スポンサーサイト
タグ: このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |  PageTop | 
やる夫が徳川家康になるようです ダイジェスト 【第27話~第29話】
コメント[0] タグ: やる夫 家康 歴史 ダイジェスト このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
6741 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 13:53:45.16 ID:HYnhH06o
第27話「江戸幕府」

この物語は、東照大権現、徳川家康が天下を取るまでの、
苦難の物語である。

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   内政と外交、同時に進行させるのはきついお。
|       (__人__) l;;,´|   内においては豊臣を抑えつつ、
/      ∩ ノ)━・'/    徳川の政権を樹立し、確固たるものにしていくこと……
(  \ / _ノ´.|  |    外においては明と朝鮮との友好回復、
.\  "  /__|  |    そしてスペインやイギリスとの外交……
  \ /___ /

やる夫は考えていた。
徳川政権の樹立には、何をおいても力が必要である。
そして、その力をつけるには、富を集めなければならない。






6801 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 13:56:21.53 ID:HYnhH06o

前回、豊臣宗家より奪った金山銀山は大きかったが、
その金銀を蓄えるだけではなく、徳川家のため、日本のため、
活かす方法はないかと、やる夫は考えた。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::: \   それには、やはり交易だお!
  |     |r┬-|     |   ヨーロッパと、どんどん交易をするお!
  \      `ー'´     /




6841 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 13:58:49.14 ID:
HYnhH06o
        ∧
      /|\⌒`ヽ
     v||.| |||\〃ヽ       やる夫さま、ヨーロッパの情勢や、
     |!‐,‐、,┐| ..::::| 
     l|`T ̄~| | :::::|       私の出身国、イギリスと、
     'λ|__/√ヽ/⌒ヽ
     /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ
    /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ
    |ト、i   ) ..:::γ    /  
     t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´
  (⌒oゞ _\   .:.\ノ
    Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
    ` (○0ニニニニ;〔
     ウィリアム・アダムス

             __
      ,, - ー''' ̄ ̄    ヽ
    /             ヽ
   /        ゝノノ    _丿 | 私の国、オランダについてお教えシマショーウ
   |   , ー--,,_,,,--'' l/  .|
  .|   ヽ          |  | ヨーロッパは決してこわくナーイ
  |   / ,,‐-     -‐   |
  |   i    ,-、     _, |  | 勇気をモテクダサーイ
  ,‐-、  l _   oヽ` ヽ' o`   |
  | 、` l    `ー     ヽ´`i   |
 .|  )             ヽ|   |
  ヽ `     _   ゙ー-、_ ) .|
   ̄i    |   、―ー  | <    
  /.|         `ヽ/   |   \________________
 /  |       -   ノ
 丶   `ヽ __  , , -' ' |ー、
  ヾ   \     /   |  \
     ヤン・ヨーステン

話は少しさかのぼるが、関が原の戦いより少し前、
やる夫は豊後に漂着したオランダ船リーフデ号に乗っていた、
ウィリアム・アダムスとヤン・ヨーステンと会い、世界の情勢を知った。

この時期(17世紀初頭)の世界情勢について話すには、少し時間がかかる。
あくまでも簡単にだが、順を追って、説明していく。




6931 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:01:27.00 ID:HYnhH06o
                          。
                     。  。     |     。  。
                      |.  |     |:|    |.  |
                   ||  ||    |.:.|    ||  ||
                     |:|. |:|   l∧l   |:|. |:|
              。     |.:.|. |.:.|   ,.傘.,   |.:.|. |.:.|      。
               |       .|∧||∧| ,傘傘傘, |∧||∧|       |
     。  。       ||.     (VVVV).傘傘傘.(VVVV)       ||      。  。
     |.  |      |:|      {∽}{∽}}}傘傘傘{{{∽}{∽}      |:|      |.  |
    . ||  ||     |:.:|    ,傘|l~~|l~~|}}个个个{{|l~~|l~~|傘,    |:.:|     ||  ||
    |:|. |:|    lvvl .,.,傘傘|∩||∩|}::::/⌒ヽ :{|∩||∩|傘傘,.,. lvvl    |:|. |:|
    .|.:.|. |.:.|.     |∩|傘傘傘|| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l|傘傘傘|∩|     .|.:.|. |.:.|
   |∧||∧| ,.,.,傘||"||傘傘傘|| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l|傘傘傘||"||傘,.,., |∧||∧|
   (vVVVV)傘傘{∽}个个个{∽}{∽}}:|三ニ三|:{{∽}{∽}个个个{∽}傘傘 (VVVVv)        |
   山i!山i山傘傘|三|!|/⌒ヽ!|l~~|l~~|}:/个\ {|l~~|l~~|!/⌒ヽ|!|三|傘傘山i!山i山          ∧
   ||^^||^^|个l个{∽}!||:.  ||{∽}{∽}}:{ニi二iニ}:{{∽}{∽}||:.  ||!{∽}个l个||^^||^^|       /;;;;;ヽ
   || l|| l|::::::::::::|三|!|iニニニi||l~~|l~~|}::::/\::::{|l~~|l~~||iニニニi|!|三|::::::::::::|| l|| l|        | ∩ |
   || l|| l|/l\||: ||!|/l\||| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l||/l\|!||: ||/l\|| l|| l|  /\  |ニニ|
   || l|| l|::l⌒l: ||: ||!|:Ii==iI:||| l|| l|}:::|ニニニ|:::{|| l|| l||:Ii==iI:|!||: ||::l⌒l: || l|| l|三三三三三三三三
   |∬||∬|::|___l: |§|!|:|l  l|:||∬||∬|}:::, '三`、::{|∬||∬||:|l  l|:|!|§|::|___l: |∬||∬|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   {})({i})({}iニニニi{({})}!!.!|,,, l|:!{})({|})({}}::|皿l皿|::{{})({|})({}!:!|,,, l|:!!{({})}iニニニi{})({i})({}:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::
   || l|| l|鬥l鬥||: ||!|鬥l鬥||| l|| l|}|鬥轟鬥|{|| l|| l||鬥l鬥|!||: ||鬥l鬥|| l|| l|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:

11世紀後半から、13世紀後半までにおけるの十字軍の遠征により、
ヨーロッパ各国はイスラム社会、そしてその先の中国や日本などを知った。

13世紀後半に書かれたマルコ・ポーロの著作「東方見聞録」は有名だが、
その中では日本は、黄金の国ジパングとして記されている。
(もっともマルコは日本に行ったわけではなく人から聞いた話を記しているだけであるであり、
更にこの「東方見聞録」が欧州で注目されるのは、16世紀半ばのことになる。
これについては、また後にも触れる)




7001 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:04:01.89 ID:HYnhH06o
  胡  い        !             !
  椒  っ       i             i  か  コ  早
  で  た  肉   |            |  な  シ   く
  し  .ら  と    |            !   ぁ   ョ
  ょ           .!            .|      ウ
  う           ,'            |      こ
 に          /            !      な
           /__,,,... --──- 、.,,_   '、     い
        ,. :'"´      /ヽ.     `ヽ.  \    ________,,..
_____,,,,... -‐/         / @ ',      ',   `レ'´
     ,.'          /     _r-‐ュ- 、ノ!
     ,'  ヽ    _,.r-‐ァ' _ユ,.ー-' ̄  `ヽ!コ、
     ゝ_,.r'" ̄7´_コ-‐'"´ ;   !   ハ  Yヽ!
    r'ヽ、_ソーr'"´  _」,ハ /!  ハ`ーイ !  !  !
    く_,.イ /  !  !ーイ_」_V | / イ´!ハ! ,ハ /
     i !   ! /,イ´ r'i` レ'   !ン' ノレ' レ'i
     ! ノ   .! ,ヘ. '、  り       ,., !/ !,ヘ        , '´ ̄`ヽ.
    r'く/     ト、, `' `"´     '   ,ハ. | ',.      /  も  ',
    ヽソ,    ,ハ, ヽ.,''"    )ー-  ,.イ ハ !  >、     i       !
     Lヽ/  ,' |  .|`>, 、., ___,,.. イ、 ! / Vイン'  , '´ ̄`ヽ  ぐ   /
     `ヽゝイ ノヽ、!イ´ .l   /  Y'ヽ、ハノ    /  も  ',. ____,ノ
        レ',.rイ´ l   ト-‐/   /   !>ァ、   i      !
         /´ヽ,ヘ 、  レ'   ,   /ソ  `ヽ.  '、  ぐ  ,'   i
       r7、_  Yヽ、(><)/  ,.イ/     ':, ヽ、.,____,ノ   /!
      _ノ、  二7 、 ヽ(ハ)ーイ_,r'ン'i__,.、__,.r'"´ i、        ,' i
      !7、二._\':、  ̄7      「!      イ !        ! ,'
     /´ _,rァ'´`"'ー'、ヽ }{__     !ヘ.,__二ニ=イ____     ノ i
    ,' /´/!  `'' ー- 、)、!:::::`ヽ、_ イi>'、-─=、_ノ」::::/   ,:'´   /
    !,.イ ,'/  ____ー-,ヘ\::::>''"´`ヽ !       !:〈    '、,__,ノ
    '、!  ! !ー-=ニ'"´|::::::`y'´      i |     ,「 ̄ ̄i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `'ー'`'ー-‐''"^' ーr=ニ二二二ニ='┐ ̄ ̄
  r=ニ二ニ=┐                !         !
  ヽ、.,_____,ノ                 ヽ、.,___________,.ノ

ヨーロッパの人々は、まだ見ぬアジア諸国に思いを馳せた。
また、インドや東南アジア諸国から入ってくる胡椒などの香辛料は、
肉の保存と味付けに有効であり、当時の欧州では高値で取引された。
貴族たちは、金と同じ価値で香辛料を購入していた。




7111 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:06:36.83 ID:HYnhH06o


                       / ̄ ̄ ヽ, 
                       /        ',  走れメロス
                        l {0}  /¨`ヽ {0} 稼げコショウ
                       l    ヽ._.ノ  ',
                      ノ    `ー'′  ',
                     / ゚    =ー----'、... __
  ゚             +  ===== !    ,.          ̄丶
        __            ,. -'':.、  u     ゚      。 \
==三/ `ニ ー――-- 、..-''´    ゙ー‐ァ--―''" ̄`丶、 u    丶、   _,,.. --、
   ,r''´。 ゚  __     ・    。   _.. -''´         `丶、     `‐ '"  ´‐'´'
。 /,   ,. - '´   ゙̄''ー-----―''"´      +     ゚      ヽ ー    _ノ-'´
  `゙ー-'´                      --===三三三 ヽ、_ /



冒険家たちはヨーロッパ、中東、アジアと、陸路でインドに行き、
胡椒を命がけで調達し、金を稼いだ。


だが、やがてヨーロッパとアジアの間にあるビザンツ帝国(東ローマ帝国)が、
強大なオスマン帝国に支配されると、陸路でインドから胡椒を手に入れるのが、
難しくなってしまった。オスマン帝国はイスラム勢力であり、
キリスト勢力のヨーロッパとは敵対していた。




7201 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:09:06.16 ID:HYnhH06o
          ____
        /__.))ノヽ
        .|ミ.l _  ._ i.)  おお・・・
       (^'ミ/.´・ .〈・ リ  わしが育てた地球で
       .しi   r、_) |  わしが育てた人類が騒いどる
      +  |  `ニニ' / +
        ノ `ー―i´
   ⊂ニニ二     二ニニニニ⊃
   . ・  /    /
     ./   / .        _ ,.... -‐‐
    / //   *  ,...- ' ゙゙
  +/ //     , '´ヽ ヽ    _/
  ・| _ノ|_丿    /   j´  `'ー、_ j
           /  /`´      !ノ
        /  '!.j
       ,!' 

そこへ 1474年、フィレンツェのトスカネリが
「地球は丸い」という地球球体説を発表し、
大西洋を西へ行けばインドへ行ける、と唱えた。




7301 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:12:27.07 ID:HYnhH06o
         (::::::::::::   ヽ
    , ⌒ヽ    (::::::::::::::::::::::  )        
   (:::::::::::: '   (:::::::::::::::::::::::::::  ヽ⌒ヽ 、
    ゝ:::::::::::: `ヽ(:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    )       (⌒ 、
   (::::::::::::::::::   ::::::::::::::: 、⌒  ::::::::::::::::  ヽ     (:::::::  ヽ
  (::::::::::::(⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::  )    (:::::::::::::::::
::(::: ::::::::::::::::::::::::::: `)::::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::::::::::::: Y⌒ ヽ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)::::::::::::::::::::::::::::     ┌┐  :::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /~'7;; |/~''7 ::::::::::::::::::::::::  夢を求めて。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (  ( ̄|  ( ::::::::::::::::::::::::
                     、___`t-'ーイゝ-i
                      ヽ] ̄二二二7
~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'"^~~^'""~^'"^~~~~~~~
 ~~~ ~~   ~~~~  ~~~ ~~  ~~~  ~~~
 ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~~~
~ ~~~~~ ~~ ~~~~   ~~  ~ ~~  ~~ ~~~~


やがてポルトガル、スペイン両国は、大西洋ルートから、
アジア貿易に乗り出すべく、まずアフリカ北部から西部に進出した。
いわゆる「大航海時代」の始まりである。

まず1488年にポルトガルのバルトロメウ・ディアスが
アフリカ大陸最南端の喜望岬に到達した。

そしてスペインもそれに遅れまいと、イタリア人クリストファー・コロンブスを使って、
大西洋を西へ横断してインドに行こうとしたが、
1492年、コロンブスが辿りついたのは未知の新大陸であった。
アメリカ大陸の発見である(コロンブスは、新大陸をインドだと信じていた)。




7381 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:15:03.21 ID:
HYnhH06o
                _   _   _   _
       +   +   | |   | | | |   | |  +
               | | Π| | | | Π| |     +
     / ̄ ̄ ̄ ̄/三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l +
   / ̄ ̄ ̄ ̄ /三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i、 ̄ ̄ ̄ i、
  / ̄ ̄ ̄ ̄ _/三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄', ̄ ̄ ̄ ̄l
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄',三二二ニl   +
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/三三三三//

……更に、1498年、ポルトガルのヴァスコ・ダ・ガマが喜望岬を迂回して
インド洋を横切り、ついにインド西部のカリカットに到着した。

スペインとポルトガルの航海士達は、その好奇心を満たすため、
また香辛料貿易によって一攫千金の夢を果たすため、
アフリカ、アジア、アメリカなどに次々と進出していった。




7491 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:19:17.12 ID:HYnhH06o
                     .  †
                       ∧
                      ./;' ヘ,
                     、_/,: ,、゙.ヘ._,,
                     i゙7;' li^il ゙Vi
                     レ´l ̄ ̄`ト、:
                    〔;'´l ̄ ̄`ト、〕
                     | |    | |    _,。/)     パタパタ
           ╋        |^i| r^'i |i^|    `ー'" _,。/) _,。/)  バタバタ
           ┃        |ヒi| .l韮l .|トi|        `ー'" `ー'"    パタバタ
          ./\.       | |     :| |          _,。/) _,。/)
         .//\\.      i幵iェェェェェェェェi幵i         `ー'" `ー'"
       .//   \\.    冂| ̄ ̄ ̄ ̄|冂
      .//  .仝.  \\.  | |l  ∧∧ l| |             _,。/)
    .//    i燹!    \\.! |l  目目 l| |              `ー'"
   .//            \\.|l .且且 l| |(;;"'',,,;;゙);;゙)
  </               \> ..  (;;"'',,,;;゙);;゙);;;:::::::Y:;;;;;:::ヾ
   |                   |   (;;;;;(;;;;;;;;;;;,,):::;;::::,,, ;;;;,):;,,)
   |       ,r'全ミ、       |  (rill;;::(;;;,,,, ,,,;;ヾ,,,,;;;;,,;ゞ::::::)
   |       |田l田|       | 丶;;;l;;;;il;;;;;,,, ;;;;;;;;;; 、'゙,;;, ,,;;)::::)::)

スペインとポルトガルが世界各地に向けて出航していた大航海時代……
合わせて、中央ヨーロッパでは、ルターによる宗教改革運動が起こっていた。




7551 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:21:51.64 ID:
HYnhH06o
              /)         ,..-──-
           ///)      /. : : : : : : : : : \
          /,.=゙''"/      /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ  俺が出した免罪符を買え。
   /     i f ,.r='"-‐'つ    ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',i
  /      /   _,.-‐'゙~     {:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :} そうすればお前らの過ちは許され、 
    /   ,i    ,二ニー;     {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :} 魂の救いとなるであろう。
   /    ノ    il゙ ̄ ̄      { : : : :|   >   |:: : : : ;!   
      ,イ「ト、  ,!,!         ヾ: :: :i r‐-ニ-┐ | : : :ノ
     / iトヾヽ_/ィ"___.       ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,r|、` '' ー--‐f´
                        レオ10世

事の始まりは、ローマの教皇レオ10世がサンピエトロ大聖堂の新築資金調達のため、
ドイツを中心に贖宥状(免罪符)を売り出したことである。
当時のドイツは政治的に分裂しており、何かと干渉や搾取をされやすく、
「ローマの牝牛」とまで呼ばれていた。




7691 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:24:51.47 ID:HYnhH06o


           // ̄' ̄ ̄ヽ.\
           `i |,_, ,_,、 i .>  そんなのおかしいぞゴルァ!
           ト|,:ニ/ヽ二|'ー!イ.   魂の救いは善行によらず!
            | ̄,.レ,..、  )7   あくまでキリストの
            ! ''===i  /'.    福音への信仰のみによるんだぞゴルァ!
            ヽ `! !' ,//\_  
         _,―イ>`'´‐< /  \_    
       _/ _/  /`―「_!―'./  /   `―::、
      _/ |i   |  ///' /  !_      \
     ノ  | i  i'  ! | | /  ・'/ i'    イi
     >  | |  |  | | | /   /===i |    /|
     「   | i  | | | レ'  /    :|      |
     「`i  | ヽ  | フ  /     |     ノ
    iク `i‐|  \/ /┌::..、 ,‐、」   、 !|
    ト三∃|  / / _コ \\\     |
    !\コ'./ / /  E==  ) ヽ !     |
    \_/ //   iニニ'´//  ! |    」
       |  |      `ー‐´V   | |_,,..::‐''´
       |  |           ̄ ̄// |
         マルティン・ルター

ルターはそんな教皇庁の姿勢を金儲け主義だ、間違いだと指摘した。

ルターは1521年に破門されてしまうが、彼はその後もドイツ語の新約聖書を発表するなど、
民衆が直接、キリストの福音に接する道を開いた。
教会や教皇ではなく、神の言葉である聖書を中心とするルターの、最大の功績であるとされる。

やがてルターの考えを採用した諸侯達により、修道院の廃止、典礼の改革などが進んでいく。




7801 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:28:24.89 ID:HYnhH06o

               ,..-──- 、
              / : : : : : : : : : : \
             / : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
            ,!: : : :,-…-…-ミ: : : : : :',   ああ?
            {: :: : i.'⌒';;;;;;'ー i: : : : : :}   てめぇ俺に逆らうのか?
           . {: : : | ェェ  ェェ  |: : : : : :}   どうなるかわからんよマジで?
             { : : |   ,.、   |: : : : :;!
            .ヾ: : i .r‐-ニ-┐ | : : : :ノ    皆さん免罪符買いましょう。
              `イ! ヽ 二゙ノ イゞ‐'     ケータイクーポンなら1%引きだよ。
                ノ` ー一'´, ‐'ヽ
               / !  _, ‐"   _ !
              .,レ‐''´   _, -'  !、
.             // ,|   . , -'´  __ !

           // ̄' ̄ ̄ヽ.\
           `i |,_, ,_,、 i .>      やっかましいわ。
           ト|,:ニ/ヽ二|'ー!イ.       18年間優勝から遠ざけるぞゴルァ。
            | ̄,.レ,..、  )7   
            ! ''===i  /'.    
            ヽ `! !' ,//\_  
         _,―イ>`'´‐< /  \_    
       _/ _/  /`―「_!―'./  /   `―::、
      _/ |i   |  ///' /  !_      \
     ノ  | i  i'  ! | | /  ・'/ i'    イi

事はもちろん、もっと複雑なものだが、詳しく語るとキリがないので、強引にまとめに入る。
こうして16世紀前半、教皇庁をはじめとするカトリック(旧教)と、
ルターや、ルターの説に共鳴したカルヴァンらのプロテスタント(新教)が誕生する。
(プロテスタントとは「抗議者」という意味である)

教皇領やナポリ帝国(現在のイタリア)、スペイン、ポルトガル、フランスなどはカトリックであり、
イングランド、スコットランド(現在のイギリス)神聖ローマ帝国(現在のドイツ領)、
ネーデルラント(現在のオランダ等)ノルウェー、スウェーデンなどはプロテスタントが多かった。
もちろんどの国も一色ではなく、フランスの一部にもプロテスタント派がいたりもした。

混乱される方も多いと思うが、覚えられない、という方は、
旧教がスペインとポルトガル、新教がドイツ、オランダ、イギリスだと考えておいて良い。
同じキリスト教でありながら、この宗派の対立は時間が経つごとに激化していった。




7911 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:31:36.95 ID:HYnhH06o

  iニ::iニl                             † __ _ .iニiニl _____†
  |_;;:| _|_______________________∧† |:;:;::;:;:|_;|_;|;:;:; :;:;:;:::;†:∧
  |_;;,/ __;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;__;::;:;:;::;:;__;::;:;:;:;:__;:;::;;;::; __;:;::;:;:;:__;;;:;;/;; ∧i;:;:|;:;;. 'i.†.i' :::::|:;:;:;:∧  'i,
  |;,/ ∧ヽ:;:;:∧ヽ:;:::∧ヽ;:::;::;∧ヽ;::;:∧ヽ;:;::;∧ヽ;::;::∧ヽ/_ /iロi'i,∧ :;':i鬻i'; :∧;:;/iロi'i,__ 'i、
 /,/;:;:;|ロi,,|;:;:;,|ロi,,|:;::;,|ロi,,|;:;:;:,,|ロi,,|;:;:;,|ロi,,|;:;:;;,|ロi,,|;:;:;:|ロi,,|:| /   'i, 'i,='='/ ;/   'i"`i
 i`ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ;;i:|''" ̄``|"'| _ |""|''" ̄``|;;:.|
 i,,;| | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|;:;l,|";;::.   | ::| |ロロli |  |";;::.   |;;:.|
 i,,;| |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|;:;l,|";'ロ';'ロ'| ::|  ̄ |  |::::∩∩|;;:.|
 i,,;|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl,|";;::.   iコ:| _ |lコ:|;::::! !:! ||;;:.|;:;,.,.,,ー、;:;,.,
 i,,;|      ,ー、       ,ー、       .,ー、     .:.:l,|";;::.   | ::| |ロロli |  |;::::!_!:!_||;::.|,:';:;'':'`::';::;:;.
 i,,;| | ̄|  |  |  | ̄|  |  |  | ̄|  |  |  | ̄|::;l,|";'ロ';'ロ'| ::|    |  |;;::.''" `:|;;:.|,:''':;:;;:;`::';;::;

1534年、日本では織田信長が生まれた年……この年、カトリックはイエズス会を結成した。

イエズス会はカトリックの腐敗を改革し、ヨーロッパ中央で広がりつつあるプロテスタントの
拡大を食い止めよう、という目的から結成された。また、それと同時に、
世界の全ての人間にカトリックの教えを伝えよう、というテーマもあった。
……もちろん、キリスト教を布教した土地をやがて植民地として経営しよう、
という冷徹な計算もあった。




7961 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:34:13.92 ID:HYnhH06o
/;;;;;;;;彡"".//    ""ヾ
{;;;;;;;;彡  /, / ~`ー- '~~` .l|
{;;;;;;;;彡   _,,,-===  .==-、l|    焦るんじゃない。
ヾ;;;;;;;;/   ,-'エユ`; 'エユヽ{
./`、""      '  `「   |    俺はただ布教がしたいだけなんだ。
.ヾl6        ,- ヽ  |
 ヽ'ヘ       (,-、_./  .|
  ~~|、     ,___`_,,_ .|
  _人ヽ    '  二 .` ,/
.._/ヽ\、         /
;|; ; ; ヽ\\-、_    人-、
 フランシスコ・ザビエル

そのメンバーの中には、日本にキリスト教を伝えた、
フランシスコ・ザビエルもいた。……彼はカトリックの国、スペインの生まれである。

ザビエルはカトリックの教えを世界中に広めたいと思っていたし、
そうすることが、中央ヨーロッパで広まっている新教(プロテスタント)を、
牽制することにもつながると思っていた。
その情熱が、前述の大航海時代の熱とも結びついていく。




8081 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:36:57.51 ID:HYnhH06o

         ,,,,,,;;;;;;;;,,,,, /     な ご
        /;/-;;;--;;;;;;;      
       .l| _ _  {=}-、    さ め
        |,-`' .--、 ρ|
        | '’', `’`  l-'     い ん
       ,-l、 '_--ミ  _,`y、
     ,-'~  .|ヽ ̄,_,/:// `ー、 ね
    ./ /,  | |:/\:::// | l ,  ヽ
   / l |  |`|:::|。::/ノ  |,|/ , __ |
   /ヽ_`|  ヽヽ:'ノ/    / / '/ ヽ
  ,/ _-' |   ヽ`/    / / /  ヽ
 /-、' __ |    | |゚     〈 / /   ヽ--、 ,-
.〈-'/,-、|    | |      |-'~ _,-  |.  `'
| ~ -、_.〉' /  | |     _l- '~-ー  |
|    ヽ /  | |゚    /-、,-'~   /
       ヤジロー

ザビエルはポルトガル王の依頼を受け、
やがてインドからマラッカへ渡り、
そこで日本人ヤジローと出会った。
ヤジローはかつて日本で殺人を犯して、その罪を悔いていた。




8141 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:38:56.95 ID:
HYnhH06o
           `/ ダ 救 人
  豊 独     |  メ わ 間
  か り      | な .れ は
  で で      | ん て ね  
   ・ 静      .| .だ な な 
   ・ か      ,,,.|   き ん 
   ・ で   ,=;;;;ミヽ   ゃ と 
   ・   .,彡;;;;;;;;;;;;三ヽ あ い 
     彡;;;;;;;;;彡;;;彡、;;ヽ   う   
     彡;;;;;;;;;;';;;彡;;/:::::::::ヽ__ か
    彡;;;;;;ミ;;//./ :     `ー------
、_   彡/;;;;// / :  ,..-ー'ー ヽ ::::|;;;;;;;;;
  `∨- ///;;|//ー-ー'       :::::`-;;;;;;
      '/ヾ| '   l -、,,,,,,=====、 :::::::`-
       /  ,,,,,='........."',-、-,-、::::`::::::::::::
       |="",-,、_,-、:::'-`-~'`:::::::::::::::::
       ヽ/,' `'.| ミ::::        ::::::
        |   | ::::::::::       :::::::::
        |  / :::,--、:      :::::::::
        .|  .|  ':::,..ヽ::::     ::::::::
        ヽ ヽ.二'~ '~:::      ::::::::::
         `l  .; '-,----、__    :::::::::::
         ヽ ` '三三ニ-'::   ::::::::::::
          ヽ ,-----,-::::   :::::::::::::::
          .ヽ  """::::::::   :::::::::::::::
          ヽ       :::::::::::::,.--
           ヽ     ::::::::::,..-' /
            ヽ_........::::::,.-'://
              `/-、~;;//
             ./| `=='~     /
           //::| /彡ミヽ    /
         /::/::::/ /彡|lミ/ヽ  /

ザビエルの言葉により、ヤジローはキリスト教に入信する。

そしてヤジローから日本に興味をもったザビエルは
日本に興味を持ち1549年、来日する。……キリスト教の伝来である。

また、この6年前、1543年(年代には異説有り。史料によって少し異なる)
にはポルトガル人によって鉄砲が日本に伝わっている。



 

8231 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:41:16.90 ID:HYnhH06o

      ,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,   
    _,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ニ三ミ|;;;;;,, 
    /;;彡彡;;;;;;;;三三;;;|;;;;;;;;} 
   /;;;;;;彡-"-,;;;;;,-,::--、;;;;| 
   {;;;;;;;/_/__,/"   |;;;|    鉄砲!
   ヽ;;;;;;} ,..---、_ _,, __ .ヽ| .
    ヾ/ ___,,,,,,,,  -'__` |lヽ.   そういうのもあるのか。
   (/,|  ' .,ーr)`, .l,'ニ'-' |).|
   ヽニ|.    ̄ ' .l    .|/ .
    .ヽ|    .,・ ヽ   .|、_
   ,.-=~--、.  `ー--'   |: ヽ
,.-ー~く'| ( ̄,-;.  ー-   /: :ヽ
: : : :`l| | / Y'、_. ~   / |: : :
: : : : / '_ '    `-、/  |: :、:
: : : : ヽニ_    /、   |: : :


程なくしてザビエルもヤジローも死ぬのだが、
キリスト教は、その後もやってきた宣教師によって日本に広まり、
鉄砲や、ヨーロッパの物品、文化も日本に伝わっていった。
この頃になると、東方へのカトリック布教のために、
200年前に書かれたマルコ・ポーロの「東方見聞録」がにわかに注目を浴び、
ヨーロッパ社会でも「日本」の存在が少しずつ認知されはじめた。

香辛料貿易から始まる大航海時代の情熱と、
カトリックの腐敗、プロテスタントの登場、イエズス会の結成、日本への布教、
などなどの一連の流れが伝われば幸いである。




8261 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:44:02.62 ID:HYnhH06o
                      十
                      |
                     ,.!        ※第12話で
                     / iヽ       やる夫達が触れたのも
                   ∠___i__ヽ      ポルトガルの宣教師であった。
                    |iiiiiii|iiiii|
                    |iiiiiii|iiiii|
           , -―――一 ''''iー一,大
         /           ,/三\
        ∠_______,,/三三三,\
         |三|[]|三|[:]|三|[::]|三|三,/\,三|
--――''''''"^''|三三三三三三三三|三i|[]|[]!三|ー-――wwvv,,,,,__
"'i、ー-  ,,_ ,,~~~''''''~~~~~~~''''~~~'' ' ´ `''''''"~~     ~~


       / ̄ ̄\  ,、;i彡ミi〃ヾi、
      /  ヽ_.  \iヘ〃,!i〃ヾ彡ミ;ヽ、 ユックリシテイッテネ!
      ( ●))( ●)) iヾミ ミ'`         ヾi   ____
      (__人__)   ミ   〃       ,,,, l /      \
      l` ⌒´   ヾ  彡   ,,===   "``l ─    ─  \
     . {        冫 ∩ '" ィェァ冫  ヤ`.((● ) ((● )   \
       {      {( j |  ´` ´r-  、 l  (__人__)      |
  ,-、   ヽ     ノ、l .l へ  /ゝ-、 ハ l   ` ⌒´     ,/_
 / ノ/~/ ` ー ─ '/ l/  ハ__ー=ェェ=' /  ` ー─ ' ┌、 ヽ  ヽ
/  L_        ̄   / - ニ二.lノ ` ‐' /、        l__( { r-、 .ト
   _,,二)       .l     ,y 〉` ー  l l 、      〔― ‐} Ll  | l) )
   >_,フ   ___, -‐ ´ l   1<     l l \ー 、    }二 コ\   Li‐'
__,,,i‐ノ r'´ ヽ    ノ   l l ,ヘヽ    /y/   \ ` -、└―イ   ヽ |
   |   l   ヽ ハヽ、  ノ l l ヽ\/イ  ヾ 〃     l   i   ヽl


そして、何度もしつこく繰り返して恐縮だが、
大航海時代を切り開いたのはスペインとポルトガルである。

日本と交易をしたのは、最初はポルトガル、やがてスペインがこれに加わる。
(後にポルトガルはスペインに吸収されるが)、
カトリックのザビエルはスペイン人であり、ポルトガル王の依頼でアジアに進出した。
スペインとポルトガルはカトリックの国である。

戦国時代の日本にとって、ヨーロッパとはスペインとポルトガルであり、
キリスト教とはカトリックなのである。




8341 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:46:22.99 ID:HYnhH06o
               \\__二二ヽ.       .┣━ ┃┃ \\_.
                 ~\\   \\     ┗━       ~\\
       .           \\_   ~ヽ\    ╋┓       ~\\ヽ\__
                  丶 ~\\  \\    ┃┃         ~\\ \\
                      ~| |     ヽ                 ~| |    ヽ
                       ||       ヽ\               ||     ヽ\
       ,;-、 ,;-、 ,;-、 , ー、  ;-、 ,;-、        ̄丶\
       l'i;;l l'i;;l l'i;;l  i!;l⌒i| l'i;;l l'i;;l    __    ヽ\
      /l三三三三三三三三三三三三l`ー'";:;;|        ━┓┃┃
      //i;:'';':;'';:;:'';':;'';:;:'';'i/:;'';;i/';:;''i/:':;;''i/ ;:;:;: :; "|          ┃
     //;:!'';':;''   ';':;'';:;iコ';':;'';: ;:'';[l] ;:' : ;';' ;' :;'';'|        ━┛
     //'' |;':;' ;':;'';:;:;':;'';:;:;':;'';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: :i! |    ,,;=‐=,,..  ┏┓
     `i'' |   ;':;'';  :;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;;:;;'  i!;:;;|    |∩;:;:;|   ┗┛
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;'';:; [l];':;'';: ;';:;;':;'';:;  ;':; '';;;;: |   ,|:! i ':;:;|_
     |;':; | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i  ,;':; '';i!;: |   i'''" ̄~`'i .   ━┓┃┃
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;';':;'';:;  ;':;'';:;  ';:;  ;':;'';: ;' |  |':;'[];:;[]' ;|..     ┃
   ,_,|;:_,,|:__: __; '';':;'';:; [l];':;';':;'';:;  ';:;:i! ';:;;: ;|  !':;'';:': ;'';:|.. . .   ━┛
   |:;'';:;: '';;/| ;:;: ;:;| ;  '';:;: ';:;;';'::;'';:;  ;':;'';: ;:i!;:;'l  !':;'[];:;[]';::|      ┏┓
   |:;'';:;:;'/:;'' | ;:;': | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i | ._!':;'';:': ;'';:|      ┗┛
   |:;'':/:;'';:; .'|:;'';:;:;:'i,__;:;__;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'| _|;:|; ;[];:;[]';::|
,.,;:;、, |/:;'';:; ;:;;;.'|:;'';:;:'';:';:;:'';:'|;:;:'';:';:; ;:;:'';:'  ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'||;:|;`i,;:';:'';:'';; |    ━┓┃┃
;;:;: ;'''``、;"'"''、;      :`;';___,.,._., ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';: ': ',.,;:;、 ;:';:'';:'';;|       ┃
。:;;.: ;:;:; ;;;'`、;::;;、;。; ;.:`、, :. ;'';:;:'';:';|__ ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'' ,,;;、;。; ;:        ━┛┏┓
';: i!|''"ii''".;:|i'';:;:;:; ;;;'``、;::;; ;'';:;:'';:' ;`i,        "'` Y;:;: .             ┗┛

……スペインは、アフリカ、アジア、そしてアメリカ大陸からもたらされる富で、
圧倒的な経済力と軍事力を誇っていた。1580年にはポルトガルをも併合した。
だが、イギリスとの海戦においてアルマダ(無敵艦隊)が敗北し、
また海外からの富に頼る一方で、国内の体制は古く、決して良い状況ではなかった。

スペインは前述の通り、カトリック(旧教)の国であり、そのスペインが衰退していく一方で、
プロテスタント(新教)であるイギリスは次第に力をつけていった。




8411 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:48:49.82 ID:
HYnhH06o
             __
      ,, - ー''' ̄ ̄    ヽ
    /             ヽ
   /        ゝノノ    _丿 | 
   |   , ー--,,_,,,--'' l/  .|  理想と現実
  .|   ヽ          |  |
  |   / ,,‐-     -‐   |  だいぶ違うから夢からサメナサーイ
  |   i    ,-、     _, |  |
  ,‐-、  l _   oヽ` ヽ' o`   |
  | 、` l    `ー     ヽ´`i   |
 .|  )             ヽ|   |
  ヽ `     _   ゙ー-、_ ) .|
   ̄i    |   、―ー  | <    
  /.|         `ヽ/   |   \________________
 /  |       -   ノ
 丶   `ヽ __  , , -' ' |ー、
  ヾ   \     /   |  \

更に16世紀後半、
それまではスペインの統治下にあったネーデルラントが
事実上の独立を果たし、スペインの威信はますます落ちていった。

※ネーデルラント……現在のベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3ヶ国。

ネーデルラントはプロテスタント側であり、これをスペインが弾圧したことも、
スペインとネーデルラントが対立しあう大きな原因のひとつであった。




8461 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:51:04.48 ID:HYnhH06o

                      十 十
______γ ̄ヽ,___ 、__ 干 Τ  _________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄';;;;;;;;;;;;;;;' ̄ ̄  `、'┴" ̄干}  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
 ̄ヽ       ;;;;;;;;;;;      ヽ,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ             /
'、~~    ....... .. ;;;;;;;  ..... ... ....~~~~~~~~~~ .., ..., ,... ... ... .. .../
 ^^^ ̄^^)     ''''                        /
,、      7                             ヽ_
 ~~~~~~~^                                ~7,,,,,,,,
.. ........, ......,.    ....... .......,  ,......  ,......  ,....  ........  ........   .... ~~~~~~~~~~~~~~~~
~~゙゙'''゙゙゙''゙゙゙'''''゙゙~~~'~~~''''~~゙''゙~~~~~゙''~~~~~'''~~~~゙~~゙''゙~~~~''゙~~~~''゙~~~゙''゙~~~゙''゙~~゙'゙''゙゙'゙''゙~

……アダムスとヤン・ヨーステンが(本人達の意思ではないが)、
日本へやってきたのは、まさにそんな時期であった。

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    ふーむ、同じキリスト教でも、
/    (●)  (●) \   旧教と新教は相当に仲が悪いようだお。
|       (__人__)    |  日本の仏教も宗派同士で対立することがあるけど、
/     ∩ノ ⊃  /   それに近いものが、あるのかお……?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




8531 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:53:16.80 ID:HYnhH06o

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、 やる夫様、アダムスハ海賊デスゾ!
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ. コロセコロセ!!
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  それで、スペインやポルトガルの宣教師達は
/U   (─)  (─ /;;/  アダムス達を海賊だから殺せと言ったのかお……
|       (__人__) l;;,´    
/      ∩ ノ)━・'/    なるほど、イギリス、オランダとスペイン、ポルトガルは、
(  \ / _ノ´.|  |     宗派の上からも、国交の上からも、
.\  "  /__|  |     敵同士だお……。
  \ /___




8561 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:56:00.00 ID:HYnhH06o
        ∧
      /|\⌒`ヽ
     v||.| |||\〃ヽ       
     |!‐,‐、,┐| ..::::|      お解りいただけて何よりです。
     l|`T ̄~| | :::::|       
     'λ|__/√ヽ/⌒ヽ   私もスペインとはアルマダの海戦で戦いましたから、
     /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ  奴らが憎くないといえば嘘になります。
    /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ
    |ト、i   ) ..:::γ    /  
     t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´
  (⌒oゞ _\   .:.\ノ
    Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
    ` (○0ニニニニ;〔

……これはやる夫死後の話になるのだが、
後にこのカトリックとプロテスタントの対立が原因のひとつとなり、
神聖ローマ帝国を舞台としていわゆる「30年戦争」が勃発する。

宗派対立は最初のきっかけのひとつでしかなく、
やがて30年戦争は大国同士の権力争いへと発展していく事になる。

以上は余談に過ぎないが、やがて戦争のきっかけのひとつになるほど、
この時期のカトリック国家とプロテスタント国家の仲は、悪いと言っていい。
(更に余談だが、この宗教戦争の反省から欧州では政治と宗教の分離について
さかんに議論されることになる)




8591 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 14:58:02.43 ID:
HYnhH06o
            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\    (しかしこれはチャンスかもしれんお。
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \   秀吉が明に攻め入ったのは、
      |      `-=ニ=-      |   スペイン以外の硝石輸入ルート確保の為だったお!)
      \      `ー'´     / +

      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\   (イギリスとも交易のルートを開くことで、
  / /// (__人__) ///\   スペイン以外からも硝石を買えるお!)
  |     |r┬-|      |  
  \     ` ー'´    /

在日スペイン人達……主に宣教師や商人達だったが、彼らが危惧したのは、
まさにそこだった。これまでは、同じカトリックのポルトガルだけが競争相手であり、
また後にスペイン本国がポルトガルを併合して以降は、スペインが、
独占状態でキリスト教の布教と交易を続けていた。
しかし以後は、イギリスやオランダの参入により、それができなくなってしまう。

日本で産出される黄金や銀は質が良く、量も豊富であり、
その金銀を交易で独占状態で稼げるスペインは、今までウハウハだったのだが……。




8631 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:01:04.80 ID:
HYnhH06o

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \   アダムス!
      /( ●)  (●)\ )   やる夫を助けてくれお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\   ヨーロッパの知識や文化を、やる夫や、
    |    (⌒)|r┬-|     |   徳川家に授けてくれだお!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

   ∧
  ||_/\
 γ∧/´ `\∧      やる夫様は私を助けてくれました。
 |┃∥∥∥∥∥∥|     スペイン人の言葉だけを聞き入れず、
 |┃┏━┯┯━┓|     私の言葉をちゃんと聞いてくれました。
 |┃┃ニ二_二ニ┃|     おかげで命が助かりました。
 |┃ ∨  |  ∨|     協力しましょう。
 /|∨\_⊥_/|/ヽ
ヽ ̄\ 丶 ノ /

アダムスと、そしてヤン・ヨーステンはやる夫の為に協力していくことになる。
少し後の話になるが、アダムスは領地も与えられ三浦 按針(みうら あんじん)という
名前も貰い、やる夫の為に働いた。




8681 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:03:26.44 ID:HYnhH06o
             __
      ,, - ー''' ̄ ̄    ヽ
    /             ヽ
   /        ゝノノ    _丿 | 
   |   , ー--,,_,,,--'' l/  .|  その判断は正解に近い
  .|   ヽ          |  |
  |   / ,,‐-     -‐   |  もっとも限りなく正解に近イ
  |   i    ,-、     _, |  |
  ,‐-、  l _   oヽ` ヽ' o`   |
  | 、` l    `ー     ヽ´`i   |
 .|  )             ヽ|   |
  ヽ `     _   ゙ー-、_ ) .|
   ̄i    |   、―ー  | <    
  /.|         `ヽ/   |   \________________
 /  |       -   ノ
 丶   `ヽ __  , , -' ' |ー、
  ヾ   \     /   |  \


ヤン・ヨーステンも日本に住み、やる夫のために働いた。
「八重洲」という地名があるが、これは、彼の名前、
ヤン・ヨーステンが語源である。


       ____
     /-‐  ‐-\     これで学問的にも技術的にも
   / ( ⌒) (● )\    徳川家はますます栄えるお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   それに旧教のスペインと、
  |     l/⌒ヽ    |   新教のイギリス、オランダが牽制しあうことで、
  \   /   /   /    どちらか一方だけが調子付くこともなくなるお。




8771 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:05:22.90 ID:HYnhH06o
  ,. --── 、
////イl!lヽ:ヽ.\
:./:/.:.:/:l.:|:.|l.:.:lヽトl.:ヽ
.:/.:.:./.:./ハ:ト.:.|.:ヽ!l.:ii.:',     しかし殿様、この事で不満をもったスペインと、
/l|.:.:|.:レハ.:メ.ヽ|.:l/.|.:.i:l:.|     どこかの大名が、結びつかなければ、
.:!ll.:.:|.:lィZミヽ.:l|〉、!l.:トN:|     良いのですが……
.:.|lトl.:.|ゞ┴ l/ k::仆|:l/リ
.:.|lハ:!       ,¨´/l./
.:|N    、__' ′/レ′
小! ヽ   ` ー'`, '|/!            
Nト!  ヽ、___/

         ____
       /      \
      /  u   ノ  \    うーん……
    /      u (●)  \   正信は、結びつくとしたら、
    |         (__人__)|   どこだと思うお?
     \    u   .` ⌒/




8831 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:07:41.15 ID:
HYnhH06o
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l 
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l  殿様もお人が悪い。
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i  既に、旧教勢力と、
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i  手を結ぶとしたら、
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l どの大名になるか、
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  ` 目星がついているのでしょう?
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉 

       ____
     /_ノ  ヽ、_\
   o゚((●)) ((●))゚o    正信には隠し事はできんおwwwww
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  それじゃ、どの大名か、名前を一緒にあげてみるおwww
  |     |r┬-|     |    (⌒)  せーの……
  |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、
  |     | |  |     |  ノ__  | .| | |
  \      `ー'´     /〈 ̄   `-Lλ_レレ
                  ̄`ー‐---‐‐´

  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |   伊達政宗!
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,

          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\     伊達政宗!
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




8971 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:12:12.07 ID:
HYnhH06o
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:| 豊臣宗家に、
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|. それだけの事を行う人材は最早おらず、
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| | 福島、加藤、黒田、毛利、島津、上杉など、
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| ` これらは今、関が原の敗戦処理、
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|  もしくは新領地の内政で手一杯……。
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|  ですが伊達は領土もさほど増えておらず、
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、  だからこそ、余裕もあるのです。
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,

         ____
       /      \
      /  ─    ─\   それに、今、正信が名前をあげた大名は、
    /    (●)  (●) \  もう徳川に逆らうつもりは、ないと思うお。
    |       (__人__)    |  未だに天下に志を抱いているのは、
     \      ` ⌒´   /  あの男だけ……


         ____
      /  \    ─\    政宗と旧教勢力が結びつかないようにするお。
    /  し (>)  (●)\  ……伊達家には、よくよく監視をつけておくお。
    | ∪    (__人__)  J |  政宗は油断できんお。
    \  u   `⌒´   /  ……もちろん、他の大名にも警戒だけはしておくお。
    ノ           \

まだまだ、国内に不穏の要素は多かった。




9091 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:15:59.62 ID:HYnhH06o
         ____
       /      \  仕事が終わらないお。
     /  _ノ  ヽ、_  \
    / o゚((●)) ((●))゚o \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   |      . | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ    でも徳川家はどんどん儲かるおwww
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /      |r┬-|    | (⌒)/ / / //  
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /  
ヽ    /      `ー'´      ヽ /    /     
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ   
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、 ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                             ン

とは言え、徳川家は日本各地の金銀を直に支配下に置き、
その金銀を使って貿易を行い、その力はどんどん増えていった。
更にやる夫は、ベトナム、マニラ、タイ、カンボジア等など、
東南アジア各地に使者を派遣して外交関係を樹立し、
アジア各国とも貿易ルートを確保していった。




9161 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:18:31.63 ID:HYnhH06o

  //:::::゙ ::::::/:::゙、::ヽ:`:::::、::::::::::':;::::`'::::、:::::ヽ:゙、`、`::':ー‐-/
/  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;:::::::::/   殿様、金銀が、 
   ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;:::::::::::;'    
  ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、:::::::l   たくさん出ています。   
 ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';:__」     
  , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l::`i      
f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::、:::l     
 /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;!`i、!     
/      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ .|/l
        ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ   '、
         ',   ',. i\          / / l    .::〉、
ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._   .//\
 \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``' ‐<    \
             大久保 長安

各地の金銀を検分したりする、奉行の仕事を命じられたのは、
大久保長安だった。長安の内政、経理の腕前は凄まじく、
やる夫も信頼し、次々と仕事を任せていった。




9261 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:22:48.59 ID:HYnhH06o
ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i       ところで殿様。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、    アダムス殿の母国、イギリスと、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、  ヨーステン殿の母国、オランダは、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、 東南アジアの貿易に力を
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ 入れているそうですね。
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i

       ____
     /⌒  ⌒\     さすがに長安は良い情報網をもっているお。
   /( ●)  (●)\    その通りだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   香辛料貿易に力を入れている英蘭両国は、
  |     |r┬ |      |   本国では専用の組織まで作って、
  \γ⌒_ξ)'    _ /   アジア貿易に力を入れているらしいお。
   ( ^ノ  ̄     ヽ ハフハフ
  _ _ __      ____
 γξ)ξ)ξ) ノ   / ひとくち /
 ー―――――’  / 餃子  ノ

いわゆる東インド会社の設立である。
1600年12月にイギリスが、1602年3月にオランダが、
それぞれ複数の会社を合わせ、合同会社とし、東インド会社をそれぞれ設立させ、
アジア貿易に力を入れていた。




9391 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:25:37.18 ID:HYnhH06o
次スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1221286959/


     _:ィェ::'::::::::::::::::::::::::::::::::::ンニ=‐::::::::::::::::ン,.)::i::ヽ  
       ,シ::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::'ー=::=ニテ::::'"ン://:,'
     <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ン彡ン::::::::::::::::ン':,:',:'::;'::ヽ.  殿様、日本も
       ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::/イ::::::_:::-::::::,,:: '::::,:':、::iヽ  のんびりしているわけにはいきません。
       ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::":::::_::::::::/:::::,::'::::::::::', ! 
     ∠::::::::,:'::::::::::::::::::::::::::::__シ_'::::::; '::::::::,::'t:::!:::::iヾ  日本人も外洋船を造り、
        ,::'ィ::::::::::::::::::::::,r''ゝ、r:j,゙シ'ン::::,:',ケrj.ナ::!从i `  アジア各国の貿易に進出していきましょう。
       ´_/ンi:::::::::::::::::::i   ` ̄ '"/ 'i ゙"",':::ハ::i 
-ーー-ー''""" 〈 i ン''リ;:::::j::::i       _  .i:  ,':::,' ヾ
   ト、ヽ\ ヾ゙:'、ヾ ' ',::i i:::゙、       '´ イ::/__  `
`ヽ ! !i    ,、、t、ヽ : リ ! ! ヽ.  <ニア /!.lリ  `ー、
  ヽリi!_,-=ニ、 `ー、` t、、_.ヽ  ::\ ''''''´イ:/ , ゙!   i ヽ        ,、-、-、:::
__, ァ‐''´    `'ー、 `'、`、ヽ、ー:::::::`=´ン /     .l i , i ヽ_     / r;;;' ;;

             ____
           /      \
          / ─    ─ \    今でも貿易はしているお。
        /   (●)  (●)  \   まだ、不足だというのかお?
        |      (__人__)     |    
         \     ` ⌒´    ,/

          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、  ええ、まだまだ不足です。
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\  殿様、交易によって徳川家と、
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.  日本が富むことだけを考えず、   
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー- 東南アジア全体が富むことも考えましょう。
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ 
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ 
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i      
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i




9441 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:28:34.73 ID:HYnhH06o
   ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;:::::::::::;'    
  ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、:::::::l   日本の金銀は非常に質が良いものです。   
 ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';:__」   これをもっと有利に使いましょう。   
  , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l::`i      
f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::、:::l   殿様、これまではスペインやポルトガルの商人が、 
 /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;!`i、!  日本で手に入れた良質の金銀を使って、   
/      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ .|/l  東南アジアで硝石や香辛料を売買していました。
        ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ   '、 現地の商人も、日本の金銀は質が良いので
         ',   ',. i\          / / l    .::〉、大歓迎だったようです。
ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._   .//\
 \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``' ‐<    \


  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''  
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',  
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',  ……しかし、それをもはや、スペイン人達に
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',  やらせることはありません。
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::', 日本人でやっていきましょう。
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::', そして日本産の金銀を東南アジア市場の
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、 通貨とし、経済の面から、
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶 アジア全体を支配していきましょう。
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!




