スポンサーサイト
タグ: このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |  PageTop | 
やる夫で読む旧約聖書「ヨブ記」
コメント[69] タグ: やる夫 旧約聖書 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリをlivedoorクリップに登録 del.icio.usに登録する Yahoo!ブックマークに登録 PageTop
19タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:16:28 ID:3sYmam+m



         ____
       /      \     それでは今日は今からやる夫で読む「ヨブ記」を投降していきたいと思うお
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    | ________
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |  ヨブと神とのやりとりがいまいち納得できないって人が多いみたいだから、若干
    ノ           \  | |          |
  /´                 | |          |  >>1の独自解釈も混ざるけどできるだけ分かりやすく書いたつもりだお
 |    l                 | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|      
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |





           【~やる夫で読む旧約聖書短編「ヨブ記」~】








20タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:18:11 ID:
3sYmam+m
ウツの地にヨブという正しい男が住んでいた。

       ____
     /⌒  ⌒\        悪い事はいけないお
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     神様に感謝して生きるお 
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

     やる夫・ヨブ









21タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:20:34 ID:
3sYmam+m

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | //// (__人__)  嬉しい事を言ってくれるじゃないか
  |     ` ⌒ノ  ヨブは本当に無垢な男だろ
.  ヽ       }   ここはヨブを祝福して恵んでやるべきだろ、ヤハウェ的に考えて
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \  旦~    .\
    |    |ヽ、二⌒)、          \

     ヤハウェ(主)






22タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:23:54 ID:
3sYmam+m
        ___
      /      \      なんだか知らないけどいつの間にかすっかり大金持ちだお
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \    羊やロバも何千頭もいるお
  |  /// (__人__) ///  |
  \              /    それに・・・







23タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:24:35 ID:
3sYmam+m

          / ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: .:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. :.:.:.:.:ヽ
       / .: ..   .. .. .: .:.:.:.:::.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:ヽ.. :.:..:.:.',          お父さん誕生日おめでとう♪
        /.:..:..:.:.:.:.:.:.:.::.:..::!.:l、 :. ...:.:,...:::...::....:.::..:.:.::..::.:.:、:.:.:.:i
      i..:/!:..:.:.:.:.:.:..::,!:.::!l::| ',.::.:.::::|!.::i:、::::.:.:.::::.:.:::.:.、:.:i:.::.:.|
      l:/ !:..:.:,:.::.::..::|',.::!'!:「`l.:.::.::::!';.:l、:ヽ::.:.:i::::.:.:::::i::.i:.::.:.|         これ私からのプレゼントだよー
      l! !:..:.::!.::.::.::l ';j ';;| ヽ.:.::::lヽ:ゝ、:ヽ::.l、:::.::::::i::'::::.:.|
      ′';.j.:.:l .::.::::| ,ゝ__」_ \:.::l ヾ__ゝ、:|ヽ::':::::!:::::::.:|
        リ,::.!. :.::.::l. "´ ̄ ゙`  \:! '"´ ̄`゙ )::l:.:!:::::::.:|
        ヽ:i:、:.::.:::! .:.:.:.:.:.:.:..  , 丶  .:.:.:.:.:.:. /::::::!:::::::::::.:|
         |:ヽ::i:.::::::',     ー--‐    /::::::::l:::::::::::: :!
         !.:.:.::| .:.:::::丶、        ,. :':,:.:::::::!.::::::::::::.|
           l .:.::.:! :.::.:::::::::::`r- .._.,. イ´:::.:.l:..:..:::! ::::::::::::::|
.         l..:.:.::」 :..::.:.l-‐'´l -、__,,. ‐-' 、.:.:.:!.:.:::::!:_:::::::::::::.:!
         j/`ヾ.:.:.::.::|/´/ _ヽ/\ヽ:.:.:::::!/`ヽ::::::.|
       , '-‐- 、 !::.:_,/‐/´ ̄`×´  ̄`ハ!、_:::|,.. -‐、 ';:::.:!
       /     ヾ:.:j/二)-、´  \r‐(二ヽ〈::j    }. l:::.:!






24タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:25:20 ID:
3sYmam+m

      ____
     /_ノ ' ヽ_\         ありがとなんだお!
   /(≡)   (≡)\
  / /// (__人__) ///\       おまえは優しい娘だお!!それに美人だお!!
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /      こんな娘を持ってやる夫は幸せだお!






25タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:25:55 ID:
3sYmam+m

       ____
     /⌒  ⌒\          七人居る息子や三人いる娘もみんな美男美女で頭もいいお!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      自慢の子供達だお!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /     やる夫は東一番の富豪で本当に幸せものだお!!!
       ̄ ̄ ̄






27タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:26:57 ID:
3sYmam+m
     ____
   /      \ ( ;;;;(     でも待つお・・・
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/      やる夫は神に感謝してるけど子供達の中には
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/       心の中で神様を呪ってるのが居るかもしれないお
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___







28タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:27:42 ID:
3sYmam+m


               ∩_      もしそうならいけない事だお!
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |     子供達に罪が及ばないようにやる夫は毎日祈るお!
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /    ついでに息子や娘達と同じ数の生け贄も捧げるお!
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /







29タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:28:29 ID:
3sYmam+m
   / ̄ ̄\            おまえって奴は・・・
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)       本当に正直で無垢な奴だろ
. | //// (__人__)  
  |     ` ⌒ノ        こうなったらもっと恵んでやるべきだろ
.  ヽ       }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \  旦~    .\
    |    |ヽ、二⌒)、          \

ヨブまますます祝福されていった。







30タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:29:18 ID:
3sYmam+m
ある時、神の前に主の御使い達が呼び集められていた。


      /   ...::::::::::::::::::::..........       \
     /  .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....       \
.    /  .::::::,  -――――─ - 、:::.......     ヽ
    |  .:::/.:.:.:.{:.:.∧:.:. lヽ.:.:.:.:.:.:ヽ:.\::::::::::::......., ゝ-、
    |  .:/.:.:.:.:.:j_ム/ ヽ斗弋∧.:.:.:.l:.:.:.:.\::::::::::::{    }
    l :イ{.:.ヽ:.:イ∨_   ヽィ''ア卞ヽハ|.:.:.:.:.:.:l::::::::::::>rtく
     | ::ヽ:.小:.:lイアト   {::::::::}  |.:l、.:.:.:.:.:.l::::::/  |∥
    ,.ゝ、:::∨|.:.1 {::::}     ゞ _ソ  |.:| }.:.:.:.:.:|'´    └'
   {   >、_|.l.:}. ゞ´        |.:|/ :.:.:.: |
    `‐tr'   |:lム    ,、    ィ':/.:.:.:.:.:.: l       対した用事も無いのに呼び出しですか
     ||   |:l:.{>   _´_,. イ‐j/ー 、_ハ/リ
      ″  ヽヘ:レ-‐ク-――-く , - 、
       /゙ヽ_ヽ /′人   _∨ヽ ヽ       ま、暇だから別にいいんですけどね
       (__ノヽ }}ヘーイ}|l{ ̄ 〃∧ /`ー′
          Ⅳ ∨ノ丱、 {{,イ }}ヘ
          | `ー/`='^^=彳jト'j|:: l
          |:::::::|  __,.ィ≦< ∨|::::|
          l:::::: {≦/|:::: ト、ヽ_j|::::|
          \:::ヽ|   |::::::|   l´\|

                主の御使い






31タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:30:11 ID:
3sYmam+m

                _  -──-  .
              ' ´           `   、
           /             ヽ       \
            , ′           |         ヽ
        / ,             |\        ヘ        おや?君も呼ばれていたのかい?
          / /      |        |  \.      i  ∧
.       ,′′        |     | |   \.__ |、 |  ∧
       ′i.          |     | ,ム.‐ ¨ ̄ヽ | i !   i
      i |       !     |/      N レ     l
      |  |    !,. ィ弋¨   l/′   ,x==k, Yヽ  |
      |  ∨   |, ヘ 、ヘ  \ /    fヘn__,ハ|’ | }   |
      !  ∨  'ヘ.、ヘ.>=k`        ゞ- ' |   ∨  ∧
       '.  ヽ \ ヾi代、_,小.          |   |  ∧
         ∨  \___、__>ゝー'´   、     j  | l ト、ヘ
        ∨    ヽ. \      __.  '   / / / ∧|  `
.         i       ー\          /! ,ムイ./
.         |   |  \    ` 、ー-  .. _/  |/  ´
           l   ト、\__、ト---`ー─|       ヽ
.         | ∧トゝ  ̄         /      `  ._  _
        j/             /             `7 ンー- 、
                  ,ィ /             j , ′   ヘ
                ,. く.{               {/      ∧
                 /´   ',}         __.  -一1        ∧
             /    厶 -一   ' ´       |        ハ
               {     /        __.  -一 ´ :       |
               |     ,'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                 |

                     サたん(悪魔)






32タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:31:14 ID:
3sYmam+m

   /   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
 /   : : : : : : : : : : : : : : ,  -‐──  ─- 、 : : : : : : : : : : : : : \
/   : : : : : : : : : : : : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶 : : : : : : : : : : : : \
   : : : : : : : : : : : : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶 : : : : : : : : : : : \
  : : : : : : : : : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ: : : : : /´ ̄ `ヽ
 : : : : : : : : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨: :/ :::::::::::::::::::ハ
'⌒ヽ : : : : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:{.:.:.:.:.:/ヽ:.:.}\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: :.{ :::::::::::::::::::::: }
:::::::::ハ : : /| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/∨ヽ:八.:.:./ u }// \ :.:.:.:.:.:.:. ∧|: 人 ::::::::::::::::: ノ
:::::::::: }: : : : :| :.:.:.:.:.:.:.:|:.:./| i |十ー-∨  / _.xイ.:.:.:.:.{ヽ:{: /  ` rrr┬
::::::: ノ : : : : | :.:.:∧ .:.V干F=t-r      =千て「 !.:.:.:.:.:l : メ    |∥!|
ー<    : : |  :.:r‐ヘ.: ヘ {i:::::::`7      {i:::::/  {.:.:.:.:.:.∨      |∥!|
   \  :.:|  :.:{  ハ:.: ヽゝ-‐‐'       ̄´  }.:.:.:.:.:.:.`、      ̄`
    ` ̄`}  :\_∧:.:.: u              , '!.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ         む?サたんじゃないですか…
       ,′  .:.:.:.:.:.ヘ:.: ト、     __     イ .:.:|.:.:.:.:.:. ハ:.:.}
.      / ∧ :.:./ヽ:.∧:.K. >  ._´__, <;ヘ:l.:.:.:j.:.:/|.:/ ∨         嫌われ者の君が何しに来たのですか
      {/  ヽ/  "´ j:.「 \ ____ く  \/!:/ '
             /V    ̄ ̄: : : : : :\  ´                   
            /   : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ






33名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 17:31:24 ID:
tKb0WhKK
「たん」はひらがなwww






34タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:32:35 ID:
3sYmam+m
            _ -  ̄` ー
          /         \
         , '       ,、 、   ヽ         ・・・・別に
        / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
        ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
          i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !         所用だよ、あとただ適当にその辺りを彷徨いてるだけだよ
       ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
       ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
         { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'        それにしても相変わらず君も口が悪いね
       トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
                  r z'   ,k-、
             _ ┬ ヘ   只  /`7-、
        / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
          ! 、 ヽ 丶         / /  X!
       | !   ヽ ヽ    , ' , '   ' |
        |   !    \\ _//   , |
         |  l     \ /     ,'   |
        !  ヘ     Y     /   |
          |   }       \      !    !
          !   l     ヽ\   |   l
       |   i            |   |
         j   l              |   |






35タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:33:27 ID:
3sYmam+m



   /   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
 /   : : : : : : : : : : : : : : ,  -‐──  ─- 、 : : : : : : : : : : : : : \
/   : : : : : : : : : : : : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶 : : : : : : : : : : : : \
   : : : : : : : : : : : : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶 : : : : : : : : : : : \
  : : : : : : : : : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ: : : : : /´ ̄ `ヽ
 : : : : : : : : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨: :/ :::::::::::::::::::ハ
'⌒ヽ : : : : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:{.:.:.:.:.:/ヽ:.:.}\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: :.{ :::::::::::::::::::::: }
:::::::::ハ : : /| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/∨ヽ:八.:.:./ u }// \ :.:.:.:.:.:.:. ∧|: 人 ::::::::::::::::: ノ
:::::::::: }: : : : :| :.:.:.:.:.:.:.:|:.:./| i |十ー-∨  / _.xイ.:.:.:.:.{ヽ:{: /  ` rrr┬
::::::: ノ : : : : | :.:.:∧ .:.V干F=t-r      =千て「 !.:.:.:.:.:l : メ    |∥!|
ー<    : : |  :.:r‐ヘ.: ヘ {i:::::::`7      {i:::::/  {.:.:.:.:.:.∨      |∥!|
   \  :.:|  :.:{  ハ:.: ヽゝ-‐‐'       ̄´  }.:.:.:.:.:.:.`、      ̄`
    ` ̄`}  :\_∧:.:.: u              , '!.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ      余計なお世話です…
       ,′  .:.:.:.:.:.ヘ:.: ト、     __     イ .:.:|.:.:.:.:.:. ハ:.:.}
.      / ∧ :.:./ヽ:.∧:.K. >  ._´__, <;ヘ:l.:.:.:j.:.:/|.:/ ∨       それよりもこんな所に居るところを主に見つかったら大変ですよ
      {/  ヽ/  "´ j:.「 \ ____ く  \/!:/ '
             /V    ̄ ̄: : : : : :\  ´                君は嫌われてるんですから
            /   : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ







36タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:34:28 ID:
3sYmam+m

                _  -──-  .
              ' ´           `   、
           /             ヽ       \
            , ′           |         ヽ        ところがどっこい
        / ,             |\        ヘ
          / /      |        |  \.      i  ∧
.       ,′′        |     | |   \.__ |、 |  ∧     その主様に呼ばれてるんでね。わざわざやってきたんだよ
       ′i.          |     | ,ム.‐ ¨ ̄ヽ | i !   i
      i |       !     |/      N レ     l
      |  |    !,. ィ弋¨   l/′   ,x==k, Yヽ  |
      |  ∨   |, ヘ 、ヘ  \ /    fヘn__,ハ|’ | }   |     お生憎様だねー
      !  ∨  'ヘ.、ヘ.>=k`        ゞ- ' |   ∨  ∧
       '.  ヽ \ ヾi代、_,小.          |   |  ∧
         ∨  \___、__>ゝー'´   、     j  | l ト、ヘ
        ∨    ヽ. \      __.  '   / / / ∧|  `
.         i       ー\          /! ,ムイ./
.         |   |  \    ` 、ー-  .. _/  |/  ´
           l   ト、\__、ト---`ー─|       ヽ
.         | ∧トゝ  ̄         /      `  ._  _
        j/             /             `7 ンー- 、
                  ,ィ /             j , ′   ヘ
                ,. く.{               {/      ∧
                 /´   ',}         __.  -一1        ∧
             /    厶 -一   ' ´       |        ハ
               {     /        __.  -一 ´ :       |
               |     ,'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                 |







37タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:35:09 ID:
3sYmam+m

                            ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
                          ,i':r"    + `ミ;;,
       __,、           ≡      彡        ミ;;;i
    〃ニ;;::`lヽ,,_           ≡   彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!
    〈 (lll!! テ-;;;;゙fn    __,,--、_  ..   ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ, ≡      おい、サたん!
   /ヽ-〃;;;;;;;llllll7,,__/"  \三=ー"."ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'  ≡
   >、/:::/<;;;lllメ   \ヾ、  ヽTf=ヽ  `,|  / "ii" ヽ  |ノ
  j,, ヾて)r=- | ヾ:   :ヽ;;:     | l |  l  ''t ←―→ )/イ^    ≡    ヤハウェ様がお呼びだぞ!
 ,イ ヽ二)l(_,>" l|    ::\;::    | |  |  ヽ,,-‐、i'  / V
 i、ヽ--イll"/ ,, ,//,,    :;;   l //  l く> /::l"'i::lll1-=:::: ̄\
 ヾ==:"::^::;;:::/;;;;;;;;;:::::::::::::: :::::ゞ ノ/   L/〈:::t_イ::/ll|─-== ヾ    
  \__::::::::/::::::::::::_;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ   ヘ   >(゙ )l:::l-┴ヾ、ヽ  )
      ̄~~ ̄ ̄/ :::|T==--:::::  //  / ト=-|:|-─ ( l   /
         / ::  ::l l::::::::::::::::::/ /:::::::::::/:::::(ヽ--─  / |  /
         ヽ_=--"⌒ ゙゙̄ヾ:/ /:::::::/:::::::::`<==-- ノ / /

                      神の御使い2↑






38タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:36:09 ID:
3sYmam+m


           ,ィヾヾヾヾシiミ、
          rミ゙``       ミミ、     貴女に会いたいだなんていったいどういう気まぐれなんだか…
          {i       ミミミl
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!    客観的に見てもありえない話しなんですがね……ところでサたん君、後であっちの茶店でお茶でも……
          {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}  
             l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン   フフン
           |/ _;__,、ヽ..::/l
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_
         _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、
      r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ
      /     /   | /;;;ヽ、 l ヽ /     ノ /}






39名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 17:36:32 ID:
O/4/nZnx
>38
自重しろwww






40タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:36:58 ID:
3sYmam+m
   /   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
 /   : : : : : : : : : : : : : : ,  -‐──  ─- 、 : : : : : : : : : : : : : \
/   : : : : : : : : : : : : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶 : : : : : : : : : : : : \
   : : : : : : : : : : : : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶 : : : : : : : : : : : \
  : : : : : : : : : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ: : : : : /´ ̄ `ヽ
 : : : : : : : : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨: :/ :::::::::::::::::::ハ
'⌒ヽ : : : : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:{.:.:.:.:.:/ヽ:.:.}\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: :.{ :::::::::::::::::::::: }
:::::::::ハ : : /| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/∨ヽ:八.:.:./ u }// \ :.:.:.:.:.:.:. ∧|: 人 ::::::::::::::::: ノ
:::::::::: }: : : : :| :.:.:.:.:.:.:.:|:.:./| i |十ー-∨  / _.xイ.:.:.:.:.{ヽ:{: /  ` rrr┬
::::::: ノ : : : : | :.:.:∧ .:.V干F=t-r      =千て「 !.:.:.:.:.:l : メ    |∥!|
ー<    : : |  :.:r‐ヘ.: ヘ {i:::::::`7      {i:::::/  {.:.:.:.:.:.∨      |∥!|
   \  :.:|  :.:{  ハ:.: ヽゝ-‐‐'       ̄´  }.:.:.:.:.:.:.`、      ̄`
    ` ̄`}  :\_∧:.:.: u              , '!.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ       …ジロリ
       ,′  .:.:.:.:.:.ヘ:.: ト、     __     イ .:.:|.:.:.:.:.:. ハ:.:.}
.      / ∧ :.:./ヽ:.∧:.K. >  ._´__, <;ヘ:l.:.:.:j.:.:/|.:/ ∨
      {/  ヽ/  "´ j:.「 \ ____ く  \/!:/ '
             /V    ̄ ̄: : : : : :\  ´
            /   : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ






41タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:38:09 ID:
3sYmam+m

           ,ィヾヾヾヾシiミ、
          rミ゙``       ミミ、
          {i       ミミミl
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!
          {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}
             l//,,,_,゙//// :::ン   
           |/ _;__,、ヽ..::/l      あ、なんなら君でもいいんですよ?
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_
         _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、
      r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ
      /     /   | /;;;ヽ、 l ヽ /     ノ /}







42タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:39:33 ID:
3sYmam+m
<ドギャァァーン!バキバキ!
<ちょww辞めなさいwwwじょうだんに決まってるでしょうwwwジョークなんです!本気とは違うんです!


            _ -  ̄` ー
          /         \        …さて、僕はどんな用事で呼ばれたんだろうね 
         , '       ,、 、   ヽ
        / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
        ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',      ヤハウェ様?
          i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
       ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
       ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
         { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
       トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
                  r z'   ,k-、
             _ ┬ ヘ   只  /`7-、
        / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
          ! 、 ヽ 丶         / /  X!
       | !   ヽ ヽ    , ' , '   ' |
        |   !    \\ _//   , |
         |  l     \ /     ,'   |
        !  ヘ     Y     /   |






46タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:43:16 ID:
3sYmam+m

      / ̄ ̄\
    / ._ノ  ヽ、\         おー、来たなサたん
    |  (●)(●) |
    |  (__人__)  |       相変わらず人間をたぶらかして悪の道に染めてるんだろ
    .|   ` ⌒´  }   
     |         }       最後の審判が来た時、一緒に滅びてもらうための道連れ集めご苦労なこった
     ヽ      /
    __ ヽ    ノ__
  /         .ヽ
 (_ )         ||









48タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:44:11 ID:
3sYmam+m

                _  -──-  .
              ' ´           `   、
           /             ヽ       \        仕方ないよ
            , ′           |         ヽ
        / ,             |\        ヘ      神と対なす存在が僕みたいな悪の存在なんだからね
          / /      |        |  \.      i  ∧
.       ,′′        |     | |   \.__ |、 |  ∧
       ′i.          |     | ,ム.‐ ¨ ̄ヽ | i !   i   それに一人で滅ぼされるのはなんだか面白くないし
      i |       !     |/      N レ     l
      |  |    !,. ィ弋¨   l/′   ,x==k, Yヽ  |
      |  ∨   |, ヘ 、ヘ  \ /    fヘn__,ハ|’ | }   |    一人でも多くの人間を道連れにしてあげるよ。ふふふ
      !  ∨  'ヘ.、ヘ.>=k`        ゞ- ' |   ∨  ∧
       '.  ヽ \ ヾi代、_,小.          |   |  ∧
         ∨  \___、__>ゝー'´   、     j  | l ト、ヘ
        ∨    ヽ. \      __.  '   / / / ∧|  `
.         i       ー\          /! ,ムイ./
.         |   |  \    ` 、ー-  .. _/  |/  ´
           l   ト、\__、ト---`ー─|       ヽ
.         | ∧トゝ  ̄         /      `  ._  _
        j/             /             `7 ンー- 、
                  ,ィ /             j , ′   ヘ
                ,. く.{               {/      ∧
                 /´   ',}         __.  -一1        ∧
             /    厶 -一   ' ´       |        ハ
               {     /        __.  -一 ´ :       |






49タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:45:04 ID:
3sYmam+m

     / ̄ ̄\          …そろそろその歪んだものの考え方はやめるべきだろ
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー
   |      (__人__)      今日はそんなおまえに見せてやりたいものがあって呼んだんだ
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃      
  /     ./ _ノ       おい、ちょっとこっちに来て覗いてみろ
  (.  \ / ./_ノ │      
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /  






50タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:46:05 ID:
3sYmam+m


            _ -  ̄` ー
          /         \
         , '       ,、 、   ヽ      へぇ?なんだい、こいつは?
        / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
        ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
          i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
       ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
       ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
         { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
       トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
                  r z'   ,k-、
             _ ┬ ヘ   只  /`7-、
        / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
          ! 、 ヽ 丶         / /  X!
       | !   ヽ ヽ    , ' , '   ' |
        |   !    \\ _//   , |
         |  l     \ /     ,'   |
        !  ヘ     Y     /   |
          |   }       \      !    !
          !   l     ヽ\   |   l
       |   i            |   |







51タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:46:55 ID:
3sYmam+m
地上
     ヤハウェ様々♪               γ⌒) ))  感謝だお!
        ___(⌒ヽ             / ⊃__
       /⌒  ⌒⊂_ ヽヾ          〃/ / ⌒  ⌒\
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ       γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、三  三 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
  \ \    )┬-|   / /> ) )) ( (  <|  |   |r┬(    / / ))
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / / 三 ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
  \ \ /                               / /


感謝の踊り







52タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:48:37 ID:
3sYmam+m

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \     (感謝してくれるのはいいが、あの踊りはウゼェ…)
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   ヨブという男だ。見ろよ、こいつは人間なのにこんなに正直で無垢な奴だ。
              |         }
              ヽ        }     これほど神を畏れて感謝して生きてる人間を見たことあるか?
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、      これを見たらいつまでグレてる自分が恥ずかしくなるだろ常識的に…
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!






53タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:49:22 ID:
3sYmam+m

          _ - ─ - _
        _ - ´.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:::\
      / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:ヽ.:.:\.:ヽ
       / .:.:.:.:.:.:..:./.:.:,;:入.::ヽ.:.:.:ヽ.ヽ
     / .:....:.:.:..:./.:.;.':/ ヽ:..:.!:.:.:.:.l.:.:!      ……ふうん
    ,' .:.:!:.l.:.:___イ.:/;/, -‐‐ヽ:!:.:!:.:l:.:.|
    !.:.:.:ヾト´:/ '//  _,rzxト|/:|ノ:イ:.|             どころで一つ聞いてもいいかな?
    ,'.l:ト、ベィ卞ォ   孑_,l7:.:.:!);':|:.:!ヽ
    /.::ト!:`tヘヾニソ  ,   `¨/:.:.:,'.:.:.イ:ハ:.!          ヨブが何の利益も無しに神を敬うと思う?
   ,':.:l、:.:.:.:.`ヽ、  -- ‐ /.:.:/.://' リ
.   {.lヽ!ヽトー、ーヾ t _ , イ/〆
   ヾ  _f´!__ノ    ト--/ヘL__
      /: : : 冫  '、 , -‐  」::.: : : .|
     ,': :、: :f- .._   _.. ヽ/:..: : l
     !: : :ヽl_: . : . : .  ̄: . :._..k::/...:|
    |: : : :/: : ̄: : --. .- ´: :.ヘ::::::::|
      !: : :.!: : : : : : : : 、: : : : :...:!:::::::!
     |: :.:.|. : .::::::::::::::::;::::::::::::::/:::::::/






54タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:50:48 ID:
3sYmam+m

   / ̄ ̄\      !?
  /. ノ  ι\
  | (●) (●) |
  |  (_人__)|   何が言いたい?
  .|   ー  ノ      
   ヽ     ]   宜
  /~ヽ  ___ノ\   _,,,,
 / |    <、  \( ノ
 | |     ヽ_/ノ,
 ヽ )   `ヽ__/ \







55タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:51:38 ID:
3sYmam+m
                _  -──-  .
              ' ´           `   、
           /             ヽ       \        つまりこれってヤハウェ様がヨブを恵んでやって彼の財産も家族も守ってる
            , ′           |         ヽ
        / ,             |\        ヘ      から、ヨブもあなたを敬ってる、って事でしょ?
          / /      |        |  \.      i  ∧
.       ,′′        |     | |   \.__ |、 |  ∧     それって本当の信仰って言うのかな?
       ′i.          |     | ,ム.‐ ¨ ̄ヽ | i !   i    
      i |       !     |/      N レ     l        試しに彼から大切な者や財産を全部奪ってみなよ。
      |  |    !,. ィ弋¨   l/′   ,x==k, Yヽ  |
      |  ∨   |, ヘ 、ヘ  \ /    fヘn__,ハ|’ | }   |      きっと手のひらを返したようにあなたを呪うに決まってるよ
      !  ∨  'ヘ.、ヘ.>=k`        ゞ- ' |   ∨  ∧
       '.  ヽ \ ヾi代、_,小.          |   |  ∧
         ∨  \___、__>ゝー'´   、     j  | l ト、ヘ
        ∨    ヽ. \      __.  '   / / / ∧|  `
.         i       ー\          /! ,ムイ./
.         |   |  \    ` 、ー-  .. _/  |/  ´
           l   ト、\__、ト---`ー─|       ヽ
.         | ∧トゝ  ̄         /      `  ._  _
        j/             /             `7 ンー- 、
                  ,ィ /             j , ′   ヘ
                ,. く.{               {/      ∧
                 /´   ',}         __.  -一1        ∧
             /    厶 -一   ' ´       |        ハ
               {     /        __.  -一 ´ :       |
               |     ,'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                 |







56タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:52:24 ID:
3sYmam+m
                   / ̄ ̄\
                  /  ヽ、_   \     ムムム…
                 (●)(● )  │    だったら彼の物をおまえが好きにしていいぞ
                ゙(__人__)  U │
                 | ⌒ ´     │    だが、ヨブ自身には手を出すなよ?
                 ヽ        /
                  ヽ     ノ
               \   >    ´ヽ
        \          \ |  // |
         \      (⌒二 /   |
           \  旦~     \     |
            \        \   |







57タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 17:53:30 ID:
3sYmam+m

          _ - ─ - _
        _ - ´.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:::\
      / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:ヽ.:.:\.:ヽ      りょーかい♪
       / .:.:.:.:.:.:..:./.:.:,;:入.::ヽ.:.:.:ヽ.ヽ
     / .:....:.:.:..:./.:.;.':/ ヽ:..:.!:.:.:.:.l.:.:!
    ,' .:.:!:.l.:.:___イ.:/;/, -‐‐ヽ:!:.:!:.:l:.:.|    そういうのは僕の得意分野だから楽しみに見てなよ
    !.:.:.:ヾト´:/ '//  _,rzxト|/:|ノ:イ:.|
    ,'.l:ト、ベィ卞ォ   孑_,l7:.:.:!);':|:.:!ヽ
    /.::ト!:`tヘヾニソ  ,   `¨/:.:.:,'.:.:.イ:ハ:.!      じゃ、さっそく行ってくるね
   ,':.:l、:.:.:.:.`ヽ、  -- ‐ /.:.:/.://' リ
.   {.lヽ!ヽトー、ーヾ t _ , イ/〆
   ヾ  _f´!__ノ    ト--/ヘL__
      /: : : 冫  '、 , -‐  」::.: : : .|
     ,': :、: :f- .._   _.. ヽ/:..: : l
     !: : :ヽl_: . : . : .  ̄: . :._..k::/...:|
    |: : : :/: : ̄: : --. .- ´: :.ヘ::::::::|
      !: : :.!: : : : : : : : 、: : : : :...:!:::::::!






