ.`´ノ ノ/: : : / lj ヽ. !}.:.| : : :/::::::::::::
     ゝ: : \l!`  f't:l          ̄  /ィ : : , ′    !}: :!,:/:::::::::::::::::
      V!: :!: ハ  ゝ'           /, イ    _/,.ィ:::::::::::::::::::::::::/
          ゝ\トゝ   ヽ  _      '  f! ィ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         `ハハ    V  ヽ     ,.. ' ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ∧:::ヾ ゝ、   ゝ_ノ    /:::::::::__::::::__:::::::_:::::::::::::::::::::/
        /_ハ:::::::L.  `  、    ../::::::::::'´::::::::::::::::::::::: `ー-- <
        {:::: `ー--ゝ ヽ!/ !}:: ̄ /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::\::ノ


ところで…、言葉はどうするですぅ?




501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:49:39.04 ID:
srjMI6kX0
           ,,;;ニ''||lllllliiii;;;;;,,,,,_
           -''iii||||||||||||||||||||llli;;,,,_
           `'''iil||||!!l|||(''''i"'7''l||||<    彼女は僕が預かろう。
             '||'δ|!' -_、  ´ノ    
             lll〉キ   !iil!`' ノ      カンパニーと戦うまえに、
            _/  !   、_ 、 _,l       スモーキー・タウンの暗部も
         _,,,,;;;;;( ` 、_` 、  `メ        白日のもとに晒さなきゃいけない。
   ,,;';;;::::、::::;;;;;;;;;;l;;;;;;;;ヽ  ` 、ニトく         
_,,,,;;';;;;;;;;;;;;;:::、::::::::::'::、;;;;;;;`>  /::::〉;ヽ、__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::l::::::::::::::, -'  `:、`'':::l''トミ〉::::`、:ヽ    彼女の他にひきとられた
;;;;;;;;::::::;;;;;;;;::::::|::::::::::::`::、_:::::::::::、l::::l )::o〉::::::、::`、_   少女たちのためにも…。
;;;;;;;;;;::::::::::::::::;ノ;;;;;::::::::::::::::::-、:::::ヽ::::y:::l::::::::::l;;;;::::;;、_




503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:50:19.44 ID:
SRSsaZSF0
何でここのなるほど君はこんなに格好良いんだぜ?




505 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:51:36.59 ID:
5PGrqsm50
ナルホド悪役っぽかったのに…
やられたな




506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:51:47.81 ID:
srjMI6kX0
:|:::;:-'".::.:/.::/.:.://.:.:/;;ノ|:ハ:|  ヾ/i:::)
. !":i:i..:/.:.:i.:i.:.::i.:.:.:.:/.:.://イ:/.|:|rー-|.:)
i:.:i.:i.::.:i.:i.:.::i.:.::/レr'ナ'// i|rテュ. |:|:i:.:/.
.:.:i.:i.:::i.:::i.:.:i:/i:rニ;,.//  /.rイ;|`|:.|:i:イ
:ハ:i:.i.:.:::i.::.:|',r|リンタ'´  " iソ;} .|:.ル/
i:.:.::i:.:ト.:.::ト.::メリ;;;;;i.|    ..,`"`.|:|_
.:.:.::ハ.::ヾ:.:ト;i,`=;="     '  ./|:|    本当は…気づいていたんです。
.:.:.::ハト、ヾヽ、     -‐'' ,ィ':.|r|    
.:.::/.:.:.:i.:.::.:.:\.'` ‐ 、_ , r;i;.:.i.:.:トi|    翠星石がいうように、あの場所は
.:.:/.:.:ハヾ.:.::.:.:\_,r‐;、.i ヽ、:.i:.::| i|.   ニセモノの「楽園」だってこと……。
:/.:.:イ ヽヾ.:.::.:.::.|i.i  iトミュ、 ヾ、:::ヽi|
.:.::./|   \__.::.:.:`ミ、;. `-、i ir'^r、:トi| i|   
:./ .|_,,,,,,,,,__`-、.:.:.:` ミュ .ソ | .|_`∨  
/  |      `ー==ヘ`V:::   `i  .


