スポンサーサイト
タグ: このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |  PageTop | 
やる夫が李斯なようです 第一話 【仕官】 その1
コメント[33] タグ: やる夫 李斯 歴史 キングダム 翠星石 part1 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
11[sage]:2008/09/15(月) 18:52:05.85 ID:mqEzZTU0
※ この物語は8割フィクション、2割の史記引用でできています

                  ______
    _                | お城炎上中 |
   `))               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ジ
       .( )             ∧              ジ ャ
 .     ( )          <⌒>     (⌒ ⌒)    ャ |
" ウーウー.( .人         /⌒\  \( ,,  ⌒)// | ン"
"    人/  ヽ  ______]皿皿[-∧( ⌒ ,,  ,, )  ン"
"   ( ( )( )  )三三三∧_/\_|,,|「|,,,! (  ,,   )   !!!"
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「(    )
" /__,.|==/\=ハ, ̄ ̄|「|ガシャーン .|「| | *   +"
/_.| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|∑田 田 |「|[[ *
"|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ ++*:"
   λワー  ∧     λワー   λワー
  λワー   | |  λワー    λワー
 時は春秋戦国末期
秦・魏・趙・燕・楚・斉・韓の七国が覇権を争った時代

商鞅(ショウオウ)の作った制度を基に発展した秦は、
白起や魏冄(ギゼン)らの力で一大勢力となった・・・







21[sage]:2008/09/15(月) 18:56:55.25 ID:
mqEzZTU0
     /⌒ヽ
    / ´_ゝ`)
    | J  J
   ∠__ノ
しかし時の秦王 昭襄王とその太子が没し、次子の安国君が太子となると、
ひとつ問題が発生した。
安国君には子が20余人あったが、正夫人の華陽夫人には子がなかった。
跡継ぎを誰にするのか?宮廷は大いにもめた





31[sage]:2008/09/15(月) 18:59:18.23 ID:
mqEzZTU0
/   /  /  // ,イ ィlヾ/,二- 、`ミ  ` 
  // /  /   ,イl | /l | | / ,ヘ、ヾミ 、_
  / //  //  /  | l  ´ "" | | `i ヾ
 / //  / / /  | l       ||  |i   
  〃 / 〃  /ミ、 | !  |     |  | | i 
/ '     /   /二ヾ||ミ、l|  l ノ|!イ| !  l
,  l       /、_l{i}!|lミリノ ノ/彡'ニ、 i|l |  |
l l|   i    l`ミ'二|lヾ、  ノ,<_l{i}!_ソ|| |  ||
 || |l |!   i|    l|     {`ミ ̄ヾ:|! !  l!
| | | |   i||     |l    |      |l |  ノ
  | |!  l i|   ;;_l|-、_」 ;;,   ノ!|  
 | i |!  | i||   /`ー||Tー┬ュ;;;'' //ノ 
| |||l| i i ||!  ト 、 l|  ノ|/;::/ / /  /
  || |l |l|l | |\ミミ`ー}!二ノ/ //  /
l  | |l| | l| | ヾミ `=|=-/   /" , //
|!  | || | |! |  `ー亠'゙  ノ  / ノ/
所変わって趙の邯鄲
安国君の庶子の中に子楚がおり、また生母夏姫は寵愛を失っていた。
そのため子楚は趙の人質となっていた。
子楚は妾腹の子であったので、日常生活も苦しく不如意であった。




41[sage]:2008/09/15(月) 19:02:20.88 ID:
mqEzZTU0
たまたま呂不韋は邯鄲に行ったとき、子楚を見て、
                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{      これは奇貨(ほりだしもの)だ。
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}      買い入れておいたほうがよかろう
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{     
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!      
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/  
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\

とつぶやいた




51[sage]:2008/09/15(月) 19:05:05.98 ID:
mqEzZTU0
呂不韋は帰宅して父に言った。

                 /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,丶
    タプタプタプタプタプ… /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,ヽ       「田畑を耕す利益は何倍になりますか」
                 i' ' ' ' ' ' ' ' 'i;:;:;:;:;:;:;:;:;.,|       
    ,.-‐¬ ̄-、¨¬‐、  |\,. 、/  L:;:;:;:;:;:;.;.l              「十倍だ」
   ////""`'""''ヽソ-‐l=・= =・=  ヽ:;/¨iノヽ、
  //////」  -=== }  |         ,ノ./lllll/、    「珠玉の儲けは何倍になりますか」
  i//ノソ,._______,.""'  '".i,  l `_       ./lllll/  ヽ
  ヽ彡i.6 ̄ ̄i.,__ノ⌒i.,_ノ ..::ゝ.,_____,,,...- /llllllll/    ヽ        「百倍だ」
  /ヽ ゝ'    ,rti.l.l.l.、)ゝノlllllllllゝ.,__,ノlllllllllllllソ     .}
⌒`ヽ、ヽ li       ./ヽllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliゝ /    /  「では、一国の君主を守り立てる儲けは何倍ですか」
、   V ヽ ゝ  _,......__ ノノ  ヽllllllllllllllllllllllllllllllllli/    ./
丶、,.、,ヽ     ミ三   ` ¬ ‐‐---‐¬ ¨ ̄               「数え切れない」
        ((   ̄ ̄ ¨¬‐- ..,_




61[sage]:2008/09/15(月) 19:08:28.87 ID:
mqEzZTU0
呂不韋は
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'"´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{    今、ここで国を建て君を立てれば、
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}    その余沢は後世子孫まで残されます。
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{    秦の公子が趙に人質となっていますが、ひとつ、
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!    出かけていって仕えようと思います
  ,.ィ'´ト.´     ´`"`"`゙″ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         "'   :::/  
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\

と言って、子楚を尋ねた。




71[sage]:2008/09/15(月) 19:10:58.39 ID:
mqEzZTU0
子楚は笑ってこう言った

                //  / , ^ 、 // _ニミ  、 \ ` i    i   l
                i / /   ,-、ミ//,-,-、 i  ヽ 、   |  | /!
  |       /      i '  , / ,ヘヽl },////i,イ i   \   }、_,/
  |!      /l      i|  i||i  l|:,,, `"    || |i |l   ヽ\_ノ
  ||  | |  /|      i| |  || i i|::;;,;;  ,.....   |! |  |   }    し 俺 
\ノ ` JV し' l      i| l|  |  l|   i|;''    |l|i  l   |   て を 
         ヽ.    l| ||   ||ミ:、 l l!'    _|ニ| |  | |.ノ   や 秦 
  く  そ. ま  \   i| |! |  i|l __ミ:、、|{_-==二|、| |  `>   る の 
  る れ ず    `>i| | l|  i| }、{i!j}ヾ._` /_{li!j! |,ゞ| ! ⌒ヽ  だ. 王 
  ん か 自   /  |i | |l  | |l ` ´ //,.-=二´ |l  | |  |   と .に
  だ ら 分   /    .||l| l| || | |i  / ' "       |l ` | |  ノ   ?  
  な 会 で.  l     |! | | || l| |i 〈..__,ニ、`     |! | |/-、
    .い 出 |    | |l| |l||  |i トr-┬‐'''ニヽ |i |!  | ノ^i
  // に 世  |    | ||  |l | l |i i, ;ク  ̄  ,イ ||l. ||     |   _
  ・・    し  ,ゝ    l| |l  |l ||i |l |i L`二ニイ!;;| || } | l  |  | /リ \( `
       て (       || |l |  |l  i |T=- `j;^;! '|//リ |l リ | /!/    ヽ
           ,へ     | | |   |i  l|l`ー- '" ノノ/ 川/ ノノ'ノ




81[sage]:2008/09/15(月) 19:14:21.33 ID:
mqEzZTU0
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllll/ ̄ ̄ヽlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllll /      ヽllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii  試 そ あ .iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|  合 こ き  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  終 で ら  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  了  め  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  だ  .た  |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  よ   ら  |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:. :. :. :. :. :. :. :. ‐‐--‐‐':. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,.‐- 、 : : : :
                  廴ミノ
                 ///¨' 、
                 y':;:;:;:/⌒i!
                ⑪:;:;:;:;};:;:/;},
      ;il||||li'       t`'---‐';:;:;:l
     ,.r'"''、,┘        7;:;:;:;:;:;:;:;「
    ノ4 (⌒i        .}:;:;:;:;:;:;;/
   /..,__彡{, |         `i:;:;:;:;:;}
   (  .ミi!} l、         .」:;:;:丿
  クュ二二`Lっ)        `==='




91[sage]:2008/09/15(月) 19:15:45.55 ID:
mqEzZTU0
                             人,ノ
lllllllllllllllllll!      ,;; .;;''      ,:,:,:,:,:  illllllllノ 呂
llllllllllllllllll!,,,,,   i  ;; i/ ;;;,,       ,,,,,,,  illlll丿 .不
lllllllllllllll'l!iil||||||||||lゞ  ((||||||||||||||||llllllliiiiii'''  ;illllllヽ 韋
lllllllllllll'l! _,,,,,ニニ,, ヽ  ``..:::  ノ^==- ..,_   illllllllノ 殿
llllllllllll'l!ク',...,(‐'..;)ヽ >  .::::: ク   (`'" `i¬、 'illllllヽ :
lllllllllll'l!' `'--‐`¬' ノ   ヾ、¬‐-ニ二二.フ'' ` 'illlllノ ! !
llllllllll'l!##;; ''   ノ      `           'illlllヽ,.-、,.-
lllllllll'i!     /                   'illlllllllllllllllll





101[sage]:2008/09/15(月) 19:17:22.77 ID:
mqEzZTU0
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll/ ̄ ̄\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll/      ヽllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|  し バ  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  た ス  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:.!;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;|  い ケ  |:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|  で が  |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;::;::;::;::;::;::;::;::;:__O__;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::|  す    .|;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;
;. ;. ;. ;. ;. ,. -|二二l' - .,;. ;. ;. ;. ;..|   :     |;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;..
:.,. - '    |二二l     ' ‐ .,:. ヽ、_______ ノ :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :..
'        ̄            ' - `.,: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
                         ' - .,: : : : : : :/
         ,ュョニ                   '  - .,/
         ゞ' 丿                      i|
______  _____ / ⌒~~\____________  ,,,,,              !  ,,,,
   f~j   .{     ヽ     i. ,...t__r..,    ,pqi,_       _f_,ノ_
  .iilllllllli;  |`i   /  丶   l!.i;;;;;;;;;;;;;;i   .l_`" ,_i    k:j. ( /i_/;(
  |,{lllllll|{ .} {_  {    l.   l! |,l;;;;;;;;;l.}  _,,,{l  {.i   {`'" .{ {;;;;;;;;;;
  i.|lllllll|.} ゝ.,L._,i'_______ノ   | {,i;;;;;;;;;;l/ (iiiilllヽ‐、}.}.   |,|  |.|;;;;;;;;;;
___ .fL.,..、」__.{:;:;:;i.i.ii):;:;:;:;:;/________i. |;;;;;;;;;;; /llllllllllllllllllヽ.   l,ト-‐/イ.,_r_,.
____ | |.__{ |__ |:;:;:;:;:;:;:;:;:;/____________ {;;;;;n;;; {lllllllllllllllllllllllヽ_____.トr't |_} /_|
  ,{ }  {.l、 '{:;:;:;:;;:;:;:ノ,i      _};;;;i i;;/lllllノillllllllllllllllllヽ  {,| .| l | | `
  '‐‐'  '¬ }:;:;:;:;:;/'       `¬,,,,ノiill/iilllllllllllllllllllllllヽ '-' ,.-' j
        i:;:;:;:;:;ゝ        (ll||||||||||lli`‐r-、..,,____}     ̄
         `¬‐‐'         ""'''''''''''''''''`¬' `‐'




111[sage]:2008/09/15(月) 19:19:22.89 ID:
mqEzZTU0
こうして子楚は呂不韋の手を借り、あの手この手で跡取りに収まるにょろ。
趙を命がけで脱出し、子のいないの華陽夫人に取り入り・・・
その辺の話はまた別の機会に話すにょろ。
生活から何から、全てを補佐してくれた呂不韋を子楚は心から感謝し、
子楚が位に即いた後に丞相に任じられ、封じられて文信侯と号し、
洛陽の十万戸を食邑としたにょろ。
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |




121[sage]:2008/09/15(月) 19:21:04.10 ID:
mqEzZTU0

・・・すっかりやる夫の事を忘れてたにょろ。
呂不韋が丞相になるちょっと前に遡るにょろね

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |





131[sage]:2008/09/15(月) 19:22:06.37 ID:
mqEzZTU0
~楚の国 上蔡~

     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |   ・・・・・・・・・
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /
チュー
    / ̄\
   |  |
   _L_ / ̄\
  /・  ・丶  |
 /    |__/
ミ●ミ  ノ
  > < (⌒
  (ノ  L)_)
  n」  Ln
   ̄ ̄ ̄ ̄ 三





141[sage]:2008/09/15(月) 19:23:43.43 ID:
mqEzZTU0
     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |   ・・・・・・・・・
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /


   /)  /)
  /  ⌒  ヽ 
  | ●_ ●  |   ピカー
 (〇 ~  〇 | 
 /       |
 |     |_/




151[sage]:2008/09/15(月) 19:25:39.28 ID:
mqEzZTU0
     ____  
   /      \
  /  ─    ─\    便所の鼠は人が近寄ると怯えて逃げる。
/    (●)  (●) \   倉庫の鼠は人が近寄っても
|       (__人__)    |   ふてぶてしく飯を食い続ける
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /
     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (○)  (○) \  
|       (__人__)    |   人の賢と不賢は、たとえば鼠のように、
/     ∩ノ ⊃  /    ただ居る場所のちがいによるだけだお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /





161[sage]:2008/09/15(月) 19:27:41.02 ID:
mqEzZTU0
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      お前がそんなんだから荀況が胃潰瘍になるんだろjk
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \ 
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \ 
   |     `ー一⌒)  /   (●)  (●)  \   お前も荀卿と呼べお
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |
               \_   ` ⌒´ 

韓非(カンピ)
韓の公子の末流。
李斯と共に荀子に師事した。





171[sage]:2008/09/15(月) 19:29:37.13 ID:
mqEzZTU0
荀子(ジュンシ)
戦国末期の儒家。趙の人。名は況。稷下の学士にょろ。
しばしば荀卿と称されるが。卿は敬称にょろ。
後に儒家、墨家の道徳の実行と興廃を研究し、数万語を著して『荀子』と称したにょろ。

性悪説を主張し、礼法によって道徳を維持し社会再建を説くにょろが、
この二人は「礼儀作法で悪人が縛れるものか」と、法律による統治を研究してるにょろ。
荀子にしてみれば頭痛の種にょろね。
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |





181[sage]:2008/09/15(月) 19:33:27.44 ID:
mqEzZTU0
   / ̄ ̄\    
 /   _ノ  \  
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     さて、荀況の下を飛び出した理由を教えてもらおうか
  |     ` ⌒´ノ 
.  |         }  
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ         
   /    く         
   |     \           
    |    |ヽ、二⌒)、 
        \




191[sage]:2008/09/15(月) 19:34:13.64 ID:
mqEzZTU0

       「仕官する」




              ─── 秦、か ────


       「解ってるなら聞くなお」







201[sage]:2008/09/15(月) 19:36:11.04 ID:
mqEzZTU0
   / ̄ ̄\    
 /   _ノ  \  
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     荀卿の門下だと言えば、どこの国でも仕官できたろうに・・・
  |     ` ⌒´ノ    なんでわざわざ西の果てのクソ田舎に仕官するんだ?
.  |         }  
.  ヽ        }      
   ヽ     ノ        お前は俺とは違うだろ 
   /    く         
   |     \           
    |    |ヽ、二⌒)、 
        \

            / ̄ ̄ ̄ \     茶化すなお
           / ―   ― \     
          /   (●)  (●)  \ まともな国は秦くらいしかないと言ったのは韓非じゃないか
          |     (__人__)      | 
          \   ⌒´     /  
          ノ           \   




211[sage]:2008/09/15(月) 19:39:03.49 ID:
mqEzZTU0


        / ̄ ̄\               
      /       \  太った鼠を目指して西へ行くってか。
      |::::::        |  何処もここも似たり寄ったりの
     . |:::::::::::     |  旧弊に凝り固まった能無しを頭に頂く国だぞ
       |::::::::::::::    |             
     .  |::::::::::::::    }    常識で考えて    
     .  ヽ::::::::::::::    }         
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .      
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


        / ̄ ̄\   
      /       \      ____          「秦王は代替わりして間もないお」
      |::::::        |   /      \
     . |:::::::::::     |  /  ⌒  ⌒  \    「背後は相国─呂不韋がいるだろjk」
       |::::::::::::::    |/   (●) (●)   \  
     .  |::::::::::::::    } |     (__人__)    |      「──じゃあ相国に取って代わるお」
     .  ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´   _/ 
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――




221[sage]:2008/09/15(月) 19:40:16.55 ID:
mqEzZTU0
   / ̄ ̄\    
 /   _ノ  \  
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)     忘れてたよ、お前が悪党だってことを
  |     ` ⌒´ノ    
.  |         }  
.  ヽ        }      
   ヽ     ノ          俺に劣らぬ、な。
   /    く         
   |     \           
    |    |ヽ、二⌒)、 
        \





231[sage]:2008/09/15(月) 19:41:45.35 ID:
mqEzZTU0
             「心外だお!謝罪と賠償を要求す・・・」
   / ̄ ̄\    
 /   _ノ  \  
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     だからといって悪党が悪党でなくなるわけがないだろ
  |     ` ⌒´ノ    
.  |         }     まぁ全天下挙げて狂っている。
.  ヽ        }      足を取られぬ程度に狂うといい
   ヽ     ノ         
   /    く         
   |     \           
    |    |ヽ、二⌒)、 
        \




241[sage]:2008/09/15(月) 19:43:04.62 ID:
mqEzZTU0
ガラッ
      |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
      ヽ   l /  /         \ ヽ   / 
       ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
       ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l    
         Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|   李斯!
         | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|  秦に行くとはどういう了見ですか!
         | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l   
         |、ヽ.:.:ヽィ圷ミ    ィ圷ヾ.:.:.:|::.::l    翠星石に相談もなく勝手に・・・
         | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',  
        /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、 とにかく、今ココでちゃんと説明するですよ!
         /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
.        /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
       /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\




251[sage]:2008/09/15(月) 19:44:23.33 ID:
mqEzZTU0
          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \        ・・・厄介なのが来たお。うざってぇ
    |      ` ⌒´    |         (法家の道がどこまで通用するか試してみたいんだお。
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   勝手に決めちゃってごめんだお)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /  
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/   
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /





261[sage]:2008/09/15(月) 19:46:36.11 ID:
mqEzZTU0
::::::/::::l::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.::::/:.:/.:/ !:.:/.::::::::丶.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::!:::::::
 ̄| ̄:r=ェ,‐-:::_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:::::/.:,イ:./ /.:/.::::::::::::::_ヽ-―  ̄ ̄|:::::::
:::::l:::::/ /:::.:.:.:.:.丶、:.:.:/.:::::::::/〃:.イ /:/.::::::::,.イ´.:::::.\.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::::
:::::|::/ /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ -く .:::::::::/// //.:::::/.::::::::::::. .::::::ヽ、:.:.:l:::::::::
_/ /  _ -‐ ニ´_ :::::::.ヽ/ /イ  //.::/.::::::::.  _ -‐ ___」:.:.:.:.:
.:://:::.. ̄ ‐- 、‐テ、-    /   〃   -‐ 二 == キ  ̄ア/.:.:.:.:
,'.;'.::::::::::::..:.:.:.:.:.:.:. く ヽ / ..:::::/:::::::..  イ lrイr:::::j i l  /イ.:./.:.:.:.:
:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.    \::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::-ゝ――- '< /.:/.:.:.:.:.:.
:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     丶/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.../.:/.:.:.:.:.:.:.:
:::::::.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.      ',           .:::::::::::::::::::::::/イ:.:.:.:.:.:./
::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.      l    j            / /.:.:.:.:./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    :. l_  ___,         /.:.:./ ヽ l7
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..  .::::. l、      /       /ァ'「! =‐ ′
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::: l ` ‐-‐ ´         /|l:.{(  =' /!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::: l            _ イ:.:.:.|l/     レ_
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::::::::::::::::: l           _.. '"|:.:.:|:.:.:.:/  _.. '"
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::/ _     _.. "´|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.:.」‐ '"




271[sage]:2008/09/15(月) 19:48:13.66 ID:
mqEzZTU0
土下座中
                             |     | |     |
                               |     | |    |
            / ⌒`"⌒`ヽ、              |       | |    |
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\            |     | |     |
          /,//::         \        |     | |    |
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ     | ,     | |    |
       /  /、:::::...           /ヽ_ \     |ノ    、| .|   、|
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )    ノ_____,ゝソ___ゝ
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"   _ノ゙ ̄⌒^⌒} .{ ⌒^⌒}
                           'ニ===⊂⊃=} {=⊂⊃=}




281[]:2008/09/15(月) 19:49:49.98 ID:
mqEzZTU0

   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ●)(●)   すすすすっ翠星石っ
. | u.   (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ   やややる夫っ考えっ
.  |         }    あああったじょじょjk
.  ヽ        }     
   ヽ     ノ         
    i⌒\ ,__(‐- 、     まままずっはは話っ聞いてっ
    l \ 巛ー─;\  
    | `ヽ-‐ーく_)  
.    |      l    




291[]:2008/09/15(月) 19:50:51.27 ID:
mqEzZTU0
        __
       /ヽ /\  キリッ
     / (ー -)\   
     (   (_人_)  )  「すすすすっ翠星石っ!」
     ノ   `-'  ヽ
    (_つ    _つ


        __
       /ノ ヽ\
     / (● ●)\ だっておwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
     (  o゚(_人_)゚o )
     ノ/) )) lr-l  /) )) バン!!
    (_つ ))`-' _ つ ))  バン!!





301[]:2008/09/15(月) 19:52:50.57 ID:
mqEzZTU0
テメェのフォローしてやってんだろうが
   / ̄ ̄\
 /ノ( _ノ  \  
 |,'⌒ (( ●)(●)    
 |     (__人__)    
 |     ` ⌒´ノ ,rっっ                    ,
/"⌒ヽ   ソ,ノ .i゙)' 'ィ´                `    ,. ____
      ゙ヾ ,,/ { ) 丿             ,  ゜;,/⌒    ⌒u:::\ 。
 ィ≒    `\ /'ニ7´     スパァァ────/(◯.;); :::::、;(;.◯));:'::::ヽ‐─────‐‐ ン
/^ヾ      \ ./              ゚ ;i`、 ⌒:(__人__) ⌒:::::;;,´:::|   .
   }      __\___ ___   ____´_;;{   ;` j|r┬-|:;〉::,,゚, 。;;:;;|
   )ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡┴‐ー-,==ー--ァ人て゜ ゚;:,::|: ゜ .
   ノ/             ≡''        ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))て,,;;/  。  ;
   ヾ         _____=≒=ー────;‐‐ ̄/i'只 ̄/ ̄|Y‐-<` `
    \、   ー ィ⌒ ̄            //   > |≡| / <〃  ヽ
                                         スミマセンデシタ
韓非は吃音(どもり)で、特に見知らぬ相手に対して極度に吃った。
公子でありながら家僕にすら軽んじられるのもそれが原因で、
韓の宮廷では「理屈屋の片輪者。」と蔑まれていた。




311[]:2008/09/15(月) 19:53:45.01 ID:
mqEzZTU0
      / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..-'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.  翠星石にも李斯と同じように話して欲しいですぅ
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.
     /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !㍉x-イ } ,'  |:.
.   /:.:.::.,'  !    !  | }{} ! i!   ト、  |:.
.   /:.:..:./  !    ,' }{} ! |   | ヽ   !:.:.
  /:.:./   ト   イ }{} ∧   | 〉  ハ:.




321[]:2008/09/15(月) 19:54:42.81 ID:
mqEzZTU0

   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ●)(●)   すすすマンッっ
. | u.   (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ   いいいずれっ少しっづづつ
.  |         }    慣れていいいくじょじょjk
.  ヽ        }     
   ヽ     ノ         
    i⌒\ ,__(‐- 、     
    l \ 巛ー─;\  
    | `ヽ-‐ーく_)  
.    |      l    

.   / * /:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
_、 /  /:_:_:_:/:.ィ:.;:.:イ:.:.i:.:ヽ
/:Vi * !:.:.:.7≧メ-‐/ィ/:.:.:.:.',
:.:.:.{   {.:.:.:i:! f:t7 ´ノハ:.:i:.i:.:l         まぁ・・・いいですよ
:.:.:.i * ト、:.:.、 xx`  fヌ〉:!:ル'         お酒、おかわりいるですか?
:.:.:.ヽ  {: .\ゝ 、 _ ' x'.:/
ィTえ! * '; : : .__ .ィ´} '
::::::::::::{  トv':.:.:.:.:.:l { !   __ _.ィ´`ヽ   「あああああ、たた頼む」
::::::::::::::{ * }/!`T!、:.!ハ { /   `ヾ!  j
:::::::::::::::}  { {i}ノ!{ ヽ 'ィ'´      r''





331[]:2008/09/15(月) 19:56:20.81 ID:
mqEzZTU0
              _,. -ァ――‐-- 、_
             / ノ* , - '^⌒"´`丶、
           / ノ  r'´         ヽ
          /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
            /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
         /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l    ──秦へ行く、ですか?
          ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
          ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
          l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ
           l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
         l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´ 
          l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l 
   ∩∩∩    .    ∩∩∩
  .∩_:||_:|_:|        |_:||_:|_:∩
  │ ___  つ      ⊂  ___ │
   ヽ   ノ  ___   ヽ  ノ
  / /  /_ノ  ヽ、_\   ヽ \
  (  く   o゚((●)) ((●))゚o   > )           そうだおwwwwwwwwww
  \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /            秦で出世して人生薔薇色だおwwwwwwww
    ヽ|     |r┬-|     |/
      \    | |  |     /
          | |  |
           `ー'´




341[]:2008/09/15(月) 19:57:12.80 ID:
mqEzZTU0

--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ
  /:.:.:.:/''´  0′',
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)      救えねーヤツです
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_) \ -、  精々夢破れてのたれ死ぬといいですぅ。
::l:::{|:.:.:.:八    /     (__丿


          ____
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \      明日の暮れに出発だお!
    |      |r┬-|    |      
     \     `ー'´   /      李斯様を乗せる馬車が中々手配できなくて
    ノ            \     結構時間かかっちゃったお!
  /´               ヽ
 |    l              \  見送りと餞別用意して待つといいお!
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