58名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 17:57:14 ID:
WLsDZMi7
神を試すな って言うくせに
人間は平気で試すんだもんな、この神さん






59名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 17:58:12 ID:
843lRDbb
>>58
神様なんてそんなもんさ






60名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 18:00:30 ID:
O/4/nZnx
>58
まあ、それは新約聖書の言葉だし






61タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:00:46 ID:
3sYmam+m

      ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
    ,i':r"      `ミ;;,      いいんですか?
    彡     U  ミ;;;i
    彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!     私とお茶も飲んでくれないような奴にそんな事をお許しになっても
     ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,
    ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'     私は客観的に見て……
    `,|  / "ii" ヽ  |ノ
     't ←―→ )/イ
       ヽ、  _,/ λ、
    _,,ノ|、  ̄//// \、
_,,..r''''"   | \`'/  /    ̄`''ー
      |  /\  /
      |/)::::/\/
      | ,r":::ヽ /  
      |i´:::::::::| /








62タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:01:40 ID:
3sYmam+m

     / ̄ ̄\          …しばらく様子を見てみるさ、ヤハウェ的に考えて…な
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー
   |      (__人__)     
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃      
  /     ./ _ノ       
  (.  \ / ./_ノ │      
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /        







63タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:02:27 ID:
3sYmam+m

        /      ,. -‐          _ _            \
    /     ,. '´       ,.  -‐ "´ .:.:.:.:.:.::.:.:.``ヽ、 ̄` \     \
   /    ,. '´     ,. '´               \    \.    \              ・・・・・
 /   ,. '´     ,. '´ /   ,. ./ .:.:./l.:.:.:/.:.:.:./.:.:.:.:. ,   \   \   \
 ∠_ ィ´     , ィ´   / /l /.:.ナ:ナメ、!.::/.:.:../.:.:.:.:.:./:.    ヽ     \   \
  l l l       / l     l.:./.:.l./.:.:/l/l/``lメ、l.:./l.:.:.:.:.:/.:.:./.:.    ヽ    \   }
  l l l    . : : : :l     lハ.:ト、/l/彳〒〒ヽ〃 !/l/l/:/_L.:l    !      L  ノ
  l l l    . : : : :.:|   / /l.:V   {ト‐イl1      ニl/"l.:./.:.:.:.  l .l     /爪ノ
  l り\    . : : :.|  i:.ト、 い.:.l   _廴ソノ      F〒ミヽl/.:.:.:.:. /l .l    /l:.!. l
 ´ ̄`ヽ \  . : ::|  l.:|.:.:ヽj:. l     ̄`      辷ソ/ /:/l.:./l/ !/  /  l.:l !
     .l  \  .: |  l.:|.:.:.:.:.l.:.ト、          ,   ``  /l/.:.l/    ′/   l:.l !
  __ノ:     \ _| . :l.:|.:/´ l.:.|.:ト、      .. _       /.:l  L___/       l.:l ノ
 !!       | l. l.:|.{   l.:.LL \         ,. イ:!.:.! .:l.:!        /´ ̄`ヽ
  ll ll         | l.:.l.:lぃ  |.:|  ``ヽ丶、 __ ..<. /l.:l.:.l.:.:.l:l        l      l
  ll ll         | ト、l   `、1:|     `ー---‐'⌒ヽ、:l.:.l.:.:.l.l         ヽ ___ ノ
             /N     ヽ!            ,ィ´..l./.:./..!
           /         \         ,.イ^ヽ:/ l/l:/
       /            \`ー<二>'1  \
      /               \     ノ     \







64タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:03:07 ID:
3sYmam+m


         ____
       /⌒  ⌒\         今日は長男が家で宴会を行ってるお
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \     娘達もみんな来てるみたいだし後で遊びにいくお
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |  (u)  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......







65タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:03:51 ID:
3sYmam+m
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 大変な事がおきたかなって思ってる。
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   牧畜してた牛がシェバ人に略奪されてしまったから自分だけ逃げてきたと思ってる
        l イ  '-   U |:/ tbノノ    \
        l ,`-=-'\     `l ι';/      \  召使い(24・男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|






66タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:04:46 ID:
3sYmam+m
       ____
     /      \        なんか何言ってるかよくわからないけど牛が奪われたって事かお?
   / ─    ─ \
  /  U(●)  (●)  \
  |      (__人__)    |   ・・・ぬぬ、それは困ったお
  \     ` ⌒´     /






67タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:05:51 ID:
3sYmam+m

           r'丁´ ̄ ̄ ̄ ̄`7¬‐,-、           /
        r'| |          |  |/  >、     /
        ! | |          |  |レ'´/|       |  
        | | |   /\   |  |l  /⊂う    |
        | | |__∠∠ヽ_\ |  リ /  j     ヽ   大変です!
        |´ ̄   O   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`!      〉
        l'"´ ̄ ̄ヾ'"´ ̄ ̄`ヾ::幵ー{       /   天から火が降って羊が全部死にました!
        ⊥,,,,,_、    ___,,,,,ヾ| l::::::|      |
         lヾ´ f}`7   ヘ´fj ̄フ  | l::i'⌒i    |  きっとこれは孔明の罠だ!
         l ,.ゝ‐イ    `‐=ニ、i | l´ ( }    ヽ
         l     {         U | l 、_ノ    ∠ヘ
        l   / ̄  ''ヽ、   | l ヽ_       \,_________
           !  ハ´ ̄ ̄ ̄`ト、  |亅〃/\
        ,人 f ´ ̄ ̄ ̄``ヾ  j ,!// {_っ )、
      // `ト、__iiiii______,レ'‐'//  _,/ /スァ-、
    ,.イl{ { 々 !/´しllllト、 ̄`ヽ、 // /´,.-、 /彑ゝ-{スァ-、
  ,.イ彑l l > ゞ く l 〃 l|ハ.lヽ、 ハVゝヽ二ノ/ゝ-{、彑ゝ-{、彑ァ-、
,.イ彑ゝ-'l l ( (,) レシ′   !l `ソァ'´    _ノ7{、彑ゝ-{、彑ゝ-{、彑{
ュゝ-{、彑l l  ` -イヘ      !l // /⌒ヽヾ/_ゝ-{、彑ゝ-{、彑ゝ-{、
 {、彑ゝ-'l l f⌒Yハ ',    !l/ / ヽ_う ノ /-{、彑ゝ-{、彑ゝ-{、彑ゝ
彑ゝ-{、彑l l{ に!小 ヽ   /!l /   ,/ /彑ゝ-{、彑ゝ-{、彑ゝ-{、








68タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:06:55 ID:
3sYmam+m

       ____
     /⌒三 ⌒\         …ら、ラピュタでも来てたのかお?
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /






69タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:08:04 ID:
3sYmam+m

             /|  /|  /|
        /! ///|///|///,|
       /| |.|//// .///  /// |/|
      /| | | .! ! ! ///  ///   .!,.ィ
     /! | | | ! l l //ヽ.///   / |
.     /|.|./\! | l l /    ヽ/  ///!
.    il |/   `'-‐'´      ヽ/// .|
    l||/        ,,. -─‐  ヽ./   .|    ヨブ様!
.   l/ ̄`ヽ  u r'"´      / ___.!
.   =====、--,:=======〒:f‐、─‐l
   !:::::::::..  / ̄l::::::::::::::::..  ノ |;;|-、}  ̄l     カルデア人部隊が襲って来て、らくだがすべて奪われました!
    `iー--:/    `ー----‐'´ │!-、! ニ!
      l  /  __ )    u   |;l‐' !.─l
      ! ゙-‐           ,.lト‐'   l     牧童達はみな斬り殺されました!
.     l ⊂ニニニニニ⊃   / 'ヽ三三!
       !、 ___     /   ヽ,.‐'´\
       ヽ  ̄ ̄   /    , ‐'´;;;;;;;;;;;;;;;\
        ヽ、   ./  .,.‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::ゝ、
         ヽ/|   /;;;;;;;;;;;;: -‐''"´ ̄',',',',','
               |/;;;;;;; ‐'"´,',',',',',',',',',',',',',',','
           /;;;;;:‐'´',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
          /;;;;/,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
            //,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','






70タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:09:20 ID:
3sYmam+m
       ____
     /ノ   ヽ、_\         な、なんであいつらいきなり攻めてくるんだお!?
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \     わ、訳が分からないお!!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /



<た、たいへんじゃぁぁぁあ!

       ____
     /⌒三 ⌒\            なんだお?これ以上何がおきたっていうのかお?
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /







71タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:10:19 ID:
3sYmam+m

              __,,,,,..、
           ,r''"´     `ヽ           ご子息様の家が倒壊しちまったぁ!!!
          /            ヽ        
       ,rニ、ヽ'"⌒ヽ,__,,,,,_    `,        ご子息、ご息女は宴会を開いてらしたそうだ!
       i   ヽ ヽ_,r'",.-‐-、ヽ    i
      、_!   ノ _ i'´    ', i`''i-r'l
    ___ヾ、`''ー,r'´ ヽ,ヽ、_____,ノ ノ_,r'''''''i       だから全員お亡くなりになられてしまったぁ!!!
    `ゝ:::::::::::::::ヽ_,,,、-'`'´'ー-''"´-ァ o l
    '´7 _,r-r'ィ,ri-、:::::::::::::::::::::::::::フ o/
    ,ノ:::::l`ー'、___!___``Tヾ_、;:::::::::`、,ノー--、_
    ´フ::::!'"`i、,,______`""´  !:::::::iヾ、 ヽ   `ヽ
,r''''ー-ノイ:::l`ー'、,,,l,,,,____! ̄`'''iフ:::::ト,!   `-、!   ヽ``''ー
    '´レi:`ヽ,,,.、-、__ `'''フ':::::::,、|      l    ヽ
     /  i/i::::::::::::::::::`'''"::::::::ノi'      ノ     ',
    ,!    iヘ/レソi/iノi/         /        ',
   ,!       ! ヽ、             /       l
    !      ト、_              / __       l
   ! ,、-''⌒ヽ '、 `ヽ   ,、‐''''"/,r'"´ ``''-、,_  ,!
   `´      '、         / '´         `






72名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 18:11:32 ID:
p/j+9Qh/
サたん・・・これは引くわー






73タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:11:58 ID:
3sYmam+m
                                __
                                 /   \
                   ______   / /⌒\ ヽ
                  '"          ` '<.     ヽ ',
              /                `ヽ    l i              “お父さん…”
                  /    .:/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\  │::!
              /   .: /.::::/::/.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.ヽ │::!
                /    .: ::l :::/::/.::.::::::::/:::/ .:.::::::: ,'::::l::::::::: ',!::!
           ,′  .: ::::|::/::/.::::::::/メ:::/ !.:.:::::: /::::::|:::::|:::::i: ∨
             /    .: _ |:i /_ィ≦z、/:::∧/:::::::::/ l::::::l:::::l:::::|
.            /  .:.::://⌒|:/:::::|{ir'::: ハ /::::::/´丁:/::::/ ::::|
           /   .:.:: 人 _(_| :::::::l V込ソ /: /ィ尓ア'´::::/::::::/
        /   .:.::::::::::::` ー| :::::::l⊂⊃ // {Vソ/:::::/' :::/
.        / / .:.::::: ::::::::ァ<ヘ ::::::|       ⊂⊃イ /}/
       , ' :/ .:.:::::/:::: 〃⌒ヽヘ:::::|>、__xー'^ーヘ< ::::|/
     / / .:.:::::/::::://    ヽl:::|FlY__\/\ハl ::::::|
   ∠:// .:::::::/::::://}   . : :}l:::V´ ニう'゙\/rヘ :::::l
      / .:::::::/:::::::7〈  \__:八:_{ ‐ノヽ/\{ミ∧::::'、
      ! .:::: /{::::::::::〉 `弋三彡´>''⌒ヽ/⌒ く/ ヽ::::\
       |.:::::/ ヽ::::く   Y´_/:/.:.:.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:.:. ヽ  \::::ヽ
       i.: /    \7≠=7/!.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.j.:.:.:.:.:.:.:. ',    }ノi :|
      ∨      /  / ハ.:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:. i     |::j
.            /  i / ヾi.:.:.:.:.:.:.:.:/_;人:.:.:.:.:.:.:.|     }/
         /ヽ __ノ }   |.:.:.:.:.:.:./   ハ :.:.:.:.: |
         \ ー' ノ   !.:.:.:.:.:/  ノ l:.:.:.:.:.:|
           `ー'⌒ ー‐‐ト、__;ノ}ー'´  ト、__ ノ}
                    `ー'´     `ー‐'´







74タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:13:15 ID:
3sYmam+m

       ____
     /      \        ……う、嘘だお……そんな……
   / ─    ─ \
  /   (○)  (○)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /






75タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:14:10 ID:
3sYmam+m

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\    お……おっ…おっお
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j   なんて事だお……でも……でも……やる夫はカーチャンのお腹から裸で生まれてきたんだお
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。      だから今更裸になるのは仕方ない事なんだお……おっおっお
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._      今まで恵んでくださった神様の名前がもっと褒め称えられますようにお……おお


この時もヨブは神を非難する事はなかった。







76タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:15:10 ID:
3sYmam+m
その後……


./       / ノ::/:.:.: :|:.:.::|:::/、:-┼‐/|-:、:::|:.:.:.:.:l、 :.:.: :.:、\   ヽヽ
'    / /:.:/: :.:.: :l:.:.::| :|. |:: /|::/ .|/|:/l:::::./i|-l:、|:.:|.:.!:.:.ヽ   ヽ ヽ     はぁ……また大した用事もないのにお集まりってやつですか?
      /:::: |::/:.:.:.:|、:.:.l、|. ∨ レ' __ l' |:/ リ |::l:.:.|、:|:.:l、:}    ヽ \
      /::::::. !:|:.:.:.!:|::ヽ|   ミ'==='  ´   、 レ'|:/ |/::| !:!     \ ヽ
.      /::::::.:.:.:.!:ヽ::|!|:.:. |              ミ'=-!::´レ|:.:/ '       ヽヽ       暇だからいいものを・・・
     /:::::. :. :::::::/"l`! :. |             '    |::.:: :レ'              ` \
   /:::::.:. :. :. :.::.! {|.:.:.!       r'=i    }:::.:::l           |.l.iノ
  / :::/:. :. :. :.::::\ ヘ.:.:.:.!       └- '   /::: :: !             |.|.|
、 /::::/:. :. :. :.:.:|:. :. :. `''ヘ.:.: !            /:!::::ヽ::::ヽ        / _|.!」._
. /::::/:.:. :. :.:.|::::|:. :. :. :.:.:.| !:.:.:.!. 、     / :.:.:.ヽ:.::ヽ:.:.\   ,  '" ./;;;::::::::`
,'::.:: !:. :. :. :. :!::∧::::::::_∠ !:.:.∟_` r - ' :. :. :.l:.:.:.:.ヽ.:.:ヽ :.:.:`<     |;':::::::::::::::
!::.::.:l:. :. :. :.:.:|:/┌'"´::::::::::::.!:.:.|::::::`ヽ、: :. :. :. :.!:.:.:.:.:.ヽ.:.:.!:.:.:.:.:.:.:\   l ::::::::::::::::
\::::ヽ_:::_::|'ヽ:|____ :::::::: !:.:.|::::::::::::::::\:/|ル'ヽ、:、:.:ヽ:.:.!:.:.:.:.:.|、: :\. \__:ll:_:ン
,.-' ̄:::::::::::::::`丶 、--、:  |.:.:.!   :::::::::::::::|    `ヽヽ:|:.: !、:|::.:| .!|、.:.:|  || ∥||
::::::::::::::::::       `ヽ`ヽ. |:.::l      ::〈     |ハ:/ |:|::/ ' |/.  || || ||
:::::::::::::              ノ::/  ̄`ー  ノ       / |ル゙         || || ||







77タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:16:32 ID:
3sYmam+m


           ,ィヾヾヾヾシiミ、
          rミ゙``       ミミ、   (そんな事言って、本当にこの子ったらツンデレなんですね~ぐふ)
          {i       ミミミl
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!
          {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}
             l//,,,_,゙//// :::ン   
           |/ _;__,、ヽ..::/l      いいじゃないですか、別に……それより暇ならあっちの映画館で「マサダの悲劇」でも一緒に見ましょうよ
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_
         _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、   原作はかの有名なユダヤ人歴史家ヨセフス・フラビウスの著書「ユダヤ戦記」で……
      r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ
      /     /   | /;;;ヽ、 l ヽ /     ノ /}







78タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:17:20 ID:
3sYmam+m

<ドンガラガッシャーン!!
<ちょ!ww何するんですか!wwwそんな物振り回したらあぶなうわなにをするやめ


            _ -  ̄` ー
          /         \
         , '       ,、 、   ヽ     ……それで今日は僕に何の用事だい?
        / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
        ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
          i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
       ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
       ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
         { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
       トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
                  r z'   ,k-、
             _ ┬ ヘ   只  /`7-、
        / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
          ! 、 ヽ 丶         / /  X!
       | !   ヽ ヽ    , ' , '   ' |
        |   !    \\ _//   , |
         |  l     \ /     ,'   |
        !  ヘ     Y     /   |







79タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:18:17 ID:
3sYmam+m


     / ̄ ̄\          
   /   _ノ  \        この前の会話を憶えているだろ?
   |    ( ー)(○
   |      (__人__)      どうだ、覗いてみろ
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃       ヨブはどこまでも正直で無垢じゃないか
  /     ./ _ノ       
  (.  \ / ./_ノ │      
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /   








80タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:19:15 ID:
3sYmam+m

                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!       地上に彼ほどの人間がいると思うか?
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/         
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/          おまえは理由もなく私をたぶらかして彼を破滅させようとしただろ!
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i            だが、それも彼の正直で無垢な心の前では通用しない!
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''
 






81タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:21:17 ID:
3sYmam+m
 

          _ - ─ - _
        _ - ´.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:::\
      / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:ヽ.:.:\.:ヽ
       / .:.:.:.:.:.:..:./.:.:,;:入.::ヽ.:.:.:ヽ.ヽ          皮には皮を、って言うからね……
     / .:....:.:.:..:./.:.;.':/ ヽ:..:.!:.:.:.:.l.:.:!
    ,' .:.:!:.l.:.:___イ.:/;/, -‐‐ヽ:!:.:!:.:l:.:.|
    !.:.:.:ヾト´:/ '//  _,rzxト|/:|ノ:イ:.|              だれだって自分の命は惜しいものだし、そのためなら全財産くらい差し出すんじゃない?
    ,'.l:ト、ベィ卞ォ   孑_,l7:.:.:!);':|:.:!ヽ
    /.::ト!:`tヘヾニソ  ,   `¨/:.:.:,'.:.:.イ:ハ:.!
   ,':.:l、:.:.:.:.`ヽ、  -- ‐ /.:.:/.://' リ           もし自分に実害がありでもしたらどうなんだろうね?
.   {.lヽ!ヽトー、ーヾ t _ , イ/〆
   ヾ  _f´!__ノ    ト--/ヘL__
      /: : : 冫  '、 , -‐  」::.: : : .|             やっぱり、あなたを呪うんじゃない?
     ,': :、: :f- .._   _.. ヽ/:..: : l
     !: : :ヽl_: . : . : .  ̄: . :._..k::/...:|
    |: : : :/: : ̄: : --. .- ´: :.ヘ::::::::|
      !: : :.!: : : : : : : : 、: : : : :...:!:::::::!
     |: :.:.|. : .::::::::::::::::;::::::::::::::/:::::::/
.      |:、:.:.l.:..:::::::::::::::;::::::::::::::,'::::::::/
      !:ヽ:.}: ::.:: : : : / ; : : : ;!. .::/






82タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:22:22 ID:
3sYmam+m

            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |
          |   (__人/,〉.|                 ・・・・なら彼を好きなようにしてみるといいさ
          {   ´フ´ ./._ }
          ヽ  ./,二ニソ}                   だが、命だけは絶対に奪うなよ??
          _ヽ/  ,-― 、}ノ
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、
           ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj
             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/







83タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:23:27 ID:
3sYmam+m

                _  -──-  .
              ' ´           `   、
           /             ヽ       \           ふふふ、こーゆのは本当に得意なんだよね♪
            , ′           |         ヽ
        / ,             |\        ヘ
          / /      |        |  \.      i  ∧
.       ,′′        |     | |   \.__ |、 |  ∧       さて、じゃぁ手始めに皮膚病にでもなってもらおうかな?
       ′i.          |     | ,ム.‐ ¨ ̄ヽ | i !   i
      i |       !     |/      N レ     l
      |  |    !,. ィ弋¨   l/′   ,x==k, Yヽ  |
      |  ∨   |, ヘ 、ヘ  \ /    fヘn__,ハ|’ | }   |
      !  ∨  'ヘ.、ヘ.>=k`        ゞ- ' |   ∨  ∧
       '.  ヽ \ ヾi代、_,小.          |   |  ∧
         ∨  \___、__>ゝー'´   、     j  | l ト、ヘ
        ∨    ヽ. \      __.  '   / / / ∧|  `
.         i       ー\          /! ,ムイ./
.         |   |  \    ` 、ー-  .. _/  |/  ´
           l   ト、\__、ト---`ー─|       ヽ
.         | ∧トゝ  ̄         /      `  ._  _
        j/             /             `7 ンー- 、
                  ,ィ /             j , ′   ヘ
                ,. く.{               {/      ∧
                 /´   ',}         __.  -一1        ∧
             /    厶 -一   ' ´       |        ハ
               {     /        __.  -一 ´ :       |
               |     ,'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                 |






84タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:24:19 ID:
3sYmam+m
ヨブは全身重度の皮膚病に冒された。

       ____
     /ノ   ヽ、_\          ぎゃぁぁぁぁああああああ!!
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \       いてーお!痒いぉおおお!!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /          死んじまうおぉぉぉお!!!


彼は体中を素焼きのかけらで掻きむしり、灰の中に座った。






86名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 18:25:58 ID:
eUHGkZlk
えぐいなー






85タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:25:06 ID:
3sYmam+m

             / /" `ヽ ヽ  \         いつまで無垢でいるつもりにょろ?
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|       いっその事神を呪って死んだ方がましにょろ?
          ヽ|l ||、_,、_ ||⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._) ||j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

             ヨブの妻







87タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:26:24 ID:
3sYmam+m

       ____
     /⌒三 ⌒\       おまえ…何言ってるお?
   /< ○>三<○> \
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    やる夫は今までずっと幸福を頂いたんだお?
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /       だったら不幸も平等に受け取るべきだお……?

彼は決して唇を持って神を呪う事はなかった。






88タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:27:23 ID:
3sYmam+m
やがて彼の災難を聞いて、ヨブと親しい友人達三人が心配してやってきた。


                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ   !?
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ       ヨブ……おまえ、本当にあのヨブなのか?
              !Tヾ  u.     j       //ノ
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ --‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |


             【テマン人 エリファズ】






89タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:28:12 ID:
3sYmam+m
    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!       酷い…
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ             全身赤むけで、直視できないほどだ……
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!             痛ましい……まるで別人だ
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

         【シュア人 ビルダド】






90タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:29:05 ID:
3sYmam+m

ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ          あんなに幸せだったおまえが……
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /'_r'bゝ}二. {`´ '´__ (ー),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }       どうしてこんな事になっちまったんだよ……っく……
        ゙l |`} ..:ヽo-゙‐´リ ̄ヽd、 '''| | ̄Uo |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .::::: U   ソ;;:..  ヽ、._ U  _Uノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄| |      i/‐'/  
          i  ||    .:::ト、  ̄ ´     U      l、_/::|  
          ! U                         |:    |  
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃    U     !::    



              【ナアマ人 ツォファル】






91タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:30:23 ID:
3sYmam+m

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \    やる夫に会いに来てくれたのかお……うう……ありがとなんだお……
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /    でも何もしてやる事ができないお……すまないお






92タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:31:22 ID:
3sYmam+m

                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj     馬鹿!何言ってるんだ……
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ             こんなんになってしまって……
              !Tヾ  u.     j       //ノ
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/                   何かできる事があったら遠慮無く言ってくれ
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ --‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |








93タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:32:15 ID:
3sYmam+m
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、::::::::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、:::::::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ:::::::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l:::::::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l::::::::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l::::::::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l:::::::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l::::::::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|        そうだ。古くからの友人だろ?
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `                   僕たちはおまえが心配でたまらないんだ……
      ヽ、 -       U  l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            // /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            〈 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l






94タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:32:55 ID:
3sYmam+m

          / N、Nヾヽ       ,;彡巛   ゙i  _\ー-゙
 │ 好    /"´/ ミミミ=丶、   ,..,彡"ツ ヾヽ  l   \   (  ヨ
 │ き     ∠-'' ー-=二r冫=ヾ,,,,r='"ヾ`ト、_j   _,, =゙   ) .ブ
 │ だ      7__  .iヘi ;-゙゚'- イ゙゙iヽ-゙゚'-' i !rヽ   ̄/  (   .の
 │ か     -=='´  .i(i゙===' i , ゙==='' .')゙/  /     ) .事
 │ .ら     /     l、i  ) r''"´ ̄ヽ ) .!,.'  /ィ    (   と
 │  あ     \_      i ( i;;;;;;;;;;;;;;;;;;i(  ,ィ  '"/     )  .か
 │  あ    \ー-゙ヽ    ト、) lr'⌒'⌒ノj )ィ' i.._ /,.-‐"7  !  ぁ
 !  ぁ    ヾ゙`      r| ;;,゙ヾ.====''./,;' i ヘ   /-'/
           \    /,j ;;,. `ー''" ,;'  ,!' ヽ_   /,イ /^l  ,
         ゙、゙`ヾ_\-y'" 、i  ;;,.  :.  .,;' /   ヾー,-、' i /  | / |/
       、へ ゙、,-'"/__  ゙、  ;;:.   .,;'./_,.. 、   \   i/ー-|./ '
  ,イ.,ィ ∧i\ ゙、ヾヘ '" ̄  /'  ゙、- ,,_   / ゝ ,;`ー─-、ヽ '   ' ゙`ー
//'´ レ ゙ヘ \゙      'ー-、゙、 ` 7 /´






95タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:34:01 ID:
3sYmam+m

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\    お……おっ…おっお
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j   おまえら……なんて良い奴らなんだお……
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。      
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._


彼らはヨブのために泣き、七日間断食した。







96タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:35:12 ID:
3sYmam+m


       ____         うぐあぁぁぁぁあああああああああああああああああああ!!!
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\    いいいいいだだだだだだいだいいだいおおお!だれかたすけてくれおおおおおおおお!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  い、いぎぃぃいいいいいいいい!いだいぃおお!しんじまうおぉぉおおお!!!
  \    |ェェェェ|     /


ヨブは激しい苦痛でのたうち回り、その痛ましい姿に誰も話しかける事ができなかった。







97タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:36:39 ID:
3sYmam+m

                  _,ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
              ,.イ´:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
              r'´.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.,イ:.,イ:../i:.:.l:.:.:ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ !:./.|:./ |:./ !:.:..ハ:.:.,|:.:.:.:.ト-、ゝ
            ,イ.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/ !ナ-、_レ'  |ノ レ'ヽ:.ノ!:.!
              !:.:.:r‐i:.:.il:.:.:..!  こヒr`i`´  _ュ=-.,リ .リ
            |,イ !i^)レ'l:.:.:./    ´    l´ヒr /:.:.ノ
            ! !:ヤヽ、.ヽ/  u       ヽ  l:.:./
              k.l,`-ァi           '´  /∨            (う……ヨブ……なんて言ってやればいいんだ)
               k_N.l     r'´ ̄`ア  /
              _,イj  ヽ     ヽ-―┘./
            /´r'´\   \.    `´ /
        _,.ィ=''7´;;;;;;;|   \   `ー-ェ-‐'´
    _,.ィ='''´;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;!    \   ノ \
-‐'''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:!    /トュ  ヤ Zト、
;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:く;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!  /\ヽ! ノ _,,>!.ヾ.、
;:;:;:;:ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\:;:;:;:;:;:;:;ト、/ `ー-、>--'''7 ト、|;:;:;:〉;\
:;:;:;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:!    ヽ、_,__ノ |;:;:;:;く:;:;:;:;:;:\
;:;:;:;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!       ! ' .! |;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\;:;:;:;:;:;:;:;:!.    |   | |:;:;:;:;:;:;:〉:;:;:;:;:;:;:;:li
;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:/i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\:;:;:;:;:;:;!   |.  | |;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;:;:;:!.|







98タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:37:30 ID:
3sYmam+m

  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i     
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !     
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_       ・・・・・・・
     {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i     
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/    
      `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'    
       i.u  ___     ,' |    
        ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、   
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、 







99タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:39:22 ID:
3sYmam+m

         やがてヨブは自分の生まれた日を……そして神を呪い始めた


              ,. -─────────‐- .、
             // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\
           /                     \
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::       \
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \                     
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \    
    /     ../ ̄ ̄\ /   ::|::   \ / ̄ ̄\..     \
   /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ.   
  |               |      |      |              |.
  |               \__/\__/               |                 
  |                |       |               |
  |                |r─‐┬──、|                |
  ヽ                |/   |    |              /
    \              \      /             /
     \               ̄ ̄ ̄ ̄             /







100タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:39:58 ID:
3sYmam+m
       ____
     /ノ   ヽ、_\          やる夫の生まれた日なんて消え失せてしまえばいいんだお!
   /( ○)}liil{(○)\        なんでカーチャンの腹の中で腐って死んでしまわなかったんだお!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |      なんで無事に生まれやがッたんだお!なんですぐに息が止まってしまわなかったんだお!!!
  \    |ェェェェ|     /







101タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:40:39 ID:
3sYmam+m

       ____
     /      \           神様なんて本当はいなかったんだお!
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \        こんな酷い事をする奴なんて信じてたやる夫が馬鹿だったんだお!
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /         もう何もかもお終いだお!死こそ本当の救いなんだお!








102タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:41:46 ID:
3sYmam+m
              _, -‐--....、
           /..:::::::::::::::::::::::::::.ヽ
              / .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
          /..:.:.:.:.::::/:::;i:::::,|:::::l:::::;::::::.ヽ         おいいくらなんでもそいつは聞き捨てならんぞ!
          l::::::l::::::/l::/ |::/{::/|::;/l::}:;::;::i
          l/i::l:::N`|メ、_|ム|/.,j/レ|::|::ト!
          f^i:::l ''ZTー   ィ'Zト.|::|::レ'^ヽ、             言っていいことと悪い事があるだろ!
     ,...-',,⌒ゞミ、l::|.      l   l::!Y::::::::::::::.ヽ、       
    /::/..::::::::::::..ヽl_      〉   /v':::::::::::ノ::_;;:::::j,ト、
   /:::::::::::::::::::..`ー-、:l、  f===r  ,ヘ:::::;::::::/ ̄ ゙''ヘュ_ノ      
   /:::::::::::::::::::::::::::::::;;_ヾ;:、L_,,リ /:>:l/:::/
  ./:::i|:::::::::::::::::::::::::::::::..`''ヾ、ー_-イ, 〉<.|/ _ノ⌒ ー - ,,,__  _
  }:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゙ヾ!、!;::|:|,r‐'゙           //   ヽ
 「::::ヾ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヽf     ヽ        l /    l
../::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-''',ニ,-'"      \___        /
/:::::::::::..ヽ;::i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ./ l          \X=-、,,__/
:::::::::::::::::..ヽl;:::::::::::::::::::::::::::::::| |  ノ     ` 、      ヽ ,ヘ./
:::::::::::::::::::::..ヽ、:::::::::::::::::::::::::::| l i´       ` 、    ノ ヾ|
:::::::::::::::::::::::::::..`ヽ;::::::::::::::::::::| | |    、     `'rイ  ,ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::.::..\∩:::::::::| l\      `=、..__,ノ   ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::i\∩:/  | ヽ、_    ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  \:!`ー、  ,,=''::::`、'‐-'゙
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::l  l ヽ_;;ァ'~ヽ;::::::::::.ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  | i    ヽ;::::::::::..\








103タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:42:26 ID:
3sYmam+m

               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、              そのとおりだ。
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ            おまえを疲れさせたくないからあまり言いたくはないが……
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|         いいかヨブ?
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |              罪人が滅ぼされる事はあっても
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|                正しい人間が滅ぼされる事なんてあっていいはずないだろ?
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            // /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            〈 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






104タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:43:17 ID:
3sYmam+m

        ノ L____
       ⌒ \ / \                それじゃ何かお!?
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \            やる夫が何か悪い事をしたからこんな目にあってるとでも言いたいのかお!?
     |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i           
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl






105タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:44:41 ID:
3sYmam+m

       ____
     /ノ   ヽ、_\                巫山戯るんじゃねぇお!!!
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \            やる夫は今まで何の間違った事もしてきてないお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /
                           それなのに罰せられるなんて普通に考えておかしいお!!
                    