言葉は遠くをみるように、十五年前の邂逅を思い出していた。




509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:54:46.62 ID:
srjMI6kX0
          _,,,...----..,_
          ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
         /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
      /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
     <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!                    _______
     Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l                _,,-‐''´:::::::::::::::¨ヽ
       `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′             ,r";;:;;::i::;;;;;;;:ヽ:::::;;:::::::ヽ
         !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/               //;;/;;/'l::i;;;;;;;;;;:i;;;;;;;;;;;;;;;;;!
      _r<   ヽ    - / '′                レ!;/;;/、!;;!;;i;;;i;;;;l;;;;;i;;;;;;;;;;;i
      /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/                   Vレ!┬、!l/;!;/!i;;!;;;;;l;;;;;;;;;;;l
    f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、                       ノ └' ,!l;/;;レ';!;;;;;;;!;;;;;;;;;;l
    /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i                      `、 _  イ/;;;;;;!;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;!
   i:::;;::--::;;:::::`ー-、;ト、:l                       iヽ __,.!:;;;;;;i;;i;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;i
   /;''::::::::::::::`、::::::::/:::::i.:l                       !:;;;;;/:;;;;;/'ヽ;!;;;;;;;;ト、;;;;;;;;!


絶望の淵で生きてきた乞食時代。

たとえ気まぐれであろうと、誠に拾われて、
はじめて誰かに必要とされた少女時代。

必要とされることの嬉しさ。

翠星石がやる夫に感じたように、言葉もまた
誠にたいしてそんな感情を抱いていた。




513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 19:57:00.06 ID:
srjMI6kX0
                 __,,.、 -- 、、_
              _,.ィ'"´        `'ト、
.            /              \
.           /     ..:    ..::  ..i   ..:.\
          /    ..:.:.:   ..:.:.:  .:.|   .::.:.:∧
.          j    ..:.:  .: ../::  .:.::ト、  .:.:.:.:.:.:ヘ
..         |    / .:.:.:.:/ .:,イ.:./!:..| i  :.:.:.:.:.:.: i,
          |  .:.:./.:.:. // .://.:./ |:./ } :.:.:.:.:.:.:.:.::|
          | .:.:.:/.: /--─‐‐ ''/" l/\ | :.:.:.:.|.:.:.:.:: |
           | :.:./:.:/ ,ィ==rァ / /_,_ `ト、:.:.|::.:.::.|::|
.         | :.:.:j:.:.:.:.l'"トz::゚リ      ィテラト| .:.:. |:.:.:.:.|.:|
.          | ..:.:|:.:.:.:.{ `-‐'     ヒ::,゚ソ /}:.:.: l\:.// 
         | :.:.:| :.:.:.ヘ、          ~ /,ノ:.:.::.∧ \
           | :.:.:| :.:.:.::}へ、    __ '  _ イ : /二二^  \
.         | :.:.:| .:.:.:.:.lト、 >、_  _,. <:.:..:..〈 ー‐-、    ヘ 
        / :.:.:.| :.:.:.:..|  \ 了\__:.:.:.:.:.:.:`l斤\     |


……昔のお父さんはあんな人じゃなかったんです。
私だけしか知らないお父さんは…
いじめられていた私を、どんなことがあっても守るって。

守ってやるって……ずっと手を握ってくれたんです。




518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:00:10.33 ID:
srjMI6kX0
              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´
             '|ゝ_'!.    ′ |'
                'r'´|.    ,..,_..´」'
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ,
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!
  f      ヽ   '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、
 ノ      '!    <´    ヽ  | Y!  ,}`!i,  'i
. j        !     ヽ、   \.! l'y!'--' ノ ヽ |


ここにくるまでの間、僕なりに調べてはみたのだけど
彼は極秘に非合法の売春斡旋事業をたくらんでいた。

たぶん、最近スモーキー・タウン付近で頻発する
幼女誘拐や人身売買も、彼の一味によるものとみて間違いだろう。

……いまの地位は剥奪され、監獄に収監されるだろうな。




521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:02:00.62 ID:
srjMI6kX0
:|:::;:-'".::.:/.::/.:.://.:.:/;;ノ|:ハ:|  ヾ/i:::)
. !":i:i..:/.:.:i.:i.:.::i.:.:.:.:/.:.://イ:/.|:|rー-|.:)
i:.:i.:i.::.:i.:i.:.::i.:.::/レr'ナ'// i|rテュ. |:|:i:.:/.
.:.:i.:i.:::i.:::i.:.:i:/i:rニ;,.//  /.rイ;|`|:.|:i:イ
:ハ:i:.i.:.:::i.::.:|',r|リンタ'´  " iソ;} .|:.ル/
i:.:.::i:.:ト.:.::ト.::メリ;;;;;i.|    ..,`"`.|:|_
.:.:.::ハ.::ヾ:.:ト;i,`=;="     '  ./|:|    ……私は、ずっと待ちます。
.:.:.::ハト、ヾヽ、     -‐'' ,ィ':.|r|    お父さんが一人になっても、
.:.::/.:.:.:i.:.::.:.:\.'` ‐ 、_ , r;i;.:.i.:.:トi|    あらゆることにそっぽを向かれても。
.:.:/.:.:ハヾ.:.::.:.:\_,r‐;、.i ヽ、:.i:.::| i|.
:/.:.:イ ヽヾ.:.::.:.::.|i.i  iトミュ、 ヾ、:::ヽi|   昔の優しかった頃に戻るのを信じていますから…。
.:.::./|   \__.::.:.:`ミ、;. `-、i ir'^r、:トi| i|
:./ .|_,,,,,,,,,__`-、.:.:.:` ミュ .ソ | .|_`∨
/  |      `ー==ヘ`V:::   `i  .