351[]:2008/09/15(月) 19:58:24.08 ID:
mqEzZTU0
              _ -- 、  
     ス        入    _>   っと、お酒を持ってくるのですよ
     タ        /:::/トイ::::|   
    タ      /:::/:::|::::|:::::|   へちゃむくれに構ってる暇はないのです
   タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|  
   タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l   
      _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l  
   r┬':仁二): : : : : : :Y二二)  
   └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ 
     `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう 
     ⌒'7辷_┬┬┬イノ)) 
      / // / //⌒⌒´
    ' // / // /    





361[]:2008/09/15(月) 19:59:01.90 ID:
mqEzZTU0
   / ̄ ̄\    
 /   _ノ  \  
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     ああ、秦へ行くなら一つ、頼まれて欲しい
  |     ` ⌒´ノ    
.  |         }          「なんだお?」
.  ヽ        }      
   ヽ     ノ      荷物を増やせと言うだけだ
   /    く       
   |     \             「秦王に上書でもするお?」
    |    |ヽ、二⌒)、 




371[]:2008/09/15(月) 20:00:09.20 ID:
mqEzZTU0
        / ̄ ̄\               
      /       \     
      |::::::        |  
     . |:::::::::::     |  翠星石を連れて行って欲しいんだ
       |::::::::::::::    |             
     .  |::::::::::::::    }    
     .  ヽ::::::::::::::    }         
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´
         ___
                /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
               /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
             /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
            |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
            \   。≧       三 ==-
                -ァ,        ≧=- 。
                  イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
                ≦`Vヾ       ヾ ≧
                。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。




381[]:2008/09/15(月) 20:03:13.83 ID:
mqEzZTU0
        / ̄ ̄\              アイツは名目上、他所から預かってる子・・・なんだが、
      /       \             実際は捨て子みたいなもんだ。
      |::::::        |             連れてきた父親が何を考えていたかは知らんが、
     . |:::::::::::     |            俺に餌をやらせて、頃合いになったら
       |::::::::::::::    |            只で貰っていこうとでも考えたんだろう。
     .  |::::::::::::::    }             その位はやりかねない男だ。
     .  ヽ::::::::::::::    }                    
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .   「豚でもやり取りするような言い方だお。」
        /:::::::::::: く         ,ふ´..   
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――    食えるだけ豚のほうがマシだ
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´




391[]:2008/09/15(月) 20:03:55.60 ID:
mqEzZTU0
   / ̄ ̄\    
 /   _ノ  \  
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)     それで、だ。最近その父親がのたれ死んだらしくてな。
  |     ` ⌒´ノ    
.  |         }  
.  ヽ        }      お前に引き取って欲しいんだ。
   ヽ     ノ     
   /    く                      「韓───」
   |     \           
    |    |ヽ、二⌒)、  どこぞの女衒に売るよりはマシだろ?

       / \ / \ て
      / (●) (●)\ そ
     /    (__人__)   \      韓非!自分で何を言ってるか判ってるのかお?
     |       |::::::|     |     それは何かお!?
     \       l;;;;;;l    /l!| !    新手の侮辱かお!?
     /     `ー'    \ |i     
   /          ヽ !l ヽi     お前みたいな奴に翠星石は預けておけないお!
   (   丶- 、       しE |そ   
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <

                                              カシャーン





401[]:2008/09/15(月) 20:05:17.24 ID:
mqEzZTU0
  ゝ _{  《 ー/: : : : : : //: : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : :',
    ' ∧ 《  /: : : : : : /': : : : /: : : : : :/: :/: : |: : : : : : ',
   / /: :ゝ《   ,: : : : : : /: : : :/: : : : : /: /: /: : /: :l: : : : : ',
   / /: : : : 《  l: : : : : : l: : /: : : : : /: /:/: : /: : l|: : : : : :l
  l: /: : : : : :》ー:!: : : :-‐1:´: :_; :-‐≠: ///: : :∧: : l|: : : :l : |
  l/: : : : : : :《 ∧: : : : : |三ー-/、/´  〃::/ ハ: :l|: : : :l : |
  /: r ⌒)\: 《 ハ.: : : : :!ヘヤテ云圷ミー /イ示テイ: :∨: : :/: :/
 'r=',イ {  ヘ《  \: : |\とう斗′   辷ぅ イ:l: :/: :/l/:/
/f´/ l  レ⌒ヌ《   ーi\\ 丶      ,!   /、l:/://》 /'´
}/  l     r' ヘ》   |トヽ  c- ァ    ィ》 /イ ー《
:|   |     {   《     | > 、 _,. <´j_ 《      》
:|   |    レ⌒l《   |\ /      ( / 》    《

       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \        ・・・翠星石、聞いてたのかお
    |      ` ⌒´    |         
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   これは違うんだお、韓非は酔って・・・
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /  
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/            「──悪いが、素面だ──」
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /




411[]:2008/09/15(月) 20:06:13.78 ID:
mqEzZTU0

       / \ / \ て
      / (●) (●)\ そ
     /    (__人__)   \     
     |       |::::::|     |     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・っ!
     \       l;;;;;;l    /l!| !   
     /     `ー'    \ |i     
   /          ヽ !l ヽi    
   (   丶- 、       しE |そ   
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <




421[]:2008/09/15(月) 20:10:21.73 ID:
mqEzZTU0
  \        //  ∨: : : : : : : : : : /:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : :\
     \___   { { ==/ : : : : : : : : : /:/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : : : : : : : ヽ
     | : : : :|  { { // : : : : : : /: : //: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : |: : :| : : : : : : : : : : :ヽ
     |: : : :/:\//  /: : : : : : :/: : // : : : : : : : : /: : : : / : : : : / : : |: :ヽ !: : : : : : : :|
     |: : :/: : : { {   |: : : : : : /: : //: : : : : : : :/: : : : /: : :/: :/ : : :/.: : :|:l: : : : : : : : :|
     |: :/: : : : { {   |:|: : : : : |: : :| : : : : : : /: : : : :/: : :/: :/ : : :/: : : : !:!: : : : : : : :|
     |:/.: : : : :.// ヽ|:|: : : : : |: : :|: :__:/: : :_/: : :/: ://: : : /| : : : : |:l: : : : : : : : :|
      /: : : : : : { { =|:|: : : :∠二二: -― '  ̄/: : //: / / : : / | : : : : |:| : : : : : | |: |
     / : : : : : : : ハ V ∧: : : : : :| :l: |――‐-≦_'" ̄ // , / : /   ヽ : : : レ |: : : : :.| |: |
   /: :/⌒ヽ、: :{ {   ヽ: : : : : :l: l 气=zzz≧三≧ー='"/ /≧ニー-v\: :| / : : :ノ|:| |: |
  / : (  _ノ \ハ∨   ヽ.: : : :ト、\ ` 〃r:::yニバ`    ̄ 〃示テテ′: : V/ : / /// /
 /:r=ー' /ニ| ‐-ミハ∨    \ : ヽ\\どニつ′       ごつ', ' | | : : /: /  レ' レ′
:| //二=\r‐-、ハ∨  \|\: \ ̄             /  |/ : // }}
: :.|/ニ/二二二二=ハ ∨、 ―‐ ―\: \         ,〉  /!| /: ://  }}          もう・・・いいですぅ
: : |二|二二二ニニr‐' -ヽ  /|\ ト、 ̄   ⊂ー_ァ ´ , イ⌒「 レ′=  }}
: : |二|二二二ニニ|   __ヘヽ      | > .   ' ,.  ≦  |Yニ{{ / || \  }}            やる夫と行く・・・ですぅ
: : |二|二二二ニニ`ーく_入\     ト、   ` ー '"    / ̄/_={{      '/
: : |二|二二二二二二二|  爪    | \ /       ト/ニニ{{      }}


       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \        ・・・翠星石、とりあえず今日は眠るといいお
    |      ` ⌒´    |         
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   明日、迎えに来るから準備だけしておくといいお
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /  
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/            「──おやすみ・・・ですぅ・・・」
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /





431[]:2008/09/15(月) 20:12:30.39 ID:
mqEzZTU0
─ 翌日 秦へ向かう道程 ─
                  , -‐-、
             _, - '´ ̄`ヽ、_ヽ
           r‐ '´≠¬⌒⌒`¬≠ `ー、_
            |:.: 〆*  米   * ヽ、:.:|
           y'´≠¬⌒ ̄`¬≠、 ヽ} ∧
          〈〆 /      ヽ  ヽヾ:*}ハ:.ヽ
          / / /  ノ イi  八  }.:.:{:}.:!:l:..ハ
          l i! {-ォ/∠j l ヌ--ヽ、/:.;{:}ヘ!:.!:. ハ     結局・・・送迎にも来やがらなかったですぅ・・・
           `ヽイヘ rt;ァ/〃'tォェァ/ イ:}〃ヾ、: ハ
            _}、:.ゝ  '_   フ7: :}´:.:.:.:f}:.  ハー-、
               f :.:{: :>ー <´:.:.{: :} /  :.f:}:.  ヽ::._
         厄 ̄! ;.:{:*:}《_介、_》 {:*}/:.  :!「::::...  


        ____
      /_ノ   ヽ_\     
    /(●)   (●)\    ・・・この袋は何だお?
   /   (__人__)   \  
   |     (  (      |        「知らねぇですぅ」
   \     `ー'     /  
   ノ           \ 
                             ベリベリ

                  韓非からの手紙と・・・金だお
                        「・・・っ!?見せるです!」





441[]:2008/09/15(月) 20:15:27.38 ID:
mqEzZTU0

   / ̄ ̄\       ──翠星石へ──
 /   _ノ  \     
 |    ( ⌒)(⌒)    昨日はすまなかった。
. |     (__人__)    
  |     ` ⌒´ノ    
.  |         }     ただ、ああでも言わないと俺を気遣って、
.  ヽ        }     李斯について行かないんじゃないかと思ってな。
   ヽ     ノ     俺のような吃音に尽くしてくれて感謝している。が、
   /    く       翠星石はもっと自分の気持ちに正直に生きて欲しい。
   |     \       
    |    |ヽ、二⌒)、 同封した金は結納金だ。やる夫と幸せにな。
              
                追伸:実の娘のように思ってただろjk





451[]:2008/09/15(月) 20:16:25.27 ID:
mqEzZTU0
  ゝ _{  《 ー/: : : : : : //: : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : :',
    ' ∧ 《  /: : : : : : /': : : : /: : : : : :/: :/: : |: : : : : : ',
   / /: :ゝ《   ,: : : : : : /: : : :/: : : : : /: /: /: : /: :l: : : : : ',
   / /: : : : 《  l: : : : : : l: : /: : : : : /: /:/: : /: : l|: : : : : :l
  l: /: : : : : :》ー:!: : : :-‐1:´: :_; :-‐≠: ///: : :∧: : l|: : : :l : |
  l/: : : : : : :《 ∧: : : : : |三ー-/、/´  〃::/ ハ: :l|: : : :l : |
  /: r ⌒)\: 《 ハ.: : : : :!ヘヤテ云圷ミー /イ示テイ: :∨: : :/: :/  お父・・・さん
 'r=',イ {  ヘ《  \: : |\とう斗′   辷ぅ イ:l: :/: :/l/:/
/f´/ l  レ⌒ヌ《   ーi\\ 丶      ,!   /、l:/://》 /'´
}/  l     r' ヘ》   |トヽ  c- ァ    ィ》 /イ ー《
:|   |     {   《     | > 、 _,. <´j_ 《      》
:|   |    レ⌒l《   |\ /      ( / 》    《

       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \        ・・・韓非がまた酷い事を書いて・・・
    |      ` ⌒´    |         
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /  
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/            「違うですぅ」
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /




461[]:2008/09/15(月) 20:19:12.33 ID:
mqEzZTU0
                __,. -――- 、、_
               ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、
              〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、
             /{ノ         ) ヽ、ぃ
            ノ /// / /  /  /}  i`、} 、
            \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >
             | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ
             从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、
             / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、
             / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、
          __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\
       , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \\
      / /ノ / ゝ、 /^'t、,_  `'}ー'"   }  } ヽ 'ー、  \\
    ,イ / ノイ/  l У   `'ー人-‐ ''"~´'、_ノi、丶、 `ヽ、.ヽ ヽ
   / /,r'  ノ /   ,ト/      /三、    ヽーt、 ヽ  ヽ ヽ ヽ
  / / /  ノイ   / ノ      / | | 、    ヽ  l   ヽ  ヽ ヽ ヽ
 l l {   }/   l        / | | | ヽ      ヽ .l   {   〉 ヽ

韓非が、昨日は酔ってごめんなさいって書いてたです
                「何っ!李斯にも見せるお!」
ダメですぅ♪





471[]:2008/09/15(月) 20:23:44.92 ID:
mqEzZTU0
書き溜め分終了





48以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[]:2008/09/15(月) 22:39:41.58 ID:
bCDbA3Eo
( ;∀;) イイハナシダナー




49以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[]:2008/09/15(月) 22:44:17.61 ID:
9uvOfVMo
おもしろかったよ~
これって一応どのくらいまで行く予定?