9511 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:30:53.19 ID:HYnhH06o

   /      \
  /  ─    ─\    長安、ずいぶんと大きなことを考えたものだお……
/    (●)  (●) \   ふむ……でも確かに、アジア市場を日本無しでは回らないように、
|       (__人__)    |   してしまえば、ヨーロッパ勢を駆逐し、日本がアジア交易の
/     ∩ノ ⊃  /    主導権を常に握ることができるお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |     そうすれば、明国も日本を無視できなくなるし、
  \ /___ /     東南アジアを事実上支配することで、
                 ヨーロッパ勢からの日本の国防にも繋がることになるお……。

         ____
       /     \
      /   \ , , /\    よし、そうしていくお。
    /    (●)  (●) \   アダムスにも命じて、外洋向きの船を、
     |       (__人__)   |   造っていくんだお!
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

やる夫は何とかして、数年で国内の片を付け、世界の貿易に乗り出したかった。

かつて、秀吉も朱印状を発行し、東南アジア貿易に乗り出していたが、
やる夫はそれをさらに強化し、国防と国の発展、アジア市場への投資と、
日本産の金銀による市場の制覇まで、考えにいれていた。
この事が、後の朱印船貿易にも繋がっていく。




9561 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:34:21.95 ID:
HYnhH06o
      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\   本格的に貿易を始めたら、船の出港と帰港は、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  全て長崎に統一するお。大名が勝手に貿易をされては困るお。
  |     |r┬-|       | あくまで徳川家が貿易を管理する体制にするお。
  \     ` ー'´     /  それが国家の秩序というものだお。


       ____
     /⌒  ⌒\    それに、徳川家の許しがなければ貿易はできない……
   /( ―)  (―)\   という体制になれば、諸大名も徳川にすりよってくるお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 今の時代は貿易無しでは金儲けができないお。
  |              | そうしていけば、豊臣に恩を感じる大名でさえ、
  \               / 貿易したさに徳川に媚を売ってくるに違いないお。

かくして、やる夫による国づくりは着々と進められていく。
体制は徳川家を中心としたものに。
徳川家の力はますます強くなり、磐石なものとなっていく。
諸外国もまた、日本国の代表は徳川家だと思いはじめていく。




9601 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:36:45.61 ID:HYnhH06o
       ____
     /      \
   / ─    ─ \   ……できれば、豊臣秀頼を殺したくはないお。
  /   (●)  (●)   \ 世の中の空気を読んで、
  |      (__人__)    | 徳川家の下に入ってくれれば、一番良いのだお……。
  \     ` ⌒´     /

この時期になると、福島、加藤、黒田、藤堂、毛利、島津などなどの、
関が原以後に徳川家に従ったいわゆる「外様大名」と、
それ以前から徳川家に従っていた「譜代大名」の配置が終わり、
徳川家による日本支配の体制が動き始めており、
豊臣宗家だけがその体制から離れている状態であった。




9671 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:39:06.44 ID:HYnhH06o

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ   がんばるぞ~
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      
 |      ` ⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

やる夫の三男、徳川秀忠が徳川家の後継者と、
はっきり定められたのも、この時期である。

    '' , , , ' , 'ノ、   , ' , ''  ' , 、' 、 ',}
   '  , ' ' Y⌒¨`'¬^冖‐一'⌒ヘ' 、 , ' 〉
   , ' ' , 'ニ!            {`, ' '/
    ' ,', ' r‐' ‐=、‐ 、__   _, =ニl, ' 7   二代目には秀忠様が良いと思います。
   ニヽ', ソ  ,rt::テ‐¬′  ,.ィラヘ l'/ヽ
   ⌒ヽH     ''='″"   ヾ=″lハ.
   ーヽ H           i   li/ /
   ニニ⊃____    {     亅 //
    - ̄´"'''┴ 、    ⌒ ‐'  /´
         \   }    -‐ 
      ィヘ、_  \/   ‐¬二 j_
    r'゙/  {ヽ  !    ̄´   ∧\_________
    レ' l   7 )  〉      /  ',
    /  l (_/  / `丶‐‐/    ',
          大久保忠隣

次男の結城秀康や、四男の松平忠吉を推す声もあったが、
秀康は秀吉の養子であった経歴と、既に結城家に養子に行った身であり、
忠吉にしても、三男をさしおいて四男はどうか、という声があり、
結局は秀忠が一番ふさわしいという結論に落ち着いた。
また、徳川家の重臣であった大久保忠隣も、秀忠を推した。




131 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:42:57.00 ID:HYnhH06o

                 _ ,....,,,__
              ,.- '´:::;:: -‐=ニ 、
             / l: ::: ::.! '´ 呂 _ヽ
               / /1.l.....:l -‐_,二´_ --l   秀忠様、
            |: レ_1.l !lー、-- 、 ` ‐ |   またお腹の中で動きました……。
            |:.l|-' l:l、l,l`ニ';!l: :|``'ー-l
             !::i〒、!ヾl'エニ!1:|: :.::::: l
.            ';:l ̄ノ' `   !,:l:.::::::: l
              ';ヽ`、 -  /,イ::::::::: |
              i ::\゙_,.ィ _,|:::: !::: |
              l ::::::::「i´ ';::::.l、: !
              l_:::::ノ/トヽ l ト',ヽヽ、__
             / /ノ / l ヽリ´! / .::ヽ
               お江(秀忠の正室)

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      そうか!
 |       ( <  |
 ヽ     `-'  /       それはいいことだ!!
 /   ヽ     ノヽ  
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

政略結婚だった秀忠とお江の夫婦は、非常にうまくいっていた。
最終的にこの夫婦は、8人も子供を作る。
一組の夫婦間に生まれた数としては、かなり多い。




221 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:45:51.84 ID:HYnhH06o
    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      …………。
 |      ` ⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\
  /U  (ー) (ー)ヽ    ……自分の行動の結果とは言え、
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|    お江にはいつもお腹の中に子供がいる……。   
 |      (_/´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /




321 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:47:31.71 ID:HYnhH06o

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /U  (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|   秀忠はまだ若いんだ……    
 |       ( <  |
 ヽ     `-'  /    セクロスがしたいんだぁぁ!!
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\
  /U  (ー) (ー)ヽ    
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|    でもお江は子供がいるから
 |      (_/´  |    セクロスできないんだ……
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (⌒) (⌒)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      だから浮気をしてやるぞ!!
 |      ` V´  |
 ヽ         /      シシシシシシシッ!!!wwww
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /




481 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:50:06.65 ID:HYnhH06o

............... ..ヽ . ;: . / .⌒ _,,..__ ヽ  ) ;. :ノ......... .........
:::::::::::::::::::::::::::ゞ (.   (::.! l,;::) .ノ ノ ./::::::::::::::.......:::::
        ._ゝ,,. .-ー;''""~ ';;; - .._´,
       ._-" ,.-:''ー''l"~:|'''ーヾ  ヾ
      ::( ( .     |:  !     )  ) BOM!
        ヾ、 ⌒~'"|   |'⌒~'"´ ノ
          ""'''ー-┤. :|--~''""
              :|   |
              j   i
            ノ ,. , 、:, i,-、 ,..、
          |      ` ⌒´  |
          ヽ         /
          /   ヽ     ノヽ
         ./ /   ∩ノ ⊃|  |
         (  \ / _ノ |  |
         .\ “  /__|  |
          . \ /___ /



            X
  三   ∠ ̄\∩  シュタッ
        |/゚U゚|丿         なりませぬ、秀忠様!
      ~(`二⊃
       ( ヽ/          浮気をせぬようにと、
  三    ノ>ノ           お江さまから見張りとして
       UU            拙者がつけられました!


お江は寂しがり屋であり、密かに嫉妬深かった……。




631 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:52:37.76 ID:HYnhH06o
それからというもの、秀忠の元には常に見張りがついてきた。
秀忠が女と関わらぬように……。

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (⌒) (⌒)ヽ   今日はキャバクラ行ってやるぞ!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      
 |      ` V´  |    シシシシシッwww
 ヽ         /      
 /   ヽ     ノヽ

| | |
  __
/  >  シュタッ
|゚U゚ヘ|~
/⊂二)        なりませぬ、秀忠様!
つ(⌒)
(_|U~
 |


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /U  (●) (●)ヽ   今日は疲れたなあ。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|   侍女にマッサージでもしてもらおうっと。
 |       ( <  |
 ヽ     `-'  /    
 /   ヽ     ノヽ

      / ̄ >
     |゚U゚ヽ|~    シュタッ
────╂∩Ο二)       なりませぬ、秀忠様!
     / 、|__
     (__ノ\_)⊃


    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\
  /U  (ー) (ー)ヽ    疲れた……
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|    
 |      (_/´  |    風呂にでも入るか……
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

 ∠ ̄\
~|/゚U゚|/  シュタッ
/ y⊂)           なりませぬ、秀忠様!
U〉  ⌒l 
/(__ノ~U




801 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:55:26.52 ID:
HYnhH06o
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   秀忠、秀忠はいるかお?
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

     _
    /u  ̄\   プーン
  / ─  ─\  ~
  /u  (○) (○)ヽ ~
 .| ⊂⊃(__人__)⊂| ~      お呼びですか、父上。
 |  @  ` ⌒´  | ~
 ヽ   ∴∴・  / ~
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |  ~
(  \ / _ノ |  |  ~
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

          ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\     うわっ、クサ!!
     /    (__人__)   \    あまり近寄るなお!
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    なんで戦場でもないのにそんなに臭いお!
     \    |ェェェェ|     /
      \/⌒)⌒)⌒)    /⌒)⌒)⌒)
     ノ | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /




931 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 15:58:37.00 ID:HYnhH06o
     _
    /u  ̄\   プーン
  / ─  ─\  ~      それはあまりのお言葉。
  /u  (○) (○)ヽ ~
 .| ⊂⊃(__人__)⊂| ~      ……ちょっと家庭内の事情がありまして……
 |  @  ` ⌒´  | ~
 ヽ   ∴∴・  / ~
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |  ~
(  \ / _ノ |  |  ~
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \   なんの事情だお……
    / (●)  (●)    \  秀忠、朝廷に働きかけて、権大納言の官位をもらったお。
    |   (__人__)    u.   |  ……これからは京都でいろいろ仕事をするお。
     \ u.` ⌒´      /  秀忠も色々学ぶといいお。……だからまず風呂に入れお。


やがて、やる夫は伏見城に移り、また新しく二条城も造り始めた。
かつて信長が造ったものとは、別の二条城である。

この二条城が、現在の京都に存在する二条城である。
(信長時代の二条城は石垣が発掘され、現在の二条城内で一部を見ることができる)




1041 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:01:51.63 ID:HYnhH06o
       /´,/  ,ニ,,,..、,  _,ィニニヾ、 i  ゝ
      ノ // ,<シ´ 、 、  ,;/, `丶 ヽ、丶ゝ
     '^〕、i!   _,,冫i  ;: 、,_,、  〕,、`>
      {;i`i゙‐-(´'´:: }-‐-Y´ ::、 )-‐'i´;)}   京都はお任せ下さい。
      iゞi::.  `゙‐‐,'´、  , t`--´  ,;!レ,i´
      i ヘi'::.   ^ヽ、___/`ヽ  !.|;i}l   
       i j   // i i  ;''" iヽヽ   i j    
       ` i! ,j (、/L;i_しi_ゝレ,v冫i ,j`´
         i `'‐- `, ̄ ̄´ -‐ン,/
       /^ヽ、、、   `゙   /i::\
      /:::::::f^゙‐`ミ‐;::、___,,,-'ン´  i::::::::ヽ、
          板倉 勝重

また、鎌倉時代の六波羅探題や、室町時代の所司代にならい、
京都の治安維持等の仕事を行う京都所司代を設置し、
最初はやる夫の娘婿の奥平信昌、次いで板倉勝重を務めさせた。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

日本は、もはや完全にやる夫のものになった。
だが、やる夫の名目はあくまで、
豊臣宗家の大老でしかない。
このままでは、いつまでも豊臣の下である。




1131 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:04:05.12 ID:HYnhH06o
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  …………。
/    (─)  (─ /;;/   豊臣を名目だけの主人にして、
|       (__人__) l;;,´    実権はやる夫が握る、という形にしても、
/      ∩ ノ)━・'/    いいかもしれない、が……。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  しかし日本には既に朝廷があるお。
/    (●)  (● /;;/   名目だけの君主で言えば、
|       (__人__) l;;,´    天皇家の下に豊臣宗家があり、
/      ∩ ノ)━・'/    更にその下に徳川家がある……
(  \ / _ノ´.|  |     これは、決して良くはないお。
.\  "  /__|  |
  \ /___

名目だけの主人がいる限り「天皇家のため」「豊臣のため」
と言って立ち上がる連中が、必ず出てくる。
今はやる夫自身の存在と、徳川家の武力が他の大名を圧倒しているため、
そういったことは起きていないが……。

名目だけの主人が存在するということは、徳川の力が落ちたとき、
反乱勢力が大義名分を容易に掲げることができる、ということでもある。




1181 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:07:03.06 ID:HYnhH06o
  /:/:::::::,/::::;/::::,r'::::::/|:::/ ,,|:::|-|;::::::|:::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;|;;;;;;;:/
 i,/|:::::::::;i::::/:::::/|:::::::i |::i"_i;;i__ ,,i::::|i;;:::::::::i;;;;;|;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;|;;;;;/
  | |::i|:::::|::::i:::;,/__|、::| "|:i'"_r'_;;;;ハ|:i |;:::::||;;;;;|;;;;;;;;;|ヽ;;;;;|;;;/   殿様、
   i;::::::||::::i:::i r';;}ヽ:i  i|" ´   !!  i;:::jj;;;;;;|;;;;;;;;;| |;;;;/;/    天海様が起こしになりました。
,__,-‐i;:::::||::::|::| ´   ヽ        ::::i i;:/ j;;;;;|;;;;;;;;| |;;;/;/
;; _'''' i;::::::i:i:::::::|  /          :::i / :i|;;;|;;;;;;;;|ノ;;/
-‐‐--|:::::|;:::::::ヘ ヽ、        :::/  ::::::::|;;;||;;;;||ヘヾ
;;;;;;;;;;;;;;゛|:::|::::::::|:ヽ、  __   ::::/  :::::::::::|;;| |;;|:::|
:::::::::::::::::::{:|i:::::::||;;:::\´ ー  `  ::/  :::::::/ || i|::::::i
::::::::::::::::::::| ゛i::::|! i;;::: i\       ::;/´::::::j:::::!::::::::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛i:|;;; \:i::::\   ,,, ,‐''"::::::::::::::::::::::   'i,
_,,-‐ー''' ̄     ''' フ\;  ̄  ヽ:::::::::::::::::    ,,,-‐―‐--,,,
              柳生 宗矩


     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /
      /             フ| /ニ--、    \/
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \   お元気ですか、やる夫様。
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       |
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            |
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          |
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          |
   / |     |_/ニ─l‐‐l---ニ / /   |      _─/、
  /、 |       | |二ニ凵ニ二ノ‐‐| ̄|二ニ-ヽ─┬─ヽ、--_/\
            南光坊 天海

天海はやる夫の参謀として、朝廷との交渉などを行っている僧である。

(明智光秀と同一人物ではないか、という説がある、奇妙な人物である。
光秀自身か、明智一族に近い存在ではないか、という推測もある)




1331 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:09:53.87 ID:HYnhH06o
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   天海殿、よく来てくれたお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /
      /             フ| /ニ--、    \/
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \  アイスコーシーさえ頂ければ、 
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、ワシはどこからでもきますよ。
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       | ぐふふふ。
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            |
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          |
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          |
   / |     |_/ニ─l‐‐l---ニ / /   |      _─/、
  /、 |       | |二ニ凵ニ二ノ‐‐| ̄|二ニ-ヽ─┬─ヽ、--_/\

朝廷との交渉を行っている天海たち、やる夫のブレーンの功績により、
やる夫は1602年1月に従一位になっていた。
正一位のひとつ下の位だが、正一位に生前に叙任されることはほとんど無いため、
生きている人間としては事実上、最高の位階を手にしたことになる。




1341 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:12:32.85 ID:
HYnhH06o
     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /
      /             フ| /ニ--、    \/
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \    やる夫様がお悩みの通り、
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \   名目、実質、名目、実質と、
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、 君臣の関係が二重三重なのは、
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       | よろしくないですな。
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            | 天皇家より上に行くことは不可能ですし、
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          | さすがにこれを滅ぼすわけにはいきません……
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          | ……ですが……
   / |     |_/ニ─l‐‐l---ニ / /   |      _─/、
  /、 |       | |二ニ凵ニ二ノ‐‐| ̄|二ニ-ヽ─┬─ヽ、--_/\

             ____
           /      \
          / ─    ─ \   豊臣宗家であれば……
        /   (●)  (●)  \ 
        |      (__人__)     |
         \     ` ⌒´    ,/

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  天海殿、やる夫は豊臣を滅ぼしたくはないお。
/    (─)  (─ /;;/   それをすれば徳川の悪名が大きくなりすぎるお。
|       (__人__) l;;,´    
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___




1371 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:16:33.17 ID:HYnhH06o
     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /
      /             フ| /ニ--、    \/
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \     ……豊臣より上の官職を、
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \    頂くように工作しましょう。
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       |  実力のみならず、
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |  名目でも徳川が豊臣の上に行くのです。
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            |  即ち、関白か征夷大将軍の官職を……
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          |
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          |
   / |     |_/ニ─l‐‐l---ニ / /   |      _─/、
  /、 |       | |二ニ凵ニ二ノ‐‐| ̄|二ニ-ヽ─┬─ヽ、--_/\

       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \    だけど、それは豊臣恩顧の大名を、
 |       (__人__)    |   刺激することになるんじゃないかお?
 \     ` ⌒´   /




1431 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:19:10.34 ID:
HYnhH06o

     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /
      /             フ| /ニ--、    \/   関白か将軍になることで、
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \   反応を見るという手もあります。
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、……そうですな、
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       | 関白に就任されると、秀吉公の印象が強く、
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |世間もあからさまな政権簒奪と見るでしょう。
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            |ここは将軍になられませ。
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          |
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          |
   / |     |_/ニ─l‐‐l---ニ / /   |      _─/、
  /、 |       | |二ニ凵ニ二ノ‐‐| ̄|二ニ-ヽ─┬─ヽ、--_/\

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  ……将軍。征夷大将軍……。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´    ……わかったお。任せるお、天海殿。
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___

こうしてやる夫は、天海に朝廷工作を依頼し、
征夷大将軍への就任を目指した。
天海のみならず、他の大名やブレーンにも、工作をやらせた。




1471 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:21:23.00 ID:
HYnhH06o
            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \   こんな時に、直政がいてくれたら、
    / (●)  (●)    \  助かるのに……。関が原の後、
    |   (__人__)    u.   |  少し無理をさせすぎたお。
     \ u.` ⌒´      /

井伊直政は、かつて石田三成が治めていた佐和山に配置替えされていた。
西の諸大名や豊臣宗家を見張るため、また朝廷への監視や工作のため、
京都に近い近江(滋賀県)の佐和山に配置していたのだが、
直政はこの時期、関が原での負傷と、長年の過労が元で、寝込んでいた。




1561 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:23:55.31 ID:HYnhH06o
          l ヽ  _ィ―‐t-v_' /
           ' ,  Y´ \_ヽ_く
            ソー'  /´ __二ニ>  う……ううう……
            l_ィ┴' ̄・ .・ ヾヽ
           /___l ニ    人 ニ i _l   と、との、さ、ま、まま……
           /ー―l u      _ノ´
          `ー--ト―ャー―''フl´
             /   、`,'a''´ ノ~
            (    ヾミ   )  ~
             `ーャ二ノー''´

そして、1602年旧暦2月1日。




1701 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:25:53.36 ID:HYnhH06o

   |  |            ノ   /
   ∨ ヘ、_, --―;―- 、/  /
    ヽ //   /    く  /   ち、ちから、が……
      / l     i′   ` イ
    _,レ┴─‐┴- 、_   ,」     ごめん、なさい、と、のさま……
    //`ー―――一'^ー、´ ヘ
   // ・    ・     L_ヘ   これからな、のに……
  ,l に  ・   ニ U  |   ヘ
 ∠.人  _人_       ├‐ ''゙´ヘ  ……とのさま……
    > 、_        _人___ノ


      /)   (ヽ、
    / /     ヽ ヽ
    { {      } }   さよなら……
    l l, -‐┬┬<,ノ
     >'__,r'ニニ>、   とのさま……
    /-,/  ・ .・ l l
    〈ニ/、_= 人=ノ┘
     ⊂  ヽ(i)ノ ⊃
       ソ    /
      (二 __ つ

井伊直政、死亡。享年42。
関が原の戦傷が破傷風となり、死に至らしめた、という。




1851 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:28:16.82 ID:HYnhH06o

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  直政、ごめんお、ごめんだお!
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  直政に無茶をさせすぎたお。すまんお……
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

やる夫より一回り以上も若く、
次期政権の手助けもしてもらおうと考えていたやる夫にとって、
直政の死はあまりに痛かった。

         ____
       /      \    
      /  \    /\     
    /    (●)  (●) \   全て壊してしまうんだお!
    |       (__人__)    | 
     \      ` ⌒´   ,/

直政の死は、かつて佐和山を治めていた、石田三成の呪いという噂もあった。
それを聞いたやる夫は、佐和山にあった三成関係のものは、徹底的に破壊した。

そして佐和山城も取り壊され、彦根城の築城を開始した。
彦根藩の始まりである。




1911 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:30:33.95 ID:HYnhH06o


    ∧∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (,,゚Д゚)< ギコハハハ!!
   ⊂  ⊃ \_____
  ~|  |
 ,,  し`J
  井伊 直孝

井伊家の家督は直政の長男の井伊直勝が継いだが(継いでいないという説もある)、
病弱であったため、やる夫の命令により、直勝は隠居して直勝の弟、
井伊直孝が改めて井伊家の家督を継いだ。




2041 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:33:45.22 ID:HYnhH06o
         ____
       /      \
      /  ─    ─\    時代は巡るお……四天王の残り、
    /    (●)  (●) \   忠勝も康政も、そしてやる夫自身も年をとったお。
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \   そういえば、信長殿が死んでもう20年……。
    / (●)  (●)    \  時が経つのは早いような遅いような……だお。
    |   (__人__)    u.   | 
     \ u.` ⌒´      / 
    ノ           \  
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

      ____
    /_ノ   ヽ_\      やる夫が毎号購読していた戦国巨乳絵巻も
   /( ●) ( ●)\     ついに休刊になってしまったし……
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\   まぁ休刊直前の「懐かしのグラビア小町ちゃん 60歳になっても現役!」
 |  U     ̄      |   は正直どうかと思ったお……60女の裸なんて誰が見るかお。
 \              /    休刊になっても仕方ないと思ったお……




2201 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:36:09.47 ID:HYnhH06o

       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\     ……そういえば、あの絵巻は最初、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    数正から貰ったんだったお。
  |    mj |ー'´      |   ……数正の息子とはしばらく会っていないけど元気かお?
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ

石川数正には息子がいた。石川康長、石川康勝の二人である。
二人は父と共に徳川家を出奔し、豊臣宗家に仕え、
その後、関が原では東軍に属していた。




2261 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:38:05.12 ID:HYnhH06o

少し前のこと……
        ___
      /      \
   /          \   康長、久しぶりだお。
  /   ⌒   ⌒   \  ……太閤も、もう死んだことだし、
  |  /// (__人__) ///  |  徳川家の譜代として戻ってくる気はないかお?
  \              /

     |
   / ̄ ̄\
 /   _ _\   オイラはオイラです。
 |     ・  ・    父上の代わりではありません。
. |  @  (__人__)  特別扱いはしないでほしいのです。
  |     ` ⌒´ノ   現実的に考えて。
.  |         }    
.  ヽ        }    ……一度、徳川家を離れた石川家が、
   ヽ     ノ    太閤殿下がお亡くなりになったとはいえ、 
   /    く  \  そう易々と戻るわけには参りません。  
   |     \   \ 外様扱いで結構でございます。     
    |    |ヽ、二⌒)、 
  石川 康長……石川数正の長男。




2401 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:40:20.85 ID:HYnhH06o

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    ……そうかお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::\  ……父に、よく似ているお。
 |        ̄      |  数正もたぶんそう言ったと思うお。
 \              /  

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\    解ったお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\   石川家を今後、やる夫は特別扱いしないお。
  |     |r┬-|       |  そのつもりで、徳川に改めて忠誠を誓ってくれだお!
  \     ` ー'´     /

     |
   / ̄ ̄\
 / _  _\
 |   ・   ・  |
. |@ (__人__)@|  わかりました、そうします。
  |   ` ⌒´  ノ  現実的に考えて。
.  |         }          
.  ヽ        }              
   ヽ     ノ       
   /    く  \       
   |     \   \       
    |    |ヽ、二⌒)、 



2471 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:42:34.46 ID:HYnhH06o
     |
   / ̄ ̄\
 /   _ _\
 |     ・  ・     ………………。
. |  @  (__人__) 
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }        
.  ヽ        }    
   ヽ     ノ      
   /    く  \      
   |     \   \      
    |    |ヽ、二⌒)、 

          _______
        /          \
      __/.      @     \  
    /.            、    .|__    (やっちゃった……
    |.         ,(⌒  ・ヽ    |        本当は……素直になりたいのに/////
    l  lヽ      )> lllllll    /    
   /    ヽ\   `(__,  ・ / /        アタシのバカっ……バカバカっ……!
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \       素直に譜代扱いしてくださいって言えば良かった!)
   |     |ヽ、二⌒)、          \      
               

そんな石川康長のツンデレ心をやる夫は露知らず。




2641 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:45:21.60 ID:HYnhH06o

ここで時間軸は元に戻る。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  .キッ!   / \   / \  
___∧,、 /  (●)  (●)  \____
 ̄ ̄ ̄`'` |    (__人__)    | ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やる夫は天下人として政治に更に力を入れていた。

     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /
      /             フ| /ニ--、    \/
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \     征夷大将軍就任の話は、
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \    着々と進んでいます。
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       |  やる夫様が将軍になられることで、
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |  諸外国も混乱しなくなるでしょう。
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            |
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          |
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          |
   / |     |_/ニ─l‐‐l---ニ / /   |      _─/、
  /、 |       | |二ニ凵ニ二ノ‐‐| ̄|二ニ-ヽ─┬─ヽ、--_/\

       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\   ……確かに。以前、外国商人から、
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  日本の君主は誰なんだ、と聞かれたことがあるお。
  |     |r┬-/ '    |  名目上は天皇家で、更に名目上は豊臣宗家で……
  \      `ー'´     /   と、二重三重の権力構造では、外交にも支障をきたすお。




2711 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:48:06.06 ID:
HYnhH06o
       ____
     /      \
   / ─    ─ \   いっぺんに全てを解決することはできないけど、
  /   (●)  (●)   \ じわじわ進めていくお。明のこと、朝鮮のこと、
  |      (__人__)    | カトリックとプロテスタントのこと……
  \     ` ⌒´     /

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  そういえば、カトリックとプロテスタントのことで、
/    (─)  (─ /;;/   少し思い出したお。
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/     ……一向宗のことを。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___

やる夫はかつて、一向宗に痛い目にあったことがある(第3話参照)。
豊臣秀吉の分割政策によって、その一致団結の組織力を削ぎ、
一向宗の力はやや弱まった(第22話参照)。




2761 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:50:24.59 ID:HYnhH06o


    / ̄ ̄ ̄ ̄\
    /      <・> ヽ
  /     \   / |
(∂|     <・> < ・> |
 ヽ|     ""  〉"" |
   |  u   ___   |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \    /__/ /  < 弟が跡継ぎなんて面白くない!
   /ヽ       /\   \_________________
       教如

    / ̄ ̄ ̄ ̄\
    /      ::  ヽ
  /     \   / |
(∂|      | ・  ・丿 |
 ヽ|     ""   "" |
   |      ___   |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \    /__/ /  < やった、俺が跡継ぎだ!兄貴ざまぁwww
   /ヽ       /\   \_________________
       准如

繰り返して説明するが、一向宗は一度、教如が跡を継いだ。
だが、准如の母親が「遺言では准如が跡継ぎになっている」と申し出て、
時の権力者、秀吉は「弟の准如が跡を継げ」と命令した。

兄の教如としては面白くなかったが、秀吉の命令ならば逆らえない。
一向宗は准如が継いだ。だが一向宗の組織力にはヒビが入った。
信長家臣時代より一向宗の恐ろしさを知っていた秀吉の作戦であったと言う。




2791 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:52:42.39 ID:
HYnhH06o

      /´       _、、             `、               
     |´      ,-  ̄   ̄|            |              
     |´       ヽ、 ・  ..ノ    .,─ ̄ \    .|    くそっ、秀吉!          
    .|         ──.'´ /. / .__...--ヽ    |    あの豚骨マニアめ!           
    |   -´ ̄` -_ \   / / /ヽ、      |  ,-─ヽ,         
      |  |  --_`ヽ、     / /   |      |/./ヘ |       
     .| レ´ ,.- `ヽ、ヽ、) (/ /・   .|      .| /|  | .|       
   ,- ._|   .ヽ、    ・ .、.|ヾ `'´ヽ_,.--- ̄___   .| |, 、ヽ  |       
   |   .ヽ、  \  ___| .,  ヽ_-  ̄ ̄ ̄ ̄   .| 丶 .|   |         
   .| ´`ヽ,.`、    ̄_-- ヽ   ̄         .| ,L__ノ   /          
   |  .´ |.ヽ --─ ̄   / .|_     - 、      .|    /
    |   /∧ ヽ     ,     ,.-- ̄ヽ、       |   イ´
    .ヽ、 ´ `ヽ.|      / ̄´_--─' .|      | `'´ |、_,--- 、
     `ヽ、  .|     | ̄ ̄  .,.- ─|       |     .|     ̄ ̄─
        `ヽ- .|     `、 / ̄'´   |     /     .|
           \    ヽ_, --─ '    /ソ|     `─---
             |\     , ─-   /  .|
           , -| ` ヽ 、      /     |
         -'´  |     `ヽ---─´      |  |

教如は秀吉を恨みに思った。
その後、教如は密かにやる夫に接近し、関が原では東軍について戦った。
その事から、やる夫は教如を一向宗の法主に再任させようかと考えた。




2911 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:55:33.64 ID:HYnhH06o
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|  殿様。
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|  僕もかつては、一向宗として殿様に逆らいました。
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|  ……ここで教如殿を法主にしてしまえば、
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|  再び一向宗は一致団結し、
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.  かつての勢いを取り戻すでしょう。
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `  今はおとなしいですが、
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|   宗教勢力の団結力をもって、
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|   徳川家に逆らうようなことになれば
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|   何かと厄介になるかと……
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  うーん、確かに三河一向一揆はトラウマだお。
/    (─)  (─ /;;/   忠義者だった夏目吉信でさえ、
|       (__人__) l;;,´    あのときは、裏切ったお……
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |     
.\  "  /__|  |
  \ /___




2931 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 16:58:23.58 ID:HYnhH06o
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i   教如殿と准如殿の対立は、
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l   このままにしておきましょう。
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi   そのほうが何かと都合がいい。
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i  教如殿への褒美には、
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l  新しい本願寺を作る、
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `  ということでどうでしょうか。
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉


         |
     \  __  /
     _ (m) _
        |ミ|
      /  `´  \
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    ……正信、さすがだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  そうするお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

こうして、やる夫は関が原での東軍参加の褒美として、
教如に新たな本願寺、即ち東本願寺を設立することを許した。




3011 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:01:26.86 ID:HYnhH06o

    / ̄ ̄ ̄ ̄\
    /      <・> ヽ
  /     \   / |
(∂|     <・> < ・> |
 ヽ|     ""  〉"" |
   |      ___   |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \    /__/ /  < 東本願寺設立! こちらが一向宗本家です!
   /ヽ       /\   \_________________
       教如

    / ̄ ̄ ̄ ̄\
    /      ::  ヽ
  /     \   / |
(∂|      | ・  ・丿 |
 ヽ|     ""   "" |
   |      ___   |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \    /__/ /  < いやいや西本願寺のこちらが元祖です!
   /ヽ       /\   \_________________
       准如

さながらラーメン屋の争いのごとく、こうしてふたつの本願寺が誕生した。
元からある本願寺の東に、教如の新たな本願寺が出来た為、こちらは東本願寺。
元からあった准如の本願寺は西本願寺と呼ばれるようになった。




3141 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:03:47.68 ID:HYnhH06o
                        ,∠,rこ二二二、 ̄\:ヽ二二:.:.:ミト、            ニ_|_
                       /://(Tト、:.:.:.:.:. ̄≧、ヽヽ \ミト、ミト、           ニ   !
                     /://:.:./ハヘ:.ヽTト、:.:.:..:ヽ¬Eヘこヘ:.ヽ:ミト、         □  |
                     _////:.:.:.:l:.!:.:.ヾ:.:..:.:ヽ:.「:.ヽ:.:.ヽ:.ヽ:.:.「カレヘ、:.:.:.ト、          ―┬―
               ,....''´::::://,イ7!:.:.:.:.:!:l:.:.!:.:ト、:.:.:.:l:ト、:.:.ヽ:.:ヽ:.ヽヽ:.⌒!ヽ、:!厂!      | |二|二| |
                l:::::::::::::l l:':.:ハi:.:.:.:.:.N:.:.!:.:.い:.:.:.:!ト、:.、:.:.\:ヽ:.:',:',:.:.:.ト、 V /´\    | |_|_| |
                l:::::::::::::l l:.:.l:.:/!:.:.:.:.:.!:!:.:l:.:.:.:い:.:.l:!:.:.ヽヽ:.:.:.ヽヽ:V!:.:.:.!:.:ト{ l:::::::::::ヽ     ̄ ̄ ̄
                l:::::::::::::l |:.:.!:ハ!:i:.:.:.:!:ヽ:!:.:.:.:ヽヽ!ト、:.:.ヽヽ:.:.:.:',:!:い:.:.:!:.:!リ !:::::::::::::::! ヽ   マ
                l:::::::::::::l |:.:.!个ハト、:.:.!:.:.:ヽ:.:.:.:.:ヽリ:.:.ヽ:.:.ヽヽ:.:.l:!:!:.:l:.:.:!:.|:! l::::::::::::::::|  フ |二|二|
                l:::::::::::::l |:.:.!:.l:.!:.:い:.:l:ト、:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:ヽ:.:.',:.',:.:九:.:!:.:.l:.:!:!  !::::::::::::::::!  ) !‐‐!‐┤
                l:::::::::::::!ハ:ヽト!:.:.ト、:ヽ:.:.ト、::三ト、:.\:.:.ヽ:.!:.!:l:.ハ:!:.:.l:.:!:! !:::::::::::::::'  '^ー―――
               l:::::::::::::l:.:.:ヽ:.!:.!:.:.!ハト、:.ヽ:.tト、三__:.:.:>、:l!:.V:.:.:l:!:.:ハ:/l {:::::::::::::;'   | / ̄ヽ
                 \::::::::ヽ:.:.:い:l:.:.「`tふト、:ヽヽ「ヽ,ィ,さ:ァー示::!:.:.:l:レ':.:l:.ノ ト、::::::/r、   レ'   |
                  \:::::::ヽ:.:い:.:.ト--- '`~ヽヽ`く `ー '´ l |:l:.!:.l:!/:/!「こ_ノ::,ノ;;;.く       ノ
                   ヽ:::::::ヽヽト{ト、     `ーヘ       l:lノ!:./:/:./_____/;;;;;;/     ̄
                   / ̄`トい `               リ l//!レ'ヽ /;;;;;;;/
                     /:::::::::::l:.トい                    /イ!:::::::ヽン;..<_
                      !:::::::::::::ヽ:::::ヾ.  (_ ヽ ノ´      ,イ!T!:::::::/,イ  `ー‐‐、_____
              ,、__,ノ⌒l::::::::::::::::::::::::::::ト、  Tニー‐‐‐,‐''   //l|:://::::「 ̄`ー~ーr‐‐ 、こヽ、
                  l:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ、 `二二´   /  !」」イ//:::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y ヽ
                r-‐‐‐‐┤:::::::::::::::::::::::::::' ,   ヽ __   ,∠ィオエ「二ソ´::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{  ヽ
             :ヽ::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::',  /::::ヽイ_,==ン7T7::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::ヽ:::::::::::::L |

この本願寺分割作戦……豊臣秀吉の遺産を引き継いだとも言えるやり方は、成功した。
一向宗の力は半減し、また、その力は内ゲバに使われるようになり、
一向宗の力が、権力者、すなわち徳川家に向かうことはなくなった。




3251 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:06:21.13 ID:HYnhH06o

         (ゝ__________ノ)
         ε(@ )3))__))__))__))__))__))__))__))
         /A ヘ∧ ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ
        :く`77/''λ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ
       く777/⌒λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ
      :ぐ777/⌒゙λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ''
     /`777/⌒`λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:;
  ;(乂_/`777,,γ⌒ヽ∧゙_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ/乂_ノ)
  乂んんんんん乂(0)んゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ_(,,ノ
    ロ/ ロ/ ロ/ ロ/─|"|""|-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ'''
    |"||r────|. |  | ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|| ̄|  | :
    |. || r──┐ |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | .
    |. || |「「「「「| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | : ;
    |. || |l_l_l_l_l_| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | .
  C=============○===Ω ||「「「「「「|「「「「「「||  |Ω==○ :
  |}|::::|. ||,,____|}{|  | | i| || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||  || i||::::|}{| : : : :
:『[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[【】]]]]]]]]]]]] ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|]]]]]]]]]] : :
: : | | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. |  |;;;;;;;;; |   ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| | : : : : : : :
  . | | 二二二二二二|. |  |二二|      ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| .
:爻rw从wfwvrw从jwwiiwjWvwjw爻wv,,,,,, ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|wkWwj,,wj
""Www爻wj""w"~"~~`"w~~""ww"f"~W"""~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~`"

教如の東本願寺は、その後、やる夫に感謝し続け、幕末の動乱の際にも、
幕府よりの思想と活動を行った。
逆に准如の西本願寺は、それとは正反対に倒幕側の思想と活動を行った。

幕末の佐幕派剣客集団「新撰組」は、その活動時期の後半、
西本願寺に本拠を置いたが、それは倒幕派である西本願寺を、
監視する意味合いもあったと言われている。

こうして分裂して出来た二つの本願寺は、現在でも、
「西本願寺」「東本願寺」の二つに分かれたままである。




3271 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:08:28.71 ID:
HYnhH06o
                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、

さて1602年3月。
やる夫は大坂城に赴き、豊臣秀頼と対面した。




3341 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:10:26.49 ID:HYnhH06o

              ', ',  ,..ゝ'=='-.., .ノ ノ
               ヽゞ,.-''"" ''‐.、`'く
              ,.' ./      .ヽ ヽ   江戸の爺やだ!
              ,'  ! '⌒   '⌒l ,  ',
              ', .!  _,,_   _,,_ !'|  l   遊びにきてくれたんだね!?
              ,ゝ,.',.'´  、   `'.! ./、
              '、(ヽ'、" i.=; ."/ィ ),'
                 `ー'.、  ヽノ  ´, 'ー'
               ,...,.‐.i' ,-- r,i,-、-.、
              ,.'´ !,.,.-'ヽ. /,.!-、ノ ヽ
                豊臣 秀頼

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    ……秀頼様にはご機嫌麗しく……ですお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \              /




3481 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:12:35.04 ID:HYnhH06o

             / /´  ̄ ̄`ヽ.  ', '、
             ,' !       '、  ! .!  江戸の爺や。
             ! l '"ヽ  , ‐- .!,i  lく  美味しいお菓子があるんだよ。
             i, i ィ;:ヽ   ィ;‐,、' ! ./.ノ  食べて食べて!
             ヽi. ゞ'   ゞ-' i,.- '
                ヽ 、'_,   ノ'
              , -r`、-,.-‐ 'i=ヽ ,..

          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \  ありがとうございますお。
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




3541 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:14:50.42 ID:HYnhH06o
         ____
       /      \
      /  ─    ─\  (このお菓子……相当に高いものだお。
    /    (●)  (●) \  このお菓子を買うには金がいる。
    |       (__人__)    | そのお金は、どこから来たんだお?
     \      ` ⌒´   /  ……民から、百姓から、来たものだお)
    ノ           \
  /´               ヽ   
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

         ____
      /  \    ─\   (まだ秀頼は子供……
    /  し (>)  (●)\  だけど……
    | ∪    (__人__)  J |  この大坂城の中にいるだけで、
    \  u   `⌒´   /  民百姓の気持ちがわかる人間に、
    ノ           \  育つのかお……??)