526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 20:03:36.78 ID:
ZeDKgoyG0
言葉(´;ω;`)




529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:04:19.78 ID:
srjMI6kX0
               、‘li;,, `||i;;;|li;;.,,'i;
               `''l,!l|||li;||||||||||i;;|||i;,
               ''i;,!!|l||||||||||||||||||||||li;,.
                '||ll!''!||||''''|!'i||||||||||||i;;
                 /|σ'.!''' _ `´`!||||||<
              _,/'-'〉'    ヽ   /''   そうか…。君の選んだ道だ。
             /l`ヽ、.i    `''`'’;-'
       ____,,,,,;;;<;;;;;;;ヽ  ヽ  、. ___,.../      僕は君の意志を尊重するよ。
   ,;;;;'::-::::、:;;;:::::::::::l::::::::::::i_  `、.....ィ´、_
   /;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::-::、_::'::::ト 、_ l::::::,!_:::、::::、___
  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;::::::l::::::::::::::<:::::::::::ヽ`'`l::::、i:`<_:::::::i:ヽ


言葉の養父はどうしようもない男だが、彼女がずっと待ってくれるならば、
奈落に落ちたとしてもやり直せるかもしれないとナルホドは思った。

やる夫もやらない夫も、そして自分だって、
誰かのためだからこそなんとか頑張れてきたのだから。




533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:06:25.29 ID:
srjMI6kX0
三日後…、SOMYの施設には心配そうな表情で
作業を見守る翠星石がいた。

ナルホドと言葉はすでにバイタンをあとにしていたが、
SOMYの施設を自由に使えるお墨付きを
やらない夫はもらっていた。


                /    ィ7     ≠″        `¬\
            ,. '     〃   /   /           \
         ,.       rク  /    /             ハ  ヽ
         \   \   jj  /      //     /  / /  |   ゛
          \` 、ヽ {{   .′   /    /  / /   ′    ハ
           \/  V{{  |   -/―--<.  / イ / /       |
               /  ∧{  |     |子=ミ< ̄ / / イ |    |
           /  / }} i|     |├び ハ` / //ト |  | |.//
           , ′    }}. \   |` ー ′   / ァえメ、`|  | |'/
         /        {{   rf\ ヽ        lじン〃ヘ/  | |′
       /       /バ  {{\        ′  ` / /  / /  不安ですぅ…。
      /       // {{  }} | \    ‘`    ー 二  イ//
    /        //   什jト′ `   _,  r< |}}   / }}





536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:08:33.61 ID:
srjMI6kX0
                                               
                   / ̄ ̄\                  
                ノ ^ヽ  υ \                
               ( ●)(●)    |    おいおい…         
                (__人__)⌒   |    俺を誰だと思ってるんだい?
                 `⌒ '     υ | 
                 i        .|     
                 l    # ../      かつては天才とよばれた
    ___         ヽ     ノ      やらない夫さまだぜ?           
  ////フ|      l^l  > ⌒ ヽ      
  < /// /| ||     (⌒ ̄      |      ブランクがあっても
                             パーフェクトな仕事するだろ、
                             常識的に考えて!!




537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:10:34.04 ID:
srjMI6kX0
      / ̄ ̄\  
    /   _ノ  \  
    |    ( ●)(●)   あとは保存されたデータを
   . |     (__人__)   やる夫のニューボディにアップロードして…
     |     ` ⌒´ノ 
   .  |              完了だ!!
   .  ヽ        }
      ヽ     ノ
      /    く 
     ノ     \
   /´        ヽ                      カ
  |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ    タ
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
      ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
   ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄




538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:12:51.48 ID:
srjMI6kX0
       ____
     /⌒  ⌒\
   / (―)  (―).\     う、うう…
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::::\   
  |..     ` ⌒´     |   うっ!!!!!
  \            /




            ____
  +        ./ /  \\
        / (●)  (●)\
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
      |      `-=ニ=-      |   完全復活だお!!
      \      `ー'´      / +
      /     ∩ノ ⊃  /
      (  \ / _ノ |  |
      .\ “  /__|  |
       . \ /___ /




539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 20:13:21.88 ID:
ZeDKgoyG0

復活キタコレ




541 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:13:39.76 ID:
5PGrqsm50
>>536
やらない夫!かっこいいぞ!