501[]:2008/09/15(月) 23:08:18.84 ID:
mqEzZTU0
>>48,49
見てくれる人が居たので感動してます。
一応李斯の最後まで・・・を予定してますが、
後半をどう書こうか思案中です。




52以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[]:2008/09/15(月) 23:22:04.08 ID:
MwMRGPw0
李斯の最後か……




53以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/09/15(月) 23:55:12.34 ID:
rhjR4fko
配役を予想してやる
趙高=誠




54以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/09/16(火) 00:16:42.61 ID:
eERJfREo
1さん、お疲れ様でした。
続きも楽しみにしてますね。

>>53
それは、はまり過ぎだと思うww




571[]:2008/09/16(火) 22:39:51.37 ID:
CAM7VoM0
再会します。
思ったより反応よくて多謝




581[]:2008/09/16(火) 22:42:18.06 ID:
CAM7VoM0


─── 秦 ───

李斯はいい職にありつけず、毎日ダラダラと過ごしていた


        zzzz.... 
            .____  .,-'"~"'ヽ   
           ./⌒  ⌒\./  。○)   
         ./ (ー) (ー.ノ     /    
           .|   (__人___く___,ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄






591[]:2008/09/16(火) 22:42:58.55 ID:
CAM7VoM0


・・・斯!  李斯!

        zzzz.... 
            .____  .,-'"~"'ヽ   
           ./⌒  ⌒\./  。○)   
         ./ (ー) (ー.ノ     /    
           .|   (__人___く___,ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄


  いい加減起きやがれですぅ!!

        , :'二ニニ、丶、                    
        ,イ'´, - ―- 、ヽ`丶、_     __ | |__       
      /r''´    '、 ヽ'l'i,  /          |    / , ,    
      /,' /   i  l_ノ!、 ト.l l ィ/     __|  /\ /    
     ヽj ll l |l イル',-、|lヽヾ ',                   
       !l ‐l-八/イ ゞィl}ll ,l.ィ^ヽ<フ- 、             \  
       ',i,`<弋) , ,..、"リ{ l ヽ ヾ^`ヾ>, -――- 、、   ヽ\,
       Nトミべ....二.イ l丶__j,.ノ^ン´    ――ニ≧=z、,r―-、
      _,ノ jヾ'i  ,/,7|゙lヽ j  ゙l::! /⌒ヽ、 ――====ニ三三:::::::l}
    / /^′ l,イゝハ f⌒ヽ l::l<    ――====ニニ三三:::::::::ハl
    /   ,'   l.} l_ツ'"ヽ-く、/ヾ)   ,/  ―{―=キ==Fゞ--イ  
    |___|   rlャ(  ,イト、_ノ,ィ"/    {{    l(   'i,  ||  //
          ゝ'´`´lヽ トミニイ:::/    ヾ    l(   ヾi ll/     
         /  } }、_,」 ``ソ      {i,   l(    li, ll    


    __       __      
 : /:●))\__/((● \ : そんなに激しい起こし方しなくても・・・ 
 : |     (__人__)     | :  
 : \ `ー'  |r┬-| `ー'  / :   いつもよりちょっと早いぐらいだお 
         `ー'┃





601[]:2008/09/16(火) 22:43:50.06 ID:
CAM7VoM0

--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ
  /:.:.:.:/''´  0′',
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)      ほんっっとにダメな奴なのです
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_) \ -、  路銀が底をついたのですよ
::l:::{|:.:.:.:八    /     (__丿





611[]:2008/09/16(火) 22:44:49.61 ID:
CAM7VoM0

     ____  
   /      \
  /  _ノ  ヽ、 \     
/    (●)  (●) \  ・・・・・・これはもう、働くしかないお 
|       (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /

            _,. -ァ――‐-- 、_
           / ノ* , - '^⌒"´`丶、
         / ノ  r'´         ヽ
        /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
          /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
       /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l   アテがあるですか?
        ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
        ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
        l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ
         l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
       l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´ く





621[]:2008/09/16(火) 22:45:38.90 ID:
CAM7VoM0

         ____   
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \    相国─呂不韋が食客を集めてるんだお!
    |      |r┬-|    |    
     \     `ー'´   /     サクセスロードとは程遠いけど、生活していける程度の金は手に入るお!
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))





631[]:2008/09/16(火) 22:46:48.53 ID:
CAM7VoM0


────呂不韋宅────

       ____
    /     \
   /  ─    ─\      
 /    (●) (●) \   元荀子門下の李斯です。
 |       (__人__)    |  趣味は法制度です
 \     ` ⌒´   /    
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




641[]:2008/09/16(火) 22:47:25.09 ID:
CAM7VoM0
                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"     儒家崩れの法家か・・・
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{      
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}      
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      これは奇貨(ほりだしもの)だ。
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!      買い入れておいたほうがよかろう
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/  
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\





651[]:2008/09/16(火) 22:48:06.68 ID:
CAM7VoM0
呂不韋は李斯が賢明であるとし、推薦して郎(秦の役職)とした
                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     |   |        採     用       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ






661[]:2008/09/16(火) 22:49:01.56 ID:
CAM7VoM0

李斯はしばらく真面目に働いた
     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |   呂不韋と子楚の絆は半端じゃないお
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |     どうすれば・・・ 呂不韋にとって変われるのか・・・
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /


     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |   ・・・・・・・・・・・・・
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /





671[]:2008/09/16(火) 22:50:13.27 ID:
CAM7VoM0


        zzzz.... 
            .____  .,-'"~"'ヽ   
           ./⌒  ⌒\./  。○)   
         ./ (ー) (ー.ノ     /    
           .|   (__人___く___,ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄







681[]:2008/09/16(火) 22:51:33.16 ID:
CAM7VoM0
・・・斯!  李斯!

        zzzz.... 
            .____  .,-'"~"'ヽ   
           ./⌒  ⌒\./  。○)   
         ./ (ー) (ー.ノ     /    
           .|   (__人___く___,ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄





691[]:2008/09/16(火) 22:53:02.50 ID:
CAM7VoM0

李斯起きるです!

        , :'二ニニ、丶、                    
        ,イ'´, - ―- 、ヽ`丶、_     __ | |__       
      /r''´    '、 ヽ'l'i,  /          |    / , ,    
      /,' /   i  l_ノ!、 ト.l l ィ/     __|  /\ /    
     ヽj ll l |l イル',-、|lヽヾ ',                   
       !l ‐l-八/イ ゞィl}ll ,l.ィ^ヽ<フ- 、             \  
       ',i,`<弋) , ,..、"リ{ l ヽ ヾ^`ヾ>, -――- 、、   ヽ\,
       Nトミべ....二.イ l丶__j,.ノ^ン´    ――ニ≧=z、,r―-、
      _,ノ jヾ'i  ,/,7|゙lヽ j  ゙l::! /⌒ヽ、 ――====ニ三三:::::::l}
    / /^′ l,イゝハ f⌒ヽ l::l<    ――====ニニ三三:::::::::ハl
    /   ,'   l.} l_ツ'"ヽ-く、/ヾ)   ,/  ―{―=キ==Fゞ--イ  
    |___|   rlャ(  ,イト、_ノ,ィ"/    {{    l(   'i,  ||  //
          ゝ'´`´lヽ トミニイ:::/    ヾ    l(   ヾi ll/     
         /  } }、_,」 ``ソ      {i,   l(    li, ll    



    __       __      
 : /:●))\__/((● \ :  李斯は仕事で疲れてるんだお・・・
 : |     (__人__)     | :  
 : \ `ー'  |r┬-| `ー'  / :   もうちょっと寝かせるお・・・
         `ー'┃





701[]:2008/09/16(火) 22:54:01.76 ID:
CAM7VoM0
                     _.. - .._
                   _.. - ,ニ-冖 ⌒ 冖-ニ - _
               / ノ´,. .‐.: : : ̄: :、:‐. 、`ヽ \
            /   //: :./: : : : : : :l: : : :.\ヽ \
             <  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >
              丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /   子楚様が亡くなったですぅ!
              l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!
             ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l
             l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l    とっとと準備して葬儀に行きやがれですぅ
            l: :Nヽ: : :ヽ     '       /:://: : :.l
             l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!
             l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ
              l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ


       ____
    /     \
   /  ─    ─\    
 /    (●) (●) \   ・・・・・・・・・・・・・!
 |       (__人__)    |  
 \     ` ⌒´   /   





711[]:2008/09/16(火) 22:54:47.85 ID:
CAM7VoM0

昭襄王が没した後、秦は目まぐるしく王位が変わるにょろ。
孝文王(安国君)は三日、荘襄王(子楚)は五年でこの世を去るあたり、
秦王の家系は体が弱かったにょろね。
そして・・・代わって王位につくのが嬴(えい)政。この時僅か13歳にょろ。
あまりにバタバタ交代するので、政が即位してからもしばらくは二人の墓の建設が続いたにょろ
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |







721[]:2008/09/16(火) 22:56:52.24 ID:
CAM7VoM0
数時間前

    /::::i::::、:::ヽ、:::\:ヽ:\::ヽ:、:ヽ:、:',  
    /::i|::l::ト、ヽ::、:ヽ:、:::::\::ヽ::l:ヽ:i::i:::!  
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ:::、:\::ヽ:ヽ!:::i::|:::!::!  父上が・・・死んだ・・・だと?
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:ヽ:|!:|:|i. 
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、:|:l:
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ 
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i  
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!  
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'  






73以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[]:2008/09/16(火) 23:01:48.22 ID:
ROuTsnoo
こいつが?かwwwwww




741[]:2008/09/16(火) 23:03:44.55 ID:
CAM7VoM0
                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"     
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{      
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}      
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      左様でございます。
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!      葬儀の手はずは整っております故、心配は無用です。
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/  
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\      ああ、それと────
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\





751[]:2008/09/16(火) 23:13:37.10 ID:
CAM7VoM0



────これからは、この呂不韋を「仲父(父に次ぐ尊称)」とお呼びください────




         ────では、葬儀の準備があります故、失礼します────






761[]:2008/09/16(火) 23:14:22.72 ID:
CAM7VoM0
    /::::i::::、:::ヽ、:::\:ヽ:\::ヽ:、:ヽ:、:',  
    /::i|::l::ト、ヽ::、:ヽ:、:::::\::ヽ::l:ヽ:i::i:::!   (正直な話、父などどうでも良かった。
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ:::、:\::ヽ:ヽ!:::i::|:::!::!    
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:ヽ:|!:|:|i.   10年前、趙から僕と母を置いて逃げた。
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、:|:l:
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!  そして趙に残された僕らは救出されるまでの5年間、
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ   地獄の苦しみを味わった。
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i    
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!    そんな事もすっかり忘れて秦で安穏と暮らしていた父の事など。
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'     
                          でも──
                          
                          なぜアイツを仲父と呼ばねばならない?)



771[]:2008/09/16(火) 23:15:14.46 ID:
CAM7VoM0


         _ ,;--、_ , 、-;: 、        
      _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_        趙で母と過ごした5年間、呂不韋はよく顔を出した。
     ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-‐    
  , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___   そもそも母は元々呂不韋の妾だった──
./ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ; { | 
./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/´`> だから──
  /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:!リi/ヽl /  / 
ーr'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /l  違う!僕は正当な秦王の血筋で──
| j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /{´ 
 /|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /Tヽ ──でも噂は耳にする──僕の本当の父は──
  レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\   j  
   |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./  だから呂不韋は僕に仲父と呼ばせ──
    .レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/  
    |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \  
    l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \──そんなはずは──しかし──
    /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
   i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /
   |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
   l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /




781[]:2008/09/16(火) 23:16:51.49 ID:
CAM7VoM0

嬴(えい)政の出生には諸説あるにょろ。
、『史記』では呂不韋列伝に「呂政」として事実として書かれているけど、
秦始皇本紀には書かれていないにょろ。
また同時代の春申君に同様の話があることなどから、事実ではないとする歴史家もいたり、
子楚が後見人である呂不韋の愛人に手を出して懐妊させてしまったために、呂不韋がやむを得ず
愛人を子楚に差し出したのではと見る歴史家もいるにょろ。
真実は定かでないけど、当時から噂にはなっていたようなので、政の心情は推してしるべしにょろ。
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |







791[]:2008/09/16(火) 23:19:41.94 ID:
CAM7VoM0







        ──誰か、誰か助けてくれ──











801[]:2008/09/16(火) 23:25:20.77 ID:
CAM7VoM0

                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l 
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉  
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i
        ────僕が黒く染まる前に────





811[]:2008/09/16(火) 23:25:58.63 ID:
CAM7VoM0

葬式にて

       ____
    /     \
   /  ─    ─\    
 /    (●) (●) \   王と言えど、死は平等に訪れるんだお
 |       (__人__)    |  
 \     ` ⌒´   /    
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |   ──ん?
    >   ヽ. ハ  |   ||



       ____
    /     \
   /  ─    ─\    
 /    (○) (○) \   
 |       (__人__)    |  
 \     ` ⌒´   /    
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |   
    >   ヽ. ハ  |   ||







821[]:2008/09/16(火) 23:27:45.49 ID:
CAM7VoM0



                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"     
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{      殿下、お心を強くお持ちください。
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}      
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      この呂不韋、子楚殿を支えた以上に、
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!      
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/  
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\      必ずや殿下のお役に立ちましょうぞ
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\






831[]:2008/09/16(火) 23:29:19.32 ID:
CAM7VoM0

                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l   仲父・・・
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi               「は?」
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l  少し──黙れ──
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、  今は父の葬儀中だ
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉                 「・・・!失礼を・・・」
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i







841[]:2008/09/16(火) 23:30:21.45 ID:
CAM7VoM0



       ____
    /     \
   /  ─    ─\    
 /    (○) (○) \   何だあのガキ・・・
 |       (__人__)    |  
 \     ` ⌒´   /    何話してるかは解らんけど、呂不韋が冷や汗かいてるのなんて初めて見たお
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |   マジパネェ
    >   ヽ. ハ  |   ||


--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ
  /:.:.:.:/''´  0′',
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)      子楚様の葬儀だってのに何ボーっとしてるですか
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_) \ -、  ホラ、もう帰るですよ。
::l:::{|:.:.:.:八    /     (__丿