              ,.!-、 /  ,. -ー'`ー.、`ヾ
              ! ,.'i !'   /       ヽ. ',
              ヽヾ!   ./       l l  どうしたの?
               ヽ!, ./ _,,.-  、,_./! .l
             ,. -,'ニ','、.!.ーt;;ヲ   .r;j, 'i .! l  お菓子、美味しくなかった……?
           , '  i  ,ゞ,ヽ  _ ノ , ' ! /リ
           !   /7!  ,ゞ=、-‐r'i´ /,イ

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ   そ、そんなことないですお!
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)   とっても美味しくて、
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //  ホッペタが落ちそうですおwwwww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




3691 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:17:21.13 ID:HYnhH06o
                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、

やる夫は大坂城から出た。

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \   ……天下を取りたいというのは、
    / (●)  (●)    \  昔からもっていた、やる夫の夢だお。
    |   (__人__)    u.   |  
     \ u.` ⌒´      /

         ____
       /      \    そして天下を取ることが、これまで、
      /  ─    ─\   やる夫の為に戦い、あるいは死んでしまった、
    /    (●)  (●) \  家族や家来達の気持ちに応えることにもなると、
    |       (__人__)    |  やる夫は思っていたお。
     \      ` ⌒´   /




3771 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:19:27.04 ID:
HYnhH06o
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  更にヨーロッパやアジア各国との外交問題もあるお。
/U   (─)  (─ /;;/  内にも政宗の様な男がいる。これらと対処していくには、
|       (__人__) l;;,´    相当の力量と覚悟が必要……
/      ∩ ノ)━・'/    日本国全体のためにも、やる夫が立たねばならない……
(  \ / _ノ´.|  |     そう思っているんだお。
.\  "  /__|  |     ……でも……。
  \ /___

       ____
    /      \
   /  ─    ─\   …………
 /    (●) (●) \  豊臣秀頼を殺すということは……したくないお…… 
 |       (__人__)    |  秀吉は嫌いだったけど、子供には罪は無いんだお。
 \     ` ⌒´   /  それにこれは、徳川の名声のためでもあるお。

……生来、義理堅い性格のやる夫であった。
やる夫は秀頼を生かして、なおかつ自身が天下を治めていく道を求め始めた。
それは、単純に秀頼を殺すより、余程に難しい道であった。




3881 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:22:19.51 ID:
HYnhH06o
.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ

江戸城。
やる夫自身は伏見城にいたが、
やる夫が征夷大将軍に就任した後、江戸は将軍の本拠になるので、
様々な工事が進められていた。

やる夫は征夷大将軍に就任し、江戸に幕府を開くことを決めていた。




4001 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:25:06.86 ID:HYnhH06o

          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\   江戸に幕府を開くことで、秀吉とはもはや違うのだ、
    /   ⌒(__人__)⌒ \  ということを世に知らしめるんだお。
    |      |r┬-|    |  それに江戸には10年以上かけて作った町の基盤があるお。
     \     `ー'´   /   これを捨てる理由はないお。
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

更に、大坂や京都に無理やり入り、幕府を開けば、
豊臣に恩を感じる大名の反発もあるし、身の危険もある。
また、秀吉は中央から遠ざけようとやる夫を江戸に追いやったのだが、
こうなると逆に、中央や西国から遠いことが防衛の意味からは良かった。

やる夫は鎌倉幕府を開いた源頼朝を非常に尊敬していたが、
こういったことからも、関東に幕府を開きたかった。




4101 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:27:31.19 ID:
HYnhH06o
         ____
       /      \
      /  ─    ─\   ……豊臣は、関白……すなわち、
    /    (●)  (●) \  公家の血筋になるといいお。
    |       (__人__)    | 徳川は武家の棟梁としての将軍、
     \      ` ⌒´   / 豊臣は公家としての関白……
    ノ           \ こうして共存していきたいお。
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

          ____
        /_ノ  ヽ、_\    バンバン
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ  まwもっともwww
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)  関白の権限はいずれなくしていくけどねwwwww
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/   豊臣の血筋は残すおwwww
|     ノ     | |  |   \  /  )  /   でも権力は与えないおwww
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   ぶっちゃけそこまでの義理はねーおwwww
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




4221 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:29:41.28 ID:HYnhH06o

         |
          ll
          !l
  _ ,,..._    ト{              .,,___ 、..,__,,.
"´::ヾ::゙゙;`>''´ ̄`ゝ、__          `:;、;;`::ゞ:;゙
::´;;::=::;;::ヾ芥芥芥l壬{            ,;''´;'::;; =、::;;゙  _,,....._
''´;;ヽ:::;゙=<゙二二二\_,「「゙ニニニニニニ7´::;''::゙!::、:_'^:ヾ';"::゙;;ヽ::
、ゞ;;::''゙::;;、::`゙;芥芥lア''´j |         ゙:;`ヾ;;`゙:=::丶::;''::,;''゙:::;:゙
::`':;;::''´::`゙''=;,テテテニ´_______゙ゞ、::ゞ:;;_`丶::゙':;;::='::;'
_゙´::i::`;;'"::゙:_::゙;,┴┴弌竺竺竺竺竺竺竺;''::;::;;:::'':;;::ゞ:;;'゙::_::'
::`j':!::゙;;._::::;;::"゙ヾ‐;;.. -'┴┴┴┴┴┴┴ゞ;;::"!゙!;;::ヾ、l !'´::゙;
'';;:: i⌒;;::`゙i:;ー:''´゙;;===n==n===rn===n=゙;;::ヾ!:l::`:=::'゙:i::''´;;
ゞ;l;;'゙::''゙;;..:゙i::;;.:゙::;;' i i i l丁丁! ̄丁l ̄丁「 i:´:;''゙:iヾ::ヾj;il゙;;::;'::
::';;!:..;''::ヾ;;''";;)'´「「入「j_辷j_辷ヒ|_辷ゴ_辷ゞ;;ゞ,:========、
T゙j''i"i´´ |l|´ニニl:l幵;; ̄ ̄/フ三三三「l ̄;゙j::゙}______{
`゙::''"":⌒゙''=::"゙゙ヾ゙''"ア7"二二二二二二l:|i{:「゙l`TTニニTT´
厂厂厂厂厂厂厂「l/ r―――――――|jl{jー{';;|_L二」_|::

そして、
やる夫の将軍就任の話は進んでいき、決定事項になった。
後は細かい日程を決めていくだけである。




4261 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:31:20.65 ID:HYnhH06o

          ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『徳川やる夫殿は豊臣宗家の大老だと思っていたら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        いつのまにか豊臣より上の征夷大将軍になっていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも 何をされたのか わからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    内大臣だとか三河守だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの 片鱗を味わったぜ…
       片桐 且元




4321 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:33:18.44 ID:HYnhH06o
                        、 ヽ、     〃     -、
                 l、      ヽヽヽ:ヽヽ、 ,イ (      )ヽ
        _,, _--_ 、    l ヽ __、- 、  ! ! ):::! l! ヽ ヽヽ    r '::::ノ  __
-、ヽ、    〃´   `ヽ::ヽ , -‐ー- 、 _  ヽ!  ヽ レリ  !. ノ ヽ_,.ィ ::::/ /  `ヽ   将軍といえば武家の棟梁!
  ヽ ヽlヽ(、.| !--- 、  ヽ_,ゝニ..ヽ  〃-ヽ-' ヽ--Yニゝ1::´ ..:::l / :::::l /  , -‐ ヽ,ヽ
   ヽ ヽ丶 ! \ _,ゝ‐'´  __ ....`ーヽ! Y''ヽ   ノ-r 'フ1、::::::::::ノ-' :::::〃 .:::l´     ヽヽ-_、どういうことですか!
   、ヽヽ`ー\ー---,,. - '´_  ̄` :イヽl ヽ'ヽ .// ノ/l `'ー´- ' .:/ .:::ノ       `7/´
   ヽヽ、ー =`ー--‐ ''´_  ̄ ` :l` 7^ー'ー`'ー 'r'ヽ' } :.....- ..,,r-- '´'´ ̄`ヽ、_ ,.-/どうして徳川が将軍に!
    ,ゝくr'ー--r_=::‐,'- ''´ 二二 lヽl-、      _,:レ'l:: ̄ ` ー ''´ __  ヽ ヽ´く  秀頼はどうなるのですか!!
    ´ヽヽ、__,フ´  / 二二ヽ lヾ``_、 ,ィ'"´ノlィノi´:::.............:::: -- 、`ヽ、 ヽ',::`ヽ
     __\    ..:::/ , -'´ ー‐  `';. ̄     ̄.:/´ ヽ ,ニ=_---- 、 ヽ  ヽ ヽ\`ヽ、 , -_-、
´‐ヽ/´_``ー ̄:::ノ / .::´,::: 二=- ,ゝ:.... `゙ .:ノ::..   ー '´.... --.、 ヽ ヽヽ:... \` ーヲ / `
 /r ''"´ー'7r==- '´ ..::´/ _ ,...r‐ '´  i`:ー-:::'l ``'ー-、_::: _'ー-- --ヽ  ヽヽ \:..... `"´/ ええい、戦です!
 l'  r=-ヲ _,..__ ...........:: / /〃  、ヽ..,,_} :.. .::: ゝ-‐'   ヽ、ヽー ''""ヽ ヽ l! |  ` ー '´徳川と戦をするのです!!
     //  ヽ:ー-:::::,/  !:..   ヽ- 、,,ヽ r' _,,.. -'      !ヽヽ:::::::::ヽヽヽヽ!---r
     l' /-―-_,.=-'  ..:::/:::r i:::,.っ    `      r、(ヽr 、', ヽヽ:::::::::`ヽ ヽー-i
                      淀殿(茶々)




4441 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:35:18.77 ID:HYnhH06o

              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 戦ったら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \
        l ,`-=-'\     `l ι';/       \  
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|
         大野 治長……豊臣家臣で淀殿とは乳兄弟。

治長は関が原では東軍として戦ったため、やる夫の実力をよく解っていた。
淀殿は憤慨したが、大野治長や片桐且元らの説得でどうにか治まった。




4571 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:39:07.65 ID:HYnhH06o

                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、

1603年2月8日。
やる夫は年賀の祝いという名目で、大坂城を訪れた。




4641 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:41:23.00 ID:HYnhH06o

          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \  秀頼様にはご機嫌麗しく存じますお。
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

               ヽゞ,.-''"" ''‐.、`'く
              ,.' ./      .ヽ ヽ
              ,'  ! '⌒   '⌒l ,  ',  爺や、よく来てくれた!
              ', .!  _,,_   _,,_ !'|  l  こっちへ来て、一緒に遊ぼう!!
              ,ゝ,.',.'´  、   `'.! ./、
              '、(ヽ'、" i.=; ."/ィ ),'
                 `ー'.、  ヽノ  ´, 'ー'
               ,...,.‐.i' ,-- r,i,-、-.、
              ,.'´ !,.,.-'ヽ. /,.!-、ノ ヽ




4721 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:43:42.33 ID:HYnhH06o

               __  _ ,,,,, _ __ _
             ,ィ'、r、r\  ,.ヶr''7ヽ
             ゝ,-ヽゝヽヽ'7_ノ-'ー<{
             !, -/´   ̄   ヽ ヽl   ッ!!
               レ l ___,,.   、 、,,__ l、 !
            l ,、'l ィt;;iヽ  ィt:;jヽl/i:|
            l l ヾ ゚   .:    ゚ f ノ:|   い、いけません、秀頼!!
              ! `ヽ   `´    /  l
              ! l l ヽ、´ ̄` /   !
            l l !  ト、` ''_´ l    l
            _l -‐!  .!`r', ‐,く-、  .|
            /   l  l'ノr/, -,i jl、ー'-、
          rT '' ‐ 、 ヽ ヾ'' ‐くij-、 )   ヽ,
         i l    \ l  lヽ  i`! i  、 !  !
         ヽ'、    \  ! i` ーi'ノ   ヾ /!

         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \  …………。
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




4811 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:45:18.16 ID:HYnhH06o

     ,. ,.    l"\\ミ/ "''、:'、l::::|;|;;;;;;:::::::////ノノ
 ,.   ''、"、  /ミ\\/::   \'、l;;l;|;;;;;;:::://///
;,.\,.、ーへ,.、'',.,.l\ミミ|/::::    ::\|::l;|;;;;::://;;‐フ/
\\"'‐-,."'/",.. ''l\ミ;|: :::::    :::::::::'、|;;:// //
ー\ ̄,\,.l,.‐"'l l\l" ::::::  :::::::::   ::::   //  ……徳川殿。
,.-‐'',.二ミ‐,l ; ;,.‐' ,lミ/,::::     ::::  :::::::::: //
'''"~,.,....---l,l ''、 レ ;;l=-,.、  :::::::   ,.;;;  /,   この度は……
ヽ│    ''、、l   \=-,;;ー、,.,.;l: ,./l ;;__=l,.,.、
 ''、  ,.-、,./''| '',、 ミ,\‐''",.エ=ミ--l,┴==/  \ (秀頼様に何をする気だ!
  l  l::::::l‐l ;;;|  ''、   ̄;:;.   l:::ll""‐/::::::::::::::::ヽ, 何かしたら許さんぜッ……)
  |  '',.丿ノ ;;|   |:::::::::''''';;;;,.  l:::レ ,/::::::::::::::::::::,.'l
 ::/,.,.,."''",.,.,.,.‐l、  l:::::::'''''''  ゝ;;";," /ll,.‐''\;;;;;'''''' l
;;;;/"'-,、、   :::',、 l::'''' -=;::::,.,.,、,._,. / ''l   ;;;;;;::::'"l
 ::::::::::::\;;;'''''‐-,.,.\:   ';;,. "'‐',."/   ll /::::::l ノ‐-,.、
  ::::::::::::::ヽ、"''‐-;;;;\   ̄"""~,"  ;;;||/::,.‐'''''::"::::::::: \、
 ::::::::::::,.-、‐''''"";;''‐--\, '';;;;; /|;;;;‐''"'//'''";;/''""''\:::::::::: "'l

  /:/:::::::,/::::;/::::,r'::::::/|:::/ ,,|:::|-|;::::::|:::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;|;;;;;;;:/
 i,/|:::::::::;i::::/:::::/|:::::::i |::i"_i;;i__ ,,i::::|i;;:::::::::i;;;;;|;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;|;;;;;/  …………。
  | |::i|:::::|::::i:::;,/__|、::| "|:i'"_r'_;;;;ハ|:i |;:::::||;;;;;|;;;;;;;;;|ヽ;;;;;|;;;/
   i;::::::||::::i:::i r';;}ヽ:i  i|" ´   !!  i;:::jj;;;;;;|;;;;;;;;;| |;;;;/;/  (片桐且元……
,__,-‐i;:::::||::::|::| ´   ヽ        ::::i i;:/ j;;;;;|;;;;;;;;| |;;;/;/  殿様に何かしようとしたら、
;; _'''' i;::::::i:i:::::::|  /          :::i / :i|;;;|;;;;;;;;|ノ;;/   ただじゃすまないぞ……!
-‐‐--|:::::|;:::::::ヘ ヽ、        :::/  ::::::::|;;;||;;;;||ヘヾ
;;;;;;;;;;;;;;゛|:::|::::::::|:ヽ、  __   ::::/  :::::::::::|;;| |;;|:::|     殺す……!!)
:::::::::::::::::::{:|i:::::::||;;:::\´ ー  `  ::/  :::::::/ || i|::::::i
::::::::::::::::::::| ゛i::::|! i;;::: i\       ::;/´::::::j:::::!::::::::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛i:|;;; \:i::::\   ,,, ,‐''"::::::::::::::::::::::   'i,
_,,-‐ー''' ̄     ''' フ\;  ̄  ヽ:::::::::::::::::    ,,,-‐―‐--,,,




4871 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:46:50.32 ID:HYnhH06o

                  `>' ,:'"´     `':、  ':,´
                  ,' ,'        ',   ',
                   | i    _, i ヽ,_  .',,-(ヽi  ど、どうしてみんな、
                     | |. -‐'"    "''_,l`'i`i |  そんなに怖い顔しているの!?
                 i´i_,,l-''"´` .,,. ´"゙-,ヽl | |
                 /_っ)))'iニー--‐'''':、 _'i   i  仲良くしようよ……!
                ,:'  )`'""ニ:'゙       ',.,.:l   |
               ,.'、.....__,,.-:'"、-、,,,_____,,,.:',:' ':,__,,.!、
             /'ー:,:':::   ,'" `:,;''ー‐‐''i"´`',"':,-‐`、

         ____
       /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   …………。
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

秀頼を見て、やる夫はふと、幼い頃の自分を思い出した。
秀頼は大人の事情で、同じ年の子供のように遊ぶこともできないが、
やる夫もまた、幼い頃、大人の事情で織田の人質に出され、
あるいは今川の人質に出された。

……秀頼には、やる夫にとっての信長や、数正に当たるような、
そんな存在はいるのだろうか、またはできるのだろうか、
と、やる夫はひそかに思った……。




4991 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:49:24.28 ID:HYnhH06o
                |=l    ヾl ll  lレ′  |=|       
                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ       徳川殿、この度は、
               |ヘl(      、 li r     )lイ|       ……征夷大将軍に、
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|     就任されるそうで、
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|     誠にめでたく……
            ヾ|ヽ    { |        / |<      
              ノノll   ', :L.      lト,ヽ     
           f⌒>{.ll l    ヾノ     l l } <⌒i
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__


         ____
       /      \
      /  ─    ─\   左様、その通り……
    /    (●)  (●) \  将軍になるということは、
    |       (__人__)    | 武家の棟梁になるということ。
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \ 身が引き締まる思いですお……。
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




5041 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:52:03.60 ID:HYnhH06o
                ムヾ 川 /////〃〃/// /
              タ´`ヾリ////〃〃// .彡 /
             タ   `"""´´´`ミ ニ 彡彡/   さ、左様で……!
            /   〃    J ミ ニ彡彡/   
            { __{(( .._   ミ ニ 彡 /  (脅しをかけているッ!    
            }どo ゞ‐`ヱo~ゞ ヾミ彳う)   豊臣が武士であるならば、
            ,'   /   ```     りノ   それは『武家の棟梁』たるやる夫の下になる、
            !  ({ 、       ├タ<    ということッ!   
         /|  ィニ‐-、      /〃リ
        r'´}! }   __ ',      / r'")     豊臣が武士ではなく公家であるならば、   
      ,r==、Zノ| レ三‐ -フ   / <ノ      もはや豊臣は全国の武士を束ねる天下人ではなく!
    /  ハ {      ̄  /    |リ       公家として細々と生き延びる道を選べ、と……   
  _../ ヲ /_ ノ) \ -‐-       リ       密かにやる夫殿はそう言っているのだッ!)
/´/ 〉ー "/ー‐ ヽ |`==‐ '"     ト、
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          / U   '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /(太閤殿下は公家であると同時に、
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 圧倒的な武力をもっていた故、その武力を背景に
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   豊臣政権のそういうムジュンを隠しておられた! 
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \  やる夫殿はそのムジュンをついてこられた!
        l ,`-=-'\     `l ι';/       \豊臣は武士なのか、公家なのか、と……!)  
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|




5121 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:54:15.36 ID:HYnhH06o

         ____
       /      \
      /  ─    ─\    ……今後も武家の棟梁として、
    /    (●)  (●) \   徳川やる夫、一層の精進をいたしますお。
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /   秀頼様も……なにとぞ。
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


               ヽゞ,.-''"" ''‐.、`'く
              ,.' ./      .ヽ ヽ
              ,'  ! '⌒   '⌒l ,  ',  …………うん!
              ', .!  _,,_   _,,_ !'|  l
              ,ゝ,.',.'´  、   `'.! ./、
              '、(ヽ'、" i.=; ."/ィ ),'
                 `ー'.、  ヽノ  ´, 'ー'
               ,...,.‐.i' ,-- r,i,-、-.、

「なにとぞ」の意味が解る人間は、その場の誰にもわからなかった。
やる夫自身にもわからなかったかもしれない。

やる夫はやがて大坂城を後にした。
これはいわばけじめの会談でもあった。
豊臣と決別し、徳川は天下を担うと、ひそかに宣言し、
豊臣宗家がどのような動きをとるか、きっちり決めよ、と脅した。
公家として細々と生きるか。武将として徳川の下になるか。
どちらかである、と……。




5161 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:56:05.92 ID:HYnhH06o

                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、

やる夫は翌年、秀頼とは会わなかった。
その翌年も、またその翌年も……。

やる夫が秀頼と再び会うのは、しばらく後のことになる。




5221 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:57:55.99 ID:
HYnhH06o

                   ∧_∧           ∧_∧
                   ( =========(    )
                   / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_ //^\ゝ
                  / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_ ///== \ゝ
                 / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_. /// ∥  \ゝ
              ノ ̄ノノ ̄// ̄// ̄//  _ノ//======== \ゝ .
             .ヒ==,@==@,==@==@,==@== ノ人ノ     ∥      ン
               ̄∥~  ̄~ ̄~  ̄~ ̄~ ̄  ∥| ̄ ̄ .∥ ̄ ̄ ∥
                ∥==================.∥|=====∥==== ∥
                ∥|  ∥  ∥ ∥ ∥ .∥|    ∥   .∥
                ∥|  ∥  ∥ ∥ ∥ .∥|    ∥   .∥

1603年2月12日、やる夫がいる伏見城に、朝廷よりの勅使が来た。
やる夫はこの日、右大臣、そして征夷大将軍の官職を与えられた。
また、同時に源氏の中で最も官位が高い者に与えられる源氏長者の宣下も受けた。

やる夫は礼を言い、改めて御所に参内し、礼に向かうことを約束した。

そして約一ヵ月後の3月21日、二条城で正式な将軍宣下を受け、
4日後の25日に参内することになった。




5241 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 17:59:21.78 ID:
HYnhH06o
,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''





. .:: : :.. . ... ::: :::..   §
 . .. . .. .. .. ..   . . . .. .  §  
 .. . .. .:::: ::     -‐'" ゙''‐-  
  ..::   . .. . ..    ``侖侖''"               
              -‐'"韭 ゙''‐- 
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''"
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,.
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; '' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;'~,;゙''、,,_ュiュ... .. ..   . ...
::;...;;.;;ii:i;;:;i,'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' '゚ ;~,;''゚ ;..;;.;;ii:i;;:;i'',;'',;''゚ ;~,;::;.:".:;.:'::;...;;.;;ii:i;;:;i|゙:.:゙,:;、,"コエ...HE
゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;"i|:;.::;,,;''゚ ;~゚''゚ ;":;.::;,゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:
:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,::.ミ,,;'',;' ;~,;:.ミ,,ii;'',;' ;~,;''゚ :.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;,:.:.、;:...:,:.:.、
.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙

やる夫を乗せた牛車は京都の都大路を行く。
あたかも徳川政権の力を誇示するような大行列。




5261 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 18:01:03.58 ID:
HYnhH06o
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    ………………。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  
  |  ゚   (__人__) o  |
  \     ` ⌒´     /

牛車の中でやる夫は一人、泣いた。
なんとも言えない満足感がやる夫を包んでいた。
今日、将軍拝賀の礼を述べることにより、
やる夫は名実共に天下人となるのだ。




5331 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 18:03:44.86 ID:HYnhH06o

                     ( 嫌 生 人 こ )
                      ) だ .き .を れ(
                     ( お て .疑 以 )
                      ) ! い .い 上(
           ,, -──- 、._   (    く  .な   )
         -"´         \  .)   .の .が   (
        /              ヽ.(   .は .ら    .)
         /             ヽ~、_       _(
       |      _ノ    ヽ、_  .|  `,~~~´
        l     o゚⌒   ⌒゚o  l
       ` 、      (__人__)   /
         `ー 、_.   ` ⌒´   /
            /`''ー─‐┬''´
            /  丶. i  |
           ./ 丶、_)|_ノ|_
           .|  ̄ヽ._  ´  ヽ  
           ヽ、 _/´`ヽ   /

人質時代の忍苦も、
       ,ィ                      __
      ,. / |´ ̄`ヽー- 、 ト、        , -‐、/./.- 、
    / | |    ヽ   l l        ( 家◇徳 ノ
  /o ̄`ハ._.ゝ===┴=く.ノ- 、      ノ ◇ ◇ (    
  /o O / l´ ⌒ u   ⌒  lo ',ヽ      ( 康◇ 川 }  引くな、引くなお!
  \___/. ト、( ○)  (○) ハ  ∧      `⌒/7へ‐´   戦うんだお!!
 / ,イ   レ::::⌒(__人__)⌒l~T--‐彡    /./      
/ ̄ ̄l.  彡、  |r┬-| ノ'l  l::::::::::彡ー7⌒つ、     
彡:::::::::::l  ト、__ `ー' /|  l::::::::::::ミ  {,_.イニノ                
彡ソ/ノハ   ト、 \  / ,イ  川ハ ヾー‐'^┴
         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    / U  (○)  (○) \  (……負けた! 完全に……
    |       (__人__)    |   やる夫の負け……負けだお……!!)
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

絶望的な敗北も、




5421 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 18:05:30.12 ID:HYnhH06o

     i.:.:/:.:/.:.:/.:.:/:.:,.斗 //  i/ --、  i.:/:.:.:.:.:.:.:!:i
     |./!.:.:!:.:.:!.:.:/イ  //  /    `メ、 |..:!.:.:.:.:!:|
     | |.:.:i:.:.:i.:.:| |斗≠  /   ≠=、  |:.:!.:.:.:.:!:|   あきらめたら、
     | |.:.:i、.:i:.:|./ト:::::::i}      ト::::心、!:/.:.:.:.:!:|
     ヽ |.:.:iヽ:ヽト v':::::}|      r':::::リ |/:.:.:.:/!.:|   そこで試合終了ですよ。
       |イヽ..\ト. V少      vニソ 厶 イ:.:.!.:|
      / |:.:.:.:.:.:.:ハ  :::::   、   :::::  /ノ:.:.:.:.:.:!.:|
      / |.:.:.:.:.::!:.!ヘ、   r  ァ    /:.|.:.:.:.:.:.:.!.:|  
     /  |:.:.:.:.:.:!.:|.:.:.>、       ィ´:.:.:|.:.:.:.:.:.:.!.:|
     /  |r―‐-、!:.:.:.:.:.:i`  、.  '´|.:.!.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.!.:|

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    ……………………じゃあな。
. |    ゚ (__人__)  
  |   ゚  ` ⌒´ノ    やる夫さん。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 

妻や友との別れも、
全ては、この日の為にあったのか。
人生61年の苦節の果てに、やる夫は今日、天下人になる。




5491 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 18:08:14.29 ID:HYnhH06o
<源朝臣家康、大義であった!
          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \  ははぁっ!!
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

         ____
       /      \
      /  ⌒    ⌒\
    /    (⌒)  (⌒) \
    |     ゚ (__人__)゚'    |
     \   ゚   ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




5581 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/13(土) 18:10:23.44 ID:HYnhH06o

.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ

こうして、日本国に鎌倉幕府、室町幕府に続く、
新しい幕府が誕生した。……江戸幕府である。

……「江戸時代」が始まった。
織田信長、豊臣秀吉の時代を経て、天下はついに徳川やる夫のものになり、
新しい時代が始まったのである。

第27話「江戸幕府」終わり
第28話「遥かなる泰平」へ続く

 


6561 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 20:40:34.16 ID:3J5d.dgo
第28話「遥かなる泰平」

この物語は、東照大権現、徳川家康が天下を取り、
そして泰平に導くまでの、苦難の物語である。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\    可愛い孫娘だお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   大事にしてあげてお。
  |              |
  \               /


               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|      
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|  わかりました。
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|  ……おまかせください。
            ヾ|ヽ    { |        / |<      
              ノノll   ', :L.      lト,ヽ    
           f⌒>{.ll l    ヾノ     l l } <⌒i
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__
       ー-- 、      ヽ     /        /:::::::::::::/
              片桐 且元

やる夫が征夷大将軍に就任した1603年の7月28日、やる夫は、
秀忠の娘であり、やる夫にとっては孫にあたる千姫を豊臣秀頼の正室として嫁がせた。
この時、千姫はわずか7歳であった。これは、秀吉との約束でもあった。





6591 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 20:41:57.06 ID:3J5d.dgo


  /                     , ──  、
      ,  ───  、      / ______ヽ
   /   /⌒ヽ⌒ヽ\   ゝ/   |/ / ⌒ヽ ⌒ヽ  やる夫様は秀頼様を、
  /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ   |   | |   ‘|‘  |  守ってくださるみたいだね。
. /   /  `ー ●ー´  ヽ   v‐、l ̄ヽ __ ノ 、__ ノ
 l   /   二   |  二  |  l )       ^  l     /
 |  l     ─   |  ─  l  `ー 、   ──┘ノ  //
  l  |        |   ) /     ` ー──、´
  ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /       /|/\ / ヽ  //
   〉━━,-、━━━━く        l l     |  |
   / / ヽフ    \.   ヽ      | |     |  |

やる夫は将軍になったが、豊臣恩顧の大名達は口には出さねど心配していた。
やる夫が征夷大将軍の権威を使って、豊臣を討伐するのではないか、と……
だが、千姫を嫁がせたことにより、秀頼はやる夫から見れば義理の孫になった。
どうやら徳川は豊臣を滅ぼすつもりはないらしい……
と、加藤清正や福島正則をはじめとする、豊臣恩顧の大名達はホッとした。




6621 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 20:43:28.29 ID:
3J5d.dgo
         、,,                           ,
        `、`゙'''ー=============================ー'''゙´ノ
         `ゝl!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!イ´
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
        ,.r''"=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=`゙'、,,
      ,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|ヽ=`''、,,
   __,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|=`゙''-、__.;i;';.
:、;;`、エ@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@エr''´.;i;';.
;i;';.:;;:、;<__人__>-------<=二二二二二二二二二=>-------<__人__>.;i;';.Y;:;;::
:;;::、;;:。; |□|田田田田田||.(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;) ||田田田田田|□|;:。;:;;::。;:;;::、
`;`;;i`.:;:i..''|| :田田田田癶||ロロ|    .§. .   .. . |ロロ||癶田田田田 .||'`,:'':'`:Y:'';;::,:'':';:
`;i`.;` ;;i`´.||〒〒〒〒(:::::)ロロ|   .,--§--.、   .|ロロ(:::::)〒〒〒〒';.,,;;`;;i':';:;..,,:'':';:;"
`;;ii|!:;. ,,;...;)}{{.|llll|llll|llll|llll|┃||ロロ|____.| ̄ ̄ ̄ ̄||___|ロロ||┃llll|llll|llll|llll|.}}ヾ':';:;..,"i|!i|!,:'':';:;..
─-==-_─三─≡-=─-==-.::::; ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、:::..─-==-_─三─≡-=─-==-_
二三_-==-_─ ̄三─≡ ̄-:::::/: : : : : : : : : : : ヽ::::.-==-_─-==-_─三─≡-==-_
,,,,_,,ー,,,- ,,,- ,,,, _,:,, ,,-  ,,,::::r'' : : : : : : : : : : : : : :゙''、::::..ー,,,, ,,,,,,ー ,,,,- ,,,,,, -,,,,,,,- ,,,,ー ,,,, ,,
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::\:::::::::
_______________|____________________|__________________|________________|_____________________|______________|_______
::::/::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::
__|__________________|_____________________|_______________________|_____________________|___________________|______


翌年の1604年の8月には、豊臣秀吉の7回忌ということで、豊国神社において、
やる夫の許可を得て、盛大な豊国臨時祭礼が行なわた。
その様子は、現存する重要文化財「豊国祭礼図屏風」に描かれているが、
流行の踊りや仮装行列が登場し、大変な賑わいであったという。





6661 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 20:45:16.28 ID:
3J5d.dgo
         ____
       /      \
      /  ─    ─\    ……やはり上方では、秀吉の人気は、
    /u   (●)  (●) \   相当なものだお。
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    やる夫が江戸に幕府を開くことで、
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  天下の中心が江戸になり、
 |        ̄      |  大坂や京都が寂れるんじゃないか……
 \              /   そんな声もあるようだお。

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\  商業は重要だお。今後も上方の商人とは、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ うまく付き合っていきたいものだお。
  |     (  (      | これほど秀吉の人気があるのなら、
  \     `ー'     /  やはり豊臣は出来る範囲で保護していくべきだお……。




6691 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 20:47:24.41 ID:3J5d.dgo
                              。,r;'.:;:f''゙
                                 i'l゙t;::,:i'
                              i゙ ヾ;`i
                         。,.  ハ ノl,.ィツ,.rノ;,i
                      ,r'.;i iV゙ l'"r'´ '゙´-'((ァ   せめて100日関が原……
                      tヾ; ,l,' ,'  ,. '´; : ''"'i;ヽッ  続いておればこの天下……
                       'ゞ) >- 、.i..∠..,,:: ' ノr'ァ
                     _,.. -‐`l=ミニ:::;;;;::=,ヾミィ´iヾ、
                   ,r'"  ,r'〈ニ=三三=ィ 'ノノ',ハi''`
                   /   , /とニ、>,=三=''<ノl'゙ソiiii、
                   ,.r'"  i ,',r'',ニ- ' ゙ヾ::っ ,/,.','>、iiiiヽ
                r'"     i,',',ι'r',.、  ヾr'"/',.', ',`,r'´\
               r┤      i', i i ,'`;゙'lゝ,._,,..`+','.,.',.'.,.',.',.. -‐ ヽ、

           ,,,,..-'''''''''''ー-、_.
  =;;;;;;:::,,,..   _ l:.:.:.:.:.:.:.:.. :,:,:,:,:.:.:.~`ー、                ,_ョャァ-、_,
        ,,-';.:.:.:.:.:,;,;, .,;,;,;.:.:  .:.:;,;,:.:.:.:.:.:ー、          ,.....-=:!;`.ゞヾヾヽ''''Z
       ノ;.:.:.:.:. :.:.:;,.:.:.:.:. : .:.;.;.:.:.:.:.:.,;,;,;,;,`‐ .,:::;::;;;:::,,,...,,   lヘ, ヾl ,λ'' Y.',ハ  オレのものにしていたものを……!
,,,,, .:::=:''''ソ;,:.:.:,;.;,:.:.:.. ..:.: :.;,;,;.:,;,;,;,.,.:.:.:,:.;,;;,;,;,;,;;i'   ゙゙'''''''''-'' .l ヽ ゙ ヾ,`ー- ', !
゙   ,.-':.:.;.;,;,;,;,;,;,;,:.:.:.:. .:.;,. .:.:. ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,.i        .i'  ヾ=:::;ヾ;;ミミ,!  ぐはぁっ!!
  , -'゙.., ::: ┐;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,; ,;,;,;,; ,;, ,,.   - ' ゙゙    ,...-―''z   ノ  'ゞ,__ソ
,ェ=゙-''::''''  l -...-z=ゥ ,.__ ;;  _... 」'''゙''゙     /,',',':.ァ'  ) ̄~'''''ー ヒ''゙
 ,....-ィ    ..  ゙ ノ/  l..,''゙゙゙ .( .{      ./,',',/' /'~'Z, -ー''''彡彡>,... __ノ゙
',.-゙    .-'''゙゙   ゙゙        } l    /,','゙/ ./ /, '゙, '゙, '゙, '゙, '゙/゙ ''~  `'
    / '゙~     ,..          l,  ///;/  ノ, '゙, '゙ '゙, '゙ '゙ '゙., '/
.  , 'ソ      .ノ !        |.} ハ/ /'/  /;'゙;'゙, '゙, ', '゙, '゙., '゙ / /゙
ノ' ソ        { l         l i! !∨// /, ', ', ', '゙, '゙, '゙., '゙ ,'/  l

この年の4月(旧暦3月)には、黒田如水が死んだ。
関が原以後は、完全に野心を失っていたと言われているが、
果たしてその内心はどうであったか。
やる夫にとって、油断ならなかった人物が、この世を去った。




6741 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 20:49:15.74 ID:
3J5d.dgo

_, -' ´   .l  / 、 l  i l  / .ヽ、                      /i#/
\      !, !、 l l !  i | i / -.ゝ                    ./;; /
  \  _, ‐ ´ .j l 、 l, l ; i ノ/ィ'、_ ..'!                   /'.il/'
   `´     (`、〉t-、ミ、l_i_;,...ノl  `‐ミ、_                 '-‐'
          〉' |;''' ´""'l,  l、l i |E_`''ヽ、      ゴージャス!    
          、i l.|、_   l,ノニ〉,; |ノ_-イ'T>-、    浪人にでもなるしかないッ!
          /l ;;i l-;テ`、 ´~´´/l; i|´.ゝ-‐;|::: .l
        .>,ニ‐‐、iゝ   ; , `l=|,yヽ、.\l'|  .lミ=、          、.__
       i''´l _ヽ、\` 、 ‐-‐'.´'yl/   ゝ .ヽl  y           丶i .、
_, - .、    -/'/ ヽ/l〉-、ヽ、__.ノ _|..=-フ''\, `  .ゝ            ヽ、.'l
   .\   /-.l_ .,,;;;; i=,;;'フ`''ニ7'、‐' ´ __, -  ,__...  ヽ           .丶;`l
     > /|、 /,`,,、ィxニ<フ-   _'フ'´ _、_       .l             `-.ヽ
            後藤 又兵衛

そしてこの時、黒田家の家臣で、如水の息子の長政とは折り合いが悪かった、
後藤又兵衛が黒田家を離れた。

又兵衛は勇敢な武士で、あちらこちらの大名からウチに来ないかと声がかかったが、
長政が又兵衛の仕官を妨害したため、又兵衛は浪人することになってしまった。
又兵衛が世に再び出るのは、もう少し後の話になる。




6811 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 20:51:06.80 ID:3J5d.dgo
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  如水も死んだかお!
  |    /| | | | |     | これで西は一安心だお!
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\   あとは東北の伊達政宗、かお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ さすがにあの男はまだ若いから、
  |              | 自然死を待つわけにはいかないお。
  \               /

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\   まあ、今のやる夫に逆らうほど、
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 愚かな男ではないお。
 |        ̄      | 少し政宗に関しては様子を見るお……。
 \              /




6891 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 20:53:08.69 ID:3J5d.dgo

              __
             /: : : : :`ーv - 、
            /: : : : : : : : : : i: : : :丶
            l: : : : : : : : : : :ノ: : : : : }
             」: : く  ̄ \: ll: : :_: : :ノ
           (Iヽ_/ヽ,ニミ  ` '_´ ィ: /  船……?
      r- 、  __ 千于i___ ノ <t:ァ`i'´   琉球の船だと?
      ゛-'、ノ\_つl l l __  _ /  /
       /_>´ ̄ `i   r`=y'` /     ふむ、とりあえず、
       」  ‐'二二) lヽ_ 二__/      幕府に知らせておくか。
    ... -‐' ヽ    _二i ヽ:_:_:_:_:l ヽ‐-、
/ ̄      〉  < ヽ__/、 .,l /l |    ̄\
  ヽ     ∧、__..ィ ヽ 八  l l
          伊達 政宗

さて、その政宗だが、この時期より少し前、伊達家の領内に船が漂着した。




6931 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 20:54:38.54 ID:
3J5d.dgo
                   ヽ ;;;;;;;i _,-、           ,;- 、i ;;;;;;; /
                    ヾ;;;;i  "ヽヽ,       ,.-'"   ヽ;;;/,.,
                   r"`ヽi    ─` "-,_.  -,.'"-tuーュ  i;;" ヽ
                   i ヽ, i;i  l"     `│:::  `  ̄,   i,' γ i  琉球から東北か、
                    ヽ i i  l`ヽ   ,.i :::::.        i ,  i  来れるものだな、北のほうまで。
                    ヽ .i i  ヽ┘- .'".i :::::::.        i;  .;'
                      ヽi i       i ::::::::..       !y'"   ……船か。
                       ヽヽ   ,.: - 、_ヽ ' ,.: - :.,_,  //     南蛮人も無論、船で日本まで来ているが、
                        ヽヽ`" ~,____,.. 、  //i      どれくらいの船団なら、
                         ヾ    ̄__,...      ,.',/ .i      日本まで来れるのかな?
                         l ヾヽ   ::::::...    /,/:::: i     
                         l ヾヽ        /,/:::::::: !     調べてみると、面白いかもしれんな。
                     _,.-='"l  ヾ -=;;;;;;;;;;;;;=- './:::::::_,.'ヘヽ._




6961 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 20:56:31.77 ID:
3J5d.dgo
                     _,..、- -=- - 、 .,_
                  _,.-'"          `ヽ、
                  _,'"              ヽ
                ,."            _,.,_   ヽ
                i'   _       _,.:'"  _`:、 ヽ    かしこまりました。
                l  ,.'"^ヽ、   _,;;'  _,.:'_.ヽヽ  i
                !  i ..,,_   ` = - "  ,.:',.:-'" ヽ l i l   _;';i  それでは、あの琉球の船は、
                ! .iZ.-.,_`- ..,__  ,.-"; 't二フ  l .i ヽ-'" l  .,.幕府に知らせた上で、
               ノ  i -二ユ-:-ヽ " ヽ、     i i,_"  _,.-'  ,i .l大坂まで送りましょうかな。
          ヽ'" ̄ "い ヽ    ,.'" :: |    ヽ、   !   ヽ、_,-" /
            `ヽ、,."ヽ_ ヽ   ,.'  .:: i     ヽ、 !:::..     _,.:'
          ..,,_ _ ,. ゝ ..... ヽ  i  .::ム_   ,.:'j. ` .l ::::::...  "=- -,
          ヽ、   ..::::::::.... ヽ、'   _ ",...- -" '"  /ヽ ::::::....  _,.-"
            ゝ ...::::::::::::::::::: ヽ   ' .....::::    / ,.'"ヽ`ヽ::..,'"
            ヽ、...:::::::::::::::_,.-'"i ヽ、  ::::::::    / ,.';;;;;;; l  ヽ"=- .,__
             ヽ::::::_,.-'/::: i ;;;;;,,ヽ ヽ_ _ ,.  ' ,,;;;;;;;;;;; l  ヽ    `- .,_
            _,. -='" /::::: i ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; _,,_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l    ヽ      ' =-
                        片倉 景綱……伊達家家臣。政宗の腹心。

              __
             /: : : : :`ーv - 、
            /: : : : : : : : : : i: : : :丶
            l: : : : : : : : : : :ノ: : : : : }
             」: : く  ̄ \: ll: : :_: : :ノ
           (Iヽ_/ヽ,ニミ  ` '_´ ィ: /  ……大坂か、うむ。
      r- 、  __ 千于i___ ノ <t:ァ`i'´   大坂なら南蛮人も多く居る。
      ゛-'、ノ\_つl l l __  _ /  /     スペインの事情なども色々と探るのだ。
       /_>´ ̄ `i   r`=y'` /
       」  ‐'二二) lヽ_ 二__/      
    ... -‐' ヽ    _二i ヽ:_:_:_:_:l ヽ‐-、
/ ̄      〉  < ヽ__/、 .,l /l |    ̄\
  ヽ     ∧、__..ィ ヽ 八  l l

この琉球船と乗組員は大坂まで護送され、そこで島津家に渡された。




7031 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 20:58:24.59 ID:3J5d.dgo

         ____
       /      \
      /  ─    ─\   政宗はまた何かたくらんでそうな気がするお。
    /    (●)  (●) \ 
    |       (__人__)    |  ……まあいいお。
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\    琉球の船が漂着したなら丁度いいお。
    /   ⌒(__人__)⌒ \   かねてより考えていたことをやるお。
    |      |r┬-|    |   琉球ルートを通じて明と友好、
     \     `ー'´   /   及び交易の話を進めるお。
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




7051 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:00:02.55 ID:3J5d.dgo
      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\    琉球王国に伝えるんだお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\   やる夫はまず、琉球と友好が結びたいお。
  |     |r┬-|       |  だから、こちらに使者を送れと、そう伝えるんだお!
  \     ` ー'´     /


     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /
      /             フ| /ニ--、    \/
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \   上様、随分と強気ですなあ。
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \  こちらがお願いする立場だというのに。
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、琉球王国は怒るかもしれませんな。
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       |
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            |
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          |
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          |
   / |     |_/ニ─l‐‐l---ニ / /   |      _─/、
           南光坊天海

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \   まぁ、確かにその通りだお。
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |   でも、だからこそ、最初はあえて強気に出るんだお。
  |    ー       .|   それで琉球王国の出方を見るお。
  \          /




7071 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:01:37.70 ID:
3J5d.dgo
      //:. :. :/:. :./:. :. :. :. :/:. :. :. :. |:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ヽ:. :. :|
    ///:. :. :./:. :./:. :. :. :. :.:|:.:.:. :. :..:.|:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヘ:...:.:|
    〃 /:./:. :.イ:. :./:. :. :. :. :. :|:. :. l!:. :..|:. :. :. :. |:. :.|:. ヽ:. :. :. :. :. :. :. |:..:..|
      /:/:. :/ |:. :.:|:. :. :. :/:.:..:|:. :..l|:. : i|:. :. :. :. |:. :.|:. | ヘ:. :. :. :. :. :..:.|:..:..| 冗談ではありません。
      |〃:./ l!:..:..|:. :. :./ :\l!:. :.ハ:. :∧:. :. :. :.|:. :.|i. |  /:. :. :. :..:N:. :.:| 友好ならば、まず、
       /:./   |:. :.l!:. : / ___:\/ l!:/ ヽ:. :. : |:. :.|i. /__ヘ:. :. :.:.|:.:. :.:| 江戸幕府側から使者をこちらへ
      /:./   |:. :.|:. :./<  i圦>\/   ヽ :. |:. :/イ弋ij >.:.:.:.N:.:.:.:.:| よこすのがスジでしょう。
      |:/     !:. :|:. /ハ   ヘ辷七ソヽ    ヽ:.l∠ イ辷七ソ ヾ : |:. :. :. | 
      |!    l:.:.:|:/:. :ハ             ヾ        ∧:|:. :. :. | 琉球から使者を出せ、など。
           :∧: |:. :. :.:ハ             ;          /:.;N:. :. :.:.| それは臣従せよということですか!
         /:. ヾ|:. :. :. :ハ、                    /|:.:.:. :. :. :.:.|
          /:.: . :. :. :. :. :. :|:ヽ.、     r_―_┐      .イ:.:|:.:.:. :. :. :.:.|
          /:. :. :. :. :. :. :. :.:|:. :. :> .、         イ:. :.i : |:.:.:. :. :. :.::|
       /:. :. :. :. :. :. :. :.:.:.|:. :. :. :. :.|>   _   <|:. !:. :.;;:.:.|:.:.:. :. :. :.:.|
                     謝名利山(じゃなりざん)……琉球国王、尚寧王の補佐役。

琉球王国は、天海の予想通り、怒った。




7131 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:03:36.42 ID:3J5d.dgo
         /|   ____
         ヽl, -‐´::::::::::::::::::::::`ヽ、
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : \   我が琉球は明の傘下です。
      /: : : : : : : : : : : : : : : 、: : :、:  ヽ、 明は以前、日本と戦争をしていますから、
      i   /: : : : : : : : : : : : l  l   : :ハ 必要以上に仲良くなるのはどうかと。
       | : : /. ./. . . . ./. . . . . .l. . l: : : :',:::::ハ
       l : :/〃: : : : : l: : : : : : :l: : :|: : : :l ハ     _ , - ─‐- 、
     | : :l/::|: : : : :〃 /l |: :l| l; :l: : : l |: : |    /: : : : : : : : : :ヽ、
     l : :::::::l: : :./ト/x-、/ l / r/',ヽ|: :ハ: : :l   /: : : : : : : : : : : : : ::ヽ
     l ::::::rl l /く/i{ |:j゚l`l/  |j゚l lヽ::|リ∨  /:: : : : :〃  /l: : : : : ハ  うん、そうだな。
      | ::::::l(| |  ヽ_;;/    ヽ' l l/      l: : : : 夕ム-/ |rl_|: : : : |  でも日本も怖いから、
      l :::::::`l |、     `    ,l |      l/l/ l;;;/   lr‐トl/: ::/リ  なるべく穏便にしよう。
      |  :::::| | `,- 、_',. イ´l |      ヽl  `´  ,  l;;//| イ/
      l  ::::::l l´ l,|    | ヽ、l l |、      l7 、  、_   ~/
      |_ ,-‐| | 「,-‐-、 /  `l l、l_     「ヽ-ヽ、__ , : '  
     /ヽヽ、 l | t/~ヽ/   | |'´ ヽ、  /:::::::::::::::::::|
    lヽ|  ヽ | l l|  / i > l l  / l /::::::::::::::::::::::::::\
    | ヽ ___.| |ヽl、 /, /, - ‐| |┐l  l /:::::::::::::::::::::: ゚ :::ヽ、
    l  l ヽ  ヽヽ、|v-v´   / // / /|::::::         :::::|
    |ヽ、l |   ヽ、l|  / ミ ///( | / |:::        。  /|
                           尚寧王

尚寧王の補佐役である謝名利山(謝名親方とも呼ばれている)は、
祖先が中国人ということもあり、日本よりも明らかに明国寄りの立場であった。
若い頃、明に留学していたという過去もあった。




7201 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:06:32.43 ID:
3J5d.dgo
とにかく、やる夫の考えはうまくいかなかった。

      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \.  強気策はだめだったお。
   |    (__人__)    |  ふーむ、新しくまた方法を考えるお。
   \    ` ⌒´    /
   /              \

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  うーん、なるべく下手には出たくないお。
/    (─)  (─ /;;/   ただでさえ、明はいばっている国だお。
|       (__人__) l;;,´     その傘下の琉球にあまりペコペコしては、
/      ∩ ノ)━・'/    後の交易にも影響が出るかもしれんお。
(  \ / _ノ´.|  |     うーむ……。
.\  "  /__|  |
  \ /___




7231 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:08:06.38 ID:3J5d.dgo
       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   琉球に関しては、とりあえず少し様子を見るかお。
 |       (__人__)    |  時間が経てば、また気持ちも変わるかもしれんお。
 \     ` ⌒´   /   ……朝鮮ルートの友好のほうも、進めてみるお。

秀吉死後、対馬を治めている宗氏が、
関が原以後はやる夫自身が、李氏朝鮮との友好回復を試みていることは既に触れた。
朝鮮は信用ならないとして、日本からの使者を突っ返したり、捕らえたりしていたが、
時間が経過したこともあってか、一度、様子見の使者を日本に派遣することにした。




7281 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:09:59.86 ID:
3J5d.dgo
          ___
    .   _, -' ´___\
  .  ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
 /  ./ /      l ト、\
 \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',   このクソイルボンが
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !  わざわざ惟政が来てやったから
    l | l | ┬::cr / / ┬c」 |  感謝するニダァ。
   l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
   l | l l⊂⊃‐ (__人__)‐⊂/
   ! | |ヽ|     `‐-'´  リ
   ! | lゝ、      n /|
   ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |
        惟政(ユ・ジョン)

李氏朝鮮が「探賊使」という妙な名前の使者を派遣することを決定したのは、
1604年4月のことである。探賊使には惟政が選ばれた。

惟政は朝鮮の僧侶で、かつて秀吉の出兵の際も、加藤清正など、
日本の武将と様々な交渉を行ってきた人物であった。




7391 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:11:59.32 ID:3J5d.dgo
       ,  -───-  、
     /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
    /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ    惟政殿なら信用できますよ。
   /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
   / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
   |   l.、, -一    |  ー─- lL_
   |  / \./     |  ー-./ !
   、 ' l. /\_   | _/ /\
   ヽ  X        ̄ ̄   /
    /、二二二二二二二二 く
   /      /  ( 〒)\ ヽ
   !  /  /         }   !