543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:14:47.58 ID:
srjMI6kX0

   ,. ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\    \   
  //:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/:.:.:人:.:.:.:.:.:.::.:.::.ヽ     ヽ  
   !/:/:././:.:./l:.:./ ___ !:. !:.:.:.:.:.:.:..l   ,  ヽ
 /イ:.://:,ナ  j/ ´  _ヾ; ヽ:.:.|:.:.:.:|   |!    l  やる夫…よかったですぅ…!
..  '/:.レ:./-、 /   ' rt::、ヽ|: !:レ‐ノ   |!    |
  ヘ:.イ:.! r'ij      辷7 .'/::l ヽ)  ,l!    |
   !ハ://`ヽ    /// /.:.: :l/!   .´ \ |
     ,)!::ゝ   マ l   'イ:.:.::/rイ/   ヽ'
      ハ:.: \   ´    /:.:.√ノ^ヽ     
      ヾ\ ` ー イ _/:.:.:ム,l | |     
            _ rt'¨`/.∠^ヽレ'V   




546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:17:01.46 ID:
srjMI6kX0
      ___
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●) \    ……長いこと夢をみてたんだお。
.. /::::⌒(__人__)⌒::::::::: ヽ   川のむこうには花畑があって…
  |     )r┬|      |  きれいなオネーちゃんが
.. \_   `ー‐'  __/   裸でいっぱい遊んでたんだお……。



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だから迷わず走っていったお!!!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /




551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:19:07.45 ID:
srjMI6kX0
         _,r'::::メ./ / 〃
       _,r'::::::/  ヽ/ /'  // /  _
     _,r┘:::/ !    }/ //  /. ‐<´ ̄_     そしたらよ…
   r┘:::::/ / ',   /  /' / / , ‐、 \ ̄`
   ヽ:::::r'  ,'   ヽ  `- ┐ _j  ト、ヽヽ iミ      『どこへ行くんだやる夫』…って……
     `^!  _,,.-‐}    /}ィ´   } ソ .ハヽ
        ! 「     _,,,  / ∥   rー' /  `ヽ    やらない夫が やる夫に聞くんだお
        ! ⌒)_/      ∥    ヽ-へ
         !  ヘ. _ _ _ _ _!_     ヽ ヽ //    やる夫は『やらない夫について行くよ』って言ったお…
        ヽ   ヽノハ     ヽ` 、   !:. j//:::      
         ー1   `ヽ}     ヽ ` 、}!:::.//:::rv    だって、やらない夫はいつだって頼りになるし 
         !iiiiir‐、           '::://:rV ,、    常識的な判断に間違いはないお……
            !   ,.-           /:://::/ ハヽ'   
         'ー‐っ___, - 、       '::::i i:::::ヽニへ    そしたらやらない夫は…  
            `ー'⌒ソ       '::::::! !:::::::::く二    
               {_,ノ    /:::/ヽヽ :::::::::/    『おまえが決めろ』って言うんだお…
                 ヽ  //    ヽヽ::::/    
                   ̄´            やる夫はちょっと考えてよォー
                                 
                                『翠星石のところに行く』って答えたら

                                目が醒めたんだお……




557 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:21:12.25 ID:
Q2LggFZQ0

オクヤスやめいwwww




556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:21:08.37 ID:
srjMI6kX0

  _____         
. <´        ` マ  
 ヽ          /     
  |-‐  __ ー--|     
ー…''"~ ̄     ̄ーァ   
 r彡-',.ィ ̄ ̄~" 'ー)ソ.、  
7イ〃(―)  (―)川    翠星石…
|      (__人__)  |    
/     ∩ノ ⊃  /    ちょっと遅くなったけど……。
(  \ / _ノ .| |.     
.\ “  /_ | |      死がふたりをわかつまで、  
 . \ /___/      
                 やる夫と新天地で暮らすってのはどうだお?