851[]:2008/09/16(火) 23:32:05.66 ID:
CAM7VoM0


自宅にて

     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |   ・・・・・・・・・・・・・
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /

            ', ,. イ.::; .:.:.,     .:.:.::::::::::.`ゝ、
            V/.::/.:.:/      .:.:l:! .:.:::::::::.`ヽ _」 _
          /. .,.ィ.:.::/    .:.:::::::.:.  .l:! 、 .:.:.:::::::::.`、下 .!
            /.:/ .::l:!.:./   .:.:.:.:::::::〃.:/::!::::.:.、 .:.:.:::::::.`、 /
          ./.:/ .::::l:|.:.:.  .:.:.:.:::::::::〃.:/.:::ト、::::.:.ヽ .:.:.::::::::Vヽ
         /.:/ .:.:::::l:|.:.:. .:.:.::::::::://.:/.::::ハト、.:.:::::', .:.:.:::::::!.::.',
        ./.:/ .:.:.::::::i:|.:.:'"´ ̄`>' /.:/.:::/´ ̄`ヽ .:.:l .:.:.:::::!::::::',
       l:::ハ .:.:.:::::::リ.:.:.:.:::::/ ノ.::/.:::/´ ¨`   V:l .:.::::::j:::::::::
       |::| ',.:.:.:::::.ヽ` `Y⌒㍉ /:/ ,. ィ'⌒Y77 リ .:.:.:::/l.:::::::::    なな何ですかさっきから黙って見つめて
       |::|  ト、.:.:::::::.ヽ_ 辷_ソ       辷_ソノ ./ .:.:::/ リ::::::::::
       ヽ! {i \.:.::::V///// i     ///// /.:.::/ リ:::::::::::
          {i _」 _ハー--    `        /;:イ   リ.::::::::::::
         {i 下 j} 1.:::ト、   r‐---っ   ノノ_」 _  リ.:::::::::i::::
         {i   j}. \.:.:::>.、  ̄ ̄   ノノ 下 ,.イ|::::::::::|::::







871[]:2008/09/16(火) 23:35:40.63 ID:
CAM7VoM0



         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \   
    /   ///(__人__)/// \  
     |   u.   `Y⌒y'´    |  喪服って何だか興奮するお!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   ひとつ屋根の下に住んで早二年。
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|  そろそろそんなイベントが発生してもいいと思うお!
    | ヽ〆        |´ |







881[]:2008/09/16(火) 23:36:17.49 ID:
CAM7VoM0




                             |     | |     |
                               |     | |    |
            / ⌒`"⌒`ヽ、              |       | |    |
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\            |     | |     |
          /,//::         \        |     | |    |
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ     | ,     | |    |
       /  /、:::::...           /ヽ_ \     |ノ    、| .|   、|
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )    ノ_____,ゝソ___ゝ
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"   _ノ゙ ̄⌒^⌒} .{ ⌒^⌒}
                           'ニ===⊂⊃=} {=⊂⊃=}

変態でごめんなさい
不謹慎でごめんなさい
心を入れ替えますのでどうかひとつ
                    「他にねーですか?」
翠星石さんはとても素敵な女性です
                    「・・・まぁ、いいですぅ。今日の皿洗いは李斯がやれです」
速やかに実行しますお







89以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/09/16(火) 23:40:06.95 ID:
ilfrRTw0
翠星石の役どころが気になる




901[]:2008/09/16(火) 23:40:29.27 ID:
CAM7VoM0


      / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..-'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.  ったく、あの白饅頭はちーとも成長しねーです。
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.  こんなんじゃお父様の結納金が、使われないまま土に還るですぅ
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.             「・・・なんか言ったかお?」      >
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.
     /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !㍉x-イ } ,'  |:.
.   /:.:.::.,'  !    !  | }{} ! i!   ト、  |:.  なんでもねーですよ
.   /:.:..:./  !    ,' }{} ! |   | ヽ   !:.:.
  /:.:./   ト   イ }{} ∧   | 〉  ハ:.







911[]:2008/09/16(火) 23:43:57.63 ID:
CAM7VoM0

秦の宮廷

       / ノ  \\
      / (●) (●)\
     /    (__人__)   \     
     |       |::::::|     |       
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /  
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/  
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /







921[]:2008/09/16(火) 23:44:58.13 ID:
CAM7VoM0


                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"     
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{      李斯、どうしたのだ?
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}      
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      早く秦王嬴政に挨拶をしなさい。
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!      
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/       お主が強くお目通りを願い出たのではないか
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\      
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\






931[]:2008/09/16(火) 23:45:47.67 ID:
CAM7VoM0


       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \        嬴政様、ご機嫌うるわしゅうですお・・・
    |      ` ⌒´    |         
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   コンゴトモ ヨロシク
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /  
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/       ケルベロス ガ ナカマ ニ ナッタ
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /      ( あの時のガキが秦王・・・超怖いお )
  ヽ __     /   /   /







951[]:2008/09/16(火) 23:54:20.29 ID:
CAM7VoM0


< それの何処がお目通りだ!

  <違いますお!変態という名の紳士ですお!


                    ____
                 _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
                /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
               //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
              〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
              i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
              l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   もういいや
              li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
              !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   ハハハハ
              ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                 Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                iN \.  ` ニ′/}'
                    丶、  /
              ノ ̄´"''‐ 、   `¨´
           _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
     /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
     |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
    ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥






961[]:2008/09/16(火) 23:55:36.86 ID:
CAM7VoM0
       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',   仲父、ちょっとソイツと個人面接してもいいかな?
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|       「は?ですがこの後、将軍の任命式が・・・」
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/   ──仲父の思うように
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′        「・・・かしこまりました」
:、l:|ハ     、____    /::i/'′
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l       さあ、李斯と言ったかな?こっちに。
:.:トヽ  \       /
N|`ヽ   ヽ、    , '´ 
``'''‐- ..,_   iT"´    





971[]:2008/09/17(水) 00:04:30.29 ID:
0RcxTQI0



       / ノ  \\
      / (●) (●)\       ( 殺される・・・?いや、そんなはずは・・・
     /    (__人__)   \       
     |       |::::::|     |      でもあの目で見られてると心の裏まで見透かされるような・・・)
     \       l;;;;;;l    /l!| !    
     /     `ー'    \ |i      



       / ノ  \\
      / (○) (○)\       ( でも所詮ガキだお!
     /    (__人__)   \       
     |       |::::::|     |      だったらあの威圧感は何なのか・・・)
     \       l;;;;;;l    /l!| !    
     /     `ー'    \ |i                  「・・・斯! 李斯!」







981[]:2008/09/17(水) 00:09:31.74 ID:
0RcxTQI0


    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i  おい李斯!
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!               「ハッ!何でございましょう?」
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ    ・・・そう呆けていては面接にならぬではないか
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'






1001[]:2008/09/17(水) 00:14:43.86 ID:
0RcxTQI0


            ____
         _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
        /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
       //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
      〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
      i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
      l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   まぁ何だ、見てて飽きぬ顔だな
      li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
      !:l!:ト、l::l{`         !  j川/           「・・・どういう事ですお?」
      ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
         Yl:ト、    ヾ==r  ノ/     口をぽかんと開けて目を丸くして、どこぞの珍獣のようだ
        iN \.  ` ニ′/}'
            丶、  /                「・・・!」
      ノ ̄´"''‐ 、   `¨´




1011[]:2008/09/17(水) 00:20:00.73 ID:
0RcxTQI0



        ____
      /_ノ   ヽ_\     
    /(●)   (●)\    ( まぁよくよく見れば無邪気な子供だお
   /   (__人__)   \  
   |     (  (      |   葬式のアレは何かの間違いに違い・・・)
   \     `ー'     /  
   ノ           \                「会うのは二度目だな」
                   

                 へ?







1021[]:2008/09/17(水) 00:24:29.66 ID:
0RcxTQI0



                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l   葬式でも、その間抜けヅラでこちらを
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `  ───見ていただろ?
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉      ──何を狙っている?
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/        大方、そうだな──
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i         仲父に取って代わるのが狙いか?





1041[]:2008/09/17(水) 00:31:59.17 ID:
0RcxTQI0




          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ        
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //       ( 終わった・・・! 絶対殺されるお!
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /          やる夫が李斯なようです 完 )
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /     バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バ   ン                  「 叶えてやろうか 」
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))








1051[]:2008/09/17(水) 00:40:00.97 ID:
0RcxTQI0



          ____
        / ―  -\
 ミ ミ ミ /   (●) (●)       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒.      (__人__) \   /⌒)⌒)⌒)
| / / /      ` ⌒´   | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)           /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ            \  /  )  /
ヽ    /             ヽ/    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



          ____
        / ― ― \
 ミ ミ ミ / (●) (●) \      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒.   (__人__)   \   /⌒)⌒)⌒)
| / / /    ` ⌒´     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)           /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ            \  /  )  /
ヽ    /             ヽ/    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))





1071[]:2008/09/17(水) 00:41:01.67 ID:
0RcxTQI0

                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i   殺されるとでも思ったか?
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l   
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l   そうだな、
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi   
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i   余計なことを口走ればそうなるだろう。
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i  
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `  ──だがお前の望みは違う
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉      だから──呂不韋ではなく
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/        僕に仕えるんだ。そうすれば・・・
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i






1081[]:2008/09/17(水) 00:41:56.12 ID:
0RcxTQI0


     ____  
   /      \
  /  ─    ─\       ( ・・・・・・・・・・・・・ )
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /                     「──聞いているのか」
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |      
  \ /___ /       ( そうか、この子は・・・ )
                 
                



    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',   
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i     おい、李斯!聞いているのか!
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!  
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ   
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'





1091[]:2008/09/17(水) 00:43:58.27 ID:
0RcxTQI0






 
      ────この子は、寂しかったんだ────











1101[]:2008/09/17(水) 00:48:06.91 ID:
0RcxTQI0




     ____  
   /      \
  /  ─    ─\       ( 二人の父親がいて、どちらが本物か判らなくて・・・・ )
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /                     「──李斯! この白饅頭! 毒キノコ!」
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |      
  \ /___ /       ( 秦王の子を選べば、父は子を見捨てる下衆で・・・・)
)                    
                   ( 呂不韋の子を選べば、秦王である理由がなくなる・・・・)






     ____  
   /      \
  /  ─    ─\       
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /





111以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/09/17(水) 00:48:54.11 ID:
oK/hSSEo
罵声がwwwwww
支援




1121[]:2008/09/17(水) 00:51:19.47 ID:
0RcxTQI0


       ____
    /     \
   /  ─    ─\    
 /    (●) (●) \   大王、この李斯、ひとつ欲しいものがあります
 |       (__人__)    |  
 \     ` ⌒´   /     
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.                 「──李・・・! 急に口を開いたかと思えば奇異な事を」
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |                「まぁいい、申してみよ」
    >   ヽ. ハ  |   ||







1131[]:2008/09/17(水) 00:53:55.12 ID:
0RcxTQI0

       ____
    /     \
   /  ─    ─\    
 /    (●) (●) \   大王様の黒が欲しゅうございます。
 |       (__人__)    |  
 \     ` ⌒´   /    
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.   それさえ頂ければこの李斯、生涯を賭して大王様に仕えることを誓いましょう
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |  
    >   ヽ. ハ  |   ||






1141[]:2008/09/17(水) 00:55:45.10 ID:
0RcxTQI0


    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',   
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i     ・・・・!──突然訳のわからぬ事を
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!                         「いえ、大王なら解る筈です」
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ     
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'






1151[]:2008/09/17(水) 00:56:34.49 ID:
0RcxTQI0

               ~,不:::く`ヽ;::、:::`丶    `
               ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ 
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、            貴様に!貴様に僕の何がわかると言うのだ!
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |





1161[]:2008/09/17(水) 00:57:50.38 ID:
0RcxTQI0

       ____
    /     \
   /  ─    ─\    
 /    (⑪) (⑪) \   さあ?私のような凡夫に鳳凰の志が解ろうはずもございません。
 |       (__人__)    |  
 \     ` ⌒´   /    ですから私めは、大王の黒が欲しいと申したまでです。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.   
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |                         「──まだ申すか!」
    >   ヽ. ハ  |   ||
                 これから私が申す事は、ただの独り言でございます

                 ──まずは、信陵君を  殺しましょう







1171[]:2008/09/17(水) 00:58:52.00 ID:
0RcxTQI0



       ____
    /     \
   /  ─    ─\    
 /    (⑪) (⑪) \   できるだけ絶望的な死がよろしい。
 |       (__人__)    |  
 \     ` ⌒´   /    次は呂不韋。これは冠を抱いた頃、裸にして自ら死を選ばせるが良いでしょう
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.   
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |                         「──」
    >   ヽ. ハ  |   ||
                  そうだ、愚儒も忘れてはいけませんな。いっそ灰にするのはいかがでしょう?