                            正しいのはやる夫で、間違ってるのは神様のほうに決まってるお!!!






106タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:45:10 ID:
3sYmam+m

        ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ            ちょ!それは言っちゃいけない事だ!
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙               思い上がるにもほどがあるぞ!
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ            神よりも自分の方が絶対に正しいっていうのか!?
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´ ∧∧
         ゙iヾ ニill〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙_/   ヽ     ほら、さっさと神に謝ればきっと許してくれるさ!
        ゙i   ill:::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u \
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,r-|
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l_|
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .lヽ
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ_〉
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:! \
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙i
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  / ヘ
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /  /∨\/







107タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:45:51 ID:
3sYmam+m
       ____
     /      \             嫌だお!
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \          やる夫は絶対に間違っていないお!
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /          謝るなんて嫌だお!


こうして議論は平行線を辿った。どちらも自分が正しいと確信していたからである。






108タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:46:41 ID:
3sYmam+m
そこにブズ地方のラム族出身のエリフという若者が割り込んできた。


          rー ── } : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶、            
          | : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.丶
          | : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : :: : \
          |/ : : : ,' : : : : : |\: : : : : : : : : : : : ヽ: : :: : : : : : : : :ヽ
.          /: : : : : : !: : /: : : |  \´:  ̄`ヽ、: : : :丶 : │ : : : : : : ',
       /: : : : : : : :..|⌒ト : : │   \: : : : : \: : : : \:|: : : : : : : |
      /: : : : : :./:/: :.:|: :∧: : : l    __.\: ヽ : : : : : : : : \:.:.: : : : :.|
.     /: : : / : : : V: : : :レ'-ヘ: : :.',    ィ灯テ外ミ: : : : : : : : : : \: : : : l
    /: :./!: : : : : |: : : :小Y心\:.ヽ   {iー'::::::jヾ: : : : : : ::\ : :ヽー :l
    |/ │: : : :/|:.: :.:.{ハ Vi::ハ \|    Vヘ::::イ:}ハ: \: : : : }\: ',: :l
         |: : : :.ハ: : : |{ ヘ ヽ:リ、__{ァ   ゝ辷ン ∧: :}ヽ /|: : ヽ} :|    あのー?すこしよろしいでしょうか?
        ヽ: : l  ヽ: :.l人: :', ´ ノ , \    ''' / / ∨ ∨:.l: : : : : |
            \{   \リ:.:`弋   。 ` ー一 ' / '´: : :∠,:│: : : :│
                /: : :.:/フ>  __   イ: : : : : :/..:.: 八 : : : │
           /:./^}/ / { { : : ∠: : :/  ̄ ̄\ ̄ \: :ヽ : : |
     _,, -='´_/ ´ 二)   ヽ: : /: :./       \//∧: : \|
     ´ `>: :/(7      、`)   /: : : /           ∨/∧: : : l\
      / : : ///\  xヘ \ /.: : : ; イ          V//,|: : : :\:\
       ヽ:////// >く )Yー’{/|: /V           |//,|: : : : : :\:ヽ

                    【エリフ】







109タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:47:26 ID:
3sYmam+m

             /     /        `ヽ、
               /‐       //     l      `ヽ
          , ‐´   / ,/ /     l      、   ヽ        そもそもどうして私達人間が神について善し悪しを
        / ,  ,  /  / /l     l ハ      ヽ   ヽ
        / /   /  / /'´7/    l / -Lll       ヽ l  ヽ        議論するのですか?
       / /  /  /  /  / l l   l /  l. l ト、      V.   l
     l /l   /  / / _,/、」│   l/  ヽl l `     ヽ   l
      l/ l  l   l / 〃、フ:、∧  l  ニ=ミl、ヽ     ヽ  l        よく考えてみてください。
         l   l    ハ〈/:::::::::ll ヽ l  ´,、/`:、ヽヽ     l l
       l ∧   l ∧ l:、: :d l _〉l  l:: :::::::::〉,l l   、 l l
       ヽ Nゝ、  |l l  `─' ラ´F   l: : ´,、/N、 l   l  リ        私達のような卑しい者ががどうして
        ヽ ヽl`l\`ト、_ ,ノ '  l   ` ‐' ' / ハ. ト   l ll
               ll  `l,、    。 ヽ、_  _ノ// l N  イlノ l         神についてどうこう言えたりする立場なんでしょうか?
                l  〃 ` ‐、_      ̄ ィフ'  W l/l l l         
            l  l 丶  ヾ >,‐ ´  レ/   ハ   ヽl l
              l  / l_,_ ,〉, ノ  /'   ノミ、l   ll l         私達は土から造られたにすぎないっていうのに
    _    ,、    l / /川   /  /´   /´´  ヽ  ヽ l
   (_r‐、- l. ト 、. l / l 川   /‐-y´´  //´       ヽ ヽヽ
 , -、. l l 丶`´ヽヽl /l 川  / // /´/´          l  ヽl
.(_, -‐-`_   /〃、/ l 川 l  〃l / 〃         l   ヽ







110タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:48:22 ID:
3sYmam+m

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',      それにヨブさん?あなたは今まで神によってたくさん恵まれて来たんでしょ?
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!       自分の力だけじゃ出来ない所の多くを神に補ってもらったからあれだけの富や名声も
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l             手に入った。違いますか?
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',        祝福されていた時は神様を信じていた。けれど、祝福してくれなくなったら否定する
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ       それってなんだかおかしくないですか?
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',








111タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:49:15 ID:
3sYmam+m

                           ヘ
                   /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                      /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
                  /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\    長いイスラエルの歴史もよく見てください
                 / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
                 / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
                 /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i  民は困った時は神様に頼って、困難が去ったら神様を捨てる
             /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |
                // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨
                  | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う㍉ハ: : : : : :l     そんな事を繰り返してますよね
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│
          |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|
          |   旧約聖書   |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|        私が神様だったらそんな事ばかりされてたら腹が立ちますよ?
.         /^) ~~∴~~  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
       {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│
        {/ _ノ           |: :.|少'   r|   Ⅳ\ /: : : :l: :.│       それでもあなたは本当に自分が絶対的に正しい、っ信じられますか?
        ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│
        V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
           ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l
           {.L.rー‐、(こ'ー-、__.」: : :}ヽ   |  /  { : : : / /}: : :ヽ






112タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:50:23 ID:
3sYmam+m

                    /              :::.     |ィ'"´`ヽ、
                   /           /::   i::::i     |::::   ∧       あと友人の方達も一緒です
                  /   /  /      /::   ,|::: |     |::::::..    ∧
               /   ,/ /  ::     /:::   / |:::::    | :::: ヽ.   ヘ
                 |   j/   ::   /:::  /  |::::i    |ヽ、 :::  :::..  ヘ     頭ごなしに否定するんじゃなくて
                  |  / /   :::      、__,/,ノ |:::|    |ヽ、i__,  :::::..  λ
                 | /  /    :::   / ,/_~__、   |::j    j.___ ∨ ヽ:::::::.  ヘ    彼の気持ちも察してあげるべきです
                | 〈 /ヽ、   :::  /j/,.ィfチ弐、  j/   ,リ弐心∨ ハ::::::::.  ヘ
               | ヽ{ (ヽ、;:::  /:;イ,.f´ んィ::;ハ /_,ノリノんィ:ハ i' ハ λ::::::: ハ     自分が絶対正しいと思いこんで
               j  /  `,‐i:ヽ/::メ|:|` 弋::rz:;リ ´}⌒{´ ヒ:rz::;j ,ハ:::|  〉:::::.   }
                |/    j:::|:: ::::| |:| 、 ゛-‐"//,ノ/ゝ `/‐/ 〈:ノ::j  /:::::::::ィ /     結局あなたたちも自分と神の立場が逆転してませんか?
               /    .::|:::|::: :::{. |:|  ` ─‐ ''   ` ` ー‐ 'j::::/,ノ:::::::::;/j/
              /  ...:::::::::::::|::::| :: 、:ヽj:j、       _,       ,イ:::::'´:;ィ'::;/
            //j ::::::::::::::::::|:::::{ :::: \  `ヽ>‐-     __ ,.イ::: i ::::/´ |/
          // /::::::::::::::::::::::|::::::::ヽ、 \   `ヽj   /ヤ、`ヽ:j ::: :/{、
            〈. 〈   {:::::::::::::::::::::::|::::::,.ィ´`ヽ、 `ヽ   \ `  | / :: メ、:::ヽ、
          \\ |:::::::::::::::::::::ノ:::/´`ヽ、   \ ヽ、   〉-‐-| j  : /  ハ::::::ヘ






113タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:51:35 ID:
3sYmam+m

            ,ィュ-‐-、_
         /: : : : : : : : : :`ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
       イ : : : : ,ィ ./リ| ト、: : : : : ゝ
        !: :/: :,AZ__ |/' >r.、: :N
        !'ヽ: :! ―-   ニ| .! .!ノ
         _人_l、u.   i .(ヾ| .! iヽ
    _,..-'´/:::::| ヽ ~ ,.ネ、   ト、           むむ・・・
  r'´:::::::::::::く:::::::|  ノ` =く. .|::ヤ   .|:::`゙ー、
 /:!::::::::::::::::::/::::::.レ'^YニY/レ!:::ヽz='=i::::::::ヽ
/::::::!::::::::::::::::ヽ:::::::|  .〉-〈 /::::::〈:::::::::::::|:::::::::::!






114タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:52:23 ID:
3sYmam+m

    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!    たしかに……そうだが
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ      
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'






115タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:54:00 ID:
3sYmam+m

                       _,.-‐"':" ̄~゙'ヽ、       __
      _,---‐" ̄\         /          ``ー‐-、   ノ   \
    /        ヽ      ;"                ) /      \
   /   ぐ わ   |      /                |ノ/        \
  /    ら か     |     |                 )/.|   ・  オ   |
  |    .い ら    |     |          ,;';;,,    /ノ |   ・   レ   |
  |     ・  な    |    |::::.................:::::::::;;,'^;、::::::'''..,,_;、丿  |   ・   に   |
  |     ・  い    |    /:::::::::::::::::::::::::::;"゙, /゙~゙`''::;'゙;     |  ・   だ.  |
  |    あ  こ    |    `、;;::::::::::::::::;/ ),;'   :.'.,、    |  ・   っ  |
  |    る  と    |  ,へノ   `'''''"´   .:;     .:::_ヽ  |  ・   て   |
  |    ・        Y   \       .::;     ::::ゝ    .|  ・         |
  |    ・       ∧    \     ::::::、   .:;`     |         |
  |    ・       |ヽ丶    \;;  :::;;;;::..,,、. ::i       |          |
  |    ・       | `       \;;;;/    `゙"       \








116タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:54:47 ID:
3sYmam+m

       ____
     /      \        ・・・・・・
   / ─    ─ \
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /






117タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:55:46 ID:
3sYmam+m
その時、嵐が巻き起こり神がヨブに問いかけた。

   ::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
     ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::   :::::::::::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
:::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::           ::::::::::
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::          ::::::::
:::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         ::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::       :::        ::::::::     :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::     :::::              :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::    :::::::      :::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::           :::::::::::::      :::::::                :::::::::::::::
::::::::::::::::::           :::::::::::::::::       :::::              :::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ::::::::::::::::::::        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ::::::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::                        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::       ::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::::::::::::
              ::::::::::::::::::::  ::::::::      :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::  ::::::::::      :::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::       :::::::::::::::::     :::::::        ::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::     ::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::     :::::::::::::::::       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::          :::::::::::::

                  “ヨブ……私だ……聞こえるか”






118タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:56:47 ID:
3sYmam+m

       ____
     /      \       は、はいだお……
   / ─    ─ \
  /  U(●)  (●)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /







119タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:57:49 ID:
3sYmam+m


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)   
          |     (__人__)    今の話し、すべて聞かせてもらった。
             |     ` ⌒´ノ  
              |         }    まぁ、もうおまえも大体理解してるだろうがもう少しだけ 
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ      ヤハウェ的に言わせてもらわなければならないだろ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::






120タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:58:32 ID:
3sYmam+m


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \     ヨブ…おまえはまだ数十年しか生きてないだろ?
          |    ( ー)(ー)   
          |     (__人__)     寿命すべて生ききったとしても百歳かそこらだろ?
             |     ` ⌒´ノ  
              |         }    だが、俺は何千年……この世界を創造した時から……いや、そもそも 
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ     時間の概念というそものが存在する以前から存在する
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::







121タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 18:59:56 ID:
3sYmam+m


            / ̄ ̄\         俺が天地を造った時におまえは何処にいた?
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(●)      この空を…海を…宇宙を…そして人間を造った時、おまえが何かしたか?
          |     (__人__)  
             |     ` ⌒´ノ    
              |         }    
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::








122タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:00:34 ID:
3sYmam+m

       ____
     /      \          ・・・・生まれてすらいないお
   / ─    ─ \
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /







123タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:01:44 ID:
3sYmam+m

                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|         そうだ!
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!       何もしてないだろ?
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/          おまえはたった数十年しか生きてないその価値観で
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/          
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|             この俺のすべてを分かったような事を言っていたが
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i            
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i           なら今一度、おまえに聞いてみよう
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ          
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''






124タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:02:23 ID:
3sYmam+m

         ____
       /       \!??
      /  u   ノ  \       な、なんだおこれ?
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ






125名無しのやる夫さん[]:09/03/06 19:02:38 ID:
n7iA8LOg
この強引な論法は未だに納得いかん

>>125 まぁ、あくまで要約ですから






126タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:03:22 ID:
3sYmam+m




           ,ィヾヾヾヾシiミ、
          rミ゙``       ミミ、
          {i     U ミミミl
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!    どうも怪物ベベモットです、客観的に見て……が、がおー!
          {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}    (アルバイトとはいえこんな役をしないといけないとは……まぁ。主のご命令だし)
             l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン   フフン
           |/ _;__,、ヽ..::/l
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_
         _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、
      r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ
      /     /   | /;;;ヽ、 l ヽ /     ノ /}

             【ベベモット】






127タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:04:15 ID:
3sYmam+m

   / ̄ ̄\          (本物のベベモットは留守だったからな…)
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)       おまえにこいつを倒す事ができるか?
. |     (__人__)      
  |     ` ⌒´ノ       ちなみに俺には出来るぜ?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







128名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 19:04:22 ID:
WLsDZMi7
フクちゃん哀れww






129タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:05:03 ID:
3sYmam+m
※ちなみに本物のベベモット

       ,-'"ヽ    
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_  
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \       
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄       
    /                       }.          
    i'    /、                 ,i..          
    い _/  `-、.,,     、_       i          
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./          
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|           
       ,/ /     \  ヽ、   i  |           
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i          
                `` `     ! 、、\          
                       !、_n_,〉>






130タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:05:40 ID:
3sYmam+m
<がおー!
       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    弱そうなジジーだお。これならやる夫にでもたおせ……
  |    mj |ー'´      |
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ







131タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:06:25 ID:
3sYmam+m

              ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
           ,i':r"      `ミ;;,       何か言いましたか?
           彡       ミ;;;i
           彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!   
           ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,
          ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'
           `,|  / "ii" ヽ  |ノ
  ∧、        't ー―→ )/イ  フフン        ∧_
/⌒ヽ\        ヽ、  _,/ λ、       . . //~⌒ヽ
|( ● )| i\     _,,ノ|、  ̄/// / \     /i |( ● )|
\_ノ ^i | _,,..r''''" ノ | \`', /  /  / ̄`''ー | i^ ゝ_ノ
 |_|,-''iつl/´    ヽノ| /\   / 、│     l⊂i''-,|_|
  [__|_|/〉ヽ、  / |/ );;;;/\/   'く    /〈\|_|__]
   [ニニ〉  ',  ヽ. | /⌒| /   ゚/    / 〈二二]
   └―'                        '─┘







132タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:07:18 ID:
3sYmam+m

       ____
     /      \      はい…無理ですお
   / ─    ─ \
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /







133タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:08:25 ID:
3sYmam+m
                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|         だろ?
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!       
      |         }/  .::::::::::::::::::::/         ならこいつはどうだ?
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/          
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/          
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/           こいつに鼻フックして舌を縛って引きずり回す事はできるか?
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|             
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i             ちなみに俺にはできるぜ?
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i           
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ          
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''






134タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:09:15 ID:
3sYmam+m
   /   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
 /   : : : : : : : : : : : : : : ,  -‐──  ─- 、 : : : : : : : : : : : : : \
/   : : : : : : : : : : : : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶 : : : : : : : : : : : : \
   : : : : : : : : : : : : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶 : : : : : : : : : : : \
  : : : : : : : : : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ: : : : : /´ ̄ `ヽ
 : : : : : : : : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨: :/ :::::::::::::::::::ハ
'⌒ヽ : : : : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:{.:.:.:.:.:/ヽ:.:.}\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: :.{ :::::::::::::::::::::: }
:::::::::ハ : : /| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/∨ヽ:八.:.:./ u }// \ :.:.:.:.:.:.:. ∧|: 人 ::::::::::::::::: ノ
:::::::::: }: : : : :| :.:.:.:.:.:.:.:|:.:./| i |十ー-∨  / _.xイ.:.:.:.:.{ヽ:{: /  ` rrr┬
::::::: ノ : : : : | :.:.:∧ .:.V干F=t-r      =千て「 !.:.:.:.:.:l : メ    |∥!|
ー<    : : |  :.:r‐ヘ.: ヘ {i:::::::`7      {i:::::/  {.:.:.:.:.:.∨      |∥!|
   \  :.:|  :.:{  ハ:.: ヽゝ-‐‐'       ̄´  }.:.:.:.:.:.:.`、      ̄`
    ` ̄`}  :\_∧:.:.: u              , '!.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ       が、がおー!!!
       ,′  .:.:.:.:.:.ヘ:.: ト、     __     イ .:.:|.:.:.:.:.:. ハ:.:.}
.      / ∧ :.:./ヽ:.∧:.K. >  ._´__, <;ヘ:l.:.:.:j.:.:/|.:/ ∨
      {/  ヽ/  "´ j:.「 \ ____ く  \/!:/ '         (なんで私がこんな役を…あとさりげなくなんて事を言ってるんですか)
             /V    ̄ ̄: : : : : :\  ´
            /   : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ            (誤解を招くじゃないですか……)

                  【レビヤたん】






135タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:10:23 ID:
3sYmam+m
※ちなみに本物のレビヤタン


 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧            /\  /\
< _/ ̄/_  ____ロロ>       /\ヽ ∨〃/\
</ __ / /___/  >       /(・) \ゞ/ /(・)  〉
<ー' __ノ /  ____  >   ___/\_/ノ  \_/ \
< /___/  ./__  __/  >  /    ̄ ̄ ̄ ̄\       \
< ││   //     >  /  ソ          \       |
< ││     ̄       >:/           __        |
< ││    ロロ┌┐   >:r~~~~~~、ヽ\   \       |
< ││    ┌┘│   >|:)jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjヽ\   \     |
< ││      ̄ ̄   >|             /     |   /
< ││    ____  >|:           /    /  /
<   ̄    /___/  >|        | /   /  /
<.  ロロ┌┐ ____ >ヽiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii//   /  /
<   ┌┘│./__  __/ >ヽ  ヽ~~"/   /  /
<     ̄ ̄  //    > ヽ、__,,,____/_ /
< ┌┐┌┐   ̄  _  >  _]:::::::   | [>_
< ││││   //  > ̄~       | ゙ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ>
< ││││  / |   >         \     ,~ヽ>
< └┘└┘//||   >          \  ~ ノ ̄\>
<   []  []  ̄ ||   >           ’ノ⌒⌒⌒⌒〉〉>






136タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:10:59 ID:
3sYmam+m

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \      さすがにそんな過激なプレイはやる夫には無理だお
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)     (この子……見た目のわりに実は凄いんだ……)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /






137タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:11:40 ID:
3sYmam+m


     / ̄ ̄\          
   /   _ノ  \        わかっただろ?
   |    ( ー)(○
   |      (__人__)      これでおまえが俺を否定したりできるわけがないだろ
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃       
  /     ./ _ノ         まだ何か俺に言いたい事はあるか?
  (.  \ / ./_ノ │      
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /  






138タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:12:25 ID:
3sYmam+m

     ____   
   /      \         ・・・・無いお・・・そうだお
  /  ─    ─\
/    (ー)  (ー) \      やる夫は人間の分際で、何か勘違いしてたんだお
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /  







139タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:13:14 ID:
3sYmam+m

     ____
   /      \        神様に恵まれているからいつのまにか自分が一番偉いと勘違いしてたんだお
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     そして人間の信仰ってものはいかにも簡単に裏返ったりする弱いものなんだお
|       (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |        今回の事でそれがよーくわかったお……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /







140タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:14:00 ID:
3sYmam+m

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \     やる夫も気が動転してたんだお……どうか許してほしいお
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /






141タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:14:37 ID:
3sYmam+m

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \         おい、サたん
 |    ( ー)(●)
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ       そこで聞いてるんだろ?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







142タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:15:34 ID:
3sYmam+m
            _ -  ̄` ー
          /         \
         , '       ,、 、   ヽ      ・・・なんだばれてたのか
        / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
        ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
          i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
       ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
       ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
         { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
       トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
                  r z'   ,k-、
             _ ┬ ヘ   只  /`7-、
        / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
          ! 、 ヽ 丶         / /  X!
       | !   ヽ ヽ    , ' , '   ' |
        |   !    \\ _//   , |
         |  l     \ /     ,'   |
        !  ヘ     Y     /   |
          |   }       \      !    !
          !   l     ヽ\   |   l
       |   i            |   |







143タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:16:16 ID:
3sYmam+m

                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i        俺とヨブは和解した
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|         
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!        もうこれからはヨブに手を出すことは許さない 
      |         }/  .::::::::::::::::::::/        
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/          
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/          
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/           わかったら方々へと消え去るがいい    
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|             
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i             
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i           
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ          
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''








144タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:16:54 ID:
3sYmam+m

          _ - ─ - _
        _ - ´.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:::\
      / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:ヽ.:.:\.:ヽ
       / .:.:.:.:.:.:..:./.:.:,;:入.::ヽ.:.:.:ヽ.ヽ       そうさせてもらうよ
     / .:....:.:.:..:./.:.;.':/ ヽ:..:.!:.:.:.:.l.:.:!
    ,' .:.:!:.l.:.:___イ.:/;/, -‐‐ヽ:!:.:!:.:l:.:.|
    !.:.:.:ヾト´:/ '//  _,rzxト|/:|ノ:イ:.|           そしてこれからも多くの人間を悪の道に染めてやるさ
    ,'.l:ト、ベィ卞ォ   孑_,l7:.:.:!);':|:.:!ヽ
    /.::ト!:`tヘヾニソ  ,   `¨/:.:.:,'.:.:.イ:ハ:.!
   ,':.:l、:.:.:.:.`ヽ、  -- ‐ /.:.:/.://' リ
.   {.lヽ!ヽトー、ーヾ t _ , イ/〆
   ヾ  _f´!__ノ    ト--/ヘL__                地獄への道連れは多いほうがいいからね
      /: : : 冫  '、 , -‐  」::.: : : .|
     ,': :、: :f- .._   _.. ヽ/:..: : l
     !: : :ヽl_: . : . : .  ̄: . :._..k::/...:|
    |: : : :/: : ̄: : --. .- ´: :.ヘ:::::::::::|
      !: : :.!: : : : : : : : 、: : : : :...:!::::::::::!
     |: :.:.|. : .:::::::::::::::::::::;:::::::::::::/:::::::/
.      |:、:.:.l.:..::::::::::::::::::::;::::::::::::::,'::::::::/
      !:ヽ:.}: ::.:: : : : / ; : : : ;!. .::/
     ヘ ./i : : : : : /: : : : /::!: :/
        y: | : : : : : : : : : : : /|:/

こうして悪魔はヨブから去った。






145名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 19:16:56 ID:
WLsDZMi7
これでいいのかww

>>145 というストーリーですから、一応






146タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:17:56 ID:
3sYmam+m







     / ̄ ̄\          
   /   _ノ  \        あとヨブに上手に反論できなかった友人達に対しても俺は怒るだろ
   |    ( ー)(○
   |      (__人__)      だが、牛七頭を生け贄に捧げてヨブに祈ってもらうなら許すだろ、ヤハウェ的に
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃       
  /     ./ _ノ        
  (.  \ / ./_ノ │      
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /  







147タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:19:25 ID:
3sYmam+m

                  _,ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
              ,.イ´:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
              r'´.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.,イ:.,イ:../i:.:.l:.:.:ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ !:./.|:./ |:./ !:.:..ハ:.:.,|:.:.:.:.ト-、ゝ
            ,イ.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/ !ナ-、_レ'  |ノ レ'ヽ:.ノ!:.!
              !:.:.:r‐i:.:.il:.:.:..!  こヒr`i`´  _ュ=-.,リ .リ
            |,イ !i^)レ'l:.:.:./    ´    l´ヒr /:.:.ノ
            ! !:ヤヽ、.ヽ/  u       ヽ  l:.:./
              k.l,`-ァi           '´  /∨            は、はい…ヨブ、よろしくたのむ
               k_N.l     r'´ ̄`ア  /
              _,イj  ヽ     ヽ-―┘./
            /´r'´\   \.    `´ /
        _,.ィ=''7´;;;;;;;|   \   `ー-ェ-‐'´
    _,.ィ='''´;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;!    \   ノ \
-‐'''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:!    /トュ  ヤ Zト、
;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:く;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!  /\ヽ! ノ _,,>!.ヾ.、
;:;:;:;:ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\:;:;:;:;:;:;:;ト、/ `ー-、>--'''7 ト、|;:;:;:〉;\
:;:;:;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:!    ヽ、_,__ノ |;:;:;:;く:;:;:;:;:;:\
;:;:;:;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!       ! ' .! |;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\;:;:;:;:;:;:;:;:!.    |   | |:;:;:;:;:;:;:〉:;:;:;:;:;:;:;:li
;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:/i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\:;:;:;:;:;:;!   |.  | |;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;:;:;:!.|






148タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:20:09 ID:
3sYmam+m
        ___
      /      \    わかってるお!
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  |
  \              /

こうして神はヨブを以前に増して何十倍にも祝福した。






149タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:20:53 ID:
3sYmam+m

ト‐ヽ    /: : : : : : :/: : : : : : : : : : i: : : : i: : l: : : : l: : : : : : : : l: : l
|ハ : \_/: : : : : : ::/: : : : : : : : : : /: : : : l: : l.: : : : l: : l: : : : : : ll: :l
|: : i : ハ: |: : : : : : : i: : : : : : /: : : /: : : : : :|| ::i:i : : :l : : :l : : : : : l. l::l
.|: : i::i: : V : : : : : : i : : : : : /:__::斗::./: : : / rト L::_∧ : : i : : : : : l l|
. i: : i:i: : |:: : : : : : .| : ,斗 rフ: : :://:./:: : / |L_ l::: /`ト: : l : : : : : l i|
 ' ;::ヽ>:.| : : : : : ィ´:: / /,-r;く.///: :/  フL../;;/ ./:i: : i: : : : : :/ il
   V ヽ|: : : : : : レ' .,斗ェニニミく /::/  "/:::ハイ`/:::l::::/::: : : : / /
   |.  |: : : : i:: |. / ./゙::::;...}  //   ./イ::; } | /:::/:/|/ |: : /
 / ̄ハ |: : : : i:: | / iイ::i i:|  "    | じ.ソ /i //: | ./:: /        お父さん、誕生日おめでとう♪
  /  >:|: : : .i : | ` .| じソ      ー" / |: : : : レ./
   /  |:: : : i:: |   ー"゙´      ..:::::::.. / |: : : ::|
r:く    |: : : i:: l  ...::::::::::::..     `   /  l: : : :l
\.\   |: : : i:: |\.      r‐ ア _ .イ   l: : : :l
  \ \ l: : : i: |  ` r、    "´r ´  }   l: : : :l
   ヽ ヽ l::i: :i: |__ " フ ' " | | .;   i  .ノ|: : :il
    ヽ ヽ.l : i .|.        | |/   |   /: ://






150タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:22:18 ID:
3sYmam+m

      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\      ありがとなんだお、ケレン♪
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /

彼には七人の息子と三人の美しい娘が生まれた。彼の娘より美しい娘は国中探してもどこにもいなかった。







151タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:22:41 ID:
3sYmam+m
         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \   やる夫は本当に幸せものなんだお!神に感謝だお!
    /   ///(__人__)/// \ 
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


その後彼は百四十年生きて、四代先までの子を見て老いて死んだ。







152タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:23:05 ID:
3sYmam+m

      ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
      \, V
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、
        /    ヽYノ
       /    r''ヽ、.|
      |     `ー-ヽ|ヮ
      |       `|
      |.        |
      ヽ、      |
        ヽ____ノ      
        /_ノ ' ヽ_\
      /(≡)   (≡)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      
     |     |r┬-|     |      
     \      `ー'´     /
     /          \
     (  |          |  )
     \|    э    |/
       (    ,,,,    ,ノ
       \  、(U)ノ ノ
         \/  /            ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         /  /\            d⌒) ./| _ノ  __ノ 
      ⊂⌒__)__)






154タタ ◆l4GgIhfAmY []:09/03/06 19:27:14 ID:
3sYmam+m

今日はこれだけです。明日は原始キリスト教徒の自分は安息日礼拝なので早めに寝るので製作が遅れます。
更新は日曜になると思います。もちろん、早めに出来れば前倒ししますが…
それでは最後までお付き合い頂きありがとうございました。






158名無しのやる夫さん[]:09/03/06 19:33:20 ID:
n7iA8LOg
乙です。報われずとも正しくあるべきかっていうのは永遠のテーマだよなぁ






153名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 19:26:33 ID:
JEJZAm32
乙です

やっぱヨブ記を読むたびに思うのは、ヨブ自身はまぁ本人も納得してるしいいのかもしんないけど、
最初の息子達はいったいなんだったんだい?
彼らは神(+悪魔)の適当な思いつきによって殺されるために生まれて、殺されたのかい?ってなことだな

まぁ当時の価値観とか色々あるけどやっぱりヨブ記はなじめんですたい

>>153 聖書の注釈ではこれは意図的な創作だときっちり書いてあるので、
きっと信仰心とかそういうのの教えの題材にしたのではないかと考えてます






162名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 20:16:31 ID:
5s5NH4ux

悪魔と神のも問答とハッピーエンドは
後世のつけたしと言われているらしい

その二つを省いて読め、と専門家は言ってた

>>162 そうしないと読者が納得しないかと書いてる人が思ったんでしょう、きっと






163名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 20:18:58 ID:
XCUEEvE0
最後のヨブが再び神から寵愛を賜る部分は蛇足だっていうのは聞いたことがある