561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:22:14.60 ID:
srjMI6kX0
/     f   fj   /: : : : : : : : : : /: : : : : : : :ヽ丶、     /  ヘヘ        〃/
l    /´⊆※っ /: . : . : . : . : .:/ : : : : : : : :ハ: : :ヽ: :\/            //
ヽ  j    `   /: . : . : . : . :/: ; : ‐''´: : : :/ l : : : }: : : ヽ              //
 ̄丁ヽf      _/_:_:_:_:_:_:;;..≠、ニ -‐ フ´: :/  / : . : l: . : . ヽ           //
三/:.:.:.{  、h,.  l:.:.: : : : : : :/ _ ..``' ´‐< ,, _ ../::イ:.:../: . : . : .l       //
;;/:.:.:.:.:.} ⊂,. 、⊃{:.i:.: : : : : ´l `了''ゝ..、ー 、 _/ノ/: /:.:.:.: }: . : . !     //
: :.:.:.:.:.(   J   |:.l:.: : : : :l: |    { ノ:;;jハ ´   /:Xl l:.:.:.:.l : l. .:l   //
:.:.:.:.:.:.:/     ヽl: : : : : |!:l    ヾ'ソ     ノ _`ヘ:.:.:.:./:.:.:l:./ ://
:.:.:.:.:.:.ヽ  「!   トヽ: : : : lヽ ヾヽヽハ      が;、∨:.:.:.;jノ//
:.:.:.:.:.:.ハ ⊂,.、⊇ {  \: : '、             、 じ'/:/:.:.:.∧ /
:.:.:.:.:/:.:ヽ lJ   |: : :.丶、\            ///ノ:.:/ `,     それは……、やる夫の……、
:.:.:.:./:.:.:.:ム    ヽ: : : .  `    ヽ、 _   人:バ   `,    
:.:./-‐≦ヽヽ  r、 }:: : : : .        ..ィ:::::::}/`;.   `.,   これからの行い次第ですぅ!!
´〃     { c X'' ヽ: : ヽ:.:__:_ .   , イ:.:.※:.:.:}   `;    `,
 ll       ヽ ヾゝ ト、 /:::::.:.:.: ̄丁::l ヽ: : : : ノ  



翠星石はにっこりとほほえんだ。

はぐらかしつつも、彼女の掌には、
あの日もらった乗船切符がしっかりと握られていたのだった…。




564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:23:35.14 ID:
srjMI6kX0
  /\___/\
/        ::\
|           :|   なんだよこれ・・・
|   ノ   ヽ、   :|
| (●), 、 (●)、.:::|   マジふざけんなよ・・・
\ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
/`ー `ニニ´一''´ \


    /\___/ヽ
  / -‐'  'ー-  \
. .| (●),(、_,)、(●) ::|  つくっといてなんだけど
 |    /,.ー-‐、i  :::::|
 |    //⌒ヽヽ  .::|  >>1の好きなダディクール
 |    ヽー-‐ノ  :::::|.  
  \    ̄   ...::/.  まったくでてこねーじゃん・・・
  /`ー‐--‐‐―´\.   




567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:24:38.20 ID:
srjMI6kX0
  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < だから最後はダディで締めるね
|   ト‐=‐ァ'   .::::|    \____________
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\




570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:25:18.70 ID:
srjMI6kX0
      /\___/ヽ
     /       :::::::\
    .|          .::::|
    |  ''''''   ''''''   .:::|
    .|(●),   、(●)、::::|
     \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.:::::/
     /``ーニ=-'"一´\
   _/((┃))_____i |_ キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       /\___/ヽ
     /''''''   '''''':::::::\
    . |(●),   、(●)、.:| +
    |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
     \  `ニニ´  .:::::/     +
     /ヽ、ニ__ ーーノ゙\_
    .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  トン
   _(,,)           (,,)_
.. /. |  お し ま い  |  \
/   .|_________|   \


~ 「やる夫が記憶喪失の少女と逃避行にでるようです」 完 ~




571 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:26:10.91 ID:
+TCz8oOn0

ありがとでした おつかれてすぅ




572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 20:26:21.21 ID:
LNvwx3Wj0
お疲れ~
よかったよ。




580 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:28:02.87 ID:
srjMI6kX0

>>1です。

いままで拙文を読んでいただいて感謝の気持ちでいっぱいです。

冒頭でヴァーチャル・ガールを参考にしたっていいましたけど
じっさいはミスリード(翠星石をアンドロイドと誤認)させるために挙げました。
翠星石をヒロインに選んだ理由は、原作と同じくオッドアイなのとAAの表情が豊富だから。

肝心の叙述トリックですが、勘のいい人だと
「ポニョの似顔絵が発表されたはずなのに、翠星石の身体条件が合致する」
ってところに違和感をもったと思います。

参考にしたヴァーチャル・ガールは、
きわめてフェミっぽい小説で、主人公ヘタレすぎてラストも納得いかんですが、
マギーのフィードバックのところはSFしててグッドな作品ですのでよかったらどうぞ


たびたびになりますが、本当にありがとう!!
VIPには怖いイメージがあったけど暖かい人ばっかで泣きそうになったよ。
支援本当に感謝!!