1181[]:2008/09/17(水) 00:59:35.46 ID:
0RcxTQI0


       ____
    /     \
   /  ─    ─\    
 /    (⑪) (⑪) \   
 |       (__人__)    |   全ての闇が消えてなくなった頃、忌まわしき名を捨て
 \     ` ⌒´   /    
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.   
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i   新しく姓を作るが良いでしょう
    |  \/゙(__)\,|  i |  
    >   ヽ. ハ  |   ||
                  







1191[]:2008/09/17(水) 01:00:10.74 ID:
0RcxTQI0



    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',   
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i     ・・・・!
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!     
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ     
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'








1201[]:2008/09/17(水) 01:00:48.37 ID:
0RcxTQI0



       ____
    /     \
   /  ─    ─\    
 /    (●) (●) \    ( これは賭けだ。もし想像通りの王であるなら──
 |       (__人__)    |  
 \     ` ⌒´   /    
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    法家を世に知らしめるまたとない主だという事だ。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |  
    >   ヽ. ハ  |   ||  父を憎み、儒に反しながら儒の国の王として日々矛盾に苦しむ若年の王 )








1231[]:2008/09/17(水) 01:10:13.62 ID:
0RcxTQI0



       ____
    /     \
   /  ─    ─\    
 /    (●) (●) \    ( もし読みが外れていたら・・・
 |       (__人__)    |  
 \     ` ⌒´   /    
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    その時は韓非、お前に全てを──)
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |  
    >   ヽ. ハ  |   ||                      「──いいだろう」






1241[]:2008/09/17(水) 01:11:06.82 ID:
0RcxTQI0


                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l   李斯、
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi   今日からお前は近侍として僕に仕えよ
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `  
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉      僕の闇として──その生涯を貢げ
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i




1251[]:2008/09/17(水) 01:18:19.33 ID:
0RcxTQI0
こうして李斯は政に仕える事になったにょろ。
冷酷にして残忍と言わしめる秦王、政に何を見たのか?
何はともあれ、ここからしばらく李斯は裏の仕事に精を出すにょろ。
その辺の話は次回のお楽しみにょろ

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |







1261[]:2008/09/17(水) 01:21:15.12 ID:
0RcxTQI0
中途半端な所で申し訳ない orz

本当は葬式のところで切る予定でした。
続きは明日に~




127以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[]:2008/09/17(水) 01:28:55.79 ID:
yq6nX0Eo
おつかれ~ おもしろかったよ
この月がのちの?かぁ

>>127 後のアレです




128以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/09/17(水) 03:17:14.73 ID:
oFF3Z.Io
乙です。
次回も楽しみにしてます。



1291[]:2008/09/17(水) 22:21:28.21 ID:
0RcxTQI0
再開します




1301[]:2008/09/17(水) 22:22:30.41 ID:
0RcxTQI0



        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ::::\::::/::::  ヽ
      |   (●):::::(●)  |
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \
   _/((┃))______i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






1311[]:2008/09/17(水) 22:22:58.80 ID:
0RcxTQI0

.   / * /:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
_、 /  /:_:_:_:/:.ィ:.;:.:イ:.:.i:.:ヽ
/:Vi * !:.:.:.7≧メ-‐/ィ/:.:.:.:.',
:.:.:.{   {.:.:.:i:! f:t7 ´ノハ:.:i:.i:.:l        理由はわからねーですが、
:.:.:.i * ト、:.:.、 xx`  fヌ〉:!:ル'         李斯が真面目になってよかったですぅ
:.:.:.ヽ  {: .\ゝ 、 _ ' x'.:/
ィTえ! * '; : : .__ .ィ´} '
::::::::::::{  トv':.:.:.:.:.:l { !   __ _.ィ´`ヽ   夜食は何がいいですか?
::::::::::::::{ * }/!`T!、:.!ハ { /   `ヾ!  j
:::::::::::::::}  { {i}ノ!{ ヽ 'ィ'´      r''


          ____
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \      夜食はいらないお!
    |      |r┬-|    |      
     \     `ー'´   /      献策の書簡と法制度の資料を
    ノ            \     今日中に仕上げる予定だお!
  /´               ヽ
 |    l              \  だから今日は先に寝るといいお!
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))







1321[]:2008/09/17(水) 22:24:14.84 ID:
0RcxTQI0

              _ -- 、  
     ス        入    _>   
     タ        /:::/トイ::::|   
    タ      /:::/:::|::::|:::::|    急に人が変わっておっかねーですぅ
   タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|  
   タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l   
      _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l  
   r┬':仁二): : : : : : :Y二二)  きっと明日は雹が降るのでさっさと寝るですよ。
   └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ 
     `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう 
     ⌒'7辷_┬┬┬イノ))   おやすみですぅ
      / // / //⌒⌒´
    ' // / // /    


        / ̄ ̄ ̄\
        /        \           おやすみだおー
     /   ::::\::::/::::  ヽ
      |   (●):::::(●)  |
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \         ( 翠星石・・・ごめんだお )
   _/((┃))______i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






1331[]:2008/09/17(水) 22:24:41.23 ID:
0RcxTQI0


        / ̄ ̄ ̄\
        /        \   
     /   ::::\::::/::::  ヽ
      |   (●):::::(●)  |
     \   (__人__) __,/   ( 李斯は今・・・人を[ピーーー]策を練っているんだお・・・ )
     /   ` ⌒´   \  
   _/((┃))______i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







1341[]:2008/09/17(水) 22:25:19.73 ID:
0RcxTQI0

.   / * /:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
_、 /  /:_:_:_:/:.ィ:.;:.:イ:.:.i:.:ヽ
/:Vi * !:.:.:.7≧メ-‐/ィ/:.:.:.:.',
:.:.:.{   {.:.:.:i:! f:t7 ´ノハ:.:i:.i:.:l        こっそり握り飯作って置いといてやるです
:.:.:.i * ト、:.:.、 xx`  fヌ〉:!:ル'        
:.:.:.ヽ  {: .\ゝ 、 _ ' x'.:/
ィTえ! * '; : : .__ .ィ´} '           優しい翠星石に感謝するですよ
::::::::::::{  トv':.:.:.:.:.:l { !   __ _.ィ´`ヽ   
::::::::::::::{ * }/!`T!、:.!ハ { /   `ヾ!  j
:::::::::::::::}  { {i}ノ!{ ヽ 'ィ'´      r''


カラカラ

       |--―- 、
       |--―‐- 、\
       |--― -、 ヽ ヽ
       |/.: :: :: ::イ::\. l ヘ、
       |_,:/.:/!:: :: | |_/
       |ミ:イ/ ーl‐:|::l |:l
       |ソ   イ::ツV:/ l::|    そーっと・・・
       |'' 。 `∠:イ |::l
       |>--r:: '´:: l {::l     そーっと・・・
       |_\/` ー、| l::l
       | ,小`ヽ /' l| l::|
       |/il|└' /  lL」::l
     r―i:|.__/  |:: :: :i
      T ∨::〈 r、 」:: :: ::i
       ト、ノフ ̄l寸]:: :: :: ::',
       |¨´ト、__ノ |、:: :: :: ::ヽ






1351[]:2008/09/17(水) 22:25:56.13 ID:
0RcxTQI0





        zzzz.... 
            .____  .,-'"~"'ヽ   
           ./⌒  ⌒\./  。○)   
         ./ (ー) (ー.ノ     /    
           .|   (__人___く___,ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄





1361[]:2008/09/17(水) 22:26:29.92 ID:
0RcxTQI0



                __,. -――- 、、_
               ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、
              〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、
             /{ノ         ) ヽ、ぃ
            ノ /// / /  /  /}  i`、} 、
            \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >     ・・・いつものやる夫で安心したです
             | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ
             从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、     布団掛けといてやるので風邪ひくなですぅ♪
             / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、   
             / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、
          __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\
       , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \
      / /ノ / ゝ、 /^'t、,_  `'}ー'"   }  } ヽ 'ー、 
    ,イ / ノイ/  l У   `'ー人-‐ ''"~´'、_ノi、丶、 `ヽ
   / /,r'  ノ /   ,ト/      /三、    ヽーt、 ヽ  




1371[]:2008/09/17(水) 22:27:07.63 ID:
0RcxTQI0




        zzzz.... 
            .____  .,-'"~"'ヽ   
           ./⌒  ⌒\./  。○)   
         ./ (ー) (ー.ノ     /         ( 秦王 政・・・
           .|   (__人___く___,ノ            とても13歳の子供とは思えなかったお・・・)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄

                                ( でもまだ子供だお・・・だから・・・
                                   もっと楽しい事に囲まれて生きるべき・・・ムニャ)






        zzzz.... 
            .____  .,-'"~"'ヽ   
           ./⌒  ⌒\./  。○)   
         ./ (ー) (ー.ノ     /         ( 守ってやる・・・お・・・ )
           .|   (__人___く___,ノ         
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'"




1381[]:2008/09/17(水) 22:33:41.95 ID:
0RcxTQI0

── 翌日 秦の宮殿

       _,,、_,,.、、,,..,_,、
    ,_ー''"        ゙´`'ー_、
    ミヾ.ヾ゙ il!|| il|  j| 〃/ イ
    i ミ   rー;L!|| ||レーv〃 彡
   }ミ リ八i{    ;; 7'ノ ヽ.ミl
.    |、yー-⊥L jー_´∟-ーY;|    信陵君には戦にて借りを返さねばならん!
   _lミi"r五ニ゙テi'Yr五三¨jミ!     
.  frヲ:}  -‐''ラ l_j. }`ー- }ドi    離間の計などで場を濁されてたまるか!
   !h};{ ッ彡   /小〉     |:l,リ    
.   `テj} i}! ,rf;巡巡去ミ:、 l:fく     
.   〈リji、l{ 'ル7'"-─‐‐ )}i |jミ}    
 r;-‐ヾト.llvリ j{ _,,リハ、、,リレ'ル' ̄ヘ
_」 ハ |li | `ミ、}l ;i!j } {li ,.イ |/ / l.L
-U; ヽニL_ミ `ミ'ー- -‐彡 / /'/ニ|」
ヽ-‐ ` Tヽ\ ミ    r´/∠




1391[]:2008/09/17(水) 22:34:34.78 ID:
0RcxTQI0


                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"     
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{      蒙驁(モウゴウ)、そういきりたつでない。
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}      
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      秦王の即位にかこつけて晋陽が背いた。
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!      
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙ .::::;'      まずはこちらを優先して平定せねばならん。
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/       
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、                           「 しかし・・・」
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\      
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\    それにだ、つまらん策で失脚するような相手ではなかろう?
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\  晋陽を平定するまでの時間稼ぎと思えば良いではないか。








1401[]:2008/09/17(水) 22:36:09.07 ID:
0RcxTQI0






  ────── そうですな? 秦王 ──────











1411[]:2008/09/17(水) 22:36:32.39 ID:
0RcxTQI0



            ____
         _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
        /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
       //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
      〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
      i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
      l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   
      li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
      !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   仲父の思うように。
      ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
         Yl:ト、    ヾ==r  ノ/    蒙驁、行ってくれるか?
        iN \.  ` ニ′/}'
            丶、  /        
      ノ ̄´"''‐ 、   `¨´






1421[]:2008/09/17(水) 22:38:17.35 ID:
0RcxTQI0



       _,,、_,,.、、,,..,_,、
    ,_ー''"        ゙´`'ー_、
    ミヾ.ヾ゙ il!|| il|  j| 〃/ イ
    i ミ   rー;L!|| ||レーv〃 彡
   }ミ リ八i{    ;; 7'ノ ヽ.ミl
.    |、yー-⊥L jー_´∟-ーY;|     ・・・御意
   _lミi"r五ニ゙テi'Yr五三¨jミ!     
.  frヲ:}  -‐''ラ l_j. }`ー- }ドi    
   !h};{ ッ彡   /小〉     |:l,リ    蒙武! 行くぞ!
.   `テj} i}! ,rf;巡巡去ミ:、 l:fく     
.   〈リji、l{ 'ル7'"-─‐‐ )}i |jミ}    
 r;-‐ヾト.llvリ j{ _,,リハ、、,リレ'ル' ̄ヘ
_」 ハ |li | `ミ、}l ;i!j } {li ,.イ |/ / l.L
-U; ヽニL_ミ `ミ'ー- -‐彡 / /'/ニ|」
ヽ-‐ ` Tヽ\ ミ    r´/∠








1431[]:2008/09/17(水) 22:39:51.70 ID:
0RcxTQI0

蒙ゴウは大軍を率いる事に長けていて、白老とも呼ばれ畏怖の対象だったにょろ。
負けらしい負けは一度だけ。
魏に侵攻した時に、信陵君が五ヶ国の軍を纏めて返り討ちにした時だけにょろ。
作者は戦国四君が大好きで、こいつら一人一人でやる夫スレを立てられるくらい愛してるにょろよ。
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |




1441[]:2008/09/17(水) 22:40:35.63 ID:
0RcxTQI0



 【 信陵君 】
        /  ,/ / /   _,..-''
       / / ///  〃 ,r'',.-'" //     /
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/__,,..-/       戦国四君と呼ばれる、4人の英傑の一人
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-''"二´‐'''~___ノ
  ,) Y ノ // ,r''´‐''"  -='"―-、彡"r'" ̄´      その力は一国の王に匹敵するとも言われる。
 ,イ  リ ノ り ,=、、-ニ_~― ~''-=二 ∠"´
 ヾ,ヽ 、, , ノノ {.トヾー-~ニ_-二 ― 二ニ==-‐''"     信陵君はその中で最強とも評され、
  ゝ  ミィイィ彡`ユ.|`\ヽ丶、‐ __ヽ'''三二,,,_
 〈 `ヾべ_{::::   'ゥ)  `8-、 ヽ‐ 、ヽ`''-_=-        当時の秦国最強を誇った将軍、蒙驁(モウゴウ)も
  ゝ_ノ⌒ヘ~"   _”\    ヽ!\ヽ、'''ー-"ニ.._
 〈 (._   |∠ィ ,.ノ  /  __ハ_j!      \         一度は信陵君に敗れている。
  `‐''^   ,. -‐`ヾ__/ヽ. >,、く       \
       r;>-=<´ 〈 ノ_,.            ヽ \
      (l》L -―''''"~´            ヽ  ` 、    智・勇・仁・義にあふれ、金も名声も地位も人望もある
      /                `、   `、  lヽ
    /                    ヽ.   l  ||
    !                   `、   !  !|  ちょっとしたチートキャラ。
    `、             、     |   } V,/
      ヽ             |    /  / 〃    魏の公子であり、政治家・軍人。三代昭王の末子。
        \           ヘ_,. -''"   / ,.イ′
        \             ヽ     l / /     信陵君は称号で、名は魏無忌
         l           |      |′,'





1451[]:2008/09/17(水) 22:41:42.55 ID:
0RcxTQI0



                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"     
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{      蒙驁に任せておけば、反乱軍の鎮圧など
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}      
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      時間の問題でしょう。
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!      
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙ .::::;'      信陵君への離間の計は・・・
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/       
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、        先日紹介した李斯が書簡にしたためた故、ご確認下さい。
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\      
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\     大王の印綬を頂き次第、忍ばせておいた間者に命令を下します。
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\  






1461[]:2008/09/17(水) 22:43:45.42 ID:
0RcxTQI0


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<).\   こ・・・これ読んで下さいおっ!!
  / /// (__人__) /// \  
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´ _   /
   ( ヽ  ___ ././
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン 




<ラブレターじゃねぇぞゴルァ!