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    そうかお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   なんとか朝鮮との友好を回復させたいものだお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

清正は、前述の通り、惟政とは何度か話し合いをしたことがあったが、
「李氏朝鮮という国の中で、惟政だけは嘘をつかず、信用できる」と評価している。




7451 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:13:52.86 ID:3J5d.dgo
    ___
  く/',二二ヽ>
   |l |ノノイハ)).
   |l |リ.`∀´>.    まずは対馬と仲直りするニダァ!
  ノl_|(l_韓」).|.     朝鮮も対馬との交易は再開したいニダァ!
  ≦ノ`ヽノヘ≧
 .ミく二二二〉ミ


惟政はまず対馬に赴き、対馬国との友好、及び交易のルートを回復させた。
山が多く、農業があまりできない対馬にとって朝鮮との交易は生命線であり、
数年ぶりの交易回復を喜んだ。
続いて惟政はやる夫との会談に臨んだ。




7481 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:15:17.65 ID:
3J5d.dgo
          ___
    .   _, -' ´___\
  .  ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
 /  ./ /      l ト、\
 \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',   
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !  
    l | l | ┬::cr / / ┬c」 |  このクソイルボンが
   l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /  そろそろ仲直りの話するニダァ
   l | l l⊂⊃‐ (__人__)‐⊂/
   ! | |ヽ|     `‐-'´  リ
   ! | lゝ、      n /|
   ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     わかったお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

惟政に対し、やる夫は「朝鮮出兵に関わっていない」とアピールし友好を築こうとした。
惟政はやる夫に好感をもった。やる夫も惟政に好感をもった。

その後、やる夫と惟政は何度か会って話し、
朝鮮出兵で日本が捕らえた朝鮮人捕虜の帰還や、交易、友好の話などを行った。
また今後もふれていくが、朝鮮と日本の話し合いはその後も続き、
やがてこれが朝鮮通信使へと繋がっていくことになる。




7571 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:17:11.41 ID:3J5d.dgo
        ___
      /      \
   /          \   朝鮮とはなんとかなりそうだお!
  /   ⌒   ⌒   \ うまく仲直りできたら、朝鮮を通じて、
  |  /// (__人__) ///  | 明とも友好を回復させるお!
(⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

        ∧
      /|\⌒`ヽ
     v||.| |||\〃ヽ
     |!‐,‐、,┐| ..::::|    上様、交易用の船もどんどんできています。
     l|`T ̄~| | :::::|   
     'λ|__/√ヽ/⌒ヽ
     /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ
    /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ
    |ト、i   ) ..:::γ    /  
     t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´
  (⌒oゞ _\   .:.\ノ
    Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
    ` (○0ニニニニ;〔
     ウィリアム・アダムス




7591 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:18:39.22 ID:
3J5d.dgo
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\   アダムス、よくやったお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  ヨーロッパの技術や、学問を、 
  |     |r┬-|     | どんどん教えてくれお!
  \      `ー'´     /

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \    信長殿……
    /   ///(__人__)/// \   やる夫は世界と、どんどん交わっているお!  
     |   u.   `Y⌒y'´    |    昔、信長殿と話していた形とは、
      \       ゙ー ′  ,/    ちょっと変わってしまったけど、
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    これがやる夫なりの世界進出だお!!
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |




7661 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:20:41.08 ID:
3J5d.dgo

二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
.......... ........   ...........  .....   ......................   .......................................................................................
............. ..........  ............  ...  ...................   .........................................................................................






                      十 十
______γ ̄ヽ,___ 、__ 干 Τ  _________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄';;;;;;;;;;;;;;;' ̄ ̄  `、'┴" ̄干}  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
 ̄ヽ       ;;;;;;;;;;;      ヽ,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ             /
'、~~    ....... .. ;;;;;;;  ..... ... ....~~~~~~~~~~ .., ..., ,... ... ... .. .../
 ^^^ ̄^^)     ''''                        /
,、      7                             ヽ_
 ~~~~~~~^                                ~7,,,,,,,,
.. ........, ......,.    ....... .......,  ,......  ,......  ,....  ........  ........   .... ~~~~~~~~~~~~~~~~
~~゙゙'''゙゙゙''゙゙゙'''''゙゙~~~'~~~''''~~゙''゙~~~~~゙''~~~~~'''~~~~゙~~゙''゙~~~~''゙~~~~''゙~~~゙''゙~~~゙''゙~~゙'゙''゙゙'゙''゙~

やる夫は外国に渡航する船舶に、貿易の許可証を与えた。
その許可証を朱印状と言い、ここに、いわゆる朱印船貿易が始まった。
これは外国に対しても適用され、朱印状をもった船のみ貿易を許した。

日本の朱印船の主な渡航先は、台湾、タイ、カンボジア、ベトナム、フィリピンなどなど、
東南アジア諸国であった。




7701 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:21:54.97 ID:
3J5d.dgo
  | l !| ,,,r'!'"'               |i:| |l !|
,,| l !|'"               |i:| | l!| 
'" | l !|       ,.         |i:| |l !|
  | l !|           ,.     (⌒'´::: :::
  | l !|    "           (.:: ::: ::: ::: 
 ノl ! ヽ        "      """'"'"'
  ,.                _,/^‐、
   _             〈,., ..:::ヽ
"'"';;´"'"'"'"'-,.,.,.,.       ""''"",,.,.,.,.,.,,.,..,,.-、,
"'"'"''"'"'"''"'、  '"'"'"'-,.,.,_r'""''"'" _,,.,.,.,.,.,,.,.,.,.
ヽ    l::::::ノ::~'~ヾ"''"'"'";l"'" ~~;;j´~~ヽ_;;;/_::::
 l! _/:::::ノ::::::   )   :::;;/   ::::::l .. .::/  l:::\
ノ  ヽ:::....ゝ:::....、ノ .;;:: /.:::ヽ::..::::/ :::;;ヽ_,/::::.. |
 ....:::ノー く::::..  l:::;;;;;/  ::::/、ー'、:::::;;;/  :::;;;/
....:::::/ ...:::;,_、_/ :::::;ヽ_:::/ l ..:::ヽ/ ̄l,::;;;/
:::::::::l.....::::::;;::/  l  :::;;|:::: \/  :::::|  .::::| :::ヽ
iwjwjivjivjwヾ_ノヽ:::;;/ヽ_,,ノ、_:::::/゙\,::ヘ_/
wiwiwjijw jiw"''"'"'""'"'"'"'"'"''"'"'"'-'"'"'wijwiiwj
wjiwjjiwj    "  ,.        "  wjwijwjii


--- 、_  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ̄´"''-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   、___,, - - 、_ヽ‐ 、:::::::::::::::::/l::::::/::::::::ハ::::::::::::ヽ
 | |     ー_,、-「!\\\:::::,∠、/::::/::::::::/-、i::/::::!:::ト、
 l 「\_   ̄`\:::::::|| ̄\\)/ O 〉//:::/:/ O 〉!:::::ト::{
  !|  ` ̄>‐、 \::||   /゙7i/`='/ // 〈 `=゙ |:l::::|!ヾ、
   |二ー'" ̄ ∠> 、)|L..ヽ(_|,        }!   j::!:i::|
  | \\    j:ハ:::ハl ̄ || |       ^ ′  ハ{::N \
    !    \  /ヘ.j/ |  |||    _,_,、---、 /| トゝ   \
   |     \  ヽ |  || |\   -‐' , ' l !      }゙i
__j_\     \  \.|__||」   \__/  / /       ノ |
     /        \   \       // //       j


更にやる夫は、大久保長安に全国の街道に一里塚を作らせた。

江戸の日本橋を中心に、各街道の両側1里(約4キロ)毎に木を植えて目印とし、
街道の長さが解り、また旅人の行動距離の目安、木陰で休める休憩の場などなどの効果をもたらすようにした。

やる夫が将軍に就任して1年半余り。
幕府は次から次へと、外交や内政の手を打ち始めた。





7741 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:23:47.41 ID:
3J5d.dgo
.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i

そして1604年8月12日(旧暦7月17日)……。




7771 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:25:06.76 ID:
3J5d.dgo
               _
              ゝ  _,,.>ニY_´ ̄`ヽ
             ,. '"´:::::::::::::::::`_ヽ_ノ
            /:.:.:::.:.:.:_;: -‐_,´-‐ ''\
             ,':: :イ:::: !, ‐'´呂_,,.. _---ヽ
           i .:レ|   !,. _‐ニ_-‐=- ̄_'l  秀忠様……。
             |..:.:l´,l:、:.:トl=-‐ヽヽ ̄`ヽ..、`!
           !. ::|'‐'、ヽ:lヽィ=l、l :::l  ::::`'!
           ヽ :!,ィテヽヽ ゞ‐' l:. :::| :. ::::::l
             ヽヽ`'´' `   /イ ::l .::; ::::l
             ヽヽ、`、-   クl .:/:::::l :::|__
           __  l :`::..- r ' ! ::!::; ‐'´i´ i
           l ヽ! .:::::::/ 7‐'´l :.:l' ,.ィ_ ィ
           ト、 l r'⌒ゞ、レ' ーヽ/ _ノ `ヽ
           !  リ ^'l ノヽ  /l  !:.:.: : : :!
           r'` ,ゝ- クヽ、 i ! -/:.:.. : : : :!


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (⌒) (⌒)ヽ  よくやった、お江!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|  大事な跡継ぎだ!!   
 |       ( <  |
 ヽ     `-'  /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

徳川秀忠とお江の間に、男子が生まれた。
これ以前にも、一人、男子が産まれてはいたが、その子は夭折していた。

秀忠夫婦は、今度生まれたこの男子こそ、死なせるわけにはいかない、
育って欲しいと思った。




7871 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:27:32.59 ID:
3J5d.dgo
   ┏┓  ┏━━┓         ___         ┏━┓
 ┏┛┗┓┃┏┓┃        /⌒  ⌒\.         ┃  ┃ よくやったお、
 ┗┓┏┛┃┗┛┃┏━━ /( ☆)  (☆)\━━━┓┃  ┃ 秀忠、お江!!
 ┏┛┗┓┃┏┓┃┃   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ┃┃  ┃
 ┗┓┏┛┗┛┃┃┗━ |     |r┬-|       | ━┛┗━┛
   ┃┃      ┃┃     \      `ー'´     /      ┏━┓
   ┗┛      ┗┛                       ┗━┛

                          γ⌒))⌒) ))  幕府の大事な跡継ぎだお!!
           ヾ  __(((⌒ヽ     / ⊃__ ゞ  その子には「竹千代」と名付けるお!
             /⌒  ⌒⊂_ ヽ彡 / / ⌒  ⌒\  やる夫と、信康の幼名なんだお!
   (⌒ミ(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)彡⌒)徳川家の跡継ぎなんだお!!
       ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::|  彡_ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
        \ \    )┬-|   / ミ  ミ    |r┬(    / / ))
    (((⌒ (((⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / ≡ 彡 _`ー‐'  /( ⌒)ミ⌒)
        \ \ /                        / /

この竹千代が、後の江戸幕府三代将軍、徳川家光である。




7951 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:29:29.17 ID:3J5d.dgo
            __ 
         /      \
        /\  /    \   前の子供が死んでしまったのは残念だったお。   
      / (●)  (●)    \  今度の竹千代こそ、しっかりと育てねばならないお。
      |   (__人__)       |
      \  .` ⌒´      /


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ   もちろんです、父上。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|   
 |       ( <  |    そのために必要なのは……
 ヽ     `-'  /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /




8031 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:31:09.46 ID:
3J5d.dgo
       ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |     |r┬-|     |             だお!!
  \      `ー'´     / 

                 「「おっぱい!!!」」

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (≡) (≡)ヽ   
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|                 ですね!!
 |  :::::   V  ::::: |   
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /




8181 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:33:26.86 ID:3J5d.dgo



    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (≡) (≡)ヽ   まぁそういうわけで乳母を探すよ。 
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|   いやいやエロい考えじゃないんだよ?             
 |  :::::   V  ::::: |    授乳プレイなんてそんな……!!
 ヽ         /    
 /   ヽ     ノヽ    父上もお忙しい中、一緒に探してくれるってさ!
./ /   ∩ノ ⊃|  |    だから浮気じゃない、浮気なんかしない、しないYO!
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


               _
              ゝ  _,,.>ニY_´ ̄`ヽ
             ,. '"´:::::::::::::::::`_ヽ_ノ
            /:.:.:::.:.:.:_;: -‐_,´-‐ ''\
             ,':: :イ:::: !, ‐'´呂_,,.. _---ヽ
           i .:レ|   !,. _‐ニ_-‐=- ̄_'l  …………。
             |..:.:l´,l:、:.:トl=-‐ヽヽ ̄`ヽ..、`!
           !. ::|'‐'、ヽ:lヽィ=l、l :::l  ::::`'!  (義父上が一緒だから信用できない……)
           ヽ :!,ィテヽヽ ゞ‐' l:. :::| :. ::::::l
             ヽヽ`'´' `   /イ ::l .::; ::::l
             ヽヽ、`、-   クl .:/:::::l :::|__
           __  l :`::..- r ' ! ::!::; ‐'´i´ i
           l ヽ! .:::::::/ 7‐'´l :.:l' ,.ィ_ ィ

お江は乳母ではなく、自分で育てたいという考えもあったようだが、
やる夫と秀忠の意見が通り結局は乳母を探すことになった。




8321 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:35:52.45 ID:3J5d.dgo

    ̄`'―-  (≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡丿ヾ,,,
ー-- 、   ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ;;;;;;;;;;;;;ヽ、,,,,
     ̄''/''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''ミ '''''''''''''''''''''''\,,,,,
     /" " " " """ "" """" "゛""" "" """""ミ ゛゛゛ """ ""゛"゛\
     (,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ミ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,)
    、___________________. /_//_//_//
     |緑|ノ-ノ‐ノ-ノ‐ノー|i!|ヽ-ヽ-ヽ-ヽ-ヽ-|,,__,,,,/_//_//_// !!
     |屋| .   |        |!i|           .|| ミ'jコ'ミ.| |┏┯┳┯┓|  ||
     |_| .   |        |!i|   _____    ||,_, _ _ _| |┠┼╂┼┨|  ||/
      |i!|   |   __ |!i|  \    \ .|      |┠┼╂┼┨|/||
      |i!|   | /.   / |!i|  ∥\   \     |┗┷┻┷┛|  ||
      |i!|  //   /ll..|i!|      \__ _\.    | i!i!i!i! i!i!i!i!i |  |/
      |i!|/ ∥ ̄ ̄l|.  |!i|      ∥   ∥   | i!i!i!i! i!i!i!i!i |/

                 乳母探し面接会場




8401 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:37:11.16 ID:3J5d.dgo
   , ' ' , 'ニ!            {`, ' '/
    ' ,', ' r‐' ‐=、‐ 、__   _, =ニl, ' 7
   ニヽ', ソ  ,rt::テ‐¬′  ,.ィラヘ l'/ヽ
   ⌒ヽH     ''='″"   ヾ=″lハ.  はい、次の方どうぞ~
   ーヽ H           i   li/ /
   ニニ⊃____    {     亅 //
    - ̄´"'''┴ 、    ⌒ ‐'  /´
         \   }    -‐ 
      ィヘ、_  \/   ‐¬二 j_
    r'゙/  {ヽ  !    ̄´   ∧\_________
    レ' l   7 )  〉      /  ',
    /  l (_/  / `丶‐‐/    ',
         大久保 忠隣

              __
         , -‐- 、 r'´ 三ミヽ.
     r'´彡,   彡'   ミ、ヽ
.     ノ  '〃'/ l''ヘ\ヾミ`\\
    ,'      ノ  ヽ.     ` ヽ
     l ノノ,リ,r ァ'-、   ゙>-ミ、ミヾ │  中国地方から来ました……!
    | '〃'.,ノ ′__    __ `\ ヾ |   私のおっぱいを飲んだ子供たちは、
.     l r,=i|. ゞ'⌒`,  、'⌒ヾ' |i=、l   みんな立派に育ってくれます……!
.    |.l.ト:l| '/// / /,ハ ///, ||fリ|
      |.ヾ=l! r _‐-‘ニ'='ニ’.-‐ 、lレ' l
.    ||i:  | | トカエエエエエ夕l ||.ill|
.     | l|!|l.| l ヒェェェェェェェェTj ll_ レ'l二二二l
    |   l._` ー────/.ノ',.イ-~ニ~{
    _.⊥-┬- 、T' ‐- ニ -ァ7 ノ/r'/l二二二l
/, -‐ 、:::ヽ::\:\._  _./ノ  {'// /´レァ/
/:/    \::\:::`:ー::ニ:ァr〈.  `ー'-‐' /./Z
レ      T‐-`ニ::‐/ ヽ\.   ''ニニ 'ノ,ハ
    ,. -─┴- 、_/{.    ` ` フ"´「 ̄  j
ヽ    r' ´  ̄/  ヽ.   _/  │  / |




8511 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:38:56.61 ID:3J5d.dgo

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\     だめ!!
     /    (__人__)   \
     |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

    / ̄ ̄~\
  /  \  /\
  /   (○) (○)ヽ      味噌汁で顔洗って
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      出直してきやがれ!!
 |      (_/´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;  (こんなに気合が入った二人は、
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ     久しぶりに見るなあ。
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/      どうもこう、私情が入りすぎているような
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|       気がするけど……)
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l




8651 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:41:08.97 ID:3J5d.dgo

   , ' ' , 'ニ!            {`, ' '/
    ' ,', ' r‐' ‐=、‐ 、__   _, =ニl, ' 7
   ニヽ', ソ  ,rt::テ‐¬′  ,.ィラヘ l'/ヽ
   ⌒ヽH     ''='″"   ヾ=″lハ.  今の方もだめですか。
   ーヽ H           i   li/ /   面接に来ているのは
   ニニ⊃____    {     亅 //   あと一人だけですよ?
    - ̄´"'''┴ 、    ⌒ ‐'  /´
         \   }    -‐ 
      ィヘ、_  \/   ‐¬二 j_
    r'゙/  {ヽ  !    ̄´   ∧\_________
    レ' l   7 )  〉      /  ',
    /  l (_/  / `丶‐‐/    ',


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      なかなかいないものですねえ……
 |       ( <  |     
 ヽ     `-'  /       可愛くて細身で、胸があって、
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     それでいてお尻とフトモモがむちむちの、
|       (__人__)    |     若い女なら、それでいいのに……
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




8771 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:42:39.57 ID:3J5d.dgo
               //:ト、{::::\::::::::ヽ::::::::::::::::\
               |l::::l::|:::::\:::::\:::::::\:::::::\:::\   何を探しているんでしょうね……。
               ヽ:::l:|:::l、::::::::::::::\:::::::\:::::、{⌒ヽ
          _,、-rK"´|:\:::|_\:::ト_、_、::::::::::ヽ:::lヽ ー - 、
         /   `ヽ,}∧::::|、゚ノ ヽ!ヽ゚ノヽ::ヽ::::N      \
       /      /'  !::{、   _ _   /::/}ハj        \
      /      ヽ l l  /l:l\ ____ /j/ //  ||/      \
       /       ヽ!|   lヽ \__/  //    l |/ /      \
     /     / ̄ ̄ ̄\\\____,/// ̄ ̄ ̄\       ヽ

      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|  さあね……
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::  はい、次の方~
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/  ああ、履歴書はこっちで受け取ります。
              丶,    ,             / |::::::/  写真の裏には名前書いてます?
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,  ああ、そうですか。書いてありますか。
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /   それではどうぞ、面接会場へ~
      /       ヽ >          /    レ




8861 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:44:07.03 ID:
3J5d.dgo
       │ .l゙ | : : : : ": _,,―‐'゙\__/     l゙: :/: :/,i ..,l゙: ,/: :゙l
       .|  .| | : : _,,-'"`              ゙̄:i/: .,/: ./:: : l゙
      │: : |: 丶  '゙l、               : `i、/ : : :/:::: :l゙
      '|``'-|: : 丶  ゙i、''゙,,ニニニミ'    /  ,ニニニ、、  |: : :_,,/.:: :│  
      │、: : \、:ゝ ゙l゙(、 ◎ ,)  | (  ◎  )'  ̄i'‐ : : : : :l゙  はじめまして。
      l゙  │: : \、: :/   ̄ ̄"   : 、 ' ̄ ̄"   /: : : : : :l゙ 
     .| .":|: : : |゙l::` ̄'         l       ./: : ::: : : : :,!  おふくと申します。
     .|  l゙  │゙l::: : :       .、,,_ _,,i、     \::::::::::::: : :,|
     l゙: . |  : |;;│:         `"        : ::,l゙;:,、: : : |
     |: │ :: |;;;;;゙l,: :       ニニニニ=‐      : ./::::l゙: : : : |
     |、:" | : |;;;;::::丶、:      .,,,,,,,,,,,、     : ,,'":: |:  : : |
     |: : : ,! : |;;;;;::::;;;`-、:             ..,,i´;;;;;: |:  : : :|
     | : : :|` : |;;;;;;;;;;;;;;;;,/'-,_:        : ._,,/;;;;;;;;;;; |:   : : l
     |:: : : |: │;;;;;;;;;;;;/  : `''-,,_: .__,,,,,,,-‐'゙);;;;;;;;;;;;;;;;;;;│  : : :|

第12話で少しだけ登場したことを、読者諸氏は覚えておられるだろうか?
明智光秀の部下、斎藤利三の娘の、おふくである。
おふくは女であることから、斎藤利三が謀反人となって以降も、殺されることはなく、
紆余曲折を経て、稲葉正成という武将の妻となっていた。




9011 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:45:51.24 ID:3J5d.dgo


             ,‐´  _,.\ ,i´ ̄\
                /,. ‐''"  ヽ|/,‐"``'‐`:、
            |     │    ●│
            |      │      │ 
            | ●    │     │ えwwwwww
           │,.‐''"´ ̄ ̄``'‐.、   ,i  オレもう死んじゃったっていうwwwww
           ノ   ,-、   ,.‐, \/  早すぎるっていうwwwww
  i´`、      /   ││   ," |   ヽ      , 、
  |  i,      │   ││   |  |   │    ノ )
   i、 L、_    /   ノ ,i   `-´    │   ノ  ノ、  
 ,i´ i,-  )  Λ   (_ ノ        Λ  / つ/  )
(  /´ヽ /   / |\           Λ ヽ (   ``)
 ``、   `、 │ |│`'‐.、 ____,.,‐''´| | │  >  i''   
   `:、  ヽ │ | |  |_ノ、ノ  i_ ノ-;´ノ │ /  /
    ヽ  ヽ │ | ゙i ̄ /  ̄\  / / / /  /       
     ゙i   ゙i \`、゙i/     `v´ / ノ /  /    
      ゙i   ゙i   ゙ヽ ゙i、       / /"´ ノ  /      
       ゙i   ゙i  ヽ \__/| /  /  /
        ゙i     `、   ヽ.ノ ノ    /
         `     ``'--‐''"    ‐''"
稲葉正成は小早川家に仕えていたが、関が原の戦いにおいて、
小早川秀秋を説得して、小早川軍を東軍に寝返らせた功績があった。
(なお、秀秋は既にこの時期には死んでしまっている。
病気という説が一般的だが暗殺説もある)




9091 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:48:07.65 ID:3J5d.dgo


                  /  ̄ ̄  ̄ヽ、
                 /     一、 ヽ、
                 /   ///ーー|  .ヽ
                 |   | | |    | // |  私を乳母にしてください。
                 | ヽ.)==、 ,.-ヽ  │ 強い子に育ててみせます。
                 |ヽ、Y.(;)> <(;)>7  |
                 | |~   !._,!  (_/|
                 |  |、  ===  /| |
                 |  | \    / .| |
                /|  ! | ` 一 ' |  | |



    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      
 |      ` ⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     
|       (__人__)    |     
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




9231 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:50:36.66 ID:3J5d.dgo

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (≡) (≡)ヽ   
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|     可愛い!!
 |  :::::   V  ::::: |   
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

       ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\    可愛い!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    
  |     |r┬-|     |  
  \      `ー'´     / 


   l;;;;;;|;;;;;;;;|;;;,;;l,;;;i;;;|;;;|;;;|;;;;;|;;;;;|;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;|;;;;ヽ;;;;;;;|;;;;;;|;;;;;;ゝ
   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l   (えー!!!???)
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l




9481 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:52:33.36 ID:3J5d.dgo

次スレ  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1221742144/

            ___
          /ノ^,  ^ヽ\
         / (・))  (・)) ヽ   決まりだおwww
        / ⌒(__人__)⌒::: l   可愛いから決まりだおwwww
   ⊂ ̄ヽ_|   |r┬-|    |
    <_ノ_ \   `ー'´    /   稲葉正成の妻?ww
        ヽ  ̄V ̄ ̄ ⌒,    ああ正成なら関が原でも世話になったおw
        /____,、ノ /     よーしやっぱり決まりだおwww
        /    (__/
       (  (   (
        ヽ__,\_,ヽ
        (_/(_/

                  /  ̄ ̄  ̄ヽ、
                 /     一、 ヽ、  ありがとうございますー。
                 /   ///ーー|  .ヽ
                 |   | | |    | // |
                 | ヽ.)==、 ,.-ヽ  │
                 |ヽ、Y.(;)> <(;)>7  |
                 | |~   !._,!  (_/|
                 |  |、  ===  /| |
                 |  | \    / .| |
                /|  ! | ` 一 ' |  | |

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (≡) (≡)ヽ   
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|     いやはや、いい乳母ができましたね父上!!           
 |  :::::   V  ::::: |   
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /




9541 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:54:04.19 ID:3J5d.dgo

          /;;;;;;|;;;;;;;、;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  駄
     早   /;;;|;;;;;;;;|;;;;;iヽ;;;;;''''ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; こ
 な     /;;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;ヽ丶;;;;;;;;ヽ,,;;;;;;ヽ;;;;;;;;;   目
     く /、;;;;;;;;;|;;|;;;ヘ;;;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ.;;;;; い
 ん     /;;;;ゝ;;;;;;;;|;;ハ;;i;;ヽ;;;ヾ;;\;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;ヽ;;;   だ
      |;;;;|;;ヽ.;;;;;|;;;i;;ゝ;;;\;;丶'丶, ;;;;;;;ヽ;;;;;ヽつ
 と   /|;;;|;;;;丶;;∥ヽ;;ヽ;;;;\;;;ヽ,;;;ヽ;;;;;;;;;ヽ;;; ゝ
     i;i;;;;;;ハ;;i;;;;ヽ|;;;丶;;ヽ;;;;;;;\;'ヽ;;;;ヽ;;;;;iヽ;;;;; ら
 か  |;;;i;;;;;;∥;;;;;;;ヽi;ゝ;;;;;;;ヽ;;;;;;;;ヾ;;,,;;;;;;ヽ;;;;i;;;;i;
    |;|;ヽ;;;;|ヽ;;;;;i;ヽヽ;\ヽ;,,;;;;;;;;;;;ゝ丶ヾ;;;;;i;;;;i;i;;;;;
 し   ii;;;;;ヽ;;ヽ、;;ヽヽ;;;;;;;ヽゞ;へ,,...;.;;\;;;;ヽii;;;;||;;;;;
     ハ;;;;|ヽ,,..、ヾヽ;ヽ;;;;;;;;ヽハ''-,,..、'''丶;;;;;ii;;;;|;;;;i
 な   丶ゝ i´i y'、,,ヽ;;ヽ'' 丶/て ''iヽ,,、;;`ヽ;;;;;;;;
     ヽ;;;ヽ'''--''''`.:.:.:''ヽヽ`'''`--'''´ レi;;;;;i;;;;;ハ;;;
 い   i\;;ヽ ..:.:.:.:.:.:.:. ``         レi;;ノ;;;ハ;;|;;
     ヽヽ.``.:.:.:.:.:.:..:.:             |ハ;/|;;/;;;
 と    ヽル.:.:.:.:.:.:.、..:           i ||/;;/|;;/i;;
  ・     ヽヽ.:.:.:.:.:.`ヽ ''          |, //|;;レ;/;;
  ・      ;;ヽ.:.:.:.:.:,,、______        /;;;;;|;;;//;;;
  ・       'ヽ.:.:.`ヽ----` '     / /i;;リ///、
        ,,レ| ヽ、.` =-     ,,/  / ヽ|/ ヽ
       ,,/  iヽi ゝ、    ,,/ ,,/1/  ヽ 丿
    ,,,/     レヽ、`-__,,/´ ,,/ //    i /
  ,/     ワ /          //    ソ


だが、なんともならなかった。
おふくは竹千代の乳母になる為に、
夫の稲葉正成と離婚し、竹千代の乳母に決まった。

おふく……後の春日局である。




111 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:56:07.96 ID:3J5d.dgo
                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、

さて、その頃、大坂城では。




151 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:58:09.86 ID:3J5d.dgo
                 _r-、..,_
           ,........r 7''Z´>r '´l__ハ
          i'7ニ): :: :::iィ l .j-'´: :`ヽ!
           ! ゝヽ ./´)_∠r,'''.:´ ̄:ヽ  徳川家にお世継ぎが生まれたそうで……
          !ヾ-r`‐'´´   ヽ:--- 、:l  まずはめでたいことです。
           !l´    _,. -_- ヽ;:i´ヽ :!
           l l,.-'_   ィl_:。lヽ  } / ::!
           !:ヾゞヽ   :::::  l-'::: ::|
           | ::ヽ ー _,   イ:::::: :|
           l::: ::::\ ´''  / l :::::: :::!
           !: .:::: ヾーく、  l、:::::: :|
             /-‐'´ヽ: :.:ヽ、ヽヽ| |ヽ; __!
              淀殿

              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / まことに。徳川家は万々歳かと。
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   しかし、やる夫殿の将軍職は、
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \  秀忠殿、そしてその子になるのでしょうね。
        l ,`-=-'\     `l ι';/      \  
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|
           大野 治長




191 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 21:59:15.01 ID:3J5d.dgo
                   __
                riヾ`ヾ´ヽ: :/ 7'く")ヽ
              ! l、iヾニヽ:.. :.r 7i´ ) ノ:l
              ,!:.:ーヽl_:Yヽ/ フ,_レ'"`:::l
              !: .: /´    ̄  `'i: :.::l  そんなことはないでしょう。
               !.:、 l ...,,,__    _,,..... l ,ィ:!
              l:l ! ィ;;;ヽ   ィ;;;lヽl' l:l  やる夫殿は律儀なお方です。
              l::ヽl `` ´ ,  `´´.レ :|
               !::: ヽ   ー   /:: :!
             l:: ! ::::ヽ、  ̄ ,.ィ:::: ::: l
             l:: l :lィ1 !` "´ /jヽ、:: :!

                 _r-、..,_
           ,........r 7''Z´>r '´l__ハ
          i'7ニ): :: :::iィ l .j-'´: :`ヽ!
           ! ゝヽ ./´)_∠r,'''.:´ ̄:ヽ   太閤殿下との生前のお約束を守り、
          !ヾ-r`‐'´´   ヽ:--- 、:l   千姫を秀頼に嫁がせるほどですもの。
           !l´    _,. -_- ヽ;:i´ヽ :!
           l l,.-'_   ィl_:。lヽ  } / ::!  ええ。きっと秀頼が成人した暁には、
           !:ヾゞヽ   :::::  l-'::: ::|  将軍職を秀頼に譲るつもりなのですよ。
           | ::ヽ ー _,   イ:::::: :|
           l::: ::::\ ´''  / l :::::: :::!
           !: .:::: ヾーく、  l、:::::: :|
             /-‐'´ヽ: :.:ヽ、ヽヽ| |ヽ; __!

先の豊国臨時祭礼では、未だに上方では豊臣の人気が強いということが解った。
秀頼と千姫の結婚、豊国臨時祭礼の豊臣人気などを目の当たりにした、
大坂の民衆や、大坂城の人間達は、やる夫の次は秀頼なのだと思い、
また、そのような噂が広まりもした。

やがて、その噂は、当然、やる夫の耳にも入った。




221 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:01:14.13 ID:3J5d.dgo
       ____
    /      \
   /  ─    ─\     皆さんこんにちは。司会のやる夫です。
 /    ,(●) (●)、\    EHK(江戸放送教会)よりお送りします。
 |       (__人__)    |    「日本の、これから」
 \     ` ⌒´   /     本日は3人のコメンテーターに
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    お越しいただきました。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

征夷大将軍 徳川やる夫




301 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:02:55.83 ID:3J5d.dgo
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|  本多正信です、
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ  よろしくお願いします。
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ     、____    /::i/'′
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /                     
N|`ヽ   ヽ、    , '´      
``'''‐- ..,_   iT"´  

徳川家智恵袋 本多正信

     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /
      /             フ| /ニ--、    \/
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \   天海です。
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \  よろしくお願いします。
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       |
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            |
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          |
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          |

徳川家朝廷工作その他もろもろ担当 南光坊天海

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      徳川秀忠です、よろしくお願いします。
 |      ` ⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

日本一穴党 党首 徳川秀忠




401 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:04:35.52 ID:3J5d.dgo

       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    ,(●) (●)、\
 |       (__人__)    |   さて皆さん、大坂ではしきりに、このやる夫が、
 \     ` ⌒´   /    将軍職を秀頼に譲るという風聞が飛び交っております。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i   …………
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\    冗談じゃねーお!!
     /    (__人__)   \   なんで人が苦労して手に入れた天下を、
     |       |::::::|     |   あっさり譲らなければならんお!!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl




461 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:06:08.60 ID:
3J5d.dgo

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      今の豊臣に天下を切り盛りする力も、
 |      ` ⌒´  |      人材もいません。
 ヽ         /      豊臣の天下になれば世の中は混乱するばかり。
 /   ヽ     ノヽ      天下のためにも、秀頼に譲る、
./ /   ∩ノ ⊃|  |      なんてことはできませんね。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|  この噂が江戸にも広まり、
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.  徳川の足軽や武士達の中で
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |  信じてしまった者もいます。
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `  彼らは不満なようですね。
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,




511 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:08:00.01 ID:3J5d.dgo
     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /
      /             フ| /ニ--、    \/  義理の孫とはいえ、血縁関係でもない
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \  秀頼様に天下を譲ったとあっては、
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \ 徳川武士としては不満でしょうね。
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、上様に天下をとらせるために頑張ったのに、
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       |なんでその天下をあっさりと譲るのか、と。
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            |
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          |
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          |




591 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:09:40.04 ID:3J5d.dgo
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   ……実際、秀吉の下のときと、
/    (─)  (─ /;;/   今とでは、徳川家臣の位置づけが違うんだお……
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___

       ____
    /      \
   /  ─    ─\   豊臣政権のときは、やる夫が秀吉の家臣で、
 /    ,(●) (●)、\  他の徳川家臣は、家臣の家臣、つまり陪臣だったお。
 |       (__人__)    |  陪臣は他の大名よりも一段下だったんだお。 
 \     ` ⌒´   /   ……その時、他の豊臣大名に見下された者もいたようだお。

       ____
    /      \
   /  ─    ─\   でも今は逆。徳川家臣が譜代で、いばれるんだお。
 /    (●) (●) \  豊臣政権の頃、自分達より上だった大名(例えば福島とか加藤とか)
 |       (__人__)    |  よりも、今は上になったんだお。
 \     ` ⌒´   /




631 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:11:06.12 ID:
3J5d.dgo
      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\   今、やる夫が再び、豊臣の下になれば、
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 徳川家臣は再び、豊臣の下の下。
 |        ̄      | 陪臣に逆戻りだお。そりゃあ嫌がるし、
 \              /  噂を聞けば不安に思うお。

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\   家臣のため、天下のため、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  秀頼に天下を譲ることはできないお。
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /




671 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:12:43.44 ID:
3J5d.dgo
     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /
      /             フ| /ニ--、    \/
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \     ……噂は一度広まってしまえば、
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \    そう易々とは消えないでしょう。
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       |  噂を時間に頼らず、強引に打ち消すには、
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |  方法はただひとつ。
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            | 天下の政権が徳川家の世襲であることを、
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          | しっかりと世間全てに印象付けることです。
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          |


       ____
     /      \
   / ─    ─ \    それはつまり、征夷大将軍の官職を、
  /   (●)  (●)   \  次の代、すなわち秀忠に譲る、ということかお?
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ     …………!!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      
 |      ` ⌒´  |      
 ヽ         /      
 /   ヽ     ノヽ      
./ /   ∩ノ ⊃|  |      
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /




711 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:14:53.96 ID:
3J5d.dgo
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|  なるほど、単純ですが、
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.  確かに効果のある策です。
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |  あくまで形だけ秀忠様に
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `  政権を譲り、
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|   今後の天下は徳川体制でいく、
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|   と世間に伝える……
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
       ____
     /      \
   / ─    ─ \    ……どうせ、いずれは譲るんだお。
  /   (●)  (●)   \  やる夫も決して若くはない。
  |      (__人__)    |  後継者を育てる、いう意味合いもあるお。
  \     ` ⌒´     /
     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \  秀忠、やってみるかお?
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |  やる夫も、もちろん、まだまだ政治は見ていくつもりだお。
  |    ー       .|  少しずつ、秀忠に任せていく形になるけれど……
  \          /




781 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:17:08.58 ID:3J5d.dgo

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ     …………
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      
 |      ` ⌒´  |      
 ヽ         /      
 /   ヽ     ノヽ      
./ /   ∩ノ ⊃|  |      
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      やります!
 |       ( <  |
 ヽ     `-'  /       やらせてください!!
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


        ___
      /      \
   /          \    …………。
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  |
  \              /

やる夫はその後、秀忠に将軍職を譲るための行動を開始した。
翌年、1605年の正月には伏見城に入り、
公家衆や商人と会い、話をしたりした。




821 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:18:48.85 ID:3J5d.dgo

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    豊臣を刺激しすぎても良くないお。
/    (●)  (●) \   秀頼についても、
|       (__人__)    |   何かしておくかお。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

やる夫は豊臣を刺激することはうまくないと思い、
秀忠に征夷大将軍を譲る仕事を行いつつも、
豊臣秀頼を右大臣に推薦する仕事も同時に行った。




911 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:21:05.71 ID:
3J5d.dgo
      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    上方の豊臣人気は無視できないお……
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  この人気を考えて、いらぬ気を起こす大名も、
 |        ̄      |  出てくるかもしれんお。
 \              /   豊臣を大事にしなくてはいけんお。

やる夫は将軍になったときに同時に右大臣になっているが、
既にこれは辞任していた。秀頼はこれまで右大臣より下の内大臣だったが、
その右大臣を秀頼に譲るというのである。
そして代わりに秀忠を、秀頼の後として、
秀頼よりも下の内大臣にするようにした。

やる夫なりの豊臣への譲歩であり、気遣いであった。




971 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:23:02.53 ID:3J5d.dgo
                   ∧_∧           ∧_∧
                   ( =========(    )
                   / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_ //^\ゝ
                  / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_ ///== \ゝ
                 / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_. /// ∥  \ゝ
              ノ ̄ノノ ̄// ̄// ̄//  _ノ//======== \ゝ .
             .ヒ==,@==@,==@==@,==@== ノ人ノ     ∥      ン
               ̄∥~  ̄~ ̄~  ̄~ ̄~ ̄  ∥| ̄ ̄ .∥ ̄ ̄ ∥
                ∥==================.∥|=====∥==== ∥
                ∥|  ∥  ∥ ∥ ∥ .∥|    ∥   .∥
                ∥|  ∥  ∥ ∥ ∥ .∥|    ∥   .∥
                ∥===================   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
                ____@))____|_______ |
               /    //ヘ \冫      |        |
               /   //     \\冫    |         |
       ∧_∧  /  //   ⅢⅢ   \\冫   |         ∧_∧
      (  (( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(    )
     / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人\\
    / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人\_\
  / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人_\\_

秀頼を右大臣にするのが「アメ」ならば、「ムチ」の手段もやる夫は実行した。

1605年2月24日、秀忠は10万の軍勢を率いて江戸を出発。
3月21日に京都の伏見城へ入城した。
やる夫は徳川の威信を示すべく、とても逆らえないと思うほどの軍勢で
秀忠を呼び寄せたのである。10万を超える軍勢に、上方の人間や、
大坂方の武士達は驚いた。

わずか数ヶ月前、豊国臨時祭礼で秀吉の7回忌をお祭りのように騒いだ
上方の人間は、徳川の強さを改めて思い知った。




1041 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:25:04.23 ID:
3J5d.dgo
<源朝臣秀忠、大義!


        / ̄ ̄\
      / ─  ─\
      /   (●) (●)ヽ   ははぁっ!! 
     .| ⊂⊃(__人__)⊂|      
     |      ` V´   |      
     ヽ         /      
     /   ヽ     ノヽ      
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

4月12日、豊臣秀頼は右大臣に。
遅れて4月16日、徳川秀忠は内大臣及び征夷大将軍に就任した。

秀頼の就任を先にするようにしたのも、やる夫の配慮であったが……。




1091 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:26:30.42 ID:
3J5d.dgo
         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \   ……豊臣からは何も言ってこないのかお?
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \    ……意地があるのは解るお。
    / (●)  (●)    \   でも……
    |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

やる夫としては、秀頼を右大臣に就任させたのは、
秀頼を上洛させるという意図もあった。

秀頼が京都へやってきて、秀忠に将軍就任の祝いを言えば、
それは豊臣の臣従を意味するが、それと同時に天下の安定と、
豊臣宗家の安泰にもつながる道でもある。

やる夫はなんとかして、秀頼を京都に呼びたかった。




1121 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:28:22.32 ID:
3J5d.dgo
         ____
       /      \
      /  u   ノ  \     京都に来い、と、
    /      u (●)  \    ……やる夫が言えば、
    |         (__人__)|    角が立つお。
     \    u   .` ⌒/     ここは、高台院に頼むお。
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


                         i" ̄'i
                    __r'-:、_ノ
                _,.-―=:.、"`''‐'、
               ,:'"     `':、  ':,
                 /  /i'i i,    ヽ  |   ……わかりました。
              i   i i| ||',    |,,_‐'、  それが豊臣宗家の
              !  _|_| ||.|r;;i'、  r''`i i  安泰につながるのなら……。
              ヽ__it;;i、.! `''゙´.| .i !'ノi .i
                 _,r'、 :i_..   | | 「 .', .|
              r'--、ヽ -‐-  | | ヽ_,i .|
                ( `"''、''r`:ー-r'"i !-'"__', |
              `':、_ ` .|_r'!-//:'"´ ヽ',
               /-三i" `i /'゙     ヽ',
                 高台院(ねね)

やる夫は秀吉死後より、何かと秀吉正室のねねの面倒を見たり
機嫌をとったりしていた。秀吉の正室を味方にするということは、
福島正則ら豊臣恩顧の大名を徳川方に引き止めておくのに必要だったのだ。

やる夫はねねという人脈を通じて、秀頼を京都に呼び出そうとした。




1141 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:30:10.34 ID:
3J5d.dgo

         ____
       /      \
      /  ─    ─\    ……高台院様、
    /    (●)  (●) \   何かとご面倒をかけますお。
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /

                    /  )
                _,,.. -― ´-`,r'´
             ,. '"´ ̄ ̄` -、 ヽ
            /   /;!     '、 ',
            |   l./| ,     ', /|   ……いいえ。
            |  __|l l,'.| _,,,_  _,.!-、|
            '-i l,!;;! l' .l't;;j''r'´i), ,! !  なんとかして、
              |!  !     | !-´ .|  秀頼がやる夫様に、
              |ヽ `_,  .! .|| |. |  従ってくれたらいいのですけれど。
              | | ` 、__,. ‐'.! ;'‐"l !
                  | !  ,..!..-'//-‐'ヽ ',
              ,,.!..!、r''ヽ, ,'.r'    ヽ!
           , '´、ァ'`;r'"ヾ      ';、
            / ヽ'ヽ‐'ヽ,,,ノ     l ./ヽ




1231 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:31:44.35 ID:3J5d.dgo
            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \    …………。
    / (ー)  (ー)    \
    |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´      /

                ,. '´ ., - ''"`'''' `ヽ、
               / .,. '         \
.              ,' ./     i. i, l     ',
              i  i    i  !!.l !l', i  !  !  ……そんな顔をしないでください。
              | ,..|  l!_-_、 l l.! ll |!_|.-! !  |  元はといえば、私の旦那も、
              |i '!/!' rr;::iヾ'|' .l .lr;::iヽ,!ィ'r'  織田家から天下を取ったのですから。
              !', (.l. | ヽー' '    'ー' '.! !ノ
                !. ヽ,! |      i    l l    私は、岐阜中納言(信長の孫、秀信)の様に、
             ノ   | .!、   _´_,  ,イ !    できれば秀頼をやる夫様の手で、
              ,. '´ ̄`ヽ,! l'i ヽ,   ''' / l ,'     保護していただければと、
          /      .! !_\.` ー i´ヽ-'!iー-.、  そう思っているのです……。

                    /         ヽ    ',
                   /           ',    !  天下は常にまわりもの。
                   {   , i l i       |   l  まして今は乱世……
                     !  l i l l_,.ィ   _,ィ i'⌒i i  実力ある者が天下をとらなければ、
                   ヽ  い  tハフ | | /. l  最後に困るのは、力の無い
                    ', ! `!       .| | t'  l  民ですもの……。
                     ', ヽ `_,. '  | | ト、 .!  
                     _! |ヽ ~   , ヘ ',ヽ、ヽ,i
                  , '  ! .|''ノ^ヽー '   i i ノ .ヽ、




1271 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:33:59.96 ID:
3J5d.dgo
               i    /i//イ   .|
                 |  __-,i !'.l/i,.-_. .|   天下は実力ある者がとる!
              i'`i | ,.-、  ,.-、.|.r';、  上に立つ人間に力と見識がなければ、
              '、,| |.   . .   .| !,ノ  結局は下の者も苦労する!
               |.| |:、 ヾ二フ./i |
               |.! i. ,i`ー--‐'i、 | |   ……これは旦那の受け売りですけどね。
             _|i |:'゙/ ,   , !、>:| !、__
              /  !,'i,..,',_! .,.、!/ ,..、!.|  `ヽ

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    (……さすがは、高台院。
/U   (ー)  (ー) \   秀吉の覇業を若い頃から支えてきただけはあるお。
|       (__人__)    |   現状を、よく把握しておられるお。
/     ∩ノ ⊃  /    もしこの人が、若い頃に秀吉の子供を産んでいれば、
(  \ / _ノ |  |     どうなっていたか……)
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




1391 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:36:52.44 ID:3J5d.dgo
ねねはやる夫の依頼で、使者を大坂城に出したのだが。

  ヽ ヽlヽ(、.| !--- 、  ヽ_,ゝニ..ヽ  〃-ヽ-' ヽ--Yニゝ1::´ ..:::l / :::::l /  , -‐ ヽ,ヽ
   ヽ ヽ丶 ! \ _,ゝ‐'´  __ ....`ーヽ! Y''ヽ   ノ-r 'フ1、::::::::::ノ-' :::::〃 .:::l´     ヽヽ-_、
   、ヽヽ`ー\ー---,,. - '´_  ̄` :イヽl ヽ'ヽ .// ノ/l `'ー´- ' .:/ .:::ノ       `7/´
   ヽヽ、ー =`ー--‐ ''´_  ̄ ` :l` 7^ー'ー`'ー 'r'ヽ' } :.....- ..,,r-- '´'´ ̄`ヽ、_ ,.-/  高台院は何を考えているのですか!
    ,ゝくr'ー--r_=::‐,'- ''´ 二二 lヽl-、      _,:レ'l:: ̄ ` ー ''´ __  ヽ ヽ´く    あの女はやる夫の手先になったのね!
    ´ヽヽ、__,フ´  / 二二ヽ lヾ``_、 ,ィ'"´ノlィノi´:::.............:::: -- 、`ヽ、 ヽ',::`ヽ
     __\    ..:::/ , -'´ ー‐  `';. ̄     ̄.:/´ ヽ ,ニ=_---- 、 ヽ  ヽ ヽ\`ヽ、 , -_-、
´‐ヽ/´_``ー ̄:::ノ / .::´,::: 二=- ,ゝ:.... `゙ .:ノ::..   ー '´.... --.、 ヽ ヽヽ:... \` ーヲ / ` そうか、
 /r ''"´ー'7r==- '´ ..::´/ _ ,...r‐ '´  i`:ー-:::'l ``'ー-、_::: _'ー-- --ヽ  ヽヽ \:..... `"´/ 秀頼を京都に呼んで
 l'  r=-ヲ _,..__ ...........:: / /〃  、ヽ..,,_} :.. .::: ゝ-‐'   ヽ、ヽー ''""ヽ ヽ l! |  ` ー '´ 殺すつもりね……!
     //  ヽ:ー-:::::,/  !:..   ヽ- 、,,ヽ r' _,,.. -'      !ヽヽ:::::::::ヽヽヽヽ!---r  そうはさせないわ!!
     l' /-―-_,.=-'  ..:::/:::r i:::,.っ    `      r、(ヽr 、', ヽヽ:::::::::`ヽ ヽー-i

ねねからの使者は、淀殿を激怒させた。
大坂方は秀頼の上洛を拒絶。
これを知った大坂の民衆や、諸大名は、戦争になると思った。
民衆は戦争になると思い、荷造りをして、大坂を離れようとした。




1511 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:38:56.45 ID:3J5d.dgo


_, -' ´   .l  / 、 l  i l  / .ヽ、                      /i#/
\      !, !、 l l !  i | i / -.ゝ                    ./;; /
  \  _, ‐ ´ .j l 、 l, l ; i ノ/ィ'、_ ..'!                   /'.il/'
   `´     (`、〉t-、ミ、l_i_;,...ノl  `‐ミ、_                 '-‐'
          〉' |;''' ´""'l,  l、l i |E_`''ヽ、     ゴージャス!     
          、i l.|、_   l,ノニ〉,; |ノ_-イ'T>-、   これはもしや戦になるかな!?
          /l ;;i l-;テ`、 ´~´´/l; i|´.ゝ-‐;|::: .l
        .>,ニ‐‐、iゝ   ; , `l=|,yヽ、.\l'|  .lミ=、          、.__
       i''´l _ヽ、\` 、 ‐-‐'.´'yl/   ゝ .ヽl  y           丶i .、
_, - .、    -/'/ ヽ/l〉-、ヽ、__.ノ _|..=-フ''\, `  .ゝ            ヽ、.'l
   .\   /-.l_ .,,;;;; i=,;;'フ`''ニ7'、‐' ´ __, -  ,__...  ヽ           .丶;`l
     > /|、 /,`,,、ィxニ<フ-   _'フ'´ _、_       .l             `-.ヽ

     ____
    /∵∴∵∴\
   /∵∴∵∴∵∴\
  /∵∴//   \|  戦になったらどさくさにまぎれてやる夫と秀忠を殺す!
  |∵/   (・)   (・) |  そしてその首をもって大坂城に行き、
  (6       つ  |  また大名に返り咲きだ! 
  |    ___  |  
   \   \_/  /   
     \_____/


関が原の戦後に改易、減封された諸大名からあぶれた浪人達は、
戦争で活躍することで、再び大名や、あるいは武将として返り咲くことを、
夢見ていた。




1591 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:40:15.54 ID:3J5d.dgo

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    これはまずいお。
/ U  (ー)  (ー) \   戦争となれば
|       (__人__)    |   大坂城に浪人が結集するお。
/     ∩ノ ⊃  /    あの城は古今無双の名城。
(  \ / _ノ |  |     今回は威圧のつもりで兵を連れてきたから、
.\ “  /__|  |     城攻めをやる余裕はないお。
  \ /___ /      まして大坂城なんか落とせないお。

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    ここはひとまず使者を送り、
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  淀殿をなだめるお……
 |        ̄      |  ……何、また機会はやってくるお。
 \              /   




1671 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:41:47.15 ID:
3J5d.dgo

      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈● ノ\   /\ ●〉
       ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ   私にお任せ下さい。
       )    Y    (
      /γ⌒     ⌒ヽ\
     /  |         |  ヽ
     |   ヽ__人__ノ   |
     \     `ー'´     /
        松平 忠輝(やる夫の六男)

やる夫は大坂城に、六男の忠輝を派遣した。
既に忠輝は14歳になっており、立派な若武者になっていた。




1821 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:43:54.66 ID:3J5d.dgo



        ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
      ((〈● ノ\   /\ ●〉
         ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ   父上は決して、秀頼様を殺すとか、
           )    Y    (     臣従させようとしていたのではありません。
        γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ  兄上(秀忠)は千姫の父にございますので、
     ((  |   |          |   .|  養父の晴れ姿を見て欲しかっただけです。
   ((   ヽ  ヽ__人__ノ  ノ  秀頼様が無理なら仕方ありませんね。
        \     `ー'´    /


               __  _ ,,,,, _ __ _
             ,ィ'、r、r\  ,.ヶr''7ヽ
             ゝ,-ヽゝヽヽ'7_ノ-'ー<{
             !, -/´   ̄   ヽ ヽl
               レ l ___,,.   、 、,,__ l、 !  ……そうですか。
            l ,、'l ィt;;iヽ  ィt:;jヽl/i:|
            l l ヾ ゚   .:    ゚ f ノ:|  ……わかりました。
              ! `ヽ   `´    /  l
              ! l l ヽ、´ ̄` /   !
            l l !  ト、` ''_´ l    l
            _l -‐!  .!`r', ‐,く-、  .|
            /   l  l'ノr/, -,i jl、ー'-、

忠輝が派遣されたことで、大坂の騒ぎは一応、収まった。




1941 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:46:49.60 ID:3J5d.dgo

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   …………。
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___

だがやる夫は悩んでいた。
将軍職は徳川の世襲であり、天下は徳川のものだとはっきり宣言した。
……もはや関が原の時とは状況が違う。
天下は徳川体制に入っている。

やる夫は豊臣に、臣従の意思を表明してほしかった。




1981 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:48:24.48 ID:3J5d.dgo

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
''''''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....................                .......................................::::::::::::::::::::::::::::::::::''''''''
::::::::::::::::::::::::::::........................................                         .............................................:::::::::::::::
...........................................                  r´`;                      ...................
                               `゙´γ
................................                   γ
                          γ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::             _,、‐" ̄ ̄'''‐-、、__
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.             ,,,-'`"´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  `'ー-、
                          __,,、‐‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    ~`'''-,,..._
     _,、‐"~`'''-,,..._          ,,,,、r'''´    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'´;;;`'''‐-、 __
__,,、-‐'' ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"=,,,,_  __,,、-‐'''′ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,;;;;;;;;:;;;;;;;;;      ''‐
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``''‐-,,__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

日本で豊臣宗家の時代が過ぎ去ったように、
世界でも「太陽の沈まぬ帝国」スペインの時代が少しずつ終わりに近づいていた。
旧体制のスペインは時代に適合できなくなってきていた。

この年(1605年)、スペインのセルバンテスが「ドン・キホーテ」の第1巻を出版している。
ドン・キホーテが風車に向かって突撃し、吹き飛ばされるシーンは、
旧体制のスペイン(=ドン・キホーテ)と、新興のオランダ(=風車)を表現している、
という説がある。時代は変わりつつあった。




2051 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:50:52.96 ID:
3J5d.dgo
         ____
       /      \
      /  ─    ─\    
    /    (●)  (●) \   
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /

この時期より、やる夫は将軍を退いた者として大御所と呼ばれるようになった。
これより以後のやる夫の政治を「大御所政治」という。

やるべき仕事は山ほどあった。
やる夫は内政と外交、交易の仕事を行いつつ、
徳川の政権を磐石にするべく、幕府の体制を整えていった。

時代は巡る。必要とされる人材も変わる。
この時期の徳川政権の中枢に、かつて徳川四天王として活躍した、
本多忠勝や榊原康政の姿は無い。




2121 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:52:30.58 ID:3J5d.dgo

  / と  働  ヽ _,ニ-=´ ̄::::::::::::::::::::::::::`゙::::::::::::::::::::::::::::::゙ー= 、     /    聞 ヽ
  |  思  い   |  ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー 、 |     い  |
  |   っ  た   |    `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ|     て   |
  |  て   ら   |`::::ー-......、 \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      く   |
  |  い  負   |::::::::::::::::::::::\ ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       れ  |
  |  る  け  |::::::::::::::::::::::::::::::ヽ~::::::::::::::::::::/:::::::::,,r, ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、____/
、人|      か  |::::::::::::::::::::::::::,ヘ l::::::::::::::::::,/::::::/ / \:::::::::::,ヘ:::::::::::::::´::::::::::::::::::::::
        な  /:::::::::::::::::::::::く   l::::::::::::::/' |:::/   /   ヽ、::/  〉::::::::::::::::::::::::::__
       _/`\::::::::::,-、::::/    l::::::::::/、 |:/   /      l::Y,ニミ/!::::_::::::::::::/   ヽ
─┼  勹  (:::::::::::::::::::// レ'     l_:::::::::!ヘーk'、ミ、/  、__/,l/'´ヽ //ヘ:::::::::::|   オ  |
/│  貝   >:::::::::::::::::| | ミ、    l _`>〈 ヽ,ヽ__゙ーシヾじ゙k'ー''__,,x'  冫〕/:::::::::|   ラ   |
ニニ,  l ┼ /:::::::::::::::::::| |  ||    l、`ーミ.lヾ,l  '''''''     ̄'''''''    l.s;/::::-=´, は   |
  ノ  レ ノ  \:::::::::::::::ヾミ ||    i ゝ  l、::`゙l     〉         し':::::::,:::::ヽ__/
l ┼  ┼   /:::::::::::::::l  ,/  ∪ l   l::::::::::l    く_  _,,、、     / |:::::::,'::::::::l
d、  ノ こ  (::::::::::::::::::::l        | l、 l::::';::::\  ヾニ三"´,)    / /:::::;'::::,':::::l
||  /   〉::::::::::::::::l       / 、  l、:';;:::::l\_ ゞ=='   // /::::::,':::::';::::/
!!  \  /::::::::::::::/       /   ヾ、  l:::::'';;::ヽ  ヽ、 ̄_,x "´ ´ /:::::::;'::::,':':::/
    ネ,-、 ゝーゝニ二___/ ,、_    `ヽ、';;:ヽー 、 ̄_,ニ=― /:::::;;;''::,,''::::/
    '| d、 \ー-===、\,、,、/  `ー'´`ヽ、_゙:::':::;`ヽ、_l__/:::::::::::,,'':::::/ /   _
     え   /      `/ //   /   ,   `l、::::''';;;;;;;;:::::::::::::::::;;:''::;'':::::::/ /  /:::
     /    <    _,/ / /   /   /    /  `l::::::::::;;;;;;;;;;;;;'''::::::::::::::,/  _, /;;''::::
    ん'ソ  \_,r '´/  / /   /   /    /    l\:::::::::::::::::::_,r―"´ ,r" /;;;''::::::::
    ┼ ゙  /  /   / l   l    l    /   / l   ̄ ̄ ̄
    ノ こ (
        > 

榊原康政は老いを理由に自分から政権中枢から離れたとも言うし、
本多正信の工作、もしくはやる夫自身の意思により遠ざけられたという説もある。




2281 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:54:50.94 ID:3J5d.dgo
                                 / ̄\
                                |    .|
                                \_/
                                  |              好
                                / ̄  ̄ \          き
              ___           /  \ /  \        な
             /   |  \   ,, - '"r' ~:/   ⌒   ⌒   \ヽ、      ひ
           / |\_|_/| ../   /   {     (__人__)     | l ..     と
        . /   |    |   /-、   i    |\    ` ⌒´    /i !      が
         |.   ぃ\__|_'/   ヽ  |_  \        /  //   で  
         \   ヾミllll田     /"   ̄ ヽ\       /   //    き
          _,.>-:、: ノ ̄ ̄ '''    l       \__/-、 /  / /      ま
         /: : :/          |        "~   `´ / ' >.      し
          {: :/  = 、         !               /_ -‐<-,     た
        /` {     ニ\  /、 ヽ-           //     {
       /i : _ヽ_, -'" ̄   ` ´} _   _,-‐-=ゥ‐- イ >  r '  ̄ ト
      / : i / <_     _,, ィコ   ̄    、 -ノ_, /  \/\    l,-、,,-、_
      / :  \ _ヽ_ ヶ、'~   \,_, -,‐_T`‐--イ/ 、   _,, - +‐ti;;;;,、 ヽ , `、
      l : : : : ̄: :`''t‐t\  r ' '  i  >;}~ )ニ-i─ t'", -─| |-'┴/_l_/ノ
      \ : ヽ: : _ : ||/::::::::`{;;;i  i i__i__/''ヽ |:: ̄:l ̄l~:::ヽ   |_ ===--、__
       \ : : : : :{|:、:::::::::::::::`イ‐i=-_‐, -ー!:::::::::| |:::::::::::ヽ        `
         ↑乙女(忠勝の側室。真田信幸の妻、小松の母)

本多忠勝もまた、政権から遠ざけられている。

ちなみに忠勝といえば、ひとつ、エピソードがある。
徳川家の紋所といえば、水戸黄門などでも有名だが、
「葵の御紋」である。この三つ葉葵の家紋は、徳川家以外にも使っている大名が多く、
本多忠勝の家もそうだった。しかしやる夫が天下を取ると同時に、
多くの大名はこれを遠慮したが、本多家は使い続けた。




2431 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:57:04.24 ID:3J5d.dgo
やる夫はこれを良く思わず、
         ___
       /     \
      /   \ , , /\     忠勝!
    /    (●)  (●) \    三つ葉葵は徳川の家紋だお。
     |       (__人__)   |    使うのは今後、遠慮してくれだお!
      \      ` ⌒ ´  ,/  
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ 
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
     |            `l ̄
.      |          |

と言った。

だが忠勝は承服しなかった。

           / ̄\
           |    |
           \_/
             | __
            ┴´   ``ヽ      葵の家紋はもともと本多家のものだぜ!?
          /::::::::::|::::::    `ヽ    それをオレが殿様にあげたんだ!!
         /:::\::::::::<● >   `ヽ      
    ((   / <●>::::::::::⌒      )   それにオレが殿様にあげたのは    
        |  ⌒(_人__)       ノ | | 「葵」の葉っぱだけ!
        ヽ    )vvノ:      / ノノ 幹までやった覚えはないぜ!!
          ヽ (__ン       人
         人           \

本多家の家紋は、徳川家と同じ三つ葉葵でも、ちょっと違う。
徳川の三つ葉葵が葉っぱだけの家紋であるのに対し、
本多家の三つ葉葵は、それに幹までついていた。

かくして忠勝はやる夫をうならせ、葵の紋の使用を許された。




2511 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 22:58:58.94 ID:3J5d.dgo

            / ̄\
   \  /    |     |
     X      \_/
   / ∩     __|__       /
  / ( ⊂)  /     :::::\    X   
      | :::|  /   \ / :::::|  /  \
     トニィ |   ⌒  ⌒:::::::|
     | ::::i .|  (__人__) ::::::|
     \ ::\ヽ  ` ⌒´  ::::::/            
      \  ーヽ   ::::::/   ひまだからカラオケでも行くか!?
         ン ゝ :::::/>ー、_  忠政(忠勝の長男)よ!
        / イ( /  /:::::::::\
        /:::::::| Y  |  / ::入 ::::\
       (:::::::::| :、 |  / :::/  ヽ、::::l
        j:::::::| :   | / ィ    | ::::|
        くV::::ヽヘ_ ヽ :::\  仁::」
         ー 〕  :::\ :::::〉(⌒ノ

話が少し脇にそれたが、とにかくこの時期、
かつての武功派は、徳川政権の中枢から退けられている。




2641 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:01:29.75 ID:3J5d.dgo

                         / ̄\
                         |    |
                         \_/
  _______            __|__
  |           |          / :::\:::::/\  と~なり どうし
  |   ワ ゴ ン  |         /  <●>::::::<●>   あ~な~た~と~
  |           |         |    (__人__)  |
 /.|_______| ̄ヽ     /\   ` ⌒´ /   あ~たし
/ __◎      ◎ ̄) |     (  (   ___  )       さくらんぼ~♪
(___)       Y_ノ     ヽ/  (___ノ
     \      |        |      /
      |  /\ \      / /\  |
      | /    )  )     (  (    ヽ |
      ∪    (  \    /  )    ∪
            \_)   (_/
    本多 忠政


     |┃三        / ̄\
     |┃         |     |
     |┃          \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  ::\:::/:::: \    もーいっかい!!
     |┃     /  <●>::::::<●>  \
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \




2741 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:03:20.21 ID:3J5d.dgo
    / ̄\
    |    |    
    \_/      
      |
  / ̄ ̄ ̄\
/    ⌒:::⌒\〃
|      `ヽ/ ̄\〃 ∵. ・      ___
     ミ }    ー=- ̄ ̄=_    /      \
       >、_/__      /|\_|_/| \
|      " ノ`ヾ}       ̄ = / |     |   | _ \
.\        /           |.   \__|__/ノノ  |
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \          \ ヾミllll田llll彡''  /
                     │          \




2861 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:05:07.21 ID:3J5d.dgo

                   / ̄\
                     |    |    
                   \_/      
                   _|___
                       /     \    ……何をするんだ乙女。
                 / `\:::::::ノ´  \
                 /U <●> ::::: <●>  \
                   |      (__人__)     | ___ ___ _ _
                 \    `⌒´    / =========== /{
                  / 7            \         //|
            /  /   r   7     ヽ___,/   |
            //  /    /|   /     r   |.::::::::::/    | <乙女殿、どうされたのですか?
            //  /   /ノ   /    /  ノへ//      ,l
        {l===== {    ア====({     「======l{/     /{   
        | 「 ̄ ̄ `ー-′ ̄ ̄ `ー-―′ ̄ ̄|    /[  ]
        |    ワ ゴ ン        U    |   /ニニ| |
        | ______ S A L E _____|  /     | |
        |_______________l/      | |   ※忠政は乙女の息子ではない。
         } {     r'二r=ヘ               } {    r'二r=ヘ
        [  ]     {{{{{{ O }               [  ]     {{{{{{ O }
         | (_,二二二二二二二二二二二二二| |     ヾ-=='
         | |                    | |
         | |                    | |
       r'二r=ヘ                 r'二r=ヘ
       {{{{{{ O }                 {{{{{{ O }
        ヾ-=='                 ヾ-=='




2971 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:07:31.57 ID:3J5d.dgo
      ___
    /   |  \
   / |\_|_/| \      急な使者よ。
  /u |    |   | _ \
 |.   ぃ\__|__/ノノ  |    ……榊原康政様が、死んだわ。
 \   ヾミllll田llll彡''  /

                / ̄\
                |    |
                \_/
                  |
              / ̄ ̄ ̄\
             / :::::\::::::::/\ 
           /U  <○>:::::::<○>\  ……な、なんだって……!!
           |     (__人__)   |  ……冗談だろ……そんな……!  
            \     ` ⌒´   /


               / ̄\
               |    |
             /"\_/"\
         :::::::::::::/    |    .|ヽ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ .|. |::::::::::::::::::::::::    ……康政…………!!
    ::::::::::::::/ ̄\ /  _ノ:::::::ヽ、_ \|/ ̄\::::::::::::::::
   :::::::: /    / o゚((>)::::::(<))゚o \   \::::::::
  ::::::::/   \ |     (__人__)     | /  \::::::::
 ::::::::(_⊥_⊥_)\___` ⌒´ __ / (_⊥_⊥_)::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

本多忠勝と榊原康政は同年齢であることから仲も良く、
親友同士の関係であった。




3071 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:08:58.13 ID:3J5d.dgo


             _/::::::::::::/
           _/:::::::::::::/ ____
         ,..::::´::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::._/
       /:::::::::::::::::| ヽ、:::::;::::::::::::/   へへへ……死ぬってのは……
       /:::::::::::::::::::::|´|ヽ   |/_:::.::/   結構イヤなもんだな……
  _ .. -─':::::::::::::::、::|`'   ,U  .!::∠
  `'' ‐-.._:::::::;-‐、`(○)  (○) |::::`::-、
 =ニ二::::::::::::::::|6    \___/、| -──`
    ‐=.二;;;;;`‐t    \/  ノ 


             _/::::::::::::/
           _/:::::::::::::/ ____
         ,..::::´::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::._/
       /:::::::::::::::::| ヽ、:::::;::::::::::::/     ……あの世で……
       /:::::::::::::::::::::|´|ヽ   |/_:::.::/     先に逝ったみんなと、
  _ .. -─':::::::::::::::、::|`'   ,   .!::∠      修行ができる、ぞ……
  `'' ‐-.._:::::::;-‐、`(○)  (○) |::::`::-、
 =ニ二::::::::::::::::|6    \___/、| -──`
    ‐=.二;;;;;`‐tU    \/  ノ 

1606年6月19日。
榊原康政は死んだ。享年59。
その功績は死後から現代まで高く評価されている。

後に、榊原家がとある理由により断絶の危機に陥ったときも、
康政の功績を考えた幕府が、榊原家の存続を許可している。




3151 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:10:35.77 ID:3J5d.dgo

             / ̄\
             |     |
             \_/  
            / ⌒`"|⌒`ヽ、 
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\  
          /,//::         \  
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ 
       /  /、:::::...           /ヽ_ \ 
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"



             / ̄\
             |     |
             \_/  ついに俺だけになっちまった……
            / ⌒`"|⌒`ヽ、 
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\   徳川四天王……
          /,//::         \  
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ …………俺だけに……
       /  /、:::::...           /ヽ_ \ 
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"





3221 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:12:17.24 ID:3J5d.dgo

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  康政……!!
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  康政……!
  |     (__人__)    |  ……最後のほうは、すまなかったお。
  \     ` ⌒´     /  でも、天下のためなんだお。すまんお……!!


               __
            ,.  "´   ヽ|-一‐、
          /            |
         /         ,..___.    |
         /         //|ヽ!    |
        /   _____|__| _|_ |    |  よろしくお願いします!
        |_ .r‐‐Y / `   ´ '`` 7/´
         `'l´|. l |__・ ・__| / |
           、__.!""r--^--,""/-‐'
              、ヽ........ノ,. '
              榊原康勝  

榊原家は、長男が他家の養子、次男が既に死んでいたため、
三男の榊原康勝が後を継いだ。




3351 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:14:45.31 ID:3J5d.dgo
       _,.―――――、
       /      C  i
       l       D   │
       l____,.----、_――┐
       l / ━━━  ━━ ̄ ̄
     ┌i, │ 《《●》  《●》
      \i│   =  │=│   父上に負けないように頑張ります。
        l┘      │  /
       │    ∴:┘:│
       │ ト     《∋  /
       │ ! \∵∵∵j
       │    ̄ ̄ ̄│ 
酒井家次

世代交代の波は確かに押し寄せていた。
酒井忠次の息子、家次もがんばっていた。
(やる夫が江戸入りした時、3万石しか与えられず、忠次が怒った事があったが、
その時の息子である)




3481 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:16:24.15 ID:3J5d.dgo

               r'゚'=、          
               / ̄`''''"'x、
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/    i!        i, ̄\ ` 、   儒学は
  __x-='"    |   /ヽ      /・l, l,   \ ヽ  国づくりに必要ですよ。
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,  
 | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,
 .l,  i,        }   人   ノヽ   |    {   {
  },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
  .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
  | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
 `"             `ー'"          iiJi_,ノ
              林羅山

また、前年に二条城でやる夫と会見した儒学者、林羅山も活躍し始めた。




3601 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:18:06.58 ID:3J5d.dgo
   (::::::::::::::::::   ::::::::::::::: 、⌒  ::::::::::::::::  ヽ     (:::::::  ヽ
  (::::::::::::(⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::  )    (:::::::::::::::::
::(::: ::::::::::::::::::::::::::: `)::::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::::::::::::: Y⌒ ヽ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)::::::::::::::::::::::::::::     ┌┐  :::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /~'7;; |/~''7 ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (  ( ̄|  ( ::::::::::::::::::::::::
                     、___`t-'ーイゝ-i
                      ヽ] ̄二二二7
~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'"^~~^'""~^'"^~~~~~~~
 ~~~ ~~   ~~~~  ~~~ ~~  ~~~  ~~~
 ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~~~
~ ~~~~~ ~~ ~~~~   ~~  ~ ~~  ~~ ~~~~