586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:29:41.52 ID:
d+Lg+wpg0
>>1のせいで読みたくなってきた・・・読んで損はないよな?
原作ならこれの続きがあると思う・・・多分

>>586
このストーリーのキモは叙述トリックだと思ってるんで続きは考えてないっす…




588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:30:54.45 ID:
euExIDI80
完璧にひっかかったwwwwwww
面白かった
最後は皆うまく納まって気持ちよかった




426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 19:21:07.54 ID:
XQlPbiKx0
>>1にはやる夫でニューロマンサーをやって欲しいな

>>426
実はそれとスノウ・クラッシュで迷った
あとは『やる夫で学ぶ徒然草』とかも面白いと思う
口八丁なヤツがお坊さんになろうとして、肝心の説教の修行せず、
乗馬ばかりしていつのまにか中年になった段とか現代でも通じるような気がする




595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:36:00.50 ID:
9K1FAYpXO
>>1乙
ここまで面白いやる夫小説久しぶりに見たよ。GJb




598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 20:36:42.84 ID:
UU86ms530
>>1乙
いい話だった




609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 21:00:37.87 ID:
2/kA9srd0
原作を元に作ったにしろ
>>1は良くやったよGJ
ところでその後ナルホドや言葉はどうなったんだ?

>>609
うーん、実はこれからのことについては考えてなかったので
それぞれが望む結末で補完していただけるとありがたいです。



610 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 21:03:08.31 ID:
xV5ioQfk0
ROMってたが叙述トリックにはだまされたぜ。乙



611 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 21:09:46.09 ID:
srjMI6kX0
メシ食うため落ちます。ではノシ




612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/16(土) 21:13:23.09 ID:
srjMI6kX0
メシで思い出したけど
「やる夫があまりご飯を食べないのはアンドロイドだったから」
っていう伏線もあったんだけど、見事に忘れてた。

>>32のテーブルに置かれた紙パックに
小さくoilって書いたのはそのためでした。

原作だと電力供給だったんだけどそこらへん
細かく描写すると長々になっちゃうんで。




599 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 20:39:17.21 ID:
/gwwJnKhO
>>1乙!
楽しませてもらったし
一部勉強になったよ。



604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/08/16(土) 20:42:37.56 ID:
ZeDKgoyG0

>>1がまた何か書いてくれるのを楽しみに待ってるぜ



2008.08.17 | やる夫逃避行 |  コメント[53] | PageTop | 
タグエントリー記事
Loading


人気の記事
前後の記事
前の記事  やる夫で学ぶ HIV・エイズについて
後の記事  やらない夫がやる夫との思い出を語るようです
コメントを書く | PageTop | 
  1. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 01:03 名前: 安息の名無しさん | №2314 | [編集]

    普通に感動したわ



  2. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 01:33 名前: 安息の名無しさん | №2315 | [編集]

    普通にイイ



  3. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 01:36 名前: VIPPERな名無しさん | №2316 | [編集]

    なつかしい
    青春アドベンチャーで聞いていた記憶がある
    魔法の王国売ります、と同じぐらい好きだった




  4. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 01:47 名前: 安息の名無しさん | №2317 | [編集]

    面白かった

    やる夫シリーズに新たな風穴が空いたな



  5. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 01:53 名前: 安息の名無しさん | №2318 | [編集]

    伏線の張り方がかっこいいな
    センスフル



  6. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 02:16 名前: 安息の名無しさん | №2320 | [編集]

    これは良いアレンジ
    そのうちバック・トゥ・ザ・フューチャーとかやる人出てきそうだね



  7. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 02:23 名前: 安息の名無しさん | №2321 | [編集]

    久々に面白いやる夫すれだったわ
    やっぱりしっかり構想練ったほうが完成度が高いものができるな

    あと誠しね



  8. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 02:28 名前: 安息の名無しさん | №2322 | [編集]

    すんげー面白かった。




  9. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 03:33 名前: 安息の名無しさん | №2325 | [編集]

    読み終えた後、翠星石はアンドロイドだった記憶を
    取り戻したんじゃないのかと思って見直してみたら、
    「記憶が戻った」としか言ってなくて納得した。

    複線に一切の矛盾がなくて、完成度が高いなぁ



  10. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 05:08 名前: 安息の名無しさん | №2328 | [編集]

    面白かった。なんというどんでん返しとその伏線。

    しかし……「ありのままの翠星石」と「ありのままのやる夫」って、本当に等価なんかなあ……?w


    >>2325
    翠星石は「自分がアンドロイドじゃないこと」を白状したんだろうね、あそこでは。
    最初は話のつながりが変だなと思ってたけど、上手いわ、これ。



  11. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 07:38 名前: | №2329 | [編集]

    このコメントは管理人のみ閲覧できます



  12. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 09:17 名前:   | №2332 | [編集]