  <信陵君に贈る死のラブレターだお!
            ____
         _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
        /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
       //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
      〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
      i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
      l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   
      li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
      !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   仲父の思うように。
      ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
         Yl:ト、    ヾ==r  ノ/    印綬をポポンとな。これでいいかい?
        iN \.  ` ニ′/}'
            丶、  /        
      ノ ̄´"''‐ 、   `¨´




1471[]:2008/09/17(水) 22:45:12.95 ID:
0RcxTQI0

                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"     
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{      確かに。
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}      
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      では、早速手配致します。
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!      
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙ .::::;'      李斯、細かい指示は任せたぞ。
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/       
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、        では私は用があるため、これにて失礼致します。
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\      
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\    
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\                      「 ああ、仲父──」
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\  
                           ──は?何でしょう





1481[]:2008/09/17(水) 22:46:31.64 ID:
0RcxTQI0


            ____
         _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
        /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
       //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
      〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
      i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
      l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   
      li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
      !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   いつもありがとう──
      ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
         Yl:ト、    ヾ==r  ノ/    感謝しているよ
        iN \.  ` ニ′/}'
            丶、  /        
      ノ ̄´"''‐ 、   `¨´






1491[]:2008/09/17(水) 22:47:29.58 ID:
0RcxTQI0
                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"     
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{       
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}      
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      光栄です。
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!      
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙ .::::;'      (最近とみに明るくなった・・・
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/       
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、         迷いがふっきれたか、あるいは・・・
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\      
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\       いや、これで良かったのだ・・・・)
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\  では、今度こそ失礼致します





1501[]:2008/09/17(水) 22:49:27.92 ID:
0RcxTQI0

            ____
         _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
        /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
       //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
      〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
      i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
      l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   
      li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
      !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   ・・・・・・・・・・・・・・行ったか・・・・
      ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
         Yl:ト、    ヾ==r  ノ/    
        iN \.  ` ニ′/}'
            丶、  /        
      ノ ̄´"''‐ 、   `¨´






1511[]:2008/09/17(水) 22:51:56.76 ID:
0RcxTQI0


                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l   
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi   呂不韋め、あれは李斯の発案、
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i  ひいては自信の功績と考えておろう。
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `  
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,    ──我らの策とも知らずに
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉      
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i






1521[]:2008/09/17(水) 22:53:17.87 ID:
0RcxTQI0



       ____
    /     \
   /  ─    ─\    
 /    (⑪) (⑪) \    書簡に記した10倍の金を撒きましょう。
 |       (__人__)    |   
 \     ` ⌒´   /    さすれば足止めどころか──失脚するところまでいきましょう。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.   
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i   蒙ゴウの不満は募り、呂不韋への信頼も薄れる──
    |  \/゙(__)\,|  i |  
    >   ヽ. ハ  |   ||







1531[]:2008/09/17(水) 22:54:20.72 ID:
0RcxTQI0


                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l   目障りな魏無忌を排除し──
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi   蒙ゴウの心を我らに寄せ──
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i  呂不韋の力を削ぐ──
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `  
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,    良い策だ。褒めて遣わすぞ、李斯よ。
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉      
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i





1541[]:2008/09/17(水) 22:55:04.06 ID:
0RcxTQI0



       ____
    /     \
   /  ─    ─\    
 /    (⑪) (⑪) \    全ては大王様の功です。
 |       (__人__)    |   
 \     ` ⌒´   /    私など手足となったに過ぎませぬ。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.   
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i   
    |  \/゙(__)\,|  i |  
    >   ヽ. ハ  |   ||








1551[]:2008/09/17(水) 22:56:36.25 ID:
0RcxTQI0
            ____
         _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
        /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
       //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
      〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
      i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
      l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   
      li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
      !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   李斯と会った──
      ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
         Yl:ト、    ヾ==r  ノ/      あの日から毎日が楽しくて仕方が無い
        iN \.  ` ニ′/}'
            丶、  /        
      ノ ̄´"''‐ 、   `¨´



   ∩∩∩    .    ∩∩∩
  .∩_:||_:|_:|        |_:||_:|_:∩
  │ ___  つ      ⊂  ___ │
   ヽ   ノ  ___   ヽ  ノ
  / /  /_ノ  ヽ、_\   ヽ \
  (  く   o゚((●)) ((●))゚o   > )           李斯もそうだおwwwwwwwwww
  \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /            
    ヽ|     |r┬-|     |/
      \    | |  |     /
          | |  |
           `ー'´





1561[]:2008/09/17(水) 22:57:11.23 ID:
0RcxTQI0

──その日の夜  後宮──

                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"     
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{       
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}      
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      呂不韋、ただいま参りました
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!      
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙ .::::;'      
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/       
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、        
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\      
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\    
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\  






1571[]:2008/09/17(水) 22:58:39.23 ID:
0RcxTQI0

 !:::::::::::::::::::::/::::/   l l    ,l   | |  l   ! !   l      l l::
 !:::::::::::::::/!:::/ |    ! ! |  / !    !_!-‐ァ l | |    |      ! !:
 !:::::::::/,-、∨ _!__, --、|  ! |   | !   |`r'´!  l ! |    |     <
 |::://:::::::!:! | {   }`゙`ト!、 ! |    | !/  ! ハ |     !      !:
-、!'/:::::::::::ノノ! !ヽ!`T´!   !| !`ト、 !    ! !  // ! !    !         |:  フフ・・・
ヽヽ:::,、:::/ィ ト、|_ァ=ァ==ミ、トl !  l   ,イヽ!,イ/  l ハ   |       !
 〉!:/::ヽ/|  | ヾ  {っr⊂かミヽ|  ! // /メ  _// !  | !     | |::  私が貴方を呼びつける身分になったのね
_/∧::::::::) l!  !  `┴-ニ、ノ     V //〃 ヽ/'``ト、 l l    l | l::
-'  ヽ:/l  |ヽ !      `       '´ /' _   /イ メイ    ! l /::
-ヽ  ヽl  | l |                7っ`ヽ'´ l// j  / / /レイ::
  ヽ l   ! | |                _{ r⊂∧  ,.イ  / ,イ /-イ !::
\  ヽ!   |  ! !            /    `ヽン ノ// , イ/彳  ! l:::
_`ニ=|  |  l |        、   '´          ,イ l イl l  |:::!   ! !:::
::::::::::::::!  |\ ! l      ` -       /イ /  l !|  !::l   l l:::/
⌒l:::::::|   !--ヽ! |                /´ !/!  ! ||  !::|   ! レ
、 ヽ´|   !  | ! |           _, '´  〃 l  l  || l:::l!  | 
 `´ |    ! l  | !` ト __ .. -‐=ニ´、   // ! l  || !::||  !
    ',    ', ! | !  Y´`ヽ‐、    \> //|   l   || ,ヽ! !  l
    ヽ   ヽヽl l   Yrゝ〉ヽ}   / \l l !  |    ||' / l   ',





1581[]:2008/09/17(水) 22:59:36.64 ID:
0RcxTQI0



                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"     
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{       
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}      
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      御戯れはお止め下さい・・・
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!      
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙ .::::;'      今の貴方は秦王の母なのですぞ
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/       
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、                        「── 秦王は ──息子でしょ?」
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\      
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\     ・・・! 後宮で一体何を口走って・・・!
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\  




1591[]:2008/09/17(水) 23:01:12.74 ID:
0RcxTQI0
 !:::::::::::::::::::::/::::/   l l    ,l   | |  l   ! !   l      l l::
 !:::::::::::::::/!:::/ |    ! ! |  / !    !_!-‐ァ l | |    |      ! !:
 !:::::::::/,-、∨ _!__, --、|  ! |   | !   |`r'´!  l ! |    |     <
 |::://:::::::!:! | {   }`゙`ト!、 ! |    | !/  ! ハ |     !      !:
-、!'/:::::::::::ノノ! !ヽ!`T´!   !| !`ト、 !    ! !  // ! !    !         |:  
ヽヽ:::,、:::/ィ ト、|_ァ=ァ==ミ、トl !  l   ,イヽ!,イ/  l ハ   |       !
 〉!:/::ヽ/|  | ヾ  {っr⊂かミヽ|  ! // /メ  _// !  | !     | |::  
_/∧::::::::) l!  !  `┴-ニ、ノ     V //〃 ヽ/'``ト、 l l    l | l::
-'  ヽ:/l  |ヽ !      `       '´ /' _   /イ メイ    ! l /::
-ヽ  ヽl  | l |                7っ`ヽ'´ l// j  / / /レイ::   私の──息子─
  ヽ l   ! | |                _{ r⊂∧  ,.イ  / ,イ /-イ !::
\  ヽ!   |  ! !            /    `ヽン ノ// , イ/彳  ! l:::
_`ニ=|  |  l |        、   '´          ,イ l イl l  |:::!   ! !:::   ─そして──
::::::::::::::!  |\ ! l      ` -       /イ /  l !|  !::l   l l:::/
⌒l:::::::|   !--ヽ! |                /´ !/!  ! ||  !::|   ! レ
、 ヽ´|   !  | ! |           _, '´  〃 l  l  || l:::l!  | 
 `´ |    ! l  | !` ト __ .. -‐=ニ´、   // ! l  || !::||  !
    ',    ', ! | !  Y´`ヽ‐、    \> //|   l   || ,ヽ! !  l
    ヽ   ヽヽl l   Yrゝ〉ヽ}   / \l l !  |    ||' / l   ',




1601[]:2008/09/17(水) 23:02:47.69 ID:
0RcxTQI0
                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"     
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{       
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}      
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      趙姫よ・・・
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!      
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙ .::::;'      あれは本当に私の──
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/       
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、                        「── さあ?どうかしらね?」
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\      
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\     しかし、あの体の弱さは子楚譲りでは・・・
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\  





1611[]:2008/09/17(水) 23:03:47.76 ID:
0RcxTQI0
        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |      子楚の子にしては、随分と
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !      賢い子が産まれたわね
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |     ──まるであなたのよう
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i




1621[]:2008/09/17(水) 23:09:27.12 ID:
0RcxTQI0

         ,/ /          、  'l       .'iゝ.!  ヽ
        .//           /   |       L ヽ  .ヽ
       ,l/ /     ノ   .!    .|   ヽ    .! .!  .!
       / : /    /   .,イ    .!   .|     .|  l   |
       ! ./     /    ! ! |    |、  :! .!  │ |   .!
      l./ .,!    .! l   | .| |    .|.!  | .!  r !  !   .|
      .l/ /    l  |  .! .! !   .! ! .l .! |  /│ |ヽ  |       さあ、おしゃべりはもういいでしょう?
      l.! .|    .! i:l ! .|  .! |   | .| .l.l~ニlニニナ'│ | │  !
     | ! .|  l、  | l_ノrl'=ト、 .ー.! / ,|/─ニニ- 、 ! ,! .!ヽ.! │
     .l ! ! .!  . |´| __ニ二、  ∨ .l′ '´i-、j~l ゝ ! | .| ヽ !
-─‐、.! / │ !ゝ .! ./i -_j .!        ゝ--‐/ /  |ノ  .ヽ.!
    | / /'-|.!\ l、` ゝ_--            ! .!!  ! l、  .! !      こちらにいらして・・・
-'ニニl/ ./   .l ! ! `|          i      / /.|  !.i | 、  l!
., -/ / ノ   ' ! .|  ト、       _     / ,=_! .l .!ヽ\ L
  /ヽ/ .|'ヽ、 | !  !.|7‐ヽr、     ` _‐'    //  ! .!、 .! \\\
‐',r !.!  !:!  .! ! /.!.| _〉 !.!- 、        //  l  l `ヽゝヽ │ !
 ! !.!  .| !  .!:! / .| ! ゝ/.! l  ` ー- 、 _,. ィ´〃  l /   , ‐' 、ヽ| l、
/  :!.|__-=--=ー-=_lコ !  l、 ゝ  , _   /´  .! ./  / / `ヽニ〈.