新たな人材を迎えつつ、やる夫の政治は更に進む。
この年、やる夫の要請に応じて、スペイン船が初めて関東の浦賀に入港した。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\     九州や上方ではなく、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ついにこの関東に外国船が来たお。
  |              |
  \               /

        ___
      /      \
   /          \    外国の船を関東で受け入れるお。
  /   ⌒   ⌒   \   他の大名は長崎だけに限定させて
  |  /// (__人__) ///  |   幕府が貿易を管理させるけど、
  \              /    幕府は特別にするお。




3691 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:23:18.81 ID:
3J5d.dgo
      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    アダムス。
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  イギリスもいずれは浦賀に呼び寄せたいものだお。
 |        ̄      |  そうなれば交易にはとても便利だお。
 \              /

        ∧
      /|\⌒`ヽ
     v||.| |||\〃ヽ
     |!‐,‐、,┐| ..::::|    交渉はしてみますが、難しいかもしれませんね。
     l|`T ̄~| | :::::|    イギリスはスペインへの牽制や、
     'λ|__/√ヽ/⌒ヽ 明との交易を考えて、長崎に商館を、
     /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ置きたがっているようですから……。
    /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ
    |ト、i   ) ..:::γ    /  
     t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´
  (⌒oゞ _\   .:.\ノ
    Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
    ` (○0ニニニニ;〔

浦賀は、250年後の幕末において、ペリーが黒船でやってきた場所である。
幕末の江戸幕府は、外国との交渉は何事も長崎で、とペリーに伝えるのだが、
この時期は幕末と全く逆で、幕府は関東で外国と交渉をしたがっており、
イギリス等の外国はアジア全体と関わるのに便利な長崎に商館を置きたがっていた。





3731 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:25:23.60 ID:
3J5d.dgo
         ∧_∧
 ≡      <#`∀´> 
        |  ○○ 
        |  ∥∥ 
≡       ∪∪∥∥
       =====
       ◎ ◎ ◎

さて、同時期の朝鮮外交。
李氏朝鮮は友好回復の条件として「二度と侵略しないという誓書が欲しい」
「朝鮮の王陵をあばいた犯人を引き渡せ」の二つを日本側に伝えた。
しかし前者はともかく、後者は難しかった。
あばいた犯人といっても、日本人兵士は山ほど朝鮮に渡っている。
誰が犯人か、と特定することなどできない。




3791 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:27:49.19 ID:3J5d.dgo

       ,..-――-:..、    ⌒⌒
     /.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.\      ^^
    / .::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::..ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   :::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::
     :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ::::::::::::::::::::∧_∧   
       :::::::::  < ::;;;;;;;;:>      
          _..  /⌒:::;;;;;ヽ
-― ―'ー'-''―-''/ / ::;;;;;;;;:| |―'''ー'-''――'`'
 ,,  '''' .  ''''' と./ゝ_;_;_ノヽつ   、、, ''"
    ,,, ''  ,,,    ::;;;;;;;;;::: ,,  '''''  ,,,,


だがこの年の11月、対馬の宗氏は誓書と犯人を朝鮮に出した。
わずか数ヶ月での回答と犯人発見だが、しかしこの犯人は偽物であった。

朝鮮交易を一刻も早く再開したい宗氏の作ったニセ犯人だったが、
朝鮮も日本との交易や友好を回復したかったため、
うすうす偽物だと気付きつつも、これを黙認した。
この時期、北方で女真族が勢力を伸ばしており、朝鮮国防のためには、
南の日本と、和睦しておく必要があったのである。

ニセ犯人にでっちあげられた人間は、まったくいい面の皮であった。
(朝鮮出兵とは無関係の犯罪者を、ノドを潰した上で引き渡したらしい)

……そして、偽物は「犯人」だけではなく、誓書も偽物であった。




3911 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:30:19.62 ID:3J5d.dgo

このあたり、少しわかりづらい。順を追って説明していく。
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    朝鮮と仲直りするお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

と、やる夫は考え、対馬の宗氏に交渉を依頼した。
朝鮮は前述の通り「犯人」と「誓書」が欲しいと言った。
「犯人」については先に述べた通りだが、

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\   署名……?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 「日本国王」と書く?
  |     (  (      | だめだお、それはだめだお!
  \     `ー'     /

朝鮮は「日本国王 徳川家康」の署名が欲しいと言って来た。
朝鮮は明の傘下であり「朝鮮国王」の称号をもっている。
日本が「日本国王」を名乗る事で、朝鮮と日本は対等な関係になり、
朝鮮は初めて仲直りできる……という理屈である。

だが、やる夫はこれを認めなかった。




4001 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:32:48.39 ID:
3J5d.dgo
       ____
     /      \
   / ─    ─ \   「日本国王」とは明の称号だお。
  /   (●)  (●)   \  やる夫が「日本国王」を名乗ることは、
  |      (__人__)    |  日本が明の傘下になることだお。
  \     ` ⌒´     /   それはできないお。

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\    第一、日本国のトップは天皇陛下だお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  やる夫はあくまでその代行、大御所なんだお!
  |     |r┬-|       |  「日本国王」の署名はしないお!
  \     ` ー'´     /

やる夫は「日本国源家康」と署名した。
だが対馬の宗氏は、朝鮮との友好回復を優先するため、書類を改ざんした。
正確には、全くそっくりのものを作った。

宗氏は「日本国源家康」の部分を「日本国王」と直した。




4101 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:34:59.04 ID:3J5d.dgo
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                     ,,- ┐‐┐- ,,
                    /''| / |_ヽΡa `ッ
                   | ,ト-‐‐/ ooヽ-,, X  …………それだけかい?
                  . |' , __,,,,乂_O丿 .` |
                  . |/ィェァ | ィェァ 'iii;‐,|   …………なんだ、それは……?
                    `  ι,,   `',ノ7    僕が出した7か条について、
                    `、   _,,,  /'|,',,    何一つ触れていない!
                    ,,,-ヽ ̄__,,/ i,,,_`‐ , , しかも日本国王だと!?
                   /  /, ̄ ,   /,,> `)  僕は言われるまでもなく
                ___,,,-┤ i ヽ /_/ _,,-‐''' i ,,,, 日本国王だ!!
               /|   ヽ  i‐---‐'' ,,,/,,,,-‐'''' `  `'-,

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第22話で、豊臣秀吉の元に、明国から「汝を日本国王と為す」という国書と、
「日本国王」の印が贈られたのだが、秀吉はこれを拒絶し、いわゆる慶長の役に突入した。

だが、その時の「日本国王」の印は、宗氏が保管していた。
そしてその印を使って、「日本国王 徳川家康」の国書を作ったのであった。

李氏朝鮮も、あまりに早すぎる回答を疑ったが、とにかく回答使を出した。




4161 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:37:07.09 ID:
3J5d.dgo

     _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ        
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|   .  
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \ .   はっはっはっ!
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',    ボクのマスターから
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i    国書をもってきたニダ。
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l 
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: ! 
      '、:ヽ:| ヽ|   (__人__) .ノ l. 
        ヽ lト、   . ´ー-'´/ /  
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/  
         ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´
           呂祐吉

        ___
      /      \
   /          \    ありがとうだお。
  /   ⌒   ⌒   \   お疲れ様だお!!
  |  /// (__人__) ///  |
  \              /

これは少し後の話になるのだが、一気に朝鮮外交の話を進める。
1607年、李氏朝鮮の使者、呂祐吉がやってきた。
呂祐吉は将軍の秀忠、そして大御所のやる夫と会った。
やる夫は宗氏の国書すり替えのことなど知る由もなく、
朝鮮との友好回復に上機嫌であった。

呂祐吉は朝鮮出兵の捕虜を連れて帰り、日朝の友好は、
とりあえず、これで回復した。

1609年には貿易の協定である己酉約条を釜山で締結し、
めでたしめでたし……




4291 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:39:16.55 ID:3J5d.dgo
.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7

……もちろん、めでたしめでたしな訳は無い。

この国書偽造は後々も繰り返される。
そして、やる夫の死後、三代将軍家光の時代に
「柳川一件」という政治事件にまで発展する。

それは後の話であるが、
最終的に幕府は日朝貿易を対馬藩に任せたほうが良いと判断。
対馬藩はお咎めなしとされた。




4351 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:40:51.91 ID:3J5d.dgo
                   ヽ ;;;;;;;i _,-、           ,;- 、i ;;;;;;; /
                    ヾ;;;;i  "ヽヽ,       ,.-'"   ヽ;;;/,.,
                   r"`ヽi    ─` "-,_.  -,.'"-tuーュ  i;;" ヽ
                   i ヽ, i;i  l"     `│:::  `  ̄,   i,' γ i  対馬藩ガンバレ!!
                    ヽ i i  l`ヽ   ,.i :::::.        i ,  i
                    ヽ .i i  ヽ┘- .'".i :::::::.        i;  .;'
                      ヽi i       i ::::::::..       !y'"
                       ヽヽ   ,.: - 、_ヽ ' ,.: - :.,_,  //
                        ヽヽ`" ~,____,.. 、  //i
                         ヾ    ̄__,...      ,.',/ .i
                         l ヾヽ   ::::::...    /,/:::: i
                         l ヾヽ        /,/:::::::: !
                     _,.-='"l  ヾ -=;;;;;;;;;;;;;=- './:::::::_,.'ヘヽ._

「柳川一件」以降、幕府は署名を「日本国大君」という肩書きに変え、
その後、明治まで日朝交易を続けた。

余談だがこの柳川一件のとき、伊達政宗は既に老齢であったが、
対馬藩を応援したという。




4441 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:42:34.81 ID:3J5d.dgo


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   一緒に猿楽を見ましょうお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

                  /    / ,ィ   ヽ
               i    /i//イ   .|
                 |  __-,i !'.l/i,.-_. .|
              i'`i |l l;;j'i   i'i;;!l'i r';、  いいですね。
              '、,| |.   ー   | !,ノ
               |.| |:、 `ー―' /i |
               |.! i. ,i`ー--‐'i、 | |
             _|i |:'゙/ ,   , !、>:| !、__
              /  !,'i,..,',_! .,.、!/ ,..、!.|  `ヽ
           ,'  、,:-'くl  i.>i゙i!l,:'__l  iゝ-、  ',
              i  ,.!_ _ノ.`l l //i 'i .)`´!___ノ   i
          |  i./ !  `i/ i l) ヾ゙   |ヽ   |
             ,|   / !  ,:|  |i .,'    .i ',  |

さて時間は戻る。
1606年8月。8月1日は八朔である。やる夫が江戸入りした日として、
様々なお祝いが二条城のやる夫の元に届いた。

そしてその翌日、やる夫はねねを招いて猿楽(能)を行った。
以前、大坂方への懐柔を頼んだお礼であった。




4501 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:44:21.56 ID:
3J5d.dgo
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     やる夫は能が大好きなんですお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    先生に習ったこともあるんですお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


                   _i´ ̄`i
                   /  ̄ ̄ `ヽ
                  /    / ,ィ   ヽ  うちの死んだ旦那も好きでしたよー
               i    /i//イ   .|  自分の活躍を能にしたり
                 |  __-,i !'.l/i,.-_. .|  していましたもん。
              i'`i | ,.-、  ,.-、.|.r';、 「明智討」とか「柴田」とか。
              '、,| |.   . .   .| !,ノ 自分で交じって演じたりもしていました。
               |.| |:、 ヾ二フ./i |
               |.! i. ,i`ー--‐'i、 | |
             _|i |:'゙/ ,   , !、>:| !、__
              /  !,'i,..,',_! .,.、!/ ,..、!.|  `ヽ

      ____
    /_ノ   ヽ_\ 
   /( ●) ( ●)\    (うちの旦那、かお……この人と話していると、
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\   秀吉の嫁だったんだということを、
 |        ̄      |   忘れてしまいそうだお)
 \              /




4541 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:45:49.73 ID:3J5d.dgo
  _,,,___,..
.  i-、'、,,、`、
 ,i'ニ;;、`i  ヽ
(, -、',i'''ー  !,_
  `-、,,__  ,r',.ヘ,
     `'く,',ソ" ヽ、                 i'"~"'i
.       ヽ.   \           ,,..-;;;;;-.=;;-、丿
        '、    ヽ,       ,.r''" , ,  ``‐`,!、
.         \    'i:、     ,r,  .//イ     l ',
          `、   .| `、   .lil  i'i.l.l.| ,.r   / ,..!  あっ、やる夫様、
           `、 ー|  `、.  ||.,.i -l、!'.-'(lll`i-:,'"i=,、',  見てください。
            'i、 |   ヽ  !lri'l('!!'、 ,. _,,,  ', `;;i| ',  今のすごく良かったですよ!
             i `、l   `ー-、,!.l  i'ニ"‐┤  ;、 <. '、
             ヽ |      `ヽ'、.'、   l  ,.' |;、ヽ '、
              l l     ヽ ' ', !``、r='_,r'  l, lヽ'、.,,.-、
              ヽ,.i     |  '、'., .l,r"、, ,  i r'''r'´、':, '、

      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o     み、見逃しましたおww
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |
  \     `ー'´     /

やる夫は思った。
ねねは従一位で、やる夫と同格の位階にして秀吉の正室である。
法的には秀頼の母親はねねであり、智恵も人望もある彼女がその気になれば、
秀吉死後の大坂城を掌握することは決して不可能ではなかった。
かつての北条政子の様に、女帝として君臨することもできたはずであった。




4641 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:48:13.60 ID:
3J5d.dgo
         ____
       /      \
      /  ─    ─\   (しかし彼女はそれをしなかった……)
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /

.              ,' ./     i. i, l     ',
              i  i    i  !!.l !l', i  !  !
              | ,..|  l!_-_、 l l.! ll |!_|.-! !  |  むー……
              |i '!/!' rr;::iヾ'|' .l .lr;::iヽ,!ィ'r'  熱い展開ですね……
              !', (.l. | ヽー' '    'ー' '.! !ノ   やっぱり能は面白いですね。
                !. ヽ,! |      i    l l
             ノ   | .!、   _´_,  ,イ !
              ,. '´ ̄`ヽ,! l'i ヽ,   ''' / l ,'
          /      .! !_\.` ー i´ヽ-'!iー-.、

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     ……はいですお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |        ̄      |
 \              /

ねねは、秀頼や、今の豊臣宗家に、さほどの愛着は抱いていないらしい……
やる夫にはそう感じられた。

そもそもねねは大名の娘ではなく武士の娘であり、秀吉とも恋愛結婚であった。
若い頃は信長に秀吉の浮気のことを愚痴ったりもしている。
そこが基本的に政略結婚の、他の大名の正室との違いである。

秀吉が天下人になって以降は、ねねは天下人の妻として、
嫉妬めいた感情を決して口に出す女性ではなかったが、
恋愛で結ばれ、苦難を共にした夫が、他の女性との間に作った子供を、
ねねは感情的に承認できないところがあったのかもしれない。




4721 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:51:05.80 ID:3J5d.dgo
                                 ) (.ヽ' .
                                 ⌒_   .
                                .ノし~|
                                .i    |
                                |,.   .|
                                /.    |
                                /   ./
                                /   .(
                              _ノ   i `
                        ._   _/     |
                       .l (,,.-‐´     .|
                 .,,____  ,.ノ        ./´
          _,,. -‐'´     'ー┘         |
         __!.,,__ ,,__,.,..__,...,_     _       /フ ..i´
       <´~ し、 _.ノヽ- \ つ   (└‐-'´!ノ⌒ |,..i´
        )  .く .~| .,,.-‐.v´ .! ,.-‐'
       /   ./   `  .   `´
       .ヽ∩,!

1606年。
豊臣宗家が独立状態とは言え、関が原より6年。
戦争はさしあたってなくなった。




4771 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:52:29.73 ID:3J5d.dgo
                           _...-.、..-..、ヽ.`:ヽ
                          ,-.:‐::::::::::::::::::::::::::::::::::|ノノ
          ィ──‐^‐‐、,,_       ,フ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ_
        /::::ィ´⌒'''''⌒\::ヽ       {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
        ゝ/´       `ヘ\    _i:::::::::::::::_;: =::::イ::::ィ::ィ:::::ヽ          好
      /●)  `_´  (●ヽ ,, - '" r' ~ }、:iレ -,= 、 ノ://、/:i''レヽ、       き
      '、_ノ /´  `\  '、__/   /   {、 、.! ´{:ノ`  , ィ:}`/, ' "   l.        な
       |  /       ヽ/-、   i    | ヽォ    . !  /'i    i !    ポ  人
       ヽ  _____/   ヽ  |_   \ ヽ   _ _  / /  //      ニ  が
        \,,___,,,,,/"     !      ̄ ヽ\. \____/ /   //     ョ
          _,.>-:、: ノ ̄ ̄ '''    l       \__/-、 /  / /.     で
         /: : :/          |        "~   `´ / ' >      し
          {: :/  = 、         !               /_ -‐<-,    た
        /` {     ニ\  /、 ヽ-           //     {
       /i : _ヽ_, -'" ̄   ` ´} _   _,-‐-=ゥ‐- イ >  r '  ̄ ト
      / : i / <_     _,, ィコ   ̄    、 -ノ_, /  \/\    l,-、,,-、_
      / :  \ _ヽ_ ヶ、'~   \,_, -,‐_T`‐--イ/ 、   _,, - +‐ti;;;;,、 ヽ , `、
      l : : : : ̄: :`''t‐t\  r ' '  i  >;}~ )ニ-i─ t'", -─| |-'┴/_l_/ノ
      \ : ヽ: : _ : ||/::::::::`{;;;i  i i__i__/''ヽ |:: ̄:l ̄l~:::ヽ   |_ ===--、__
       \ : : : : :{|:、:::::::::::::::`イ‐i=-_‐, -ー!:::::::::| |:::::::::::ヽ 

秀吉は天下統一後、ほぼ休む間も無く外征に乗り出したため、
日本人が平和な状態を数年間も過ごすのは、本当に久しぶりであった。

確かに泰平は訪れていた。
人々は少しずつ、泰平の到来を、その身で感じ始めていた。




4941 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:55:07.31 ID:3J5d.dgo

    M 
   );;;;て
    \\
    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /U  (○) (○)ヽ   ワガハイもここまでナリ……。
 .|    (__人__) .|   
 |      ` ⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ____ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


       / ̄ ̄\          
      /  .._ノ  \         
..     (○)(○ )  l   ぼくも、もうだめだ……。
..     (__人__)    |
      |_` ⌒´    |
    /        |
    /          |
   |  U       | |
   .|        |  | |
   .|        し,,ノ |
   !、          /


翌年、やる夫は息子を二人、続けて亡くした。
1607年4月1日、四男の松平忠吉が死亡。関が原の戦傷が元になった死と言われている。

1607年6月2日には、次男の結城秀康が死亡。こちらは梅毒で死んだと伝わる。




5051 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:56:48.80 ID:3J5d.dgo

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  秀康……忠吉……
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  / o((○) (○))ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      兄上と忠吉の分まで頑張らないと……!
 |       ( <  |
 ヽ     `-'  /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

忠吉は秀忠と母親が同じであり、秀忠も大きく悲しんだと伝わる。




5181 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/18(木) 23:58:54.25 ID:3J5d.dgo

      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈● ノ\   /\ ●〉
       ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ   兄上達が続いて亡くなったのか……
       )    Y    (
      /γ⌒     ⌒ヽ\
     /  |         |  ヽ
     |   ヽ__人__ノ   |
     \     `ー'´     /

やる夫の五男、武田信吉も既に亡くなっており、
他のやる夫の子供はまだ幼く、やる夫の今の息子の中で、
成人しているのは秀忠と松平忠輝のみになってしまった。


    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_ 
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''  
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',  
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',  忠輝様、お気を落とさないでください。
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!

大久保長安はこの頃、忠輝の家老として付けられていた。




5331 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/19(金) 00:02:01.66 ID:D0.imwQo

      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈● ノ\   /\ ●〉   …………
       ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    兄上達が亡くなった。
       )    Y    (
      /γ⌒     ⌒ヽ\    これであと、秀忠の兄上がいなくなれば……
     /  |         |  ヽ   ……竹千代(家光)はまだ幼い。
     |   ヽ__人__ノ   |   豊臣宗家もあることだ。
     \     `ー'´     /   次の将軍が俺になる可能性もある、か……?


 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ  忠輝様!
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\      滅多なことを言ってはなりません!
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\
 :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`゛゛二==-'"``゙゙゙゙゛丁
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐' ̄         .:i
      j::.     .::   / ノ,-‐´      ,.. .::‐‐‐---.::i




5431 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/19(金) 00:03:41.83 ID:D0.imwQo


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈● ノ\   /\ ●〉  ……長安、俺はな、秀忠の兄上は
       ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ   将軍にふさわしくないと思う。
       )    Y    (     関が原で真田如き小勢にやられた兄上だ。
      /γ⌒     ⌒ヽ\   こんな兄上が、万が一のとき、
     /  |         |  ヽ  国内や国外の、徳川家の敵を討伐できるのか?
     |   ヽ__人__ノ   |  征夷大将軍ってのはそういう役目の職だろう?
     \     `ー'´     /  全く、父上もなんだって兄上に任せたのやら。
                      ……俺なら、もっと父上の期待に……


   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',::::: 
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::  忠輝様。
l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、  お戯れは、そろそろ……。
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i 
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ


        ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
      ((〈● ノ\   /\ ●〉   ……そんな顔をするなよ、長安。
         ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ   
           )    Y    (     あっははは、冗談!
        γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ  冗談だとも。長安……!
     ((  |   |          |   .|  
   ((   ヽ  ヽ__人__ノ  ノ  
        \     `ー'´    /

忠輝は非常に豪快な人物で、戦国時代であれば勇猛な武将として、
名を馳せただろうと言われていた。




5591 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/19(金) 00:05:39.44 ID:
D0.imwQo
   ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
.  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´ 
.  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~
 ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、   …………。
    !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
.   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
   '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
            ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
          !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
               `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈● ノ\   /\ ●〉
       ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ   さて、メシでも食うか!
       )    Y    (     メシだ、メシ!!
      /γ⌒     ⌒ヽ\
     /  |         |  ヽ
     |   ヽ__人__ノ   |
     \     `ー'´     /

松平忠輝、この時、満年齢15歳。
幼い頃、父に疎んじられた寂しさと、
思春期の少年ならではの万能感が、彼を支配し始めていた。




5731 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/19(金) 00:07:19.15 ID:D0.imwQo


        _.. -―- ..
      /_,ィ_ ..__ _  `ヽ-――-、
    / ,ヘ_..-、_.;-'、_.=、`-、 \    \
.    ト┘        `ヘ-、       ,仆、
    l!                   '⌒ l マハリクマハリタヤンバラヤンヤンヤン♪
     ゝ             __  ―- 、.ノ マハリクマハリタヤンバラヤンヤンヤン♪
   /           ___    )、     )
  f       ___/  )_/ )   /1 牛丼一筋80年♪
  |       -‐ィ'´ >.=、   / ,ィ´、. ! 夢と笑いをふりまくの♪
  i        ノ   ┴┘  ̄l-j { ノ
  ヽ.      し、__,_      ,  ̄ 〈/
   (         _ノ    r=.   ノス
    ヽ.      ーァ       / ノ
.     _>‐、_r一'    、_/,-‐' `ヽ
   /  /  ̄ l___ .. -┤, ィ´     )
   l   l.    l     / ̄       /ヽ
          五郎八(伊達政宗の娘)

忠輝の妻、五郎八(いろは)……
前年(1606年)、忠輝と事前の婚約通り、結婚した。政宗の娘である。




5871 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/19(金) 00:09:13.33 ID:D0.imwQo
        _.. -―- ..
      /_,ィ_ ..__ _  `ヽ-――-、
    / ,ヘ_..-、_.;-'、_.=、`-、 \    \
.    ト┘        `ヘ-、       ,仆、
    l!                   '⌒ l  忠輝様は、上様(秀忠)がお嫌いなのかな?
     ゝ             __  ―- 、.ノ
   /           ___    )、     )  子供みたいな人……。
  f       ___/  )_/ )   /1
  |       -‐ィ'´ >.=、   / ,ィ´、. !   父上にも話してあげようっと。
  i        ノ   ┴┘  ̄l-j { ノ
  ヽ.      し、__,_      ,  ̄ 〈/
   (         _ノ    r=.   ノス
    ヽ.      ーァ       / ノ
.     _>‐、_r一'    、_/,-‐' `ヽ
   /  /  ̄ l___ .. -┤, ィ´     )
   l   l.    l     / ̄       /ヽ

五郎八は忠輝の不満を見抜き、それを何気なしに、実家の政宗に伝えた。
五郎八はその不満が、よくある兄弟喧嘩くらいのものだと思っていたが……




6021 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/19(金) 00:11:08.23 ID:D0.imwQo


         /                              \
           /           ___                  \
        /             /      \                 \  ほう……我が婿殿が。
.       /          / ,. -─、、   \    .,、               ∧ 将軍家に不満を……
      /        ∠ /    ヾヽ   \  / |  __        } そうか、そうか……
       |         /   /' ̄ \ヾ\   \/ レ' ̄   ヽ.      i|
       |       /⌒'l /      \ソ二ゝ     _/⌒l 、       /  ……そうか……。
       |      /    Y        \   /二二ソ'´   ! }    /
      \ ,..、- 、 ̄\.  |          /   ヽ <二o二ヽ /    /
     /⌒l ̄ト、ヽ ヽ.  |7/ノ\         /    |  ヽ、   /    /
      |へ/ ハノ_/  / ||  /\__/       .|       |   /
     し'  /  ノ l ̄ ̄ ||,<____       〈.         │ /       ./ ̄\            / ̄\
       ̄\─七7〉'7。゚,.lイ   ̄ ̄ ̄ ̄ヾヽ.  -、  _ヽ         トy        |    ヽ          /    /
        \ V // ∥   / ̄\   ``   ´._._     / |   ____ |    l  }.          /    /
          \/ノ | ||   \ ヽ `─、___ヽ─ヾヽ.   / |{ ̄ / |.   ̄}-. 、 人 Y⌒ヽ.    /    /
             |ゝ  l ∥    \______ ̄フ ヾ=- / 丿\{ .|  /´ヽノ'´ /`` 、,_/``ヽ. /    /
             | |  |∥         、__,  ̄      / /    \ヽ {   | /  / .>、 .`/    /
             |  l .ヽ||                       /´        \_{ /ヽ.l {  /  / /ヽ/    /
             |  ヽ |ト、                   /         /ヽノ/_l ヽ /  .{ /  彡ゝ   /
             |  ヽ || \               /|        /   / l`l─-二ヽl_ ミソ   .|
             |   ヽ||   ヽ.,──一二 ̄ー 、   / .|        \  ノ\ノ `ヽ_ヽ  ヽ     .|
             |    .||                 \/  .|          \   ヽ     `´`一'     |
             |    lj 、                 |             \                 |
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_ -───-二_     |             ヽ       /      /
       /\                    ̄ヽ._.ノ              丶     /       /

政宗は娘からそれを手紙で聞くと、この忠輝の不満は、何かに使えると思った。




6181 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/19(金) 00:13:14.27 ID:D0.imwQo

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  ……朝鮮との関係はどうにかなりそうだお。
/    (─)  (─ /;;/   あとは明国……朝鮮と、
|       (__人__) l;;,´    そう、琉球王国のことも考えるお。
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |     島津義弘の息子に家の一字を与えて、
.\  "  /__|  |     家久と名乗らせたお。
  \ /___        これで島津家とも友好を築けたお。
             ____
           /      \
          / ─    ─ \   とはいえ島津家はなかなか油断ならん大名だお。
        /   (●)  (●)  \  注意だけはしておくお。
        |      (__人__)     | もっとも注意というなら、外様の大名は
         \     ` ⌒´    ,/  みんな注意せねばならないお……。
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/U   (ー)  (ー) \   ……まったく、胃が痛いお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /    しかし、これも天下人の役目。
(  \ / _ノ |  |     ふんばるお……!
.\ “  /__|  |     もうひとふんばりだお……!!
  \ /___ /




6281 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/19(金) 00:15:41.12 ID:
D0.imwQo
                                 ) (.ヽ' .
                                 ⌒_   .
                                .ノし~|
                                .i    |
                                |,.   .|
                                /.    |
                                /   ./
                                /   .(
                              _ノ   i `
                        ._   _/     |
                       .l (,,.-‐´     .|
                 .,,____  ,.ノ        ./´
          _,,. -‐'´     'ー┘         |
         __!.,,__ ,,__,.,..__,...,_     _       /フ ..i´
       <´~ し、 _.ノヽ- \ つ   (└‐-'´!ノ⌒ |,..i´
        )  .く .~| .,,.-‐.v´ .! ,.-‐'
       /   ./   `  .   `´
       .ヽ∩,!