>>163 そうらしいですな。旧約の方はかなり後から付け足しがあるみたいですから






164名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 20:27:46 ID:
5s5NH4ux
キリスト教徒も納得できなかったんだろうな

「是をもて我みづから恨み 塵灰の中にて悔ゆ」

で終わる話らしい

>>164 新約の主の祈りのなかの「我らを試みにあわせず、悪より救い出したまえ」の「試み」はヨブの事をさしているとか。
きっとヨブは特別な事例だったとキリスト教側は解釈したいのでは、と勝手に邪推






165名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 21:02:52 ID:
1lBWIm8a
ヨブ記に出てくるサタンは天使のひとりで
別に後世で言われてるような悪魔ではないらすいね

>>165 堕落した天使とかよく言いますよね






166名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 21:10:29 ID:
5s5NH4ux
全部神の意思だとしたほうが分かりやすい
なまじっか悪魔なんて出すから分かりにくくなる

>>166 もしかしたら全部神の意志だった、という解釈があるのかもしれませんね






167名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 21:12:15 ID:
kVn0pjhX
つまり悪が存在するのも神の意思なんですねわかります






169名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 23:18:05 ID:
OR3SuBwR
まあ、全知全能の神が「悪」を理解できないわけ無いものな。
自分への信仰から目をそむければ、硫黄の火を降らして滅亡寸前まで「浄化」するのもお約束だし。






170名無しのやる夫さん[sage]:09/03/06 23:54:28 ID:
QRFoa9AP
裁く為だけに人間を作ったヤハウェは、正直なところ好きになれないね
一人ぼっちだから性根が歪んじまったんだろう

>>170 アダムとエヴァがエデンで罪を犯した→それ以降人間は裁かれる存在になった、ですからね一応






171名無しのやる夫さん[sage]:09/03/07 02:06:05 ID:
09s8EiAE
そもそもユダヤと契約したヤハウェって造物主なのか?
違う神が混ざった印象を受けるんだが

>>171 章によっては書かれた時代と作者が全然違いますから、その影響もあるのではないかと






173名無しのやる夫さん[]:09/03/07 17:01:27 ID:
rLvWwbcO
投下中支援できずすまんかったっす。
新約聖書中にはイエスを試す悪魔の話が出てくるけれど、
旧約でヨブの物語はかなり特殊だなあとは思う。
悪魔のことがでてくるのも創世記のほかはここくらいだったよねたしか。

なんにせよ、次のも楽しみにしてます。

>>173 いえ、閲覧感謝です。ヨブにつては本当に特殊ですよね。同じ状況に置かれたら自分だっらた躓きますな…






176名無しのやる夫さん[sage]:09/03/07 17:20:46 ID:
Ga9jZ78O
>>1乙。

個人的にヨブ記の面白いとこは、何ら非のないヨブがめっちゃ不幸な目にあって、
「神様の馬鹿野郎! 何で私はこんな不幸な目にあわなきゃいけないんだ?」
って神様に呪詛まじりで理由を問いかけたときに、
「ほほーい」って神様が軽いノリであらわれるところだと思う。

で、ヨブが不幸になった理由説明してくれんのかと思ったら、
「私はこんなにすごいんだぞ。偉いんだぞ」って自慢話ばかりで、
理由なんか全然説明しない。

「あんた何しに出てきたの?」ってヨブじゃなくてもポカーンとなる。

まあ不幸になった理由なんかぶっちゃけないんだから
説明しようがないんだが(あえていうなら神様がそうしたかった)、
そんなこと神様のメンツにかけて言えやしないから、
「とりあえず自慢話でお茶を濁しとくか(汗)」
みたいな感じで話してたら、そのうちヨブが恐れ入っちゃって、
なんかうやむやのうちに和解成立。

「え、何で?」と読者置いてけぼりの展開に笑うほかない。

>>176 とりあえず最初のヨブの妻はいったいどうなったんだろう?とたまに考えたり…






181名無しのやる夫さん[sage]:09/03/07 21:07:33 ID:
YE3ypwaK
三位一体説によれば自分自身ということになるな

まぁいずれにせよ、あんまり好きな宗教ではない

>>181 自分は三位唯一主義の宗派の人間ですが、それでも「自分自身」という事ですな






182名無しのやる夫さん[sage]:09/03/07 21:59:57 ID:
y3ijRXjb
ヨブ記を知ることによって、人間はどんな苦難でも自らを慰められる

>>182 おそらくそれが目的で作られたのだと思います






2009.04.21 | やる夫旧約聖書 |  コメント[69] | PageTop | 
タグエントリー記事
Loading


人気の記事
前後の記事
前の記事  やる夫と飲むビール8 【イギリス編 ギネスビールの巻】
後の記事  翠星石がやる夫とディ○ニーシーに行くようです 【最終話】
コメントを書く | PageTop | 
  1. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 01:14 名前: 安息の名無しさん | №21035 | [編集]

    ヨブ記はウソくさくて嫌いだ



  2. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 01:23 名前: 安息の名無しさん | №21037 | [編集]

    聖書を読むと、?と思う事が多いので、こういう読みやすく噛み砕いた作品は有り難い。



  3. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 02:01 名前: 安息の名無しさん | №21040 | [編集]

    よくこれを教義として残そうとしたもんだ……
    信仰心薄れるだろ……



  4. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 02:07 名前: 安息の名無しさん | №21041 | [編集]

    神様って割りとワガママだよな。
    「俺が世界を創ったのに人間はちっとも感謝しない。腹立つから嫌がらせしてやんよ」ってどこの中学生だよ?
    人間は神様の気持ちなんて理解できないが、神様も人間の気持ちなんて理解できてないだろ。



  5. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 02:14 名前: 安息の名無しさん | №21042 | [編集]

    何度読んでも納得できない話だわ





  6. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 02:24 名前:   | №21043 | [編集]

    理解に苦しむなこういうのは・・・



  7. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 02:27 名前: 安息の名無しさん | №21044 | [編集]

    恩寵だけ与える神様では、却ってユダヤ民族の苦難は説明できないんじゃないかな。
    だからこんなヨブ記みたいな話があるのかも知れない。
    コヘレトの言葉も「すべては虚しい」なんて言い切っちゃうし。
    まぁそれは定められた時があるから、とも言えるかもしれないが……



  8. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 02:33 名前:   | №21045 | [編集]

    因果応報は人の幻想



  9. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 02:59 名前: 安息の名無しさん | №21048 | [編集]

    こういうの読むとデビルマンとか魔獣戦線とかの「神」の扱いってあながち間違ってない気がする



  10. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 03:04 名前: VIPPERな名無しさん | №21049 | [編集]

    結局どーいう話だったんだ?



  11. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 05:34 名前: 安息の名無しさん | №21052 | [編集]

    >結局どーいう話だったんだ?

    乱暴にいうと、

    ヤハウェ「俺に逆らったらひどい目にあうから俺を敬え!わかったか あん?」

    ってことだと思う。
    聖書ってやっぱりしっくりこないんだよな。唯一絶対の存在っていうのがもうねえ。
    俺はやっぱりアニミズムのほうがしっくり来る。

    俺は以前エホバの証人に勧誘されて聖書研究をやっていた時期があったが、すぐにやめたのも聖書にまったくといっていいほど共感できなかったからだ。
    今から考えるといろいろアマちゃんだったなあと思うし、後にエホバの教義などについてくわしく知った際はカルト宗教だとは知らなかったものだからゾッとした。

    それ以降、葬式にはお寺、チャペルで挙式、初詣は神社でクリスマスだいすきっていう、宗教に対してイイカゲンな典型的日本人になったww
    日本人の宗教観、宗教との距離のおきかたって世界でも最も優れてると思ってる。



  12. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 06:32 名前: 安息の名無しさん | №21054 | [編集]

    正しいことを行っても報われるとは限らないという話だろ



  13. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 07:43 名前: 安息の名無しさん | №21055 | [編集]

    やっぱ中東発の一神教は父性強すぎだよなぁ。



  14. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 08:09 名前: 安息の名無しさん | №21056 | [編集]

    その宗教を理解するには、その信徒たちの生きる環境を理解しなければならない

    例えばユダヤ教
    国は弱く貧しく、周囲は敵に囲まれ、強く団結しなければあっさりと奪われてしまう
    その団結のためには、個々人の都合や事情をいちいち顧ることはできない
    つまり、団結のためには多くの理不尽が発生するわけだ

    人としての道義も倫理も踏み越えて、団結のためにその理不尽を強引に正当化する道具が教義。
    神が横暴なのは「族長の横暴さってそれよりマシだろ?だから従えよ。さもなきゃ、神の怒りが全員に及ぶのを防ぐためにお前をコロコロするよww」と言うため

    ついでに。
    当然のことながら、その教義に於いて団結の埒外に居るもの(外国人や異教徒)は人間扱いされない
    キリスト教がかつては黒人を家畜に分類していたように
    教義によって全てを押さえつけることはできない。はけ口が必要。だから教義が埒外の人間を守ることはない




  15. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 08:20 名前: 安息の名無しさん | №21057 | [編集]

    「本当に神が存在したら、発狂しているだろう」って言ったのはアレクサンドル・デュマだったかな?
    ヨブ記って、人間が神に期待する矛盾した要素を一つに集約したような話だよな。
    神は常に正しくなきゃいけないとか、突然理不尽な不幸を降らせる事もあるとか。



  16. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 09:15 名前: 村上 | №21059 | [編集]

    >ヤハウェ「俺に逆らったらひどい目にあうから俺を敬え!わかったか あん?」

    俺はそうとは思わない。ヨブは別に逆らったからヒドいめにあったわけではない。
    俺が思う趣旨は、信仰、神と言うものは、
    拝めばシアワセ、拝まないと地獄、という取引のような関係ではない。と言うことだと思う。

    神は全知全能でそのお心は人間などにうかがい知れない。
    信仰深き人間でも、すさまじい苦難にあうこともある。
    たとえ苦難の中にあろうとも、とにかく神は偉大だから敬い、感謝し愛さなきゃいけない。

    こうおれは解釈した。

    信仰の無いものにとって、拝めばご利益があるから拝む、とか利益があるから宗教やるを見てしまうけど、そうじゃないのかも。
    宗教は、世界の理を規定すること。
    とにかくこんな世界の仕組みになってるのでしゃーない。ということなんじゃないかな。



  17. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 09:21 名前: 安息の名無しさん | №21060 | [編集]

    なんというドS、過ぎたる幸せは不幸を招く、って感じかねぇ。




  18. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 10:02 名前:   | №21061 | [編集]

    外典には以下のとおりの結末が付け加えられている、といわれている。
    「わかったお!やるおが間違っていたお!でも、最後に聞きたいけど、どうしてやるおだったんだお?」
    「おまえ、まだわかってないだろ。ヤハウェ的に考えて」



  19. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 10:16 名前:   | №21062 | [編集]

    ヨブ「いあ!いあ!」



  20. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 10:38 名前: 安息の名無しさん | №21063 | [編集]

    相変わらず旧約は日本人向けじゃねーよな



  21. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 10:41 名前: 安息の名無しさん | №21064 | [編集]

    ベベモット=ベヒーモス=バハムートだよな?
    どうして某ゲームではベヒーモスとバハムートはあんなに見た目が違うのだろうか?



  22. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 11:07 名前: 安息の名無しさん | №21067 | [編集]

    こんな宗教が広がる理由がわからん
    要は自分に影響を持つエライサンには頭を下げ続けろってことだろ。
    なんだ、皆が会社で実践してることじゃないか。



  23. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 11:48 名前: 安息の名無しさん | №21071 | [編集]

    >米22
    「自分に影響を持つエライサンには頭を下げ続けろ」というのが統治者に都合がよかった、というのが
    広がった理由のひとつだろうね。



  24. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 11:57 名前: 安息の名無しさん | №21072 | [編集]

    そこでハインラインのヨブですよ

    ファッキン聖4文字でコーラ中毒のヤコブがでてきます。
    そしてとってもアメリカンで胸毛の濃いブラザーサタン最高。

    ちなみにサタンでなく天使のサマエルやマステマがヨブをいじめたとされるモノもあったな。
    マステマはマイナーな奴だが罰天使の中でも過激派で、MGS2のデッドセルのリーダーみたいなやつ



  25. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 12:38 名前: 安息の名無しさん | №21076 | [編集]


    ヨナ書ならやる夫にぴったりだと思うんだけどね
    やってくれないのかなあ





  26. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 13:05 名前: 安息の名無しさん | №21079 | [編集]

    ※21
    D&Dの影響。D&Dでバハムートはドラゴンとして描かれたため、
    その影響を受けたRPGでもドラゴンとして描かれた。
    (例:アスキーの某3DダンジョンRPGのゴールド・ドラゴンが設定上バハムートだったり)
    FFが有名になって以降、特に日本ではジャンルを問わずバハムート=ドラゴンが定着してしまった。

    一方、ベヒモスは陸の大怪獣として(元来同じ筈の)バハムートに比べて地味な生活を送っていた。



  27. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 13:08 名前: 安息の名無しさん | №21080 | [編集]

    その点日本人の宗教観というか信仰の有様はストレートに利益誘導だからな。

    祈りの内容は
    「怒って人間に災いをもたらさないでください。穏やかで人間に都合のいい存在でいてください」

    多神教の世界だから、利益をもたらしてくれない神様への信仰は廃れて省みられない。
    神様に流行り廃りがあるんだからな。



  28. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 13:21 名前: 安息の名無しさん | №21082 | [編集]

    なんとなく思ったのだが、序盤からのやり取りをみてると
    いまだヤハヴェはサタンの言葉に騙されてる気がする。



  29. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 15:24 名前: 安息の名無しさん | №21090 | [編集]

    最後の三位一体説=自分ってことについて誰か解説kwsk

    個人的にこの宗教も神も信じちゃいないが、もし死後にでも会うことがあったら
    こんな世界をこんな世界のまま看過したことに対して抗議する意味で
    ラオウの波動烈風波のごときポーズで握りっ屁をかました挙句
    「バカモン!俺のケツを舐めろ!」と言ってやりたい。




  30. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 15:26 名前: 安息の名無しさん | №21091 | [編集]

    >俺が思う趣旨は、信仰、神と言うものは、

    だろうね。ここらへんが、因果応報の原則が頭にある俺たち日本人の理解できないところだな。
    向こうの一神教は「人間のための神様」じゃないからな。
    「人間が何かいいことすれば」「応えてくれる」神様じゃないから。
    その発想って神様を使うことなんだよね。専門的に言うと魔術的発想。
    人間の因果応報の思想の外にある超越した神という発想は日本人には難しい。
    でもやっぱり論理的に考えたら変な話なんだよな。
    フロイトですら、「論理的な勝負ではヤハウェの負け(ヨブの勝ち)」って言ってるぐらい。
    旧約がごった煮だから仕方ないんだけどな。しかも教会がばんばか削っちゃってるし。
    新訳の方も相当改変加えてるから、当時のキリスト教と今のキリスト教はぜんぜん違う恐れもある。
    でもそもそもこれって容易に、カルト宗教のためにこの世の道理や法律倫理を逸脱する思想なんだよね。
    「常識で考えたらとても受けいられることではない」行動や命令も「人間には理解出来ないが神様の仰ることだから何かしらの意味があるんだろう」ということでどんな極悪なことや財産の収奪お布施などもやっちゃう思想につながるんだよな。現在のカルトでもこの論理で信者に命令するところは多いよ。
    日本人向けだと、これの思想に加えて「自我は良くない」「カルマを清算」とかの論理がよく使われるよね。権威に弱いところを使われるわけだ。



  31. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 17:03 名前: 安息の名無しさん | №21094 | [編集]

    >>176とほぼ同じ感想だった。
    やっぱ宗教はハマるよりも外から見て面白おかしく楽しむのが一番健全だなw




  32. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 18:02 名前:   | №21096 | [編集]

    ヨブ記絡みで
    山本弘「神は沈黙せず」がおもしろかったなあ



  33. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 19:18 名前: 安息の名無しさん | №21100 | [編集]

    所詮は紛い物の宗教だな。
    この世界の真の創造主たる空飛ぶスパゲッティ・モンスター様はこんな事しない。



  34. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 19:42 名前: 安息の名無しさん | №21104 | [編集]

    いあ!いあ!しゅぶ=にぐらす!