1631[]:2008/09/17(水) 23:10:30.13 ID:
0RcxTQI0
政の母、趙姫と呂不韋は、子楚が没してから度々密会してたにょろ。
趙姫は元々、趙の舞妓だったので、後宮が退屈で仕方なかったにょろね。
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |




1641[]:2008/09/17(水) 23:11:17.33 ID:
0RcxTQI0


        / ̄ ̄ ̄\
        /        \     
     /   ::::\::::/::::  ヽ
      |   (●):::::(●)  |
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \    
   _/((┃))______i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



      |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
      ヽ   l /  /         \ ヽ   /
       ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
       ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
         Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|     むー、マジメになったはいいですが
         | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|
         | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l     最近ずっとほったらかしなのです。
         |、ヽ.:.:ヽィ圷ミ    ィ圷ヾ.:.:.:|::.::l
         | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',
        /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、   嬉しいやら寂しいやら、不思議な気持ちですぅ
         /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
         /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
       /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\
     /.:/: 、 : : ',  | |  __,r<_< ヽ,.__|  |.: : : : : : : :l.:.:. ヽ






1651[]:2008/09/17(水) 23:13:08.01 ID:
0RcxTQI0

        / ̄ ̄ ̄\
        /        \     
     /   ::::\::::/::::  ヽ
      |   (●):::::(●)  |        翠星石・・・
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \    
   _/((┃))______i | キュッキュッ            「な、何ですか?」
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     明日は休みだから、二人で美味しいものでも食べいくお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    
  |     |r┬-|     |   ここしばらく、寂しい思いをさせてごめんだお
  \      `ー'´     /





1661[]:2008/09/17(水) 23:13:50.18 ID:
0RcxTQI0


<    /  /,ィ‐ "`T ⌒`ヽ- 、_:::::::::::    \
  /  .//: : : : ̄r " : : : : : : : ヽ、::::::     \
  \ / ト: : : :_ ,,=-ェ 、 : : : : : : : ィヽ:::  、   \
    〉 ^", ‐⌒ ̄   `T" ヽ、_ ソ - ヽ   ヽ::::::..  >
   {{ /  /     i i | \  "ヽ: : : ヽ.   i:::::/
.   レ'´  /     ,イ .l l   ヽ   ヽ: : :ヽ  レ´
  /   /     / | l i    }    ヽ  }レ∧
  / .i  i    / / i ハ_   i    ', ソイ  l
  |  i.  i __/_  / /__ヽ__ i.     ト-|  l
  |  i  i" /、_/ /  __  \ヽ    i }.  l
  ヽ i  KT7ハヽ     T7ハ;フト    / :}.   l
   \.、い. ヒ;ゾ       ヒニソ./.i   イ  .:}   l
    |ヽ\ヽ .::::.  ;     .:::::./ノイ/ .} L .}    l
    li  `i\   ー‐'    /イ i .} 「 .{    l
    ∧i レ_ | i. `: .、 _ _,  '´ ト、. i i {i  } i.    l
   / .{i v` { i  i__/ }  ./  \ {i  } i.    l
.  /  {   レ '´ , - 、.v"r‐- 、   .{{  L i.    l
  /  }i   } r '´   >く   ` ヽ.{   イ⊥.i     l
/   }i   .} |   , イL|| \   .{ト じvK  ヽ    l






1671[]:2008/09/17(水) 23:14:41.59 ID:
0RcxTQI0


                    ___
               , 二¨-―-- 、`丶、
               /_ ..-――-.. 、十ヽ\
            //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
               〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、
           l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ
            {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \
.           ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /
           〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/
           ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔         一日中連れまわしてやるです
           /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /:::Y⌒i
            l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l |
           // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}  |
             //  ,'/夕r==、∨---/、/ f==ミフ  厂ト、    覚悟するですぅ♪
.        //  〃r7,イ|   >トマ ̄〉 7ヽ厶ィ {ヽ 」__/ / 〉
     , -‐'7/ /:.rク/ {ニ=彳/ ハ ∨,  / ̄:{八_‐-┴勹
   /   /  /: :/7/  /,イ/ / /、/_ /: : : :|:厶 `^´ 人
   ヽ冫< /   {: : :Y〈__ //〃 ,' / 7ヽ ,仆、: : :|| : :`¨¨´: :冫、
    \/   rヘ :`ヾ//__/> //V/ /」 ハ: : l|: :丶: : : ,': ヽヽ
            /::/^ヽ_/厶>rく/ /l丶/ハ/;'/`ヽj| : : `、 /: : : :} ト、
        /::.:|/{/    Y^厶-z_ノ;';';';'∧::.::.:\: : : : : : : : j ハ:ヽ
        //:::,': :〃    {V  `ー<;';';';'/::.:ヽ::.::.:::ヽ、: : : : : {〈 `、ヽ
     〃:::,':::/: :/乃ヘ、 ({人 、`丶、)';'ヘ::.::.::.:、::.、.::.::\: : : rヘヽ l:::|





1681[]:2008/09/17(水) 23:17:31.46 ID:
0RcxTQI0
今日の分完了

続きは土曜になりそうです。

李斯列伝の範囲だけでサクサク進めた方がいいんだろうか・・・




169以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/09/17(水) 23:21:09.33 ID:
oFF3Z.Io
お疲れ様です。次回も楽しみにしてます。
作者さんの思うとおりに書かれるのが一番かと……。

>>169-171
ありがとうございます。
感想が嬉しくてついダラダラ書いちゃってます。



170以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/09/17(水) 23:24:45.15 ID:
7rI0XWEo
今のノリ面白いっすよ~。




171以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[]:2008/09/17(水) 23:28:01.83 ID:
MUZ2Skg0
面白かったよー。
このやる夫はできる子だな。
しかし翠星石の行く末が気になる。

>>171
翠星石は今のところ唯一の史実外のキャラなので、自分もどうなるか解りません。
参考までに、李斯は子沢山です。




2008.09.18 | やる夫李斯 |  コメント[33] | PageTop | 
タグエントリー記事
Loading


人気の記事
前後の記事
前の記事  やる夫が徳川家康になるようです 日蝕編 【第28話】
後の記事  やる夫が工場を立て直したいようです 【第3話】
コメントを書く | PageTop | 
  1. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/18 18:15 名前: dt | №4091 | [編集]

    見やすくなったわ



  2. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/18 18:34 名前: 安息の名無しさん | №4094 | [編集]

    だけど李斯ってたしかラストは…
    あばばばばばばばばばば



  3. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/18 18:48 名前: 安息の名無しさん | №4096 | [編集]

    翠の子は幸せにしてやってくれ
    史実を捻じ曲げる必要もないし、頼む
    それだけが私の願いです



  4. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/18 18:58 名前: 安息の名無しさん | №4097 | [編集]

    あんまり知識が無い時代だから難しいな、が、面白い。続き期待してる



  5. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/18 19:09 名前: 安息の名無しさん | №4098 | [編集]

    キングダム?



  6. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/18 19:17 名前: 安息の名無しさん | №4099 | [編集]

    これは漫画のキングダムと同じ年代になるのか?
    主人公の信=やる夫?



  7. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/18 19:25 名前: 安息の名無しさん | №4101 | [編集]

    内容は全然キングダムとは違うけど年代は同じ
    信と李斯は別人



  8. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/18 19:44 名前: 安息の名無しさん | №4102 | [編集]

    これは面白そうだ。次も期待してます!



  9. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/18 19:57 名前:   | №4103 | [編集]

    まーたこのブログは、チョイスセンスを見せつけてくれる!



  10. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/18 20:26 名前: 安息の名無しさん | №4106 | [編集]

    おもしろかった。次回が待ち遠しい。



  11. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/18 22:12 名前: 安息の名無しさん | №4108 | [編集]

    史実人物はラストが決まってるからな、みててセツナイな、、作者がんばれ



  12. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/18 22:47 名前: とうりすがり2 | №4109 | [編集]

    ・・・・?!、これは始皇帝の話か、これは続編が楽しみだ。



  13. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/18 23:51 名前: 安息の名無しさん | №4111 | [編集]

    李斯…バxt(

    おや、誰か来たようだ。



  14. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/19 00:29 名前: 安息の名無しさん | №4114 | [編集]

    なんか読みづらいな



  15. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/19 00:33 名前: 安息の名無しさん | №4115 | [編集]

    信陵君自身が王だったら秦は野望を果せなかっただろうなぁ
    信陵君が何度国を救っても毎回左遷させるからなぁ



  16. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/19 00:57 名前: 安息の名無しさん | №4116 | [編集]

    これは悪い意味でひどい
    作者はもっと経験をつむべき



  17. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/19 01:08 名前: 安息の名無しさん | №4119 | [編集]

    ※6
    キングダムの李信は秦の将軍
    李斯は秦の政治家(宰相)

    若手の筆頭だった李信は大言壮語するも、楚攻略戦で失敗してしまい、
    かわりにベテランの王センが大軍を率いて楚を滅ぼし、秦の天下統一が完成。



  18. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/19 03:30 名前: 安息の名無しさん | №4122 | [編集]

    ダッシュの多用は読む方にとっては見難いし
    作者のオナニー感も増幅される
    推敲も足りない

    要求に応える為に書き上げて興奮したまますぐ投下するより
    時間を置いてじっくりと書き練っていった方が
    作者もこれから向上しやすくなるし読む方も読みやすくなる

    同じ歴史好きとしては応援してるぜ



  19. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/19 10:45 名前: 安息の名無しさん | №4132 | [編集]

    前半部分のほとんど宮城谷の奇貨居くべしのパクリっぽいな
    歴史上の偉人伝をわかりやすく面白くするのはいいと思うけど
    やる夫でやってる意味があんまりないと思うんだが



  20. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/19 14:22 名前: 安息の名無しさん | №4140 | [編集]

    米7、17 サンクス



  21. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/19 16:29 名前: 安息の名無しさん | №4145 | [編集]

    批評家気取りの歴史オタが湧かないことを祈る



  22. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/19 23:01 名前: 安息の名無しさん | №4163 | [編集]

    >>19
    前半は史記そのままだが
    http://www.h3.dion.ne.jp/~china/HUMAN9I.HTML#RYOFUI





  23. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/20 01:37 名前: 安息の名無しさん | №4172 | [編集]

    もう一度故郷で翠の子と狩りをしてみたかったお……



  24. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/20 09:35 名前: 安息の名無しさん | №4178 | [編集]

    歴史ものは解説文がわかりやすいのが一番だと思うんだが、
    歴史に疎い俺にはちょっと時代背景がよくわからなかった。
    自分で調べてみるか・・・

    日本史も弱いんだが、
    徳川家康のほうは、割とすんなり理解できたんだがな。
    日本と中国の違いってのもあるんだろうが。




  25. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/20 11:46 名前: あんそくがお送りします | №4179 | [編集]

    すごく・・・・いい出来です




  26. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/20 11:47 名前: 安息の名無しさん | №4180 | [編集]

    殷を倒し、周が統一(封神演技)
    ⇒権力争いで西周・東周に分裂
    ⇒西周が異民族に滅ぼされる、東周は飾り物になる(春秋時代)
    ⇒西周を支えた晋と、東周を支えた斉・燕の争い
    ⇒異民族である西の秦、南の楚が参戦
    ⇒晋(元西周)が権力争いで分裂。韓・魏・趙のみっつに分かれる
    ⇒周に飾り物の価値すらなくなり、各国が王を名乗り始める(戦国時代)
    ⇒グダグダの韓・魏・趙の領土を秦が削り取って大国に
    ⇒このスレの時期

    当時の統治方法は、「お祈りして占ってやるから年貢よこせ。政治?勝手にやってていいよ」
    って感じ。
    始皇帝が統一して初めてその辺が整理される。



  27. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/21 15:13 名前: 安息の名無しさん | №4210 | [編集]

    やる夫李斯だけやる夫のカテゴリから外れてるのが気になる



  28. あんそくがお送りします 投稿日:2008/09/26 16:40 名前: 安息の名無しさん | №4398 | [編集]

    中国における「父」って存在の重さについては、前提条件として強調しておいて欲しい気も。儒教的に考えて。
    現代の日本人的な視点から見ると、やり取りのニュアンスが若干変わってしまうだろう。ストーリーの理解に支障があるほどじゃないとは言え。



  29. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/07 04:10 名前:    | №8044 | [編集]

    李斯って将来韓非を・・・、言わないけどなんか悲しい。


    中国の歴史って後の者が前の者を悪く扱き下ろす風習
    のようなものがある、だから史実と事実じゃ少し違うと
    思いたいな・・・。



  30. あんそくがお送りします 投稿日:2008/11/08 18:48 名前: 安息の名無しさん | №8159 | [編集]

    李斯好きとしてはうれしいんだが、最後がちょっとなぁ‥。




  31. あんそくがお送りします 投稿日:2008/12/16 00:42 名前: 安息の名無しさん | №10949 | [編集]

    14話を見てから本編22を見ると鳥肌が立つぜ
    伏線だったんだなぁ



  32. あんそくがお送りします 投稿日:2009/02/06 11:09 名前: 安息の名無しさん | №14809 | [編集]

    ハンニバルを読み終えたので今度はこっちを読みに来ました
    同時代の話なんだなあ…なんか感慨が



  33. あんそくがお送りします 投稿日:2013/06/05 22:49 名前: | №22942 | [編集]

    このコメントは管理者の承認待ちです



■ コメントありがとうございます、励みになります。
■ スパム対策の為、httpをNGワードに設定してあります。URL記入の際はhttpのhを抜いてご記入下さい。
■ 記事に関して何か質問、要望等ございましたらこちらにコメントして頂けると早めに対応できます。
■ 次のような内容のコメントは削除対象です【宣伝、支援創作物への罵倒、記事と関係の無い話、悪意のある内容、罵倒、煽り】
■ レス指定する場合は、名前の右にある総コメント№で指定されますと、コメント削除した場合でもズレることはありません。

大感謝!!

アクセスランキング

カテゴリー

はてなランキング

* Designed by あんそく管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。