    JUMと研究員達浮かばれねぇwwww
    言葉にも立ち向かうし、ロボット三原則完全無視のやる夫を放置するのは危険だろ、
    自我を持ったロボットが人間に反旗を翻すフラグ的に考えて。




  13. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 10:16 名前: 安息の名無しさん | №2333 | [編集]

    AAがとてつもなくずれるんだが。。。。



  14. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 10:49 名前: 安息の名無しさん | №2334 | [編集]

    十年ぐらい前に読んだ
    ヴァーチャルガールの名を、
    こんな所で聞けるとは…ミスリードに見事ひっかかったぜw

    しかし、研究所の面々本当にやる夫にやられたのかな?
    この低スペックでは、にわかに信じがたいw



  15. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 11:34 名前: 安息の名無しさん | №2335 | [編集]

    まあ、ゴミに塗れて碌なメンテも無くある程度時間が経ち、疲労困憊(というべきだか謎だけど)だったからかも知れない
    或いはザ・プロフェッサーの身体能力が元ネタ通りの典型的ヒッキー並だったからか



  16. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 12:18 名前: 安息の名無しさん | №2339 | [編集]

    「ヴァーチャルガール」にだませれたww

    いい作品でした



  17. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 13:07 名前: 安息の名無しさん | №2343 | [編集]

    すんげー面白かった



  18. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 14:14 名前: 安息の名無しさん | №2349 | [編集]

    ナルホド君が出てすげー嬉しかった
    探偵に吹いたけどなwwwwwwwwwwww



  19. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 14:26 名前: 安息の名無しさん | №2350 | [編集]

    今までのやる夫スレの中で一番おもしろかったかも
    >>1GJ



  20. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 14:51 名前: 安息の名無しさん | №2352 | [編集]

    あんそくスレのチョイスがいいな。管理人お疲れ様!



  21. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 19:44 名前: 安息の名無しさん | №2369 | [編集]

    話が始まる以前の状況をありがちに並べると、こんな感じなんかな?
    <研究所にて>
    やるお完成して目覚める

    周囲の研究員の雑談で、自分の状況把握
    やるお「どげんかせんと以下略」

    選別とかに話題がハッテン雑談から、そのうち報酬やら表に名前出す人間の

    研究員同士で内乱勃発
    やるお「チャンスだといわれなくてもスタコラサッサだお!」
    混乱に乗じて脱走

    ヒートアップした内乱に巻き込まれて偉い人シボン
    kwsk報告すると首が飛ぶのでアンドロイドのせいにする

    以下本編へ





  22. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/17 22:18 名前: VIPPERな名無しさん | №2379 | [編集]

    asapはアサップじゃなくてエイサップだろ常識的に(ry



  23. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/18 00:02 名前: 安息の名無しさん | №2380 | [編集]

    >>>32のテーブルに置かれた紙パックに
    小さくoilって書いたのはそのためでした。

    マジで書かれてるwww
    芸が細かすぎるwww



  24. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/18 00:28 名前: 安息の名無しさん | №2381 | [編集]

    これは力作
    やる夫やらない夫二人ともいいやつなのも珍しい



  25. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/18 00:41 名前: ボランティアの名無しさん | №2383 | [編集]

    >>1
    おもしろかった
    話の内容も良く練られてるし叙述トリックには見事に騙されたw
    あとはネタの選び方が秀逸かな

    |彡 サッ



  26. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/18 01:40 名前: 安息の名無しさん | №2384 | [編集]

    これを好きな人はやる夫が空を目指すようですスレも気に入ると思う
    あっちもやる夫スレには珍しい退廃的な世界観でマジお奨め



  27. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/18 06:00 名前: 安息の名無しさん | №2396 | [編集]

    やる夫系の傑作での翠星石ヒロイン率は異常



  28. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/18 11:04 名前: 安息の名無しさん | №2402 | [編集]

    米2384
    あれはマジで面白い

    米2396
    単純に全体での翠星石の出演率が高いだけだと思う
    長門ヒロインは下火だし
    その二人だけで全体の7割方を占めてるんじゃないか?