  35. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 19:49 名前: 安息の名無しさん | №21105 | [編集]

    >>25
     本スレでヨナ書をやってくれるように頼んでおいた。
     今やってる、マカビー書が終わったら、やるかもしれん。

    >>306 そうですね。マカビーの次はヨナにします。

     だって。




  36. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 21:02 名前: VIPPERな名無しさん | №21113 | [編集]

    米16
    要するにカミサマってのは偉大だか痛いだか知らんが
    俺ら人間にはさっぱりワケわかんねえ理由で好き勝手やってるはた迷惑な存在って事だろ?
    ヨブ記で畏れ多くも神様自らが語ってくださった神の偉大さって
    要約すると「オレサマナガイキ オレサマツヨイ」ってこった
    「羊は耄碌狼を崇め奉りなさい」
    現代語訳するとこうなる。

    >神は全知全能でそのお心は人間などにうかがい知れない。
    仕様だからな。痛いな神様がありがたくもそう創ってくださった。
    おまけに簡単に悪の誘惑に負けるような仕様も搭載済み。
    他人の信仰にけちつけるつもりはないが、おまえさんには何処ぞの少佐殿のおっしゃった
    「神の正気は誰が保証する?」という言葉を贈らせてもらうぜ。

    ちなみに宗派にもよるがキリスト教なんかにも「天国行くために信仰する、善行する」ってなノリなのもいるから。
    利益信仰もないわけじゃあないのな。



  37. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 21:14 名前: 名無しさん | №21115 | [編集]

    どうしても、聖書って奴は性に合わねえな・・・神様がしたことなら何でもありってのがな。



  38. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 21:19 名前: 安息の名無しさん | №21117 | [編集]

    俺の解釈だと、因果応報や現世利益なんて間違っても望むなっていう話だと思ってる。
    神に祈っても現世利益なんか無いし、不運な目に合っても神に見放された訳じゃないと。

    酷い人生でも神を信じ続ければ、「死後」に救われるというキリスト教の本質を伝えていると思う。



  39. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 21:24 名前: 名無しさん | №21120 | [編集]

    16
    俺の理屈で言わせてもらえば、自分の都合で他人を不幸にするような輩を偉大だというのは歪んでると思うがね。神が正しいなんて、誰が証明してくれるのやら・・・



  40. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 21:39 名前: bobobo | №21123 | [編集]

    純な信者には悪いが、俺的には気持ち悪い話だ。

    なんというか次のようなのを連想してしまう。

    (1)親に虐待され続けながらもそれでも親を慕う子供
    (2)男にDV受けながらも離れられない女

    似てるでそ?>ALL



  41. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 21:48 名前: 安息の名無しさん | №21125 | [編集]

    「祝福されていた時は神様を信じていた。けれど、祝福してくれなくなったら否定する」

    これのどこがおかしいのか、俺にはさっぱりわからん。



  42. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 22:05 名前: 安息の名無しさん | №21127 | [編集]

    奥さんも子供も家畜も家の財産。
    すべて家長のもの。

    ヨブ記を読んでいたら、そういうふうな考え方を書いた頃にはしていた
    としたら納得できる気がする。



  43. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 22:08 名前: 名無しさん | №21128 | [編集]

    >>32
    お、仲間がいた。
    あの本の説だとヘブライ語から訳される過程で意味が全く違ってしまった、というのが面白かったな。
    ヨブは神に許しを乞うたのではなくて、「あなたが私の創造主であることを遺憾に思う」が正しい訳になり
    その後、ヨブに与えられた幸福は神からの賠償だった、という解釈。
    話の筋としてはこっちの方がすっきりするが、通説だと神の偉大なエピソードとなり、
    聖書に残ってしまったのではないか?としていたんだよな。





  44. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/21 23:40 名前: 安息の名無しさん | №21136 | [編集]

    俺はヨブ記の解釈では、「悪魔のミカタ」というラノベに書かれていた奴が好きだ
    あそこでヨブが神にひれ伏さなければ、サタンが正しく神が間違っているということになった
    ヨブの行動によって、神が正しいということになった
    神と悪魔の対立のジャッジが、人間に委ねられているって考え方



  45. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/22 00:05 名前: 安息の名無しさん | №21140 | [編集]

    あなたたちの中でシム系をプレイし
    途中で飽きて街の破壊をしだしたことのない者が
    まず、この神に石を投げなさい



  46. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/22 00:17 名前: 安息の名無しさん | №21141 | [編集]

    創造者が一方的に被創造物を支配し管理するってのがな・・・
    生殺与奪を握って、好きなように暴れるだけのDQNだからな、旧約の神ってw

    一応信者Aではあるが、正直旧約は受け付けん。



  47. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/22 01:50 名前: 安息の名無しさん | №21150 | [編集]

    名前は忘れたがヨブ記って何かのホラー映画で例えに利用されたような気が?



  48. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/22 02:55 名前:   | №21152 | [編集]

    こんな神だからゲームの敵にされるわけだ



  49. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/22 04:44 名前: 安息の名無しさん | №21157 | [編集]

    とりあえず

    神様 Fuck you ♪



  50. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/22 07:27 名前: 安息の名無しさん | №21159 | [編集]

    ヨブ記での最後に、神が自らの偉大さを語る部分は自慢話というよりこの世界が「存在」する事自体を感謝しろって事だと解釈してた。
    ヨブ記は最古の書だとも言われてるし、そーとーイジられてるだろうけど・・・



  51. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/22 18:16 名前: VIPPERな名無しさん | №21181 | [編集]

    >>44
    まさかその名前をここで見るとは。
    最近IT編読み返してたんで俺もミカタ思い出してた。
    あの解釈いいよなあ。



  52. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/23 00:43 名前:    | №21208 | [編集]

    遠藤周作氏がヨブ記について書こうとしてたんだよなあ…
    読む事が叶わないのが物凄く残念。



  53. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/23 11:48 名前: 安息の名無しさん | №21229 | [編集]

    米45
    まじすんません。
    シム市民の皆さん、街に火をつけちゃってごめんなさい。
    トロピコ市民の皆さん、恐怖政治とかやっちゃってごめんなさい。
    HoI2の皆さん、メギドの火とか火の七日間とかこれが科学の光だとかやっちゃってごめんなさい。

    本当にヤハウェさん、箱庭ゲームのノリでやってんじゃなかろうな。



  54. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/23 14:56 名前: 安息の名無しさん | №21239 | [編集]

    米41
    多分、「お前、そいつが金持ちで色々奢ってくれて便宜図ってくれたりする
    から友達なのか?そいつが貧乏になって何の役にも立たなくなったら捨て
    んのかよ!?」というようなことが言いたいんじゃないか…。

    が、何の役にも立たない友達でも優しくて励ましてくれる奴となら友達で
    いられるが、超金持ちで色々奢ってくれることもあるが、ちょっと機嫌損ね
    たり、ちょっと同じぐらい金持ちで権力持ってる知り合いに「お前の友達って
    お前利用してんじゃねーの?」とか言われたからって攻撃してきたり攻撃
    許可出したりするような奴と友達やってられっかよ、と思うのが現代日本人
    の感覚だわな。
    神様と友達同列にしちゃいかんだろうが。




  55. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/25 11:44 名前: 安息の名無しさん | №21319 | [編集]

    旧約の中でも物議をかもすような所を
    逃げ出さずになんとか面白く伝えようと
    しているうp主は祝福されるべきだろ
    ヤハウェ的に考えて




  56. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/28 11:12 名前: 安息の名無しさん | №21393 | [編集]

    ※40

    俺は子がどんなにグレても愛情を注ぐ親のようにも思えたな。
    要は「神から受ける無償の愛」を受けたら、それを忘れず人間も神(や隣人)に向けろ、ってのがこの書の趣旨であり、キリスト教徒のある種の目標地点になってるって考えだ(出来るかどうかは別として)。


    まぁこのヨブ記はずっと前から解釈や議論があるわけで、唯一の結論が出てねぇ。
    なんで、この書の解釈によって各人(信者)が「キリスト教を信仰しているが、自分は何を求めてこの書をどう感じているのか」っていう目安になってるって思ってる。

    >>1は時間が無いから途中できったと思うが「創作だ」とか「カルトだ」って地点だけで停まってるともったいないぜ。ヨブ記はよ。



  57. あんそくがお送りします 投稿日:2009/04/28 16:09 名前: 安息の名無しさん | №21403 | [編集]

    ヨブがあーだこーだゴネたのが罪になってるけどさぁ、そのあーだこーだがある前に罰を受けてるんだよねぇ、彼。順序が逆じゃねーの? 『子』のグレた原因がモロに『親』にあるパターンだナ。



  58. あんそくがお送りします 投稿日:2009/05/03 19:54 名前: 安息の名無しさん | №21504 | [編集]

    ヨブ記に関してはものすっごく議論されてるから面白い
    上の方で触れられてる、「頑張ったら応えてくれる」ような神を想定するのは、
    魔術的発想だってのは同意するなあ

    >56
    >「創作だ」とか「カルトだ」って地点だけで停まってるともったいないぜ。ヨブ記はよ。
    こっちにも同意
    ちょっと真面目に調べたいなって人は
    『なぜ私だけが苦しむのか』っていう絶版になってる本とか図書館で探して参考にするといいかも
    作者がやさしくて素敵な本 何で絶版なのやら
    神を憎むのではないけど、この世界は善良な人にいいことがあり、悪人に悪いことがあるのではなく、
    ただもうひたすら理不尽なことはある ではどうするのか?ということを丁寧に書いた本



  59. あんそくがお送りします 投稿日:2009/05/03 19:57 名前: 安息の名無しさん | №21505 | [編集]

    >58の続きを少しだけ
    絶版と思ったら去年文庫版が出てた! 興味のある方はどうぞ



  60. あんそくがお送りします 投稿日:2009/05/03 21:06 名前: 安息の名無しさん | №21506 | [編集]

    <彼は傷つけても、包み
     打っても、その御手で癒してくださる。>
     マッチポンプ、いや自作自演か。





  61. あんそくがお送りします 投稿日:2009/05/05 04:13 名前: あんそくがお通りします | №21542 | [編集]

    全知全能気取ってるくせに、やることにいちいち穴があるよな。
    そもそもヨブへの見せしめとして死なされたヨブの子らに何の罪がある?
    そこまで偉そうなこと言うなら死んだ子らを生き返らせてやれば?
    他の子が生まれても代わりにはならんし。
    だいたい数千年も生きてるくせにその短気さはどうなの?
    わざわざヨブの信仰心を奪うような真似させるのは愚かでは?

    これは案外、神様気取りの尊大な王様や権力者を皮肉った物語かもな。
    本物の神様は、世界を見守るだけで何の力もなくて「そうやって何でもウリのせいにしてりゃいいニダ」とか言って拗ねてそうだ。



  62. あんそくがお送りします 投稿日:2009/05/21 12:26 名前: 安息の名無しさん | №21785 | [編集]

    >61
    聖書のテーマの一つが復活。
    楽園で、死んだ息子たちも復活するから新たに生まれた息子たちと合わせて2倍の数になる。
    忠実を保った際の家畜の数も2倍になっていることと調和する。

    本当に理解するにはエホ証に聞くしかないだろう。
    ちなみにヨブ記はモーセが書いたもので、創世記と出エジプト記の間の出来事。




  63. あんそくがお送りします 投稿日:2009/05/21 21:15 名前: 安息の名無しさん | №21795 | [編集]

    ■ ものみの塔(エホバの証人)の過去の予言の記録
    1)1914年:「キリスト教は滅び去る」
    2)1914年:「クリスチャンは栄化される」
    3)1914年:「神の国は設立される」
    4)1914年:「第一次世界大戦で勝利を収める国はない」
    5)1914年:「異邦人による統治は終わる」
    6)1916年:「今はハルマゲドンの真っ最中である」
    7)1918年:「キリスト教会は滅びる」
    8)1925年:「旧約聖書の聖徒たちはよみがえって、地上の新秩序の代表者となる」
    9)1937年:「大英国も、アメリカ合衆国も、カトリック教会によって支配されるファシズム主義国となる」
            (注:これは1937年に発表された預言である)
    10)1937年:「国際連盟は、ファシズムの連盟となる」 (注:これは1937年に発表された預言である)
    11)1941年:「数カ月たてば、ハルマゲドンに突入する」
    12)1941年:「ナチス・ドイツは英国を滅ぼす」
    13)1941年:「第二次世界大戦で枢軸国も自由主義陣営も勝利を収めない」
    14)1975年:「秋には神の千年王国が始まる」
    15)1995年:「1914年の出来事を見た世代が過ぎ去る前にハルマゲドンがやって来る」
              (注:これは1995年の11月に撤廃された預言である)
    16)2000年:「伝道活動は20世紀に終了する」



    エホバの証人なんぞ最もアテになんねぇwww



  64. あんそくがお送りします 投稿日:2009/05/21 21:26 名前: 安息の名無しさん | №21796 | [編集]

    神が創造主だから、人間は無条件に神を崇める必要があるとするなら、

    そもそも最初から、そのようにプログラムされた従順なロボットを作れば良い。
    仮に聖書が真実だとして話しを進めるが、アダムとイブを断罪し、
    その子孫達に肉体的、精神的欠損という烙印を与えた、
    知恵の実の誘惑は何の為にあったのか?

    旧約に目を通して、エホバに疑問を感じないとすれば、 すでに思考が停止している。



  65. あんそくがお送りします 投稿日:2009/08/30 19:07 名前: | №22311 | [編集]

    このコメントは管理者の承認待ちです



  66. あんそくがお送りします 投稿日:2010/02/13 20:21 名前: | №22492 | [編集]

    このコメントは管理者の承認待ちです



  67. あんそくがお送りします 投稿日:2011/06/12 10:42 名前: | №22774 | [編集]

    このコメントは管理者の承認待ちです



  68. あんそくがお送りします 投稿日:2012/01/28 19:36 名前: | №22845 | [編集]

    このコメントは管理者の承認待ちです



  69. あんそくがお送りします 投稿日:2012/10/07 23:56 名前: | №22914 | [編集]

    このコメントは管理者の承認待ちです



■ コメントありがとうございます、励みになります。
■ スパム対策の為、httpをNGワードに設定してあります。URL記入の際はhttpのhを抜いてご記入下さい。
■ 記事に関して何か質問、要望等ございましたらこちらにコメントして頂けると早めに対応できます。
■ 次のような内容のコメントは削除対象です【宣伝、支援創作物への罵倒、記事と関係の無い話、悪意のある内容、罵倒、煽り】
■ レス指定する場合は、名前の右にある総コメント№で指定されますと、コメント削除した場合でもズレることはありません。

大感謝!!

アクセスランキング

カテゴリー

はてなランキング

* Designed by あんそく管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。