応仁の乱以後、100年以上に渡って戦乱の世であった日本。
戦争があるのが日常だった日本。
その日本に泰平の世を築き上げるのは、
並の性根と気合ではできない。

豊臣秀頼、松平忠輝、伊達政宗、更に琉球や明との外交問題。
天下を取ったとはいえ、やる夫の前にはまだまだ問題が山積みであった。
泰平への道のりは、未だ険しく、遠い……。


第28話「遥かなる泰平」終わり
第29話「琉球の風」へと続く






8041 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:01:15.85 ID:BtPk4Eso
第29話「琉球の風」

この物語は、東照大権現、徳川家康が天下を取り、
そして泰平に導くまでの、苦難の物語である。


   ______
  ./  . 三   \
./  (○)(○)  .\
    / \     .|
 .  (__人__)     .|
.\    |r┬-|   / 
  .\ .` ⌒´ . /
/            \


   , ' ' , 'ニ!            {`, ' '/
    ' ,', ' r‐' ‐=、‐ 、__   _, =ニl, ' 7
   ニヽ', ソ  ,rt::テ‐¬′  ,.ィラヘ l'/ヽ  ど、どうされましたか、大御所様!?
   ⌒ヽH     ''='″"   ヾ=″lハ.
   ーヽ H           i   li/ /
   ニニ⊃____    {     亅 //
    - ̄´"'''┴ 、    ⌒ ‐'  /´
         \   }    -‐ 
      ィヘ、_  \/   ‐¬二 j_
    r'゙/  {ヽ  !    ̄´   ∧\_________
    レ' l   7 )  〉      /  ',
    /  l (_/  / `丶‐‐/    ',
     大久保 忠隣




8141 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:03:25.77 ID:BtPk4Eso

                     _____  
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. /o゚(( ○) ( ○))゚o 
         _/ / ヽ   /    U(__人__) \    やる夫はもう江戸にいたくないお!
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |    子供の頃にいた駿府に引っ越すお!!
             /  .\     i⌒\   / 
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \ 
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./   
         .ヽ、_./ ./  /    
             ./ /      
           .ノ.^/   ダッ
           |_/  





8211 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:05:00.47 ID:BtPk4Eso
                  r'゚'=、
                  / ̄`''''"'x、
             ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
         __,,/    i!        i, ̄\ ` 、   ┌────────────
     __x-='"    |   /ヽ      /・l, l,   \ ヽ < 大御所様はどうされたのでしょうか?
    /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i, └────────────
    | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,
    .l,  i,        }   人   ノヽ   |    {   {
     },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
     .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
     | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
     `"          ◯   `ー'" ◯      iiJi_,ノ
                 \    /
                _/ __ \_
               (_/   \_)
                    lll
               林 羅山


!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ   ちょっとお江様ともめたんだよ、
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/    大御所様は……
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ U   、____    /::i/'′
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /                     
N|`ヽ   ヽ、    , '´      
``'''‐- ..,_   iT"´  


少し前のこと……
やる夫は3歳になる孫の竹千代(後の家光)と遊んでいた。




8301 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:06:59.54 ID:BtPk4Eso
 (( (ヽ三/)        (ヽ三/) ))
  .  (((i )   ___   ( i)))     可愛い孫だお……
  / /  /_ノ   ヽ_\   ヽ \    どうしてそんなに可愛いのかお~♪
  (  く  /( ●)  (●)\   > )  
  \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /
    ヽ|        ̄      |/
      \              /

         ___
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \   
    |       (__人__)    | 
     \      ` ⌒´   ,/

         ____
        /::\::::/::\
       / (●)  (●) \     や、やはり性教育は必要だお!!
     /:::///(__人__)///::::ヽ    やる夫のコレクションしている
      |     |r┬-|    |     戦国巨乳絵巻を見るかお!?
.      \_   `ー'´   _,/




8441 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:08:37.34 ID:BtPk4Eso

              ゝ  _,,.>ニY_´ ̄`ヽ
             ,. '"´:::::::::::::::::`_ヽ_ノ
            /:.:.:::.:.:.:_;: -‐_,´-‐ ''\
             ,':: :イ:::: !, ‐'´呂_,,.. _---ヽ   きゃーっ、義父上、何をされているんですか!
           i .:レ|   !,. _‐ニ_-‐=- ̄_'l   3歳の子供になんてものを……!
             |..:.:l´,l:、:.:トl=-‐ヽヽ ̄`ヽ..、`!
           !. ::|'‐'、ヽ:lヽィ=l、l :::l  ::::`'!   こんな汚らわしい雑誌、こうしちゃいます!
           ヽ :!,ィテヽヽ ゞ‐' l:. :::| :. ::::::l
             ヽヽ`'´' `   /イ ::l .::; ::::l
             ヽヽ、`、-   クl .:/:::::l :::|__
           __  l :`::..- r ' ! ::!::; ‐'´i´ i
           l ヽ! .:::::::/ 7‐'´l :.:l' ,.ィ_ ィ
           ト、 l r'⌒ゞ、レ' ーヽ/ _ノ `ヽ
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  な、何をするだァーッ!!
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


<ビリッ、ビリビリッ!! 




8541 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:10:32.82 ID:BtPk4Eso
<バキッ!!

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  ああっ! 付録のあえぎ声ソノシートまで……!!
  |     (__人__)    |  一番のお気に入りだったのに……!!
  \     ` ⌒´     /

                     _____  
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. /o゚(( ○) ( ○))゚o 
         _/ / ヽ   /    U(__人__) \    嫁が、嫁がいびるお!!
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |    これはいじめだお!
             /  .\     i⌒\   /    やる夫は駿府にひきこもるお!
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \ 
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./   
         .ヽ、_./ ./  /    
             ./ /      
           .ノ.^/   ダッ
           |_/  




8671 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:12:37.45 ID:BtPk4Eso

      *             ┼
        ,~-,~-,~-,
   十    |_駿 府 城|     + + +
       _|_~~~~~~~~           ┼ +  *
      __i .i-.、 __  +
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   *       十           十
_  __.゙| '"         ." |__     +       +
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___       
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|   ┼
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|           
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|/| | ~  (|i' |_._|__|~''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL..|" ___ ^|       +

と、そんなわけで、やる夫は1607年、
新築された駿府城に入った。




8711 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:13:37.97 ID:BtPk4Eso
 ,':l::::::::::::/::::::::::/::::///   __ノ____   !:i::::::::::::::::::',
  i::::::::::::::::::/:::/ミ //   '"_.三___` i:j::::::::::::::::::::、
  j:::::::::::://、j::/●゙ヽ "    ,彳_●_ノ   ,::::::::::::::::::::i`
  i::::::::::ii   j/ ' ̄     `       /j::::::::::::::::::::l   さすがは大御所様。
  i:j::::::::|i                   / ,'::::::::::::::::::::',   考えておられますね。
  j,'::,:::::l',                 '  /i::::::::::::::::::::、  
  "ソ i:::::l::'        丶 -        jメi::::::::::::::::::l   大御所様と秀忠様が同じ関東に
  " l:::::i::',                 / ,::::::::::::::::::ii   おられては、万が一のとき、
    i::i::::j::ヘ    , .,,,、_,....、..,,      ,::::::::::::::::::::l  天下人とその後継者が共に
    j:::::メ:::::ヘ,      、_____,         /:::::i:::::l:::::::i:i   失われることになる……。
    メ:ソi::::::::::ヽ             , ':::::::l:::::i:::::::i::l   大御所様が駿府におられる限り、
    j  i::l:::::::::| ヽ         ,/:/::::::i:::::::l:::::::lヘ:i  二人が共にいなくなって政権が混乱する、
     ソ !:::::::::l  ヽ       /::/:::::::::i::::::l:::::::j ヾ  という可能性は低くなります。
     _l:::::::::l    'ー---.ィ::::::::::ノ::::::::::i:::::::i:::l
           本多 正純




8841 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:15:49.61 ID:BtPk4Eso
         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)   そ、その通りだおww
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //   さすがに正純には隠せないおww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /    
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

とにもかくにも、やる夫は駿府に入った……。
人質時代を過ごし、豊臣政権の一時期も過ごした場所である。




8911 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:17:08.34 ID:
BtPk4Eso
       ____
     /⌒  ⌒\     子供の頃に住んでいた場所の思い出は格別だお。
   /( ●)  (●)\    子供の頃に見たものを大人になって見てみると、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  なかなか面白いものだお。
  |     |r┬-|     |  ……それに土地勘があるから、万が一のとき、
  \      `ー'´     /   逃げ出しても道には迷わないお!

      ____
    /_ノ   ヽ_\      このへんは冬も暖かいし、お米も美味しいお。
   /( ●) ( ●)\     守りにも堅いし、それに江戸と領地を行き来する大名達が、
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\   やる夫に会いに来るのにも便利な場所だお。
 |        ̄      |   富士山も見えるし、景色も最高だお!
 \              /

            ____
  +        ./ \  /\ キリッ  まあそういうわけで、決して嫁に、
        / (●)  (●)\    雑誌やソノシートを破壊されたから、
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \   江戸を出たわけではないのだお!
      |      `-=ニ=-      |  (言ってやった、言ってやった)
      \      `ー'´     / +

やる夫は富士山を好んだが、
初夢に見ると縁起が良いと言われる「一富士(ふじ)、二鷹(たか)、三茄子(なすび)」は、
やる夫の好きなものだ、という説がある。

(余談だが、他には、富士山は高くて、鷹は掴み取る、茄子は物事を成すという事にに通じて
縁起が良い、とされる説などなどがある)




9001 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:19:26.01 ID:BtPk4Eso
ともあれ、駿府に移ったやる夫。
駿府に移った記念として多くの武将がやってきた。


    ≡(^o^)ノ ピタッ    <おめでとうござーまーす★
  ≡ノ(   )
  ≡/ ̄>
  酒井 忠世……秀忠の筆頭年寄となった徳川家の重臣。
            この時、雅楽頭に任じられる。


       ____
     /     \
   /        \               オ
  /           \   <おめでとうですO!
 |  ⌒       ⌒  |
  | (●)(__人__)(●) |  
  \    |r┬-|    /
    \    `ー'´   /
     土井 利勝……忠世と同じく秀忠付きの側近。




9061 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:22:02.69 ID:BtPk4Eso

        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___  
       /    \
     /  \ / \
     |   ・ .. ・   |      おめでとうございます!
     |    ' ̄`   |
    /\____/ヽ   
  /__/__   __ヽ__\
 ∠  !:::::::::::::::|  |::::::::::::::!__ヽ
 |_7|_ ____ __ F !」
    ̄.`┴、..,,,___,..┴"  ̄
     _,|ー-┼┼-ー│_
    .(_|__| |___|_)
      本多 忠朝……本多忠勝の次男。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   やる夫も家臣が増えたお……。
  |     |r┬-|     |  若い力も伸びているお。
  \      `ー'´     /   みんな、秀忠の力になってやってくれお!




9191 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:24:13.77 ID:BtPk4Eso

         . - ''"´ ̄ ̄ ̄``¨'' -、
.      /〃~ヘ〆N i! i       ` 、
    _ノ                 `、
     '7/ /  ノ l .l  i : .       i  信濃の諏訪忠恒と申します。
    レl l l l | l  l | l ハ l i i      l  おめでとうございます。
     `、ト{ニl |l l/レニ、}ハ|ヽト、 iへ  l
       }、{_}、{ レヘ. ├j`   | レヘ } l   今年、元服したばかりです。
       | ノ     ̄ ≡  l |‐ノ/ ノ   色々とご指導、ご教導のほど、
.        K___       ニ ノル'‐r' {    よろしくお願いします!
       ! `、__    ,'    ノ| |
       `、 `ー_‐'’        ル{
     __,,,,`、       .ィ      .{ー-、
     ヾ: ::::::`、` --,‐ ''"    ir=「 ̄´ |
.      ヽ: ::::::::::;二ハ   / .||  |    L
      |「 :::::ノ´ノ(  _∠ -‐|l  L -‐' └-
          諏訪 忠恒……実際はこの時、まだ別の名前だが、忠恒で通す。


     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \   よく来てくれたお。
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |   これからは若者の時代だお。
  |    ー       .|   よく本を読み、学問に武芸に、
  \          /    励んで欲しいお。

やる夫は学問を奨励した。

やる夫自身もウィリアム・アダムスから幾何学や数学等を学び、
また読書の分野でも、鎌倉幕府のことが記された「吾妻鑑」をはじめ、
「論語」「史記」など、多数の書物を愛読していた。




9231 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:26:18.57 ID:
BtPk4Eso
次スレ  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1222147353/

        ____
       /_ノ ' ヽ_\
     /(≡)   (≡)\   おっおっおっーwww
    / /// (__人__) ///\  本は面白いおww
    |     |r┬-|      |  そしてためになるおww
    \     ` ー'´    /
   /´           `\
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\    そうだお、
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \   この本は政治にも役立つお!
      |      `-=ニ=-      |  みんなが本を読み、道理を学ぶことで、
      \      `ー'´     / +  世の中も道理で満ちていくのだお!


やる夫は様々な書物(「大蔵一覧集」等)を、金属の活字で印刷し、世に広めるようにした。
この時の金属の活字を「駿河版銅活字」と呼ぶ。朝鮮の銅活字を手本にしたもので、
これには林羅山らもおおいに協力した。




9321 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:28:41.29 ID:BtPk4Eso


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     下克上の世の中、戦国時代は終わりだお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\     みんな、目上を尊び、順序を大事にするんだお!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

やる夫は下克上の世の中を改め、封建制度の確立を目指した。
日本国に秩序をもたらすことが、民衆の治安と、幕府の安定につながる。
「論語」をはじめとする書物を奨励し、儒教を広め、人心の安定を図った。




9351 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:30:20.03 ID:BtPk4Eso
      ノ|: i    l      i   ;  `^ヽ i
      |l i | | | l l .l | .l .l .| .l i    `|
      l.ト.{-ト|、| | | .l/イ}イ=ナ|/}イ l    |  やる夫様。
       |} `,-‐、'リ|/ ‐ラ''‐-く ルヘ.   |  僕も頑張ります!
       | 、_(_j i   ,_(_j_,.    j .レヘ.|  僕だって武士です!
     .  |    ノ      =   イ }'^i |
        l.   ヽ.-.      ゙;  レf_,.イ
         ヽ  ー -―`   ,  i´./
         ヽ、  ゙゙      /   イ/
          リ`i:、____,.. イ __,,,....|__


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\    がんばってくれだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /

若い力が伸びていく。
若い世代が幕府に忠誠を誓っていく。
幕府の政権は、安定していく……。




9381 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:31:16.68 ID:
BtPk4Eso
.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7

だが、この時江戸城では、問題が起こっていた。




9441 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:31:53.21 ID:
BtPk4Eso
    Y;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;{
    j.;.;.;.;.;.;.;__;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;}
    };.;.;.;.;./rt、ヽ;.;.;.;.;.;.;.;.;r'⌒ヽ、;.;.;.;.;.;.;.;r'^
    ハ;.;.;.;.l ! U l.;.;.;.n.;./     `⌒レ'´ .
   /`Y l 、」 !;.;./ `  弋i  | / !  .’  ……秀忠様。
  /|  l| \` N' U  `ーk、」/ィク .’   忠輝様も、ご本心ではないかと……
   |  !  /       `二、|7` .’
   |    ! l       '´ヽ_j .’
       i  \  く三二ソ/  ’
        ヽ、__ >、 ー‐ッ'´!
     /「 ̄∨  >ー'  /
      大久保 忠隣

    ノ L
    ⌒  ̄ ̄~\
  /  \  / \     
  /   (○) (○) ヽ     いや、これは許せない! 
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      
 |      (_/´  |      忠輝は初陣さえ果たしてないじゃないか!
 ヽ         /      それなのに、こんな……!
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

徳川秀忠の弟、松平忠輝が、
密かに秀忠を「戦下手」とバカにしたことが、秀忠の耳に入った。
秀忠は大久保忠隣を使って、忠輝付きの家老、大久保長安に事実かどうかを確かめた。

長安は、へたに隠すとかえってまずいと思い、表現をやわらげつつも、これを認めた。
事実と解ると、当然ながら秀忠は怒った。




9541 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:33:38.87 ID:BtPk4Eso

    ノ L
    ⌒  ̄ ̄~\
  /  \  / \    弟が兄をバカにするなんて……! 
  /   (○) (○) ヽ    それに、私は征夷大将軍だ! 
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|     忠輝の主君でもあるんだぞ! 
 |      (_/´  |     これは兄として、主として、
 ヽ         /     許すことはできない!!
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \   忠輝は何を考えているんだお……!
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/

この件は駿府のやる夫の耳にも程なくして入った。




9601 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:35:32.94 ID:BtPk4Eso

 ,':l::::::::::::/::::::::::/::::///   __ノ____   !:i::::::::::::::::::',
  i::::::::::::::::::/:::/ミ //   '"_.三___` i:j::::::::::::::::::::、
  j:::::::::::://、j::/●゙ヽ "    ,彳_●_ノ   ,::::::::::::::::::::i`  忠輝様をどうしましょうか……
  i::::::::::ii   j/ ' ̄     `       /j::::::::::::::::::::l
  i:j::::::::|i                   / ,'::::::::::::::::::::',  処罰するのは簡単ですが、
  j,'::,:::::l',                 '  /i::::::::::::::::::::、  今、徳川家が内紛になっていることが、
  "ソ i:::::l::'        丶 -        jメi::::::::::::::::::l   諸大名にばれると、良くありません。
  " l:::::i::',                 / ,::::::::::::::::::ii
    i::i::::j::ヘ    , .,,,、_,....、..,,      ,::::::::::::::::::::l  まだ、幕府の天下は、
    j:::::メ:::::ヘ,      、_____,         /:::::i:::::l:::::::i:i  完全に安定したとは言いがたいですから。
    メ:ソi::::::::::ヽ             , ':::::::l:::::i:::::::i::l
    j  i::l:::::::::| ヽ         ,/:/::::::i:::::::l:::::::lヘ:i
     ソ !:::::::::l  ヽ       /::/:::::::::i::::::l:::::::j ヾ
     _l:::::::::l    'ー---.ィ::::::::::ノ::::::::::i:::::::i:::l

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    うん……その通りだお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  だけど、忠輝を処罰しないわけにはいかないお。
 |        ̄      |
 \              /




9661 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:37:17.95 ID:BtPk4Eso
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  処罰、と、忠輝本人や周囲に
/U   (─)  (─ /;;/   それとなく解らせつつ、
|       (__人__) l;;,´    実際には何も処罰しない方法……
/      ∩ ノ)━・'/    少なくとも内紛とは思わせない方法……
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |     うーん……
  \ /___

       ____
     /      \
   / ─    ─ \   そういえば、先日に死んだ忠吉(やる夫の四男)の、
  /   (●)  (●)   \  後釜には義直(やる夫の九男)を置いていたお。
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

関が原でも活躍した四男の松平忠吉はこの年(1607年)に死んだ。
忠吉は尾張(愛知県北部)を支配していたが、
その後には、7歳の徳川義直を置いた。領土は53万石。
これが、御三家のひとつ、尾張徳川家の始まりである。

……これに対して、やる夫の六男、つまり義直から見れば兄の忠輝は、
信濃に14万石の領土しかもらっていなかった。




9701 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:39:19.09 ID:BtPk4Eso
      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     忠輝にも、そのうち、領土を与えるつもりだったし、
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\   非公式ながらそういう話もしていたお。
 |        ̄      |   でも、その話を無しにするお。
 \              /    ……忠輝は今の領土のままだお。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\    こうすれば忠輝にとっては罰だけど、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  徳川家の内紛だとは思われないお。
  |              |  それに忠輝の領土が減るわけじゃないから、
  \               /   忠輝の家臣の給料にも影響が出ないお。


忠輝は弟よりも少ない領土のままになった。
お咎め無しともとれるし、
7歳の弟よりも少ない領土ということで、厳しい罰ともとれた。




9771 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:41:28.63 ID:BtPk4Eso
   ,_⌒ヽ      γ⌒_ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉
   ヽ彳゚  ヽ /   ノノヾllフ    ちくしょう!
.   ) )   Y  。(.ノ ( lj     よりによって、7歳の弟よりも、
  /{ {⌒      ⌒ヽ\゚。    低い石高なんて……
/.  〉 〉           |  ヽ   
|  し'___人__ノ   |     父上も兄上も、ふざけやがって……!
 \     `ー'´     /        
  /           く  
  |           . \  
  |          . |ヽ、二⌒)、

忠輝は、この処分に不満だった。




9861 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:42:57.02 ID:BtPk4Eso

    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::ヽ ゞ、 \::::::::::::::::::::::::::::::::/
    i::::::::::::::::::::::::::::::li__‐-、ヘ::::ヽ::::iヽ::::::::::レヘ´,、_ヽ:::::::::::::::::::::::/  
   {::::::::::::::::::::::::::::::,ハ (;;;;`ュヽ::iヽ::::!ヽ::::i|´バ{;;;;;;,ヽ ::::::::::::::/ 忠輝様。 
    i::::::::::::::::::::::::::::i ヽ、 `‐-イ \ヽ:! \:i ll ! ヽ=-人::::::::::i   主君である将軍家を、
    i:::::::::::::::::::::::::ヽ ゛'''''"    ヽ l!   ヽ 、_,,,,,,,ノ  i::::::::l  馬鹿にしたのがまずかったのです。 
     i::::::::::::::::::::::::::\        i   i ゛''''"   l:::::::l       
      >::::::::::::::::::iヽ \ ,                i:::li:::l  これからは言動を改められ、     
    /  ヽ:::::::::::ヽ    {                i::/i< くれぐれも徳川の一門として、     
  /     l:::::::::::::ヽ    \  ,-‐          リ i::::::ヽ しっかりとした行いを……もちろん、    
 /        lヽ::::iヽ::ヽ    ヽ         '    !  /丿::i 竹千代様(家光)の代わりに将軍になる、
 |        l ヽ::i ヽヽ < 、               //ノl::::ヽなどと言ってはいけません。
 |  ヽ     l  ヽi ヽ`、 ア`"‐,-、,__          /::  l:/l::∧、
 |   ヽ       リ    V    Y⌒ ̄`丶     /::  l:l l::l::ヽi`,>‐、___,,,-‐´
 |    ヽ   l  i    /     |-‐       /::    リ l:l  レ   /




9901 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:43:27.95 ID:
BtPk4Eso
      ノ L
      ⌒
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒
    )    Y    (        うるさい、うるさい!
   /γ⌒     ⌒ヽ\       長安、俺は、冗談で言ったんだぞ!
  /  |         |  ヽ      本気で兄上の代わりに、あるいは次に、
  |   ヽ__人__ノ   |      将軍になろうなどとは思っていない!!
  \     `ー'´     /

--- 、_  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ̄´"''-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   、___,, - - 、_ヽ‐ 、:::::::::::::::::/l::::::/::::::::ハ::::::::::::ヽ  冗談でも言っていいことと、
 | |     ー_,、-「!\\\:::::,∠、/::::/::::::::/-、i::/::::!:::ト、  悪いことがあります。
 l 「\_   ̄`\:::::::|| ̄\\)/ O 〉//:::/:/ O 〉!:::::ト::{
  !|  ` ̄>‐、 \::||   /゙7i/`='/ // 〈 `=゙ |:l::::|!ヾ、 世の中はまだ安定していません。
   |二ー'" ̄ ∠> 、)|L..ヽ(_|,        }!   j::!:i::|    忠輝様は冗談のつもりでも、
  | \\    j:ハ:::ハl ̄ || |       ^ ′  ハ{::N \  そのお言葉を聞きつけた何者かが、
    !    \  /ヘ.j/ |  |||    _,_,、---、 /| トゝ   \忠輝様を利用しようとするかも、
   |     \  ヽ |  || |\   -‐' , ' l !      }゙iしれません。
__j_\     \  \.|__||」   \__/  / /       ノ |
     /        \   \       // //       j


   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉   ッ!!!
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (      ああ、そうか。そうだな。わかったよ!
   /γ⌒     ⌒ヽ\     俺は誰にも本音を話せんな!
  /  |         |  ヽ    冗談もいえないな!
  |   ヽ__人__ノ   |    くそっ、くそっ、兄上も父上も長安も、
  \     `ー'´     /    みんなして俺をバカにしやがって!




111 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:44:16.81 ID:BtPk4Eso



                                   ☆   . ::゜.゜。・゜゜゜゜
                                       +  : ::.゜。 ゜・。゜゜.
                                             ☆
                                         ; ’
                                       ゜・。゜゜. .       ’
                                     ゜。.       ;
                             ☆        。
                                。  ☆   . ::゜.゜。・゜゜
                                ; ’
                           。 ゜・。゜゜. .       ’
                      。☆ ・゜゜゜。.       ;
       .゜。 ゜・。゜゜. . ★ ・゜゜゜ .                  ,.
    _______________   ☆   . ::゜.゜。・゜゜゜゜   。 ・
   ./\ \ \ \ \ \ \ \ \ \     +  : ::.゜。 ゜・。゜゜. .  .
   /  /\ \ \ \ \ \ \ \ \ \  。    : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜゜... ゚
  ./  /  /\ \ \ \ \ \ \ \ \ \   .    .: ::.゜゜゜゜・゜   +
 /_/_/__. \ \ \ \ \ \ \ \ \ \





131 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:45:37.97 ID:BtPk4Eso
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (    ……………………。
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

   /           ___    )、     )
  f       ___/  )_/ )   /1
  |       -‐ィ'´ >.=、   / ,ィ´、. !  忠輝様。……聞きました。
  i        ノ   ┴┘  ̄l-j { ノ   長安殿とケンカをされたとか……
  ヽ.      し、__,_      ,  ̄ 〈/
   (         _ノ    r=.   ノス   ……忠輝様。
    ヽ.      ーァ       / ノ   長安殿は忠輝様を心配しておられるのです。
.     _>‐、_r一'    、_/,-‐' `ヽ  将軍家付きの大久保忠隣殿に、
   /  /  ̄ l___ .. -┤, ィ´     ) 忠輝様のことを正直に報告したのも、
   l   l.    l     / ̄       /ヽ みんな、忠輝様の事を思っての行動です。
         五郎八(忠輝の妻)




191 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:47:27.85 ID:BtPk4Eso
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (    ……わかっている。
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ わかっている……。
  |   ヽ__人__ノ   | 
  \     `ー'´     /


   /           ___    )、     )
  f       ___/  )_/ )   /1
  |       -‐ィ'´ >.=、   / ,ィ´、. !
  i        ノ   ┴┘  ̄l-j { ノ   …………。
  ヽ.      し、__,_      ,  ̄ 〈/
   (         _ノ    r=.   ノス
    ヽ.      ーァ       / ノ
.     _>‐、_r一'    、_/,-‐' `ヽ
   /  /  ̄ l___ .. -┤, ィ´     )
   l   l.    l     / ̄       /ヽ


   ,_⌒ヽ      γ⌒_ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉
   ヽ彳゚  ヽ /   ノノヾllフ    ……俺がうかつだったんだ。
.   ) )   Y  。(.ノ ( lj     わかっているんだ。
  /{ {⌒      ⌒ヽ\゚。    兄上のお怒りも、長安の心配も、もっともだ。
/.  〉 〉           |     
|  し'___人__ノ   |    わかっている、わかっているから、
 \     `ー'´     /    辛いのだ。辛いのだ……。     
  /           く  




251 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:49:32.69 ID:BtPk4Eso
.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i

年が明けて1608年。
幕府では、徳川家の主要メンバーを集めて、
琉球王国との外交に関する話を進めていた。






321 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:51:25.64 ID:BtPk4Eso
         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \   琉球は日本に使者を派遣するお!
     |       (__人__)   |  
      \      ` ⌒ ´  ,/ 
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ 
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
     |            `l ̄
.      |          |

かつてやる夫は、、琉球王国に対して、
幕府に使者を派遣するように高圧的に言った。
しかし琉球王国は明との関係からこれをつっぱねた。

その後もやる夫は、平戸(長崎県)の松浦家や島津家を通じて、
琉球に様々な圧力をかけた。一度は琉球出兵も考えた。
だが、これは実行されなかった。




361 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:53:12.86 ID:
BtPk4Eso
                          γ⌒))⌒) ))  日明関係も改善できるかお!?
           ヾ  __(((⌒ヽ     / ⊃__ ゞ
             /⌒  ⌒⊂_ ヽ彡 / / ⌒  ⌒\
   (⌒ミ(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)彡⌒)
       ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::|  彡_ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
        \ \    )┬-|   / ミ  ミ    |r┬(    / / ))
    (((⌒ (((⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / ≡ 彡 _`ー‐'  /( ⌒)ミ⌒)
        \ \ /                        / /

もともと、琉球との友好は、日本と明との友好、交易につながることを、
期待してのものであった。
幕府が琉球出兵を考えたとき、明の使者が琉球にやってきたため、
それを知った幕府は琉球が日明友好に何らかの行動をしてくれると期待した。




401 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:54:57.03 ID:
BtPk4Eso
    i ミ   rー;L!|| ||レーv〃 彡
   }ミ リ八i{    ;; 7'ノ ヽ.ミl
.    |、yー-⊥L jー_´∟-ーY;|    やる夫様、
   _lミi"r五ニ゙テi'Yr五三¨jミ!    まだ準備ができていません。
.  frヲ:}  -‐''ラ l_j. }`ー- }ドi   
   !h};{ ッ彡   /小〉     |:l,リ    
.   `テj} i}! ,rf;巡巡去ミ:、 l:fく     
.   〈リji、l{ 'ル7'"-─‐‐ )}i |jミ}    
 r;-‐ヾト.llvリ j{ _,,リハ、、,リレ'ル' ̄ヘ
_」 ハ |li | `ミ、}l ;i!j } {li ,.イ |/ / l.L
-U; ヽニL_ミ `ミ'ー- -‐彡 / /'/ニ|」
      島津 義久

……だが、日明の友好回復にはつながらなかった。

この時、幕府は他の内政もあり、また島津義久の反対もあって、
琉球出兵は取りやめになった。それが1606年のことである。
それから2年。幕府の中では琉球出兵の話が再び持ち上がった。




451 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:57:09.13 ID:BtPk4Eso
 (( (ヽ三/)        (ヽ三/) ))
  .  (((i )   ___   ( i)))
  / /  /_ノ   ヽ_\   ヽ \
  (  く  /( ●)  (●)\   > )  島津家からも琉球出兵を許可するように、
  \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /  と要請が来ているお。……前々当主の
    ヽ|        ̄      |/    島津義久は出兵に反対しているようだけど、
      \              /      前当主の義弘は賛成しているようだお。

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      島津家も一枚岩ではない、ということですね。
 |      ` ⌒´  |
 ヽ         /       ……さて、父上。
 /   ヽ     ノヽ       明との国交回復や、
./ /   ∩ノ ⊃|  |       東南アジアへの航路の安全確保、
(  \ / _ノ |  |       国防などなどの意味から考えても、
.\ “  /__|  |      琉球は確実に日本のものにしなければなりません。
 . \ /___ /




521 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 14:59:10.29 ID:BtPk4Eso
     ____  
   /      \
  /  ─    ─\      その通りだお。
/    (●)  (●) \     琉球が進んで日本の傘下に入ってくれたら良かったお。
|       (__人__)    | ))   でもそれはどうやら望み薄だお。
/     ∩ノ ⊃   /
(  \ / _ノ |  |       こうなった以上、力ずくで琉球を手に入れるお。
.\ “  /__|  |  
  |\ /___ /|

  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|  大御所様。
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.  琉球出兵は
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |  島津家からの要請もあるとのことですが、
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `  僕はこの琉球出兵、
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|   幕府は兵を出さず、
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|   島津家に任せたほうが良いかと考えます。
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.


 ,':l::::::::::::/::::::::::/::::///   __ノ____   !:i::::::::::::::::::',
  i::::::::::::::::::/:::/ミ //   '"_.三___` i:j::::::::::::::::::::、
  j:::::::::::://、j::/●゙ヽ "    ,彳_●_ノ   ,::::::::::::::::::::i`  この正純も父上と同じ考えです。
  i::::::::::ii   j/ ' ̄     `       /j::::::::::::::::::::l   島津家は琉球と付き合いが長く、
  i:j::::::::|i                   / ,'::::::::::::::::::::',  彼らの扱いに慣れているでしょう。
  j,'::,:::::l',                 '  /i::::::::::::::::::::、
  "ソ i:::::l::'        丶 -        jメi::::::::::::::::::l   それに国内にはまだ豊臣宗家もあります。
  " l:::::i::',                 / ,::::::::::::::::::ii   幕府が出来てからも、まだ数年。
    i::i::::j::ヘ    , .,,,、_,....、..,,      ,::::::::::::::::::::l   人々はまだ幕府に心服しておりません。
    j:::::メ:::::ヘ,      、_____,         /:::::i:::::l:::::::i:i
    メ:ソi::::::::::ヽ             , ':::::::l:::::i:::::::i::l   外征は島津家に任せ、
    j  i::l:::::::::| ヽ         ,/:/::::::i:::::::l:::::::lヘ:i   幕府は内政に力を入れるべきと存じます。




551 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:01:20.56 ID:
BtPk4Eso
   , ' ' , 'ニ!            {`, ' '/
    ' ,', ' r‐' ‐=、‐ 、__   _, =ニl, ' 7   この大久保忠隣は、お二人の意見に反対ですな。
   ニヽ', ソ  ,rt::テ‐¬′  ,.ィラヘ l'/ヽ   この数年、戦いはありませんでしたが、
   ⌒ヽH     ''='″"   ヾ=″lハ.   だからこそ、徳川の力をいま一度、
   ーヽ H           i   li/ /   天下に見せつける良い機会です。
   ニニ⊃____    {     亅 //
    - ̄´"'''┴ 、    ⌒ ‐'  /´     それに島津家に任せきりで、琉球を平定されると、
         \   }    -‐       島津の功績が大きくなりすぎます。へたをすれば、
      ィヘ、_  \/   ‐¬二 j_       そのまま琉球を島津に支配されるかもしれません。
    r'゙/  {ヽ  !    ̄´   ∧\_________
    レ' l   7 )  〉      /  ',
    /  l (_/  / `丶‐‐/    ',

             !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
.           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::   長安も同じ考えです。
             i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
            !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::   ……それに、国内には、
                /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::   関が原以降にあふれた浪人も、
             '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`   数多く居ます。彼らを兵士として雇い、
                `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',   出兵すれば、失業問題も、
.                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //   片付きます。
                  ヽ、、      /::::    : //
                      i    ., '""'-、,,__.._ //
                     ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                             |.  ヾ、:/




651 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:03:30.55 ID:BtPk4Eso
     ____  
   /      \
  /  ─    ─\       本多親子は島津単独出兵を主張し、
/    (ー)  (ー) \      大久保忠隣と長安は幕府軍の出兵を主張する……
|       (__人__)    | ))
/     ∩ノ ⊃   /      どちらも一理あるお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |        ……秀忠はどう思うお?
  |\ /___ /|


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      父上。
 |      ` ⌒´  |      秀忠は大久保殿の意見に賛成です。
 ヽ         /      幕府軍で出兵し、徳川の力を見せるべきです。
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |      その際はもちろん、征夷大将軍として、
(  \ / _ノ |  |      私が遠征軍の総大将になります!
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /




711 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:05:21.90 ID:BtPk4Eso

      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\
   /  ( ●)  (●) \  ……秀忠……。
   |    (___人___)    | 
    \__ `ー ' __/ 

やる夫には秀忠の考えている事がわかった。
秀忠は関が原で遅刻し、武将として失態を演じてしまった。
それが結果として、忠輝に馬鹿にされるスキを作ってしまったのだ。
     ____  
   /      \
  /  ─    ─\     (武将としては頼もしいお。
/ U   (ー)  (ー) \    でも血気にはやってはいけないお、
|       (__人__)    | ))  秀忠……)
/     ∩ノ ⊃   /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  |\ /___ /|

秀忠は自分自身の名声のため、また馬鹿にされた弟、
忠輝を見返すためにも、関が原の汚名返上を考えているのだろう。
大将としてはいささか良くないが、しかしその気持ちはやる夫にも解った。




751 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:07:37.02 ID:
BtPk4Eso
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|  秀忠様、なりません!
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |  
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `  大久保殿も、
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|   徳川の力を見せるべきだと
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|   おっしゃるが、万が一、
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|   幕府軍が琉球に負けてしまえばどうなる!
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、   国内の反徳川勢力、特に豊臣宗家などが、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ  勢い付く結果となるぞ!
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,

    Y;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;{
    j.;.;.;.;.;.;.;__;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;}
    };.;.;.;.;./rt、ヽ;.;.;.;.;.;.;.;.;r'⌒ヽ、;.;.;.;.;.;.;.;r'^
    ハ;.;.;.;.l ! U l.;.;.;.n.;./     `⌒レ'´
   /`Y l 、」 !;.;./ `  弋i  | / !     本多殿、何を言うか!
  /|  l| \` N'    `ーk、」/ィク   
   |  !  /       `二、|7`    徳川が負けるなど……
   |    ! l       '´ヽ_j     やってみなくては解るまい!
       i  \  く三二ソ/       さては臆病風に吹かれたか!?
        ヽ、__ >、 ー‐ッ'´!
     /「 ̄∨  >ー'  /




801 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:09:21.52 ID:BtPk4Eso
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i   なんだって……!
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!   僕はあくまで、
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ    万が一のことを言ったまでだ!
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ      
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

    Y;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;{
    j.;.;.;.;.;.;.;__;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;}
    };.;.;.;.;./rt、ヽ;.;.;.;.;.;.;.;.;r'⌒ヽ、;.;.;.;.;.;.;.;r'^  戦国を勝ち抜いた徳川家が、
    ハ;.;.;.;.l ! U l.;.;.;.n.;./     `⌒レ'´    平和ボケの琉球に負けるなどありえん!
   /`Y l 、」 !;.;./ `  弋i  | / !      
  /|  l| \` N'    `ーk、」/ィク   
   |  !  /       `二、|7`      島津家単独でも琉球征伐は成功するだろう!
   |    ! l       '´ヽ_j       だがその時、島津家は薩摩だけではなく、
       i  \  く三二ソ/         琉球まで手中に収めるぞ!
        ヽ、__ >、 ー‐ッ'´!         そうなったらどうする!!?
     /「 ̄∨  >ー'  /




881 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:12:00.04 ID:BtPk4Eso
         ___
       /     \
      /   \ , , /\     二人ともやめるんだお!
    /    (●)  (●) \  
     |       (__人__)   |   ……やる夫が決めるお。
      \      ` ⌒ ´  ,/ 
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ 
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
     |            `l ̄
.      |          |
             ____
           /      \     ……今回は、本多親子の考えで行くお。
          / ─    ─ \    幕府は国内の政治に専念し、
        /   (●)  (●)  \  琉球征伐は島津家に任せるお。
        |      (__人__)     |  朝鮮との友好回復も順調だし(※)、
         \     ` ⌒´    ,/  幕府が大急ぎで、琉球に本腰を入れる必要は無いお。

※李氏朝鮮との友好は既に回復してきているが、
前回で触れた貿易の条約(己酉約条)が結ばれるのはこれより1年後。




921 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:14:02.42 ID:
BtPk4Eso
         ___
       /     \
      /   \ , , /\       まだ幕府が出来て5年!
    /    (●)  (●) \      正純の言うとおりだったお。
     |       (__人__)   |      ここは内政に力を入れるお。
      \      ` ⌒ ´  ,/ 
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ   島津が琉球を落とした上で幕府に逆らうなら、
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃    そこで改めて島津と戦えばいいのだお。
     |            `l ̄
.      |          |

     / / ' / /  //  ,/ | レ ノ//  ,! | ! |||
     /./ /∠  ,/// / ,.ィ1|///  // |l | ||       
    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|         
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//         
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/     ははっ!!    
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!           
    / ` |               |/,/,l/
   /                  |V /                
  '             ヽ- ,.. ノ                
  \     `ー------- '/ ヽ                    
.    \            /    ヽ
      \       /      |                  
      /ヽ、   ノ         |                    
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l 

     };.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;{
    Y;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;{
    j.;.;.;.;.;.;.;__;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;}
    };.;.;.;.;./rt、ヽ;.;.;.;.;.;.;.;.;r'⌒ヽ、;.;.;.;.;.;.;.;r'^
    ハ;.;.;.;.l ! U l.;.;.;.n.;./     `⌒レ'´ .  ……大御所様のご判断ならば……。
   /`Y l 、」 !;.;./ `  弋i  | / !  .’
  /|  l| \` N' U  `ーk、」/ィク .’
   |  !  /       `二、|7` .’
   |    ! l       '´ヽ_j .’
       i  \  く三二ソ/  ’
        ヽ、__ >、 ー‐ッ'´!
     /「 ̄∨  >ー'  /
     |  }-{| /  /{




981 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:15:53.30 ID:BtPk4Eso
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   (これでいいお……
  |     |r┬-|     |   琉球を島津に攻めさせ、その上で島津を、
  \      `ー'´     /    幕府が支配するお!)