  29. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/18 13:08 名前: 安息の名無しさん | №2405 | [編集]

    うまいなあ。
    やる夫はちょっと食傷気味で遠ざかってたけど
    またいろいろ見たくなったよ。



  30. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/18 19:55 名前: 安息の名無しさん | №2429 | [編集]

    最近やる夫スレの方向性が変わりつつあるような気がするが、
    これもその一つのように思えたな

    ストーリー重視の作品が増えてきて、ますます面白くなってきてる



  31. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/18 23:09 名前: 安息の名無しさん | №2458 | [編集]

    木曜洋画劇場を一本見た気分になった。来週も楽しみだ。



  32. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/18 23:54 名前: VIPPERな名無しさん | №2464 | [編集]

    盗み食いってのは電気のことか なるほど



  33. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/22 22:38 名前: あんそくがお送りします | №2616 | [編集]

    すごく面白かった、また続き書いてくれ


    お疲れ。



  34. あんそくがお送りします 投稿日:2008/08/27 03:27 名前: 安息の名無しさん | №2780 | [編集]

    Sugeee!
    グッジョブ



  35. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/13 07:11 名前: 安息の名無しさん | №3842 | [編集]

    これの続きあったね



  36. あんそくがお送りします 投稿日:2008/10/21 00:04 名前: 安息の名無しさん | №6472 | [編集]

    フィリピン在住の俺が言うけどスモーキーマウンテンはまだあるよー
    ものすごい悪臭が漂ってて行ったとたん吐き気がしたと俺の友人が言っていた



  37. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/03 18:38 名前: 安息の名無しさん | №7866 | [編集]

    参考になった。
    オレはこの作品を超えるものを作る。
    そしてここあんそくに載る。
    きっとだ。



  38. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/03 19:47 名前: 安息の名無しさん | №7870 | [編集]

    ほほう、名作入りとな



  39. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/03 19:58 名前: 安息の名無しさん | №7871 | [編集]

    おもしれえ。
    完全にだまされたwwwww



  40. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/03 20:50 名前:   | №7877 | [編集]

    面白かった!



  41. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/03 22:13 名前: 安息の名無しさん | №7886 | [編集]

    まさかの結末!!

    いいね。



  42. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/03 22:44 名前: 安息の名無しさん | №7888 | [編集]

    ヴァーチャルガールで見事に引っかかったw
    構成も綺麗で読みやすく面白い



  43. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/03 23:06 名前: 安息の名無しさん | №7890 | [編集]

    続きってこれだよね、スレタイのせいで見向きもされてなかったみたいだけど

    蒼星石が夏の夜の夢をみるそうです
    http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1221145202/



  44. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/03 23:24 名前: 安息の名無しさん | №7893 | [編集]

    面白い。ナルホドくんかっけえ




  45. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/04 05:52 名前: 安息の名無しさん | №7913 | [編集]

    >>7890
    ありがとう!
    続きっていうか外伝みたいな感じだったけど面白かった
    作者は才能あるなー



  46. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/04 07:21 名前: 安息の名無しさん | №7914 | [編集]

    コメントを見る限り、新しく来た人は昔の記事あんまりチェックしないんだな
    最近の長編以外にも面白いのあるんだぜ



  47. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/04 15:06 名前: 安息の名無しさん | №7924 | [編集]

    俺みたいな新参はこういうのに触れる機会があんまないし、これみたいな形で昔の名作をもっと取り上げて欲しいな



  48. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/05 02:48 名前: 安息の名無しさん | №7965 | [編集]

    言葉がやる夫たちの居場所を見つけられたのってやる夫が紹介状を偽造してもらわなかったことが原因って事でおk?
    その辺がちょっとわからんかった。



  49. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/07 09:39 名前: 安息の名無しさん | №8050 | [編集]

    名作!



  50. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/22 23:22 名前: 安息の名無しさん | №9226 | [編集]

    めっちゃ面白かったです! ハサミ男以上に良い叙術トリックだと思います。
    1さんに千の感謝と、簡単に読めるようにしてくれたこのまとめブログ作成者に感謝です。



  51. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/23 10:13 名前: 偏差値77.4からの浪人 | №9247 | [編集]

    良作



  52. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/26 22:55 名前: 安息の名無しさん | №9540 | [編集]

    ごめん。滅茶おもろかった。
    やる夫やらない夫ナルホドくんヤバイかっけぇ。



  53. あんそくがお送りします 投稿日:2009/10/13 22:36 名前: | №22358 | [編集]

    このコメントは管理者の承認待ちです



■ コメントありがとうございます、励みになります。
■ スパム対策の為、httpをNGワードに設定してあります。URL記入の際はhttpのhを抜いてご記入下さい。
■ 記事に関して何か質問、要望等ございましたらこちらにコメントして頂けると早めに対応できます。
■ 次のような内容のコメントは削除対象です【宣伝、支援創作物への罵倒、記事と関係の無い話、悪意のある内容、罵倒、煽り】
■ レス指定する場合は、名前の右にある総コメント№で指定されますと、コメント削除した場合でもズレることはありません。

大感謝!!

アクセスランキング

カテゴリー

はてなランキング

* Designed by あんそく管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。