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\     (そして、島津が負けるとか、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    あるいは他の何か……幕府や日本にとって、
  |     |r┬-/      |    不都合になりそうな事が起きたら……)
  \     ` ̄'´     /
         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::─三三─\     (……その時は、島津のせいにすればいいお。
    /:::::::::(○)三(○):\    島津が勝手に琉球に出兵したことにするお……)
   /::::::.:::::::::: (__人__) ::::::::\  
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| 
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/




1111 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:18:07.06 ID:BtPk4Eso
     };.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;{
    Y;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;{
    j.;.;.;.;.;.;.;__;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;}
    };.;.;.;.;./rt、ヽ;.;.;.;.;.;.;.;.;r'⌒ヽ、;.;.;.;.;.;.;.;r'^   …………。
    ハ;.;.;.;.l ! U l.;.;.;.n.;./     `⌒レ'´ .
   /`Y l 、」 !;.;./ `  弋i  | / !  .’
  /|  l| \` N' U  `ーk、」/ィク .’
   |  !  /       `二、|7` .’
   |    ! l       '´ヽ_j .’
       i  \  く三二ソ/  ’
        ヽ、__ >、 ー‐ッ'´!
     /「 ̄∨  >ー'  /
     |  }-{| /  /{

   ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
.  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´ 
.  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~  (忠隣殿……。
 ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、 
    !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ    私達は間違っていない、が、
.   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ     ここは負けか……)
   '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
            ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
          !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
               `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \

                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l 
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l  (……大久保……)
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi   
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i  
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l 
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  ` 
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、 
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`  
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉 

こうして、幕府は島津家に琉球出兵を指示した。




1161 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:19:52.04 ID:BtPk4Eso

        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」   はっはっは!
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ          ___
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|   .   _, -' ´___\
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \ .  ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ', /  ./ /      l ト、\
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',  このクソイルボンが!
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l .l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!| l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: ! l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /  
      '、:ヽ:| ヽ|   (__人__) .ノ l. l | l l⊂⊃‐ (__人__)‐⊂/   
        ヽ lト、   . ´ー-'´/ /   ! | |ヽ|     `‐-'´  リ
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/   ! | lゝ、      n /|
         ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´   ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |

1609年、幕府は李氏朝鮮と貿易協定の己酉約条を釜山にて締結させた。
この事は、既に前回触れた。この約定は明治初期まで効力を持ち続けることになる。

そして、それとほぼ同時期のこと。
島津家による琉球侵攻が、ついに始まった。




1241 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:21:44.67 ID:BtPk4Eso
..ノ /ハ  〔   ∠ノ乂 {ヽ ヾ丶ヽ    ヽ
 ノノ .>、_\ { j∠=, }、 l \ヽヽ ',  _ノ
ー-=ニ二ニ=一`'´__,.イ<::ヽリ j `、 ) \
{¨丶、___,. イ |{.  |::::ヽ( { 〈 (    〉 短期決戦で
'|  |       小, |:::::::|:::l\i ', l   く  行こうッ!
_|  |    `ヾ:フ |::::::::|:::|  } } |   )
、|  |    ∠ニニ} |:::::::::|/ / / /  /-‐-、
トl、 l   {⌒ヽr{ |:::::::::|,///        \/⌒\/⌒丶/´ ̄`
::\丶、   ヾ二ソ |:::::::/∠-''´
/\\.丶、 `''''''′!:::::::レ〈
   〉:: ̄::`'ァ--‐''゙:::::::/::::ヽ
\;/:::::::::::::/::/:::::::::::://:::::〉
  樺山 久高

島津家は樺山久高を総大将として、琉球王国に向けて進軍した。
関が原でのダメージも回復した島津家は、琉球を支配し、
日本と琉球、そしてやがては訪れるであろう明との交易の利潤を、
手に入れるつもりであった。

島津家は長期戦に持ちこたえるほどの財力は無く、
勝敗に関係なく、6月もしくは7月には兵を引くようにと、
樺山久高に伝えた。




1311 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:23:59.27 ID:BtPk4Eso
  ゝ      ⌒ヽ,, __,,,....--―-..、        /   /   |    \  ,,.(     )、,,(
 (          /  ,,,,,,,,,;;》》》〉〉ゞ      /    /    |     (          ゝ
_,,...-‐‐--..,,,_   / ミ''           /     /          />  />
>〉〉》》》》>>,, `ヽ、,r'~ ̄ ̄`ヽ、 ̄+; ̄ ̄ __ ̄ ̄ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,_p/> ̄ ̄
    _____,,,...(,;;)/⌒ヽ、"",,, ヽ、 。..: _'. ! ..::::. / ...::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_p/> .....:::::::::::::::::::::
,,r''~ ̄,,,,,,;;;;《《(,;;);;)彡 ヽ  彡,,ゝ /  | .::::: *....::::... ........+::::::::....... ...::::::::. ......::::::.....:.:
《《《<""  ,r';i;i/ ..::.  彡 ) +:::  | /...........::::::::..:::::.. 。...:::::::::::::..... .::::::::........  ...::::::::::.. ::...
。.... ::::: ,r'ww/ :::::::::: 彡ノ::. / ̄ ̄|  。..::::...... 。...::  ......*.....::::::::..:::::..::.....::::::::::::::::... ...:::::::
~;,,。,r';i;i;i;i;i/ :::::::... ::  /     |  .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::::.....:::::::::::::。::::::.........::::::::
    /www,'.。.... 。.... . . |     /。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::::::::::..
  /;i;i;i;i;i;,'. ~^^゚~~~゚^ |__/~~・。,,,,:~"~~。~・" ゚''~。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::..........:::::
 /w;w;w,'                                 ~^^゚~・,,。,, 。....゚......。..。....
/;;;i;;i;i;i;i;i



1609年3月4日、樺山久高ら島津軍3000は100隻の船に乗って、
薩摩(鹿児島県)の山川港を出帆した。

3月8日に奄美大島へ上陸し、これは瞬く間に制圧。
3月22日には徳之島へ上陸。ここでは琉球軍300と交戦したが、4日で攻め落とした。





1361 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:25:15.82 ID:BtPk4Eso
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)    
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′
            {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ    琉球の武士は、
              |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l    やはり長い平和で、
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |    なまっているようだな。
          O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /    朝鮮出兵や関が原で戦い抜いた、
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′   我が島津家の敵ではないなッ!
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_


..ノ /ハ  〔   ∠ノ乂 {ヽ ヾ丶ヽ    ヽ
 ノノ .>、_\ { j∠=, }、 l \ヽヽ ',  _ノ  よしッ!
ー-=ニ二ニ=一`'´__,.イ<::ヽリ j `、 ) \
{¨丶、___,. イ |{.  |::::ヽ( { 〈 (    〉  このまま一気に進撃するッ!
'|  |       小, |:::::::|:::l\i ', l   く  
_|  |    `ヾ:フ |::::::::|:::|  } } |   )
、|  |    ∠ニニ} |:::::::::|/ / / /  /-‐-、
トl、 l   {⌒ヽr{ |:::::::::|,///        \/⌒\/⌒丶/´ ̄`
::\丶、   ヾ二ソ |:::::::/∠-''´
/\\.丶、 `''''''′!:::::::レ〈
   〉:: ̄::`'ァ--‐''゙:::::::/::::ヽ

島津軍は更に進み、3月24日に沖えらぶ島を攻略した。




1441 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:26:43.44 ID:BtPk4Eso
          /:: :: ://:: ::.!..|,:: :: :: :: :: :: :: ::ヽ、
         ,.':: ::/:: /: /:: :: :|::.!',:: , :: :: ::.; ::.; :: : ヽ
         /:: ::/:: /: イ!:: :: i:|!::l.,>弋 :: l:: :|:: :: ::.',
          /:: ::/:: ::l_!:l_!l:: :: i!l/xr.=.ミ、:: !::.:l:: :: :: :!  来たわね……
          !:: ,イ:: i:: !l,!-i_ミ、:: !l.|イ |j:::::゙ト.>|:: :!:: :: :: |  島津軍は長期戦はできないはず。
          |:::|i|!:: !::< ij:::il`ヾ!i!  ヒ''ノ  !:: :!_ :: ::.:!  ……各個撃破を避けるために、
        !::!|ハ::.k:::! ヒ''ノ ,.   ::::::::  ,':: ::! ヽ::.::!  琉球本島に兵力を総結集して!
        l/  ヽ!l:ハ ::::::::          ,':: :: l.ノ :: :l  その後、長期戦に持ち込めば勝てる!
               ,|::ヘ、   ´`     ,':: :: _:!::_:: : :!
           /:レ' :,i>. 、      イ:: , '   `ヽ!
                謝名利山(謝名親方)

:\     |:::/ //!::::!::!:::::::/|::へj:::| ',::::::::|ヽ::!ヽ::::::::::::::!      !:::::i::::|ヽ:|   
::::::::\   レ' y' i:::::|::|:::::彡レミ、ヽ| 丶:::::|ニヾニヽ::::::::::|   _,....⊥__:|::::! ヽ!    
::::::::::::::`ヽ、    |:::::|:::!::ヘ{ | 〕;;;}' リ  ヽ:::レ彡≡ヾ:::::::ヽ // ̄:::::\:|  ヽ  うん……   
::::::::::::::::::::::\,_r-、!:::/!::::リ  {!;;;;;;| ヽ   \ !フ;;;;;;ヽ\:::Y/:::::::::::::::::::::::\     任せるよ。    
:::::::::::::::::::::::::::::i|:::::: レヘレ'|  _」!;;;jノ   `   ノ!;;;;;;;;;;}ヾ} ヽ|::::::::::::::::::::::::::::::::\                   
:::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::i    ̄       |{;;;;;;;ノノ ' /:!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
;::::::::::::::::::::::::::::::i}::::::::::::::!     、_    ¨''---'  /イ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::ヽ    ,,...__         ´ レ' 〕;、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::\  |>ー--ヽ     U  /¨;:;:;:;:;ヽ;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::',::::::::::::::::: 丶 ヽ     |     //:;:;:!;:;:;:;:;:;丶:;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ::::::::::::::::::::ヽ`ー-'  _,.. - '" /;:;:;:/:;:;:;:;:;:;:;:丶;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 尚寧王

琉球軍も黙ってみていたわけではなく、手は打っていた。

やがて島津軍が琉球本島に迫ってくるという情報が、入ってきた。




1491 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:28:36.20 ID:BtPk4Eso
   /:: /:: :: :: ::/ヽ、|:: :: /|:: :: :: :|l:: :l :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :|:彡l:: :: :: :
  /:::/:: :: :: ::/:: ::/\:/ !:: :: :: | !:::|、:: :: l :: :: :: :: :: :: :: :!:/ :!:: :: ::
  |::/|:: :: :: /|:: ::/ |::/\ l:: :: :: | l:: ! ', _L :: :: :: :: :: :: :イ:::/:: :: ::
  |/ l:: :: ::/ .!:: /,イ厂㍉ヾ:: :: :|>弋 ヽ:__l_'.::ヽ:: :: :: :: |::./:: :: :: :   島津軍の船は那覇港内に
  |! l:: ::,イ| .|::/〈. ト;;;;イlヽヽ:: ::|  イ厂 イl.㍉ヽ:: :: :: ::|/:: :: :: :: :   入ってくるつもりね。
     ヽ::| リ ∨ハ lJ;;;ソ!  ヽ;:!  ト;;;;;;;イl / |ヽ:: :: :/:: :: :: :: :: :   外洋から港内に入るには、
      ヾ   |:ハ ヾ =''   ヾ'  トj;;;;;ソ/  l:: ヽ: /:: :: :: :: :: :: :   狭い道を通る必要があるわ。
         |::ハ :::::::::  ,      ̄ ̄`  |:: ::∨|:: :: :: :: :: :: :
         |:: ヘ、         :::::::::::::  イ::.::: :::|:: :: :: :: :: :: ::   その道の両脇に兵士を配置して、
         |:: :: : 丶、  丶       イ |:: :: :: |:: :: :: :: :: :: ::   長いロープを張るのよ。
         |:: :: :: |  > 、    ,, イ  lヾ l:.:: ::.::l|:: :: :: :: :: :: ::   そうやって船を止めたところで、
         |:: :: :: |      >ァ''     !  l:: :: ::l.|:: :: :: :: :: :: ::   両脇から攻撃をしかけるわ!




1531 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:30:27.56 ID:BtPk4Eso

.::..:..:..::::..:⌒ヽ  '⌒   ⌒ヽ  ⌒ヽ..:..:..::::..:..::.:..:' ⌒    '⌒ ::..:..:.ヽ  ⌒ヽ..:..::'⌒   ⌒ヽ ⌒ヽ:.
.::.⌒ヽ     .::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..: 、 (  ..::..:..⌒          ⌒Y     (:..::..:..:..::::..:..::.
.::.. :..:.. ::::..: ..::.:. .:...:: ..:..: :..:. .:..:: ::.. :..::. :..:. ..::. .:. .::..:.. :..:: ::.. :..::.:. .:...::. .:. .::..:.. :..:::: ..: ..::.:..: ...::.. :.
.:. .: ..:. .: ..: ..:.. :.. :..:. .:..: ..:. .:..: ..: ..:. .:. .:.. :.. :.. :..: ..: ..: ..:. .:. .:. .:.. :.. :. .: ..:. .:..
 __  _ _  _  _  __   ___   __ _   _  ____ _   ___
.::.-.:..:..::::.~~.:..::.:..:.ー..::..:...::.::.-.:..:..::::..:..::.:..:.ー..::..:...::.::.:..:...:...::.::.::::.~.:..::.:..:.....:.::..::.⌒.:.:.:..:...:...:.....::::..:.:::..:..
.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:..::.:..:...::.:⌒:..:..:..::::..:..::.:....::..:.::...::..:..::..::..:.:.:..:..:~:::..::.:..:...:..:...::..:.:..::..:..:..::.:..:..:.
.::::~.::..:..:....::.:..:...:~:.:..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...~:..:..::..:.:..:...:...:..:.:.::..::~..:..:...::...:..:..::.::...:..::..::..:..::..:~::.:.:..:::..:.:...:..:..
.::..:..:..::::..:..:.⌒:..:..::.:...::..:..::...::~.::._.. ヾr0ヾ__.. ヾr0ヾ__.. ヾr0ヾ__.. ヾr0ヾ__.. ヾr0ヾ__.. ヾr0ヾ_
.::::~.::..:..:....::.:..:...:~:.:..:..::..:..:..:/ ,r'l0i{'0ヾ/ ,r'l0i{0ヾ/ ,r'l0i{'0ヾ/ ,r'l0i{'0ヾ/ ,r'l0i{0ヾ/ ,r'l0i{'0ヾヽヽ
.::..:..:..::::..:..:..::..:.::..:..:..::.::..:..:..:~:~`i,/ {!i} ヽ~`i,/ {!i}  ヽ~i,/ {!i} ヽ~`i,/ {!i} ヽ~`i,/ {!i}  ヽ~i,/ {!i} ヽi´~
    ....         .... ..     {!i}     {!i}     {!i}     {!i}     {!i}     {!i}
....         ....         {!i}     {!i}     {!i}     {!i}     {!i}     {!i}
    ....        ....     ... {!i}      {!i}     {!i}     {!i}     {!i}     {!i}
....        ....    ....     {!i}     {!i}     {!i}     ""     {!i}     {!i}


     __                      ,_
 ,、‐'´ ̄   ̄`'ヽ、           _,,,_ i、`'iヽtr、 i-、
/              `、     r‐-、,,、ト亥 ''v!ヾ/| !!ノ |'i .)ヽ, ,、
    レ レ レ  `,   r‐亠彡ミ、  ミ|トミミ|ヾ))/ノ ノ ´.''彡}ノ!|
    ロ ロ ロ   i  i´ /// ≡゙、`vi∥| !以´' <ヾ≡ ノノi
             |  !, //// (r、、i , ン、/  ヽヾ  ≡三.c,,ノ|
.  レ レ レ レ    |  ) | |/ 》 )/イ´''''‐-i |iノ iiノ ヾ、ヾ= <<  どうやら勝てそうだな……
 ロ ロ ロ ロ   .|  く ! |  |` .|イ{    i!/ノノイ ミミ=---ミζ
             /  ,、! 彡r,ソ  ト、ri ,, リノソ ト、ミ ミミ≡γ  勝利のチェリーは最高だ。
    レ       /  , ア .t‐'    tテ}゙ '`===-、⊥,,.t三≡彡,  
ヽ、  .ロ        / .//τ''       | 7  ヾr゚‐´´ ̄  i!/´ri.|、|
  ヽ、,      /  |!ii|'´       |<..  ´       ' ))!ノ、|   
    `''''''''''' ̄ヽゝ  ヾi.!   _ ''r, |、,_        ,, t-‐´ヾ|i
              `` ,、r-<ヽ, CO、'''''‐ァ    /σ゙'λ!i |
                i! >, テ=|.ミ三彡'´    /  / ヽiκ
                   } ノゝ'`´ .|`''''''  ,、、-‐'''´,、-''    yヘ,
                ヽ、  .!´-、ミ-t'''i´,,、、-''´_     //υi
                  \    ! . } {  !i'´´i!   /    \




1611 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:32:19.53 ID:BtPk4Eso
    〃 /:./:. :.イ:. :./:. :. :. :. :. :|:. :. l!:. :..|:. :. :. :. |:. :.|:. ヽ:. :. :. :. :. :. :. |:..:..|
      /:/:. :/ |:. :.:|:. :. :. :/:.:..:|:. :..l|:. : i|:. :. :. :. |:. :.|:. | ヘ:. :. :. :. :. :..:.|:..:..|
      |〃:./ l!:..:..|:. :. :./ :\l!:. :.ハ:. :∧:. :. :. :.|:. :.|i. |  /:. :. :. :..:N:. :.:|
       /:./   |:. :.l!:. : / ___:\/ l!:/ ヽ:. :. : |:. :.|i. /__ヘ:. :. :.:.|:.:. :.:|  かかったな……!
      /:./   |:. :.|:. :./<  i圦>\/   ヽ :. |:. :/イ弋ij >.:.:.:.N:.:.:.:.:|
      |:/     !:. :|:. /ハ   ヘ辷七ソヽ    ヽ:.l∠ イ辷七ソ ヾ : |:. :. :. |  伏兵よ、予定通り、
      |!    l:.:.:|:/:. :ハ             ヾ        ∧:|:. :. :. |  ロープをいっせいに張れ!
           :∧: |:. :. :.:ハ             ;          /:.;N:. :. :.:.|
         /:. ヾ|:. :. :. :ハ、                    /|:.:.:. :. :. :.:.|  島津の船の動きを止める!
          /:.: . :. :. :. :. :. :|:ヽ.、     r_―_┐      .イ:.:|:.:.:. :. :. :.:.|
          /:. :. :. :. :. :. :. :.:|:. :. :> .、         イ:. :.i : |:.:.:. :. :. :.::|
       /:. :. :. :. :. :. :. :.:.:.|:. :. :. :. :.|>   _   <|:. !:. :.;;:.:.|:.:.:. :. :. :.:.|


  三 { l`ヾ ゙ "! ノ リ `ヽ\ ヽ  _ノ
  ´,. ト ヽ    レ'/^}ヾ, } ミシ  `ヽ  うっ!
  ノ //`ヽミ:、 _,.ノ  ,l::::( ( (     i  まずい、罠か!!
  _-ニ -‐ ''´ ,r ^ー' |:::::::ヽ ヽ l    l  
   i` ‐ r-- '  _,〉 |:::::::::ハ  l    }  逃げろ!! 
  、._i  l      ;:=ュ |:::::::i' /' /    ノ  外洋まで退却せよ!
  ヽ.`、 l    /ニ、l |::::;r'彡-'    `7
 ::::::::::\. `   l、__,)゙i |::'":::i、      フ
 ::::::/\::::`ヽ、 ` ー ' |::::::/::ヽ     ´ ̄`ヽ、_....._,.--v‐-、/⌒^`
 ::::〈   〉::::::::::`ヽ-‐':::::/:::::::i'
 ::::::::\/:::::::::::::::/::::::::::/::_. -ミ 、

         ,.':: ::/:: /: /:: :: :|::.!',:: , :: :: ::.; ::.; :: : ヽ
         /:: ::/:: /: イ!:: :: i:|!::l.,>弋 :: l:: :|:: :: ::.',
          /:: ::/:: ::l_!:l_!l:: :: i!l/xr.=.ミ、:: !::.:l:: :: :: :!
          !:: ,イ:: i:: !l,!-i_ミ、:: !l.|イ |j:::::゙ト.>|:: :!:: :: :: |  遅いっ!
          |:::|i|!:: !::< ij:::il`ヾ!i!  ヒ''ノ  !:: :!_ :: ::.:!
        !::!|ハ::.k:::! ヒ''ノ ,.   ::::::::  ,':: ::! ヽ::.::!  撃て、撃てー!!
        l/  ヽ!l:ハ ::::::::          ,':: :: l.ノ :: :l
               ,|::ヘ、   ´`     ,':: :: _:!::_:: : :!
           /:レ' :,i>. 、      イ:: , '   `ヽ!

琉球軍は狭い道から入ってきた島津軍の船の動きを止めると、
青銅製の大砲で攻撃をしかけた。

この作戦は成功だった。島津軍は損害を受けた。
だが、何分にも武器が古すぎた。
島津軍は損害を受けつつも、船が撃沈されるということはなく、
外洋まで脱出していった。




1691 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:34:09.60 ID:BtPk4Eso

      ノ// // / /l l l l l       l.lll   レソ/
.    ////〃 / / l l l l |     リリ   |//      
   //// / / ノ―-ヽトトl、   v-"---ッリノ     油断していたッ!
.  //// / /,ィl | F〒tテ‐〉  f:r〒tテッ l゙l |       
  l 川 / / f{ {l゙|  ´´ ̄''"   {゙`' ̄゛` |,リ     琉球にも骨のある人物がいるようだ!
  |川 〃/ハヽヾ|         l:}     l'ト|、        
  |.ll l / / ヾi`゙l       ヾ_フ    l l゙ト\    だが、もう油断はない……!
  |ll l l /   'il l',    _______  /'|.l | ヽo    別のルートから琉球本島へ上陸する!
  |l l l l    l.l.lヽ.  ''ニニニニ'' / |.l.l  ゙o
  |l l l |     | |  \      /  |リ
  | l l ll       l.|   ヽ____/   リ
  l l l,リ     f==r,===========l


..ノ /ハ  〔   ∠ノ乂 {ヽ ヾ丶ヽ    ヽ
 ノノ .>、_\ { j∠=, }、 l \ヽヽ ',  _ノ もはや、この樺山久高に、
ー-=ニ二ニ=一`'´__,.イ<::ヽリ j `、 ) \  精神的思いあがりによる采配ミスは、
{¨丶、___,. イ |{.  |::::ヽ( { 〈 (    〉 決してない!と思っていただこうッ!
'|  |       小, |:::::::|:::l\i ', l   く  
_|  |    `ヾ:フ |::::::::|:::|  } } |   )
、|  |    ∠ニニ} |:::::::::|/ / / /  /-‐-、
トl、 l   {⌒ヽr{ |:::::::::|,///        \/⌒\/⌒丶/´ ̄`
::\丶、   ヾ二ソ |:::::::/∠-''´
/\\.丶、 `''''''′!:::::::レ〈
   〉:: ̄::`'ァ--‐''゙:::::::/::::ヽ
\;/:::::::::::::/::/:::::::::::://:::::〉

3月26日、島津軍は琉球本島北山の運天港に上陸し、今帰仁城を落とす。

琉球軍は兵を分散させることでの各個撃破を恐れ、
兵力を集中させていたが、その結果、別ルートから島津軍を容易に上陸させる結果になった。
今帰仁城も頑張ったが、島津軍には及ばなかった。




1771 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:36:17.06 ID:BtPk4Eso

.                ,.--―――--、
.              /           \
__________/  ,.--―――--、 `、________________
;:;:i;:-;:;:;:;i:;-:;:;:;i:;:;:-;:;l;:;、;;|  i' i::i i::i i::i i::i 'i  |:;:-;:;i:;::;-、:;:l;:;:;:;-:i;:;:;:;:;:-;:;i:;:;:;-:;:l;:;:;-:;:i-;:;:
;-:;:i;:;:-;:;l:;:;:-;:;i:;:;:;-:;:;:l-;|  l, i::i i::i i::i i::i ,l  |:;:;:;:l;:-:;:;:;:i;:;-:;:;:;i:;:;-:;:;l:;:;:;:-;l:;:;:;:;l:;-:;:;:;:i;:;;:
;:;:i;:;:-;:;i:;:;-:;:;:;l:;:;:-;;、;l:;:;:|  l, i::i i::i i::i i::i ,l  |:;:;-l:;:;::-;:;i:;:;:;-:;:l;:;:;-:;i:;:;:-;l:;、:;:;:-;:;:l;:;-:;:;;:i;
;:;i:;:-;:,l;;;:;i:;:-;:;、::;l:;-:;:l;:;::|  l, i::i i::i i::i i::i ,l  |:;:;:;-:;:i:;:;:;-i:;:;:;:;:;i-:;:;:;-:;l:;:;:;-:;l:;:;:-;:;:i-;:;::;;;:
i;:;-:;:;:;-:l;:;:;:;:-;:;:i;:;:-;:;:;:;i:|  l, i::i i::i i::i i::i ,l  |:;:;:;-:;l::;:;:;l-:;:;:;:、;i:;-:;:-;:;l:;:;:;:l;:;:-;:;:;i:;:;:;:-l;:;;:
;:;:-;:;:l;:-;:;i:;:;:-;i:;:;-:;:i;:;;:;:;|  l, i::i i::i i::i i::i ,l  |i:;-:;:-;:;i::;:;:;-:l;:;:;:-;:i;:;:;:;:l-;:;:;:;:;i:-;:;:;:i;-:;:;:;:;-
;:;:;:;-:i;:;:;:-;:i;:;:;:;:;:-;:;:l;:;:-:|  l, i::i i::i i::i i::i ,l  |:;:;:;-:;l::;:;:;l-:;:;:;-l:;:;:;:;-:;i:;:;:;-:i;:;:;:;:;i:-;:;:;:;l:-;;:
;:;i:;:;:-;:;l:;:-;:;:;:;:i;:;-:;:;:i-;:::|  l, i::i i::i i::i i::i ,l  |:;:;:-;i:;::;:-;:l;:;:;-:;i:;:;:;-:;:l;:;:;:-;:i;:;:;-:;:;l:-;:;:;-::;;:
;-i:;:;:-;:;:i;:;:;:-;l:;:;:;:;i-:;:;:;:l:|  l, i::i i::i i::i i::i ,l  |-:;:;:l;:;::;:、 -;:;i:;:;-:;:;:l;:-;:;:l;:;-:;:l;:、;:;l-:;:;:;:;i-:;:;i;:
:;:;:;-:;l:;:;:;-:;:;:;i:;:;-:;:;:i;:;:;-:|  l, i::i i::i i::i i::i ,l  |:;:-;i:;:;::;-:i;:;-:;:;l:;-:;:;i:-;:;:-;:;i-:;:l;:;:-;:;i:;:;:-;:l:;:;;
:'":.:,:;`~'::;.:".,:;,"';,':,:;.,:;.:'":.:,:;`~'::;.:".,:;,~'::;.:".,:;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:'":.:,:;`~'::;.:".,:;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:'":":.:,:;`~'::;
;.,:;.:'":.:,:;`~'::;.:".,:;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:'":.:,:;`~'::;.:".,:;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:'":.:,:;`~'::;.:".,:;,"'.:;,`:;,':,:;.:.:,:;`~':::.:,:;`:".,',:;,';:,
';,':,:;.,:;.:'":.:,:;`~'::;.:".,:;,"'.:;,`:;,':,:;.,::.:,:;`~'::;.:".,:;,":;,':,:;.:.:,:;`~'::;.".;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:;:;;'";:;;:`:;.::;,"'.:;

4月1日、島津軍は琉球王国本拠、首里城へ迫った。
琉球側は島津軍を上回る4000人以上の兵力を有していたが、
戦国時代を生き抜いた島津軍の兵士達とはレベルが違っていた。




1811 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:38:09.33 ID:
BtPk4Eso
       | : : /. ./. . . . ./. . . . . .l. . l: : : :',:::::ハ  尚寧王様……。
       l : :/〃: : : : : l: : : : : : :l: : :|: : : :l ハ     _ , - ─‐- 、
     | : :l/::|: : : : :〃 /l |: :l| l; :l: : : l |: : |    /: : : : : : : : : :ヽ、
     l : :::::::l: : :./ト/x-、/ l / r/',ヽ|: :ハ: : :l   /: : : : : : : : : : : : : ::ヽ
     l ::::::rl l /く/i{ |:j゚l`l/  |j゚l lヽ::|リ∨  /:: : : : :〃  /l: : : : : ハ
      | ::::::l(| |  ヽ_;;/    ヽ' l l/      l: : : : 夕ム-/ |rl_|: : : : |
      l :::::::`l |、 〃   ` 〃 ,l |      l/l/ l;;;/   lr‐トl/: ::/リ
      |  :::::| | `,- 、_',. イ´l |      ヽl  `´  ,  l;;//| イ/
      l  ::::::l l´ l,|    | ヽ、l l |、      l7 、  、_   ~/
      |_ ,-‐| | 「,-‐-、 /  `l l、l_     「ヽ-ヽ、__ , : '  ……仕方ないよ。
     /ヽヽ、 l | t/~ヽ/   | |'´ ヽ、  /:::::::::::::::::::|
    lヽ|  ヽ | l l|  / i > l l  / l /::::::::::::::::::::::::::\

首里城は、守るための城ではなく、宮殿といった方が良い。
この城に篭城しても、勝ち目は無かった。
部下や民を、これ以上戦争に巻き込みたくはないという思いもあり、
尚寧王は島津軍に降伏した。

島津軍はこれを受け入れ、4月5日に首里城を接収した。




1851 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:40:07.02 ID:BtPk4Eso

              i| i   i| !  !| i i| i         _  /し'/
              ,=ヾ>'⌒ヾ`ヾヾ))、 |     ,r'⌒''"´  j /  /
             ラ7´:::::::::;m::i}:::):::}:::ヽ), l|  /     ,く(   {
             7ノ:〃:/:::i|||!:リ:;r=:、::リ::::} | /  ,,   ,イ l|  /     
                "{:::{::{::::{''''''"""{{゙})゙彡:リノッ/ // / l l|  _」      勝利ッ!!
             ィハ、:`:::::::ヽヾ __リ_リ__}='ノ=ツ / / / l  lレ′
            (:レ}ハ:::::::::}}ヅkぜラ゙|リ〈  "′/  ヽ レ、ゝィ.__.. -‐z
              レ^{::::::{{ l l `ヽ レ'))  / ハ ヽ、 /     _ /
              乂ヽ:::::l}〈ッ   ゙ lシ、 / /  ヽ  { l  ,r''7゙// ,'
             / 川 i::::::l=== ,イlハ|ヽl /   ヽ-' {/ / ∠ノ
            ゚゙ /川 ハ:::::l゙~~~~ / |lハ レ′     _  / /,r‐r 、
           ゚゙´ {イlノ| ヾ::|-ー- / , リ ゙゚        f∩ l / l / ノ
        i      ヾjィ| :::` =ヅ_ノ_|    i         l_`| レ | ル/´}
        |        | ̄三三三三三゙i   |      | `|   " / /
      i  ,  i i  |  j: :三三l ゙̄l三三|  i      ,r| `|l、   / /
      |   |i,r‐'='='≦三三三|_,l三三ヾ、.!j__ i__|i  {=j  |l ト、 i /
     i| /三三三ヽ`=ニ三三三三三(´゙)三て_)`ヽ、lノ   ``ヾ、レ′
    i |レ彡'´三ニ=:`ヾ、: :ヽニ.三三三三三三三ニ`ヽ、 ``  ミ、 } l
   ,j//,r''´ ̄: : :`ヽ: :ヽ: :ヽ三三三三三三三三ニ= \、__   }:::|│  i
   l'彡": : : : : : : : : : :ヽ : : : i=三三三三三三ニ(`)三ニ.ハ ヽ、ツ | |  |


島津軍は尚寧王やその重臣を伴い、4月半ば、薩摩に凱旋した。
尚寧王は翌年の1610年まで薩摩国内に留められることになった。




1941 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:41:47.25 ID:BtPk4Eso
         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)   島津家はよくやったお!
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))  朝鮮とも貿易の約定を締結したし、
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\あとは朝鮮や琉球を通じて、
  (___     `ー'´   ____ )明と仲直りするお。
       |        /       そして交易の約定を、
       |       /        できれば交わしたいお……。
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

       ____
     /-‐  ‐-\     
   / ( ⌒) (● )\    そういえば琉球を制圧したことで、
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   東南アジアとの中継基地にも、
  |     l/⌒ヽ    |    使えるようになったお!
  \   /   /   /     

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    これでますます貿易が便利になったお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   この勢いで、次はフィリピンにも、
  |     |r┬-|     |  手を伸ばしたいお!
  \      `ー'´     /

琉球を制圧したやる夫は、フィリピンに使者を派遣した。
これは交易のこともあるが、スペインとの外交の事もあった。
これまでスペインの船は何度も日本に来ているが、それらはあくまで民間の船であった。
やる夫はスペイン帝国そのものと、友好を結びたかった。

だが直接フィリピンを管轄してるのはメキシコだったため、
直接スペインと交渉するきっかけが、なかなかつかめずいた。




1991 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:44:01.28 ID:
BtPk4Eso
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶 丶 ヽ ヾ ゞ 丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶\
\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \\ \. 丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶. .、 ヽ
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \丶丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶/,,;;;;/ ,,,...
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ ゝヽ丶ヽ ゝヽ 、ゞ ヾ丶 ゝ/,,,;;;/  册册
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶  ヽ ヾ ゞ\ヽ ゝヽ丶丶 、/___/  _,. 册册
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 丶丶ヽ \  \丶 ヽ \/ /| _,.-r'| | 册册
ヾ丶\ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ \ヽ \  \丶 ヽ/ / ,..| | | | | | 册册
 ヽ 、ヾ \ 丶 ヾ丶\ \ \ ヽ\\丶ヽ/'~T.,./|川 j_l,.r-'¨ 卅卅i_,.
 ヽ \  \丶 ヽ \ \ヾ丶 丶丶丶   /,.T¨il i l l l川__,,... -‐ ¬¨
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \.    ,l:lj|川_'¨三.ノ____,,,,,.....................
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \ l j|:il|‐/jlllllllllll/|\ \ ヾ  \
__,,.. .-‐ '''""~" .;",:;".;..;.,:;".;.".;"=='-i,jl| jj| ロコ   | ロコヨ ∠二∠ 」
.;.;".;.;";".;.;"..;.;";.;.,: ;.;". 三三 ' -f,  .i田l|     |目田|
.;.;".;.;".;.;".;. ,:. ;;: ;.;".;.;".;.;".二二二' -|.,_.j|     |l.l.l l.l.|
".; ;".;.;" ".;..; .;".;..;".;.;". -------------' - .,_  j! ニ二|
.;.;".;.;";".;.;",:.;.;".;.  ;.;".;.-------------------'' - .,_j|
".; ;".;.;".;.;".;..;".;.;".; ;".;.; _______________________________________¬

そんな折、フィリピンの総督ドン・ロドリゴが、次期総督と交代のために、
メキシコへ帰る途中に台風に会い、上総国(千葉県南部)岩和田村(現在の御宿町)の
海岸で座礁。難破した。ロドリゴ一行は運良く、岩和田村の村人に救助された。




2021 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:45:39.24 ID:
BtPk4Eso

     / ̄\       
     |    |        
     \_/       
     ___  
   /     \
 /  \  /  \   
 |    ・ .. ・    |      大変でしたね。
 |     ⌒     |      しばらくは我が領国でゆっくりしていってね!
 |            |    
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   本多 忠朝

この時、大多喜藩として、
上総国岩和田村を治めていたのは忠勝の次男、忠朝であった。
忠朝はロドリゴ一行を歓迎した。




2071 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:47:27.31 ID:
BtPk4Eso

                              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|           ___
                              |   ワ ゴ ン  |         /   |  \
      / ̄\                    |           |        / |\_|_/| \
      |     |         / ̄\       |_______| ..     /   |    |   | _ \
      \_/          |     |      _,,-.◎     ◎-..,,,_     |.   ぃ\__|__/ノノ  |
         |           \___/,,.-‐''"´  ヾ;-、,,,,,_,,,,,..-;;ツ  ``'-、  \   ヾミllll田llll彡''  /
     ./ ̄ ̄ ̄ \        ____        ゙'''ー─‐'''"゛      `ン   ~/~゙゙(_i_)゙゙~ヾ~ ヽ
   /  ::\:::/:::: \      ./     \、                    / i /        ', i ',
 /  <●>::::::<●>  \  / \   /   \ ,                  l/ l l         l l  ',
 |    (__人__)     | . |   ・ .. ・    |l,,,_                 _,,. . -l  l l           l l   l
 \    ` ⌒´    /  |    へ     |l   ̄~~゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~~ ̄   l  l l           l l   l
   ,r''"~l_,.ニニ.,_l~゙''ヽ、   \        /l              .    .l  /l l l ̄ ̄ ̄ ̄l l l'、 l
   /             l     r'  l_,.ニ-ニ._l  ヽ l~゙゙'''ー―------------―‐''''゙゙゙~~l  / l l ',       ,' l l `,  l
  i,,,_l         l_,,,l   / i         i l  l                     l  l l 'i \.,,_,,/ / l  l  l
    本多 忠勝      本多 忠朝(次男)     本多 忠政(長男)        乙女(側室)

大多喜藩を最初に治めていたのは徳川四天王の一人、本多忠勝である。
関が原より後、大多喜藩は次男の忠朝に与えられ、忠勝は長男の忠政と共に、
伊勢桑名を与えられて、そちらへ異動していた。




2171 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:49:41.75 ID:BtPk4Eso

             / ̄\
             |     |
             \___/
                |
           / ̄ ̄ ̄ \ 
          /  ::\:::/:::: \    忠朝のところに外国の船が?  
         /  <●>::::::<●>  \   へぇ……。
         |    (__人__)     |  
        \    ` ⌒´    /
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

次男の忠朝は、その後、ロドリゴ一行をやる夫の駿府城に送った。


         ____
       /      \
      /  ─    ─\     前回はイギリス、今回はメキシコ……
    /    (●)  (●) \    色んな船が日本に座礁するものだお。
    |       (__人__)    |    
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \    昔と比べて、それだけ、
    / (●)  (●)    \   ヨーロッパの勢力がアジアに進出しているということだお。
    |   (__人__)    u.   |   これに対して、交易は交易、
     \ u.` ⌒´      /    国防は国防としてきっちり考えておかないと、
    ノ           \    将来、きっと大変なことになるお。
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




2201 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:52:02.20 ID:
BtPk4Eso
          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\    ……とにかく、ドン・ロドリゴは
    /   ⌒(__人__)⌒ \   スペイン人だお。これに恩を売っておけば、
    |      |r┬-|    |   やる夫の目的だったスペインとの友好も、
     \     `ー'´   /    できるかもしれんお。
    ノ            \   
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


やる夫はロドリゴ一行を歓待した。
そして、翌年(1610年)にウィリアム・アダムスの建造したガレオン船を贈り、
スペインへと帰国させた。このガレオン船には京都商人の田中勝介も同乗した。

田中は更に翌年の1611年に日本へ帰国。その時にはスペインの使者も同行しており、
こうして日本とスペインは正式に国交を樹立した。
同時のこの時期、メキシコとも交流をもった。




2251 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:54:35.86 ID:BtPk4Eso

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::               ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::                 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::                 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::               :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : :             : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
. . . . . . . . . . . . . . . . .            . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''
~;;;._,,,..._,,,..,, ;;;._,~"''''~"'"~"''' ;;;._,,,..._,,;._,,,~"''''~"'"~"''';;;._,,,..._,,,..;;;._,,,...~"''''~"
~~"'"~"''''"~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"'"~"'''~"'"~"''''"~"''''~"'"~
~;;;._,,,..._,,,.'~"'"~"''''"~;;._,,,..._,,,..;;;._'~"'"~"''''"~..~;;;._,,,..._,,,'~"'"~"''''"~;;._,,,..._,,,..;;;.

はるか後年、明治に入って、日本とメキシコは日墨修好通商条約を締結。
これは日本がアジア以外の国家とは初めて結んだ「平等条約」であった。
日本はそれ以外の国、例えばアメリカやイギリスとは不平等な条約しか結んでいなかった。

明治日本にとって不平等条約の問題解決は悲願であったが、その解決の足がかりとして、
アジア以外の国家と平等条約を結ぶことは必要だった。
……そんな時、メキシコは、江戸時代の初期から交流があるとして、
日本と平等な条約を締結したのである。
やる夫の時代からの日墨交流が、明治に入ってからも生きたのである。

明治時代の、欧米列強との不平等条約改正への伏線は、
既にこの時代に張られていたと言える。




2341 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:56:58.47 ID:BtPk4Eso
朝鮮やスペイン、メキシコとの関係は良くなっていったが、しかし、
日本と外国の関係は、友好的なものばかりではなかった。


                    ,-''"'''-..,,,
                    'i,", .::   ̄""''''-..,,
             ,,       i::i~"''-..,,;      i,
            / i "'-.. _    i:i, ,,   ,i:,:::..... .. . .i,  ウイーヒック。
         i'-,, i,/::::::::.....:: '.-, /  :ii,.,,iii,,  i;     i  大御所様……
        ,-'' i::,/'-,,_,:::::::..../:-,ゝ  ヾi   '' ,i',"i, i'  おれの部下が、マカオで、
       ,。'y,  'i;   i,-' "'-_i'-,i-'    ::    i l,ii ,i ,.i'   ポルトガル人に殺された上に、
     ,。'::::: ::'i, :.. '-/      'i    .::   / i'-i' ,,i'   船の積荷まで連中に奪われましてねえ……
    ,i' :::: ::: :::::'i,, ,,.-'       i,__, , ,.... ,..'i..,i' .l-''"
    i,::... ::: .:::::,,-'ヘ:,,_,,.     ┌'-i:_,;;;;,,::::.._,,i=''-,   こいつはメチャ許せんよなぁッ!
    i,    . :: : : :: ...:: ̄''"''"'/ .:: r‐-,:::.‐:::.‐‐--r'
      '‐-,,.'..::::::....:  ,,. ,,_,,-'' .:: /l  :.l,:::::::   ヽ,   しかもそのポルトガル人が、いけしゃあしゃあと、
        '-,,_::::::  ,i' ヽ,     /:::::l ::  l :::  ..:::  "'-._長崎に来るらしいんですよ……
          '-.,  l  ..::ヽ,  ./:::::::l ::  l.::.. ..::: ....::  :: T仕返ししても構いませんねっ!?
            Y.::..  ::::::::Y::::::::::l  ::. l...::::;-':::::::    l
                   有馬晴信




2411 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 15:58:39.70 ID:BtPk4Eso
      ____
     /\  /\
   /( ○)  (○)\     それは本当かお!?
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\    本当なら許してはおけんお。
  |     |r┬-|       |   日本が甘く見られるお。
  \     ` ー'´     /

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\    晴信、思い切りやってやれだお!
  /    (__人__)   \   友好も大事だけど、
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  ナメられっぱなしはいかんお!
  \    |ェェェェ|     /   後のことはやる夫がなんとかするから、
                  思い切りやってやれお!




2511 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:00:36.13 ID:BtPk4Eso
                    ,-''"'''-..,,,
                    'i,", .::   ̄""''''-..,,
             ,,       i::i~"''-..,,;      i,
            / i "'-.. _    i:i, ,,   ,i:,:::..... .. . .i,  お許しをいただけて何よりです。
         i'-,, i,/::::::::.....:: '.-, /  :ii,.,,iii,,  i;     i
        ,-'' i::,/'-,,_,:::::::..../:-,ゝ  ヾi   '' ,i',"i, i'  それじゃあサクサク、
       ,。'y,  'i;   i,-' "'-_i'-,i-'    ::    i l,ii ,i ,.i'   ポルトガル人をぶち殺すとしますかね。
     ,。'::::: ::'i, :.. '-/      'i    .::   / i'-i' ,,i'
    ,i' :::: ::: :::::'i,, ,,.-'       i,__, , ,.... ,..'i..,i' .l-''"
    i,::... ::: .:::::,,-'ヘ:,,_,,.     ┌'-i:_,;;;;,,::::.._,,i=''-,
    i,    . :: : : :: ...:: ̄''"''"'/ .:: r‐-,:::.‐:::.‐‐--r'
      '‐-,,.'..::::::....:  ,,. ,,_,,-'' .:: /l  :.l,:::::::   ヽ,
        '-,,_::::::  ,i' ヽ,     /:::::l ::  l :::  ..:::  "'-._
          '-.,  l  ..::ヽ,  ./:::::::l ::  l.::.. ..::: ....::  :: T
            Y.::..  ::::::::Y::::::::::l  ::. l...::::;-':::::::    l

1609年12月、有馬晴信はポルトガル船を報復のため撃沈した。


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     晴信、よくやったお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   日本の威信を示せたお!!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

やる夫は有馬晴信の働きを賞賛した。
時代は17世紀。まだまだ、荒っぽい時代であった。




2581 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:02:43.17 ID:BtPk4Eso
その頃、松平忠輝は……。

   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉   
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ     ……つまらんな。
    )    Y    (       退屈だ。何か、面白いことはないか。
   /γ⌒     ⌒ヽ\      豊臣宗家が挙兵でもしてくれたら、
  /  |         |  ヽ    面白いことになるんだが……。
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /




2691 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:04:36.95 ID:BtPk4Eso
               |l::::l::|:::::\:::::\:::::::\:::::::\:::\
               ヽ:::l:|:::l、::::::::::::::\:::::::\:::::、{⌒ヽ
          _,、-rK"´|:\:::|_\:::ト_、_、::::::::::ヽ:::lヽ ー - 、 忠輝様。
         /   `ヽ,}∧::::|、゚ノ ヽ!ヽ゚ノヽ::ヽ::::N      \また、そのようなことを……。
       /      /'  !::{、   _ _   /::/}ハj        \
      /      ヽ l l  /l:l\ ____ /j/ //  ||/      \
       /       ヽ!|   lヽ \__/  //    l |/ /      \

. i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヾ〃Y:::::::::ヽ        
  !:::::::::::::::::::::::li::::i升:::i::::::、::::l ⌒ヽl::::::::::::::i       
 i:::::::::::::::::::从:!込ヒヾ、ト、:i`ーk_   l::::::::::::::l!    そうですよ、     
 {::::::::::::::::太 Y´o`ヽ ` `〃o`i ,リ::::::::::::!    豊臣が挙兵なんかしたら、   
  !:Yヽ::::::!             ソ:::::::::リ    また日本が応仁の乱みたいに、  
‐''ハl 桃Y:l!         , j     l 1:::ソ'      なってしまうかもしれませんよ?    
::::::::ヽ.ー iヾ                i:ノ          
:::::l|::::::`=ハ,....、   . -‐―-、   ./':、        
-'⌒ー'´  、 `` 、(       ノ  ,イ:::::::ヽ....._        
  ヽ、 \、 ヽ、 !` ー‐‐ ' ./::l|:::::::::::::j::::ヽ    
`ヽ r-、 ヽヽ _il ..i ̄ ゙̄`'≦-...ノl::::::::::::::l::::::リ!     
::::::::゙:ー'ヽ{_」:k{_」廴〉:::::::::::::::::::::::::`-、_::_:_:!:::::j:::l
        皆川 広照……忠輝の家臣。




2761 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:06:37.47 ID:BtPk4Eso
     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ    はっははは、
        )    Y    (      それはならないさ。
     γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ
  ((  |   |          |   .|
((   ヽ ヽ__人__ノ  ノ
     \     `ー'´   /

. i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヾ〃Y:::::::::ヽ        
  !:::::::::::::::::::::::li::::i升:::i::::::、::::l ⌒ヽl::::::::::::::i       
 i:::::::::::::::::::从:!込ヒヾ、ト、:i`ーk_   l::::::::::::::l!      
 {::::::::::::::::太 Y´o`ヽ ` `〃o`i ,リ::::::::::::!    ……どうしてわかるのですか?
  !:Yヽ::::::!             ソ:::::::::リ     
‐''ハl 桃Y:l!         , j   l 1:::ソ'       
::::::::ヽ.ー iヾ                i:ノ          
:::::l|::::::`=ハ,....、   . -‐―-、   ./':、        
-'⌒ー'´  、 `` 、(       ノ  ,イ:::::::ヽ....._        
  ヽ、 \、 ヽ、 !` ー‐‐ ' ./::l|:::::::::::::j::::ヽ    
`ヽ r-、 ヽヽ _il ..i ̄ ゙̄`'≦-...ノl::::::::::::::l::::::リ!     
::::::::゙:ー'ヽ{_」:k{_」廴〉:::::::::::::::::::::::::`-、_::_:_:!:::::j:::l


   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ   っふ……邪気眼を持たぬ者にはわからんだろう。
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\    ふっ……。
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /




2851 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:08:44.78 ID:BtPk4Eso
      __   ,...、-‐--.、、l   
      ノ、_ヾ/:::::::::::::::::::::::::i  
 |  r''_rァy'::::::::::::::::::::::::::::::::i  僕  難  な 邪
 、ヽ、l  ヽ,':::::::::::::::::::::::::::::∠   に  し  ん 気
  \` i.  i::::::::::::、:、::::从`"i:::i   は   く   か 眼
     l. l:::::::::r仝ヽ`tヾ-ハ::l   :  て     ?
     ,|. i:::::ヾ、・     ・ i i!
    ,.:イ廴.ッ、:::゙、       u i
   l`k、.....-'i:::ヽ  ___    人
    |:.l:. :. :. :.l.ヾミヽ ー''' //ッヽ、   
   l:..リ:. :. :. i :. :.i`:.`iー'ニ-'´  i:. :. :iヽ.、 ___ ,
  /. i:. :. :. :l :. :.i、:. ,:.i /:::ヽ /i:.<~. :. :.i :. :., :. l
  /:. :.i:. :. :..iヽi :. :フ:. :V`i::::i´V.i:. :. :.>:. :.! :. /:. : i
 ,':. :. :.i:. :. ili .:li :〈:. :. : i. l:::::i. i:. :. :/:. :. :. :/. :. :. i

     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈○ ノ\   /\ ○〉
      ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ    
        )    Y    (     っぐわ!・・・くそ!・・・また暴れだしやがった・・・
     γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ
  ((  |   |          |   .|   っは・・・し、静まれ・・・俺の腕よ・・・怒りを静めろ!!
((   ヽ ヽ__人__ノ  ノ
     \     `ー'´   /




2981 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:10:37.32 ID:BtPk4Eso
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_ 
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''  
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',    (まーた始まった……)
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',    誰か、奥様(五郎八姫)を、
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',    呼んできてください。
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!

忠輝は未だ精神不安定で、時として奇行が目立った。
それは、比較的ささいなことではあったが……
そんな中でも、忠輝は、五郎八姫の言う事だけは聞いていた。




3071 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:12:27.68 ID:BtPk4Eso

                    / ̄ ̄ ̄ ̄
                  /   
      __   ,...、-‐--.、、l   
      ノ、_ヾ/:::::::::::::::::::::::::i  
 |  r''_rァy'::::::::::::::::::::::::::::::::i  僕  難  な
 、ヽ、l  ヽ,':::::::::::::::::::::::::::::∠   に  し  ん
  \` i.  i::::::::::::、:、::::从`"i:::i   は   く   か
     l. l:::::::::r仝ヽ`tヾ-ハ::l   :  て
     ,|. i:::::ヾ、・     ・ i i!
    ,.:イ廴.ッ、:::゙、       u i
   l`k、.....-'i:::ヽ  ___    人
    |:.l:. :. :. :.l.ヾミヽ ー''' //ッヽ、   
   l:..リ:. :. :. i :. :.i`:.`iー'ニ-'´  i:. :. :iヽ.、 ___ ,
  /. i:. :. :. :l :. :.i、:. ,:.i /:::ヽ /i:.<~. :. :.i :. :., :. l
  /:. :.i:. :. :..iヽi :. :フ:. :V`i::::i´V.i:. :. :.>:. :.! :. /:. : i

皆川広照は繰り返される意味不明な忠輝の言動を不安に思い、
幕府にそのことを訴えた。




3151 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:13:50.30 ID:BtPk4Eso
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  忠輝……
/U   (─)  (─ /;;/  
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ     気合がどうも、空回りしているというか。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|     
 |      ` ⌒´  |     戦争が無い時代に退屈している感じですね。
 ヽ         /     忠輝は気性が激しい奴ですから、
 /   ヽ     ノヽ     戦いで怒りが発散できれば、
./ /   ∩ノ ⊃|  |     奇行には走らないと思いますが……。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

       ____
    /      \
   /  ─    ─\   戦争はスポーツではないお……
 / U  (ー) (ー) \   ……忠輝も、戦国の世であれば、
 |       (__人__)    |  大暴れできる奴だったかもしれないけど、
 \     ` ⌒´   /  泰平の世を作ろうとしているのに、
                そういう気性のままでは困るお。




3221 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:15:34.42 ID:BtPk4Eso

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|    ……秀忠が思うに、
 |       ( <  |     父上が赤ん坊の忠輝を、
 ヽ     `-'  /    キモいというだけで遠ざけたのも、
 /   ヽ     ノヽ    あいつが反抗的な一因ではないかと。
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o    ひ、秀忠……えらくまともな意見を……
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |  わ、わかっているお。
  \     `ー'´     /   正直、ちょっと悪かったかなー、と思っているお。

    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\
  /U  (ー) (ー)ヽ   ……とにかく、
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|   忠輝の家老まで訴えてきていることです。    
 |      (_/´  |   これはなんとかしないといけません。
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /




3291 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:17:34.88 ID:BtPk4Eso
      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     …………。
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |        ̄      |
 \              /

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\   ……わかったお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  やる夫が処分を下すお。
  |     (  (      |
  \     `ー'     /


         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \  
     |       (__人__)   |  
      \      ` ⌒ ´  ,/ 
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ 
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
     |            `l ̄
.      |          |

やる夫はまず、皆川広照を処分した。
主君に不足している部分があればこれを命がけで諫言し、
補うのが家老の役目であり、それを訴えてくるとは何事か、と返した。
結局、皆川広照は改易され、これが許されるのは14年後になる。
皆川広照は涙目であった。




3451 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:19:53.37 ID:BtPk4Eso
       ____
     /      \
   / ─    ─ \     皆川広照についてはこれでいいとして……
  /   (●)  (●)   \    忠輝についても何かするお。
  |      (__人__)    |    ……秀忠の言うとおり、やる夫が、
  \     ` ⌒´     /     忠輝にあまりに冷たかったのも悪かったお。

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    義直(やる夫の九男)に比べて、
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  忠輝を低い石高にしていたのは、
 |        ̄      |  将軍家を馬鹿にした罰だったお。
 \              /   でも、もうそれも、そろそろ許すお。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\   忠輝の義父の伊達政宗や、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ お八(やる夫の側室、茶阿局。忠輝の母)からも、
  |              | 忠輝の領土が少ないという訴えが出ているし、
  \               /  そろそろ忠輝の領土を増やしてあげるお。




3521 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:21:26.01 ID:BtPk4Eso

     ゝ             __  ―- 、.ノ
   /           ___    )、     )
  f       ___/  )_/ )   /1   良かったですね、
  |       -‐ィ'´ >.=、   / ,ィ´、. !   大御所さまは、
  i        ノ   ┴┘  ̄l-j { ノ    やはり忠輝様が可愛いのですよ!
  ヽ.      し、__,_      ,  ̄ 〈/
   (         _ノ    r=.   ノス
    ヽ.      ーァ       / ノ
.     _>‐、_r一'    、_/,-‐' `ヽ
   /  /  ̄ l___ .. -┤, ィ´     )
   l   l.    l     / ̄       /ヽ

   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ   ………………ああ。
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

翌年の1610年、やる夫は忠輝に越後を与え、
これまでの領地と合わせて合計75万石の領土を与えられた。
この処置の裏には、幼い頃から彼を疎んじてきたやる夫の、
父親としての申し訳なさがあった。

こうして忠輝は、徳川一門の中では兄の秀忠に次ぐ石高を、
(年齢から考えれば当然なのだが)手に入れた。

その後、忠輝の奇行は、少しずつおさまっていった……。




3581 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:23:23.72 ID:
BtPk4Eso
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\    よきにはからうがいいお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |              |
  \               /


:\     |:::/ //!::::!::!:::::::/|::へj:::| ',::::::::|ヽ::!ヽ::::::::::::::!      !:::::i::::|ヽ:|   
::::::::\   レ' y' i:::::|::|:::::彡レミ、ヽ| 丶:::::|ニヾニヽ::::::::::|   _,....⊥__:|::::! ヽ!    
::::::::::::::`ヽ、    |:::::|:::!::ヘ{ | 〕;;;}' リ  ヽ:::レ彡≡ヾ:::::::ヽ // ̄:::::\:|  ヽ   よろしくお願いします。
::::::::::::::::::::::\,_r-、!:::/!::::リ  {!;;;;;;| ヽ   \ !フ;;;;;;ヽ\:::Y/:::::::::::::::::::::::\    
:::::::::::::::::::::::::::::i|:::::: レヘレ'|  _」!;;;jノ   `   ノ!;;;;;;;;;;}ヾ} ヽ|::::::::::::::::::::::::::::::::\                   
:::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::i    ̄       |{;;;;;;;ノノ ' /:!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
;::::::::::::::::::::::::::::::i}::::::::::::::!     、_    ¨''---'  /イ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::ヽ    ,,...__         ´ レ' 〕;、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::\  |>ー--ヽ     U  /¨;:;:;:;:;ヽ;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::',::::::::::::::::: 丶 ヽ     |     //:;:;:!;:;:;:;:;:;丶:;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ::::::::::::::::::::ヽ`ー-'  _,.. - '" /;:;:;:/:;:;:;:;:;:;:;:丶;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

1610年8月8日、琉球国王、尚寧王が島津家と共に駿府に来訪。
やる夫と会見した。8月28日には江戸の秀忠とも会った。
やる夫はこれらの会見に先立ち、明国との対等な関係を保つため、
琉球国王に関しては朝鮮通信使と同じ扱いにせよと命令している。

幕府と尚寧王の会見は滞りなく進み、尚寧王はその後、薩摩、そして琉球に戻された。
また島津家はやる夫から褒美として琉球の支配権をもらい、奄美を直轄地とした。





3641 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:25:28.17 ID:BtPk4Eso
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   琉球に関してはこんなもんかお?
  |     |r┬-|     |  
  \      `ー'´     /


  7::::::::::::::7:::::::::::::::/:::::::::/  //   i::::::::::::::::::::::',
 ,':l::::::::::::/::::::::::/::::///   __ノ____   !:i::::::::::::::::::',
  i::::::::::::::::::/:::/ミ //   '"_.三___` i:j::::::::::::::::::::、
  j:::::::::::://、j::/●゙ヽ "    ,彳_●_ノ   ,::::::::::::::::::::i`  これで明との交易交渉や、
  i::::::::::ii   j/ ' ̄     `       /j::::::::::::::::::::l  東南アジアとの流通も、
  i:j::::::::|i                   / ,'::::::::::::::::::::',  スムーズに行くでしょう。
  j,'::,:::::l',                 '  /i::::::::::::::::::::、
  "ソ i:::::l::'        丶 -        jメi::::::::::::::::::l   ところで大御所様、
  " l:::::i::',                 / ,::::::::::::::::::ii  琉球国王と秀忠様が
    i::i::::j::ヘ    , .,,,、_,....、..,,      ,::::::::::::::::::::l  先日、会見をしましたが、
    j:::::メ:::::ヘ,      、_____,         /:::::i:::::l:::::::i:i  秀忠様も少し疲れているようですよ。
    メ:ソi::::::::::ヽ             , ':::::::l:::::i:::::::i::l
    j  i::l:::::::::| ヽ         ,/:/::::::i:::::::l:::::::lヘ:i

      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o     まだ若いのにwww
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\   疲れたとかwww
  |       |r┬-|     |
  \     `ー'´     /




3731 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:27:53.05 ID:BtPk4Eso
       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\    まあ、あそこは嫁さんの性格がキツいから、
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   そりゃあ疲れるだろうお。
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\   性格もキツけりゃナニもキツいってねwww
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  うはwwだから秀忠は疲れているんだおwww
  |    /| | | | |     | 今の面白かったお?www面白かったお?www
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄


  7::::::::::::::7:::::::::::::::/:::::::::/  //   i::::::::::::::::::::::',
 ,':l::::::::::::/::::::::::/::::///   __ノ____   !:i::::::::::::::::::',
  i::::::::::::::::::/:::/ミ //   '"_.三___` i:j::::::::::::::::::::、
  j:::::::::::://、j::/●゙ヽ "    ,彳_●_ノ   ,::::::::::::::::::::i`  ……
  i::::::::::ii   j/ ' ̄     `       /j::::::::::::::::::::l
  i:j::::::::|i                   / ,'::::::::::::::::::::', (オヤジだなあ……)
  j,'::,:::::l',  U              '  /i::::::::::::::::::::、
  "ソ i:::::l::'        丶 -        jメi::::::::::::::::::l
  " l:::::i::',                 / ,::::::::::::::::::ii
    i::i::::j::ヘ    , .,,,、_,....、..,,      ,::::::::::::::::::::l
    j:::::メ:::::ヘ,      、_____,         /:::::i:::::l:::::::i:i
    メ:ソi::::::::::ヽ             , ':::::::l:::::i:::::::i::l
    j  i::l:::::::::| ヽ         ,/:/::::::i:::::::l:::::::lヘ:i




3901 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:30:28.18 ID:BtPk4Eso

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  / U (@) (@)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|    忙しくて忙しくて…… 
 |       ( <  |
 ヽ     `-'  /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

だが、秀忠は確かに少し、疲れていた。
将軍になって数年間の激務が、溜まってきたのであろう。




3941 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:31:30.05 ID:
BtPk4Eso
/ ,/::::::::::;/::::::,r::::;;:::::::,,:::::,/|:::/i::::::::|::::::::::|;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;:::/
  /:/:::::::,/::::;/::::,r'::::::/|:::/ ,,|:::|-|;::::::|:::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;|;;;;;;;:/
 i,/|:::::::::;i::::/:::::/|:::::::i |::i"_i;;i__ ,,i::::|i;;:::::::::i;;;;;|;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;|;;;;;/
  | |::i|:::::|::::i:::;,/__|、::| "|:i'"_r'_;;;;ハ|:i |;:::::||;;;;;|;;;;;;;;;|ヽ;;;;;|;;;/  秀忠様はかなりお疲れのようですね。
   i;::::::||::::i:::i r';;}ヽ:i  i|" ´   !!  i;:::jj;;;;;;|;;;;;;;;;| |;;;;/;/
,__,-‐i;:::::||::::|::| ´   ヽ        ::::i i;:/ j;;;;;|;;;;;;;;| |;;;/;/
;; _'''' i;::::::i:i:::::::|  /          :::i / :i|;;;|;;;;;;;;|ノ;;/
-‐‐--|:::::|;:::::::ヘ ヽ、        :::/  ::::::::|;;;||;;;;||ヘヾ
;;;;;;;;;;;;;;゛|:::|::::::::|:ヽ、  __   ::::/  :::::::::::|;;| |;;|:::|
:::::::::::::::::::{:|i:::::::||;;:::\´ ー  `  ::/  :::::::/ || i|::::::i
::::::::::::::::::::| ゛i::::|! i;;::: i\       ::;/´::::::j:::::!::::::::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛i:|;;; \:i::::\   ,,, ,‐''"::::::::::::::::::::::   'i,
_,,-‐ー''' ̄     ''' フ\;  ̄  ヽ:::::::::::::::::    ,,,-‐―‐--,,,


   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!  ただでさえ激務の上、
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l  お江様の尻に敷かれているからね。
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll    休日の度に、愚痴を聞かされたり、
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/    買い物に付き合わされたり、
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|    そういえばこの間は、
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l     マンション建設反対運動にも
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl      参加させられていたなあ……。
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l
                ̄ ̄ ̄




4031 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:33:31.21 ID:
BtPk4Eso
       ____
     /     \
   /        \               
  /           \   秀忠様も奥様は怖いのですO!
 |  ⌒       ⌒ |   逆らえないのですO!!
  | (●)(__人__)(●) |  
  \    |r┬-|    /
    \    `ー'´   /

と、まあ、そんなこんなで……。





4081 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:35:02.63 ID:
BtPk4Eso

    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\
  /U  (@) (@)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      疲れた……
 |      (_/´  |      ちょっといつもより早いけど……
 ヽ         /      風呂にでも入るか……
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

            X  シュタッ
      ∠ ̄\∩    
        |/゚U゚|丿      秀忠様!
      ~(`二⊃       お風呂に入る時は、
       ( ヽ/        お江様の許可を得た上で、
        ノ>ノ        ムサい男を同伴の上でないと、
       UU         入ってはなりませぬ!!




4201 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:36:47.79 ID:BtPk4Eso
    ノ L
    ⌒  ̄ ̄~\
  /  \  / \    ……! 
  /   (@) (@) ヽ    
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|     やっかましい!!!!
 |      (_/´  |    
 ヽ         /     なんでもなんでも束縛しやがって! 
 /   ヽ     ノヽ     風呂がなんだ!!
./ /   ∩ノ ⊃|  |     風呂ぐらい自由に入らせろっ!!
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


            X
      ∠ ̄\∩    秀忠様!
        |/゚U゚|丿    ああ、行ってしまわれた……
      ~(`二⊃
       ( ヽ/     ん? 待てよ、今、確か江戸城の風呂は、
        ノ>ノ      侍女の誰かが使用しているのでは……
       UU       ま、まずいっ!




4341 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:38:50.58 ID:BtPk4Eso
   ⌒           ⌒
 (     )           (     ⌒            │     || |
    )                )           │     || |\ 
                 (    ノ             │     || |\\
  )___________  )_           │     || | : :\   カポーン……
────────────‐ ヽ\        │     || | : : : : .
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ij ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄し' ̄ ̄]          │     || | : : : : :
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ.     || | : : : : :
  o                。     | ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ.    || | : : : : :
    ゚                |  ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ.  || | : : : : :
 ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ|| | : : : : :
ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ\ : : :
 ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ.\ :
ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ

             / ̄ ̄\
           / ─  ─\
           /   (@) (@)ヽ   ガラッ!
          .| ⊂⊃(__人__)⊂|      
          |      ` ⌒´  |
          ヽ         /
           /   ヽ     ノヽ
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ




4441 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:40:37.64 ID:BtPk4Eso
       /::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::ッV∧V∧V∧V∧V∧V∧V∧V、
     ,':::::::::::ィ、::::::::::::::::::::::::::::::::::≫ キャーッ           ≪
.    i:::::::::/__,、ゞハ;ノヽj;;::イ ┬'≫ 秀忠さまのエッチ!!! ≪
     !::::::,'  '''''''''     '''''''' ノ/ィ//〃//〃//〃//〃//〃//〃
    f⌒ij.. (●),   、(●) | )
    ゞ_ィ  `ー ,,ノ(、_, )ヽ、,,. ノ_'´      ,r'' ~''‐、
   _,.-::::人   `-=ニ=-.   ハ:: ``丶、 { . ..:. ::j ::::::::
 ∠'''- '´/`-、  `ニニ´. , ィ'   `ヽ'''  ::::::` 、_ ノ:::::::::::::::
:(⌒)::::: /      ` ー- ' ´        i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::i                 l:::::::::::::::::::::::::::::::::(⌒):
::::::::::::::l   i    , -―- 、 l   l:::::::::::::::::::::::○::::::  :
:::::::::::::l   l  /       ) l   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::l:,,,,,,,,..i/........./`''ー- '´.....l...........l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         お静




4621 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:42:10.51 ID:BtPk4Eso
             / ̄ ̄\
           / ─  ─\
           /   (@) (@)ヽ   お、女……?
          .| ⊂⊃(__人__)⊂|   なんで、女が……
          |      ` ⌒´  |
          ヽ         /
           /   ヽ     ノヽ

    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\
  /   (=) (=)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|    しかも、可愛いじゃないかっ!!
 |       V ´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ





4741 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:44:05.82 ID:BtPk4Eso
       /::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::ッV∧V∧V∧V∧V∧V∧V∧V、
     ,':::::::::::ィ、::::::::::::::::::::::::::::::::::≫ キャーッ           ≪
.    i:::::::::/__,、ゞハ;ノヽj;;::イ ┬'≫ おたわむれを!!!!  ≪
     !::::::,'  '''''''''     '''''''' ノ/ィ//〃//〃//〃//〃//〃//〃
    f⌒ij.. (●),   、(●) | )
    ゞ_ィ  `ー ,,ノ(、_, )ヽ、,,. ノ_'´      ,r'' ~''‐、
   _,.-::::人   `-=ニ=-.   ハ:: ``丶、 { . ..:. ::j ::::::::
 ∠'''- '´/`-、  `ニニ´. , ィ'   `ヽ'''  ::::::` 、_ ノ:::::::::::::::
:(⌒)::::: /      ` ー- ' ´        i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::i                 l:::::::::::::::::::::::::::::::::(⌒):
::::::::::::::l   i    , -―- 、 l   l:::::::::::::::::::::::○::::::  :
:::::::::::::l   l  /       ) l   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::l:,,,,,,,,..i/........./`''ー- '´.....l...........l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\
  /   (=) (=)ヽ   よいではないかよいではないか!!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|   シシシシシシッwwww
 |  ////  V /// |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ




4871 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:46:18.98 ID:BtPk4Eso

★☆やる夫スレ史上初! あえぎ声選択システムを採用!☆★

好きなあえぎ声を選んでね!!


1 日本人風
                 ギシギシアンアン
                       \
  ああーっ、だめ、だめ、らめええ
  らめええいっちゃうよおおおお! /



2 アメリカ人風
                 GISHIGISHIANAN
                       \
  Oh! Oh,My,God!! Come on!!!!
  WOOOOHHHHH!! YEAAAAH!!!!!! /



3 古風
 ぎしりぎしりあうんあうん
                       \
  お殿様、とろけまするっ!
  わらわはもうたまりませぬ! 
  ああーっ、まことに娑婆かえっ! /




5051 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:49:00.44 ID:BtPk4Eso
.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7

徳川秀忠の生涯、ただ一度の浮気であったと伝わる。

この時にできた子供が、幸松、
後に幕末において佐幕派としておおいに活躍する会津藩の、
初代藩主、保科正之である。




5191 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:51:36.85 ID:BtPk4Eso
                            ((_),_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,,_,
                           /   丶;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、
   ,i'二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,((_)    /      \;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、
  ,、_、_,、_,、_,、_,、_,、_,、/ ヽ  /         \;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、
  7|L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/|i'二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,'二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,
    |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/|\;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:|\;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:|   ̄" ̄" ̄' ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:| .;.;.
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:|:.:;:.  ;..;.;. | ̄ ̄ ̄ ̄|:    .:;:.    ;..;.;. | ̄ ̄ ̄ ̄|
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/|`、|,      .|____|:;..   ;.;..   :;:.   |____|
  / ̄`yー';:/ .~"''ヽ(:.:....'i,"'"'`yー'; ;:;i.;.;.

さて、それとほぼ同時期。
尾張では、やる夫の九男、義直のために、名古屋城が築城されていた。
それまで義直は、織田信長以来、尾張の中心であった清洲城を使っていたが、
もはや古く、時代遅れになっていた。また清洲城は守りにもあまり向いていない城であった。
やる夫は諸大名に築城を手伝わせ、名古屋城を築いていた。




5271 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:53:40.89 ID:BtPk4Eso

    / ̄ ̄ ̄ ̄\,
   /_____  ヽ.
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |゙
   |  ・|  ・|─ |___/   
   |` - c`─ ′  6 l      
.   ヽ (____  ,-′     
     ヽ ___ /ヽ          
     / |/\/ l ^ヽ       
     | |      |  |

                    ☆       ☆
        r-─‐‐┬--,∠___      __∧__
        |  rーく_   -‐ナ  __ > _. く
        |  / r‐ュ_r‐-、 > 'f' 。 rニ- 、`
        | .〈 └‐'`{__{コ''"二○( °) \
        |  ヽ、_    | {  ‐- / -二_ヽ  ヽ
        |   7 ̄ヽ } ト、二⊥__ニ_‐- !   l
        |   ヽ   ヽ. !     \  |  /
        |    〉--‐┤ニr‐、-、    /Y⌒ヽ
        |   く   く_ `ー'ヽ-ニヽ,-‐'"ヽ _ノ、__
        |    \   \   〉   / ̄ >'  >
        |      `ー-、  `ー:く    i´   く__/
        |          `ー‐'Tヽ  く`ー--、__
        |                | ヽ └   r'1
        |                |  └----‐'" |
        |                |        │
        |                |        │
      ,⊥_   __         |         |ユ_
   rっ `‐ニユr‐┘ \─r‐‐r-⊥.  -───‐┘`ー'
    ´  ゚ 。 └-、_,r‐く_rュ ̄ ゚   r‐┐fニ! tュ   ∠フ
       o゚。   `ー-‐' ロュ    ̄ 。   =

         くフ

その諸大名の中には、豊臣恩顧である福島正則と加藤清正の姿もあった。




5351 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:55:27.28 ID:BtPk4Eso

         ( ⌒ ヽ   
    , ─ 、   (    )     
  (_l_l_l_ j    ///         江戸城や駿府城ならともかく、
  ヽ ⊂ノ , ──- 、        なんで大御所様のお妾さんの子供の城まで、
    |   |/ ______ヽ  /^)、  作るのを手伝わなきゃいけないんだい!
    |   |  | ノ ⌒ヽ⌒ヽ| /⊃ヽ_) 
    |   |  |─|  >|< |/  _ノ    
    |__|⌒  `ー  o ー| /      
    |   |、  /⌒ー──つ/          
   |  |ヘ ヽ、(二)ノ</          
    |  \/\//          
    /       / 

      ,. -──- 、  いや、そのりくつはおかしい。
    /   /⌒ i'⌒iヽ、
   /   ,.-'ゝ__,.・・_ノ-、ヽ
   i ‐'''ナ''ー-- ● =''''''リ      _,....:-‐‐‐-.、
  l -‐i''''~ニ-‐,.... !....、ー`ナ      `r'=、-、、:::::::ヽr_
   !. t´ r''"´、_,::、::::} ノ`     ,.i'・ ,!_`,!::::::::::::ヽ  清正もそう思うだろ!?
   ゝゝ、,,ニ=====ニ/r'⌒;   rー`ー' ,! リ::::::::::::ノ
    i`''''y--- (,iテ‐,'i~´ゝ''´    ̄ ̄ヽ` :::::::::::ノ
    |  '、,............, i }'´       、ー_',,...`::::ィ'
 ●、_!,ヽ-r⌒i-、ノ-''‐、    ゝ`ーt---''ヽ'''''''|`ーt-'つ
    (  `ーイ  ゙i  丿   ;'-,' ,ノー''''{`'    !゙ヽノ ,ヽ,
    `ー--' --'` ̄       `ー't,´`ヽ;;;、,,,,,,___,) ヽ'-゙'"
                   (`ー':;;;;;;;;;;;;;;;ノ
                    ``''''''``'''''´




5411 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:56:52.55 ID:BtPk4Eso
                 _,,,,,--―――--,,,,_
.             ,r-‐'´r-―-、;;;;;;r-―-、;;;``ヘ
            ,〆;;;;;;;;;/``ゝ、  ∨ _,,-''´ヽ;;;;;;;;;;\
           /;;;;;;;;;;;;;;l    `''-l-''´     l;;;;;;;;;;;;;;ヽ    天下はもはや徳川のものだよ。
         /;;;;;;;;;;;;;;;_,,,l     ・ ∧ ・    |_;;;;;;;;;;;;ヽ   滅多なことを言っちゃいけないよ。
         /;;;;;;;;r-'´  ヽ、   ,ノ-ヽ、__,ノ   `ヽ;;;;;;;;∨
        ,';;;;;;;/       ` ̄´(;;;;o)        ヽ;;;;;;;l  名古屋城の築城の手伝いが
        l;;;;;/  ̄ ̄ ̄     /::::::::ヽ    ̄ ̄ ̄  l;;;;;;|  そんなにイヤなら、国へ帰って、
        |;;;;l ―――     (:::::::::::::::)   ―――  |;;;;|  謀反の支度をするんだね。
        l;;;;|    ,,,-    ` ̄ ̄´   ー--,,,,__  |;;;l
  ,r-―-、   i;;;l -‐'''´   ,r'´ ̄`ゝ―'''´ ̄ ̄`ヽ     l;;;l  それが無理なら
 /    ヽ  ',;;;l    /;;;;;;_,r-―――--、;;;;;;;;;;ヘ    i;;;l   命令どおりに急いで城を築くことだね。
 l     /`ゝ、;;l    {;;;;;r'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;|   /;;/ 
 ヽ  /:::::::::::::::ヾ   ヽ;;;l::::::::::,r-――-,,,_ l;;;;;;;;ノ  /;;/
   ゝ::::::::::::::::::::::::::ヾ:   `ー'''´       `ー''´  //
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ム-―――――――――――ァ-、

    ゝ ───- 、        
   / _____ヽ      
  / |  ノ ─ 、‐ 、 |     
  ! __|─|  //|ヾ  |      ううう……わかったよ~
  (    U ‐ o-U  l      
   |  /⌒ヽ__U___)/)  
   ヽ、ヽ ___ /ノ(⊃ ) 
  /^\/\ノ\/ ̄/




5491 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 16:59:00.42 ID:BtPk4Eso
      ,  ───  、      
   /   /⌒ヽ⌒ヽ\  
  /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ   (でも、大御所様は、
. /   /  `ー ●ー´  ヽ   秀頼様を本当にどうなさるおつもりなんだろう。
 l   /   二   |  二  |   ……秀頼様も、どうなさるおつもりなんだろう。
 |  l     ─   |  ─  l   いつまでも豊臣だけ、幕府から独立なんてこと、
  l  |        |   ) /   できるわけないもんな……)
  ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /      
   〉━━,-、━━━━く       
   / / ヽフ    \.   ヽ

        .,. ‐''¨¨^^ ̄  ̄^'.'ー 、       
     ._,-'.´`_‐'¨`¨'‐、 ,-'.¨´¨'-_ ::^'     
    ./::::::::::::.!     ! !     !::::::: ` 、   
   ^:::::::::::::::::.|    へi iへ   . .|:::::::::::.:::::^、  
  .,′ :::::,.-.''¨'、     i_._i_    ,:'¨''-::::::::::::::_'、 
 ..゙::::::.,/ __   `'''‐‐'''!::::::::!'''‐‐'''´  .__^、::::::::::.!  ここは、ぼくがなんとかしないと!
 !:::::,/    ^^''''‐‐   '--.'   ‐‐'''''^^  ゙、::::::::!
 !:::::,!  .```````¨    .|    ¨``````` !:::::::!
 !:::::!  ‐‐‐'''''''^^^    |   ^^^''''''‐‐‐  !:::::!
 !:::::!    \,.      |      _./   !::::.!
  'i::!    、 ‐^''- ,,._  |  _,,.-'''´     /:::::i
  ゙、:\  ノ    .゙、 `゙^''''''^´        ノ:::: ′ 
   ゙:、::' 、:\   ,./            ./:::ノ  
     >,:::::::゙¨'.゙「            ..'',::::. ′

清正は、なんとかして豊臣秀頼を助けようと、行動を開始した。




5551 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:00:30.78 ID:BtPk4Eso
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        _.r‐'^ ̄`¨''‐v    :::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;         /       .\    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        /          .〕    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        |           }     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        }          .,i′   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        .゙<        .丿   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        .^-,._    ._,./    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;       `^^^^″     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
rI,r!/|/|,ノ i rI,r!/|/|,ノi rI,r!/|/|,ノi rI,r!/|/|,ノi rI,r!/|/|,ノi rI,r!/|/|,ノi rI,r!/|/|,ノi rI,r!/|/|,ノ
/レレ」》゙iレ巛/レレ」》゙iレ巛/レレ」》゙iレ巛/レレ」》゙iレ巛/レレ」》゙iレ巛/レレ」》゙iレ巛/レレ」》゙iレ巛》゙iレ巛

1610年の、冬が近づいてきた。




5601 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:01:38.86 ID:BtPk4Eso
             ,. -─=─- 、.
        ,. ‐' ´   ,、   ,、   `丶、
       /  ト、  / \/ ',  /|   \
     /   | ``''       ''´ │    ヽ.
    / 、─‐┘             └─‐ァ ヽ
    l   ヽ.  表 示 価 格 よ り  , '    l.
    l   ,. -'     __     __       `丶、   l
   l   く   <ヽ |│ ノ> r‐' └‐lニ,ニニ!  /  .!
   |    ヽ  _ゝ>」 |_<∠, L =ニ! 」「 == |  <    |
   l  / └─┐i‐─┘<,、ゥ 〈 │==│   \  .!
   l. `丶、 l二二 二二! r'_rュ.、> ! ==│ ,. -''´ .l
    l.    /´  |│     | lニl | _ヶtァt'_ ´、   /
   ヽ  /__ └'    └' ̄ `ー'´`ー′',  /
     \   |   ,、         ,、  「 ̄ ̄ /
        \  レ '´ ヽ , へ   / \|  /
         ゙丶、   `'    ゙‐'   ,. ィ
         ` 'ー-=====-‐'' ´
                |
           / ̄ ̄ ̄ \ 
          /  ::\:::/:::: \
         /  <●>::::::<●>  \   
         |    (__人__)     |  
        \    ` ⌒´    /
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

徳川政権の中枢から離れていた本多忠勝は、
自らの領地の政治に励んでいた。
農地を開墾し、商業を活性化させることで領内を豊かにしていた。




5691 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:02:48.69 ID:BtPk4Eso

      !!              γ⌒    
ヾ、        〃       ゝ__
      在             z ┴| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    し 庫         /::ヾ::: | ワ ゴ ン.|
    そ が         / :<●>:::|       .|
    う フ         |  (__人|_____|
=  だ  ッ  =     ヽ=、,,`⌒/´_..、--―┴ヘ        !!
    よ ト            r'〃 ̄ ̄ ̄    __.-<\} ヾ、          〃
    お │           {:.|l  _....--―T ̄ .._   |         
     っ          ' ハ:.ゞ_、´ソ:!   |     `T "j    歩 こ 繋
     っ              r、:.:.:.:.:.:.:.:j   |/   ノ !  /   く ん が .
〃        ヾ、      {三:::::.:.:.:.イ    j     ! /=  な な  っ ..忠   =
     !!        、_.ノ´:.:.:::::::/    /     ! /      ん 街 た 政
              r':.:..:.:.:.:.:.;r' `ニ´ /     '/_    て 中 ま と
            /ゝ、_/!{   ∠     { \ `ヽ       ま
             ! : : : /  ヾ /  \ヽ二二ン ト、 / 〃         ヾ、
             ! : r'´   /      ヾ\  \ \      !!
            r┤  _イ    _.\    |. \   ヽ \
            ヘ_ゝ∠:_ノー<´:::::::::\  |:.  \   !   ヽ
                 l::::::::::::::::::::::::ノ`7|    \ !  ハ 
                 l::::::::::::::::::;:イ、_/:::|       〉|!    |
                    l:::::::::::::::f|≡!|::::::|    / !|    j
                      l::::::::::::ノj≡{|:::::::|   /   | |   /
                   l::::::::::{´  ソ::::::::|  {   l ! /

既に家督は前年の1609年に長男の忠政に譲っていた。
忠勝は隠居の身として、時には忠政に力を貸したり、助言したりはしていたが、
既に一線からは身を引いていた。




5791 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:04:38.20 ID:BtPk4Eso

           / ̄ ̄\
         /ノ( |\___|\
         | ⌒ |       |<おふざけでないよ!
         |  ぃ\____|
        /\ _ヾミlll日llノ \
   __    /  _      |   |
   ヽヽ   /  /  \    |   |           ,,,,,,,iiiiillllll!!!!!!!lllllliiiii,,,,,,,
    \\|  |____|   .|   |           .,llll゙゙゙゙゙        ゙゙゙゙゙lllll,
     \/  \       |   |           .|!!!!,,,,,,,,       ,,,,,,,,,!!!!|
     | ヽ_「\      |   |、         |  ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙ .| 
     |    \ \――、. |   | ヽ         .|     .゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙     |
     |   / \ "-、,  `|  |  ヽ       |               |
  _/   /    "-, "' (_  ヽ  ヽ      .|               |
/    __ノ      "'m__`\ヽ_,,,, ヽ       |               |
`ー― ̄          ヽ、__`/ー_,,,, ゙゙゙゙!!!!!!!lllllllliiii|               |
                    \゙゙゙゙゙゙゙!!!!!lllllllliiiii|               |
                      \   ヽ   |               |
                       ヽ   \  |               |
                        |     \.|               |
                        `ヽ、,,_ノ|               |
                              ゙゙!!!,,,,,,,,       ,,,,,,,,,!!!゙゙
                                   ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙
                                /.// ・l|∵ ヽ\ 

      / ̄\
      |     |
      \___/ 
      ノ ̄`ヽ、
    / ´`ヽ _ \
   ヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
   }  ...|  /!
   }`ー‐し'ゝL
   :ヘr--‐‐'´}    ;ー----
   ヾ--‐'ーr‐'"-´  
        人
      / (\     
     / ノ    \      
   /    :::<●>\   ゴ、ゴメンナサイ  
  /  <●>:::::: u   \         
  | /// (__人__) /// |            
  \    ` ⌒´    /   
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

時に政治を行い、時に家族とふれあい、忠勝は悠々自適の生活を行っていた。




5871 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:06:50.60 ID:BtPk4Eso
そんな折、忠勝は、自分の持ち物に小さな刀で名前を彫っていた。

            / ̄\
            |    |
            \_/
              |
           /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \   ふんふんふん……♪
        /  .<●>::::::<●>  \  …………。
        |    (__人__)     |
        \    ` ⌒´    /
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \




5991 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:08:16.84 ID:BtPk4Eso
            / ̄\
            |    |
            \_/
              |
           /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \   痛っ!!
        /  .<>>::::::<●>U \
        |    (__人__)     |
        \    ` ⌒´    /  サクッ!!
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \  V

そんな時、忠勝はうっかり手を滑らせ、指を切ってしまった。




6121 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:10:23.04 ID:BtPk4Eso

            / ̄\
            |    |
            \_/
              |
           /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \     ……オレが、
        /U .<●>::::::<●>  \    刃物でケガをするなんて……
        |    (__人__)     |
        \    ` ⌒´    /
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

               / ̄\
               |    |
               \_/
              __|___      ……オレも、
            / :::\::::::/\    もう長くもないかもな……
           / < ●>:::::<●>\
         /     (__人__) u .\
          |  u.    ` ⌒´    |
           \,,           /

本多忠勝は数多くの戦場に臨んだが、
戦傷を負ったことは一度も無かったという。

忠勝が刃物でケガをするのはこれが初めての体験だった。
忠勝は自分自身の限界を、ふと感じた。




6191 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:12:37.78 ID:BtPk4Eso
そして数日後。
1610年12月3日(旧暦10月18日)……。


         / ̄\
        |     |
         \_/
         _|__
       /::::::::::  u\       ……殿様…………
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\     
    /:::::::::: <○>::::::<○> \    今、何をしているんだ?
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |    殿様……
     \::::::::::   ` ⌒´  ,/

         / ̄\
        |     |
         \_/
         _|__
       /::::::::::  u\
      /:::::::::\ 三. /\      オレは……もう、だめらしい。
    /:::::::::: <○>::::::<○> \    だが、殿様……
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |    殿様が天下人になったのを見られて、
     \::::::::::   `⌒⌒´  ,/    オレは幸せだった……。




6261 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:14:12.18 ID:BtPk4Eso

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            / ̄\   
            |    |  
            \_/   
              |     
           /  ̄  ̄ \       
         / \ ::::::: / \      本多平八郎忠勝だ。あんたの家来だよ。
        /  .<●>::::::<●>  \     趣味はとんぼを切ること。よろしく。
       |    (__人__)     | 
       \    ` ⌒´    /
       /           \
.        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       (,,)    とんぼ   (,,)
       |    きりたい   .|
       |________|


     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \    相変わらずうちの家臣は登場が唐突だお……
|       (__人__)    |    まぁ、家臣は多いほうがいいお。
/     ∩ノ ⊃  /     よろしくだお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「……あれから何年だ?
ああ、もう、数えるのも面倒だ……ははっ……
お互い、遠ーくに来ちまったなあ、殿様よ……」




6451 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:16:36.74 ID:BtPk4Eso
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
       ,ィ                      __
      ,. / |´ ̄`ヽー- 、 ト、        , -‐、/./.- 、
    / | |    ヽ   l l        ( 家◇徳 ノ
  /o ̄`ハ._.ゝ===┴=く.ノ- 、      ノ ◇ ◇ (     信雄殿を助け、
  /o O / l´ ⌒    ⌒  lo ',ヽ      ( 康◇ 川 }     秀吉をやっつけるお!
  \___/. ト、( ●)  (●) ハ  ∧      `⌒/7へ‐´  
 / ,イ   レ::::⌒(__人__)⌒l~T--‐彡    /./        
/ ̄ ̄l.  彡、  |r┬-| ノ'l  l::::::::::彡ー7⌒つ、     
彡:::::::::::l  ト、__ `ー' /|  l::::::::::::ミ  {,_.イニノ   
彡ソ/ノハ   ト、 \  / ,イ  川ハ ヾー‐'^┴

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「殿様が後ろにいてくれる……
殿様が采配を振るっている……」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \       おう、いかにも!
      /   ::\:::/::::\      徳川家臣、本多平八郎忠勝見参!!
    /   <●>::::::<●> \    我が槍「蜻蛉切」の錆になりたい奴から
    |     (__人__)    |    かかってこい!!
    \     ` ⌒´   / 
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ       
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「だからこそ、オレは戦えた……
だからこそ、オレは頑張ることができたんだ……」




6551 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:18:58.42 ID:BtPk4Eso

         / ̄\
        |     |
         \_/
         _|__
       /::::::::::  u\      殿様……
      /:::::::::\ 三. /\     殿様の采配は……
    /:::::::::: <○>::::::<○> \  徳川の旗……は……
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  | 
     \::::::::::   `⌒⌒´  ,/


         / ̄\
        |     |
         \_/
         _|__
       /::::::::::  u\      徳川の、徳川の旗はなあ、殿様……
      /:::::::::\ 三. /\     オレの、勇気の証だったんだ……。
    /:::::::::o゚<○>::::::<○>゚\
    |:::::::::o゚:::::o (__人__)⌒  |゚o  …………。
     \::::::::::   `⌒⌒´  ,/   


1610年12月3日(旧暦10月18日)、
本多忠勝、伊勢桑名にて死亡。享年63。




6701 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:21:27.10 ID:BtPk4Eso

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\  
     /    。<一>:::::<ー>。    忠勝……
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j      
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜    忠勝まで……死んでしまったお……
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。  
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     数正、忠勝、元忠……
  / o゚((●)) ((●))゚o \    忠次、康政、直政、半蔵……
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /    みんな、みんな、いなくなってしまうお……

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     みんな、みんないなくなって……
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /




6801 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:23:31.62 ID:BtPk4Eso
                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、

さて、大坂城。
この時、加藤清正は、他の豊臣系大名とも連携しつつ、
豊臣秀頼をなんとか、やる夫と会わせようとしていた。




6861 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:25:39.75 ID:BtPk4Eso

                 _,,,,,--―――--,,,,_
.             ,r-‐'´r-―-、;;;;;;r-―-、;;;``ヘ
            ,〆;;;;;;;;;/``ゝ、  ∨ _,,-''´ヽ;;;;;;;;;;\
           /;;;;;;;;;;;;;;l    `''-l-''´     l;;;;;;;;;;;;;;ヽ     来年(1611年)の春に、
         /;;;;;;;;;;;;;;;_,,,l     ・ ∧ ・    |_;;;;;;;;;;;;ヽ    大御所様の九男、徳川義直様と、
         /;;;;;;;;r-'´  ヽ、   ,ノ-ヽ、__,ノ   `ヽ;;;;;;;;∨   結城秀康様のお子、忠直様の
        ,';;;;;;;/       ` ̄´(;;;;o)        ヽ;;;;;;;l   官位叙任へのお礼のため、
        l;;;;;/  ̄ ̄ ̄     /::::::::ヽ    ̄ ̄ ̄  l;;;;;;|   大御所様は京都へ上洛される予定です。
        |;;;;l ―――     (:::::::::::::::)   ―――  |;;;;|
        l;;;;|    ,,,-    ` ̄ ̄´   ー--,,,,__  |;;;l   これを見逃す手はありません。
  ,r-―-、   i;;;l -‐'''´   ,r'´ ̄`ゝ―'''´ ̄ ̄`ヽ     l;;;l   これが恐らく最後の機会になるかと……
 /    ヽ  ',;;;l    /;;;;;;_,r-―――--、;;;;;;;;;;ヘ    i;;;l   秀頼様ご上洛の上、大御所様と、
 l     /`ゝ、;;l    {;;;;;r'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;|   /;;/   会見なされませ!
 ヽ  /:::::::::::::::ヾ   ヽ;;;l::::::::::,r-――-,,,_ l;;;;;;;;ノ  /;;/
   ゝ::::::::::::::::::::::::::ヾ:   `ー'''´       `ー''´  //
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ム-―――――――――――ァ-、
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l::::\    ,-‐'´`ヽ、    ,〆:::l:::::ヽ


               __  _ ,,,,, _ __ _
             ,ィ'、r、r\  ,.ヶr''7ヽ
             ゝ,-ヽゝヽヽ'7_ノ-'ー<{
             !, -/´   ̄   ヽ ヽl   し、しかし、豊臣は徳川の主筋……
               レ l ___,,.   、 、,,__ l、 !   それが、こちらからやる夫殿に会いに出向くなど。
            l ,、'l ィt;;iヽ  ィt:;jヽl/i:|   
            l l ヾ ゚   .:    ゚ f ノ:|   それに、秀頼が殺されるかもしれません。
              ! `ヽ   `´    /  l
              ! l l ヽ、´ ̄` /   !
            l l !  ト、` ''_´ l    l
            _l -‐!  .!`r', ‐,く-、  .|
            /   l  l'ノr/, -,i jl、ー'-、
          rT '' ‐ 、 ヽ ヾ'' ‐くij-、 )   ヽ,
         i l    \ l  lヽ  i`! i  、 !  !




6961 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:28:11.45 ID:
BtPk4Eso
                 _,,,,,--―――--,,,,_
.             ,r-‐'´r-―-、;;;;;;r-―-、;;;``ヘ
            ,〆;;;;;;;;;/``ゝ、  ∨ _,,-''´ヽ;;;;;;;;;;\
           /;;;;;;;;;;;;;;l    `''-l-''´     l;;;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;;;;;;;;_,,,l     ・ ∧ ・    |_;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;r-'´  ヽ、   ,ノ-ヽ、__,ノ   `ヽ;;;;;;;;∨  この清正が命に代えても、
        ,';;;;;;;/       ` ̄´(;;;;o)        ヽ;;;;;;;l   秀頼様をお守り致します!
        l;;;;;/  ̄ ̄ ̄     /::::::::ヽ    ̄ ̄ ̄  l;;;;;;|
        |;;;;l ―――     (:::::::::::::::)   ―――  |;;;;|
        l;;;;|    ,,,-    ` ̄ ̄´   ー--,,,,__  |;;;l
  ,r-―-、   i;;;l -‐'''´   ,r'´ ̄`ゝ―'''´ ̄ ̄`ヽ     l;;;l
 /    ヽ  ',;;;l    /;;;;;;_,r-―――--、;;;;;;;;;;ヘ    i;;;l
 l     /`ゝ、;;l    {;;;;;r'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;|   /;;/
 ヽ  /:::::::::::::::ヾ   ヽ;;;l::::::::::,r-――-,,,_ l;;;;;;;;ノ  /;;/
   ゝ::::::::::::::::::::::::::ヾ:   `ー'''´       `ー''´  //
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ム-―――――――――――ァ-、
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l::::\    ,-‐'´`ヽ、    ,〆:::l:::::ヽ


                   __
                riヾ`ヾ´ヽ: :/ 7'く")ヽ
              ! l、iヾニヽ:.. :.r 7i´ ) ノ:l
              ,!:.:ーヽl_:Yヽ/ フ,_レ'"`:::l
              !: .: /´    ̄  `'i: :.::l
               !.:、 l ...,,,__    _,,..... l ,ィ:!   …………。
              l:l ! ィ;;;ヽ   ィ;;;lヽl' l:l
              l::ヽl `` ´ ,  `´´.レ :|
               !::: ヽ   ー   /:: :!
             l:: ! ::::ヽ、  ̄ ,.ィ:::: ::: l
             l:: l :lィ1 !` "´ /jヽ、:: :!
             ,.ゝ : ::l、!.ヽヽ  // リ `''ー 、

淀殿は、なおもしぶった。

……しかし、当の豊臣秀頼自身の決断により、
秀頼上洛、そしてやる夫との会見は決まった。
名目は「臣従」ではなくあくまで「正室、千姫の祖父への挨拶」ということであった。




7041 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:30:12.57 ID:
BtPk4Eso
         ____
       /      \
      /  ─    ─\    秀頼が?
    /    (●)  (●) \   ……そうかお。
    |       (__人__)    |   会うのかお、秀頼と……。
     \      ` ⌒´   /

秀頼も既に18歳になっているはずだった。
もはや子供ではない。一人の人格をもっているはずである。




7071 ◆QznAE2I9mA[saga]:2008/09/23(火) 17:31:16.24 ID:
BtPk4Eso
          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \   ……会おうだお。
    |      |r┬-|    |   豊臣秀頼と。
     \     `ー'´   /   どんな若者になっているか、
    ノ            \  ……楽しみだお。
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


やる夫と、豊臣秀頼。
二人の再会は、どの様な結果をもたらすのであろうか。
今はまだ誰も、その結果を知る由も無い。


第29話「琉球の風」終わり
第30話「二条城会見」へと続く





2008.10.05 | やる夫家康 |  コメント[0] | PageTop | 
タグエントリー記事
Loading


人気の記事
前後の記事
前の記事  やる夫が駅伝の星を目指したようです 【第4話】
後の記事  やる夫がドラゴンクエスト3で遊び人になるようです 【07】
コメントを書く | PageTop | 

■ コメントありがとうございます、励みになります。
■ スパム対策の為、httpをNGワードに設定してあります。URL記入の際はhttpのhを抜いてご記入下さい。
■ 記事に関して何か質問、要望等ございましたらこちらにコメントして頂けると早めに対応できます。
■ 次のような内容のコメントは削除対象です【宣伝、支援創作物への罵倒、記事と関係の無い話、悪意のある内容、罵倒、煽り】
■ レス指定する場合は、名前の右にある総コメント№で指定されますと、コメント削除した場合でもズレることはありません。

大感謝!!

アクセスランキング

カテゴリー

はてなランキング

* Designed by あんそく管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。